台北「君品酒店」は有名な高級ホテル!宿泊料金やおすすめポイントを紹介!

台北にある「君品酒店」(パレ・デ・シン)といえば、台北屈指の高級ホテルです。こちらではそんな高級ホテル君品酒店について、その歴史やコンセプト、客室の様子やこだわり、宿泊料金やホテル内の施設にに関してなど様々な情報をご紹介します。

台北「君品酒店」は有名な高級ホテル!宿泊料金やおすすめポイントを紹介!のイメージ

目次

  1. 1「君品酒店」を大調査
  2. 2台北「君品酒店」とは
  3. 3台北「君品酒店」の歴史とグループ
  4. 4台北「君品酒店」の豪華なサービスカウンター
  5. 5台北「君品酒店」のフロントロビー
  6. 6台北「君品酒店」客室のこだわり1:セキュリティー
  7. 7台北「君品酒店」客室のこだわり2:ベッド
  8. 8台北「君品酒店」客室のこだわり3:浴室
  9. 9台北「君品酒店」客室のこだわり4:トイレ
  10. 10台北「君品酒店」客室のこだわり5:コンセント
  11. 11台北「君品酒店」客室のこだわり5:アメニティー&備品
  12. 12台北「君品酒店」の朝食
  13. 13台北「君品酒店」の三ツ星レストラン
  14. 14台北「君品酒店」のプール&フィットネス
  15. 15台北「君品酒店」エグゼクティブフロアの特典
  16. 16台北「君品酒店」の宿泊料金
  17. 17台北「君品酒店」へのアクセス方法
  18. 18台北「君品酒店」に泊まってみよう

「君品酒店」を大調査

君品酒店(パレ・デ・シン)といえば、台北屈指高級ホテルとして大変有名です。一流のサービスと細かい気遣いを感じるこちらのホテルは、あまり海外旅行に慣れていない方や、ラグジュアリーな気分で宿泊したいという方に大変おすすめのホテルです。こちらではそんな高級ホテル君品酒店について様々な情報をご紹介します。

台北「君品酒店」とは

32328166 212750999516697 3695202596609327104 n
look_lin

台北にある高級ホテルである君品酒店は全客室286室もある、5つ星の高級ホテルです。君品酒店という名称の意味は「君主のホテル」という意味であり、別名である「パレ・デ・シン」はPalais de Chineと書き、つまり「中国の宮殿」という意味になります。そしてその名の通り、君品酒店はまるで宮殿のように豪華な雰囲気になっています。

40033392 472274689952397 3327002871458693120 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
brunoinsketches

中国の宮殿という別名を持つ君品酒店のコンセプトは、ヨーロッパの城のような雰囲気です。1階のサービスカウンターや5階のフロントロビーにはヨーロッパを感じさせる彫刻や家具などの備品、調度品などが、まるで博物館のように並べられています。抑え目のライティングもあいまって、まるで別世界に来たような感覚になります。

台北「君品酒店」の歴史とグループ

20214242 256313728196507 2116892210858295296 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
khbk090184

台北の君品酒店は2010年開業とまだまだ新しいホテルなのですが、君品酒店を経営するLDC雲朗觀光集團は1961年に創業した会社がもとになっています。LDC雲朗觀光集團は台湾はもとよりイタリアでもホテルを数か所経営しており、全てのホテルが5つ星ホテルと言うわけではありませんが、大変質の高いサービスを提供するホテルになっています。

40326510 314082546065445 2970919643303783329 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
anisechuang

ちなみに台湾国内でのグループホテルは日月潭にある雲品溫泉酒店、新莊にある翰品酒店、桃園にある翰品酒店、高雄の翰品酒店、花蓮の翰品酒店、苗栗の兆品酒店、台中の兆品酒店、嘉義の兆品酒店などがあります。ホテルによって多少ホテルのグレードやイメージは違いますが、おすすめのホテルです。

台北「君品酒店」の豪華なサービスカウンター

31906354 1989019227775007 1441841686866034688 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
micro0326

君品酒店では1階のサービスカウンターから大変ゴージャスな雰囲気が漂っています。高い天井と広々とした空間は、豪華なシャンデリアにベルベットのカーテンが高級感を演出しています。調度品はヨーロッパから取り寄せたものでどちらも大変すばらしい物ばかりです。この時点で貴族になった様な気分になります。

36608578 1773591842706424 6549900357047156736 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
cc_mm_27

また、調度品に馬や馬をモチーフにしたものが多いのは、昔の人々は馬に乗って旅をしたからだそうです。日本も昔は「馬宿」などという言葉もありますので、イメージが沸きやすいです。また、宿泊客は1階で荷物を預かってもらえますので、手ぶらで5階のフロントロビーに向かうことができます。

台北「君品酒店」のフロントロビー

41512200 243737046486622 5594829736577889096 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
miiiman_miiiman

1階からフロントのある5階まではエレベーターで上がります。5階のフロントというのは、少々わかりづらいのですが、エレベーターの操作盤には日本語表示もありますので安心です。5階のフロントロビーもまた、高級感あふれるヨーロッパ風の大きなソファがあり、その豪華さにうっとりとしてしまいます。

16906749 1320583358062221 6311637583172468736 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
palaisdechinehotel

フロントの背面の壁も石の壁のようになっており、洞窟の中の様な、もしくは古城の秘密の空間のような感じです。君品酒店は5つ星ホテルですので、ホテルのスタッフは英語はもちろん、日本語での対応も可能です。サービスも大変良いので、中国語がわからなくても、かわりに地元のレストランやマッサージ店の予約手配などもしてくれます。

台北「君品酒店」客室のこだわり1:セキュリティー

12501942 562969913879026 678262958 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
gritwui_healthyko

台北屈指の高級ホテル君品酒店はサービスだけでなく、セキュリティーもしっかりとしています。君品酒店の客室の鍵はカード型になっており、宿泊できる客室にエレベーターで上がるためにはこのカードキーをエレベーターの操作パネルにかざさないと階数のボタンが押せない様になっています。

27576481 216595202235536 6435464758786260992 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
juicy_juicy_periarona

エレベーターから客室まではふかふかのじゅうたんが引かれており、こちらをハイヒールなどで歩いても、足音などの騒音がしない様になっています。部屋の前では先ほど1階で預けた荷物を持ったスタッフが待機しています。お部屋のドアの鍵はもちろん2重ロックになっています。台北は治安が良いところですが、セキュリティーの高さはおすすめポイントの一つです。

台北「君品酒店」客室のこだわり2:ベッド

21042125 303972340077288 8425270661177409536 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
rattowanderlust

部屋のグレードにもよりますが、全部屋30平米以上のゆったりとした客室内に置かれているベッドは、スタンダードな客室のものでも横幅がゆったりとしています。ベッドはダブルクッションになっており、ふかふかの寝心地です。1人に対して枕が2つと、君品酒店のロゴマーク入りのクッションが置かれています。

お布団がもし寒かった場合に備えて、クローゼットには毛布も用意されています。もしお部屋が寒かった場合などはそちらの毛布を使っても大丈夫です。また、赤ちゃん用のベビーベッドは無料で貸し出ししてもらえますので、家族連れにも安心です。ベビーベッドは数に限りがありますので必要な場合は予約時に伝えると良いでしょう。

台北「君品酒店」客室のこだわり3:浴室

31975994 1792693680773914 117548938449387520 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
elainerzzz

浴室もお部屋により若干形状が異なりますが、いずれも石造りのようなタイル張りになっており、とてもおしゃれな浴室になっています。ホテルによっては浴室内にトイレが併設されているユニットバスの様なシステムも多いのですが、君品酒店ではトイレのスペースと浴槽のあるスペースは仕切りがあります。

16908194 425872051099605 3312395657620226048 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
yummyjennyyenny

ここで浴室での注意事項をお知らせします。台湾のホテルは浴室の床がタイル張りになっていることが多く、見た目はとてもおしゃれなのですが、よく滑ります。特に台湾の足つぼマッサージなどを受けた後にお風呂に入る場合、足に塗られたクリームが滑りやすい床で更に滑りやすくなりますので、十分に注意してください。

14156176 170907776676057 854584000 n
bloodyserena

また君品酒店では浴室とトイレのスペースは仕切りがあるのですが、スーペリアルームやデラックスルームは浴槽とベッドルームの仕切りがない、不思議なデザインのお部屋のタイプもあります。おふろの仕切りもガラス張りであることも多いので、家族やカップルなどにおすすめです。

台北「君品酒店」客室のこだわり4:トイレ

16906705 226676104405794 2211054081718353920 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
yummyjennyyenny

日本のトイレややトイレットペーパー、水圧などは大変優れているのですが、アジアの国々ではしばしば使用したトイレットペーパーを流してはいけないところがあります。台湾のトイレも、使用したトイレットペーパーを流してもよいところと流してはいけないところがあります。君品酒店の客室のトイレはトイレットペーパーを流して構いません。

13259671 1732341733721797 210246263 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
gabrieltorres1974

さらに嬉しいのが君品酒店のトイレにはTOTOのウォシュレットが付いているということです。海外のホテルでは5つ星と言えどもウォシュレットがついているというホテルはあまり多くないのですが、こちらの君品酒店のトイレはどの点をとっても日本の水準の高いトイレ文化に準ずるシステムになっています。

台北「君品酒店」客室のこだわり5:コンセント

スマホにPC、モバイルWi-Fi、デジタルカメラなどといったように、海外旅行に付き物の電化製品は充電などに大変苦労します。台湾のコンセントの形は日本と同じタイプなので、日本人にはあまり関係ありませんが、君品酒店のコンセントはその他のコンセントの形を使用する国の人に対応してマルチタイプのコンセントになっています。

14716584 380794335613836 5985548625084678144 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mxmdrtechnologies

また、海外旅行に行く際はコンセントの形だけでなく、電圧にも気を遣う必要があります。台湾の電圧は110ボルトで、日本の場合は電圧が100ボルトです。最近の携帯などは100V-240Vに対応しているものがほとんどなので変圧器は必要ありませんが、海外旅行の際には、コンセントの形や電圧には要注意です。

台北「君品酒店」客室のこだわり5:アメニティー&備品

28158935 202828377132488 154341161610248192 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
palaisdechinehotel

台北屈指の高級ホテルである君品酒店ではアメニティーや備品も充実しています。シャワースペースに置かれたシャンプーやコンディショナーなどは君品酒店のオリジナルブランドでオーガニックエッセンシャルオイルが使われています。また龍の形をかたどった石鹸もお土産にしたいほど素敵です。基本的なアメニティーとして歯ブラシ、歯磨き粉、ブラシ、麺棒もそろっています。

41374004 2053554094696943 2881667230375163471 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
yu.k.i.ko

備品は客室のデスクの引き出しなどにも様々なものがそろえられています。定規、ホチキス、消しゴム、クリップなどの文房具類もありますし、もちろん聖書も置かれています。引き戸を開けるとミニバーのようなものもあり、小袋に入ったお茶やミネラルウォーターは無料サービスです。

26331016 838230109681350 4251402983155171328 n
mina.hypeasia

さらに嬉しいのはバスローブです。日本のホテルには、どちらのホテルや旅館に行っても必ず浴衣やバスローブ、パジャマのようなものがそろえらていますが、台湾のホテルはこのパジャマが無いところがたくさんあります。5つ星ホテルとしては当然の備品でしょうが、旅行客としては荷物が減るので嬉しいです。

台北「君品酒店」の朝食

40191893 264672060838473 8705913119595465654 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
cosmic_kurosaka

君品酒店に宿泊したらぜひ朝食は6階の「雲軒西餐廳(La Rotisserie)」でいただきましょう。ビュッフェスタイルの朝食で並べらるメニューはバリエーションが豊かで、どれも逸品ばかりです。洋風の朝食から中華風の朝食もあり、フランス人シェフが作るパンとデザートは絶品です。もちろん日本食も用意されています。

41253207 1210572692431727 6341141944998821431 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
cosmic_kurosaka

こちらの朝食の時間は朝6時半から10時までなのですが、ランチやディーナなども営業しており、いずれもセミビュッフェスタイルで、高級食材がリーズナブルな料金でいただけるとしてとても人気があります。台湾の高級ホテルでラグジュアリーなビュッフェを楽しむのもおすすめです。

台北「君品酒店」の三ツ星レストラン

36654365 2162432733992313 7877364208667459584 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
ahiahikalikimaka

君品酒店の17階には2018年にミシュランガイドで3つ星を獲得したレストランである、「頤宮-ル・パレ」があります。こちらでは本格的な広東料理をいただくことができます。台湾のグルメと言えば夜市などでいただく屋台料理が人気ですが、こちらの様な本格的なレストランもとてもおすすめです。

台北「君品酒店」のプール&フィットネス

12237451 900385846697564 138546778 n
shilliemay

君品酒店には宿泊客専用のプールやフィットネスルームも完備されています。台湾は日本に比べて気温が高く湿度も高いので、プールなどで涼をとるのもおすすめです。また、日ごろから体を鍛えている方も、滞在中に食べ過ぎたカロリーを消費したい方にもフィットネスルームはおすすめです。

台北「君品酒店」エグゼクティブフロアの特典

27575733 377613319378638 4388473724785917952 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
juicy_juicy_periarona

君品酒店のエグゼクティブフロア14階、15階、16階には図書室があります。こちらにはヨーロッパの文学や文化などに関する本などが多く取り揃えらており、落ち着いた空間でゆっくりと読書を楽しむことができます。こちらの図書室は24時間営業していますので、お好きな時間に立ち寄れるのもおすすめポイントです。

16908201 410668535939855 5970300194103754752 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
howtingting

さらにエグゼクティブフロアに宿泊すると17階の専用ラウンジ「ル・サロン」を利用することができます。こちらでは朝7時から夜11時まで軽食やドリンクなどを自由にいただくことができます。こちらもとてもおしゃれな書斎のような雰囲気でとても素敵です。エグゼクティブフロアにお泊りの際はぜひおすすめしたい場所です。

台北「君品酒店」の宿泊料金

42114606 164699421121777 2665507050312991057 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
ayumi_bellvie0329.instaglam

台湾のホテルの宿泊料金は日本のホテルと比べてリーズナブルなのが特徴です。日本で5つ星ホテルに宿泊しようと思うと、大体料金は1人あたり1泊25000円から40000円以上する場合もあります。しかしながら君品酒店の料金は5つ星でありながら、シーズンにもよりますが、1人当たり15000円から20000円程度の料金で宿泊できます。

25018347 189833641572805 1504253531681456128 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
mizuki___hrm

1泊あたり15000円の宿泊料金が高いか安いかは個人の判断になりますが、日本人の金銭感覚からすると、決して手の届かない料金ではありませんし、法外な宿泊料金というわけでもないでしょう。5つ星ホテルのサービスがこの料金で体験できるというのも君品酒店のおすすめのポイントでもあります。

Thumb台北のおすすめホテル特集!高級や格安など人気スポットを厳選して紹介!
台湾の首都である「台北」には、格安ホテルから高級ホテルまで観光客におすすめのホテルが数多く点...

台北「君品酒店」へのアクセス方法

日本から台北の君品酒店に行く方法についてご説明しましょう。まずは日本から台北の桃園国際空港を目指します。日本から桃園国際空港へは飛行機で4時間前後で行くことができます。最近渡航先として人気のある台湾台北行きの飛行機は便数も多く、LCCも多く就航していますので、日本から桃園国際空港へのアクセスは簡単です。

桃園国際空港から台北市内に入るためにはMRT桃園機場線が便利です。数年前までは桃園国際空港から台北市内に入るためにはバスでの移動しかありませんでしたが、MRT桃園機場線が開通したので、台北市内までのアクセスがより便利になりました。桃園国際空港からMRT台北駅までは40分から50分前後で到着します。

41436710 241100359888878 8234678847677347923 n.jpg? nc ht=instagram.fsin1 1.fna.fbcdn
znosaj

台北駅から「君品酒店」ホテルへのアクセスは大変便利です。地下街を通り、Y5の出口から出て、すぐのところにあるQスクエアの承徳路側1階に入り口があります。台北駅からのアクセスが抜群ですので、台北のみならず台湾全土の観光の拠点としてもこれ以上ないほどの素晴らしい立地と言えるでしょう。

台北「君品酒店」に泊まってみよう

いかがでしたでしょうか、台北屈指の高級ホテルである君品酒店についてご紹介しました。台湾のホテルはいずれもリーズナブルで、観光客にとっては大変嬉しいのですが、ほんの少しだけ奮発して5つ星ホテルのラグジュアリーな雰囲気や気の利いたサービスを味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ