カヤトーストはシンガポールの人気グルメ!味や食べ方を徹底調査!

日本人旅行者にも大人気のシンガポール。庶民的なご当地グルメとしておすすめなのが「カヤトースト」です。甘味たっぷりのカヤジャムを塗ったトーストは朝食メニューとして人気です。今回は、シンガポールのご当地グルメ「カヤトースト」の食べ方や味の特徴をまとめます。

カヤトーストはシンガポールの人気グルメ!味や食べ方を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1カヤトーストはシンガポールのご当地グルメ!
  2. 2シンガポールに見られる独特の食文化
  3. 3カヤトーストの材料カヤジャムとは?
  4. 4カヤトーストってどんな味?
  5. 5カヤトーストはどこで食べられる?
  6. 6カヤトーストのおすすめの食べ方は?
  7. 7カヤトーストの値段はどれぐらい?
  8. 8シンガポールのカヤトースト人気店1:ヤ・クン・カヤトースト
  9. 9シンガポールのカヤトースト人気店2:トーストボックス
  10. 10シンガポールのカヤトースト人気店3:キリニー コピティアム
  11. 11シンガポールのカヤトースト人気店4:ワイワイ・カフェ・ディアン
  12. 12カヤトーストはシンガポール空港でも食べられる!
  13. 13シンガポール空港で買いたいカヤクッキー
  14. 14カヤジャムを買えば自宅でもカヤトーストが作れちゃう!
  15. 15シンガポールで人気のカヤトーストを食べてみよう!

カヤトーストはシンガポールのご当地グルメ!

シンガポールの街角で、気軽に食べることができるカヤトーストは、東南アジア特有の食材を使って風味付けされた「カヤジャム」と呼ばれるペーストを挟んで作られる庶民的なご当地グルメ。

シンガポール人にとっては、朝食として食べる食べ方が一般的です。ご当地グルメとして人気のカヤトースト、今回は、シンガポールのおすすめ店やどんな味がするのかも含めて、気になるカヤトーストの魅力に迫ります。

シンガポールに見られる独特の食文化

人口の約3分の1が外国人で成り立つシンガポール。歴史的にも、常に移民や外からの文化を許容してきた長い歴史のある国です。マレー半島の一部として常にマレーシアの支配下にあったシンガポールでは、マレー民族の食文化の影響を深く受けています。

シンガポールの人口の大多数を占める民族は、中華系の人々で、その多くは、中国南部の潮州に祖先を持つ人々ですが、シンガポールで食べられる料理の味付けや調理法は、南国風にアレンジされたものが多く、本土中国のそれとはかなり異なっているのが特徴です。

シンガポールでは、東南アジア特有の食材を使って調味したり、独自に開発された中華風の料理も多く、他の地域には見られない珍しい料理が多いという特徴もあります。

また、中国南部の香港や台湾などと祖先を同じくする中華系移民が多いことから、小吃(シャオチー)と呼ばれる「軽食文化」が根付いており、朝食やおやつの時間などに軽食をいただくという食べ方が一般的です。

シンガポールでは、その生活水準の高さから、夫婦共働きの方が多く、子供のいないカップルなどは、三食すべて外食という食べ方をするケースも珍しくありません。

そのため、朝食から晩ご飯まで、値段も安く味わえる大衆食文化が広がっており、旅行者も気軽に楽しめるものが多いのがシンガポール食文化の最大の魅力と言えるでしょう。

カヤトーストの材料カヤジャムとは?

シンガポールの食文化も分かったところで、ここからは、本題である「カヤトースト」についてご紹介していきます。カヤトーストは、カヤジャムと呼ばれるジャムやスプレッドのようなクリームを、トーストしたパンに挟んだメニューのことで、シンガポールでは朝食として食べる食べ方が一般的です。

カヤトーストの原料は、主に、ココナッツミルク、パンダンリーフ、卵黄(ダックまたは鶏の卵)、そして、砂糖などを使用します。

風味付けに使われているパンダンリーフは、東南アジア全域で広く料理に使用される香草のことで、少し青臭い香りがします。お菓子やパンなど、スイーツの風味付けとして使われる場合が多く、マレー系民族が好んで使う食材です。

カヤジャムに使われるココナッツミルクも、東南アジアで人気の食材で、どこでも安価で手に入ることから、料理やお菓子作りに広く使用されています。

カヤトーストに使われるカヤジャムは、これらの素材をゆっくり煮詰めて作られており、甘い味と香ばしい香りが特徴です。カヤジャムの色は、ジャムの煮詰め具合によって異なり、少し緑がかったものから濃い茶色までいくつかのバリエーションがあります。

カヤトーストってどんな味?

シンガポールで人気のカヤトーストは、使用されているカヤジャムの種類にもよりますが、基本的に日本のジャムの想像を越える甘い味がすことが多いようです。

シンガポールで、カヤトーストを専門に販売するお店では、軽く焼いた薄めのトーストに、カヤジャムとバターの切れ端をたっぷり挟んで提供するのが一般的です。

中には、バターなしでカヤジャムのみのカヤトーストもありますが、挟まれている分量がとにかくたっぷりなので、甘ったるい味がするのは間違いありません!

卵の黄身を使っているので、カヤジャムの口当たりはなめらかで、サクサクのトーストとの相性も抜群。また、お店によっては、中華蒸し器で蒸した柔らかいパンに、そのままカヤジャムをつけていただくメニューなどを提供しているお店もあります。

カヤトーストはどこで食べられる?

シンガポールでは、朝食としていただく食べ方が一般的なカヤトースト。カヤトーストを提供する専門店の他、フードコートや軽食を出す喫茶店でも食べることが可能です。

特におすすめなのは、コピティアム(kopitiam)と呼ばれるエアコンのないコーヒーショップ。シンガポールでは、路面店などが多く、どこも安価でカヤトーストを食べられるのでおすすめです。

カヤトーストはおやつや軽食としても食べられる人気メニューですので、シンガポールのナイトマーケットやホーカーなどでも販売されています。

独特の風味がありますが、一度食べたらやみつきという方も多いようです。シンガポール観光の休憩スポットとして、近くの喫茶店などで気軽にオーダーできますので、試食してみましょう。

カヤトーストのおすすめの食べ方は?

シンガポールでは朝食として食べられているカヤトースト。実は、地元の人おすすめの食べ方があります!カヤトーストを販売しているコピティアムなどでは、大抵コーヒーとSoft Boiled Eggs(温泉卵)のセットが販売されています。

シンガポール人は、コーヒーや温泉卵と一緒にこのカヤトーストを注文して、サクサクのトーストにトロトロの半熟卵をつけたり、コーヒーに浸しながら食べるという食べ方が定番なのです!

ほんのり醤油をたらした塩気の強い温泉卵と、激甘のカヤトーストという不思議な味の組み合わせは、想像しているよりも、意外とマッチするようで、この食べ方でなければ、カヤトーストを食べた気がしないという方も多いようです。

シンガポールのコーヒーは、かなり砂糖が多く、合わせるとさらに甘くなっていますので、日本人ならできれば砂糖抜きのKopi O Kosong(ブラックコーヒーの意味)をオーダーして、カヤトーストを浸して食べる食べ方がおすすめです。

カヤトーストの値段はどれぐらい?

シンガポールの朝食メニューとして大人気のカヤトースト、庶民的な価格設定も人気の秘密となっています。

カヤトーストの値段は、お店によっても多少異なりますが、安いコーヒーショップなら、1皿1ドル20セントぐらいが目安です。空港内の店舗などは、空港価格で多少値段が高いかもしれませんが、コーヒーや温泉卵2個と合わせてオーダーしても、路面店なら5ドルでおつりがきます。

シンガポールのカヤトーストは、あまり有名でない店舗やホーカーなら、さらに安い値段で食べることもできますので、食費を節約したい方におすすめす。

カヤトーストは、とにかく、庶民的な気取らない食べ物ですので、おしゃれなグルメを楽しみたいという方よりは、ローカルグルメやB級グルメが好きという方におすすめです。

シンガポールのカヤトースト人気店1:ヤ・クン・カヤトースト

激甘のカヤジャムが衝撃的な味わいと評判のカヤトースト。ここからは、シンガポールの人気店をいくつかご紹介してみます。まず、1店目にご紹介するのは、シンガポール・カヤトーストの老舗店「ヤ・クン・カヤトースト」。

シンガポールでカヤトーストをご当地グルメとして広めた店として知られるこちらのお店では、シンガポール国内に約50店舗を展開しています。

人気メニューのカヤトーストとコーヒーそして温泉卵は、全部合わせても4ドルと、かなりリーズナブルなお値段となっています。

カヤトーストの他にも、シンガポールラクサやナシレマなど、シンガポールを代表するご当地グルメが味わえます。営業時間は店舗によって異なりますが、8:00から20:30ぐらいまで営業している店舗が多いようです。

シンガポールのカヤトースト人気店2:トーストボックス

シンガポールのカヤトーストの人気店、続いてご紹介するのは、マレーシアにも出店している「トーストボックス」。看板メニューのカヤトーストは、薄いパンがサクサクしていて食感が楽しめるおすすめの一品です。

料金は、カヤトースト、コーヒー、温泉卵のセットが4.2ドルからとなっており、先ほどのヤ・クン・カヤトーストとほぼ同じぐらいの料金です。

カヤトースト以外のメニューとしては、ピーナツバタートーストのセットや、シンガポールラクサなどの軽食メニューが揃っています。

温泉卵は、一緒にサーブされる小さなボウルに割入れて、テーブルにある醤油を少したらして味付けします。シンガポール国内に44店舗を展開しており、営業時間は店舗によって異なりますが、7:30から22:00までのところが多いようです。

シンガポールのカヤトースト人気店3:キリニー コピティアム

32063926 2310794142480906 2015386143490572288 n
coleee917

続いてご紹介するシンガポールのおすすめカヤトースト店は「キリニー コピティアム」。甘い味が特徴のシンガポールコピを提供する同店も、シンガポール国内に10店以上を構える有名フランチャイズ店。

人気メニューのカヤトースト以外にも、シンガポール人が朝食に食べる「チー・チョン・ファン」(米粉を使ったご当地グルメ)など、現地ならではのメニューが揃っています。

22582263 1853817094949059 2499752501931147264 n
soulbeautiful.meiru

また、キリニーコピティアムでは、薄手のトースト以外にも、ふわふわのBun(ロールパン)を使ったカヤ・バンなどがおすすめです。

営業時間は店舗によって異なりますが、早い店舗だと早朝6:00から23:00まで長時間営業している場合もあるようです。空港などに早朝出発しなければならないときにも使える便利なお店です。

シンガポールのカヤトースト人気店4:ワイワイ・カフェ・ディアン

38215598 223177905040995 8201997202906677248 n
tiara_star

最後にご紹介するシンガポールのおすすめカヤトーストショップは「ワイワイ・カフェ・ディアン」。中国語表記では「喜園咖啡店」の名前で知られる人気店です。

シンガポールの人気観光スポット「ラッフルズ・ホテル」の裏手にある同店では、厚切り食バンを使ったボリューム満点のふんわりカヤトーストが人気です。

29715454 2130109780611912 3818569867125063680 n
yolo_shan

カヤジャムの甘味とふんわりサクサクの厚切りパンのコンビネーションは絶妙で、シンガポール人だけでなく、観光客にも人気があるお店です。

濃い目のミルクコーヒーとの相性も抜群だそうですので、朝目覚めが悪いという方は、こちらのお店で朝食を摂ってみるのはいかがでしょうか?

カヤトーストはシンガポール空港でも食べられる!

34705577 1790436511042435 3322078682863894528 n
snaily223

シンガポール人の朝食メニューとして、大人気のカヤトースト。旅行中は観光や他のグルメスポットを回るのが忙しくて、食べそびれてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方には、日本帰国間際でも利用できる「ヤ・クン・カヤトースト空港店」がおすすめです。シンガポール国内の他の店舗同様、空港店でもカヤトーストや定番シンガポールグルメを味わうことができます。

34788589 239589173514863 7998938033984372736 n
tsubasaa283_

ヤ・クン・カヤトースト空港店は、シンガポールチャンギ国際空港のターミナル2の制限エリア内に店舗を構えています。利用できる方は、乗り継ぎ便などで空港ターミナルを利用する方限定です。

空港店食べられるヤトースト、温泉卵、ドリンクがセットになったAセットは、お値段4.49ドル。シンガポールの他の店舗と比べても同等のリーズナブルな価格が魅力です。

シンガポール空港で買いたいカヤクッキー

28154321 356592451492590 7273895297552482304 n
icewan7.lotus

ヤ・クン・カヤトースト空港店では、シンガポールのお土産としてもおすすめの「カヤクッキー」を販売しています。

独特の甘味が特徴のカヤジャムをたっぷり練り込んだバタークッキーは、疲れた時に糖分補給したい方にも最適のスイーツです。シンガポール国内のみで販売されているので、お土産にも喜ばれるアイテムです。

20634065 1845156849147824 6723066304481198080 n
drinknodie

出発直前で、ゆっくり店舗でカヤトーストを食べている暇はないという方には、空港内のミニマーケットやコンビ二で販売されているカヤ・パンもおすすめです。

柔らかいパン生地に、アンパンの要領でたっぷりとカヤジャムが入っているカヤ・パンは、空港からLCC路線などを利用する方に、機内食がわりに食べていただくのにもおすすめのアイテムです。

Thumbシンガポールのお土産まとめ!有名なお菓子&女性に人気の雑貨やコスメも!
シンガポールは観光スポットがたくさんあるので人気があります。せっかくシンガポールに行くのなら...

カヤジャムを買えば自宅でもカヤトーストが作れちゃう!

34870085 185617325490887 5500985922214166528 n
omiyage_nobumayu

シンガポールで大人気のローカルグルメ「カヤトースト」。あの味を食べたいけど、シンガポールまで行けないという方には、ヤ・クン・カヤトースト空港店で販売されているカヤジャムを購入するのがおすすめ。

ネット通販でお取り扱いもあるこちらのアイテムは、自宅でカヤトーストを作って食べたいという方におすすめの一品です。トーストに塗って朝食として食べる食べ方の他、ロールパンやクッキーなどにトッピングしておやつにする食べ方もおすすめです。

38868633 331145347627041 8992468010836951040 n
kyonsuke0110

ヤ・クン・カヤトーストオリジナルのカヤジャム以外にも、シンガポールのラッフルズホテルがプロデュースするカヤジャムなど、ネットショップなら購入できるアイテムも豊富にあります。

安く買いたい方は、シンガポールのスーパーのパンコーナーをチェックしてみてください。この他、東南アジアのマレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンなどでも、カヤジャムは販売されています。

シンガポールで人気のカヤトーストを食べてみよう!

甘すぎるカヤジャムと独特の風味がくせになるシンガポールの朝食メニュー「カヤトースト」をご紹介しました。

シンガポールチャンギ国際空港の他、国内の人気店など、どこでも気軽に食べられる庶民的なグルメ「カヤトースト」。歯が浮きそうなほど甘いパンを、ぜひ、シンガポールでご賞味ください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ