フィリピンの気温や天気の特徴まとめ!旅行のベストシーズンや服装は?

7107もの島々からなる常夏の国フィリピンは西洋とアジアの文化が混ざり合う魅力的な国で毎年、世界各国から沢山の観光客が訪れます。そんな南国フィリピンへ旅行の際に気になるのは現地の気温や天気です。ここでは、フィリピンの気温や天気、おすすめの服装などを紹介します。

フィリピンの気温や天気の特徴まとめ!旅行のベストシーズンや服装は?のイメージ

目次

  1. 1フィリピンの気温や天気を把握して旅行に行こう!
  2. 2フィリピンの気温や天気1:フィリピン共和国について
  3. 3フィリピンの気温や天気2:フィリピンの地理について
  4. 4フィリピンの気温や天気3:フィリピンの気候について
  5. 5フィリピンの気温や天気4:フィリピンの季節について
  6. 6フィリピンの気温や天気5:ルソン島の気候と気温と天気
  7. 7フィリピンの気温や天気6:セブ島の気候と気温と天気
  8. 8フィリピンの気温や天気7:ミンダナオ島の気候と気温と天気
  9. 9フィリピンの気温や天気8:フィリピンの台風の季節
  10. 10フィリピンの気温や天気9:フィリピンでのおすすめの服装
  11. 11フィリピンの気温や天気10:フィリピン旅行のベストシーズン
  12. 12フィリピンのおすすめ観光スポット1:ルソン島
  13. 13フィリピンのおすすめ観光スポット2:セブ島
  14. 14フィリピンのおすすめ観光スポット3:ミンダナオ島
  15. 15フィリピンの気温や天気を把握して充実した旅にしよう!

フィリピンの気温や天気を把握して旅行に行こう!

ルソン島・ビサヤ諸島・ミンダナオ島など7107の島々からなるフィリピンには、透き通るような真っ青な海と何処までも続く真っ白な砂浜を求めて世界各国から大勢の観光客や留学生が訪れます。ここでは、フィリピン旅行や留学の時に困らないようにフィリピンの気候や気温、天気などを紹介していくので是非フィリピンに行ってみましょう!

Thumbフィリピン旅行で人気観光スポットは?おすすめの名所をランキングで紹介!
手付かずに素晴らしい自然に溢れ、感動の絶景に出会うことのできるフィリピン。そんなフィリピン旅...

フィリピンの気温や天気1:フィリピン共和国について

フィリピン共和国はルソン島・ビサヤ諸島・ミンダナオ島など7107の島々からなる東南アジアに属する多島海国家です。フィリピン共和国の首都はルソン島にあるマニラで、マニラの北東に隣接しているケソンはフィリピンで最大の都市だと言われています。また、マニラの南東に隣接しているマカティは「フィリピンのウォール街」と呼ばれています。

フィリピンの言語はフィリピン語 (Filipino)で、フィリピン語と英語を公用語として使用しています。しかし多島海国家であるフィリピンでは、約172もの異なる言語を母語として使用しており、1986年まで公用語として使用されていたスペイン語も現在も使用されています。元スペインの植民地であったフィリピンの通貨は、フィリピンペソです。

16世紀の旧宗主国のスペイン皇太子フェリペ(後のフェリペ2世国王)の名前が国名の由来となっているフィリピンは、発展途上国でありフィリピン国民の40%が貧困層だと言われています。建設労働者やメイド、家政婦などとして中東に出稼ぎに出るフィリピン人は多く、フィリピン経済その物が出稼ぎ労働者に依存している状態となっています。

フィリピンではセブ島やミンダナオ島などリゾート地による観光業もフィリピン経済を支えています。リゾート地のカジノも観光客に人気です。美しいエメラルドグリーンの海に真っ白な砂浜、そして山やジャングルなど大自然が広がるフィリピンは観光客に人気です。また、フィリピンには日本や韓国などから英語留学先として沢山の人が訪れます。

Thumbフィリピンの首都・マニラ観光を楽しむコツ!人気の名所や治安を紹介!
熱気に包まれた南国、フィリピンの首都「マニラ」。フィリピンでは、海が綺麗なセブ島などの観光が...

フィリピンの気温や天気2:フィリピンの地理について

ルソン島・ビサヤ諸島・ミンダナオ島など7107の島々からなる共和制国家のフィリピンは、左側に広がるフィリピン海、西の南シナ海、南のセレベス海に囲まれる東南アジアに属する多島海国家です。フィリピンの近くには台湾やマレーシア、インドネシアやベトナムなどの国があります。フィリピン海のフィリピン海溝は世界3位の深さを誇ります。

約30万平方kmの国土を持つフィリピンは活火山を含む山脈のマヨン山やピナトゥボ山、タール山というような熱帯雨林で構成されています。標高2177メートルの休火山パナハオ山は、ルソン島の首都マニラの東南に聳え立ち宗教的な聖地・聖山とされています。フィリピンで一番高い山はミンダナオ島の東部に聳え立つ標高2954mのアポ山です。

24178013 317337692085120 7220023617248034816 n
takeyamaki

火山帯であるフィリピンはプレートテクトニクスにより地震が多い事でも有名です。鉱物資源に富むフィリピンは南アフリカに次ぐ規模である金鉱床を誇り、銅鉱床については世界規模となっています。地熱発電はアメリカに次ぎ電力需要の18%を賄っています。

220万平方kmにもなるフィリピンの領海にあるサンゴ礁のアポリーフは、オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ規模となっています。ここでは、そんなフィリピンに旅行や留学の際に知っておくとためになるフィリピン現地の気候や気温、天気などについて見ていくので、フィリピンの気温や天気を把握しておきましょう。

フィリピンの気温や天気3:フィリピンの気候について

熱帯海洋性の気候を持つフィリピンの天気や気温は年間を通して暑く湿度が高い高温多湿となっていて大きな気温の変化が無いのが特徴です。フィリピンの首都マニラの年間平均気温は27.9℃、年間最高気温は31.2℃、年間最低気温は18.5℃と年間を通して温暖の気候となっています。また、年間降水量は地域によっては最大5000mmにもなります。

多島海国家であるフィリピンの天気や気温は、年間を通して大きな変化が余りなく暑くて湿度が高い高温多湿の気候となっていますが、それぞれの地域によって少しずつ気候や天気、気温が変わってきます。ここでは日本人の間で特に人気の観光地や留学先であるフィリピンの3つの地域の気候や気温、天気やおすすめの服装などを紹介していきます。

フィリピンの気温や天気4:フィリピンの季節について

熱帯海洋性の気候を持つ多島海国家のフィリピンの季節は、その地域によって多少異なってきますが大きく分けて、一番暑い季節であり乾燥している3月から5月にかけての季節、6月から10月にかけてのスコールが多く大変蒸し暑い季節、11月から2月にかけての割かし涼しく乾燥していて過ごし易い季節の3つの季節に分かれています。

そしてフィリピンでは島々の地域によって気候や気温、天気なども少しずつ変わってくるので、それぞれの地域ごとの気候や気温、天気について詳しく紹介していきます。

フィリピンの気温や天気5:ルソン島の気候と気温と天気

フィリピンで一番面積が大きく世界で4番目に人口が多いルソン島はフィリピンの首都マニラがある島です。年間を通して日本の真夏の服装で過ごせるフィリピンの首都マニラのあるルソン島は南北に細長い為に地域によって気候や気温、天気が少し異なってきます。

ルソン島の北部にある標高1500メートルの山岳地帯に位置する観光地バギオは、平均最高気温は23度、平均最低気温は15度で、12月から3月までの余り雨の降らない乾季と、5月から10月までの大量の雨が降る雨季に分かれています。バギオの年間平均気温は19度で、朝晩は冷え込むので防寒着などの服装が必要となります。

ルソン島の中心部に位置する首都マニラは、殆ど雨が降らない1月から4月までの乾季と、大量の雨が降る6月から10月までの雨季に分かれています。ただ、フィリピンでいう雨季は日本の雨季とは異なります。日本のように一日中シトシト降るのではなく、傘も役に立たない程のスコールが、一日に何度もあるので雨具の用意は必要です。

フィリピンではインフラが整備されていない場所が結構あって天気が悪いと河が氾濫したり、道路が洪水になったり、土砂崩れが起きたりしてよく交通機関が麻痺したりするので注意が必要です。よってフィリピンの雨季は観光のベストシーズンとは言えません。

Thumbフィリピン(マニラ)の治安は現在どうなの?観光向きの地区や注意点を調査!
フィリピンの首都マニラは、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。しかし、治安の悪さやさまざ...

フィリピンの気温や天気6:セブ島の気候と気温と天気

フィリピン諸島の中心に位置するビサヤ諸島にある大きくて細長い「セブ島」のメトロ・セブは首都マニラに次いでフィリピンで二番目に大きな都市です。美しい浜辺やダイビングスポットが沢山あってリゾート地化されているセブ島は首都マニラとは異なり雨季と乾季がハッキリ分かれていなく最高気温と最低気温の差が5度から7度となっています。

ビサヤ諸島にあるセブ島は降水量が少なく晴れの日が多いという天気の特徴があり湿度も比較的低く過ごし易いので世界各国から大勢の観光客が訪れたり、日本や韓国などの留学先として選ばれて大勢の留学生が訪れます。セブ島には雨季や乾季が無い物の、12月から5月の間は6月から11月の間よりも降水量が多少少ないという天気の特徴があります。

フィリピンの気温や天気7:ミンダナオ島の気候と気温と天気

北海道の面積より少し大きなミンダナオ島は、フィリピン諸島の中で二番目に大きな面積を誇る島です。そのフィリピン南部のミンダナオ島にあるダバオは年間を通して降雨量や気温、天気や湿度などの変化が殆どなく雨季や乾季もありません。また、ダバオはルソン島の首都マニラ、セブ島のメトロ・セブに次いでフィリピンで三番目に大きな都市です。

41464249 248671719170557 5341412683198395776 n
aelvillanueva

ミンダナオ島のダバオはハッキリした雨季や乾季は無い物の年間平均降水量は2000mmで、4月から11月は12月から3月よりも降水量が多少多いという天気の特徴があります。ダバオの気温は年間を通して約20度から32度の間で、この様な気候の為に農業生産に向いている地域となっています。ミンダナオ島はドリアンの産地としても有名です。

フィリピンの気温や天気8:フィリピンの台風の季節

フィリピン近海で発生する台風が直撃する事が多いフィリピンは年間で約20個もの台風に襲わると言われています。一般的にフィリピンの台風の季節は6月から10月の間ですが、フィリピンで最も台風が発生する季節は9月から10月と言われています。しかしフィリピンでは11月から12月にかけても多大な被害を出した事があるので注意が必要です。

フィリピンでは地形によって台風の影響を余り受けない場所もありますが、この台風の被害を一番受け易い場所はフィリピンの首都マニラがあるルソン島です。また、同じフィリピンでもセブ島やミンダナオ島など、ルソン島よりも南に位置する島々は台風は来るものの、ルソン島のマニラなどに比べると余り台風の影響を受けない傾向にあります。

41845281 429038537625495 1567430285300027720 n
japey_japey

フィリピンのミンダナオ島にあるダバオは、毎年台風が発生する場所よりも南にあり、台風の通り道から離れた場所にある為、あまり台風が来ず台風被害が少ない傾向にあります。また、台風の季節にフィリピン旅行やフィリピン留学を考えている方は、現地の台風情報をインターネットで調べるか、旅行会社に現地情報を確認する事をおすすめします。

フィリピンの気温や天気9:フィリピンでのおすすめの服装

41512401 1804746999621451 7878334724545083459 n
anne614k

年間を通して高温多湿で大きな気温やの変化が無いフィリピンでは一年中、男性は半袖短パンの服装、女性は半そで短パンかスカートの服装で大丈夫です。しかし、デパートやレストランなどの建物の中は冷房が効いていて寒すぎる事もあるので、半袖短パンなどの服装の上にジャケットやカーディガンなど何か羽織れる物があると重宝します。

41929497 168404770738506 4896969429301024619 n
trip_n21

また、フィリピン滞在中に高級レストランなどのドレスコードのあるお店に行かれる予定のある方は、そのレストラン毎の服装の指定に合うフォーマルな服装の物を持っていかれる事をおすすめします。また、フィリピンでは日差しも非常に強いので帽子やサングラス、日焼け止めクリームなど日焼け止め対策を万全にする事をおすすめします。

フィリピンの雨季には一日に何度もスコールという豪雨が降り天気が崩れます。突然のスコールに見舞われた時の為に自分の服装の上に直ぐ羽織れるレインコートや傘などの雨具があると重宝します。ただ、物凄い豪雨なのでレインコートの方が傘よりも良いとも言われています。豪雨で濡れた場合は気に入った洋服を現地で購入するのもおすすめです。

フィリピンの気温や天気10:フィリピン旅行のベストシーズン

フィリピンの地域毎の気候や気温、天気について紹介してきましたが、フィリピン旅行やフィリピン留学を考えているなら、フィリピン旅行のベストシーズンについて知っておくと重宝します。フィリピン旅行やフィリピン留学をより楽しく快適に過ごす為に、フィリピン旅行のベストシーズンについて詳しく紹介していくので参考にして下さい。

40497373 339663173271926 5861902117743976685 n
asao_ito

フィリピン旅行のベストシーズンも、多島海国家であるフィリピンではその地域によって少しずつ変わってきます。フィリピンの雨季や台風の季節には傘が壊れる程の豪雨やスコールに何度も見舞われ、インフラがあまり整備されていない場所では河が氾濫して道路が洪水になったり、土砂崩れが起きたりして交通機関が麻痺してしまう事が度々あります。

16906643 1852635518359126 1090820533819277312 n
misomaru333

よってフィリピンの雨季はベストシーズンでは無く避けた方が良いです。フィリピンの首都マニラでは乾季である12月から4月にかけて雨が少なく過ごし易い季節となります。また、気温や天気を気にせずダイビングやハイキングなど外でのアクティビティをゆっくり楽しむ事ができるので、この乾季の間がマニラ旅行のベストシーズンと言えます。

41466542 2161059354150983 2871699646177083392 n
all_blue_cebu

日本人に人気のセブ島旅行のベストシーズンは1月から5月までとなります。セブ島には実はマニラのようにハッキリとした雨季と乾季という季節がありません。セブ島は一年を通して雨は少ない方なので、いつでも観光に適している気候となっていますが、あえてセブ島のベストシーズンはと言うと、雨が一番少ない1月から5月までとなっています。

40851273 172245223689716 2876570826470562784 n
tasteinhotels

フィリピンの島々の中で2番目に大きな面積を誇る島ミンダナオ島も、セブ島と同様にハッキリとした雨季と乾季のような季節はなく、台風も殆ど上陸しないので年間を通してミンダナオ島旅行のベストシーズンと言えます。しかし、あえてミンダナオ島のベストシーズンはと言うと、特に雨が少ない12月から3月までの間となっています。

フィリピンのおすすめ観光スポット1:ルソン島

11335488 1611510285790798 93419691 n
lovekosaph

フィリピンのルソン島にある首都マニラ近辺には有名なおすすめ観光スポットが沢山あるので幾つか紹介していきます。マニラには世界遺産に登録されたフィリピンで一番古いと言われるバロック様式の石造教会「サン・オウガスチン教会」や「マニラ大聖堂」などの教会が沢山存在し、信仰心が深い大勢のフィリピンの人々が崇拝に訪れます。

マニラにある数少ない博物館の1つ「フィリピンの国立博物館」も観光スポットとなっています。1921年に元々図書館として建てられた「フィリピンの国立博物館」は第二次世界大戦で殆どが大破してしまった為に、戦後に現在のスペイン統治時代風の建物として再建されました。館内はフラッシュ無しの写真撮影は可能ですが動画撮影は禁止です。

「フィリピンの国立博物館」の館内にはフィリピンの歴史にかかわる自然史と民俗学など数多くの絵画や彫刻が展示されています。「フィリピンの国立博物館」に入館すると直ぐに有名なフィリピン画家Juan Lunaの傑作「Spoliarium」が展示されています。「フィリピンの国立博物館」では日曜日の入場料が無料となっているのでよりお得となります。

39184732 323828891522091 7160445720703533056 n
jay_gitarista

マニラから車で約2時間の場所にある観光スポットの「ビラ・エスクデーロ」は、広大な敷地を水牛車に乗ってフィリピンのココナッツなどの農園や文化を体験して学ぶ事ができる体験型リゾートパークです。自分でココナッツを収穫したり、とれたてのココナッツジュースを飲む事も出来ます。湖では竹を使用して造られたボートに乗る事ができます。

「ビラ・エスクデーロ」にはプールもあるので泳ぐ予定の人は水着とタオルも忘れずに持っていきましょう。「ビラ・エスクデーロ」で特に有名なのは美しい滝の前で食事ができる解放感タップリのレストランです。家族連れの方は今までに無いような斬新なレストランで、子供達が滝で遊んでいるのを眺めながら食事ができるのでおすすめです。

スペイン統治時代の邸宅が再現されている「カサ・マニラ博物館」やマニラで有名な水族館「マニラオーシャンパーク/ルネタ」など見どころが一杯ですが、ルソン島の北部に位置する沢山のスペイン統治時代の建造物が残る世界遺産「ビガン市」も、第二次世界大戦の被害を逃れた歴史都市として有名なフィリピンの観光スポットとなっています。

Thumbフィリピン(マニラ)と日本の時差&飛行時間を調査!旅行で気を付けることは?
フィリピンのマニラと日本の時差や飛行時間について知ることで、旅行はさらに面白いものになります...

フィリピンのおすすめ観光スポット2:セブ島

セブ島で一番のおすすめ観光スポットは、オスロブのジンベエザメウォッチングです。オスロブやスミロン島のジンベイザメと泳げるツアーは大人気のアクティビティとなっています。また、オスロブのジンベエザメと泳げるツアーでのジンベイザメとの遭遇率は99%なので、是非ツアーサイトで事前に予約を入れてツアーに参加してみて下さい。

42190300 456336381519158 5167612038963489853 n
cash_kings_

セブ島には沢山の美しいエメラルドグリーンの海と白い砂浜が印象的なビーチが存在しますが、その中でもダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツに最適なのがジンベイザメで有名な「オスロブ」やその近くの小島「スミロン島」です。またセブ島からフェリーを利用して「カミギン島」の「ホワイトアイランド」まで行くのもおすすめです。

38439869 525602364543634 1232218743881213213 n
magicisland_beachstyle

セブ島では2つ以上の島をボートで巡りながらシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむ事ができる「アイランドホッピング」というアクティビティもあります。「アイランドホッピング」ではシュノーケリングとランチがセットになっておりナルスアン島・パンダノン島・オランゴ島・ヒルトゥガン島などをバンカーバートという船で巡ります。

Thumbフィリピンのセブ島旅行で観光名所おすすめまとめ!絶景スポットもあり!
日本からも近く、美しい海の広がるフィリピンの観光名所「セブ島」。セブ島は旅行先として観光客か...

フィリピンのおすすめ観光スポット3:ミンダナオ島

41728642 1425836000882637 6877643521138506940 n
beautifuljandee

ミンダナオ島の地元の人なら誰でも知っている別名「魔法の川(Enchanted River)」と呼ばれるヒナトゥアン川は、フィリピンで最も綺麗な川と言われている透き通る様な青と深い水深を持つ川です。スキューバーダイビングや水泳、または一目見る為に多くの人が訪れます。この場所は未だ外国人観光客には余り知られていない場所でおすすめです。

41476259 1935021886555245 7682418610924421120 n
ourexploredworld

昼の12時にはスピーカーから英語やフィリピン語の歌が流れてきて、それに誘われるように魚達が水面に上がってきます。実は餌付けをされた魚達の昼食タイムとなっており、実際に船の上から魚達に餌をあげる場面を見る事ができます。実際に魚に餌をあげる事も出来るようです。ミンダナオ島の隠れた観光スポット、ヒナトゥアン川おすすめです。

22220576 1167768463324136 614700641436041216 n
mblissfultt

ミンダナオ島には未開のジャングルだった土地を開拓し都市化した日本人移民達の歴史を知る事ができる「フィリピン日本歴史資料館(Philippine Japan Museum)」があります。ミンダナオ島のカリナン周辺には当時、アバカの生産の為にフィリピンに渡ってきた日本人達の日本家屋や日本学校、日本領事館や日本寺院、日本店舗などがありました。

20225449 156699264900768 2022054660038197248 n
arpeepye

アバカとはマニラ麻の原料で日本人移民達がアバカ生産の目的でフィリピンに渡ってきたのは第二次世界大戦前でした。この資料館は戦後に建てられた物で、かつて日本人街があったカリナン周辺は日本文化の影響を受けており近くには日本人墓地もあります。また、歴史的資料館の日本のトンネル(Japanese Tunnel)も観光スポットとして有名です。

11850068 476585669188647 151432772 n
jun.pie

最後に紹介するのはフィリピンの国鳥であるフィリピンワシが飼育されている「フィリピン・イーグル・センター」です。別名、サルクイワシとも呼ばれるフィリピンワシは冠羽を立てると愛嬌のある姿になる事から人気となっており現在はここでしか見る事ができません。他にも多種多様な鳥やワニ、サルなどもおり、大きなヘビと記念撮影もできます。

フィリピンの気温や天気を把握して充実した旅にしよう!

東南アジアに属する7107の島々からなる多島海国家フィリピンについて紹介してきましたがいかがでしたか?近年ではより多くの日本人が観光客や留学生としてフィリピンに訪れています。歴史上の関係で西洋と東洋の文化が混ざり合う魅力的な国フィリピンへ行かれる際には、紹介したフィリピンの気温や天気を参考にして充実した旅にして下さい。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ