インドネシアのコンセント事情まとめ!タイプや形状・変換プラグなども調査!

インドネシアといえば多くの日本人観光客が訪れております。旅行に行くとなったら気をつけるのはコンセントです。そこでインドネシアのコンセント事情について徹底的に紹介しますので参考にしてくださると幸いです。併せてタイプや形状・変換プラグなどの形についても紹介します。

インドネシアのコンセント事情まとめ!タイプや形状・変換プラグなども調査!のイメージ

目次

  1. 1インドネシアのコンセント事情徹底紹介!
  2. 2インドネシアのコンセント事情について
  3. 3インドネシアのコンセント事情1「プラグとコンセントの違い」
  4. 4インドネシアのコンセント事情2「コンセント・プラグは何?」
  5. 5インドネシアのコンセント事情3「変換器とは?」
  6. 6インドネシアのコンセントには互換性もある!
  7. 7インドネシアのコンセント事情4「電圧について」
  8. 8インドネシアのコンセント事情5「インドネシアの電圧は?」
  9. 9インドネシアのコンセント事情6「日本の電圧は?」
  10. 10インドネシアのコンセント事情7「変圧器は必要?」
  11. 11インドネシアのコンセント事情8「対応電圧を見よう!」
  12. 12インドネシアのコンセント事情9「変圧器が不要なもの」
  13. 13インドネシアのコンセント事情10「変圧器が必要なもの」
  14. 14インドネシアでコンセントを使うことができる場所は?
  15. 15インドネシアのコンセント事情を知って観光を楽しもう!

インドネシアのコンセント事情徹底紹介!

インドネシアは日本を代表する観光地としても知られています。そんなインドネシアに行くときに気になることが、コンセント事情です。iPhoneを始めとする携帯電話などの電化製品を充電することができるかは、現代では死活問題となっています。そこでそんなコンセントの形状やタイプについて説明させていただきます。

インドネシアのコンセント事情について

インドネシアのコンセント事情について紹介させていただきます。インドネシアのコンセント事情について知ることは大切です。というのも、インドネシアのコンセントは、具体的には後述いたしますが、日本のコンセントやプラグの形状と異なっています。そのため、日本から持ち込んだ電化製品をそのまま使うことができないからです。

インドネシアのコンセント事情1「プラグとコンセントの違い」

21480588 143383212929105 818218169268174848 n
aiko.okataduke

それではインドネシアのコンセント事情についてですが、少し複雑になっていますので、まずは「プラグ」と「コンセント」の違いについて説明させていただきます。そもそも普段日常的に使っているコンセントとは何なのでしょうか。そしてあまり日常生活では使うことの少ないプラグとは何なのかについて考えていきます。

まずは馴染みの深い「コンセント」について説明させていただきます。コンセントとは、建物の壁や机、床や天井などといった様々な場所に設置されている、電化製品を使用するときに差し込むことができる差込口のことを言います。よく見かける電化製品についている突起がある金属部分は、「コンセント」ではないのです。

それでは、その金属の突起部分はなんと呼ぶのでしょうか。それが「プラグ」です。プラグとは、電化製品や家電などについているコンセントに差し込むための部分のことになります。具体的には後述いたしますが、インドネシアのコンセントは様々なものがあります。それに対応するプラグがそれぞれ異なるため、注意しましょう。

基本的には、コンセントとプラグは、2つで1対となることが多いです。例えば、コンセントのタイプが、「Aタイプ」だった場合は、プラグの形も「Aタイプ」でなければ差し込むことができず、電化製品を使うことができないです。しかしながら、一部のプラグとコンセントの組み合わせでは、タイプが違っていても使用できます。

インドネシアのコンセント事情2「コンセント・プラグは何?」

それでは、インドネシアのコンセント・プラグの形状について説明させていただきます。インドネシアのコンセント・プラグについてですが、一般的にはCタイプが主流となっています。地域や場所によっては、SEタイプやBタイプなども用意されています。そのため日本のコンセントの形状とは異なっており使用することができません。

というのも、日本のコンセント・プラグの形状はほぼ「Aタイプ」となっています。日本から電化製品を持ち込むときは「Aタイプ」のプラグを持っていくことと同義になるので、「Cタイプ」のコンセントに指しこむことができなくなっています。ゆえに、日本からインドネシアに行くときには「変換器」が必要になります。

インドネシアのコンセント事情3「変換器とは?」

変換器とは何なのでしょうか。それでは続いて変換器について説明させていただきます。変換器とは、電化製品についているプラグを、別のタイプの形状のプラグに変換する装置のことです。例えば、インドネシアのCタイプのコンセントにAタイプのプラグを差し込むことはできませんが、変換器でAタイプのプラグをCタイプに変えれます。

そのため変換器を持っていれば、インドネシアのコンセントに、日本の電化製品のプラグを差し込むことができます。しかし、インドネシアのコンセントのタイプは、Cタイプ、SEタイプ、Bタイプと3種類あります。それぞれを購入してもよいのですが、もっと便利な方法があります。それはマルチタイプの変換器を使うことです。

マルチタイプの変換器とは、AタイプやBタイプ、Cタイプなど様々な形状のコンセントに対応している変換器になります。通常の単一の変換器に比べると値段は高くなってしまうのですが、安いものでは1000円程度から購入することができますのでおすすめとなっています。家電量販店などで購入することができます。

インドネシアのコンセントには互換性もある!

また、インドネシアのコンセントには面白い特徴があります。それはインドネシアのコンセント・プラグには一部互換性があるということです。インドネシアのコンセントはCタイプが主流であるということを説明させていただきました。そして、SEタイプとBタイプのコンセントも一部ではあるということも説明させていただきました。

このとき、SEタイプのコンセントは、Cタイプのコンセントの形状よりも大きいため、Cタイプのプラグを差し込むことができるようになっています。またBタイプのコンセントもCタイプのプラグを差し込むことができるようになっています。そのため、Cタイプの変換プラグさえ持っていれば、他の変換プラグは不要になるのです。

しかし、これは万が一のときの利用法になります。一応異なるプラグとコンセントでも差し込むことができるのですが正規の方法ではありません。場合によっては発熱などの問題を引き起こす可能性もございますので、できることならマルチプラグや専用のBタイプやSEタイプの変換器を持ち込むことをおすすめします。

インドネシアのコンセント事情4「電圧について」

続いて、インドネシアのコンセント事情である「電圧について」考えていきます。まず電圧について内容を説明させていただきます。インドネシアのコンセント事情で電圧を知ることは最も大切と言えます。というのも電圧について知っておかないと、火災やショートなどといった事故に繋がる可能性が非常に高いからです。

というのもコンセントの電圧も国と国の間で異なっています。コンセントに流れる電流は一定なので、電圧が違うと、コンセントにプラグを刺したときにかかる電力の大きさも異なってきます。電力の大きさが異なってくると電化製品に電力が過剰にかかるので、その結果発熱や火災、ショートなどと言った事故につながることになります。

そのような危険な事故を防止するためにも、電圧の違いについて知ることは大切なこととなります。日本とインドネシアの電圧の違いについては具体的には後述させていただきますが、インドネシアと日本では電圧が異なってきます。そのため、そのままプラグをコンセントに挿してしまうと危険性があるということになります。

インドネシアのコンセント事情5「インドネシアの電圧は?」

それではインドネシアの電圧について見ていきましょう。インドネシアの電圧は、結論から言うと220Vとなっています。これは具体的には後述させていただきますが、日本の電圧と2倍以上も異なってきます。そのためインドネシアで電化製品を使用したときには電化製品にかかる電力は2倍近く異なってきますので覚えておきましょう。

インドネシアのコンセント事情6「日本の電圧は?」

一方で、日本の電圧について考えていきます。日本の電圧は100Vとなっています。先述したとおりインドネシアの電圧は220Vとなっていますので2倍以上異なっています。そのため日本で使用する電化製品は、受け取ることができる電力がインドネシアに比べると2倍近く小さくなっています。そのため注意してください。

インドネシアのコンセント事情7「変圧器は必要?」

それでは変圧器が必要かどうかについて説明していきます。インドネシアのコンセントを使って、日本の家電製品を使う場合には、変圧器が必要になってきます。というのもインドネシアのコンセントの電圧が220Vで、日本のコンセントの電圧が100Vで、電圧が異なっているからです。そのため電圧を変える変圧器が必要になります。

変圧器とは何なのでしょうか。ご存知かもしれませんが、確認させていただきます。変圧器は異なる電圧のコンセントに、プラグを差し込むときに必要になるものです。電圧が異なる場合、火災やショートを引き起こすということは説明させていただきましたが、それを防止するために、電圧を上げたり、下げたりするものになります。

変圧器には、「アップトランス」と「ダウントランス」という2種類の変圧器が存在します。変圧器で電圧を上げることをアップトランスといい、電圧を下げることをダウントランスといいます。例えば、インドネシアの電圧は220Vですので、日本の100Vの電化製品を使うためには、電圧を下げるダウントランスを行う必要があります。

インドネシアに行くときに、購入するべき変圧器について説明させていただきます。インドネシアに行くときに必要な変圧器は、先述した「ダウントランス」の変圧器であり、日本の100Vとインドネシアの220Vに対する変圧器である、100Vから220Vの範囲内で使用することができる変圧器となっています。

しかし、実際のところすべての電化製品で変圧器が必要かといえばそういうわけではありません。具体的に言うと、「対応電圧」と呼ばれるものをチェックする必要があります。対応電圧とは、対応電圧に指定されている電圧の範囲内であると、変圧器を不要なままコンセントにプラグを差し込めるというものになります。

インドネシアのコンセント事情8「対応電圧を見よう!」

では、続いて、対応電圧について説明させていただきます。先述したとおり、電圧が異なる国同士で電化製品のプラグをコンセントに差し込むときには変圧器が必要になりますが、対応電圧さえ満たしていれば変圧器は不要になります。対応電圧とは「100Vから240V」というふうに書かれておりあらゆる家電に設定されています。

この対応電圧の範囲内を満たしていれば、その国の電圧でも使用することができます。例えば、先述した「100Vから240V」の対応電圧を持つものであれば、220Vのインドネシアでも、100Vの日本でも使用することができます。このように幅広い電圧を持つものは、「海外対応」という形で宣伝されていることが多いです。

インドネシアのコンセント事情9「変圧器が不要なもの」

それでは、対応電圧がそのように幅広く設定されており、変圧器を持たずに利用することができるようなものについて説明させていただきます。基本的には海外展開しているような世界規模の企業が出している電化製品いついては全世界対応になっている電化製品が多く設定されていると考えても問題ありません。

例えば、パソコンやアイフォンの充電器などの電化製品は、ほぼすべての電化製品が「100Vから240V」と電圧が異なっています。もちろん、変換プラグは必要になりますが、変圧器は不要となっていますので、手軽に利用することができます。海外では携帯電話の充電が最も大切なので、この点についてはありがたいです。

インドネシアのコンセント事情10「変圧器が必要なもの」

一方で、変圧器が必要になるようなものについて説明させていただきます。インドネシアで日本の電化製品を使うときに変圧器が必要になるものは、消費電力が多い家電が多いです。例えば、ヘアドライヤーや、冷蔵庫、洗濯機などです。大型家電については短期の旅行では持ち込むことはありませんが、ドライヤーは多いです。

ドライヤーやヘアアイロンなどは短期の旅行でも持ち込むことが多くなっています。しかしながらこれらの電化製品については、対応電圧が日本のもの「100V」にしか対応できないものが多いので、注意しておきましょう。間違えてコンセントにプラグを刺して電源をオンにしてしまうと音を立ててショートしてしまう恐れがあります。

インドネシアでコンセントを使うことができる場所は?

それでは最後にインドネシアでコンセントを使うことができるような場所について説明させていただきます。インドネシアに旅行に行ったときに最もコンセントを使うことの多い場面は、iPhoneなどの携帯電話の充電でしょう。急に電池が切れてしまったりすると、マップなどを使えないので困ってしまいます。理解しておきましょう。

インドネシアでコンセントを使うことができる場所1つ目は、ホテルです。ホテルにはほぼ確実にコンセントが設置されています。宿泊するホテルにコンセントが有るかどうかは事前にチェックしておきましょう。コンセントがあるところでは、更に変換プラグを完備してくれているホテルもあります。覚えておきましょう。

インドネシアでコンセントを使うことができる場所2つ目は、駅です。インドネシアは携帯電話大国と言われており、多くの人が携帯電話を使用しています。そしてそのような人が多いので、一般的なカフェやホテルの他に、駅に携帯電話の充電ブースを設けている場合があります。確認しておくとおすすめです。

インドネシアのコンセント事情を知って観光を楽しもう!

今回はインドネシアのコンセント事情について紹介しました。プラグの形状から、コンセントのタイプ、そして電圧や対応電圧の話をまとめて紹介しました。インドネシアは世界中から多くの観光客が訪れる人気の観光地となっています。形状などをしっかり確認して観光を楽しむようにしましょう。

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ