中国のコンセントは変換プラグが必要?形状・電圧・iPhoneの充電方法!

中国といえば大きな国土面積で有名です。そんな中国には多くのコンセントがあります。そこで中国のコンセントには変換プラグが必要かどうか、また形状や電圧、iPhoneの充電方法といった具体的な方法についても徹底的に紹介しますので参考にしてみてください。

中国のコンセントは変換プラグが必要?形状・電圧・iPhoneの充電方法!のイメージ

目次

  1. 1中国のコンセント事情徹底解説!
  2. 2中国のコンセント事情を知る前に言葉の定義を知ろう
  3. 3中国のコンセントの定義1:コンセントとは
  4. 4中国のコンセントの定義2:プラグとは
  5. 5コンセントは差込口・プラグは差込部分
  6. 6中国のプラグ・コンセントのタイプは?
  7. 7中国のコンセント・プラグの形状は様々!
  8. 8中国のコンセント・プラグの形状はAタイプが多い!
  9. 9中国のコンセント・プラグに変換器は必要?
  10. 10中国のコンセント・プラグの変換器が必要なもの
  11. 11中国のコンセント・プラグの変換器が不要なもの
  12. 12中国のコンセントの電圧事情についても紹介!
  13. 13コンセントの電圧とは?
  14. 14中国のコンセントの電圧は?
  15. 15日本のコンセントの電圧は?
  16. 16日本の電化製品は中国のコンセントでも使える?
  17. 17中国のコンセントを使うには変圧器がいることも!
  18. 18中国のコンセントで一般的に使える電化製品
  19. 19中国のコンセントで一般的に使えない電化製品
  20. 20中国でコンセントを使うことが出来るスポットについて
  21. 21中国のコンセント・電圧について知ろう!

中国のコンセント事情徹底解説!

中国といえば国土面積が広く多くの観光スポットがある見どころの多い名所になっています。そんな中国のコンセント事情について知ることは大切です。今回は中国のコンセント事情について、プラグの形状や変換器が必要かどうか、電圧はどうで日本でも使うことが出来るか、iPhoneの充電は出来るかを徹底的に紹介いたします。

中国のコンセント事情を知る前に言葉の定義を知ろう

中国のコンセント事情を知る前に、まず学んでおくべき大切な事柄が存在しています。そのためまずはそのような大切な事柄について学ぶことにしましょう。それは言葉の定義です。何にせよ言葉の定義を知っていないと、間違った理解を生んでしまうばかりか、海外という慣れない土地でトラブルとなる可能性もあります。

そのためそのようなトラブルを引き起こす可能性を出来るだけなくすために、まずは、言葉の定義について学ぶことにしましょう。具体的には、「コンセント」と「プラグ」の違いです。

電化製品を使う時は、コンセントの場所を尋ねることは多くありますが、プラグという言葉はあまり聞きなれないフレーズとなります。そこで、まずはコンセントとプラグの違いについて学ぶことで、中国のコンセント事情について理解するときに、スムーズな理解を出来るようにしておくようにしましょう。

中国のコンセントの定義1:コンセントとは

ではまず、中国のコンセントの定義の1つ目である「コンセントとは何なのか」について解説させていただきます。コンセントとは、建物の壁や、地面、机の側面や、天井部分などといったあらゆる場所に備え付けられているもののことで、「差込口」のことを指しています。日本だと2つの縦長の穴があるものが多いです。

このコンセントの形状は、世界中のあちこちによって変わり、それは中国でも例外ではありません。日本にいると日本でよく見られる2穴式のコンセントしかないのではないかと錯覚してしまうかもしれませんが、実際は「Aタイプ」「Bタイプ」「BFタイプ」など様々な種類に分かれており、多種多様な種類があります。

中国のコンセントの定義2:プラグとは

では、続いて、中国のコンセントの定義の2つ目である、「プラグ」の定義について説明させていただきます。このプラグのことをコンセントという風に伝えたとしても通じることもありますが、厳密には大きく異なっているので注意しましょう。プラグとは、iPhoneの充電器などをはじめとするコードの先端についた金属の出っ張りです。

そして、この出っ張りをコンセントに差し込むことが出来る部分のことをプラグと言います。プラグには様々な形状が存在しており、その国ごとによって異なっています。例えば、日本にあるコンセントには日本で購入した電化製品のプラグを差し込むことが出来ますが、日本のプラグを海外のコンセントに差し込めない場合もあります。

そういう理由から、日本で購入した電化製品を海外で使用したいと考えたときには、コンセントとプラグの形が異なっている場合もございますので、プラグの形状を変化させる「変換プラグ」と呼ばれる機器が必要になります。世界的に知名度が高い、iPhoneなどの充電器であっても変換プラグは必要になり得るので注意です。

コンセントは差込口・プラグは差込部分

それでは、改めてコンセントのプラグの違いについてまとめさせていただきます。コンセントは差込口のことを指しており、プラグは電化製品などについている差込部分のことを指しています。これを理解しておくことでスムーズに中国のコンセント事情について理解することが出来ますので、しっかりと覚えておくことをおすすめします。

中国のコンセントについて学ぶ上では、このコンセントとプラグの違いのほかに、「電圧」についても理解しておくことが大切になってきます。しかし、その言葉の定義やそれが引き起こしうるトラブルについては後述させていただきます。しっかりと理解して、中国のコンセント事情を確実に理解するようにしましょう。

中国のプラグ・コンセントのタイプは?

ここでは、中国のプラグ・コンセント事情について紹介させていただきます。中国のプラグ・コンセント事情について知ることで、中国に観光に訪れたときに日本から持ち込んだ電化製品が使えるのかどうかが分かりますし、特に大切なiPhoneなどといった携帯の充電器が使用できるかどうかも判断することが出来るようになります。

そのため、中国のコンセント・プラグ事情についてはしっかりと理解しておいたうえで、中国に観光しに行くことをおすすめしますし、それを知らずに行ってしまうと、中国でiPhoneなどの携帯の充電を行うことが出来ず、困ってしまう恐れもございます。そのため、まずはしっかりと中国のコンセント・プラグ事情について知りましょう。

中国のコンセント・プラグの形状は様々!

それでは、続いて中国のプラグ・コンセントのタイプについて説明させていただきます。中国は広大な敷地面積であるためか、中国のプラグ・コンセントの形状は「Aタイプ」「Bタイプ」「B3タイプ」「BFタイプ」「Cタイプ」「Oタイプ」「SEタイプ」の全6種類のコンセント・プラグから構成されています。

基本的には、各国ごとに1種類しかないので、6種類ものコンセントの形状があるものは珍しく世界的にみてもめったにないものとなっています。ちなみに日本で使われているコンセント・プラグの形状は、「Aタイプ」のみとなっており、全国各地で使うことが出来ます。中国のプラグ・コンセントの幅広さには驚かされます。

中国のコンセント・プラグの形状はAタイプが多い!

しかしながら、現在の中国では、日本と同じAタイプのものと、Oタイプのものが一般的になっています。Aタイプは日本と同じタイプで、平らな形のピンが縦に2つ並んでいるタイプのものになっています。またOタイプは差込口が3つあり、ハの字型になっています。そのためOタイプは日本のものとは異なっております。

また、中国で販売されているiPhoneなどの充電器のプラグの形状は、日本と全く同じAタイプのもので販売されていますので、そのまま、中国国内で利用することが可能になっています。6種類ものコンセント・プラグの形状が中国全土でみられることがありますが、一般的には日本と同じAタイプのものが多くなっています。

中国のコンセント・プラグに変換器は必要?

それでは中国のコンセント・プラグを使用するにあたって、変換器が必要かどうかについて説明させていただきます。先述させていただきました通り、中国のコンセント・プラグの形状は、一般的に日本同じ「Aタイプ」となっておりますので、中国に行くときには変換器などは必要なくなっているのでご安心ください。

しかしながら注意点もございます。先述させていただきました通り、Oタイプのものも主流となっています。そのため、地域によっては、日本のAタイプとは異なりますので、使用できない場合もございます。さらに、中国全土では合計6種類ものコンセント・プラグの形状がございますので、例外的に利用できないものもあります。

また、コンセント・プラグの形状にはいくつかの傾向があるといえます。そのため電化製品の種類によっては、A型ではなくO型のものも見受けられます。そのため中国のある特定の電化製品が使われているところにいくと、iPhoneの携帯の充電が出来ないなどいくつか問題が起こる可能性もありますので注意しておきましょう。

中国のコンセント・プラグの変換器が必要なもの

中国のコンセント・プラグは基本的にはAタイプのものが多いですので、一般的に変換器は不要となっています。しかしながら、先述した通り一部の電化製品や家電を持ち込む場合に限っては、変換プラグが必要になってしまうこともあります。そのため、家電を持ち込んだり、それらを使う場面では注意しましょう。

特に使用する電力が高いほど、3つ穴タイプのO型形状のコンセント・プラグとなることが多くなっています。例えば、ドライヤーや電気ポット、電子レンジや炊飯器、洗濯機などです。これらを日本から持ち込んで、中国のこれらのものの代わりに使用しようとすると、コンセントが刺さらないときもありますので、注意しましょう。

中国のコンセント・プラグの変換器が不要なもの

中国のコンセント・プラグの変換器が不要なものについて説明させていただきます。中国のコンセント・プラグはAタイプとなっています。日本も中国のコンセント・プラグの形状と同じAタイプになっていますので、基本的には変換プラグが不要になっています。変換器が必要なモノの欄で紹介したもの以外は問題なく使用できます。

例えば、パソコンの充電器や電気シェーバー、iPhoneなどスマートフォンの充電器やその他日本で使用することが出来る家電については、基本的には使用することが出来るようになっています。そのため変換プラグを持っていかなくても、中国では観光を楽しむことが出来るようになっています。

しかし、やはり6種類ものコンセント・プラグの形状があることから、実際に使用できるかどうか心配だと考える人もいるものです。そういった人のために、全形状対応の変換プラグが存在していますので、気軽に利用することが出来るようになります。家電量販店やインターネットで取り扱っているので調べてみましょう。

中国のコンセントの電圧事情についても紹介!

続いて、中国のコンセントの電圧事情についても紹介させていただきます。中国のコンセントの電圧について知らずにいることは大変危険です。コンセント・プラグについては知らなくても使用できないだけで済むのですが、電圧について知らずにいると、発熱やショートなどといった危険性がたくさん詰まっています。

そのため、中国の電圧について知ることは大切ですし、電圧のことを知っておくと他の海外に行くようなときにも役に立つことがあります。しっかりと電圧について知ったうえで、中国の電圧を理解して海外でも電化製品を使いこなすようにしましょう。中国の電圧を知らないと多くの家電を壊してしまう事例も多くあります。

コンセントの電圧とは?

中国のコンセントの電圧について知る前に、まずはコンセントの電圧とは何なのかについて説明させていただきます。中国のコンセントの電圧とは、電気が流れるものに設定されているもので、消費電力の大きさを決定するためのものとなります。大きければ大きいほど、コンセントにさした電化製品の電力は大きくなります。

電圧の定義について考えていきます。電圧とは「電気の流れる速さや量」のことを指しています。電化製品には電流が流れることで、動くようになっています。電流と電圧の掛け算が電力となります。コンセントにプラグを差し込んだとき、電流と電圧の量は決まっていますので、電力の値が自動で算出されます。

電圧が違うと発火の恐れもあり!

国ごとに電流の大きさと電圧の大きさは一定となっています。そのため日本国内と、海外での電圧が異なっていることもあります。これが異なってしまっていると、電化製品が動くことがないばかりか、電化製品に過剰な電力がかかってしまい壊れてしまう恐れもあります。発火やショートの危険性があるので注意しましょう。

そのような発熱の可能性を防止するために、基本的には電化製品ごとに決まっている対応電圧をチェックする必要があります。詳しくは後述させていただきますが、対応電圧を守っていることで、発熱やショートの可能性を防ぐことが出来ます。対応電圧が非対応の場合は、変圧器が必要になりますので確認しておきましょう。

中国のコンセントの電圧は?

中国のコンセントの電圧について説明していきます。中国のコンセントの電圧は220Vとなっています。詳しくは後述させていただきますが、これは日本のコンセントの電圧の2倍以上も高い電圧となっています。そのため、この電圧を使用して日本の家電を使用する場合には注意が必要になりますので確認しておきましょう。

日本のコンセントの電圧は?

一方で日本のコンセントの電圧について説明させていただきます。日本のコンセントの電圧は100Vとなっています。先述したように、中国のコンセントの電圧と比べると、半分近く小さくなっています。そのため中国の家電を日本で使うことは可能になっているのですが、日本の電化製品を中国で使うと危険性があります。

日本の電化製品は中国のコンセントでも使える?

日本の電化製品は中国のコンセントでも使用することが出来るかどうかについて説明させていただきます。日本の電化製品は中国のコンセントでも使用することが出来ます。日本で提供されている電化製品の多くは、220Vにも対応しているものが多くございますので安心して使用して下さい。ただし、例外もありますので注意です。

中国で使えるかどうかは対応電圧をチェック!

中国で日本の電化製品を使用できるかどうかですが、基本的には電化製品の「対応電圧」をチェックすることで判断することが出来るようになっています。日本の電化製品の多くは100Vから240Vまでの電圧に対応していることが多いので、中国でも使えます。ただ個別で異なりますので必ずチェックするようにしましょう。

対応電圧についてしっかりとチェックしておくと、日本国内で購入した電化製品だとしても中国で使用することもできますし、対応電圧を知らないと、ショートする可能性を秘めています。そのため、対応電圧については事前にしっかりと確認したうえで、利用することで荷物を減らせることにもなりますし、壊れる危険性も防げます。

中国のコンセントを使うには変圧器がいることも!

そのため中国のコンセントを日本の家電を使おうとすると変圧器が必要になってくる時もあります。iPhoneなどといった世界的に有名な電化製品を使う時には変圧器が必要にならない場合もありますが、それ以外の場合には変圧器が必要になることも多々あります。しっかりと確認したうえで使用することをおすすめします。

そこで、続いては中国のコンセントで使用することが出来る電化製品と、使用することが出来ない電化製品の2種類について説明させていただきます。しかしこれらの電化製品についてはもちろん例外的なモノも存在していますので、先述させていただきました対応電圧をしっかりとチェックしたうえで利用するようにしましょう。

中国のコンセントで一般的に使える電化製品

中国のコンセントで一般的に使える電化製品について説明させていただきます。中国のコンセントで一般的に使うことが出来る電化製品は、グローバル展開しているようなものであれば問題なく使用することが出来ます。例えば、ノートパソコンやデジタルカメラ、iPhoneやiPadなどのスマートフォン機器、掃除機などがあります。

これらは、消費電力が少ないため、中国の電圧でも対応できるタイプが多くなっています。そのため変圧器なしでそのまま差し込むことで使用することが出来ます。しかし、使用するときには必ず、220Vに対応している電圧かどうかをきちんと確認しましょう。例外的なモノもありますので壊れてしまう恐れもあります。

中国のコンセントで一般的に使えない電化製品

続いて、中国のコンセントで一般的に使うことが出来ない電化製品について説明させていただきます。中国のコンセントで一般的に使うことが出来ない電化製品ですが、代表的なモノとして、「ドライヤー」「コテ」「電気ポット」「炊飯器」「電子レンジ」「トースター」「コーヒーメーカー」「ジューサー」などがあります。

これらの家電を使用する場合には必ず変圧器が必要になります。一般的に熱を発するようなものや大きめの家電については電力消費が激しいので変圧器が必要になります。対応電圧に一致していない家電を間違って差し込んで使用しようとすると、突然激しい音とともに壊れてしまうこともあります。注意するようにしましょう。

中国でコンセントを使うことが出来るスポットについて

最後に、中国でコンセントを使うことが出来るスポットについて紹介します。中国では家電大国とも言われており、多くのスポットでコンセントを使用することが出来るようになっています。特に携帯の利用が多い中国では、多くの充電スポットが存在しています。そのような充電スポットについて紹介させていただきます。

ホテル

中国のコンセントがあるスポットの1つ目は、「ホテル」です。ホテルにはほぼ確実にコンセントが存在しています。ホテルではドライヤーやヘアアイロン、iPhoneの充電など様々な場面で使うことが出来るようになっています。

ホテルでの使用が、中国でコンセントを使用する一般的な方法となっていますので、変換器なども用意しておきましょう。しかしながら、多くのホテルでは、変換器をそのまま貸し出してもらうこともできるようになっています。そのため万が一変換プラグを忘れてしまったときでも使用できることもありますので安心して下さい。

カフェ

中国のコンセントがあるスポット2つ目は、「カフェ」です。中国には多くの人が利用するカフェチェーン店が多数あります。そのような場所ではiPhoneなどの携帯充電用にコンセントを設置しているようなカフェが存在しています。スターバックスなど日本で知られているチェーン店も出店していますので探してみるとよいでしょう。

中国のコンセントがあるスポット3つ目は、「駅」です。中国人は世界的にみても人口が多いエリアとなっており、その中でも駅は利用者が多くなっています。そのため場所によっては駅の中にコンセントが置いてあり、パソコンやiPhoneなどのスマートフォンを充電できるようになっています。困ったときは利用してみましょう。

中国のコンセント・電圧について知ろう!

今回は中国のコンセント・プラグ事情や、電圧について紹介させていただきました。中国のコンセントやプラグは基本的には日本と同じですので、変換器は要りませんし、電圧も220Vですので、iPhoneの充電器など、対応電圧が100Vから240Vのものが多い日本では変圧器も不要です。ぜひ中国の観光を楽しんで下さい。

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ