シンガポールでのSIMカードは空港で!買い方・料金・設定方法を紹介!

シンガポールは世界有数の観光スポットとして知られています。そんなシンガポールは多くの人が世界中から訪れます。シンガポールには海外旅行者向けにSIMカードを販売しています。シンガポールでのSIMカードの買い方や料金、設定方法について紹介します。

シンガポールでのSIMカードは空港で!買い方・料金・設定方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1シンガポールのSIMカードは空港で買おう!
  2. 2シンガポール観光でインターネットを使うには特別な設定がいる!
  3. 3シンガポール観光ではSIMカードとポケットWiFiどっちがいい?
  4. 4シンガポールでSIMカードを使うメリット
  5. 5シンガポールでSIMカードを使うデメリット
  6. 6シンガポールでポケットWiFiを使うメリット
  7. 7シンガポールでポケットWiFiを使うデメリット
  8. 8シンガポールでSIMカードを使う前の設定
  9. 9シンガポールでSIMカードの買い方
  10. 10シンガポールのSIMカードの買い方1「シンガポールドルに両替」
  11. 11シンガポールのSIMカードの買い方2「必要なモノ」
  12. 12シンガポールのSIMカードの買い方3「店員さんとのやり取り」
  13. 13シンガポールのSIMカードの設定方法
  14. 14シンガポール空港にあるSIMカード会社1「singtel」
  15. 15シンガポール空港にあるSIMカード会社「singtel」の料金
  16. 16シンガポール空港にあるSIMカード会社2「starhub」
  17. 17シンガポール空港にあるSIMカード会社「starhub」の料金
  18. 18シンガポール空港にあるSIMカード会社3「m1」
  19. 19シンガポール空港にあるSIMカード会社「m1」の料金
  20. 20シンガポールでSIMカードを活用しよう!

シンガポールのSIMカードは空港で買おう!

シンガポールといえば観光地として有名で、日本人観光客のほか世界中のあちこちから多くの観光客がシンガポールに訪れます。そんなシンガポールですので、SIMカードの販売も行っており、旅行者に重宝されています。そこで今回はシンガポールでのSIMカードの買い方・料金・特徴などについて紹介します。

シンガポール観光でインターネットを使うには特別な設定がいる!

シンガポールに観光へ行くとなったとき、海外でも日本国内と同じように携帯電話を使うことが出来るようにするための方法は大きく分けて3種類あります。厳密には、通常の特に設定がないままでも海外でスマートフォンを使用することが出来るのですが、この場合、膨大な通信料がかかってしまうため、今回は割愛させていただきます。

このように海外に行くためには特別な設定が必要になるなど、携帯電話を気軽に使用することが出来ないのが、日本人の海外旅行への大きな足かせとなってきていました。しかしながら、それは昔の話。現在では数多くのプランがありますので、気軽にインターネットを使用することが出来るようになっているのです。

Thumbシンガポールのチャンギ国際空港の快適な過ごし方!ラウンジやシャワーは?
この記事では、シンガポールの「チャンギ国際空港」のおすすめの過ごし方を紹介します。このシンガ...

シンガポール観光ではSIMカードとポケットWiFiどっちがいい?

その方法として挙げられる3つの方法が、「SIMカードを挿入する」「ポケットWiFiをレンタルする」「日本国内の携帯キャリアの海外プランを利用する」の3つになります。しかし3番目に紹介した「日本国内の携帯キャリアの海外プランを利用する」についてですが、他の方法と比べるとかなりの料金がかさんでしまうため割愛します。

このプランが最もお手軽に設定でき、日本語でのやり取りも可能で面倒な機器などもレンタルが不要なため、割高でもよいから何も考えずに海外でも携帯電話やスマートフォンを使用したいというような人にはおすすめのプランとなります。しかし今回は、残りの2つのプランについてその特徴について紹介させてください。

シンガポールでSIMカードを使うメリット

シンガポールに観光に行くときに、SIMカードのメリットとデメリットについて説明させていただきます。SIMカードのメリットとしては、携帯にカードを差し込むだけという手軽さ、シンガポールで携帯を使う方法としては最も安い料金で利用することが出来る、荷物が増えるわけではないので、通常通り携帯電話を使えるなどです。

SIMカードは、購入後にいくつかの設定が必要になってしまうのですが、それでも基本的には、「SIMカード」と呼ばれるものを、お使いのスマートフォンから取り出して、購入したシンガポール旅行専用のSIMカードを差し込むだけで、利用することが可能になっています。これは非常にお手軽で、余計な機材などは一切不要です。

さらにシンガポールで携帯を使う時には最も安い料金で使用することが出来るようになっています。他の方法よりも手軽なうえに、簡単に利用できるというのもあって、利用者が最も多い方法となっています。加えてSIMカードと呼ばれる親指サイズの小さいカードを差し込むだけなので荷物もほとんど増えません。

シンガポールでSIMカードを使うデメリット

しかし、当然SIMカードのデメリットもあります。SIMカードのデメリットととしては、差し込むにあたっての事前の準備が必要になっている、購入にあたってはシンガポール現地でやり取りをして購入するしか方法がない、小型のカードを抜き差しするのでなくす心配がある、などがあります。詳しくそれぞれを見ていきましょう。

まず、SIMカードを差し込むにあたっての事前の準備が必要になってくるという点ですが、これは基本的には簡単なのですが、海外に向かうにあたっていくつか手順を踏む必要があるということになります。それは「SIMロックの解除」と呼ばれる方法になります。スマートフォンに詳しい人でないとこの辺は難しいです。

この「SIMロックの解除」は、簡単にすることが出来るのですが、しかしながらこの方法は海外旅行に行く前に事前に準備が必要だというのもあって、少し手間になってしまいます。またその方法については、後述させていただきます。続いて、購入にあたってはシンガポールの現地でやり取りをする必要があるという点です。

SIMカードは例外もありますが、基本的には、シンガポールの空港についてから、現地で購入して、そこで設定を行う必要があります。日本語が通じることは滅多にないため、そのようなやり取りになれていない方にとっては不安に感じる恐れがあります。初めての海外旅行などで不安な方にはあまりおすすめできない方法になります。

続いて、SIMカードという小型のチップを抜き差しするので、紛失の危険性があるということです。これは気を付けるだけでいいのですが、SIMカードというiPhoneなどの携帯に挿入されているカードは親指サイズの小さいものです。そのためきちんと保管しておかないと、旅行中に紛失してしまう恐れもあります。

SIMカードの設定にはメリットも多いですが、それと同じようにデメリットもあります。また後述するポケットWiFiのメリット、デメリットについても同様です。どちらも一長一短ですので、自分の生活スタイルや好みに合った方法で選択することをおすすめします。続いてはポケットWiFiのメリット・デメリットを紹介します。

シンガポールでポケットWiFiを使うメリット

38910068 771276886536691 2190366353829920768 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
kensuke_sasaoka

ポケットWiFiをレンタルするパターンのメリット・デメリットについて説明させていただきます。まずポケットWiFiのメリットですが、WiFiを使用するので、比較的馴染みやすい点、機内モードにさえ設定しておくと間違えて通常の通信手段を取る必要がない点、日本でもレンタルできるため、日本語でやり取りが可能な点があります。

特に日本語でやり取りすることが出来るという点が、非常に便利となっており、日本国内にいながらレンタル手続きを行うことが出来ますし、当日に空港で受け取るだけで済むのでシンガポールの空港に到着して余計な手間を煩わすこともありません。またシンガポールでのトラブル時に日本語で相談できるサービスもあるところもあります。

また基本的には操作が非常に簡単になっており、機械のボタンを押すだけで、WIFi接続が可能となりインターネット通信ができるようになっています。これはSIMカードに比べると少し分かりやすいため、重宝されています。また国内キャリアの海外プランよりも圧倒的に安く利用することが出来るのもポイントとなっています。

Thumbシンガポール観光のWi-Fi事情!レンタルやフリースポットもチェック!
シンガポールには観光客が使うことができるレンタルのフリースポットやWi-Fiレンタルはあるの...

シンガポールでポケットWiFiを使うデメリット

一方でデメリットについて説明させていただきます。あまりデメリットはないのですが、強いて上げるとすれば、ポケットWiFiは電化製品なので充電が切れてしまうと通信が出来なくなってしまう、破損や故障などによって使えなくなる可能性がある、電化製品を持ち運ぶため、荷物が通常より増えてしまうなどがあります。

基本的には、問題なく使うことが出来るポケットWiFiですが、これはポケットWiFiがきちんと稼働している間のみになります。故障や電池切れなどで動かなくなってしまった場合は、どうしようもなくなってしまいます。そのため丁寧な取り扱いが必要になるため、少しストレスに感じてしまうかもしれません。

また、SIMカードに比べると料金も少し高いというのがデメリットになります。基本的には大した差はないのであまり気にする必要はありませんが、かなりお得にシンガポール旅行を楽しみたいというような人にはSIMカードをおすすめします。手軽さか、料金かを天秤にかけて都合のいい方を選ぶことをおすすめします。

シンガポールでSIMカードを使う前の設定

それでは、シンガポールでSIMカードを購入して使用する前までの設定について説明させていただきます。SIMカードを使用するためには、直接今の携帯のままで使用することが出来なくなっていることが多いです。そのためこの設定が面倒に感じてしまったり、複雑に覚えてしまうため抵抗がある人が多いというわけです。

しかし、基本的にはこちらで行うことは何もありません。そこで今回はそのやり方について説明させていただきます。SIMカードを使用するためには、キャリア携帯に設定されている「SIMロック」と呼ばれるものを解除する必要があります。

SIMロックとは、各種キャリア携帯に設定されているもので、自社キャリアの携帯のみを使えるようにしたものです。このSIMロックを解除しない限りは、別の形のSIMカードを差し込んだとしても、それが使えなくなっています。SIMロックにより、auの携帯はauのSIMカード、docomoはdocomoのSIMカードという風に限定されます。

そのため、シンガポールで購入したSIMカードを使用したい場合は、「SIMロックの解除」を行う必要があるのですが、基本的にはこれらのサービスは各種携帯キャリアを使用している場合は、無料で行ってくれるところが多くなっています。やり方は複雑ではありません。非常にシンプルですので、その方法を紹介します。

その方法というのが、各種自分が契約している携帯キャリアの会社に行き、「SIMロックの解除をしたい」と伝えるだけでOKです。この場合、作業代金としていくらか料金が請求される恐れもありますので、それが嫌な場合は、各種キャリアの公式ホームページから検索すると、インターネット上で自分で手続する方法が紹介されています。

インターネット上で手続きを済ませてしまう場合、料金がかからない場合がほとんどです。詳しくはお手持ちの携帯会社の公式ホームページを確認していただきたいのですが、これが、シンガポールに行く前に事前に済ませておいてほしい設定になります。文字にすると複雑に見えますが、実際は非常に簡単になっています。

シンガポールでSIMカードの買い方

それでは続いて、シンガポールでのSIMカードの買い方についてみていきましょう。シンガポールでのSIMカードの買い方は非常にシンプルです。先述したとおり、シンガポール現地で購入のやり取りの必要があるといいましたが、基本的には会話を交わす必要はありません。案内を指差しするだけでOKの場合がほとんどとなります。

シンガポールのSIMカードの買い方1「シンガポールドルに両替」

38989800 296303347639583 3746807882801217536 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
hanaikd0401

それでは、順番にシンガポールでのSIMカードの買い方について考えていきます。まず初めに行うことが、シンガポールの現地通貨「シンガポールドル」への両替です。空港では様々な国から多くの人が訪れるとは言っても、利用することが出来る通貨は基本的には、現地の「シンガポールドル」のみとなっています。

41439919 1727799337346302 3423774339219484922 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
masa.ike.manu

クレジットカード決済も可能なところも増えてきてはいるそうですが、それでも数は少ないので、基本的にはシンガポールドルに両替しておく方が安心でしょう。空港でのレートはあまりよくありませんので、最低限の通貨のみを両替して、残りはシンガポールの市内で両替することが一般的な方法となっています。

40969389 1961506154147951 5864086294783447403 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
sakiii_77

さて、両替を済ませたら、続いてSIMカードの買い方に移ります。シンガポールの空港のターミナルの到着フロアにある両替所と同じフロアに「SIMカード購入」や「ポケットWiFiのレンタル」などを取り扱うショップが並んでいます。具体的には後述しますが、3社のSIMカードを購入できるお店があるので使い分けて購入しましょう。

シンガポールのSIMカードの買い方2「必要なモノ」

40872189 448463115661349 377647679744802813 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
reiaiwade

SIMカードの買い方について続けてみていきましょう。SIMカードの買い方でここにて大切になってくるのが、必要なモノです。お金は用意しましたがそれ以外に必要なモノがあるのでしょうか。それ以外に必要になるものとして、「パスポート」があります。パスポートが無いと購入することすらできません。

41761938 545940052527623 2685263026542452591 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
yuzuaji

渡航しているのでパスポートを持っていないということはありませんが、キャリーケースの中に入れているなどすると、出し入れが面倒になったり時間がかかってしまいますので、SIMカードをレンタルしようと考えているのであれば、パスポートはポーチなどの簡単に取り出すことが出来る場所に保管しておくことをおすすめします。

41454592 458756641280127 6702973652645579649 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
king_tomoro_6666

現金とパスポートを用意して、事前にSIMロックの解除を済ませた携帯を用意すると、あとはSIMカードを購入するだけです。どのような買い方なのかについて不安を覚える人もいるでしょうが、実際は先述した通り非常に簡単です。カウンターの正面やカウンターにボードで各種プランの案内がありますので指で差すだけでOKです。

シンガポールのSIMカードの買い方3「店員さんとのやり取り」

この時、相手のスタッフの方が英語で何か質問してくる場合があります。このときの質問内容は「あなたのスマホはSIMフリーに対応している携帯電話ですか」というのが一般的となっています。「SIMフリー」という言葉が聞こえたときには、「YES」や「Sure」などと答えておくと、問題なくやり取りが完了します。

シンガポールのSIMカードの設定方法

さて、それではSIMカードの買い方を知って、無事シンガポールのSIMカードを購入することが出来たとしましょう。そのあとは、iPhoneなどのスマホの端末に、シンガポールの現地SIMカードを設定する手順になります。あまり慣れない操作になりますので緊張してしまいますが、これも非常に簡単ですので覚えておきましょう。

まず、端末のSIMカード差込スライドを安全ピンなどで押し込むと、スライドされてきてSIMカードが現れます。続いて、そのSIMカードを取り出して、先ほど購入したシンガポールのSIMカードをスライドに乗せて端末に差し込みます。その後電源を入れると、購入したSIMカードのキャリア名が画面左上に表示されます。

これが表示されるのはAndroidかiPhoneかで異なってきますが、普段DOCOMOや、auなどと記入されているところになります。

その後「設定」から「モバイルデータ通信」を開き「通信のオプション」の中にある「モバイルデータ通信ネットワーク」からAPNの項目に、シンガポールのSIMカード指定のパスワードを入力するとOKです。シンガポールのSIMカードで有名な「Singtel」の場合は「hicard」と入力するようになります。

またこの設定が難しいという方のために、お店の人にお願いするという方法もございます。お店の人は何度も設定をしてくださっているので一瞬でパパっと設定してくれます。大切なのが、スマホ端末を日本語設定から英語の表示設定に変更すること。日本語では伝わらないので、設定してもらえなくなってしまいます。

iPhoneであれば英語設定も簡単で、「設定」の「一般」欄にある「言語と地域」をクリックし、「iPhoneの使用言語」を「English」に変更するだけでOKです。日本語に戻す場合も同様の手順で直すことが出来るので、しっかりと覚えておきましょう。お店は24時間開いていますので、いつ行っても利用することが出来ます。

シンガポール空港にあるSIMカード会社1「singtel」

41620657 2217793841832455 5110448398944137493 n
louisetimes

シンガポール空港にあるSIMカード会社1つ目は、「singtel」です。シンガポール空港のSIMカードの買い方を検索した時に最もおすすめされている人気の高いSIMカードとなっています。人気の理由としては他のSIMカード会社に比べて料金が安い、丁寧な接客対応が期待できるなどが挙げられています。

シンガポール空港にあるSIMカード会社「singtel」の料金

41165817 240000746678833 4979045588402523979 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
james_thedarkchocolate_sobraj

シンガポール空港にあるSIMカード会社「singtel」の料金について説明させていただきます。singtelの料金は、プリペイド式となっており、購入したら自分に合ったプランを選択する必要があります。そのプランの中には、1日2GBで7ドルのプランや、7日間で14GB使えて30ドルといった目的に応じたプランと料金があります。

シンガポール空港にあるSIMカード会社2「starhub」

39011812 2067362856846591 3907834630164076130 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
rosleyjimaen

シンガポール空港にあるSIMカード会社2つ目は、「starhub」です。「starhub」は、音声通話とデータ通信が利用可能なSIMカードになっており、データの有効期間が長く、購入金額が初期残高としてチャージされるプリペイド式を採用しています。

そのためデータプランの延長や追加、さらにお得な通話プランを使用したい場合には残高から支払うことで、店頭にいなくても追加することが出来ます。またチャージなどの設定は専用アプリから簡単に行うことが出来るというのもGOOD。SIMカードの有効期間も180日間と長時間あるので、再訪した時に同じSIMカードを使えます。

シンガポール空港にあるSIMカード会社「starhub」の料金

39523505 548641272236790 3511181634730721280 n
amaruddin

シンガポール空港にあるSIMカード会社「starhub」の料金について説明させていただきます。「starhub」の利用料金は、先述したSingtelよりも少し割高で、15GBで2400円程度となっています。長期間利用することが出来たり、再度短い期間のうちに再訪する予定があるのであれば、こちらのSIMカードがおすすめです。

シンガポール空港にあるSIMカード会社3「m1」

シンガポール空港にあるSIMカード会社3つ目は、「m1」です。こちらのSIMカードも音声通話とデータ通信が可能となっているものです。初期残高はありませんが、その分最初からデータ容量が付与されており、その容量はなんと100GBというほかを圧倒する大容量。実際の使いたい放題プランとなっています。

シンガポール空港にあるSIMカード会社「m1」の料金

シンガポール空港にあるSIMカード会社「m1」の料金について説明させていただきます。こちらは100GBでおおよそ1200円と非常にコストパフォーマンスに優れたものとなっています。有効期間が5日間と短いため長期滞在する方には向きませんが、短期滞在するのであればこちらが最もおすすめのSIMカードとなります。

シンガポールでSIMカードを活用しよう!

今回は、シンガポールで購入することが出来るSIMカードの特徴やメリット・デメリット、買い方などについて紹介しました。シンガポールでのSIMカードの買い方は非常にシンプルです。シンガポールに行ったときは買い方をマスターして、お得にシンガポール観光を楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ