シングリッシュはシンガポールの独特な英語!特徴や歴史を詳しく調査!

シングリッシュとはシンガポールで日常会話として使われている英語を指します。シングリッシュの特徴は、シンガポールの歴史が関係していることもあり、通常の英語とは異なります。しかし特徴をつかめば意外とシンプルな面もあります。シングリッシュについて調べてみました。

シングリッシュはシンガポールの独特な英語!特徴や歴史を詳しく調査!のイメージ

目次

  1. 1シンガポールの英語シングリッシュのご紹介
  2. 2シンガポールの4つの公用語
  3. 3シングリッシュを政府は推奨しない
  4. 4シングリッシュの特徴1:発音の強弱
  5. 5シングリッシュの特徴2:語尾は消える
  6. 6シングリッシュの特徴3:thはtやd
  7. 7シングリッシュの特徴4:中国語の影響
  8. 8シングリッシュの特徴5:省略
  9. 9シングリッシュの特徴6:繰り返す
  10. 10シングリッシュの特徴7:語尾はmaやlah
  11. 11シングリッシュの特徴8:語順は変えない
  12. 12シングリッシュの特徴9:動詞も変化しない
  13. 13シングリッシュの特徴10:名詞も変化しない
  14. 14中国語の影響:swee(いいね)
  15. 15マレー語の影響:alamak(あらまぁ)
  16. 16英語からの影響:can(できる)
  17. 17シングリッシュの会話例1:挨拶
  18. 18シングリッシュの会話例2:飲食店で
  19. 19シングリッシュの会話例3:ショッピング
  20. 20シングリッシュの会話例4:タクシー
  21. 21シングリッシュの歴史
  22. 22シングリッシュで会話してみましょう!

シンガポールの英語シングリッシュのご紹介

シングリッシュ(英語表記はSinglish)は、シンガポールで話されている英語を意味します。イギリスやアメリカの英語に比べると独特のアクセントがあり、わかりにくい英語とも言われています。シンガポールの人々の日常会話、シングリッシュについて歴史、特徴、シンガポールで役に立つミニ会話などをまとめてみました。

シンガポールの4つの公用語

シンガポールは東京から飛行機で約7時間、国土の面積は東京23区とほぼ同じで、日本から多くの観光客が訪れる国です。シンガポールは中華系、マレー系、インド系などの人々がいる多民族国家で、公用語は、マレー語、中国語、タミル語、英語の4つと定められていて、シンガポールでは殆どの人が英語と自分のルーツに関わる言語を話します。

Thumbシンガポールのチャンギ国際空港の快適な過ごし方!ラウンジやシャワーは?
この記事では、シンガポールの「チャンギ国際空港」のおすすめの過ごし方を紹介します。このシンガ...

シングリッシュを政府は推奨しない

シングリッシュはSinglishと英語で綴り、Singapore(シンガポール)とEnglish(英語)の造語です。つまりシンガポール国民が日常会話で使っている英語という意味です。実は歴史上はシンガポール政府は、シングリッシュではなくて正統な英語を話すことを奨励し続けてきました。このためシングリッシュは役所の文書などには出てきません。

シンガポール政府はシングリッシュの使用には反対ですが、シンガポール人の日常会話でシングリッシュは広く使われています。シンガポールはかつて英国に統治されていた(1819~1963)歴史があり、シングリッシュは英国の英語が基本です。加えて交流があった人々の言語であるマレー語、タミル語、中国福建語などの影響が混在しています。

シングリッシュの特徴1:発音の強弱

シングリッシュが聞き取りにくいと言われる理由は、中国語のように発音する特徴があり、通常の英語と異なる発音になっているからです。例えば「I get off」を「アゲトウフ」と通常の英語ではつなげて発音しますが、シングリッシュは一つずつ単語を切って発音します。文章全体の発音を中国語のようなリズムと音声で会話していきます。

シングリッシュの特徴2:語尾は消える

シングリッシュでは単語の最後の子音が消える感じで発音します。例えば「Carport」(車庫)なら、「カッポッ」と発音します。よく話される語例として「No need」(必要ありません)は「ノニッ」です。この発音法は、中国南部の広東語や福建語、マレー語に共通の特徴です。単語の最後の音は日本語の「ッ」という音に聞こえがちです。

シングリッシュの特徴3:thはtやd

シングリッシュは「th」の音が「t」または「d」の音になります。例えば通常の英語なら「think」(考える)という単語は「スィンク」といった発音で、舌を上と下の前歯の間に軽くはさんで発音する「スー」という音になります。しかしシングリッシュは「ティンク」と聞こえる発音になります。つまり「t」または「d」として発音しています。

別の例をあげると「they」(彼ら)は、通常の英語では「ゼイ」です。しかしシングリッシュではカタカナで書くと「デイ」と発音します。いずれも中国語やマレー語の影響で、シンガポール人の多くが歴史のなかで中国語やマレー語を母国語としても使用してきた経緯がシングリッシュにも反映していると言われています。

シングリッシュの特徴4:中国語の影響

シンガポールは歴史上ずっと中国と交流があり、現在も中華系の人々が沢山シンガポールに暮らしているため、単語の発音をする場合も中国語のように発音する傾向が強くあります。例えばシングリッシュの「Friday」(金曜日)は、「フ『ラ』イ『デ』イ」と発音のラとデが強調されます。通常の英語は「ラ」の箇所のみ強く発音します。

シングリッシュの特徴5:省略

シングリッシュの会話には主語やbe動詞が抜け落ちている場合が頻繁にあります。通常の英語のような英文法ではなく、単語だけ使って意味を伝える傾向が強いのです。シングリッシュを聞き取るポイントとして、英語ということを忘れて単語だけを集中して聞いた方が分かりやすいという意見もあります。

例えば「こわがらないで」と通常の英語で言いたい場合、「Don't be afraid.」となりますがシングリッシュでは「Don't afraid.」です。つまりbe動詞は省略します。別の例をあげると飲食店などで「ここで食べていくか?」と言う場合、通常の英語では「You eat here?」ですが、シングリッシュは「Eat here?」となり主語は言いません。

シングリッシュの特徴6:繰り返す

シングリッシュで何かを強調して伝えたい場合、または軽い命令調の場合、同じ単語を繰り返します。例えば「待って」は、通常の英語では「Wait」ですがシングリッシュでは「Wait wait.」と単語の繰り返しになります。別の例として「とっても安い」と強調したいなら「It is cheap cheap.」。通常の英語の「It is very cheap.」とは異なります。

シングリッシュの特徴7:語尾はmaやlah

シングリッシュで疑問文を会話するときは語尾に「ma」という音が付きます。例えば「日本語は話しますか?」と言う場合、通常の英語では「Do you speak Japanese?」となりますが、シングリッシュでは「You speak Japanese ma?」。語尾の「ma」は歴史上の交流が深い中国語の疑問文で文末に付く「吗(マ)」に由来しています。

文末の「ma」は、日本人にとってカタカナの「メ」(アルファベットで書くならmeh)と聞こえる場合もあるので注意が必要です。語尾の音でよく出てくる発音として「ラ」(アルファベットでlahまたはleh)もあります。これも中国語で完了の意味「了(ラ)」に由来しています。深い意味はなく、日本語で言うと「なのね」ぐらいの軽い内容です。

シングリッシュの特徴8:語順は変えない

シングリッシュでは文末に「ma」の音が聞こえたら、疑問文であると気づかなければならないことは既に説明しました。他の例では「どこに住んでいるのですか?」とシングリッシュで言う場合、「You live where?」となります。通常の英語は「Where do you live?」と語順を変えなければならないのですが、シングリッシュは語順は同じです。

他の例として、「何を飲みますか?」とシングリッシュで言うなら、「You drink what?」となります。通常の英語のように「What do you drink?」とwhatを前に出してdoを付けるという厄介さはありません。通常の英語に慣れた人は戸惑うかもしれませんが、シングリッシュに慣れるとシンプルな英語であるといった感想も聞かれます。

シングリッシュの特徴9:動詞も変化しない

シングリッシュでは主語や時制が変化しても、動詞は変化しないまま使えます。例えば「私は昨日、彼女に会いました。」とシングリッシュで言うなら「I meet her yesterday.」です。通常の英語のように過去形の動詞を使う必要はありません。この場合、シングリッシュは過去や未来の副詞で時制を伝えて動詞は現在形のままです。

通常の英語の文法では、主語がhe、she、itといった三人称単数になると、動詞に「s」を付けることになっています。しかし、シングリッシュでは動詞は変化しなくてもよいのです。主語が三人称単数になっても、動詞に「s」をつけないまま会話している場面がよくあります。面倒な動詞の活用はやめてしまったのがシングリッシュです。

シングリッシュの特徴10:名詞も変化しない

シングリッシュでは動詞が変化しなくても大丈夫なのに加えて、名詞も複数形にする必要はありません。例えば、「2つのイチゴ」をシングリッシュで会話したい場合、「two strawberry」という発音で会話は通じます。通常の英語のように「two strawberries」といった単語の変化はなしでも大丈夫というのがシングリッシュです。

日本語にも、名詞が単数形になったり複数形になるという変化はないので、シングリッシュのように名詞が変化しないというのは、慣れれば、日本人はかえって楽に会話できるかもしれません。誰しも一度は、英語の名詞の単複の変化などを厄介だと感じた経験があるのでは。シングリッシュは面倒な英語の特徴は省略しています。

中国語の影響:swee(いいね)

シングリッシュを会話するために単語に焦点をあてて、実際どのような会話なのか説明していきます。シングリッシュで「いいね!」は「swee」です。この言葉は「sui(美)」に由来します。中国の福建語で「美しい」といった意味になりますが、シングリッシュでは語義がさらに広くなり「完璧」「満足している」といった意味にもなります。

シングリッシュでは強調したい場合に文字をたくさん重ねて書きます。例えば「とてもいいね」と言いたいなら、元々の語源の福建語の「sui」と書くよりも「swee」と書いて、「とても」と強調したい意味で「sweeeeeeeee!」のようにeをいくつもつなげて書きます。文字をつなげて書くとシングリッシュでは言葉が強調されます。

kiasu(負けず嫌い)

シングリッシュでは「kiasu」という言葉がよく使われます。この言葉は福建語の「驚輸」に由来し、シンガポール人の特徴をよく表す言葉として「kiasu」が使われます。語源の福建語の「驚輸」の意味は「負けず嫌い」という意味ですが、シングリッシュではさらに意味が広くなり「人よりも得をしたい」といった意味にも使われます。

シングリッシュは、語源の中国語よりもさらに意味が広くなる特徴があります。kiasuは、シンガポール人が競争心が強くてセールも大好きな国民で、誰かが行列をしていると自分も並ぼうといった意味を示し、「自分はkiasuですから」といった表現もあります。kiasuは否定的なイメージが強い言葉なので日本人は使わない方がよいでしょう。

ang mo(白人)とsian(退屈)

シングリッシュで「ang mo」(アンモ)は「白人」を意味し、福建語の「紅毛人」が語源で「紅」の文字が入っていますが白人を意味する言葉です。「ang mo」はよく使われますが差別語と感じる見方があるので注意しましょう。また、シングリッシュで「sian」(シエン)は「退屈」です。福建語の「累」(sian)が語源になっています。

マレー語の影響:alamak(あらまぁ)

シンガポールの国民の約13パーセントはマレー系の人々です。かつてシンガポールはマレーシア連邦であったことや、独立もマレーシアとともにしたという歴史があり、シングリッシュにもマレー語の影響が残っています。「alamak」(アラマッ)は何かに驚いたときなどに「何てことだ」といった意味で使われます。

「alamak」は、マレー語で「alah」(アラーの神)と「(e)mak」(母)を意味することに由来しています。日本語でも驚いたときに「あらまぁ」と言い不思議なことですが、殆ど同じ発音です。ただし、日本語の「あらまぁ」は女性が使う言葉と考えられがちですが、シングリッシュの「alamak」は子どもから大人まで男女問わず使います。

jalan(ぶらぶらする)

jalan(ジャラン)はシングリッシュで「通り」を意味します。マレー語の「通り」が語源です。シンガポールでは住所の書き方として「Jalan xxxx」といった表記がたくさんあります。シングリッシュで「ぶらぶら歩く」は単語を重ねて「jalan-jalan」となり、「Go Jalan Jalan」という言い方もよく使われます。

40605774 1010136239188368 237555191606953782 n
kagaonsen_info

日本にもシングリッシュの言葉が使われている例があります。日本語の旅行雑誌「じゃらん」は、シングリッシュの「Jalan」に由来して名付けられました。「jalan」(ジャラン)は、さらに広い意味があり「散歩する」といった意味もあります。シンガポールでは住所の表記で「Jalan」を略して「Jln」と書いて通りの名称を表示している場合もあります。

英語からの影響:can(できる)

「can」は英語で「~ができる」という意味の助動詞です。シングリッシュが単語のみで会話することは既にお話しました。canも一語だけでよく使います。例えば「できるよ!」は、canの語尾に「ラ」を付けて「Can lah」。「できますか?」と聞く場合、canの語尾に「マ」を付けて「Can ma?」となります。

例えばショッピングで値段交渉するなら「Discount, can ma?」(安くしてもらえますか?)と聞いてみましょう。「Can!」(できます!)、あるいは値引き出来ない場合は「Can not!」(キャンノー)と答えが返ってきます。通常の英語にある勧告や禁止の意味のshould not、must not、may notも、すべてcan notで表します。

No need(いらない)

シングリッシュで「いらない」は「No need」(ノーニッ)または「Dohwan」(ドワン)です。これは英語の「I don't need it.」や「I don’t want it」を大胆に短縮していてシングリッシュらしい表現です。シンガポールで「いらない」ときは一語で「ノーニッ」と言いましょう。ただし激しい表現なのでシンガポール以外の地域では使わない方がよいでしょう。

steady(順調)

シングリッシュの会話で「いい感じ」は「steady」(ステディ)。シングリッシュの特徴の語尾に「ラ」lahをつけて「steady lah」(ステディーラー)は「がんばってるね」といった意味。また「Steady Pom Pi Pi」は「動じない人」の意味です。「steady」はシングリッシュでは「順調」の意味もあり通常英語よりもさまざまな意味が含まれています。

付加疑問文

「…ですよね?」と念を押すような場合に使う付加疑問文は、主語や動詞に合わせて「is it?」「are they?」など変化するのが通常の英語です。しかし、シングリッシュでは、ほぼ全て「is it?」になります。発音は「イジッ」となり通常の英語と異なります。「izzit?」とタイプする場合もあるということも知っておきましょう。

シングリッシュの「イジッ」は一語のみで使われる場合があります。通常の英語では本文の文末に「is it?」を付けて念を押します。しかし、シングリッシュでは相づちを打つときに単独で「イジッ」と言って「だよね?」という意味になります。同様に「right」も単独で使い、意味は「イジッ」と同じです。発音は「ライッ」と語尾が消えます。

Q(行列する)

シングリッシュで「行列(または、行列をつくる)」は「Q」(キュー)です。英語の「queue」に由来していますが、シングリッシュでは大胆に省略して「Q」一文字で表しています。「ここに並んで下さい」は「Q Here」となり、お買い得のスーパーのセールなど、行列ができる場面でよく見られる単語なので覚えておくと便利でしょう。

シングリッシュの会話例1:挨拶

シングリッシュの挨拶でも「Hello」「How are you?」などは通常の英語と同じです。シングリッシュ独特の挨拶として「Makan already?」または「Eat already?」があります。「Makan」は元々は食べたというマレー語です。つまり直訳では「ご飯は食べた?」ですがこれが「調子はいいかい」といった挨拶の言葉にも使われています。

通常英語では「Uncle」は「おじさん」「Aunty」は「おばさん」で親戚を指します。シングリッシュは、さらに意味が広くなり世間一般のおじさんやおばさんを指します。発音は「アンコー」「アンティー」。年配者への親しみを込めた呼び方で、会話の最初に「アンコー」と言って話すとスムーズです。例えばトムおじさんなら「アンコートム」。

シングリッシュの会話例2:飲食店で

シンガポールには「ホーカーズ」という独特の飲食店があり、ここではシングリッシュが会話に使われます。オーダーしてまず聞かれるのは「店内で食べるのか、テイクアウトか」です。シングリッシュで「Makan?」(ここで食べますか?)あるいは「Eat here?」と聞かれますので「はい」の場合「Ya, makan」と答えましょう。

オーダーして持ち帰りたい場合、「Take away」(発音はテカウェー)、あるいは「Da Bao」(ダーパオ)、「Packet」(パケット)と言いましょう。「Da Bao」は中国語の「打包」から、「Packet」は英語では小包の意味です。シングリッシュではさらに意味が広くなり「持ち帰るための容器」の意味なども表す場合があります。

Thumbシンガポールのホーカーズ特集!おすすめの場所やメニューを徹底調査!
シンガポール名物とえいばホーカーズがあげられます。朝食から夕食まで安い値段で食事を取ることが...

シングリッシュの会話例3:ショッピング

シングリッシュでショッピングをする場合、「Discount, can ma?」が安くできますかの意味で、出来る場合「Can」または言葉を重ねて「can can」です。安く出来ない場合「Can no」(キャノー)あるいは「No lah」(ノーラ)と言われることは上記でお話しました。値段を聞くのは通常の英語と同じように「How much?」(ハウマッチ)です。

シングリッシュの会話例4:タクシー

シンガポールでタクシーを利用する機会があるかもしれません。料金相場は日本より安く便利です。乗車すると運転手さんがシングリッシュで「Go where?」(どちらまで?)と聞きます。通常の英語の「Where do you go?」のように語順を変えず、大胆に省略して聞いてきます。また「チューナーリ」と中国語で聞かれる場合もあります。

「チューナーリ」は中国語の「去哪里」で「どちらまで?」と同じです。また、タクシーで「Go by?」(どこを経由して行くか)を聞かれることもあります。「一番早い行き方にして」なら「Go by fastest way」、「一番安い行き方にして」なら「Go by cheapest way」。「運転手さんにお任せ」なら「Up to you」と言いましょう。

シンガポール市街地には混雑を緩和するためにERP(Electoric Road Pricing)と呼ばれる通行料金自動徴収制度があります。特定の道路を走行すると時間により数ドル程度加算され、客がこの料金も支払うことになります。経済的なルートが希望でERPは通らないでほしいなら「No ERP route, please」と伝えましょう。

シングリッシュの歴史

シンガポールは歴史を遡ると人口約150人の漁村でした。2016年現在人口は約560万人になりました。英国人スタンフォード・ラッフルズが1819年にシンガポールに来てイギリス領となり、その後、貿易によって国際的に発展しました。歴史の中でシンガポールに多くの人が移住してきて、殆どの人が母国語と英語を話すスタイルが定着しました。

シングリッシュの特徴は、シンガポールの歴史と複雑に関係しています。イギリス領だった歴史も関係しています。多国籍民族による国家という歴史もあり、互いにコミュニケーションを取り続けてきた歴史のなかでシングリッシュは作られています。本来の英語より、実際的に意味が伝わることに重点を置いていて大胆な省略もあります。

シングリッシュで会話してみましょう!

シングリッシュには、単語の最後の音が消える、大胆な省略、語順を変えないなど、いくつもの特徴があることを分かっていただけたでしょうか。シンガポールの人々は他言語に慣れている国民なので、きっとあなたが話すシングリッシュも理解してくれるでしょう。ぜひ現地でシングリッシュを話して楽しい旅をしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Hitomi Kato

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ