フィリピン(マニラ)と日本の時差&飛行時間を調査!旅行で気を付けることは?

フィリピンのマニラと日本の時差や飛行時間について知ることで、旅行はさらに面白いものになります。フィリピンのマニラといえば日本人観光客も多く訪れる観光地です。そんなフィリピンのマニラと日本の時差や飛行時間について紹介させていただきます。

フィリピン(マニラ)と日本の時差&飛行時間を調査!旅行で気を付けることは?のイメージ

目次

  1. 1フィリピンのマニラの時差&飛行時間を調査!
  2. 2フィリピンのマニラと日本の時差は?
  3. 3フィリピンのマニラと日本の時差の計算方法は?
  4. 4時差&時間の計算方法1:フィリピンのマニラの経度は「120度」
  5. 5時差&時間の計算方法2:日本の経度は「135度」
  6. 6時差&時間の計算方法3:経度の差から時差を計算する
  7. 7時差&時間の計算方法:サマータイムはある?
  8. 8日本時間から見るフィリピンのマニラの現地時間の計算方法
  9. 9フィリピンのマニラと日本の飛行時間は?
  10. 10フィリピンのマニラまでの時差を加味した到着時間は?
  11. 11フィリピンのマニラまでの距離は?
  12. 12フィリピンのマニラと日本の時差&飛行時間を知って旅行に行こう
  13. 13フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点1
  14. 14フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点2
  15. 15フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点3
  16. 16フィリピンのマニラと日本の時差&飛行時間について知ろう!

フィリピンのマニラの時差&飛行時間を調査!

フィリピンのマニラに行くときに、日本と比べたときの時差や飛行時間について知ることは大切です。時差があまりに大きいと時差ボケなどの体の不調を引き起こす可能性もありますし、フライト時間が長いことを知っていないと、旅行前から疲れてしまいます。そこでフィリピンのマニラの時差&飛行時間を調査しました。

フィリピンのマニラと日本の時差は?

フィリピンのマニラと日本の時差について考えていきます。まずフィリピンのマニラと日本の時差について結論だけを申し上げますと、時差は「1時間」となっています。たった1時間しかありませんので、時差ボケなどの体の不調を引き起こす可能性もありませんし、アクセスも容易となっているのが特徴となっています。

また日本の方が日付変更線に近い場所に位置していますので、日本の方が1時間進んでいるという扱いになっています。そのため日本が午後の20:00であれば、フィリピンのマニラは、午後の19:00ということになります。ほとんど時差もありませんので、時差をあまり気にする必要がないので旅行も容易に行きやすくなっています。

時差の大きい国に行くと、旅行をして疲れて帰ってきたとしても夜になったにもかかわらず全く眠れず困ってしまうなどという口コミも多くありますが、フィリピンのマニラはそのような時差による影響を受けることがほとんどありませんので、旅行やビジネス後の疲れなどは全くないのが特徴となっています。

また、時差が1時間しかありませんので、日本とほぼ変わらない生活をしているということもあり、日本からフィリピンのマニラに滞在している人に連絡するようなときでも、時間帯を気にする必要がほとんどありません。日本と同じような生活をしていますので、連絡も取りやすいので安心してコミュニケーションをとることが出来ます。

フィリピンのマニラと日本の時差の計算方法は?

先述した通り、フィリピンのマニラと日本の時差は1時間となっています。しかし、その時差はどのように計算されて算出されたのでしょうか。そこでここでは日本とフィリピンのマニラの時差の計算方法について説明させていただきます。また夏の季節に影響してくるサマータイムについても紹介させていただきます。

時差&時間の計算方法1:フィリピンのマニラの経度は「120度」

時差&時間の計算方法1つ目に知っておきたいことが、フィリピンのマニラの経度は「120度」であるということです。フィリピンのマニラは緯度は北緯14度で、経度が東経120度となっています。具体的には後述させていただきますが、これは日本との経度が非常に近くなっております。また緯度もそこまで離れていません。

時差&時間の計算方法2:日本の経度は「135度」

時差&時間の計算方法2つ目として、日本の経度は「135度」となっているということです。日本の経度と緯度は兵庫県の明石市に設定されており、東経140度、北緯35度とされています。先述した通りフィリピンのマニラとは経度でほとんど差が無く緯度もあまり離れていないため、比較的近い場所に位置していることが分かります。

時差&時間の計算方法3:経度の差から時差を計算する

それでは、時差&時間の計算方3つ目である、「経度の差から時差を計算する」方法について説明させていただきます。日本とフィリピンのマニラは、同じ東経で経度が算出されています。これが東経と西経で構成されていたら、また計算方法が変わってしまうのですが、両方とも東経の場合は計算が非常に楽となっています。

その計算方法としては、日本とフィリピンのマニラの経度の差をまず計算するということになります。具体的に計算するとすると、日本とフィリピンのマニラの経度の差である、135度から120度を引いた値を求めるということになります。そうすると、日本とフィリピンのマニラの経度の差は15度であるということが分かります。

また、ここで、地球上の時差の計算をするときには、経度が15度おきに1時間の時差が生まれるということが定められています。そのため、日本とフィリピンのマニラの経度の差である15度を、15で割り算した時の値が、時差となります。そのためその計算をすると、日本とフィリピンのマニラの時差は1時間であることが分かります。

日本とフィリピンのマニラの時差はこのようにして計算することが出来ます。時差だけ知っておけば問題ないと考えるかもしれませんが、他の国に行くときにも時刻や時間、時差の計算が出来るようになっておくと、おおよその目安を計算するときに便利ですし、海外の友人と連絡するときにモラルのある時間に連絡することが出来ます。

時差&時間の計算方法:サマータイムはある?

それでは、フィリピンとマニラの時差を計算するときに関わってくる恐れのある、サマータイムについて説明させていただきます。サマータイムとは日の出が早まる季節である3月から11月の季節にあたって、欧米を中心に導入されている考え方となっています。太陽が出ている時間を有効に活用することを目的としています。

サマータイムでは時計の針を1時間進めることで、日中を長く過ごすことを目的としています。日本では、サマータイムという名前で「夏時間」という意味で浸透している言葉になっていますが。アメリカでは「デイライトセービングタイム」と呼ばれており、太陽光を有効活用する時間制度という呼び名で浸透しています。

そんなサマータイムですが、フィリピンのマニラでは行われているのでしょうか。行われているのであれば時差を改めて計算しなおす必要がございます。しかしながら、フィリピンのマニラでは、サマータイムは実施されていません。そのため時差を改めて計算する必要が無く、1時間の時差として考えても問題ありません。

日本時間から見るフィリピンのマニラの現地時間の計算方法

それでは続いて、時差を計算しましたので、日本時間から見るフィリピンのマニラの現地時間の計算方法について説明させていただきます。といっても、その計算方法は非常にシンプルになっています。そのためお子さんでも簡単に計算することが出来ますので、一緒に考えてみても良いでしょう。

フィリピンのマニラの現地時間の計算方法は、日本の現在時間から1時間を引き算するだけで計算することが出来ます。例えば、日本の現在時刻が午後の16:00だった場合は、そこから1時間引き算した値となりますので、フィリピンのマニラの現地時間は午後の15:00ということになります。逆の計算もすることが出来ます。

これを活用すれば、フィリピンのマニラの現地時間から、日本の現在時間も計算することが出来ます。具体的な方法としてはフィリピンのマニラの現地時間に、1時間を加えると日本の現在時間を計算することが出来ます。例えば、フィリピンのマニラの現地時間が午前の10:00のとき、日本の時間は11:00ということになります。

フィリピンのマニラと日本の飛行時間は?

それではフィリピンのマニラに日本から行くときの飛行時間について考えてみます。フィリピンのマニラに日本から行く場合は直行便と、他の国を経由していく方法の2種類の方法があります。直行便よりも、他の国を経由していくときの方が、価格を抑えていくことが出来ますので、お得に行きたいときはおすすめになっています。

それではまず、フィリピンのマニラへ日本から行くときの直行便の飛行時間について説明させていただきます。フィリピンのマニラに行くときの直行便についてですが、東京の成田発の便であればおおよそ4時間30分となっていまして、大阪の関西空港発の便であれば、おおよそ4時間で到着することが出来ます。

この直行便のアクセスはたった4時間でアクセスすることが出来るだけでなく、午前便・午後便共に機内食を一度提供されます。フィリピンの食事での提供となりますが、機内食の味はおいしく日本人の口に合うようなメニューとなっていますので、安心して快適なフライトを楽しんでください。

続いて、直行便にこだわることなく、値段重視で行く場合のことについて説明させていただきます。そのようなときの場合は、台湾や香港、韓国などを経由してアクセスする方法が一般的となっており、おおよそ7時間から10時間の飛行時間を見ておく必要があります。直行便よりも倍以上の時間がかかってしまいます。

しかしそれは台湾や香港、韓国などの飛行場をトランジットとして使っているためであり、そこでの待機時間が3時間程度あるということになります。そのため時間に余裕があるなら台湾や香港の街に繰り出すような旅行の計画を立てることが出来ます。トランジットとして利用して食事を楽しんだ後に向かうのも趣があります。

フィリピンのマニラまでの時差を加味した到着時間は?

フィリピンのマニラまでの時差を加味した到着時間の計算方法について説明します。日本からフィリピンのマニラに行くときについてまずは考えていきます。日本からフィリピンのマニラに行くときの飛行時間は、直行便で4時間であることを説明しました。しかし時差がありますので到着時間が4時間後になるわけではありません。

フィリピンのマニラに到着する時の時間は、日本時刻から4時間足し算して、そこから時差分である1時間を引いたときの時間になります。そのため実質は3時間加えることで、到着時間を計算することが出来ます。例えば、お昼の12:00に直行便で出発した場合、到着するマニラの現地時間は、お昼の15:00となります。

反対に、フィリピンのマニラから日本に帰ってくる時は時差を加味する必要があり野で、フライト時間に1時間を加えた5時間を加える必要があります。例えば、フィリピンのマニラから現地時間の15:00に出国した場合、到着するのは午後の20:00ごろとなります。少し計算が複雑ですが、しっかり覚えておきましょう。

フィリピンのマニラまでの距離は?

フィリピンのマニラまでの日本からの距離について説明させていただきます。フィリピンのマニラまでの日本からの距離についてですが、およそ2992キロメートルとなっています。飛行機の速度がおよそ時速700キロメートルであることから、おおよそ4時間弱で到着することがここからもわかります。

フィリピンのマニラと日本の時差&飛行時間を知って旅行に行こう

ここまでで、フィリピンのマニラの日本の時差&飛行時間について紹介させていただきました。これを理解しておけば問題なくフィリピンのマニラを観光することが出来ます。しかし、フィリピンのマニラに旅行するにあたって、注意するべき様な点がいくつかございます。それらについて最後に紹介させていただきます。

フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点1

フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点1つ目は、「季節の気温について」です。フィリピンのマニラは日本にも近いのでそこまで気温差や季節の影響もないと考えるかもしれません。しかしながらフィリピンのマニラは亜熱帯気候になっており、季節に関わらず一年中日本の夏服で過ごすことが出来ます。

それほど暖かくなっているのです。しかし1年を通して冷房が強く聞いていますので上に羽織るものを用意していると安心です。フィリピンの季節は、日本のように季節が豊かなわけでなく、2つの季節しかありません。6月から10月が雨季となっており、11月から5月までが乾季となっており、たった2種類しかないので注意です。

フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点2

フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点2つ目は、「現地の生活スタイル」です。大都市マニラであるスーパーやデパートは毎日21:00ごろまで季節に関係なく営業していることが多いです。そのため、比較的のんびりと観光やお土産選びを楽しんでいても問題なく、時間を有効に使うことが出来ます。

また、レストランは朝早くから深夜24:00ごろまで営業していることが多くなっています。そのため万が一観光に夢中になってしまい夕食を取る時間が遅くなってしまっても安心して利用することが出来ます。またそれ以外にも「デング熱」に感染する恐れがある蚊には注意してください。長袖を着たり虫よけスプレーは必須です。

Thumbフィリピンの首都・マニラ観光を楽しむコツ!人気の名所や治安を紹介!
熱気に包まれた南国、フィリピンの首都「マニラ」。フィリピンでは、海が綺麗なセブ島などの観光が...

フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点3

フィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点3つ目は、「フィリピンのマニラに到着した時の空港から市街地までの距離」です。こちらは非常に近く、マニラにある「ニナイ・アキノ国際空港」からマニラ市街地までは7キロほどになっています。そのためバスやタクシーを利用してアクセスすることが出来るので安心です。

フィリピンのマニラと日本の時差&飛行時間について知ろう!

今回はフィリピンのマニラと日本の時差&飛行時間について紹介しました。またフィリピンのマニラの時差&飛行時間を知った旅行での注意点を3つ紹介させていただきました。季節に関わらず夏服が一般的ですので、冬の季節に旅行に行くときには注意してください。ぜひ旅行に行くときは時差などをしっかり理解しておきましょう。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ