シンガポールのコンセント&プラグ形状まとめ!iPhoneの充電や電圧は?

iPhoneなどの充電に必要なのが、コンセントです。iPhoneなど電化製品が身近になった今、シンガポールに行くとコンセントは欠かせません。しかし日本のiPhoneの充電器などプラグが違うので注意が必要です。シンガポールのコンセント・プラグ事情を紹介します。

シンガポールのコンセント&プラグ形状まとめ!iPhoneの充電や電圧は?のイメージ

目次

  1. 1シンガポールのコンセント・プラグ事情紹介!
  2. 2シンガポールのコンセント・プラグ事情1「コンセントについて」
  3. 3シンガポールのコンセント・プラグ事情2「プラグについて」
  4. 4シンガポールのコンセント・プラグ事情3「日本は何タイプ?」
  5. 5シンガポールのコンセント・プラグ事情4「変換プラグは必要?」
  6. 6シンガポールのコンセント・プラグ事情5「変換器はどこで買う?」
  7. 7シンガポールのコンセント・プラグ事情6「電圧について」
  8. 8シンガポールのコンセント・プラグ事情7「シンガポールの電圧」
  9. 9シンガポールのコンセント・プラグ事情8「日本の電圧」
  10. 10シンガポールのコンセント・プラグ事情9「変圧器が必要?」
  11. 11シンガポールのコンセント・プラグ事情10「対応電圧を見る!」
  12. 12シンガポールのコンセント・プラグ事情11「充電スポットは?」
  13. 13充電スポット1つ目「ホテル」
  14. 14充電スポット2つ目「世界的チェーン店」
  15. 15充電スポット3つ目「百貨店やショッピングモール」
  16. 16シンガポールのコンセント・プラグ事情を理解して観光を楽しもう!

シンガポールのコンセント・プラグ事情紹介!

シンガポールは世界的にみても、日本人観光客も多く訪れることのある有数の観光地となっています。そんなシンガポールに観光に行くのであれば、当然コンセントやプラグの形状について知っておくことが大切です。知らないとiPhoneなどが充電できません。そこで、シンガポールのコンセント・プラグ事情を紹介します。

シンガポールのコンセント・プラグ事情1「コンセントについて」

シンガポールのコンセント・プラグ事情の1つ目として、コンセントについて説明していきます。まずコンセントとは何なのでしょうか。そこから解説していきます。コンセントとは、建物の壁に一般的に設置されていますが、それ以外にも床や天井などにも設置されることのある、穴が開いている差込口のことを指しています。

この差込口には、様々な形状のものが存在しており、それぞれ世界的にみると大きな違いが存在しているものばかりです。代表的な形状としては、Aタイプ、Bタイプ、BFタイプ、Oタイプなど様々な形状のものが存在しております。そのような様々な形状のコンセントに、後述するプラグを差し込むことで、電流が流れます。

シンガポールのコンセント・プラグ事情2「プラグについて」

続いて、シンガポールのコンセント・プラグ事情の2つ目である、「プラグについて」説明させていただきます。プラグとは、コンセントに差し込むために電化製品についている突起物のことです。コンセントに差し込む部分になっていますので、コンセントの形状に当てはまるような形状となっているのが特徴になります。

プラグの形状もコンセントの形状と同じで、A型、B型、BF型、O型などがあり、それぞれのタイプによって使うことが出来るものが異なっています。この形状は、国が近いから同じというわけでもなく、隣接国であっても異なるタイプの形状を使っていることもありますし、中国のように国内でも様々なタイプがあるパターンもあります。

シンガポールのコンセント・プラグ事情3「日本は何タイプ?」

それでは、シンガポールのコンセント・プラグ事情を知る前に、まずは日本のコンセント・プラグが何タイプなのかについて説明させていただきます。日本のコンセント・プラグは「Aタイプ」と呼ばれるものになります。Aタイプのコンセントとは、2穴式に物が一般的で、縦に並列に2つの穴が並んでいるタイプのものになります。

このAタイプの形状のコンセント・プラグは世界的にみても多くみられており、カンボジア・タイ・台湾などがAタイプに対応しています。そのため日本からそれらのAタイプの国のところに旅行に行くときには、特別な変換プラグなどは必要ありません。ゆえに、荷物が少なく旅行に行くことが出来ます。

しかし、これと異なっている形状のコンセント・プラグの国に行くときには、その海外の土地のコンセントに日本のプラグを差し込むことが出来なくなってしまいますので、変換プラグが必要になります。つまり、もしシンガポールのコンセントの形が、Aタイプでないのであれば、変換プラグが必要になるということです。

シンガポールのコンセント・プラグ事情4「変換プラグは必要?」

それでは、シンガポールのコンセント・プラグ事情について考えていきます。シンガポールのコンセント・プラグの形状は、「BS(BF)タイプ」となっています。日本で一般的に使われているAタイプのコンセントとは異なっていますので、シンガポールでコンセントにiPhoneの充電器などを差し込みたければ変換プラグが必要です。

では「BS(BF)タイプ」とはどのような形状のものなのでしょうか。BS(BF)タイプとは、3穴式タイプのものになっており、三角形の頂点の位置に穴が3つ空いてあるイメージをすれば想像しやすいです。タイプによってはAタイプのものを差し込めるものも存在しているのですが、全く形状が違うので差し込むことが出来ません。

そのため、繰り返しになりますが、変換プラグが必要となってきてしまいます。日本のAタイプのものに差し込むような形で、BS(BF)タイプに変換してくれるものが販売されていますので、購入できるような場所で購入してから、シンガポールに旅行に行くことをおすすめします。ホテルなどではBFタイプへの変換器も用意されています。

シンガポールのコンセント・プラグ事情5「変換器はどこで買う?」

それではそのような変換プラグをどこで購入することが出来るのかどうかについて説明させていただきます。変換器を購入することが出来る場所は様々なのですが、最も一般的な場所は、「家電量販店」です。大型の家電量販店に行きますと、ほぼ確実に置いてありますので、探してみるとよいでしょう。

BFタイプのものを個別で購入するのも良いですが、おすすめなのは、マルチプラグと呼ばれる、様々な差込口のタイプに対応しているものです。マルチプラグでは、AタイプからBタイプ、BFタイプからOタイプまでさまざまな形状のものに対応してくれています。そのため、世界のあちこちを旅行するのであれば必須です。

他の場所では、インターネットのAmazonなどでも購入することが出来るようになっています。手軽に買えるのでこちらで買うのもおすすめです。また飛行場などでも販売しているので買い忘れた場合などのときにもおすすめです。最終手段として現地の空港で購入することもできますので、覚えておくとよいでしょう。

シンガポールのコンセント・プラグ事情6「電圧について」

シンガポールのコンセント・プラグ事情についてですが、「シンガポールの電圧について」紹介させていただきます。詳しくは後述しますが、電圧について知ることで、電化製品が壊れるのを防止するほか、火事などの大事故を防ぐことに繋がります。しっかりと電圧について認識しておきましょう。では紹介します。

シンガポールのコンセント・プラグ事情7「シンガポールの電圧」

シンガポールのコンセント・プラグ事情についてですが、「シンガポールの電圧について」紹介させていただきます。シンガポールのコンセントの電圧はいくらなのでしょうか。シンガポールのコンセントの電圧は230Vとなっています。この電圧が日本のものと異なっていると、電圧を変える変圧器が必要になる場合があるので注意です。

そもそも電圧とは、「電気を押し出す力」のことを指しています。コンセントにプラグを差し込んだときに流れる電流はほぼ全世界で共通の値ですが、世界の国々によってこの電圧は異なっています。そのため、電化製品を動かすための電力も、電圧が異なることで変わってきてしまいます。それは注意が必要になります。

というのも電圧が異なっていると、電化製品が壊れてしまう可能性がある危険なモノになり得るからです。電化製品が壊れるのはもちろんのこと、場合によっては発熱してしまい、火事に繋がる恐れもあります。そのため、変換プラグが異なるだけであれば使えないだけで済みますが、電圧が違うと大事故につながる可能性もあるのです。

ゆえに、日本とシンガポールとの電圧の違いをしっかりと認識しており、そのうえで、適切な対応をしないと危険性が高まるので注意してください。後述しますが、日本の電圧とシンガポールの電圧は大きく異なっていますので、変圧器が必要になるか、対応電圧を満たした電圧の電化製品しか使ってはいけません。

シンガポールのコンセント・プラグ事情8「日本の電圧」

それでは、シンガポールのコンセント・プラグ事情を学ぶ上で必要になる、「日本の電圧」について説明させていただきます。日本の電圧は100Vとなっています。日本の家電を使用するときには、この100Vを基準に家電を作成していますので、電化製品を使う時には、使用することが出来ますが、シンガポールではそうはいきません。

先述した通り、シンガポールの電圧は、230Vと2倍以上の違いがあります。この違いによって、電化製品に架かる電力の値が二倍近く変わってしまいますので、もし日本で使うことが出来る電化製品を、シンガポールでも使おうとしようとすると、過剰な電力がかかってしまうため、ショートや故障につながる可能性があります。

シンガポールのコンセント・プラグ事情9「変圧器が必要?」

それでは、シンガポールのコンセント・プラグ事情である「変圧器が必要」かどうかについて説明させていただきます。シンガポールのコンセントにプラグを指して日本の電化製品を使用する場合、過剰な電圧がかかってしまうということを説明させていただきました。しかしあらゆる電化製品に変圧器が必要なわけではありません。

というのも、あらゆる電化製品には、「対応電圧」という許容することが出来る電圧の範囲が示されていることが多いからです。日本で代表的なモノであれば、iPhoneの充電器などは、100Vから240Vの電圧に対応しています。この場合、100Vから240Vまでの電圧の国では、iPhoneの充電器を使用することが出来るという意味になります。

シンガポールのコンセント・プラグ事情10「対応電圧を見る!」

シンガポールのコンセント・プラグ事情として、電圧の問題を解決するために必要なことは、「対応電圧をチェックする」ことです。先述した通り、あらゆる電化製品には、「対応電圧」というものが設定されています。そのため対応電圧をチェックすることで、シンガポールで日本の電化製品を使うことが出来るか判断できます。

そこで100Vから240Vという風に、230Vをカバーしている場合は、シンガポールでも変圧器などを用意することなく使用することが可能になっています。反対に、230Vをカバーしていないものは、シンガポールで使うことが出来なくなっていますので、変圧器が必要になってきます。それらを覚えておくことをおすすめします。

一般的に、対応電圧が230Vをカバーしているかどうかはある程度電化製品の種類によって判断することが可能になっています。例えば、世界規模で商品展開しているものである、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン、そしてパソコンなどをはじめとした充電器などは、対応電圧が100Vから240Vとなっていることがほとんどです。

一方で、日本国内で使われることが想定して作られているものや、消費電力が大きいものについては、230Vに対応していないことが多いです。ドライヤーやヘアアイロンなどがそれらに当てはまります。それらをシンガポールに持っていくときには、変圧器などが必要になるので注意してください。

これらの対応電圧の分類ですが、あくまで一般的なモノになっています。そのため例外も存在しますし、海外対応の電化製品も増えてきました。そのためドライヤーなどではシンガポールで使えるものも増加してはいます。しかしながら、実際に使用するときには個別に対応電圧をチェックして確実に大丈夫なモノだけ使用してください。

シンガポールのコンセント・プラグ事情11「充電スポットは?」

最後に、シンガポールのコンセント・プラグ事情について、シンガポールに行ったときにどんな場所で充電することが出来るのかどうかについて説明させていただきます。シンガポールにはあちこちに充電できるようなスポットが存在しています。iPhoneなど携帯の電池が切れたとき万一の時に助けられます。覚えておきましょう。

充電スポット1つ目「ホテル」

充電スポット1つ目は「ホテル」です。シンガポールにあるホテルは、ゲストハウスをはじめとしてほぼ確実に建物の壁にコンセントがございます。そのためホテルに宿泊するのであれば、iPhoneなどあらゆる電化製品を充電することが可能です。ホテルによっては変換器を置いてあるところもありますので、レンタルも可能です。

充電スポット2つ目「世界的チェーン店」

充電スポットの2つ目は、「世界的なチェーン店」です。マクドナルドやスターバックスをはじめとして、日本でも知られているようなカフェやファストフード店が、シンガポールにも多く出店されています。

そのような場所には、コンセントが設置されていることがほとんどです。そしてそれらのコンセントは店員さんに尋ねなくても利用することが出来ることが多く、加えて旅行客向けに、無料WiFiも開放していることが多いです。そんな至れり尽くせりのスポットであるチェーン店に行くとiPhoneなどを充電できるでしょう。

充電スポット3つ目「百貨店やショッピングモール」

充電スポット3つ目は、「百貨店やショッピングモール」です。こちらはあるところとないところがあるのですが、シンガポール内で外国人観光客が訪れるようなスポットには、携帯充電器の無料レンタルサービスを行っているところもあります。そのため万が一の時は尋ねてみても良いでしょう。

シンガポールのコンセント・プラグ事情を理解して観光を楽しもう!

今回はシンガポールのコンセント・プラグ事情について紹介させていただきました。シンガポールのコンセント・プラグはBFタイプとなっており、日本の電化製品はAタイプのプラグですので、日本の電化製品を使用するのであれば変換プラグが必要です。また電圧も対応電圧を知る必要があります。参考にしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ