台湾・統元豆花の人気メニューを調査!美味しい豆花や店舗の様子もチェック!

豆花は台湾でメジャーなデザートとして日本人にも人気のある食べ物ですが、台中にはそんな豆花が人気の統元豆花という店舗があります。台北からも日帰り観光が可能な台中でおすすめの統元豆花についてメニューや店舗へのアクセス方法などをご紹介します。

台湾・統元豆花の人気メニューを調査!美味しい豆花や店舗の様子もチェック!のイメージ

目次

  1. 1統元豆花は台中の人気豆花店
  2. 2統元豆花で人気の豆花とは?
  3. 3統元豆花は創業40年以上の老舗
  4. 4統元豆花の種類豊富な豆花
  5. 5統元豆花はトッピング色々8種類
  6. 6統元豆花おすすめは4種類トッピング
  7. 7統元豆花の店舗は台中だけ?
  8. 8統元豆花の注文方法
  9. 9統元豆花はテイクアウトも可能
  10. 10統元豆花へのアクセス方法
  11. 11統元豆花の混雑具合は?
  12. 12統元豆花の店舗の雰囲気は?
  13. 13統元豆花のドリンクメニュー
  14. 14統元豆花はかき氷も人気
  15. 15台中で食べるスイーツは統元豆花に決まり!

統元豆花は台中の人気豆花店

豆花は台北でも食べることのできるデザートですが、台中には地元の人から絶大な人気を誇る統元豆花というお店があります。統元豆花の豆花は他のお店では食べることのできない変わった豆花のメニューがあり、それが地元の人に人気となり、今では観光客も訪れるようになりました。

統元豆花で人気の豆花とは?

豆花とはどんな食べ物なのでしょうか。白くてつるっとしていること、デザートとして親しまれているということから杏仁豆腐に近いものを想像する人も多いですが、実際はお豆腐にちかいような味です。絹ごし豆腐よりもゼリー寄りで、口に運んだ時に感じる甘みは豆花自体のものではなくかかっているシロップのものです。

日本語のメニューがあるようなお店では豆腐プリンなどと翻訳されているところも多い豆花ですが、お豆腐とは何が違うのでしょうか。豆花も豆腐も基本の原材料が豆乳というところは同じなのですが、液体である豆乳を固める際に豆腐はにがりを加えるのに対して、豆花は漢方用の石膏を加えるという違いがあります。

統元豆花は創業40年以上の老舗

統元豆花の歴史は長く、台中で最初の店舗が創業してからなんと40年以上が経っているそうです。それだけの長い間台中の人々に愛され続けている豆花と聞くと一度は食べてみたくなりませんか?丼にたっぷりと入ったつるつるの豆花。日本のデザートではなかなか見かけないビッグサイズなところも異国感があって気分が上がります。

Thumb台中のおすすめ観光スポットを完全網羅!旅行者に人気のモデルコースも紹介!
台中は台北からもアクセスがよく、人気上昇中の旅行スポットです。市内には宮原眼科や逢甲夜市など...

統元豆花の種類豊富な豆花

たいていのお店では豆花といえば一種類でトッピングで変化をつけて楽しむのが定番ですが、統元豆花には豆花自体のメニューが複数あります。統元豆花を訪れた際にはぜひ色々な豆花を食べてみて下さい。カップルや友達同士など数人いる場合にはトッピングメニューなども違ったものを注文してシェアするのがおすすめです。

基本のプレーン豆花

豆花初体験の人におすすめなメニューはやはり基本の豆花です。シロップのほのかな甘みを頼りに夏はキンキンに冷えた冷たい豆花、冬はトロトロの温かい豆花を流し込むと身体にじんわり染みる美味しさを感じることができます。シロップと言っても蜂蜜などのように濃厚な甘さではなくさらっとしているので甘いものが苦手な人にもおすすめ。

抹茶豆花

10731975 1497597870516769 1364323501 n
kimjin1016

日本の和菓子に欠かせない小豆は台湾の人も大好きな食材の一つで、小豆に合わせるものと言えば抹茶があります。統元豆花では抹茶の豆花を選ぶことができ、トッピングで小豆を合わせて食べている人が多くいます。小豆をトッピングするとぜんざいのような見た目になりますが、統元豆花の小豆は日本の餡子のような甘さはなくすっきりとしています。

36147740 444136539391388 2636110498034089984 n
pooh78819

抹茶豆花といっても主役である豆花の豆乳感はしっかりと残っていて、見た目もやさしいパステルグリーンをしています。小豆をトッピングしなくてもシロップの甘さで十分に美味しいですし、純粋に抹茶豆花の味を楽しみたいという場合はトッピングなしにすることもでき、テイクアウトの注文ではトッピングなしにしている人も多く見かけます。

人気の布丁豆花

11378302 1414849102177298 810131400 n
woo104

統元豆花で一度は食べて欲しい豆花が布丁豆花(プリン豆花)です。黄色くてつるっとした見た目が日本の玉子豆腐や茶碗蒸しのようでもありますが、口に運ぶとほんのりカスタード味がします。本物のカスタードほどこっくりはしていないのですが、シロップと一緒に食べるとプリンとゼリーを足して二で割ったような食感で美味しいです。

1391322 539085096192820 1495052392 n
ygxchang

布丁豆花は抹茶豆花に比べると豆乳感は薄れるのですが、つるんとした食感が際立っていて甘さのわりにすっきりと食べやすい豆花です。豆花自体がプリン味ということで満足感が高いのでトッピングなしで注文する人も多いこちらのメニュー。シンプルに食べるのがおすすめなのでトッピングするとしても種類は控えめにした方が美味しいです。

変わり種の竹炭豆花

13628198 301066423567761 1202685410 n
shengwei1983

統元豆花の豆花の中で一番味の想像がつきにくいメニューがこの竹炭入りの豆花です。竹炭入りの食べ物は日本でもたまに見かけることがありますが、どれも竹炭を前面に押し出した真っ黒な見た目のものが多い印象です。統元豆花の竹炭入り豆花はそういったどぎつい印象はなく、うっすらグレーがかった豆乳感がしっかりと残っている感じがします。

12317444 1655660578050110 1939917961 n
milkgreentea

気になる竹炭入り豆花のお味ですが、意外なことにプレーンの豆花と比べてさほど大きな違いはありません。竹炭の粉末が混ざっているぶんザラザラとした食感があるのかと思いきやそういったこともなく、いたってなめらか。竹炭入りの豆花は夏季限定のようですので、販売期間に台中を訪れた際には記念に注文してみてはいかがでしょうか。

統元豆花はトッピング色々8種類

25013501 166876664064612 5032366906745552896 n
hugo800329

豆花の魅力と言えばつるつるの豆花そのものの美味しさはもちろんですが、トッピングで自分好みの豆花に仕上げることができることも魅力の一つではないでしょうか。豆花を提供しているお店では小豆や白玉、ピーナッツなどどのお店でも同じようなトッピングメニューが並び、統元豆花の豆花も同じようにトッピングをたのしむことができます。

花生

ピーナッツ味の氷を削ったかき氷が人気だったりと、台湾では名産品であるピーナッツが色々な形で食べられます。豆花のトッピングも例外ではなく、注文すると粒感がしっかりのこった茹でピーナッツソースをたっぷりとかけてもらえます。豆花のつるつるとピーナッツの粒々が口の中で楽しく、間違いない組み合わせの一つとしておすすめです。

紅豆

台湾にはたくさんの種類のお豆がありますが、中でも日本人が挑戦しやすいのは紅豆ではないでしょうか。日本の粒あんに比べると甘さはかなり控えめではありますが、このトッピングは初めて食べてもどこか懐かしさのようなものを感じます。トッピングなしは寂しいけれど食べられるか心配という人にもおすすめのトッピングです。

綠豆

紅豆のトッピングが大丈夫という人は綠豆に挑戦してみてはいかがでしょうか。黄緑色の綺麗な色をしたこのお豆は、台湾伝統のお茶菓子として知られている緑色の落雁のようなものの原材料になるお豆です。粒は小さめですが小豆のようなホクホクとした食感ではなく、コリコリという表現の方が近いです。

彎豆

彎豆は日本の金時豆のような豆で、豆パンなどに入っている粒の大きなお豆と聞くとピンとくる方も多いのではないでしょうか。お豆のホクホク感を存分に味わいたいという人には紅豆よりも彎豆の方が粒が大きくおすすめですが、お豆好きの人には紅豆と金時豆の両方をトッピングしたり綠豆も合わせた豆づくしの豆花もおすすめです。

薏仁

薏仁とはハトムギのことです。日本ではハトムギ茶などが健康に良いとされ好んで飲んでいる人も多いですが、ハトムギをそのまま食べるということは少ないのではないでしょうか。白米とはまた少し違った食感で、クセはないのにクセになる薏仁。ぜひ一度試して欲しいおすすめトッピングです。

粉圓

一見何かわからない粉圓という文字はタピオカのことです。日本でもタピオカドリンクを提供するドリンクスタンドが増え、タピオカの存在は広く知れ渡っています。台湾でタピオカを食べてまず驚くのがそのもちもち感と大きさ。さらに量もたくさんかけてくれるので口に運んだ時の弾力と相まって満腹間違いなしのトッピングメニューです。

湯圓

和スイーツでもお馴染みの白玉は台湾でも人気のトッピングメニューです。台湾の白玉はたいていどこのお店でも写真のような紅白の二色になっていることが多いです。さらに日本の白玉よりも少し小ぶりで、それがこれでもかと言うほどたくさんかかっているのが特徴。白玉好きには嬉しいサプライズです。

芋圓

芋圓は芋という漢字からも想像がつくように、タロイモやカボチャなどのお団子をこのように表記しています。お店によって紫色だけのものを作っていたり黄色と紫の二色になっていたりと様々で、食感は白玉と同じようなもちもちですが気持ちふわふわ感もあります。大きさは白玉よりも大きく、芋圓の方が日本の白玉に近いサイズ感です。

統元豆花おすすめは4種類トッピング

統元豆花の豆花は全部で8種類あるトッピングのうち、好きな4種類を選んでかけてもらえるという夢のようなメニューが存在します。トッピングの種類が多くていざ選ぼうとするとなかなか決まらないという人や、数人でシェアする際にそれぞれが好きなトッピングを選びたいという時にもおすすめしたいメニュー。

4種類トッピングするとかなりのボリューム感になりますし、タピオカや湯圓などのもちもち系のものをトッピングしていると本格的に食事をしたかのような満腹感になりますので、食事前に立ち寄る際には注文の仕方に注意した方が良さそうです。トッピングの下には大量の豆花も隠れていますので、お腹の好き具合と相談して注文しましょう。

統元豆花の店舗は台中だけ?

最初の店舗が台中で誕生した統元豆花ですが、お店の人気具合に比例して店舗数はどんどん増えています。豆花は多少の違いはあるものの台湾だけではなく中国や香港、マレーシアやシンガポールなどでも親しまれている食べ物ですが、統元豆花は台中だけでなく台北や高雄など、その他の都市でも食べることはできるのでしょうか。

2018年現在、統元豆花は台中市内のみにしか店舗を持っていないようです。日本人旅行者の多い台北からは台中までは新幹線の特急に乗れば1時間もかからずにアクセスできる距離なので、統元豆花を食べに台中を訪れてみてはいかがでしょうか。統元豆花を食べに台中まで日帰りショートトリップというのも素敵な旅の楽しみ方です。

Thumb台湾の『宮原眼科』特集!大人気のアイスクリームやお土産もチェック!
台湾の「宮原眼科」は「眼科」ではありません。宮原眼科は台湾ではだれもが知るコンフェクショナリ...

統元豆花の注文方法

39245171 1951372681826460 8300570065309270016 n
chia.01_04

統元豆花の注文方法は店舗によって違いがあり、本店は先にお店の入り口で注文と清算を終わらせてから席に着くことができます。その他の新しい店舗では自分で注文用紙に注文したいものをチェックしてお会計をするというスタイルが主流で、言葉に自信のない人やメニュー表を見ながらゆっくり決めたいという人におすすめの店舗です。

統元豆花はテイクアウトも可能

統元豆花のテイクアウトは専用の容器が用意されていて、タピオカドリンクのように蓋を密閉してもらえるので持ち帰る途中で豆花やシロップがこぼれてしまうという心配がありません。肉まんや花巻などの小麦粉系のものは時間が経つとどうしても固くなってしまいますが、豆花はそういったこともないので前日の夜に朝ごはんとして買っておく人も。

22710886 940247116123342 8027125741139263488 n
7749kkk

豆花のテイクアウトはトッピングなどもすべて同じ容器に入った状態で密閉してくれます。容器ごとホテルの冷蔵庫に保存しておけるのは嬉しいポイントです。台湾の人は冷蔵庫に保存していたものでも気分によっては中身をお鍋で温めて温かい豆花として食べたりもしているそうで、豆花は温かくても冷たくても美味しい万能なデザートです。

統元豆花へのアクセス方法

気になる店舗へのアクセス方法ですが、統元豆花は台中市内にいくつも店舗があるため、他の観光場所からアクセスしやすい店舗を選んでアクセスするということができそうです。店舗の規模が大きくアクセスのしやすい精誠店は台湾鉄道の台中駅からタクシーで15分ほど。廣三SOGO百貨の近くにあるため、お買い物の帰りに徒歩でアクセスも可能。

21224888 509627529375468 2809798799390670848 n
yukarillum668

また、本店である創始店は精誠店に比べるとアクセスが良いとは言えないのですが、せっかく台中を訪れたのであればあえて本店でレトロな雰囲気を味わうのもおすすめ。本店までのアクセスもタクシーがおすすめで、台中観光で人気の虹の村からタクシーで10分ほどの場所にあります。他の新しい店舗に比べてローカル感があり、雰囲気は抜群です。

統元豆花の混雑具合は?

10808700 363208797189706 659112654 n
shan3316

統元豆花の店舗は台中にしかなく観光客だけでなく台中の地元の人からも人気のお店なのでどの店舗もお店の前にはたくさんの人が集まっています。ただし地元の人はテイクアウトが多いため注文時に並ぶことはあってもイートイン待ちの行列ができることはあまりなく、すんなりと席に着くことができます。

統元豆花の店舗の雰囲気は?

23164765 188715171687864 2468889214834442240 n
betterthanwhatever

創始店が昔ながらの雰囲気のまま営業を続けているのに対して、新しい店舗は落ち着いた照明と木目のテーブルでおしゃれなカフェのような雰囲気です。メニューも写真付きで言葉が通じなくてもわかりやすいようになっていますし、日本語の説明もついています。写真映えを求める場合は精誠店などの店舗にアクセスするのがおすすめです。

統元豆花のドリンクメニュー

統元豆花には豆花などのフードメニューだけではなくドリンクメニューも充実しています。台湾ドリンクの定番であるタピオカ入りのドリンクもあるのですが、タピオカミルクティーや黒糖タピオカミルクなどの定番商品ではなく冬瓜茶やハトムギ茶など健康に良さそうなラインナップが特徴で、豆花と同じようにトッピングをすることもできます。

Thumb可不可熟成紅茶は台湾で人気のドリンクスタンド!話題のメニューを紹介!
台湾といえば、豊富なB級グルメや美味しいドリンクなどが人気です。「可不可熟成紅茶」はそんな台...

統元豆花はかき氷も人気

20582901 108368959846038 3851019521867382784 n
d2201.love

一年のうちのほとんどの時期が暑い台湾ではいつでもかき氷が人気です。マンゴーの時期にしか営業しないかき氷店などもありますが、統元豆花では一年中かき氷を食べることができ、台中の夏の暑さを和らげてくれる人気メニューとなっています。豆花と同じように好きなものをトッピングできるので、気分によって豆花かかき氷を選べるところも人気。

台中で食べるスイーツは統元豆花に決まり!

台中は台北や高雄のようにMRTがないため基本的にはどこへアクセスするにもタクシーを利用するのが一番簡単です。台中のタクシーも台北と同じように安く利用できるため、希望の店舗がある場合は事前にメモをしておくことをおすすめします。台中で人気の統元豆花で、お気に入りスイーツを見つけてみませんか?

関連するキーワード

Original
この記事のライター
とまと飴

人気の記事

人気のあるまとめランキング