金華冰廳は香港の人気グルメスポット!おすすめメニューやアクセスを調査!

香港の地元グルメが味わえることで知られる金華冰廳。旺角にある人気店では看板メニューのパイナップルパンやエッグタルトを求めて連日、長い列ができます。そんな金華冰廳の場所やアクセス方法からおすすめメニューまでたっぷりリサーチしました。

金華冰廳は香港の人気グルメスポット!おすすめメニューやアクセスを調査!のイメージ

目次

  1. 1パイナップルパンの名店・金華冰廳
  2. 2金華冰廳は茶餐廳(香港式ダイナー)の超人気店
  3. 3人気の香港グルメ金華冰廳:場所
  4. 4人気の香港グルメ金華冰廳:アクセス
  5. 5金華冰廳の豊富すぎるメニュー
  6. 6金華冰廳をテイクアウトで楽しむ
  7. 7金華冰廳を店内で楽しむ
  8. 8金華冰廳のおすすめドリンクメニュー
  9. 9金華冰廳のおすすめメニュー1:醒晨早餐(モーニングセット)
  10. 10金華冰廳のおすすめメニュー2:是日快餐(日替わりランチ)
  11. 11金華冰廳のおすすめメニュー3:下午茶餐(アフタヌーンティーセット)
  12. 12金華冰廳のおすすめメニュー4:精選麺餐(自分でつくるオリジナル麺)
  13. 13金華冰廳のおすすめメニュー5:人気の定番
  14. 14金華冰廳のおすすめメニュー6:西多士(香港式フレンチトースト)
  15. 15金華冰廳のおすすめメニュー7:蛋撻(エッグタルト)
  16. 16金華冰廳のおすすめメニュー8:菠蘿包(パイナップルパン)
  17. 17金華冰廳で香港グルメを満喫

パイナップルパンの名店・金華冰廳

香港に行ったら忘れず食べておきたい人気グルメとして必ず名前のあがるパイナップルパン。そのパイナップルパンを看板メニューとしてにぎわいを見せるのが繁華街・旺角(モンコック)にある金華冰廳(Kam Wah Cafe & Bakery)です。そんな人気店の場所やアクセス方法、店内の様子やおすすめメニュー、そしてテイクアウトでも味わえるアイテムなどを特集しました。

金華冰廳は茶餐廳(香港式ダイナー)の超人気店

金華冰廳は茶餐廳(チャーチャーンテーン)と呼ばれる香港式のダイナーのお店です。茶餐廳は香港ローカルグルメを安く満喫できるおすすめのスポットで、どの町にもあって多くは早朝から深夜まで営業しています。中華から洋食まで豊富なメニューはこれぞ香港という独特のごちゃ混ぜ感がたまらない魅力ですし、安いだけではなくおいしさも申し分ありません。

人気の香港グルメ金華冰廳:場所

金華冰廳が店を構えるのは若者に人気の香港屈指の繁華街・旺角。地元の人気はともかく、金華冰廳が旅行者にも支持されるのは24時間眠らない街と言われるこの人気エリアにお店があってローカルな香港の雰囲気を肌で感じられることと無関係ではないと思います。場所は彌敦道(ネイザンロード)から東側へ2ブロック、金魚街の手前です。

住所 47 Bute St, Prince Edward
電話番号 852-2392-6830

人気の香港グルメ金華冰廳:アクセス

人気のパイナップルパンをテイクアウトして街をぶらつきながら食べることだってできます。ランガムプレイスでショッピングを楽しむのもいいし、女人街(ノイヤンガイ)や男人街(ナンヤンガイ)でディープな香港をどっぷりと味わうのも外せません。混雑するエリアなので公共交通機関の利用をおすすめします。MTR太子駅B2出口からだとお店まで徒歩で約3分とすぐです。

Thumb旺角(モンコック)は香港観光で人気の繁華街!買い物やグルメスポット多数!
香港・九龍の旺角(モンコック)は、活気あふれる繁華街。チープなグッズが買えるナイトマーケット...

金華冰廳の豊富すぎるメニュー

金華冰廳の人気メニュー筆頭はテイクアウトも含めて間違いなくパイナップルパンにバターをはさんだ菠蘿油(鮮油菠蘿飽)です。最初は誰もがこれを目当てでここを訪れます。ですが金華冰廳は過去に「最優秀開飯港式茶餐廳」と「最優秀旺角開飯熱店」を獲得したまぎれのない名店です。自慢はパイナップルパンだけではありません。

とにかく圧倒されるのはそのメニューの多さです。カフェ的なメニューから中華の定番、また単品から豊富なセットメニューまでとても多彩で驚きます。しかも麺類なら麺の種類から調理方法まで組み合わせも選べます。テーブルに貼ってあるメニューを見てあわてないようにしっかりと情報を仕入れてから行きましょう。営業時間は午前6時30分から午後11時30分までです。

金華冰廳をテイクアウトで楽しむ

香港人の熱いパワーがビシビシと伝わってくる街・旺角の人気店であり旅行者の強い味方でもある金華冰廳はいつも大勢の客でにぎわっています。まずは併設のベーカリーにできる行列が目につくはずです。街の人たちは外賣(オイマイ)と呼ばれるテイクアウトのパイナップルパンやスイーツを求めて並びます。

39715836 1781313401990507 1279563093542728281 n
yennymakanmulu

このファストフードのような手軽さが外食を利用することが多く効率やスピード重視の香港人の気質によくマッチしているのでしょう。テイクアウトの人気メニューは何といっても菠蘿包(パイナップルパン)です。そして蛋撻(エッグタルト)も食後のおやつにはぴったりの小さめサイズで差し入れの定番。パイナップルパンに負けじと人気です。

金華冰廳を店内で楽しむ

店頭だけでなく店内も負けじと混雑しています。この店では相席が普通のことだと考えて覚悟しておきましょう。座ったと思えばすぐにオーダーを取りにきますし食べ終えたらくつろぐこともなくみな席を立つので非常に回転が早いお店です。初めてのときは少し面食らうかもしれませんが、香港のローカルならではのこのザワつき感は慣れると悪くありません。

金華冰廳のおすすめドリンクメニュー

ここからは金華冰廳のメニューを見ていきます。何が人気なのか、おすすめはどれかをチェックして訪問の際にお役立てください。最初は飲品(ヤムパン)、ドリンクメニューの紹介です。香港の飲み物は基本的に甘く濃厚なものが多く、ほぼすべてのドリンクはホット(熱・イー)とアイス(凍・ドン)がありアイスの方が2香港ドルほど高い料金設定です。

よく飲まれるのは濃滑奶茶(ミルクティー)、パイナップルパンとも相性も抜群です。ミルクティーにはエバミルクを入れるのが香港スタイルです。濃厚でクリーミーな味わいで知られています。ほかにも港式鸳鸯(香港式コーヒー紅茶。エバミルク入り)、檸檬紅茶(レモンティー)、そして咸檸七(塩レモンソーダ)が人気です。

塩レモンソーダは正確にはセブンアップに鹹檸檬(塩漬けしたライム)をくわえたものです。暑い日にはライムの酸味がのどの渇きを気持ちよくいやしてくれます。ホットコーラはジンジャーとレモンが入っていて風邪気味のときに飲むとよく効くそうです。なお、セットメニューなどには必ずドリンクがついてきます。

金華冰廳のおすすめメニュー1:醒晨早餐(モーニングセット)

つづいてはセットメニューの紹介です。朝食には麺料理とコーヒー/紅茶の飲み物のモーニングセットがおすすめです。A~Gの6種類から麺の具材をチョイスし、公仔麺(インスタント麺)、通粉(マカロニ)、米粉(細い米の麺)から好きな麺を選びましょう。ハム・ソーセージ・卵にドリンクがついて45香港ドル。早朝6時30分から11時30分までのサービスです。

金華冰廳のおすすめメニュー2:是日快餐(日替わりランチ)

37391953 274083033143742 5520458663984103424 n
eatsinhk

何度も通うときには「日替わり」メニューがあると助かります。金華冰廳では是日快餐(日替わりランチ)にくわえ日替わり海南カレーセット、日替わり蒸飯が提供されています。その日の中身は入口横のメニューボードに大きく載せてあります。内容やお腹の空き具合でどのセットを注文するかを決めましょう。

是日快餐(日替わりランチ)

日替わりランチのメインは2~3種類から選択できるようになっています。金華豬扒(ポークチョップステーキ)、窩蛋免治牛肉(ミートソース風の牛ミンチ乗せご飯)、餐肉火腿煎蛋(ランチョンミート・ハム・卵卵焼きの盛り合わせ)などおなじみの香港人気メニューがならびます。セットにはスープとドリンクがついて料金は41香港ドルととてもお手ごろです。

是日海南伽哩(日替わり海南カレーセット)・是日特色蒸飯(日替わり蒸飯)

13561516 1739650776309584 657807871 n
wiwiwini

日替わり海南カレーセットは、チキン、牛バラ、ポークチョップ、白身魚などいろいろな海南カレーが日替わりで楽しめるセットメニューです。ココナッツミルクたっぷりでマイルドな味わいが特徴です。ドリンクがついて45香港ドル。

日替わり蒸飯(41香港ドル)も豉汁排骨(豆鼓スペアリブ)、土魷肉餅(イカ入り蒸し中華ハンバーグ)など定評のあるものが日替わりでならびます。

金華冰廳のおすすめメニュー3:下午茶餐(アフタヌーンティーセット)

38523741 317691982126358 5328244218764722176 n
kwongkapo

イギリス文化が色濃く残る香港の午後はアフタヌーンティーを楽しむ時間。ただし金華冰廳のそれは上品さよりも小腹をしっかりと満足させるボリューム感がポイントのような気がします。香港の下町ならではのスタイルで午後のひとときを楽しみましょう。

エッグタルトと手羽2本の盛り合わせ、ツナサンド、グリルチキンサンドの3種類がある金華冰廳の下午茶餐(アフタヌーンティーセット)はドリンクがついて34香港ドル。午後2時から販売がはじまります。

金華冰廳のおすすめメニュー4:精選麺餐(自分でつくるオリジナル麺)

香港では具材、スープ、麺の種類や調理方法など自由に組み合わせて自分好みの一杯を味わうことができます。ココイチのようなシステムといえばわかりやすいかもしれません。金華冰廳の精選麺餐はそんなオリジナル麺の楽しむための人気メニューで、午前11時30分から販売開始になってお値段は36香港ドルです。

公仔麺(インスタント麺)、米粉(細い米の麺。ビーフン)、通粉(マカロニ)、河粉(平たい米の麺)、あるいは6香港ドルプラスで人気の出前一丁やうどんも選べます。人気具材は雪菜肉絲(香港風高菜炒め)、沙爹牛肉(牛肉のサテーソース炒め)、餐肉煎蛋(ランチョンミートと卵焼き)などです。8香港ドル追加で2種類の組み合わせもOK(一部例外あり)です。

金華冰廳のおすすめメニュー5:人気の定番

おなじみの定番メニューも公司三文治(クラブサンドイッチ)、奶油多士(練乳トースト)など軽めのカフェメニュー各種をはじめ、麺類からご飯もののがっつり系まで豊富にそろっています。

ご飯ものなら楊州炒飯(五目チャーハン)は誰でも知っているおなじみの味で安心の一品。あっさりしているのでどんな料理とも相性抜群です。カレー好きなら伽哩牛肉炒飯(牛肉カレーチャーハン)もおすすめです。

炒めた麺から立ち上る香ばしさが食欲をそそる炒麺類なら、星洲炒米(シンガポール焼ビーフン)はピリ辛カレー風味の焼ビーフンで熱い季節におすすめの一皿。乾炒牛河も茶餐廳の定番のひとつで牛肉ともやしたっぷりの焼きそばです。河粉(ホーファン)というきしめんのような平たい米の麺を使います。

茹でたインスタント麺を炒めものも人気です。豬扒炒公仔麵はポークチョップがたっぷり入っています。ポークの代わりに雞扒(グリルチキン)を選択することも可能です。

芝士伽哩豬扒撈丁はカレーソースがかかったインスタント麺に豚肉のソテーをのせさらにチーズをトッピング。再現性が高そうなレシピですが、かといって自分でやってみようという発想は簡単に出てきません。スパゲティも炒會意粉と炒めるものとあんかけの2種類があったりと香港の麺の奥深さを感じさせてくれます。

金華冰廳のおすすめメニュー6:西多士(香港式フレンチトースト)

香港式フレンチトーストはふわふわ食感とバター・はちみつなどの甘さが日本人受けしてます。ただし、トーストは油ヒタヒタで揚げるのでカロリーが気になる方は避けておきましょう。お値段20香港ドル。なかにスライスチーズをはさんだ芝心法蘭西多士(チーズ入りフレンチトースト)はチーズの塩味がいいアクセントになっています。こちらは26香港ドル。

金華冰廳のおすすめメニュー7:蛋撻(エッグタルト)


パイナップルパンと一緒に店内で食べるのも人気、テイクアウトでも人気なのが金華冰廳のエッグタルト。ペイストリーにカスタードを詰めたこの焼き菓子は見た目がキレイでインスタ映えもして、もちろん味は申し分なし、そして奶茶(ミルクティー)にもよく合います。マカオ経由で入ったというエッグタルトですが、今や香港でもマカオに負けない人気です。

テイクアウトに長い列が!

金華冰廳のエッグタルトはサクッとしたパイ生地タイプ。いくつでも食べられそうなほどよい甘さで、テイクアウトの長い列をいつも作る地元の人たちの気持ちがよくわります。たっぷり買い込んでこころゆくまで食べてみたくなります。1個4香港ドル。おみやげや差し入れに大人気で、焼きあがったばかりのエッグタルトがまさに飛ぶような勢いで次から次へと売れていきます。

金華冰廳のおすすめメニュー8:菠蘿包(パイナップルパン)

香港に行くなら菠蘿包(パイナップルパン)を食べるべき。そんな香港でもパイナップルパンならここと言われる金華冰廳です。ここの鮮油菠蘿飽(パイナップルパン)は1日1000個限定なのだそうです。1000個もあるのに限定はないだろうと思いますが、夕方には売り切れていることもしばしば。お値段は1個6香港ドルで、バターをはさんだものが10香港ドルです。

味も名前の由来もメロンパンに似て

パイナップルパンは日本のメロンパンに近いイメージの味わいと言えるでしょう。上半分はサクサクのクッキー生地で下はやわらかいパン生地です。外側の模様が似ていることからパイナップルパンと名づけられました。写真で見るとシュークリームのような雰囲気で小さなものと考えがちですが注文して出てきたものは思いのほかボリュームがあって驚かされます。

ふたつの味・ふたつの食感が織りなす絶妙ハーモニー

粗熱を取ったあとに冷たいバターをはさんで出してくれるお店のこの食べ方が一般的です。上下の食感の違いからくるおいしさにくわえ温かいパンの甘さとひんやり冷たいバターの塩気のハーモニーはさらに絶妙で病みつきになるおいしさです。地元の人たちは手で持って食べません。フォークで全体を押しつぶして食べやすい厚さにしてから口にします。

忙しい朝にもがっつりの昼食にもテイクアウトにも

朝食を外で食べることの多い香港の人たちにとってパイナップルパンと奶茶のシンプルな朝ごはんはなくてはならないメニューです。ランチや午後のティータイムのエネルギー補給ならポークチョップやチキンをはさんでバーガー感覚で食べるとさらにお腹いっぱいになります。その手軽さからテイクアウトでもパイナップルパンはいちばん人気です。

金華冰廳で香港グルメを満喫

朝昼晩と時間に関係なくいつでも立ち寄れて、お腹の空き具合と相談しながら手軽に香港グルメを味わえる金華冰廳。地元の人たちだけでなく旅行者にとっても強い味方です。店内のざわざわを楽しみながら食事を楽しむのもよし、人気のパイナップルパンやエッグタルトをテイクアウトして旺角の街を歩きながらこの名物を味わえば香港気分もグッと盛り上がること間違いなしです。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
kokingzhi

人気の記事

人気のあるまとめランキング