名古屋弁・方言を徹底解説!かわいい表現や語尾の特徴など例文付き!

名古屋弁には、かわいい表現の方言がたくさんあります。そんな名古屋弁の数々を特徴や告白時の例などを織り交ぜて紹介していきます。名古屋弁についてより深く理解してみませんか。日常的なものから告白などにも使えるものなどより多くの方言を紹介します。

名古屋弁・方言を徹底解説!かわいい表現や語尾の特徴など例文付き!のイメージ

目次

  1. 1魅力あふれる名古屋弁・方言を徹底紹介!
  2. 2愛知県名古屋市はこんなところ
  3. 3名古屋弁はなぜ標準語ではないのか?
  4. 4名古屋弁はどんな場所で使われる?
  5. 5名古屋弁の特徴は?語尾を上げる
  6. 6名古屋弁の特徴は?伸ばす
  7. 7名古屋弁・方言のイントネーションは?
  8. 8名古屋弁・方言で告白してみよう
  9. 9名古屋弁・方言のかわいい表現1:でら
  10. 10名古屋弁・方言のかわいい表現2:〜まい・〜もん
  11. 11名古屋弁・方言のかわいい表現3:なにぃ
  12. 12名古屋弁・方言のかわいい表現4:ちんちん
  13. 13名古屋弁・方言のかわいい表現5:だがや
  14. 14名古屋弁・方言のかわいい表現6:みゃー
  15. 15名古屋弁・方言のかわいい表現7:しこる
  16. 16名古屋弁・方言のかわいい表現8:かや
  17. 17名古屋弁・方言のかわいい表現9:ほかる
  18. 18名古屋弁・方言の変わった表現1:机をつる
  19. 19名古屋弁・方言の変わった表現2:放課
  20. 20名古屋弁・方言の変わった表現3:けった
  21. 21名古屋弁・方言の変わった表現4:しんで
  22. 22名古屋弁・方言の変わった表現5:めいだい
  23. 23名古屋の方と話すときの注意点は?
  24. 24名古屋弁・方言の表現や特徴を詳しく紹介!

魅力あふれる名古屋弁・方言を徹底紹介!

名古屋弁にはたくさんの表現があります。そんな多彩な名古屋弁の中から、かわいい表現のフレーズをはじめ、告白などにも利用できる便利なフレーズなど語尾などの特徴も踏まえて紹介していきます。名古屋方面に友人や知人にいる方などにおすすめになります。告白を考えている場面などに参考にしてみてください。

Thumb愛知の方言を地域別一覧まとめ!かわいい言葉の特徴は語尾?告白表現も!
愛知県には特徴的な方言がたくさんあります。主に西部の尾張弁と東部の三河弁に分けてご紹介します...

愛知県名古屋市はこんなところ

名古屋といえば、名古屋城や名古屋ドームなどといったように、多くの観光名所があります。また、味噌カツやきしめんなど絶品のご当地グルメが味わえる場所としても有名です。また、特徴ひとつとして名古屋弁も挙げられます。今回は名古屋弁にスポットを当て、様々な表現について紹介していきます。

名古屋の人と言えば、倹約家のほか、やや頑固、忍耐強いなどといったイメージがあります。大都市の1つでありながら、あまり強いイメージがないといったところも名古屋の特徴です。ですが、名古屋で使われる名古屋弁には多くの特徴があります。そんな特徴豊かな方言について紹介していきます。

名古屋弁はなぜ標準語ではないのか?

名古屋と言えば、誰もが知ってる戦国武将を輩出した地でもあります。戦国時代に統一へと近づいた織田信長は愛知県中島郡生まれで、名古屋育ちになります。天下を統一を果たした豊臣秀吉は名古屋市中村区生まれになります。そして徳川家康も名古屋に近い岡崎市にいました。

そもそも、薩長同盟が標準語の概念を作りました。鹿児島、山口、高知といった方言の強い地域で、会議などの際に言葉の聞き分けに苦労したといったことがあります。明治政府を開き、重要事項を決める会議には記録を残すのに、明確な標準語を規定する必要がありました。

「標準語」という言葉は、明治時代の英語学者であった岡倉由三郎が1890年に作りました。元々は幕府軍と対立していた、薩長同盟が作った概念なので、幕府色強い名古屋では入り込む余地がなかったと考えられています。そういった時代背景により、名古屋弁は標準語にはなりえなかったとされます。

名古屋弁はどんな場所で使われる?

名古屋のある愛知県には三河弁を話す三河地域と名古屋弁と呼ばれる尾張弁を話す尾張地方とがあります。2つの方言の境目となっているのが「境川」です。そもそも尾張地域は、織田信長の領土として知られ、三河地域は徳川家康の出身地といった歴史的背景もあります。

名古屋以外のエリアでは、意味の通じない言葉でも日常的に使われている言葉も多々あります。「鍵をかう」は名古屋では「鍵をかける」という意味合いで使われています。名古屋弁は、愛知県西部で話される方言で主に名古屋市中心部で話されることが多い方言です。広義では周辺地域も含まれ、尾張弁や知多弁を含む場合もあります。

後ほど、例も挙げていきますが、名古屋弁は告白の際には、やや柔らかめな表現となります。そんな、日常会話や告白時など様々な場面で利用されます。そんな名古屋弁の魅力について触れていってみましょう。面白いフレーズや聞きなれないものもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

名古屋弁の特徴は?語尾を上げる

標準語では、語尾にアクセントをつけることにより疑問調を表しますが、名古屋弁では語尾にアクセントを置くのが通常の使い方となっています。そんなイントネーションの違いもあります。そういったこともあり、関東の人と話す場合には話が噛み合わないといったこともまれにあります。

名古屋弁野特徴として、語尾をいったん下げてから上げる話し方をするといったこともあります。「なぁにぃ?いいことあったん?」といった言葉では、「なぁ」の後に下げ、「 にぃ」の後に上げ、「いいことあった」の後に下げ、最後の「ん」の後に上げるといった感じにアップダウンを繰り返します。

名古屋弁の特徴は?伸ばす

名古屋弁の特徴としては、2つの母音が連続している言葉には、ひとつの母音をのばして発音するといった特徴があります。「廊下」という単語では、「ろーか」と言う感じに表現し、「ない」を「にゃー」といった感じに「な」を「にゃ」に変えたりとった部分に標準語との違いがあります。名古屋弁独特の表現法です。

名古屋弁での語尾を伸ばすといったことには、より大げさに表現するということも含まれます。後ほど触れる名古屋弁を代表する「でら」という方言は、「でらすげー」や「でぇ~らすげーんだてーよ」という感じに語尾を伸ばすことより、より強いことを表現します。

名古屋弁は「みゃあみゃあ」という感じに語尾のアクセントを伸ばすといった特徴があり、三河地域出身者にとっては、ややきつめの表現ととらえる方もいます。愛知県民同士でも三河弁と尾張弁と呼ばれる名古屋弁とでは異なりがあり、内容が噛み合わないといったことも発生します。

名古屋弁・方言のイントネーションは?

名古屋の方言のイントネーションの特徴には、文末を上げて会話することが挙げられます。「なごや」と発音する場合には標準語では「な」の部分にアクセントが付きます。ですが、名古屋弁では「や」の部分にアクセントが付きます。問いかけのような感じで会話するというところも特徴です。

標準語においては、文末にアクセントがくると疑問形となりますが、名古屋弁は疑問系でなくても文末にアクセント付くといった特徴があります。名古屋弁と言っても、名古屋独自の言葉自体はは少なく、名古屋流の発音やアクセントがついているものが多くあります。

名古屋弁・方言で告白してみよう

地域を問わず告白は大切なことです。そんな、告白のフレーズについても名古屋と関東地域などでも違いがあります。そんな告白の場面での名古屋弁と標準語の違いを紹介していきます。標準語では「大好きなので、付き合ってください。」といった告白の表現は、名古屋弁では「でら好き。付き合ってくれへん?」といった告白表現になります。

名古屋弁の「でら」は、標準語の「とても」といった意味があります。また、「もん」を使うことにより、かわいい感じの告白表現となります。「好きなもんで、付き合ってくれへん?」といった感じに告白します。この場合、標準語では「好きなので、付き合ってください。」といった意味になります。女性におすすめの告白のフレーズと言えます。

名古屋弁といえば、猫やアニメキャラクターのように「にゃー」や「みゃー」といった語尾が付くというイメージを持っておられる方もたくさんいます。そういったかわいいイメージがあります。そんな名古屋弁を使ってかわいらしい感じに告白もしてみませんか。名古屋の女性の方はよりかわいらしく告白できます。

名古屋弁・方言のかわいい表現1:でら

「でら」は名古屋を代表する方言のひとつとも言え、「とても」という意味があります。「でら」は意味合いによって、その強さによって言い方も変わってきます。微妙に変化する感じになっており、より強い「とても」を表現したいときには、「でぇーら」と言うこともあります。

「とてもすごい」は「でらすげー」ほかにも、「とても感動した」は「でら感動した」といった感じに使います。心を込めて言う場合には、「でぇ〜らすげーんだて」といった表現や「でぇ〜ら感動したー」と言う感じに言い、語尾を伸ばす感じに強調します。有名な名古屋弁として馴染みがあります。

名古屋弁・方言のかわいい表現2:〜まい・〜もん

「もん」や「まい」という方言は、他県の人たちからするとかわいい方言として人気があります。「まい」は、「食べよまい」や「行こまい」などといった感じに使います。女の子が使うとかわいい感じが増します。「がんばろまい」などといた感じに励ます場合にも使われます。

「もん」や「まい」といった方言は名古屋では語尾につく言葉として使われます。「~だから」や「~しようよ」という意味あいです。「暑かったもんで、汗出てきたんわー」や「これからサッカーしよまい!」といった感じで使います。日常会話の語尾に付くことの多い方言です。

名古屋弁・方言のかわいい表現3:なにぃ

「なにぃ」という方言は、標準語では「どうしたの?」といった感じで使います。使い方の例としては、「そんなに慌ててどうしたの」という場合、「なにぃ?そんなに慌てて」といった表現となります。この方言を聞くと「怖い」というイメージを持たれる方もいますが、怒っているわけではなく、問いかけている感じの疑問の感情になります。

「どうしたの」や「なにかあったの?」といった感じに名古屋では、日常会話として使われる方言になります。標準語で「いいことあったの?」などと問いかけるような状況の時に、名古屋弁では「なぁにぃ?何かいいことあったん?」といった言い回しとなります。何か、問いかける時に使われる表現のひとつです。

名古屋弁・方言のかわいい表現4:ちんちん

名古屋弁での、「ちんちん」という言葉は「熱い」といった意味で使われます。熱いお茶を飲んだときには、「ちんちんだがね」という感じで使います。主に、熱いものを触ったり、食べたり飲んだりした場合に使う言葉で、名古屋では寒い時期に飲食店などで耳にすることが多々あります。

「あったかいねえ」と言う時でも、「ちんちんだねえ」といったように使われることもあります。熱さの度合いによって使い方も段階分けされます。より熱い時には「ちんちこちん」「あっちんちん」といった言葉に変化します。名古屋以外に人には通じにくい方言のひとつです。

名古屋弁・方言のかわいい表現5:だがや

名古屋を代表する方言のひとつとなっており、最近では「だがや」よりも「だがん」や「がや」と使われることが多い言葉です。意味は「~ですね」という感じに使い相槌に感情を表す言葉です。「そうだがや」や「そうだがん」という使い方をします。基本は語尾につきます。

31502590 1967549743574254 7726611492233019392 n
gankingakiba

アニメ「ドクタースランプ」で有名な方言として、名古屋以外の方でもご存知の方が多いのではないでしょうか。標準語の「そうでしょう」「そうだよね」といった感じの軽めの表現で、「そーだがや」といった感じで使います。実際にこの方言を使う人もいますが、「だがん」「がや」「がね」のように「だがや」の変化形が使われるケースもあります。

名古屋弁・方言のかわいい表現6:みゃー

名古屋では「みゃー」という方言が使われます。「~したらどう」とか、「~したほうがいい」というような提案をする場合などに使われます。「美味しい」や「うまい」を「うみゃー」と言うこともあります。「みゃー」という他にも「やぁー」と付ける場合もあります。

名古屋弁は「みゃー」が付くといったイメージがありますが、実際の使われ方はやや違っています。提案を行う場合、名古屋弁で「~してみやぁ」と言います。「や」で伸ばす感じの語尾となります。「見てごらん」は「見てみやぁ」というように表現については、「聞きやぁ」や「食べやぁ」といった具合になります。

名古屋弁・方言のかわいい表現7:しこる

「しこる」は名古屋の方言で「気取る」や「気取っている」という意味で使われます。例としては、「こんな時になにしこっとるんだ」といった感じに使い、「こんな時に何をかっこつけているんだ」という意味になります。名古屋で女性に「あんたしこっとんじゃないか」と言われた場合、「あなた気取ってんじゃないわよ」と言われています。

名古屋では、「わざとらしい」や「格好を付けている」「きざな」などの表現をする場合に使われます。四日市市四郷地区の方言では「しゃがむ」であったり、和歌山弁では「暴れる」、甲州弁では「威張る」といった意味合いで使われ、場所によって全く違う意味合いを持つ方言です。

名古屋弁・方言のかわいい表現8:かや

「かや」は、名古屋の方言で標準語でいう「~ですか?」といった感じの確認を込めた方言となります。例としては「これで終わりかや」といった感じに使います。また、「20時集合でえーんかや」といった場合にも使います。日常的に使われる方言のひとつとなっています。

「それ、ほんとかや」などと驚きの表現をする場合にも使われます。ほかには、「ほうなんかや」は「そうなのかい」、「これかや」は「これなのか」、「おめぁーはほういう人なんかや?」は「君はそういう人んのか」といった感じに様々な使われ方のできる方言です。

名古屋弁・方言のかわいい表現9:ほかる

「ほかる」とは名古屋の方言で、標準語の「捨てる」といった意味です。名古屋では外出する直前に「ゴミほかっといて」といった感じ使い、「ゴミを捨ててきて」という意味になります。「ほかる」には「無視する」という意味もあります。「あいつ、ほかっときゃええ」といったときには、「あいつは無視しておけばいい」といった意味になります。

「ほかる」という方言には注意が必要です。「ほかる」は標準語に無い言葉なのですが、捨てるという意味で使われているエリアは名古屋にみになります。「ほかっとけ」を「そのままの状態にしておく」という意味で使う場所が東日本では多いので、名古屋の人が関東に仕事などで来た場合に捨ててしまうといった失敗を起こすケースもあります。

名古屋弁・方言の変わった表現1:机をつる

「机をつる」という方言は、名古屋では「机を後ろに下げる」といった動作のことをを指します。教室で掃除を行う場合には、「机つってー」という言葉が日常的に使われます。「掃除をするから、机運んでください」といった動作は、「掃除するから、机つって」といった言い方となります。

名古屋では、小学校での掃除の時間に行う、机を移動させるとき動作のことを「机をつる」と言います。家にあるテーブルを持ち運ぶ時にも、「ちょっと机つって」といった表現をする場合もあります。使い方も名古屋の人は人それぞれといった感じもあり、「つる」を使う場合、家具全般を示す人や机のみといった人とがいます。

名古屋弁・方言の変わった表現2:放課

名古屋では、授業と授業の間にある中休みの時間を「放課」と呼んでいます。一般の授業終わった後の「放課後」は名古屋の人にとっては休み時間の後の「授業」となります。「放課」や「ほーか」といった言い方をします。授業が終わった後は「授業後」や「業後」「下校後」というようにいろいろなな言い方がされます。

「昼休休み中にやらないといけないことがある」といった場合には、名古屋弁で「昼放課中にやらないかんことがある」という言い回しとなります。愛知県教育史では、「放課」の語源は1873年3月に公布された愛知県義校規則から来たとされています。休み時間の種類に対し、「10分放課」「20分放課」といった感じに使い分けます。

名古屋弁・方言の変わった表現3:けった

名古屋では自転車のことを「けった」と呼びます。また、自転車のペダルを漕ぐ動作のことを「けったくる」といい、「けったくるマシン」から「けったマシン」「けったー」といた感じに変化して、「けった」となったと言われています。他のエリアでは意味の通じづらい言葉のひとつです。

けったは「自転車」のことを指しています。使い方としては、「自転車かして」という場合には、「けったかして」などと表現します。また、「今日は自転車で来たんだよね。」といった場合には、「今日、けったで来たじゃんね」といった感じになります。ペダルを漕ぐ動作を、「けったくる」と言います。

名古屋弁・方言の変わった表現4:しんで

関東地方などでは、あまり聞きなれない方言ですが、イントネーションの違いにより全く違った意味となってしまう言葉も数多くあります。「しんで」もそのひとつで、関東地方などから名古屋に仕事や観光などで、出かけた時に耳にされると驚く方も多い方言ではないでしょうか。

「しんで」とは「しないで」という意味になります。名古屋での使い方は、「一緒にしないで」といった場合には、「一緒にしんで」という言い回しとなります。文字表現すると、分かり易い言葉は意外と多くあります。そういったことも方言ならではの特徴であり、面白さでもあります。

名古屋弁・方言の変わった表現5:めいだい

関東地方では「めいだい」と聞くと、「明治大学」をイメージします。ですが、名古屋では「めいだい」と言われたら場合には、「名古屋大学」を連想します。そんな違いがあります。名古屋の方は明治大学のことは、「明治大学」と呼んでいます。逆に関東では、名古屋大学は普通に「名古屋大学」と呼びます。

フレーズにすると、聞き分けが難しいのですが、文字表現すると同じ「めいだい」でも、「明大」と「名大」といった感じとなるのでその違いも一目瞭然です。「めいだい」と聞いて、連想する大学についても地域によって違いがあります。こういった地域性が出る言葉は面白味があります。

名古屋の方と話すときの注意点は?

名古屋弁と思われる方言であっても、現在はほとんど使われていないものや実際には使われていないものもあります。うっかりと使ってしまわないように気を付けましょう。相手の方に不快感を与えてしまうこともあります。現在はほとんど使われないものも多くありますが、その代表的な例を挙げてみます。

えびふりゃー

名古屋の人はエビフライのことを「えびふりゃー」と呼ぶと話題になりましたが、実際のところ名古屋ではエビフライは普通にエビフライと発音しているので、「えびふりゃー」とは言わないようにしましょう。「えびふりゃー」は造語ですので、間違って言わないようにしましょう。名古屋の方を怒らせてしまうこともあります。

やっとかめ

「やっとかめ」といった方言は、以前は名古屋弁として日常的に使われていましたが、現在はお真理聞かれることのない方言となっています。久しぶりといった意味があります。主に、ご年配の方を中心に使われることが多く、若い方の間では聞かれることがありません。

名古屋弁・方言の表現や特徴を詳しく紹介!

全国各地に魅力液な方言がありますが、名古屋弁にはかわいいフレーズの方言や告白の場面に使えるものなど数多くあります。語尾や言い回しなどの特徴も踏まえて紹介しました。名古屋方面の知人の方との会話などにも使ってみませんか。そんな日常会話として使って、親交も深めてみませんか。そんな、名古屋の方言の数々です。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Rey_goal

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ