菁桐観光なら老街や平渓線の駅がおすすめ!観光スポットや行き方まとめ!

菁桐といえば、台北屈指の観光スポットである九份老街や十分の近くにあるおすすめの観光スポットです。こちらではそんな菁桐の歴史や老街などの観光スポット、魅力たっぷりの平渓線での行き方など、菁桐に関する様々な情報をご紹介して行きます。

菁桐観光なら老街や平渓線の駅がおすすめ!観光スポットや行き方まとめ!のイメージ

目次

  1. 1菁桐老街の魅力を大調査
  2. 2菁桐老街とは
  3. 3菁桐老街の歴史
  4. 4菁桐老街への行き方1:MRT&バス
  5. 5菁桐老街への行き方2:台湾鉄道&平渓線
  6. 6平渓線の魅力
  7. 7菁桐老街観光の見どころ1:菁桐駅
  8. 8菁桐老街観光の見どころ2:菁桐老街の雰囲気
  9. 9菁桐老街観光の見どころ3:菁桐礦業生活館
  10. 10菁桐老街観光の見どころ4:警察署
  11. 11菁桐老街観光の見どころ5:石底大斜坑
  12. 12菁桐老街観光の見どころ6:日式宿舎群
  13. 13菁桐老街でやるべきこと1:平渓線の駅で写真を撮ろう
  14. 14菁桐老街でやるべきこと2:許願筒に願いをしたためよう
  15. 15菁桐老街でやるべきこと3:ランタン上げをしてみよう
  16. 16菁桐老街でやるべきこと4:菁桐に泊まってみよう
  17. 17菁桐老街の名物グルメ
  18. 18菁桐老街が舞台の映画
  19. 19菁桐老街周辺の観光スポット
  20. 20菁桐老街の観光を楽しもう

菁桐老街の魅力を大調査

台北屈指の観光スポットとして、千と千尋の神隠しの世界が広がる九份老街、そしてランタン上げが有名な十分老街がありますが、そのすぐ近くにあるおすすめの観光スポットがこちらの菁桐老街です。こちらではそんな菁桐老街の歴史や魅力、行き方や名物グルメなど、菁桐観光に役立つ様々な情報をご紹介していきます。

菁桐老街とは

菁桐老街とは台湾の新北市平渓区にある、平渓線の終着駅である菁桐駅の駅前に広がる古い街並みを指します。現在は観光地として多くの旅行客が行きかうこの菁桐老街には多くのお店が立ち並びます。お店には台湾のB級グルメやスイーツ、日用品など様々なお店があります。日本語の看板なども多く、いったいここはどこなのかと不思議な気分になります。

またこの菁桐老街で老街の雰囲気を楽しんだ後は老街の先に、様々な観光スポットがあります。いずれの観光スポットも台湾の歴史や日本との関係をとても強く感じる場所ばかりですので、日本人旅行客にこそ是非おすすめしたいところです。では菁桐老街の歴史についてもっと深くご説明していきましょう。

菁桐老街の歴史

台湾は様々な国に統治された歴史のある国です。日本も日清戦争のあと、1895年から第二次世界大戦後の1945年まで台湾を統治していました。実は台湾は大変地下資源が豊富な場所でした。日本が台湾を統治し始めた時にはすでに金瓜石などは金鉱として有名でしたが、日本はさらにその金鉱山を開拓し、金瓜石を東北アジア1の金山にしました。

このように台湾には非常に地下資源が豊富でした。日本が菁桐に注目したのは菁桐で石炭がとれたからです。菁桐坑は当時台湾屈指の石炭の産地として大変栄えていました。そして菁桐坑の開発のために鉄道までひかれました。しかしながら、その後1979年に時代の流れにより炭鉱は閉鎖され、炭鉱の町は静かな山間の町となって行きました。

しかしながら、その後、この炭鉱の町は、昔ながらの老街の雰囲気や、炭鉱が栄えていた時の廃墟や独特な雰囲気が旅行客の間で話題となり、現在は観光地として多くの人が菁桐老街を訪れます。人気の観光地の歴史の中に日本がとても強く関係していたというのはとても興味深いことです。

菁桐老街への行き方1:MRT&バス

23734590 1930239000562393 4430667462026985472 n
senchan_0323

台湾旅行をする多くの観光客は旅行の拠点として台北を選択するでしょう。ですからこちらでは台北から菁桐老街へ行く行き方をご説明しましょう。台北から菁桐老街へ行くおすすめの行き方は2つあります。まず1つめの行き方は、こちらのMRTとバスを乗り継いでいく方法です。菁桐を中心に考えると西側から菁桐を目指す行き方です。

23734314 237917936743165 2188297407953895424 n
senchan_0323

まず台北の駅からMRT文湖線の木柵駅を目指します。台北から木柵駅までは、まずMRT松山新店線で忠孝復興駅を目指し、そこから文湖線に乗り換えます。木柵駅に着いたら、そこからは菁桐老街行きのバスがあります。バス停から795という番号のバスに乗り、およそ40分ほどで菁桐老街に到着します。

23823692 165066680764210 6553939881163227136 n
senchan_0323

この行き方ですと、台北から木柵駅までは25分ほどですので、移動時間自体はとても短く、簡単で、とてもおすすめの行き方です。しかしながら、この木柵駅から出ているバスは1時間から2時間に1本くらいですので、ホームページなどで時間を調べて行くことをおすすめします。

菁桐老街への行き方2:台湾鉄道&平渓線

上記にご紹介したMRTとバスを乗り継いで行く行き方はとても便利で時間も早いのですが、是非試していただきたいのがこちらの台湾鉄道と平渓線を使用した行き方です。菁桐老街は台北から見ると位置関係は東にあります。ですから本来は上記のMRTとバスを使って菁桐老街の西側からの行き方が最短距離です。

台湾鉄道と平渓線を使う行き方だと、少し遠回りする形になり、菁桐老街の東側から菁桐老街に向かうような形になります。しかしながら、そんな事情を知っていても台湾鉄道と平渓線を使った行き方をおすすめしたい理由があります。それが平渓線の魅力なのですが、平渓線の魅力は次に説明するとして、この台湾鉄道と平渓線を使う行き方をご説明しましょう。

台北から台湾鉄道に乗り向かうのは、瑞芳という駅です。鉄道は速さが様々あり、料金も微妙に違うのですが大体40分から50分くらいで瑞芳に行くことができます。瑞芳についたら、平渓線に乗り換えます。ホームは地下道連絡口を通ってすぐですので、乗り換えは簡単です。しかしながら平渓線も本数が少ないので時刻表を事前に調べて行きましょう。

瑞芳で平渓線に乗り換えたら菁桐老街のある菁桐までは1時間前後です。平渓線の終点が菁桐になります。平渓線の途中には、旅行客に人気の観光スポットがいくつもあります。時間調整をしながら途中下車をしてゆったりしたスケジュールで旅行を楽しむのもおすすめです。

平渓線の魅力

それでは遠回りをしてでもぜひ乗っていただきたい平渓縁の成り立ちと魅力についてご紹介しましょう。平渓線は全長13キロほどの単線のローカル線です。平渓線は日本統治時代に菁桐坑の開発のためにひかれた専用に鉄道が始まりです。そのため駅の造りや線路の方式が日本式のものであるのも興味深いポイントです。

39409924 861837964205736 1791697615285387264 n
makotone8008

そして平渓線は本当に森の中をすり抜けるように自然が豊かな場所を通っていきます。その様子はまるでディズニーランドのウエスタンリバー鉄道のアトラクションのようです。木々がうっそうと生い茂る森を抜け、岩山が現れ、線路の脇には小さな滝のようなものが見え、トレッキングを楽しんでいるような人の姿もしばしば見ることができます。

39809481 618891885172441 2874989548176146432 n
yamatomochan

そして森の景色がなくなり少し開けた風景が始まったかと思えば、昔炭鉱として栄えていた頃の残骸のような廃墟が見えたり、十分老街の商店街をすれすれで通り抜けたりして行きます。とにかく様々に変化する車窓の景色とローカル線の雰囲気が素晴らしく、鉄道マニアはもちろんのこと、そうでなくてもとても楽しい電車の旅です。

菁桐老街観光の見どころ1:菁桐駅

平渓線の終点である菁桐駅は日本の統治時代に作られたものです。駅自体は小さな駅で、駅舎や木造です。こちらの駅は1929年に石炭を輸送することも目的に作られた駅でした。当時は「菁桐抗駅」という名前でしたが、その後1962年から「菁桐駅」という名前になりました。

菁桐駅の建物内はいつも旅行客であふれています。建物内には有人の切符売り場と待合所のようにベンチがあるだけです。このような小さな駅は日本でも田舎町で見ることができます。そのため日本人が菁桐駅を訪れると、外国にいるというよりも日本の田舎に来たような、なんだか懐かしい気持ちになります。

菁桐老街観光の見どころ2:菁桐老街の雰囲気

菁桐老街はとても小さな老街です。全長としては100メートルもありません。しかしこの菁桐老街は以前は大変にぎやかな炭鉱集落であり、最盛期にはそのにぎやかな様子は「菁桐坑銀座」と呼ばれるほどのものでした。時代の流れにより、一時期より住民は減ったものの、現在では多くの旅行客が訪れる人気観光地となりました。

菁桐老街の魅力は昼間だけではありません。日が落ちて暗くなってきてからも菁桐老街のノスタルジックな雰囲気はさらに増してきます。菁桐老街では十分でも有名なランタン上げができますので、夕暮れに挙げられるランタンはとても美しく、菁桐老街にともる街頭は、まるでタイムスリップをしたような感覚を楽しむことができます。

菁桐老街観光の見どころ3:菁桐礦業生活館

菁桐の駅を出るとほとんどの人は右手のの菁桐老街に向かって進んでいくのですが、駅を降りて左手に行くとこちらの「菁桐礦業生活館」があります。この場所はもともと台湾鉄道の社員の宿舎でしたが、現在は菁桐で炭鉱業が盛んだった当時の様子や、炭鉱夫の生活を学ぶことができる小さな博物館のようになっています。

35574689 1719906334791497 7977789739572920320 n
taisyo01

こちらでは、当時の炭鉱夫のヘルメットや弁当箱、蓄電池、呼吸器というような携帯品や、石炭を運ぶトロッコの線路などを見ることができます。展示されている資料は残念ながら中国語ですが、写真なども多いので、言葉がわからなくても十分に楽しむことができます。さらに入場無料ですので、是非立ち寄りたいスポットです。

菁桐老街観光の見どころ4:警察署

菁桐老街を抜けると目の前に大きなランタンの形をした建物があります。これは「新北市政府警察局瑞芳分局平溪分駐所」というれっきとした警察署で、実際に警察の方々がこちらで業務を行っています。ランタンの右側にある建物の2回部分には派出所や旅客サービスセンター、そしてフードコートになっていて、3階に警察宿舎と展望台があるという面白い作りです。

13181240 174877522908344 80039366 n
believerfeu

ランタンの部分は高さ9mもあり、その外壁には約20万個のLED電球が使われているLEDスカイランタンとなっています。実はこちらには波麗士許願天燈(ポリスお願いごとランタン)というものがあり、建物の2階でメッセージカードを購入(150元)してメッセージを書くと、そのメッセージをLEDスカイランタンに映し出してくれるというサービスがあります。

メッセージが映し出されるのは平日の午後4時から7時(土日祝日は午後8時まで)の間で、30分ごとに行われます。1度しか流れませんので、自分のものを見逃さないようにしましょう。これはサプライズで告白をしたり、プロポーズ、日ごろの感謝の気持ちを示したりするのにも使えます。是非試してみてください。

菁桐老街観光の見どころ5:石底大斜坑

40167267 1941351302832089 5351566806010036224 n
ling07.tw

石底大斜坑は菁桐老街から歩いて5分ほどのところにあります。ここでは昔菁桐が炭鉱として栄えていた問うことを証明するような様々な建物が残っています。当時は石炭を置くための倉庫であった場所や事務所として使われていた建物などの跡を見ることができます。

35575776 1027416410746365 3426101154390474752 n
sandy76377

それらのコンクリートの建物は廃墟化し、壁の一部しか残っていないようなものもあります。そしてそれらはガジュマルの木々に浸食されて、建物とガジュマルが一体化している様子は、宮崎アニメの「天空の城ラピュタ」の世界のようです。この不思議な雰囲気は、インスタ映え確実です。

33195929 407064076429348 1821263732064387072 n
roam_taiwan

台湾ではテレビドラマの撮影などにもよく使われているそうです。そして一番の見どころはこちらの炭鉱の入り口の後です。現在は入ることができないように鉄格子がされていますが、うっそうと茂る草もトンネルへの侵入を拒んでいるようにも見えます。今は観光地となっていますが、昔はにここで過酷な作業がされていたのがわかります。

菁桐老街観光の見どころ6:日式宿舎群

10654984 1666053450346892 852425371 n
lingtzeng

菁桐老街を抜けると右手の奥に警察署、そして手前には炭鉱夫の像があります。この街が依然炭鉱で大変栄えたところであったというのがよくわかります。そして1920年から1940年ごろ、この近辺には日本人のための宿舎がありました。そしてそれらの宿舎などは日本の木造建築の様式のものが多く残されています。

11379049 1624122141208291 1509565093 n
arislulu

中でも昔日本の高級幹部だった人たちの宿舎として使われていた「北海道民宿」という建物は1930年代に日本の建築様式で建てられたとても貴重な建物です。また、この北海道民宿は現在は民宿として営業しており、実際に宿泊することができます。とても雰囲気のあるこの一帯は映画などのロケ地としても人気があります。

菁桐老街でやるべきこと1:平渓線の駅で写真を撮ろう

39506739 540967319672738 6387344250144555008 n
yeaahh94

菁桐老街についたら、やずやるべきことは平渓線の線路で写真を撮ることです。日本では線路に立ち入って写真を撮ることは厳禁ですが、こちらの菁桐老街では線路内で自由に写真を撮ることができます。線路の上で写真を撮ることは、旅行の記念として最高の思い出になります。

線路の上で写真を撮るのは旅行客だけではありません。こちらではウェディングドレスとタキシードを来た新婚の二人が線路上で古い建物をバックに写真撮影をしたりししている場面にも出くわすこともあります。平渓線は電車の本数は少ないですが、写真撮影に夢中になって電車の接近に気づかないということがないように写真撮影を楽しみましょう。

菁桐老街でやるべきこと2:許願筒に願いをしたためよう

菁桐老街で次にやるべきことは許願筒にお願いを書いてつるすことです。駅から続く老街にはこの許願筒がずらりと並ぶ場所がたくさんあります。この許願筒は昔1960年代、またこの場所が炭鉱の町として機能していた時代のロマンティックなエピソードが始まりと言われています。

菁桐駅の駅員が菁桐老街のかき氷屋の娘に恋をして、それを伝えるために竹に想いをつづったというのが始まりだそうです。現在は、恋愛、金運、合格祈願など様々なお願いごとをしに多くの旅行客が訪れますが特に子宝祈願が有名だそうです。竹は菁桐老街のお店で買うことができますので、是非願いを竹にしたためてください。

菁桐老街でやるべきこと3:ランタン上げをしてみよう

ランタンあげというと十分が有名ですが、こちらの菁桐老街でもランタン上げをすることができます。ランタンあげは紙で作られた大きなランタンの側面に墨汁で願いを書き、空にあげて願い事をします。ランタン上げの起源は三国志の時代に諸葛亮公明が通信手段としてあげたものが始まりと言われています。

35459342 471546829932934 6495894884216471552 n
kingking0117

しかしながら現在はその目的を変え、季節のお祝いや、こちらのランタンあげのように願い事を書いて空に飛ばすというイベントのようになりました。願い事を書いたランタンは平渓線の線路の上に立って記念撮影をしてから空に飛ばします。こちらも菁桐老街にランタンあげのお店がありますので、気軽に挑戦できます。

菁桐老街でやるべきこと4:菁桐に泊まってみよう

15101641 1256730351039486 1292941415596163072 n
yumi.tinhau.hk

菁桐ももちろんですが、平渓線沿線にはたくさんの観光スポットや見どころがあります。それに対して平渓線は残念なことに本数が少なめです。平渓線の観光スポットをすべてめぐるには1日では足りません。そんなときには菁桐に宿泊してみるというのはどうでしょうか。

菁桐には先ほどの北海道民宿を始め、いくつかの民宿があります。菁桐は昼の顔も夜の顔もとてもノスタルジックで、この不思議な雰囲気の中にある民宿に泊まるのはとても思い出になります。ゆっくりとしたスケジュールで旅行を楽しむならぜひ菁桐での宿泊をおすすめします。

菁桐老街の名物グルメ

菁桐老街の名物グルメといえば、なんといっても「雞捲」です。雞捲のお店は「揚家雞捲」というお店です。駅を降りてすぐのところにあります。料理の名前に「雞」が入っているの鶏肉を使った料理かと思ってしまいますが、雞捲に使われているのは鶏肉ではなく豚肉です。

39910228 619051281822681 1107258138165248000 n
hmasada0

ほかの具材としてはタロイモや玉ねぎ、にんじんなどが入っており、それを湯葉で巻いてあげています。こちらのお店は3代続く老舗で、雞捲は一つずつ手作りで作られています。台湾独特の味付けと具だくさんの雞捲は食べ歩きにぴったりです。菁桐老街に行ったら是非試してみてください。

菁桐老街が舞台の映画

平渓線沿線の様子や菁桐老街のノスタルジックな雰囲気は映画の撮影場所としてもしばしば使用されます。例えば2010年の中国・日本・台湾・香港合作映画「台北に舞う雪」や2011年に公開された台湾映画「あの頃、君を追いかけた」もこちらの菁桐老街が舞台になっています。

14295404 694680524030164 8718093474060042240 n
yueliang10

「台北に舞う雪」は菁桐の街で孤児とした育てられた青年と、声が出なくなってしまった新人歌手のラブストーリです。そしてぜひおすすめしたいのがもう1つの「あの頃、君を追いかけた」という映画です。ストーリーは高校時代に知り合った男女が子供と大人の間を行ったり来たりしながら成長していく様子を数年間にわたり追いかけていくラブストーリーです。

40408661 265464467412222 7559441461693496831 n
yuuma_03

誰もが共感するような高校時代の馬鹿げた行動や切ない思いなどが台湾の観光名所を舞台にノスタルジックな映像で表現されたこちらの映画は台湾で大ヒットを記録しました。さらに2018年の10月からはこの「あの頃、君を追いかけた」のリメイク版が日本で公開されます。注目の人気俳優も出演していますので、是非チェックしてみてください。

菁桐老街周辺の観光スポット

菁桐老街は平渓線の終点の駅ですが、炭鉱のためにひかれた平渓線の沿線には当時栄えていた老街が多くあり、周辺にとてもおすすめの観光スポットがたくさんあります。こちらではそんな平渓線沿線の中でも特に旅行客に人気のあるおすすめ観光スポットをいくつかご紹介しましょう。

十分

平渓線の沿線にある十分は言わずと知れたランタンあげで大変有名な場所です。十分駅前に広がる老街であげるランタン、台湾のB級グルメ、そして老街のお店の前すれすれのところをすり抜けいていく平渓線の様子は、日本人のみならず多くの旅行客にとても人気のある風景です。

また十分の駅から少し歩いたところにある十分瀑布も旅行客に人気のスポットです。まるで小さなナイアガラのような十分瀑布は、滝が流れ落ちる様子を目の前で見ることができ、とてもダイナミックな滝の様子に驚きます。駅から少し距離がありますので、十分老街だけでなく、十分瀑布にも行く場合は電車の時間に気を付けましょう。

猴硐(猫村)

平渓線の猴硐は猫好きにはたまらない猫村があります。この村には100匹以上の猫が住んでおり、2013年には世界の6大猫スポットとして選ばれるほど猫尽くしの街です。駅の看板やオブジェはすべて猫、さらには標識まで「猫が通るからスピード落とせ」という標識まであります。

お土産もすべて猫、猫型のパイナップルケーキが人気です。写真撮影はもちろん、猫用の餌を購入すれば、猫の餌をあげることもできます。猫たちは人間に慣れており、人懐っこく無防備な表情や態度はとにかくかわいいです。またこの猴硐の駅周辺には廃墟も多くあり、廃墟巡りも旅行客に人気があります。

Thumb台湾・十分と言えば天燈(ランタン)上げ!見所や料金&絶景ポイント紹介!
台湾でも1位、2位の人気を争う観光地と言えばこちらの十分です。そして十分といえば天燈上げが体...
Thumb新北の猴硐は猫マニアに人気の猫村!人気の猫カフェやお土産屋もあり!
猴硐は新北市にある台湾の猫村で世界6大猫スポットとして世界中から猫好きが訪れる村です。九份の...

菁桐老街の観光を楽しもう

いかがでしたでしょうか、菁桐老街とその周辺の観光スポットの魅力をご紹介しました。台湾は激動の歴史の中で栄えた街が、現在もその姿をその当時のまま残している場所が多く、その歴史ある雰囲気が旅行客にとても人気があります。ぜひ菁桐を訪れて台湾の歴史に触れてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ