シンガポールの治安は大丈夫?旅行客が注意するポイントを詳しく紹介!

ユニバーサルスタジオシンガポールやマーライオンが有名なシンガポール。観光スポットが多いので、旅行に人気の国ですが、気になるのは、治安です。シンガポールで、治安に関するポイントをまとめました!シンガポールへと旅立つ前に参考にしてください。

シンガポールの治安は大丈夫?旅行客が注意するポイントを詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1人気の観光スポットシンガポールの治安は安全?
  2. 2シンガポールとはどんな国?
  3. 3シンガポールの治安危険度は?
  4. 4シンガポールと日本との治安の比較
  5. 5シンガポールの治安1・車優先のシンガポール
  6. 6シンガポールの治安2・マナー違反には厳しすぎる
  7. 7シンガポールの治安3・平和な街並みの中に潜む危険
  8. 8シンガポールの治安4・女性一人のお出掛けは大丈夫?
  9. 9シンガポールの治安5・散策中は隙を作らないようにしよう!
  10. 10シンガポールの治安6・充実した公共交通機関での注意
  11. 11シンガポールの治安7・タクシーは安全?
  12. 12シンガポールの治安8・買い物は安心して楽しむことができる?
  13. 13シンガポールの治安9・食事する時も注意が必要?
  14. 14シンガポールの治安10・トイレは安全?
  15. 15シンガポールの治安11・楽しい夜の散策は明るい場所を選ぼう!
  16. 16シンガポールの治安12・テロはある?
  17. 17シンガポールの危険エリア1「ゲイラン地区」
  18. 18シンガポールの危険エリア2「リトルインディア」
  19. 19シンガポールの緊急時の連絡
  20. 20治安対策をしてシンガポールの旅を満喫しよう!

人気の観光スポットシンガポールの治安は安全?

シンガポールは、国全体が観光スポットではないかというくらい、観光スポットが多い国です。そして、比較的治安が良く、女性一人でも、また夜でも安心して旅行することができる国です。そんな安全なシンガポールでも、注意するポイントがあります。ぜひ参考にして、旅行を楽しみましょう!

シンガポールとはどんな国?

シンガポール、正式名称「シンガポール共和国」は、日本からおよそ5000キロ離れた場所にあります。飛行機でおよそ7時間をかけて行くことができる国で、時差1時間という日本からの旅行に最適な国です。マレーシア半島の一番南にあり、面積719.9平方キロメートルの小さな国です。東京23区と同じくらいの大きさです。

治安と共に注意したいこと

シンガポールは、とても綺麗な国として知られています。シンガポールを観光する際に、旅行者は、治安と共に気を付けたいことがあります。まず、チューイングガムを持ち込むのは禁止です。また未申告でタバコの持ち込みも禁止です。MRT内での禁止事項も多くありますし、横断歩道や歩道橋を利用せずに横断した場合も罰金です。

ごみのポイ捨てはもちろん、深夜10時半から朝7時までの屋外の飲酒が禁止と、治安を良くするために、厳しい法律が設けられ、その法律を守ることで治安が守られています。旅行者なので知らなかったでは通りませんので、シンガポール旅行の注意事項の詳細を確認し、旅行するのはおすすめです。

Thumbシンガポールの首都はどこ?人口や場所・歴史や言語についてリサーチ!
シンガポールは日本人にとって旅行先としてとてもメジャーですが、シンガポールがどのような国であ...

シンガポールの治安危険度は?

旅行にあたり、まず確認したいのは、外務省の海外安全ホームページです。海外安全ホームページを見ると、その時に危険な国などが分かります。「赤」は退避勧告、「黄土色」は渡航中止勧告、「濃い黄色」は不要不急の渡航は止める、「黄色」は十分注意する、「白」は、比較的安全です。シンガポールは、2018年現在は、「白」です。

シンガポールと日本との治安の比較

また、世界平和指数ランキングというものがあり、毎年更新されていますので、海外旅行に行く際の参考になります。国内紛争や治安悪化、軍事力強化など不安要素が大きいほど順位は下がります。2018年現在、日本は9位となり、シンガポールは8位となっています。住んでいる日本よりも治安は良いと、指数は示しています。

アジアでは、この2か国のみが10位以内にランクインしていて、安心して旅行に行くことができます。ちなみに1位はアイスランドです。しかし、これは国全体を見てのランキングです。住んでいる日本の治安のことを考えてもそうですが、全く安全という国はないので、治安対策をすると、女性一人でも家族とでも、より安全に旅行することができます。

シンガポールの治安1・車優先のシンガポール

シンガポールは、比較的治安が良いといいますが、犯罪発生の頻度はどのくらいなのでしょうか。在シンガポール日本大使館によると、一般犯罪に関しては、毎年良くなっているという報告があがっています。そして日本よりも犯罪件数は低い国となっています。しかし、性犯罪や薬物犯罪、スリや置き引きについては、注意が必要です。

交通においては、シンガポール在住者の運転は荒く、車優先なので、交通事故が多発しています。シンガポールは、車の税金が高いので、自家用車を持っている人たちは、上流階級と言っても良い人たちです。高い税金を払っているのだからという気持ちのためか、車優先という雰囲気ができあがっています。

歩行者優先ではなく車優先と考えて歩く

横断歩道が青だからと言って、安全に渡れるわけではありません。車がギリギリまで突っ込んできて、ヒヤヒヤさせられます。注意するポイントとしては「日本のように歩行者優先ではなく、車優先と考えて歩く」ことが大切です。青でも車が来ないかに注意をしながら渡りましょう。歩行者用信号も短いので注意が必要です。

子どもとは手をつないで道を渡る

歩行者用の信号の時間が短いことでも、車優先という事情が伺えます。子連れ旅行中の注意するポイントは、「子どもと手をつないで歩く」ことです。日本と同じような感覚で道を歩いたり、横断歩道を渡ったりすると、子どもが遅れてしまい、車と接触という可能性もあります。注意しましょう。

シンガポールの治安2・マナー違反には厳しすぎる

シンガポールの人達は、マナー違反に厳しいので、旅行者が注意しなければなりません。シンガポールの人は、街を汚さないことが小さいころから習慣のため、どこにいてもたばこやガムのポイ捨てなどのマナー違反はしません。それが、この安全な治安につながっています。注意するポイントは「旅行中は、マナーに沿って観光する」のは大切です。

シンガポールの治安3・平和な街並みの中に潜む危険

シンガポールを観光していると感じるのは、街並みの平和です。CMでよく見かけるマリーナベイサンズやナイトサファリ、植物園やセントーサ島など、シンガポールの国自体が観光エリアと思えるほど多くの観光スポットがあります。旅行客が多く、危険と感じることがとても少ない街並みです。

シンガポールは、英語、中国語、マレー語、タミル語と多民族国家なので、多くの民族を統制するために、罰金制度がしかれており、そのおかげで、綺麗な街並み、統制された街並みを見ることができます。その罰金制度はどんどん厳しくなっていて、ますます平和な街並みとなっています。

例えば、ガムの持ち込みの禁止については、持っているだけでも罰金です。2005年ごろはポイ捨ての罰金はありましたが、ガムの持ち込みはできました。小さな変化ですが、このように年々厳しくなっているので、シンガポールは治安が良くなっています。2015年の世界平和指数は24位、2016年は20位、2018年は8位と、アジアトップです。

安全な国と思いすぎない

罰金制度が厳しくなり、警官や見張りの人も多く街にいて、年々治安が良くなっているシンガポールですが、100%安全とは言えません。日本でも痴漢やスリなどがあるのと同じように、シンガポールでもスリなどの危険が潜んでいます。注意するポイントは「安全な国と思いすぎて、バッグや財布が盗まれやすい服装をしない」ということです。

シンガポールの治安4・女性一人のお出掛けは大丈夫?

39596544 527119797748871 8440077217332985856 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
0814ayu

シンガポールは、昼間は女性一人歩きでも問題ありません。しかし、女性の場合、肌を露出した服装なら性犯罪に巻き込まれやすいですし、女性一人なら力が弱いというイメージがあり、スリやひったくりにも合いやすいシチュエーションとなります。注意するポイントは「女性の一人歩きはできるが、服装に注意し、バッグもリュックにする」ことです。

シンガポールの治安5・散策中は隙を作らないようにしよう!

シンガポールは、治安が良く比較的安全で、1日中散策しても楽しい国です。散策で注意するポイントは「肌を露出しすぎたり、高級ブランドでまとめたりするのは控える」「スリやひったくりに合わないようにリュックにする」「煌びやかな装飾品は控える」ことです。隙があると犯罪に巻き込まれやすいので、疲れて隙ができないよう注意が必要です。

シンガポールの治安6・充実した公共交通機関での注意

シンガポールは、公共交通機関が発達していて、路線バスはシンガポール全土に行くことができますし、MRT(地下鉄)は四方八方に走っているため、足に困ることはありません。そして、シンガポールは、公共交通機関の料金が安いのが特徴です。シンガポール旅行では、公共交通機関を利用するのがおすすめです。

公共交通機関の中はリュックを前に

シンガポールは、MRT内も比較的安全と言えます。しかし、シンガポールのMRTは混み合うことが多く、人が多すぎる場所では注意が必要です。注意するポイントは、「バッグはリュックにし、前に抱える」ことです。シンガポールのMRTは混むことが多いので、スリ防止のため、リュックを前に持つのがおすすめです。

リュックの形は、色々あります。バッグ店に行くと、海外旅行に最適なリュックがあります。背中と密着する側にチャックが付いているリュックだったり、鍵付きリュックだったり、リュックのチャックが簡単には開かないように2段式などになっていたりするリュックがあります。シンガポールの治安は良いですが、バッグはリュックが安全です。

シンガポールでMRT利用の際、マナー違反には罰金があります。主に飲食や喫煙はしない、お土産にドリアンは買わない、可燃液体は持ち込まないことです。マナーの中にドリアンがありますが、ドリアンのように匂いがきついものについて言えます。MRTを利用するなら、臭いがきついものは持ち込めませんので、お土産を買う時には注意が必要です。

Thumbシンガポールの地下鉄MRT徹底ガイド!料金や乗り方まで詳しく紹介!
シンガポールの全域をカバーしている地下鉄MRTは、シンガポール旅行の移動手段として欠かせない...

シンガポールの治安7・タクシーは安全?

シンガポールは、タクシーの治安も比較的安全です。シンガポールは、車の税金が高いので、自家用車は持たずに公共交通機関やタクシーを利用している地元の人が多くいます。ですからタクシーは、地元の人の足といっても過言ではなく、女性一人でも安全に、安い料金で利用することができる乗り物です。

シンガポールのタクシーは、白やシルバーの高級タクシーに乗ると料金も高くはなります。ぼったくりなどは行われていませんので、色付きで普通のタクシーなら安い料金で安心です。女性一人で利用できますし、夜でも拉致などほとんど発生していません。しかし、必要もないのに観光に連れて行こうとするタクシーもいますので、注意が必要です。

何も知らない観光客と悟られない

注意するポイントとして「行き方が正しいかマップを見るなどして、道順を知っていることをアピールする」ことは、大切です。もし可能であれば、道順を指定するのが一番です。また、観光に連れて行こうとするタクシーに当たってしまった時は、「お金がないことを伝え、きっぱりと断る」ことです。

およその金額を把握しておく

ぼったくりはほとんどありませんが、運が悪くぼったくりのタクシーに当たってしまうかもしれません。基本的に料金は前後はしますが、空港から違位置まで1800円程度、市街地からセントーサ島まで1000円程度、シンガポールを横断しても4000円程度です。ポイントは、「およその料金を頭に入れておく」ことです。

レシートを貰おう

注意するポイントとして「レシートを必ず貰う」ことも大切です。あまりに法外な値段でビックリする時は、とりあえず払い、ナンバープレートを確認、記載しておきましょう。警察に行き事情を話すと、ぼったくりの場合、お金が返ってきます。シンガポールは、しっかりした制度があるので、ぼったくりは、ほとんど発生していません。

シンガポールの治安8・買い物は安心して楽しむことができる?

シンガポールは、国全体が観光スポットのようなものです。買い物する場所も多くあります。シンガポールは、年々物価が上がっていますが、地元のローカルな市場などはかなり割安で買い物することができます。買い物をする時も注意が必要です。ポイントは「荷物が管理しやすいようにリュックにし、大量にお土産を持ち歩かない」ことです。

大荷物は発送してもらう

両手いっぱいになるほど買い物をすると、自分の荷物の管理がおろそかになりがちです。また、女性は買い物目的の旅行ということもありますが、デパートなどで大量に買い物し、ブランドの紙袋を持ち歩くと、裕福だとアピールしているようなものです。お土産を大量に持ち歩かず、日本へ送ってもらうのはおすすめです。

多くのお土産の荷物を持ち歩かない

40337974 925796887615151 1122594367411369661 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
msy.o__o._2

隙を狙うのがスリです。シンガポールは治安が良いと言いますが、犯罪が0ではありません。裕福な観光客ということが分かると、狙われる可能性は高くなります。バッグをリュックにすることはもちろん、外出を数回に分けて買い物をするか、買い物ツアーなどに参加し、バス移動すると、安心してお土産を大量に買うことができます。

知らない人からの試飲や試食は断る

また、食べものをお土産にしたい場合、試飲や試食してから買いたいと思う人が多くいます。しかし、シンガポールでは、睡眠薬が使われ盗難にあったり、性犯罪に巻き込まれたりする場合があります。そこで注意するポイントは「知らない人から試飲や試食をすすめられても、絶対に避ける」ことです。

シンガポールの治安9・食事する時も注意が必要?

シンガポールは治安が良くなっているので、バッグを椅子に置いて食事をするスタイルも増えていますが、日本人と分かると置き引きの餌食となる場合があります。ポイントは「日本の感覚で、席を取るために荷物を置いて、席を離れない」「椅子にバッグを置いて食事をしない」ことです。

もしリュックで行動するなら、リュックを背負ったまま食事をすることもでき、治安対策となります。マナーはあまりよくありませんが、犯罪に巻き込まれるよりは、リュックを背負ったまま食事をした方が安全です。リュックには、色々な種類があるので、シンガポールでの行動を考えながら持って行くのはおすすめです。

シンガポールの治安10・トイレは安全?

シンガポールには、数は少ないですが、公衆トイレがあります。しかしあったとして、もトイレの前にお金を徴収する人がいます。そういう事情があるため、無人のトイレよりは安全に利用できます。しかし、有料だからと言って、必ず綺麗な水洗トイレとは限りません。綺麗なトイレに行きたいならホテルやデパート、有料施設がおすすめです。

デパートなどを利用しよう!

シンガポールの和式トイレは、日本の和式とは違い、反対を向きます。そうしないと流れないことがあります。流れないと大変ですし、そのまま出ると罰金の対象となります。とても高い罰金ですので、トイレを安全に利用する際の注意するポイントとしては、「デパートやホテルのトイレを使用する」ことです。

シンガポールの治安11・楽しい夜の散策は明るい場所を選ぼう!

シンガポールは夜景が綺麗なことでも有名です。毎日のように夜は、シンセサイザーを使ったショーなどが行なわれます。シンガポールの街に宿泊し、セントーサ島へ出かけるなら、帰宅する時間が夜になることも普通です。町がとても綺麗なので、夜も出歩きたいシンガポールです。では、夜の治安は、安全なのでしょうか。

薄暗い路地は避けよう

シンガポールは、夜の治安は女性一人でも外出可能となっています。しかし、日本でも言えますが、人目がない路地などは危険です。特に女性は危険です。大通りは比較的安全ですが、路地などではスリ、性犯罪、カツアゲなど発生することがあります。注意するポイントは「夜は出歩けるが、薄暗い路地などの一人歩きはしない」ことです。

シンガポールの治安12・テロはある?

日本でもテロ対策が必要です。治安が良いシンガポールで、テロの危険はあるのでしょうか。2018年現在、テロの脅威情報はありませんが、シンガポール人がテロに関係している情報などが報告されています。政府はテロ対策に力を注いでいますが、注意するポイントは「テロの標的になりそうな施設には近寄らない」「たびレジに登録する」ことです。

シンガポールの危険エリア1「ゲイラン地区」

治安が良いと言われるシンガポールですが、注意するエリアがあります。まずは、「ゲイラン地区」です。大手の旅行会社から旅行する場合、なかなか近寄ることはないエリアですが、個人で旅する場合や散策を考えているなら、注意が必要なエリアを知っておくことが大切です。

「ゲイラン地区」は注意が必要です。悪名高いエリアと言われています。安いホテルが多いので、個人でシンガポールに旅行を計画し安いホテルを探す場合、ヒットするエリアです。美味しいB級グルメも多く、下町の雰囲気がとても良い場所です。しかし、ここは、シンガポール唯一の大人の街で、地元の人達も治安が悪いと言います。

怪しい試飲や試食は危険

しかし、政府で管理されているので、極悪エリアではありません。日本からシンガポールへ、安宿求めて、また下町の雰囲気を求めて、このゲイラン地区へと宿泊する人もいます。注意するポイントは「最大の治安対策をする」「夜は女性も男性も一人で出歩かない」「謎の薬を買ったりしない」「試飲や試食をすすめられても断る」ことです。

地元の人を勝手に撮影しない

また「荷物はリュックに入れる」「歩きスマホはしない」「勝手に写真を撮らない」ことも注意しましょう。治安に注意することで、ゲイラン地区へと足を踏み入れることはできますが、一番おすすめするのは、女性一人でも安全に宿泊できる観光エリアが近いホテルです。面白半分でゲイラン地区へ宿泊するのはおすすめできません。

シンガポールの危険エリア2「リトルインディア」

シンガポールの中で治安が悪いもう一つの場所は「リトルインディア」です。リトルインディアエリアは、昼と夜、平日と週末で治安の良さが変化するエリアです。夜や週末は、殺人事件や暴動がおこる可能性が高いため、地元の人も避けるエリアです。訪れる日や時間に注意が必要ですし、やはりこのエリアでもリュックで行動するのはおすすめです。

リトルインディアは、平日昼間は、観光スポットとして人気のエリアです。平日の昼間は、治安も良く、女性一人でも過ごしやすいエリアです。このエリアは、シンガポールに滞在しながらインドのような雰囲気を味わうことができます。お土産ショップや安い食事ができるホーカーズなどもあるので、楽しい観光スポットです。

夜と週末は危険エリアに変身

しかし、平日、陽が沈んでからは、治安がガラリと変わります。外国人労働者が増え、喧嘩がおこることもありますし、女性が男性に声をかけられたり、あとをつけられたりするトラブルも増えています。週末は、人が増えて混雑しますので、スリなどが発生します。リトルインディアは、平日の夜、週末は、安全ではないため、おすすめできません。

Thumbリトルインディア(シンガポール)のおすすめ観光スポット!治安情報あり!
リトルインディアはシンガポールにあるおすすめの観光スポットとして知られています。そんなシンガ...

シンガポールの緊急時の連絡

治安が比較的良いシンガポールですが、テロは突然起こりますし、突発的な犯罪に巻き込まれたり、災害などが発生したりする場合があります。そんな時に、緊急連絡先を知っておくと助かります。緊急時の連絡先は、「在シンガポール日本国大使館」の領事情報をクリックし、安全の手引きで確認できます。

治安対策をしてシンガポールの旅を満喫しよう!

比較的治安が良いシンガポールですが、安心さがあだになり、海外にいることを忘れて逆に犯罪に巻き込まれる場合もあります。特に女性一人旅、夜の路地、危険エリアは注意が必要です。またどんなに治安が良くても、テロの可能性はあります。注意するポイントをしっかりと把握し、治安対策はしっかりとしてシンガポールの旅を満喫しましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
しい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ