香港のお金・通貨事情まとめ!単位や支払い方&日本円の両替レートは?

香港は日本からもアクセスもよく、ツアーや個人でも香港に訪れる方は多いです。しかし初めて行く方だと香港のお金に関して通貨のことや両替、買い物や交通機関のお金の払い方等、不安な部分もあるはずなので、香港の通貨をはじめ、お金の払い方や両替等お伝えします。

香港のお金・通貨事情まとめ!単位や支払い方&日本円の両替レートは?のイメージ

目次

  1. 1香港の通貨などお金に関して
  2. 2香港の通貨やお金以外も
  3. 3香港も日本も変わらない
  4. 4香港の通貨単位やお金事情1:通貨単位
  5. 5香港の通貨単位やお金事情2:両替
  6. 6香港の通貨単位やお金事情3:現金の両替
  7. 7香港の通貨単位やお金事情4:ATMを使う
  8. 8香港の通貨単位やお金事情5:オクトパスカード
  9. 9香港の通貨単位やお金事情6:オクトパスカードを使う
  10. 10香港の通貨単位やお金事情7:オクトパスカード事前購入
  11. 11香港の通貨単位やお金事情8:クレジットカードの使用
  12. 12香港の通貨単位やお金事情9:現金の払い方
  13. 13香港の通貨単位やお金事情10:人民元と香港ドル
  14. 14香港の通貨単位やお金事情11:深センに行くなら
  15. 15香港の通貨単位やお金事情12:人民元への両替
  16. 16香港の通貨単位やお金事情13:マカオへ行くなら
  17. 17香港の通貨単位やお金事情14:電子マネーでの払い方
  18. 18香港の通貨やお金事情15:チップの払い方
  19. 19香港の通貨やお金事情16:春節
  20. 20香港は日本よりも便利

香港の通貨などお金に関して

初めての香港だと楽しみな分、色々不安な事も多いはずです。日本円でどれくらいか、交通機関の払い方、初めて香港に行く方には調べる事のひとつにお金に関することが必ずあります。その香港の色々な場面でのお金の払い方などを、お伝えします。

香港の通貨やお金以外も

香港では行きたいところや買いたいものや食べたいもの、やりたいことも沢山あるはずです。行く前に色々情報を集めたりするはずですが、料金や交通費などお金の事も大事な情報です。出来ればお得に済ませたいのも事実ですが、個々の情報は多いですが、あまり総合的な情報は少ないです。

香港の通貨単位や、MTRやバス、両替や物価など、ひとつひとつの情報はあっても、まとまった情報というのは意外と少ないです。全部を調べるのも大変で結局中途半端に終わる事もあります。日本円でどれくらいか、両替はどこでするか、買い物や飲食の払い方など、初めての国となると結構気になるところですが、覚えてしまえば結構楽で、お得に過ごせたりもします。

香港も日本も変わらない

基本的にお店でのお金の払い方や交通機関の乗車賃の払い方など日本と変わらないです。支払いの時に現金もクレジットカードもデビットカードも日本と同じ様に使えます。便利なのはオクトパスカードで、現金だけでも大丈夫ですが、スムーズに支払いができ、小銭を持たなくてよく、割引もありオクトパスカードは必須アイテムと言えます。

香港の通貨単位やお金事情1:通貨単位

香港の通貨単位は香港ドルで1香港ドル以下はセントです。一般的にはHKDで、漢字では港元や港圓、港紙と書かれます。香港では中国からの旅行者も多いので人民元も使えますが中国では香港ドルを使うことが出来ません。でもマカオでは香港ドルが使えます。中国に行かなければ香港ドルのみあれば大丈夫です。

珍しい香港のお金

香港の通貨単位である香港ドルは10、20、50、100、500、1000HKDの6種類が紙幣で、10、20、50セント、1、2、5、10HKDの7種類のコインがあります。発行銀行が3つあるためお札には3種類ありますが、色と大きさはそれぞれ統一されています。コインも古いのと新しい物があり2種類あります。

10HKDだけコインと紙幣がありますが、香港特別行政区政府が10HKD札を発行していて、一部が透明になっている珍しいお金です。20セントと2HKDも形がちょっと変わっていて波形のコインで、5HKDがコインが2枚ついたような分厚いコインで10HKDのコインは中が金色で周りが銀色のコインで、ちょっと変わったお金です。

香港の通貨単位やお金事情2:両替

香港到着後まずは両替です。持っている日本円を香港ドルにしなければいけません。香港の通貨単位は香港ドルで、1香港ドルは日本円で14.15円(2018年8月29日現在)変動があるので大体1HKD15円で計算するといいです。

香港国際空港着いたらまずは香港ドルを手に入れなければ何も出来ません。ATMで現金を引き出すか、日本円を両替するかです。

まずは持っている日本円の現金を香港ドルに両替するか、国際キャッシュカードやクレジットカードを使う、または海外専用のプリペイドカードやデビットカードを使い、香港ドルを引き出します。日本で日本円を香港ドルに両替するのはやめた方が良いです。

香港の通貨単位やお金事情3:現金の両替

日本円の両替は香港で日本円を香港ドルにするのが良いです。香港国際空港の両替所のレートは一律なのでどこで両替しても同じなので、到着後日本円を両替するといいです。到着ロビーのエリアBにある両替所が一番営業時間が長く、朝5時から夜1時までやっています。

空港のエリアAとB

空港のエリアですが、到着し荷物を持ち最初にでる空港の到着ロビーは5階(レベル5)です。到着し右側がエリアBで左側がエリアAで、エリアBはflight clubというCafe があるエリアでエリアAはPRET A MANGERというcafeがあるエリアです。両替所は沢山あるので好きな所で両替すると良いです。

街中の両替所

36767867 406730276483966 142088968534491136 n
_tsunashi

香港の街中で日本円を香港ドルに両替するなら、香港の中心でもあり、ほとんどの人が香港ドルに両替しに行く重慶大厦(チェンキンマンション)で両替すると良いです。ここのビルは両替所と雑貨屋、電化製品やカレー屋さんが集まっていて、上の階はほとんどが安値のゲストハウスになっています。

重慶大厦のレートは全店違います。各両替所にはその日のレートが表示されていて、日本円を両替する時は両替所の日本円のWe Buyの所を見てください。そこが手数料でレートになります。

重慶大厦の評判が良いのは

29415117 1411414692320744 8196800906658840576 n
hikujpn

入口を入り左手に黄色の看板でwesterm union と書かれた両替所があります。ここは日本の観光客からも知られている両替所です。そしてもう少し行くと緑色の看板の堅成找換有限公司という両替所があります。ここは観光客よりはビル内のゲストハウスやお店の人達がよく使っているのかビル内の人達がおすすめする両替所です。

両替時の注意点

香港では中国元の両替所が多く日本円を扱ってない両替所もあります。そして両替時、日本の観光客でやってる方はあまり見かけないのですが、電卓もしくはスマホの電卓を使い、日本円を香港ドルに替えます。きちんとしてる所は目の前で計算し、これで良いか聞いてきます。

なかにはレートを気にしない方もいますが、多額を両替する時はその差が凄いのできちんとレート確認してください。ぼったくりの両替所もあり、表示レートより高く手数料をごまかしてくる所もあるので、注意してください。ちなみに銀行でも出来ますが、香港で銀行口座がなければ、かなりの手数料を取られるので口座がないなら銀行での両替はやめた方が良いです。

レートが安いのは

両替は、香港での両替がおすすめです。流通が少ないので日本は手数料が高いです。現金の両替は香港国際空港内が安全に両替でき、ATMから香港ドルをクレジットカードで出すのもお得です。他に日本で郵送で両替ができるのもあって、それもお得です。

一番良いのはクレジットカードでのキャッシングが一番お得で、銀行口座から引き落としされる前にすぐに精算したいと連絡すれば、もっと安くなります。ATMで使用後すぐに連絡をすれば手数料0円になる場合もあります。

Thumb香港の両替はレートと手数料をチェック!手続きするおすすめの場所や手順は?
香港ドルは日本で両替するのと香港で両替するのはどちらがお得になるのでしょうか。今回は香港ドル...

香港の通貨単位やお金事情4:ATMを使う

両替所を使わず、銀行のATMで香港ドルを引き出します。これはクレジットカード、国際プリペイドカード、デビットカードなどを使って香港のATMから引き出すのですが、カード会社によって両替手数料が違うのと毎回引き出し手数料がかかるので、引き出す時は、少し多目に引き出しておくと良いです。

クレジットカードやデビットカードでは、使用する度にポイントなどもついたりするので上手く使うと良いです。MasterCardやVISAはどのATMでも使えますがJCBは中国銀行のATMで使えます。恒生銀行ではJCBカードの裏にPlusかCirrusのマークがあれば使えます。JCBは香港では優待特典がある店が多いので、あると良いです。

ATMでの引き出し方

ATMにカードを入れ、まずは暗証番号を入れenterを押します。英語か中国語か選べるので英語を選んでおくとわかりやすいです。その次に画面にCASH WITH DRAWALとでるので、横のボタンをを押します。すると、入れたカードの種類がでます。国際キャッシュカードならSAVING、クレジットカードならCREDITCARDとでるので入れたカードの種類を押します。

デビットカードを入れた場合はCREDITCARDとDEBITCARDと出るのでDEBITCARDの横のボタンを押し、引き出す金額を入力します。入力単位は100HKD単位です。領収証がでてからお金が出てくるので、お金を取り出したらすぐに財布に入れる等してください。街中の場合、外にある場合も多いので注意してください。

カードを入れ英語か中国語を選択しカードの種類を選択、そして暗証番号など、銀行やカードの種類で多少操作手順が違う場合があります。

ATMでの注意点

日本のATMと違いタッチパネルでないです。画面横のボタンを押して操作します。暗証番号や金額入力は画面下に入力するとこがあるので、回りから見えないように入力してください。外にATMがあったりしますが、出来れば銀行内のATMが良いです。MTRの駅や駅ビル内にもATMはありますが、囲いなどはないので、お金を引き出す時は注意してください。

香港の通貨単位やお金事情5:オクトパスカード

バス、MTR、コンビニ、スーパー、カフェ等、香港の何処に行っても使えるお得で便利なカードです。使えないのはタクシーと赤い小さいバスの一部で、バスとMTRを乗り継ぐ場合や、決まった路線の乗車や、スーパーでも決まった商品が割引になったりします。特にバスに乗るときは釣銭がでないのでオクトパスカードがあると便利です。

香港のバスはバス停にいても、もたもたしているとすぐに発車し、最後の人が乗ったと同時くらいに急発進します。現金でも良いですが、便利性やバスの乗車時など、小銭を持たなくて良く、支払いもスムーズなので香港国際空港に着いたら、購入するのをおすすめします。

オクトパスカードの売ってる場所

28754134 222769661637047 2719173228508479488 n
1day1food1travel

オクトパスカードは香港の地下鉄MTRの受付(客務中心)で購入出来ます。空港内では到着エリアに2ヶ所あります。到着エリアのセブンイレブンを背に左がエリアA、右がエリアBです。両方ともレストランがあり、その横の方に列車車票Train ticketsと書かれた看板があり、そこで購入出来ます。

購入とチャージ

25008648 1995628714013606 4986171239237156864 n
jacquelinechenxd

購入は150HKDをだしOctopus card please.と言えば大丈夫です。50HKDが補償金(デポジット)100HKDがチャージです。乗り物以外でもコンビニや自動販売機、レストランやカフェ等ほとんどのお店で使えるので、多目にお金をだし購入時にチャージもしておくと良いです。チャージはコンビニでも出来ます。

26871964 313687485791598 2513587394750447616 n
ellex.nw

コンビニのレジで店員にオクトパスカードを見せ、リロードと言えば大丈夫です。お金を渡してオクトパスカードを読み取り機に当てればチャージ出来ます。他にMTRの券売機の横にチャージできる機械があり、カードを入れてお金を入れたらチャージ出来ます。この時残金も表示されるのでチャージされたかも確認してください。

チャージの注意点

22580854 1254571238022165 5907034260681785344 n
kutsunman

MTRの券売機にならぶ機械でチャージする場合は釣銭はでないです。そして50HKDか100HKDしか使えないので注意してください。その他、ショッピングモールやお店によっては機械でチャージ出来る所もあり、クレジットカードでチャージも出来ます。機械では残金も確認出来るので、チャージ後に金額が増えたのをしっかり確認してカードを取り出してください。

カードの払い戻し

帰国時、空港の購入した所で、refund please.(リファンド プリーズ)と言ってカードを渡せば返金されます。この時3ヶ月以内は9HKDが手数料として引かれ50HKDと残金が返金されます。この時にもしカードが破損してたら30HKDが補償金でひかれますので、汚したり、折ったりしないよう注意してください。

香港の通貨単位やお金事情6:オクトパスカードを使う

30604437 190109034964768 5637255227242446848 n
antonysusilo

香港の色々な場面で使えるオクトパスカードですが、使い方はシンプルです。レジでオクトパスカードを見せると読み取り機を出されます。もしくは設置されています。オクトパスカードを当てる場所はオクトパスカードがついてるか、オレンジ色のカードがついていて、そこに当てれば、精算完了です。

34765005 389545288204977 7120241914825146368 n
chieeikegamieee

バスは乗車するとき目の前に精算機があるのでオクトパスカードを当てれば支払いが出来ます。MTRは日本と同じで改札で通します。使用方法は日本のICカードとほとんど変わらないので難しくないです。このようなカードは香港が発祥国なので普及率が高く、無いと不便だったりします。

オクトパスカードはないと不便

29417500 849479921904824 8405933773518012416 n
itsnotallaboutwork

香港では現金よりも使う場面が多いオクトパスカードは持っていないと結構不便です。自動販売機も日本製でもオクトパスカードしか使えなかったり、小銭が無ければバスも乗れません。日本の様に両替機がないので、乗る前に用意するのですが、何処かで買い物して小銭を用意するしかないので、あるのと無いとではかなり違います。

香港の人は皆持っていると言っても良いくらいで香港の生活では必要不可欠な存在です。露店等ではまだ現金が多いですが、少しずつオクトパスカードが使える店が増えているので、現金は少額をもち、あとはオクトパスカードという人も多いです。

香港の通貨単位やお金事情7:オクトパスカード事前購入

39498695 685798078438071 4351906042515292160 n
mia913

香港に行く前に日本でもオクトパスカードを買えます。デザインが違うのですが、Klookというサイトに登録し購入すると旅行者用のオクトパスカードを買えます。このカードは補償金50HKDが必要なく、チャージ分の100HKD約1500円くらいが最大割引額を引いた場合1000円以下で購入出来ます。

香港の通貨単位やお金事情8:クレジットカードの使用

クレジットカードでの払い方は日本と全く変わりはなく、コンビニでもスーパーでも、どこでも使えます。店頭、レジ横に使えるカードを表示しているので、それを確認して、そのカードを出してください。使用方法も日本と変わりはないので同じように使って大丈夫です。

日本と同じようにカードは使えますがJCBカードは一部だけで、使えないお店が多いです。香港ではMasterCardかVISAカードがあればほとんどのお店で使用が出来ますが、JCBカードがあればJCBプラザラウンジの利用が可能で、JCB優待特典付のお店情報や予約、観光情報、荷物の預かりもしてくれるので持っていくと良いです。

香港の通貨単位やお金事情9:現金の払い方

カードや電子マネーでの支払いが一般化してる香港ですが、現金も普通に使えます。払い方も日本と全く変わりません。小銭をもつ煩わしさがあるので、香港の人は電子マネーを使う事が多いですが、現金を使うときは、小さいお店や個人のお店では、小銭から使うと良いです。

香港では小銭が意外とたまり、しかも重いので、10セント20セント50セントは積極的に使うと良いです。釣銭でお店の方も使うので、両替も兼ねて小銭を出すとよく、小銭を持っているのを気づくと、小銭で払うように言われるので、小銭から使うようにするのをおすすめします。

香港の通貨単位やお金事情10:人民元と香港ドル

香港には人民元の両替所が結構あります。それだけ中国人旅行者が多いと言うことですが、市場や九龍から離れたエリアでは人民元が使用できたり、人民元だけというお店もあります。ほとんどは香港ドルも使えるのですが、たまに人民元だけや、人民元の方が若干安いこともあります。

基本的には、香港なので香港ドルでの払い方が普通ですが香港ドルがダメと言われる事もたまにあります。そして露店が並ぶエリアや雑居ビル内の店等では、値引き交渉も可能なお店も多いので、すぐにお金を払うのではなく、一度値段を聞き、交渉すると良いです。

香港の通貨単位やお金事情11:深センに行くなら

香港に旅行に行った場合、隣の深センに行く方もいます。深センは香港よりも物価が安いので、香港よりも中国で買い物をするという方も多いです。しかし、深センは中国なので、中国の通貨単位の人民元しか使えません。香港では人民元も使えるお店が結構あるのですが、隣の中国では使えないので両替をする必要があります。

香港の通貨単位やお金事情12:人民元への両替

中国の通貨単位は人民元で香港ドルを両替しなければいけません。人民元への両替は香港と深センのイミグレか香港の街中で両替しますが、深センのイミグレにある両替所でもレートは悪くないです。1香港ドルが0.87人民元(2018年8月29日現在)なので、1人民元が日本円で16.30円です。

香港に戻って来たときに、再び両替しなくても良いように両替は少額にしておくか、香港にある人民元で買い物が出来る市場やお店で人民元を使うのも良いです。しかし、お店によっては例えば10HKD10元と書いてるお店もあります。人民元の方が香港ドルより高いので、この場合は黙って香港ドルを出してください。

香港の通貨単位やお金事情13:マカオへ行くなら

マカオの通貨単位はパタカで、1香港ドルが1.03パタカ(2018年8月29日現在)なので、香港ドルとそれほど変わらないです。マカオでは香港ドルが使えるので、両替はしなくて大丈夫です。ただし、買い物をすると釣銭をパタカでくれるので、香港ドルと言わないと香港ドルで釣銭をくれません。

香港の通貨単位やお金事情14:電子マネーでの払い方

スマホに香港版のアプリをインストロールしておけば使えますが、日本円でチャージしてる場合は使えず、香港ドルでチャージしてないとダメなときもあります。なかには香港で銀行口座を持っていないと使えないことも多いため香港ではオクトパスカードがあれば十分です。

23967655 1548798095199978 3289906199541055488 n
snayz76

電子マネーは精算時に専用のところにスマホを当てれば精算出来るので、特別な操作などはないです。香港では現金で支払う方も多いですが、少額の場合はオクトパスカードやスマホでの電子マネーで支払う方が多いです。でも観光客も沢山いるので現金の支払いも日本同様普通にできます。

香港の通貨やお金事情15:チップの払い方

海外に行くとチップも気になるところです。どれくらい払うのか、渡すタイミングとか色々気になります。ツアーだとホテルを出るときに枕元に置いておくように言われたりするそうですが、香港ではチップはそれほど気にしなくて良いです。電子マネーの普及もあり、現金を持たない人も多いですし、タクシーはチップ込みの金額です。

チップを渡したい場合は10HKDか20HKD渡せば十分ですし、会計の時に多く渡すのも良いです。釣銭をいらないと言うのも良いです。それほどチップの額や払い方などは気にしなくて大丈夫ですが、春節の時はちょっと気にした方が良いです。

香港の通貨やお金事情16:春節

37137226 717080421964867 3421593384349859840 n
jazminekrystal

春節が中国の新年で、通常の新年よりも盛大に盛り上がります。この時は、日本で言うお年玉を中国は勿論、香港、台湾、マカオでも同じように渡すのですが、香港ではチップも含め色々な場面でお年玉袋に入れ渡します。パーキングの係員の人達はポケットに入りきれないほど貰っています。

29401136 2009172142670487 3808664186481803264 n
hobbitrip

春節の時期は旅行でいってる分には気にしなくても良いですが、タクシーは料金にチップ代が含まれてるとは言え、お金を払うときに多めに渡したり釣銭も小銭ならチップとして渡すと良いです。ほとんどの場所がクレジットカードやオクトパスカードで支払い出来るので現金のみのお店などでは、少額で良いので渡すと良いです。

香港は日本よりも便利

日本以上に電子マネーが普及している香港では、旅行者用にオクトパスカード以外にもMasterCardのチャージ型カード等もコンビニで売っていて、チャージも簡単です。勿論現金も普通に使えるのでお金の払い方など、気にしなくて良いです。オクトパスカードとクレジットカード、現金を上手く使い分けると香港では大変便利で快適に過ごせます。

関連記事

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ