鶯歌の「鶯歌陶瓷老街」でおしゃれな陶器探し!人気のランチスポットも!

鶯歌陶瓷老街は、台湾の新北市、鶯歌にある、陶器の町です。老舗陶器店の高級品から、可愛くてお手頃な価格の陶器、掘り出し物までが揃い、陶器好きには絶対見逃せない観光スポットです。鶯歌陶瓷老街で人気のグルメやおすすめのランチもまとめてみました。

鶯歌の「鶯歌陶瓷老街」でおしゃれな陶器探し!人気のランチスポットも!のイメージ

目次

  1. 1新北の鶯歌陶瓷老街のご紹介
  2. 2新北の鶯歌陶瓷老街への行き方
  3. 3新北の鶯歌陶瓷老街はこんな街
  4. 4新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店1:信義行
  5. 5新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店2:大謙陶房
  6. 6新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店3:新旺集瓷
  7. 7新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店4:風清堂
  8. 8新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店5:安達窯
  9. 9新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店6:三希陶瓷商行
  10. 10新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店7:弘祥茗壺
  11. 11新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店8:鶯歌光點美學館
  12. 12新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店9:子士小舗
  13. 13新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ1:破鑼麵店
  14. 14新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ2:一片天涼麵創始店
  15. 15新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ3:宜蘭土包仔
  16. 16新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ4:卓記牛肉麵
  17. 17新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ5:厚道飲食店
  18. 18新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ6:三峡金牛角
  19. 19新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ7:屋台
  20. 20新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ8:スターバックス鶯歌店
  21. 21新北の鶯歌陶瓷老街を観光する:鶯歌陶瓷博物館
  22. 22鶯歌陶瓷老街をぜひ楽しんでみよう!

新北の鶯歌陶瓷老街のご紹介

台湾の新北市にある鶯歌陶瓷老街(インガー タオツー ラオジエ)は、陶器好きには絶対にはずせない、おすすめのスポットです。鶯歌は古くから製陶産業で賑わってきた街で、高価な陶器から安価で使いやすい陶器まで、たくさんのお店が並んでいます。散策するだけでも楽しい街です。陶器店に加えて、グルメやおすすめのランチ店もまとめてみました。

新北の鶯歌陶瓷老街への行き方

鶯歌(台湾語でインガー)は、新北市の西端にある陶窯業が中心の街です。鶯歌への行き方は、台北から鶯歌までバス「桃園客運」や「台北客運」などのバスも運行されています。車やタクシーももちろん一つの方法ですが、電車を利用して行くのが最も経済的でおすすめです。

13126691 1618787731778929 2044397954 n
saaachiii212

台北から鶯歌まで、台湾鉄道で約30分、台北駅から「中壢」や「桃園」行き縦貫線(西部幹線)に乗車します。料金は、台北→鶯歌が片道31元(約500円)です。電車は日中、10~20分おきに発車しています。時刻表は台鉄ウェブサイトからダウンロードできますので参照しましょう。

電車のチケットの買い方

台北駅の台鉄、地下1階の券売機で乗車券を購入。券売機は乗車券を指定後、お金を投入。まず購入枚数を指定、「一張(1枚の意味)」のボタンを押し、列車の種類「區間(普通列車)」を押します。自強(特急列車)と莒光(快速列車)は鶯歌に停車しないので注意しましょう。

37913189 246054739448037 8321117820213526528 n
saori_o_o

次に券売機の全票(大人)のボタンを押して、行く先ボタン「鶯歌」を押して、お金を投入します。100元札などを1枚ずつ左寄せして入れると完了です。ちなみに孩童(子供)、老障(老人または障害者)、という意味で、成人去回(大人往復)、孩童去回(子供往復) を意味します。

新北の鶯歌陶瓷老街はこんな街

鶯歌陶瓷老街は英語で「Yingge」(インガー)、地図上の住所は「新北市鶯歌区尖山埔路」などとなります。古い歴史が感じられる、のんびりとした田舎町です。レトロな街並みは歩いているだけでも楽しめます。陶器店の営業時間は店舗によってそれぞれ異なりますが朝9時から夜21時ぐらいとされます。

38782352 639930509726488 2682783972064231424 n
serenagirl70

鶯歌陶瓷老街は火曜日にお休みするお店が多いということなので、陶器店をあちこち巡りたいと思っている人は、火曜日以外に鶯歌陶瓷老街を訪れるのがおすすめです。クレジットカードが使えないお店もあります。店舗で買い物をする場合、現金払いの方が値引きの可能性はあります。

鶯歌駅から鶯歌陶瓷老街まで歩いてみよう

鶯歌駅「文化路出口・陶瓷博物館」と書かれた出口を降り駅の外へ出て、右方向へと線路沿いに歩くと、「鶯歌城」と書いてあるトンネルに至ります。このトンネルをくぐってから左へ続く「重慶街・尖山埔路」を進み「鶯歌陶瓷老街尖山埔路出入口」から鶯歌陶瓷老街へ入ります。

14135032 569274149925995 2037001539 n
mingcaixu

上記の道程で鶯歌陶瓷老街に入って行く方が、鶯歌駅からは分かりやすいでしょう。しかしこの道程以外にも、「鶯歌国小」という小学校の側にも、別の「鶯歌陶瓷老街出入口」があります。こちらを利用して小学校側から鶯歌陶瓷老街に入って行っても、もちろん大丈夫です。

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店1:信義行

13398656 1717074275228697 252526728 n
laniesong

「信義行」は鶯歌陶瓷老街の尖山埔路口からすぐのところに位置する陶器店です。丈夫で使いやすい食器として台湾で定評がある「大同」製の陶器や、細かな模様が食器の裏側まで描かれている高価な陶器から、50元前後(約800円)のお手頃価格の陶器製品まで、店内には幅広い商品がそろっています。

11821200 1645289835687981 539344231 n
aurore_lin

「信義行」では日本製の陶器も販売されているようです。比較的安い価格で販売されているとのこともあり、地元に暮らす人々からも愛されるお店です。思わず手に取って見たくなるような可愛い陶器がたくさんありますので、ぜひお気に入りの陶器を見つけてみてください。

住所 新北市鶯歌区尖山埔路14號-1
電話番号 02-2670-2245

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店2:大謙陶房

「大謙陶房」は鶯歌陶瓷老街にある注目の若手の陶芸家のお店です。場所は鶯歌陶瓷老街の「牛車巷」と書かれた路地を入ったこじんまりした古民家。鶯歌出身のアーティスト郭詩謙(Peter)さんによる陶器が販売されています。

「大謙陶房」のオーナーの郭さんはアーティストとしても注目されている陶芸家でとても忙しいため、「大謙陶房」の店番は郭さんのお母さんなどが担当しています。ユニークな作品は見ているだけでも心癒されます。

住所 新北市鶯歌区尖山埔路14-1号
電話番号 02-2670-2245

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店3:新旺集瓷

37012309 2124678984525773 2108524386205040640 n
c00266

「新旺集瓷」(「新旺陶磁器」とも)は、鶯歌陶瓷老街の陶器産業を盛り上げてきたお店。4代目経営者の許さん夫婦は「許新旺陶磁器記念博物館」を設立し、陶芸家の作品を紹介し陶芸教室なども開催。ここでしか見られない古窯や古代の釉薬機も鑑賞できます。

建物には「磁器博物館」という表示があります。中に入ると、おしゃれな陶磁器やキッチン用の雑貨などが販売されていて、その奥で陶芸教室が開催されています。子どもから大人までが参加できるロクロを使った陶芸教室などにたくさんの人が訪れます。

39069888 1712450255550971 6445771997396860928 n
yuenclive

陶芸教室の参加費はコースによって異なりますが、約400元(日本円で6500円ほど)からとのことで、地元の人で賑わっています。陶芸の街で手作り陶器を体験するのも思い出になるでしょう。店内ではリーズナブルな価格で箸や茶碗も販売されているので、ここでお土産を探してみるのもよいかもしれません。

住所 新北市鶯歌区尖山埔路81号
電話番号 02-2678-9571

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店4:風清堂

29715320 180928932549942 1503983824915136512 n
ruufu6

「風清堂」は鶯歌に3件出店していて日本でも知られた茶器のお店。風清堂の茶器は落ち着いたデザインで薄型の作りになっているため、ゆったりとしたくつろぎの一時にぴったりの風合いがあり、日本人にもファンの多い陶器として人気があるとのことです。

「鶯歌駅」を出て、「文化路」を博物館の方へ5分ほど歩くと左側に「風清堂 藝品部」(本社)があります。ここでは風清堂の茶器などがそろっています。品揃えは多く、急須のほかにマグカップや、台湾茶を入れるときに使う「茶海」なども扱っています。

19955753 1879671905604106 8175471102634491904 n
funayanegi

「風清堂 藝品部」(本社)からさらに歩くと交差点があり、その交差点の角にあるのが「風清堂 茶具部」です。お店の外観に「茶与器」と書かれています。ここも風清堂ですが、店内ではお茶を重点的に扱っています。中はギャラリーのような雰囲気で高級感あふれるお茶が並びます。

住所 新北市鶯歌区文化路335号
電話番号 02-2679-4302

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店5:安達窯

27573496 162686741119374 2364433771949719552 n
yumi7129

「安達窯」は創業1976年の老舗陶器店。青磁のマグカップなど定番の人気商品を誇り、鶯歌陶瓷老街に複数の店舗を構える人気店です。特徴のある「汝窯シリーズ(拾璞)」や、白磁に少しクリーム色の「定窯」などの他にフルーティな茶葉なども販売しています。

 

「安達窯」は、先代が築いたブランドに現代的なセンスを加えた新しいデザインの陶器なども数多く発売しているためファンも多く、台湾陶器界のなかでも注目を集めるブランドです。フラッグショップなど4つのお店が鶯歌陶瓷老街にあります。

12328185 841390142645067 442938196 n
katorinatnk

赤ん坊の肌のような柔らかでふくよかな印象をイメージした「羊肌白」シリーズなど、中国茶器らしい上品な製品が人気を集めています。桃園空港から帰国直前に「安達窯」に来店して、お土産として購入するというお客様も多いとのことで、定評ある人気商品が並びます。

住所 新北市鶯歌区尖山埔路54号
電話番号 02-2679-8482

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店6:三希陶瓷商行

38896284 506681703092443 2443040963480780800 n
izumo_utsuwa

「三希陶瓷商行」は1989年創業の陶器メーカーで、伝統的なデザインの中国茶器の製品から、奇抜な発想で斬新なデザインのものまで幅広い製品を扱っています。落ち着いた雰囲気の店舗は日本人にも人気のお店です。

「三希陶瓷商行」には、シックな色合いで落ち着いた趣きの急須から、野球のボールとバットが急須のデザインになっているような、ここでしか見られないユニークな急須など、見ていても楽しい商品が揃っています。

住所 新北市鶯歌区尖山埔路31號
電話番号 02-8677-7110

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店7:弘祥茗壺

38760753 229049401135750 2029443988062208000 n
chinoakaren

「弘祥茗壺」は店頭にたくさんの陶器がならび、陶器好きならつい足を止めて見入ってしまうような魅力あるお店です。おしゃれなコーヒーカップのセットや、可愛い透かし彫りの陶器などが手頃な価格で並び、掘り出し物がありそうな楽しい雰囲気のお店です。

「弘祥茗壺」はクレジットカードにも対応してくれるお店とのことです。店内は、ごちゃごちゃと陶器が並んでいて、色鮮やかな花鳥が描かれた、いかにも台湾茶器らしいデサインのものや、カップは透明で蓋は透かし彫りになっているセットの茶器などが並びます。

「弘祥茗壺」には、価格も1個10元ほどの茶碗から、数百元以上の価格のものまで、ピンキリで揃っています。少しホコリをかぶってワゴンの上にどっさりと置かれている茶碗群のなかには、きっとお気に入りや、掘り出し物がありそうな、楽しい買い物ができるおすすめのお店です。

住所 新北市鶯歌区陶瓷老街37號
電話番号 02-2678-5875

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店8:鶯歌光點美學館

38685606 2240998529464358 80758051023355904 n
irenelan22

「鶯歌光點美學館」は三階建ての新しいビルで、歴史あふれる鶯歌陶瓷老街にできたショッピングモールです。中はもちろん陶器店がぎっしり入っていますが、それ以外に食事ができるお店やカフェもあるのでショッピングの合間の休憩にもぴったりのお店です。

鶯歌光點美學館では陶器を扱っているほか、絵画や玉石から作られた工芸品なども販売しています。建物のなかは吹き抜けとなり開放的な雰囲気があります。老街を散策して、トイレを利用したくなった場合、こちらのトイレはきれいで使いやすいとのことです。

31113819 152253068954053 6569030854348111872 n
yenjutu

鶯歌光點美學館にはたくさんのお店が出店していますが、なかでも「乾唐軒」は台湾で注目の陶器店です。「乾唐軒」は1986年創業、生活の中にアートを取り入れるというコンセプトで、伝統的な中華風のデザインから新しいセンスが光るものまでが揃っています。お土産にいかがでしょうか。

住所 台湾新北鶯歌区陶瓷街18号
電話番号 02-2678-9599

新北の鶯歌陶瓷老街のおすすめ陶器店9:子士小舗

19228539 1481525478572280 2595009645286260736 n
mingxiang704

「子士小舗」はキュートで女子好みの陶器が揃っているおすすめのお店です。台湾では明るく華やかな花柄を「客家花布柄」と言いますが、「子士小舗」には可愛い「客家花布柄」の食器などがあります。しかも、お値段もお手頃です。「客家花布柄」の茶碗、スプーン、カップなどが店頭に並んでいます。お土産にも喜ばれそうです。

住所 新北市鶯歌区重慶街63之1號
電話番号 02-2678-4335

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ1:破鑼麵店

「破鑼麵店」は創業70年を超える、地元で人気の小吃店です。おすすめメニューは「乾麺」ですが、少し酸味がある独特の美味しさが人気とのことです。大根と豚骨のあっさりスープ(蘿蔔排骨湯)や、ひょうたんの炒め物(炒胡瓜)など台湾らしいメニューも人気。

「破鑼麵店」は常連客も多く、地域に愛されたお店です。価格も「魚肉飯」20元(約300円)、「乾麺」35元(約550円)など、リーズナブルで美味しいお料理がいただける嬉しいお店です。

住所 新北市鶯歌区建国路246号
電話番号 02-2677-1776

Thumb台北の『綠逗薏人』は緑豆のデザートがおすすめ!メニューやアクセスは?
台北の綠逗薏人は台湾の伝統的なデザートのお店です。台湾のデザートどちらも美味しいだけでなく、...

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ2:一片天涼麵創始店

「一片天涼麵創始店」は黄色の背景のメニューが、通りに向けて張り出されたお店です。人気メニューは「涼麵」ですが、メニューには「白芝麻醤」や「日式和風醤」や「天使XO醤」(いずれも40元、約650円)など、バリエーションがいくつも揃っています。

「一片天涼麵創始店」は日本語のメニューもあるお店です。「涼麵」は日本人にとっても食べやすい、美味しい味でおすすめとのことです。ショッピングや散策でお腹が空いたときは、ランチとしてぜひお試しあれ。

住所 新北市鶯歌区中正一路3号
電話番号 02-8678-0024

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ3:宜蘭土包仔

「宜蘭土包仔」は鶯歌駅から徒歩5分とアクセス良好、ランチにぴったりのお店。台湾で有名な饅頭屋さんだけあって、いつも行列ができるお店。蒸したて、あつあつの肉まんなど、品揃えも豊富、価格もお手頃なのでグルメにもグルメでない人にもおすすめ。

「宜蘭土包仔」は有名店だけあって、「30分行列して待ったが、その甲斐があって美味しかった」、「旅の思い出になった」などの感想も聞かれる人気店です。店内では皮を作る人、包む人、蒸すのを担当する人など分業で手際よく作業が進められています。

13643727 1096871227047921 539165385 n
eati_foody

「宜蘭土包仔」では、肉まんなど商品の種類などもたくさんあるので、中国語があまり得意でない方は筆記して示すと間違いがないようです。1人で20個ぐらい購入していくお客様もいるとのこと、ジューシーで美味しい、人気の高さがわかります。

「宜蘭土包仔」は創業60年以上の老舗店ですが、肉まんの価格は1個、10元(約160円)ほどと嬉しいお値段です。その割には、ずっしりとした重さがあり、黒胡麻の味、タケノコ風味のものなど、充実の味わいを堪能できます。

住所 新北市鶯歌区文化路128号
電話番号 02-8677-6498

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ4:卓記牛肉麵

28155504 145742202907821 385198424024154112 n
alicemeow3

「卓記牛肉麺」は地元の人からも愛されるお店です。店名どおり「牛肉麺」がおすすめのメニューです。「海帶」というコンブの料理や、豆干(ドウガン)という豆腐を乾燥させた料理などがいただけるおすすめのお店です。

「卓記牛肉麺」には、しっかりとした味付けの肉と、少し太めの麺がコンビネーションとなっている牛肉麺を食べて、鶯歌の散策で一休みするのも旅の思い出になるかもしれません。

住所 新北市鶯歌区文化路373号
電話番号 02-2670-7021

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ5:厚道飲食店

32099190 177171492984328 5149194647171497984 n
grace_xuanxuan

「厚道飲食店」は鶯歌陶瓷老街を散策しながら立ち寄るのにおすすめのお店です。メニューがとても豊富で麺類、ご飯、スープなど一通り揃っていますので、グルメ好きはぜひ立ち寄って台湾観光を楽しんでいただきたいお店でしょう。

店内は古き良き台湾といった雰囲気のあるデザインになっています。おすすめのメニューは何といっても「古早味排骨飯」で、これは排骨(パイグーと呼ばれる)が豚骨が美味しいタレとともに調理され、ご飯の上にのっているお料理です。

37766074 297605764207303 3489345063220150272 n
princekinroji

ランチ時には行列ができる人気店だけあって、どのメニューもおすすめできますが、グルメに人気の料理は特に「讃」の文字がメニューに記載されているので参考にしてみましょう。「厚道酸辣鶏飯」や「鶏腿飯」なども好評のメニューとのことです。旅の途中でリフレッシュできる、美味しいメニューが揃ったグルメにおすすめのお店でしょう。

住所 新北市鶯歌区育英街85号
電話番号 02-2677-7617

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ6:三峡金牛角

34722836 188985725151777 8600254397684908032 n
tehsuan2002

鶯歌陶瓷老街を散策すると分かるのですが、ここにはレストランだけでなく、食べ歩きに最適のお店もたくさんあります。なかでも「三峡金牛角」のクロワッサンは人気でおすすめです。三峡は鶯歌の近くにある地域で、こちらのクロワッサンは名前のとおり、まるで牛の角のように両端がクルッと曲がっているような形をしています。

25038975 1997354103856249 6720607074926985216 n
muxciii

クロワッサンの食感は、日本のクロワッサンに比べれば少し堅めになっていて、珈琲味やプレーンのものなど、いろいろな味付けのものが販売されています。出来たて、あつあつを食べるのが美味しいとのことですので、現地を訪れた際にはぜひ召し上がってみてください。

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ7:屋台

鶯歌陶瓷老街は陶器のお店が並ぶ街ですが、ここでは休日に、屋台もたくさん出ますので、こういった屋台をランチに利用するのもよいでしょう。台湾の伝統的なスイーツとして人気がある「豆花」や、胡麻や小豆が入った昔ながらの素朴な菓子パンも販売されています。

新北の鶯歌陶瓷老街の人気グルメとおすすめランチ8:スターバックス鶯歌店

陶器店がたくさん並ぶ鶯歌の街にもスターバックスがあります。外観はいかにも陶器の街といったデザインになっていて、店内にも陶器のディスプレイがあります。ここはコンセントやWi-Fiを完備しています。旅先でWi-Fiスポットを利用したいと思ったら、ここに入るのもよいかもしれません。

陶器で作られた「陶瓷老街」の看板が目印です。店内には台湾のスターバックスとしてのスタンプもありますので押してみてください。また、鶯歌という地名が入ったスターバックスカードが店内で販売されています。カードそのものは100元、好きな金額をチャージして使います。もちろんチャージしないままお土産に持ち帰ることもできます。

新北の鶯歌陶瓷老街を観光する:鶯歌陶瓷博物館

せっかく陶器の町、鶯歌に来たのですから、もう一歩、足を延ばすなら「鶯歌陶瓷博物館」がおすすめです。鶯歌陶瓷博物館は、台湾の陶器を集めた博物館ですが、製陶の歴史もわかりやすく展示してあります。また、館内にはカフェがあります。ここで、軽食もいただけます。

「鶯歌陶瓷博物館」は鶯歌駅の文化路出口から歩いて15分ほどのところにあります。「風清堂」や「宜蘭包仔」を通り過ぎたところに位置しますので、老街で陶器をショッピングするのと合わせて、時間がある場合は、鶯歌陶瓷博物館を旅のプランに取り入れるのもおすすめです。

38760403 2130147880566218 6621494579948421120 n
charrrrrlie1013

「鶯歌陶瓷博物館」は広々とした野外展示スペースや、子ども連れでものんびりできるスペースもそろっています。鶯歌陶瓷博物館を訪れると、台湾製陶の名品を鑑賞しながら、歴史や工程について理解を深めることもできます。ミュージアムショップもあります。鶯歌陶瓷博物館で一息つくというのはいかがでしょうか。

住所 新北市鶯歌区文化路200号
電話番号 02-8677-2727 

Thumb鶯歌陶瓷博物館の見どころ&アクセスまとめ!台北の人気観光スポットを調査!
鶯歌陶瓷博物館は台湾の新北市にある陶器を中心にコレクションした人気博物館です。鶯歌陶瓷博物館...

鶯歌陶瓷老街をぜひ楽しんでみよう!

鶯歌陶瓷老街は陶器が好きな人には見逃せない街。どこか気になる魅力あふれる陶器のお店が並ぶ通りは、ぶらぶら気ままに散策するだけでも楽しい街です。あなただけの掘り出し物が必ず見つかるのではないでしょうか。美味しいランチができるお店にも立ち寄って、台湾ならではのグルメを味わって鶯歌陶瓷老街で楽しい一時を過ごしてください。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Hitomi Kato

人気の記事

人気のあるまとめランキング