指南宮は台北屈指のパワースポットで占いやお守りも有名!行き方は?

指南宮は台北で一番とも言われるパワースポットとして人気があり、台湾に人だけでなく、海外からの旅行者からも人気の有名なパワースポットです。お守りだけでも効果がすごいと言われ、占いが好きな方やパワースポット巡りをする方も多い指南宮のことや行き方などをお伝えします。

指南宮は台北屈指のパワースポットで占いやお守りも有名!行き方は?のイメージ

目次

  1. 1台北の指南宮とは
  2. 2パワースポットの指南宮
  3. 3指南宮がある場所
  4. 4指南宮は龍脈の中心
  5. 5指南宮は行くだけで効果絶大
  6. 6指南宮への行き方
  7. 7指南宮を参拝する前に
  8. 8台北式の占い
  9. 9指南宮の参拝ルール
  10. 10呂洞賓が祀られる指南宮純陽寶殿
  11. 11指南宮純陽寶殿裏には龍神
  12. 12指南宮純陽寶殿の大成殿
  13. 13指南宮ダントツのパワースポット
  14. 14指南宮濟世會の時間
  15. 15道教最高神がいる指南宮凌霄寶殿
  16. 16沢山の仏がいる指南宮大雄寶殿
  17. 17指南宮でパワースポットの食事
  18. 18指南宮その他のパワースポット
  19. 19指南宮での注意点
  20. 20指南宮で良い運勢になってきましょう

台北の指南宮とは

指南宮は台北市にある猫空に行く途中にあり、120年という歴史がある人気のパワースポットです。占い好きはもちろん、パワースポット巡りをする方からも人気で、いつも参拝の方が多く、その効果の効き目も有名なところです。その指南宮の時間や行き方等をお伝えします。

パワースポットの指南宮

指南宮は道教の他に仏教と儒教と三つの宗教が進行されている場所で仙公廟とも呼ばれてます。台北では有名な廟で参拝に訪れる観光客や運気を変えたい方等も多く訪れ、運気が変わったと言う方も多く、お守りを持つだけでも効果がすごいと言われるパワースポットです。

大変広い敷地内には、大きな建物が3つあり、それぞれを結ぶ通路と綺麗な景色が建物と共にあります。指南宮にある建物には道教の神様と儒教の神様や、御釈迦様や仏様とそれぞれ祀られています。そして参拝の仕方もきちんとあるので、パワースポットと言われる指南宮のご利益を得るためにも、参拝方法も守り参拝すると良いです。

指南宮がある場所

台北で文化的な場所である、最近日本の観光客も増えてきている台湾鉄観音茶の産地の台北市の猫空に行く途中に指南宮はあります。猫空同様に指南宮から台北市の景色を見ることができます。宿泊できるところも指南宮の近くにいくつかあって、指南宮から見える景色や参道から見る指南宮を1日かけ、ゆっくりと見ながら過ごす方も多いです。

パワースポットである指南宮を全部見るには、思った以上の時間を必要とします。最近は指南宮よりも猫空の方が注目されているので、訪れる方は意外と少なめですが、木柵山にあるとは言え、早朝から訪れる方は多く、実際に登山口もあるので、中にはハイキングも兼ねて指南宮まで登ってくる方もいます。

指南宮は龍脈の中心

台北のパワースポットとして有名な指南宮は、木柵山の自然に囲まれた場所にあり、風水でも良い場所で陽の気が凄く強い場所とされています。そしてその陽の気がある龍脈の中心とされていて、さらに指南宮は道教、儒教、仏教とあり沢山の神様がいるため、来るだけでも効果があります。

ひとつの宗教の神様だけでなく、3つの宗教の様々な神様がひとつの場所にいるというのもあり、様々な願い事に適した神様がいます。自分の占いたい事や、願い事など、通常であれば、どんな事にご利益があるか気になりますが、指南宮は様々な神様がいるのでどんな願い事にも効果がある場所です。

指南宮は行くだけで効果絶大

指南宮はパワースポットとしても有名ですが、その効果に対しても有名な場所で、日本からもパワースポット巡りのツアーがあり、指南宮にくるツアー客も多いです。指南宮には多種多様な神様がいるため、その分色々なお守りもありますが、お守りを持ってるだけでも効果がすごいと有名で、特にお札を書いてもらい、お守りとしてもっているとすごいと有名です。

参拝しなくても行くだけで効果があると言われ、参拝してると、以前訪れ、運勢が変わったという方も大変多くいます。そして指南宮は純陽寶殿にある濟世會、ここで行われる占いが凄くて、台北だけでなく、台湾で有名な郭師兄に見てもらうのですが、効果は絶大でパワースポットと言われる指南宮でも特別な場所です。

指南宮への行き方

指南宮へ行くには猫空ロープウェイもしくはバス、タクシーでの行き方になります。月曜日はロープウェイが点検のため休みになるので、もし月曜日に行くならタクシーかバス、それか体力に自信があり、時間にも余裕があるなら、登山口から登る行き方がありますが、結構急な階段も多いので飲み物や暑さ、日差し対策も必要です。

ロープウェイでの行き方

ロープウェイでの行き方ですが、台北駅から板南線で忠孝復興駅に行って、そこから文湖線で終着の動物園までいきます。動物園からはちょっと歩くのですが、指南宮まで乗車時間は15分ほどです。指南宮は猫空の手前の駅で、指南宮駅を出ると指南宮の裏手にでます。駅を出ると駐車場と指南宮の看板があり木の枝にお守りが沢山下がってます。

月曜日は運休です

ロープウェイは毎月第一月曜日以外の月曜日は休みなので、月曜日はバスかタクシーを使うしか指南宮への行き方はありません。指南宮までは100台湾元で行けますが、Easy Cardを使うことができるので平日であれば20台湾元の割引になるので、台北駅等で購入しておくと良いです。

悪天候で運休もあります

ロープウェイは動物園駅では大丈夫でも指南宮のある場所は悪天候の時もあり、様子見で乗れなかったり、運休になるときがあります。様子見の時は椅子を出されたり、待ってる間お水をくれたりしてくれるのですが、時間が無いとき等は、すぐにタクシーに乗って行った方が良いです。

バスでの行き方

バスを利用しての行き方ですが、台鉄で動物園駅まで行き棕15路のバスに乗って行きます。バスで行くと指南宮正面側の参道前に降りるので、道を進めば指南宮へ行けます。そして、参道側は石碑があり、ロープウェイが出来るまでは訪れる人が多かったため表参道にはお守りや食堂や占いの店もあります。

タクシーでの行き方

タクシーでの行き方ですが、ロープウェイの駅では週末の午後など数時間待ちという時があったり、駅では天気が良くても猫空や指南宮の方では雷雨等悪天候の時もあって運休の時もあります。その時はタクシーかバスで行くしかないので、ロープウェイの駅か動物園駅周辺でタクシーで行きます。

初めからタクシーと決めているなら、動物園駅かひとつ手前の木柵駅で降りてタクシーで行くと良いです。タクシーでの行き方としては木柵駅からタクシーだと交通状況にもよりますが15分ほどで指南宮に着きます。指南宮と書いたメモを渡せば行ってくれます。結構驚く運転手が多いですが気にせず行ってもらってください。

登山口からの行き方

16583991 1765550747095131 723840897208287232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
paula20637

登山口からいく場合は軽めの登山の感覚で行くと良いです。ロープウェイの駅から30分ほど歩くと登山口があります。結構急な階段を登ったりして、結構大変なので登山口を通るなら帰りに通ると良いです。途中に歴史を感じる小さな廟もあるので参拝しながら下山すると良いです。

Thumb台湾・猫空観光の行き方&ロープウェイガイド!カフェや夜景もおすすめ!
猫空は台北にある観光地で台湾茶発祥の地でもあります。猫空ロープウェイからの景色はもちろん猫空...

指南宮を参拝する前に

指南宮は総合的なパワースポットで神様もお守りも様々あります。指南宮参拝の前に占いのお店で、気になることなど占ってもらってから、希望にあう神様を参拝してまわるのが、広い敷地内を効率よくまわるにも良いです。占いは色々あって、占いをしてくれる方によって方法は違います。

台北式の占い

11410242 916662431725840 1727159868 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
fogacandre

占いは、人によって方法が違うのですが、基本は姓名占いで、その姓名占いを軸に、他のいくつかの占いを合わせて占いをしてくれます。何を占ってもらうのか、その占いの内容や、支払う金額によっても変わってくるのですが、占いの結果をもとに参拝する神様もわかるので、指南宮のまえに占いをしておくのも良いです。

指南宮の参拝ルール

日本の神社等も参拝するときの決まりはありますが台湾の寺院でも参拝のルールがあります。その規模や宗派などでも少し変わってきます。指南宮も大変広いですが参拝の順番も決まっていて、指南宮を訪れる台湾の人達もきちんと守って参拝しているので、神様に失礼のないよう、順番を守り参拝すると良いです。

参拝の順番は右から左そして真ん中

参拝方法は、門の敷居を踏まないように左足からくぐって線香を購入又は無料なので決められた数の線香を手にし、くぐってきた門に一礼、そして社に一礼、線香を立てるところが1ヶ所なら、そこに線香をたて、そして神様に一礼、挨拶と共に願い事をします。

この時、神様が3ヶ所にいたら右、左、真ん中の順番にまわります。他にも参拝者がいるので、その方たちを見ているとわかります。線香を立てる時も火をつけて、そのまま立てるのではなく、右手で線香をもち、左手を添える感じで両手でもち、顔の高さまで線香を3回あげて、同時に軽く頭を下げ、自分の名前、生年月日や歳、住所と願い事をします。

線香の本数が違います

指南宮には純陽寶殿、凌霄寶殿、大雄寶殿とあり、それぞれ線香の本数が違います。それぞれの場所で線香は用意されているので、まとめて持たなくても大丈夫です。線香の本数は、線香が置かれているところに書いていますので、指定された本数をもち、参拝してください。もし不安だったりわからないときは、係りの人がいるので聞けば大丈夫です。

呂洞賓が祀られる指南宮純陽寶殿

純陽寶殿は日本統治後に以前の姿を復元し造られた建物で、三階建ての建物には指南宮で呂祖や仙公と呼ばれる呂洞賓が主神として祀られていて、指南宮の正殿になります。呂洞賓は純陽真人とも呼ばれるので純陽寶殿と呼ばれます。

提灯が沢山あり印象的な建物で、提灯の間から龍の彫刻が天井に見えます。そして純陽寶殿の裏口では台北では恐らくここを含め3ヶ所だけと思われる収驚というお祓いをしていて見ることが出来ます。収驚は文字通りで驚いたため魂が抜けてしまったものを戻す儀式のようなものです。

奥にある呂祖聖尊宝殿

11262022 1702433103369905 2143027238 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
handlin42

純陽寶殿の奥というか右手に呂祖聖尊宝殿があり、中国にある山西永樂宮から贈られたという白玉の彫刻の呂祖が祀られています。すごく綺麗で真っ白なのですぐにわかります。その呂祖の前が斗母元君で左右に緑色の顔の雷部李天君、右にある赤い顔が王天君とあります。

指南宮純陽寶殿裏には龍神

12135226 880372418706607 1774380611 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
marumaruo193

純陽寶殿の裏に行くと龍神様がいて、その正面に彫刻があり八仙が彫られています。この彫刻もかなりのパワースポットです。大抵の方はここで線香を立て参拝するのですが、参拝するまえに、ここを通りすぎ外というか何もないのですが一礼する場所があり、そのあと、龍神様に参拝するのが正しいそうです。

36832475 495426610870275 8814529963895029760 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
brnz.984

これは、大きなお寺だと門があるので、参拝時は、まず最初に門に向かい一礼するのですが、小さなところだと門がありません。その時も神様に背を向け外に一礼してから神様の方に一礼します。まず神様のまえに、自然に対しての感謝ということで、龍神様の時も同じようにするのですが、純陽寶殿の入口にいるおばあちゃんくらいしかわかりません。

純陽寶殿にいるおばあちゃん

15877305 414763738855029 4873140872671133696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chingwei.lin

純陽寶殿にお守りを売っているおばあちゃんがいるのですが、このおばあちゃんは純陽寶殿の参拝やルールなど教えてくれて、案内してくれます。案内した後にお守りを買ってということなのですが、お守りを購入したくない方は、あまり純陽寶殿内でキョロキョロうろうろせず、スムーズに参拝すると良いです。もしくは案内しなくて良いと断ってください。

指南宮純陽寶殿の大成殿

40496145 1005444349655289 538588091464548352 n
twimage0705

大成殿には儒教の聖人が祀られています。合格祈願などを行う文昌帝君の文昌筆があり、孔丘と孔丘の弟子の曽参、そして孟軻が祀られている部屋で、この時奥に城隍が祀ってあり、横に五祖が祀られていて、一般的には道教廟に儒教の五祖が祀ってある事が多いですが、ここでは全真教の五祖があり、台北でもなかなか見れないです。

指南宮ダントツのパワースポット

30856301 180072639488019 1694436294161072128 n
tcj101

指南宮に行く方は、結構ここを目的に来る方が多いです。指南宮純陽寶殿の後ろの方に部屋があって受付もあります。指南宮濟世會とあり有名な郭師兄の占いを受けれます。最初に一番右の部屋で弟子の方が体を清めてくれ、祭改という体に積もった悪いものを払い、そのあとに郭師兄がいろいろ見てくれます。

29094131 2002997453251526 4754633125722587136 n
kiara.devonne

占いをしてもらうとき、ピンクの紙に自分の名前、何を占いたいのか、どうなりたいのか等書き込み、関係する人物がいるなら、できるだけ詳しくピンクの紙に書いてわたします。するとどうすれば良いのか等色々教えてくれます。そしてピンクの紙に文字を書いて渡され、裏にある収驚をする場所でその紙を燃やします。

祭改しないなら

1922035 1662864957295351 1836085884 n
senchan_0323

そこまでしないという方は台湾の絵馬のようなお守りがあり、色違いで7種類あり効き目も変わります。これを購入したときは、本殿にいくと地球儀が中央にあるので、そこで地球儀の上で絵馬のようなお守りを時計回りに3回まわして、好きな所に結びつけると願いが叶うそうで、境内のどこでも良く、好きな場所に結びつけます。

ロープウェイの駅を降りて、指南宮へ行くまでや指南宮内など木の枝に金色の紙がついたものが沢山つけられていて、願い事も書かれているので七夕のように感じる方もいるようですが、神社にある絵馬と同じで、指南宮で購入したお守りをぶら下げています。敷地内なら何処につけても良く、なかには意外なとこにぶら下がってるものもあります。

お守りを貰えるかも

16583208 289226631494744 4071505065326673920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
piapiaweng

郭師兄から必ずと言うわけではないですがお守りやお札、食べ物やお酒まで頂くことがあります。お守りを頂いてる方が多いようで、郭師兄から頂けた時は大切に持っておくと良いです。参道や商店街のようなところでもお守りやお土産も売っていますが、今の自分に適切なお守りを頂けるので、大切にしてください。

指南宮濟世會の時間

12081226 686375511498811 1024966586 n
sigrido_o

指南宮で有名な郭師兄がいる時間は月曜日から金曜日は午前の時間が9時から11時の2時間で午後が14時から17時の3時間、土日が午前が10時から12時までの2時間で午後が14時から17時までの3時間です。木曜日は休みなので、濟世會に行っても誰もいません。見てもらえる時間は多少前後することがあるので現地で確認してください。

15534628 1723658461283738 4084625743739355136 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
goteamjoshphoto

郭師兄に見てもらうため沢山の方が居るときもありますが、多少待ち時間があっても待ち、見てもらうのをおすすめします。北京語がわからなくても大丈夫です。台湾あるあるですが、日本語がわかる方に郭師兄が電話して通訳してもらえます。台湾に友人がいれば通訳として居てもらうと良いです。その時電話が無理な場合はノートをだし書いて貰えば良いです。

道教最高神がいる指南宮凌霄寶殿

凌霄寶殿は外から見ると2階建てに見えますが6階建てのすごく大きな建物で、道教での最高神である玉皇大帝を祀る建物です。赤が大変印象的な凌霄寶殿の2階に上段下段とあり上段に玉皇大帝が祀られていて下段の前列に呂洞賓と関聖帝君、司命帝君があり後ろに三官大帝が祀られています。

大歳殿には60の神様

大歳殿は一階の奥の方にあり、60干支それぞれに神様がいて六十大歳神と呼ばれています。中国の道教では大歳神は祟りの神様で、生まれ年と正反対、ちょうど対局的にある大歳の神様にランプを灯すと厄を避けれるそうで、安大歳と呼ばれてます。ランプは光明灯と言って、この大歳殿の中には六十の大歳神様とランプが沢山ならんでいます。

自分の大歳神はどれか

19622771 1685659605076154 674531713417740288 n
saisai_31

生まれた年で決まっている大歳神がわからない場合は入口の所にいる職員の方に聞くと教えてくれます。郭嘉や封神演義で有名な神様もいて、自分の大歳神が誰か知るのも楽しみのひとつです。60体の大歳神があるというところは他にもありますが、まとめて祀られていることが多く、大きさや一体一体、祀ってある場所は少ないので見るだけでも価値があります。

沢山の仏がいる指南宮大雄寶殿

日本統治時代は観音殿と呼ばれ、仏教である日本から道教を抑えられていました。その時のものが残ったままであるため、菩薩様、お釈迦様と日本人に馴染み深い仏像があり、日本の方には落ち着きやすく感じる場所でもあります。屋根の上など、あちこちに仏像があって仏教がすごく出た感じではありますが、正面には何故かタイでよく見かけるような象が両側にあり、日本では見ることのない組み合わせは、なんだか不思議な感覚になる建物です。

大雄寶殿では正面の門の天王門に一礼し次に本堂に一礼、そして布袋様をなでます。さらにこの大雄寶殿には関羽像があります。これは中国の仏教では、関羽は護法神とされていて、台湾のお寺では関羽の像をみることもあり、この大雄寶殿でも関羽が護法神としてあります

景色もおすすめ

大雄寶殿の内部や外観も見ごたえあるのですが、ここから見る台北の景色も大変美しく見ごたえがあります。ここからは猫空にある鉄観音茶の茶畑も見え、風景写真を撮るにもおすすめです。大雄寶殿だけでなく、凌霄寶殿からの景色もよく、凌霄寶殿からは台北101も見え、夕方から夜にかけては本当に綺麗です。

指南宮でパワースポットの食事

29736950 445661695869391 5191423366921191424 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cocoro_ima_coco

指南宮のまわりでは食事ができるお店もありますが、精進料理しかないです。しかし精進料理と言っても日本のイメージとは違い、ベジタリアンの多い台湾なので、すごく美味しいです。そして指南宮の純陽寶殿の下の階に食堂があって1日3回決まった時間に食事をすることが出来ます。

10584629 1024962194236758 850666383 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
gixironz

食事の時間は朝が6時から8時、昼が12時から13時、晩が17時から18時と一日三回食事ができる時間があり、この時間に純陽寶殿にいたら食べることが出来ます。行くと円卓があり、案内されて席がうまると食事が大きな皿や入れ物に入り出されるので自分で取り分け食べます。足りなかったら空いてるテーブルへ移動すればまた食べることが出来ます。

指南宮その他のパワースポット

パワースポットとして有名な指南宮は少し離れた場所にも神様がいてそれぞれがパワースポットです。指南宮では恋人同士で行くと指南宮の主神の呂洞賓に嫉妬され別れさせられるという話がありますが恋愛の神様の月下老人もいるうえ、気にせず行くと良いです。それ以上の効果があります。

敷地内すべてがパワースポットでもあり、本殿を中心に良縁とされる方角にも神様がいて、ロープウェイの駅を出たところ等に案内板があるので、それを見ると良いです。実際、本殿以外の場所は参拝者も少なく、静かですが、その分ゆっくりと参拝することが出来ます。

指南宮での注意点

指南宮はパワースポットとしても有名で、日本からはパワースポットだからと訪れる方も多いのですが、台湾の他の廟やお寺でも台湾の方たちはきちんとマナーやルールを守り参拝する方が多いです。日本の観光客が多いお寺や神社のような感覚ではなく、台湾の方たちにも失礼のないようルールは守ってください。

指南宮で良い運勢になってきましょう

台北市内からの行き方も簡単で大変行きやすい場所にあります。全部をまわろうと思ったら結構な時間が必要ですが、運勢を変えたり、正しくしたりと効果がすごい場所です。台湾で人気の観光地を訪れるのも良いですが、自分の運勢を良い方向へかえ、有難いパワーを吸収しに台北でも有名なパワースポットの指南宮へ行ってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ