松阪城跡の駐車場やアクセスは?公園の魅力やスタンプの場所・時間を調査!

この記事では、松阪城跡の公園の楽しみ方や駐車場などの基本情報をまとめています。松阪城は日本100名城の1つに数えられていて、スタンプラリー目的で訪れる方もいます。本記事では日本100名城スタンプの設置場所も解説していて、松阪城跡に行く方は読んで損はしません。

松阪城跡の駐車場やアクセスは?公園の魅力やスタンプの場所・時間を調査!のイメージ

目次

  1. 1三重観光なら「松阪城跡」がおすすめ!
  2. 2「松阪城跡」は日本100名城の一つ
  3. 3「松阪城跡」は桜と藤の名所
  4. 4「松阪城跡」で日本100名城スタンプを押す
  5. 5「松阪城跡」のスタンプの設置場所は?
  6. 6「松阪城跡」のスタンプの設置場所1:松阪市歴史民族資料館
  7. 7「松阪城跡」の基本情報を解説
  8. 8「松阪城跡」の営業時間は?
  9. 9「松阪城跡」の休城日は?
  10. 10「松阪城跡」の観覧料金は?
  11. 11「松阪城跡」のアクセス方法は?
  12. 12「松阪城跡」のアクセス方法1:クルマ
  13. 13「松阪城跡」のアクセス方法2:電車
  14. 14「松阪城跡」のアクセス方法3:バス
  15. 15「松阪城跡」に駐車場はある?
  16. 16スタンプラリーで「松阪城跡」へGO!

三重観光なら「松阪城跡」がおすすめ!

この記事では、三重県の「松阪城跡」の魅力をまとめています。松阪城跡は、現在は公園というカタチでも管理されていて、大勢の地元の方に親しまれています。また、日本が誇るお城の1つにもカウントされていて、城めぐりやスタンプラリーで県外から訪れる方も多いです。お城めぐりが好きな方は、最後まで読んでみることをおすすめします。

「松阪城跡」は日本100名城の一つ

30855143 1806264059680839 8347609788380610560 n
goku_goku_goku

「松阪城跡」は、三重県の松阪市にあるお城です。築城したのは、戦国時代から安土桃山時代の武将である「蒲生氏郷」で、蒲生氏郷は安土城の築城にたずさわっています。そのこともあり、松阪城は安土城によく似た造りのお城となっております。安土城跡は滋賀県の近江八幡市にあり、興味のある方は見比べてみるのも面白いかもしれません。

39651425 312744155957205 7238543378789433344 n
mitsumamegogo

そんな松阪城は、実は「日本100名城」の一つに数えられています。日本100名城とは、財団法人日本城郭協会が2006年に定めた日本の名城100選のことです。全国各地に広がる名城探訪の手がかりにという思いで、作られたそうです。松阪城はこの日本100名城の一つに選ばれており、そのこともあってか、一人から家族連れまで多くの人が訪れます。

「松阪城跡」は桜と藤の名所

30605083 2109521592666121 3080225135941124096 n
mypl_ise

日本100名城の一つに選ばれている「松阪城跡」ですが、魅力的なのはその城の見栄えだけではありません。松阪城跡は立派な城というだけでなく、桜と藤の名所としても人気があるんです。松阪城跡は毎年、シーズンになると桜や藤、銀杏が石垣を彩ってくれます。その様子を見るために、毎年おおくの人で盛り上がりを見せています。

39304270 1332901933520221 152982311267205120 n
ubutanokagutsuchi

松阪城跡は桜の名所としても知られているため、お城内の公園である「松阪公園」は、お花見スポットとして有名なんです。満開に咲き誇る桜と、桜に彩られた石垣を見るために、お花見シーズン中はいつにも増して多くの人で賑わいます。日中であろうと夜中であろうと人が訪れるほどで、お花見好きな方は訪れてみることをおすすめします。

「松阪城跡」で日本100名城スタンプを押す

39939296 295019491277146 8579693040619225088 n
ubutanokagutsuchi

先ほどもお話したとおり、「松阪城跡」は日本100名城の一つに選ばれています。ここだけの話、日本100名城に選ばれたお城には、1つ楽しみ方があるんです。それは「スタンプラリー」です。日本100名城は、全国各地の名城の探訪をより楽しめるようにと、各名城でスタンプが押せるようになっていて、スタンプを集めることができます。

14031578 157162554720705 2141076363 n
ken7802

日本100名城をめぐるだけでも楽しいですが、スタンプラリーができるともっと楽しいです。各地の名城をめぐるごとにスタンプが押せて、家に帰ったときにスタンプを眺めれば、記録として残すこともできます。このスタンプラリーがきっかけで、名城めぐりが趣味になったという方もいるのではないでしょうか。

「松阪城跡」のスタンプの設置場所は?

35364269 397621297418040 4504470960270737408 n
nisui_photo

こちらでは、三重県「松阪城跡」の日本100名城のスタンプが押せる場所を紹介しています。松阪城跡のスタンプの場所は、城跡の入り口に設置されているわけではありませんでした。城跡の周辺施設にスタンプが設置されていたんです。そのため、日本100名城のスタンプ帳を持っている方は、スタンプの設置場所をしっかり確認しておきましょう。

40003242 422294611630598 3238539193839779840 n
ubutanokagutsuchi

日本100名城のスタンプは、「松阪市歴史民俗資料館」という郷土史博物館で押すことができます。なので、日本100名城のスタンプ帳を持って松阪城跡に足を運ぼうと考えている方は、松阪市歴史民俗資料館にも訪れることを強くおすすめします。それでは、松阪市歴史民俗資料館の詳しい情報をご覧ください。

「松阪城跡」のスタンプの設置場所1:松阪市歴史民族資料館

14026568 1779719392283525 982129904 n
sofutosan

三重県「松阪城跡」のスタンプの設置場所、1ヶ所目は「松阪市歴史民俗資料館」です。松阪市歴史民俗資料館は、松阪市の殿町にある郷土史博物館です。松阪市の歴史に関する展示品が並べられています。この松阪市歴史民俗資料館に、日本100名城のスタンプが設置されているんです。次の項目では、松阪市歴史民俗資料館の基本情報を紹介します。

39110968 283269515610570 2828052002376777728 n
ubutanokagutsuchi

松阪市歴史民俗資料館は、桜の名所として親しまれている松阪城跡とちがって、営業時間が設定されています。なので、24時間いつでも自由に出入りできるわけではありませんので、注意しましょう。松阪市歴史民俗資料館の営業時間は、シーズンによって異なります。日中の時間が長いシーズンは、営業時間も少し長めに設定されていました。

39953295 310581996412896 6276166169829310464 n
ubutanokagutsuchi

4月から9月までの松阪市歴史民俗資料館の営業時間は、朝の9時00分から夕方の16時30分までです。17時00分以降に行っても閉まっていますので、先に松阪市歴史民俗資料館でスタンプを押してから、松阪城跡をゆっくり探訪するという観光方法がおすすめです。次の項目では、日中の時間が短い10月から3月までの営業時間を解説します。

10月から翌年の3月までの営業時間は、9時00分から16時00分までとのことでした。4月から9月までに比べて、30分ほど早く閉まるようです。松阪城跡と松阪市歴史民俗資料館の両方を観光する予定の方は、時計をたまにチェックするようにしましょう。ちなみに、松阪市歴史民俗資料館には営業時間だけでなく、定休日も設定されていました。

松阪市歴史民俗資料館の定休日についてお話します。松阪市歴史民俗資料館は、基本的に月曜日が定休日となっております。なので、日本100名城のスタンプ帳を持っている方は、月曜日には行かないようにしましょう。また、松阪市歴史民俗資料館月曜日だけでなく、祝日の次の日も定休日となっておりました。少し複雑です。

そして12月29日から1月3日までの年末年始もまた、松阪市歴史民俗資料館は定休日です。さすがに年末年始に訪れる方はいないと思いますが、念のため注意しましょう。最後に松阪市歴史民俗資料館の料金について。松阪市歴史民俗資料館の入館料は、一般の方だと100円となっております。6歳以上18歳未満の方は半額の50円です。

「松阪城跡」の基本情報を解説

39599270 784797141691060 2699288238597603328 n
ubutanokagutsuchi

ここからは、「松阪城跡・松阪公園」の基本情報を紹介していきます。基本情報と言いますと、松阪城跡の営業時間やアクセス方法、駐車場の有無などについてです。松阪城跡が日本100名城の一つで、桜と藤の名所という魅力的なスポットであったとしても、アクセス方法がわからなくては意味がありません。以下の項目で把握しておきましょう。

「松阪城跡」の営業時間は?

「松阪城跡・松阪公園」の基本情報として、まずは営業時間についてお話します。いったい松阪城跡は、何時から何時まで営業しているのでしょうか。どうやら松阪城跡には、営業時間という概念が存在しないようです。Webページに何時から何時まで営業しているなどの記載はなく、基本的にどの時間帯でも入れることがわかりました。

営業時間が設定されていないことは、素直に嬉しいです。営業時間が設定されていなければ、自身の都合に合った時間帯にクルマを走らせて訪れることができますし、混雑を回避して朝はやい時間帯に入ることも可能となります。人が多いのが苦手という方は、朝はやい時間帯に松阪城跡に行くこともおすすめです。

「松阪城跡」の休城日は?

続いては、「松阪城跡・松阪公園」の休城日についてお話します。お店でいう定休日のようなもので、毎週何曜日が決まってお休みなのかについてです。松阪城跡は公園としても親しまれています。通常、公園はと定休日などが設定されていないのが一般的ですが、松阪城跡はふつうの公園とは違います。お休みが設定されている可能性が全然あります。

情報を集めてみたところ、嬉しい報告があります。松阪城跡には、休城日が設定されていませんでした。つまり、決まったお休みがなく、基本的に毎日入ることができるというわけです。毎日入れるということが分かれば、松阪城跡に観光に行く予定が立てやすいです。あなたの都合の良い時間・日にちに訪れることができるんです。

「松阪城跡」の観覧料金は?

三重県にある「松阪城跡」の観覧料金についてもお話します。松阪城跡のスタンプの設置場所である「松阪市歴史民族資料館」には、入場料金がありました。松阪市歴史民族資料館は、資料館なので料金が設定されていてもまったく不思議ではありません。果たして、公園として親しまれている松阪城跡に、観覧料金はあるのでしょうか。

結論から言いますと、松阪城跡に観覧料金はありません。なので、お金を払う必要なく、松阪城跡を見て回ることができるというわけです。観覧料金がないのであれば、城めぐりにあまり関心がないという方でも、比較的訪れやすいです。観覧料金と同時に、松阪城跡の駐車場の料金も気になるところですが、そちらはもう少し後で解説しています。

「松阪城跡」のアクセス方法は?

こちらでは、「松阪城跡・松阪公園」へのアクセス方法を解説しています。いくら松阪城跡が魅力的な場所でいますぐ行きたいと思ったとしても、行き方がわからなければ意味がありません。この項目を読んで、松阪城跡へのアクセス方法をしっかり把握しましょう。先に言っておきますと、松阪城跡へのアクセス方法は全部で3通りあります。

松阪城跡へのアクセス方法は全部で3通り。「クルマ・電車・バス」です。電車でアクセスする場合は、ほかのアクセス方法に比べて少し歩く必要があります。この記事では、車でアクセスすることを1番おすすめしていますが、電車やバスでのアクセス方法が決して良くないわけではありません。ではまず、車でのアクセス方法から見ていきましょう。

「松阪城跡」のアクセス方法1:クルマ

38660625 2188440648099781 2345280434012684288 n
duke.098

1つ目の「松阪城跡・松阪公園」へのアクセス方法は、クルマに乗って行くことです。車に乗っていくことが一般的なアクセス方法のように感じます。松阪城跡への車でのアクセスは、特に難しいことはありません。インターチェンジから降りたあとの運転時間もそんなに掛かりませんので、比較的訪れやすいスポットと言えるでしょう。

39323079 690829334588856 83215996382347264 n
ubutanokagutsuchi

クルマに乗って松阪城跡へ行く場合、伊勢自動車道の「松阪インターチェンジ」を降りましょう。松阪インターチェンジを降りるのが、松阪城跡へのおすすめルートです。そして松阪インターチェンジを降りたあとは、15分だけ運転しましょう。それだけで松阪城跡へ到着できます。難しいルート選択などは一切不要ですので、簡単に訪れられます。

「松阪城跡」のアクセス方法2:電車

「松阪城跡・松阪公園」への2つ目のアクセス方法は、電車に乗って向かう方法です。電車と以下の項目で紹介するバスでのアクセス方法は、車の免許を取り立ての方、そもそも車の免許を持っていない方におすすめの方法です。自分で運転する必要がないぶん、車窓からの景色を楽しみながら松阪城跡へ行くことができます。

さて、具体的な電車での松阪城跡への行き方ですが、JR紀勢本線・近鉄大阪線の「松阪駅」まで行きましょう。松阪駅が松阪城跡の最寄り駅だからです。しかし最寄り駅とはいえ、松阪城跡は松阪駅から少しばかり離れた場所に位置しています。電車で松阪城跡へ行く場合、松阪駅から約15分ほど歩く必要がありますので、そこは注意しましょう。

「松阪城跡」のアクセス方法3:バス

ラストの「松阪城跡・松阪公園」へのアクセス方法は、バスに乗って向かう方法です。バスに乗って向かう方法も、クルマの運転免許を持っていない方におすすめのアクセス手段です。そんなバスでのアクセスですが、電車に比べて1つの魅力があります。バスで松阪城跡へ向かった場合は、停車場から降りてそこまで歩く必要がないんです。

松阪城跡のすぐ近くに停車場が設置されているため、歩くのが面倒、足腰を痛めているという方は、バスでアクセスすることをおすすめします。気になる行き方ですが、「小野・藤の木台方面」行きのバスに乗りましょう。小野・藤の木台方面行きのバスに乗ったら、「市役所前」で下車しましょう。市役所前に降りれば、松阪城跡の近くに着けます。

「松阪城跡」に駐車場はある?

37879849 2109982102608618 6666393008419635200 n
tadao.tsuda

「松阪城跡・松阪公園」へ車でアクセスしようと考えている方には、1つの疑問が浮かんでいることでしょう。松阪城跡の駐車場の有無についてです。駐車所が設置されていなければ車でのアクセスが困難になりますし、周辺の駐車場を探さなくてはなりません。果たして、松阪城跡には駐車場が設置されているのでしょうか。

38426521 2095483437169889 1661807951599370240 n
nippontabiru

調べてみたところ、松阪城跡にはバッチリ駐車場が設置されていました。しかも、ただの駐車場ではありません。駐車料金が無料の駐車場です。そのため、松阪城跡へ車でアクセスする方は、車を入庫する際にお金を一切はらう必要がないんです。電車やバスで行く場合はお金が発生する分、クルマで行ったほうが安上がりのように感じます。

スタンプラリーで「松阪城跡」へGO!

「松阪城跡」の魅力や駐車場などの基本情報、スタンプの設置場所など、お分かりいただけたでしょうか。日本100名城の一つに数えられている松阪城は、桜と藤の名所として地元住民から親しまれています。三重県に住んでいる方は、花見シーズンに松阪城跡に訪れてみることをおすすめします。きっと素敵な思い出を作れることでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ