マレーシアの現在の治安は?旅行に行く日本人が注意するポイントやエリアを調査!

日本人旅行者が多く集う観光地マレーシア。マレーシアは比較的治安の良い国として知られていますが、現在はどうなのでしょうか。日本人旅行者でも安全に過ごせる観光地や、マレーシアでも治安の悪い地域がわかれています。マレーシアの最新治安情報で安全に観光を楽しみましょう。

マレーシアの現在の治安は?旅行に行く日本人が注意するポイントやエリアを調査!のイメージ

目次

  1. 1マレーシアの現在の治安情報をご紹介!
  2. 2マレーシアってどんな国?
  3. 3マレーシアの治安1:テロについて
  4. 4マレーシアの治安2:夜の観光について
  5. 5マレーシアの治安3:ATMについて
  6. 6マレーシアの治安4:食事について
  7. 7マレーシア治安・多発している犯罪1:いかさま賭博
  8. 8マレーシア治安・多発している犯罪2:通り魔
  9. 9マレーシア治安・多発している犯罪3:置き引き
  10. 10マレーシア治安・多発している犯罪4:ひったくり
  11. 11マレーシアの治安・危険な地域は?
  12. 12マレーシアの治安・安全な地域は?
  13. 13マレーシアの治安・観光の注意点1:タクシーの乗車
  14. 14マレーシアの治安・観光の注意点2:文化の違い
  15. 15マレーシアの治安・観光の注意点3:夜は出歩かない
  16. 16マレーシアの治安・観光の注意点4:ホテル選び
  17. 17マレーシアの治安・観光の注意点5:服装
  18. 18マレーシアの治安・観光の注意点6:周りに注意しよう
  19. 19マレーシアの治安・観光の注意点7:現在の治安情報を確認
  20. 20マレーシアの現在の治安情報を把握しよう!

マレーシアの現在の治安情報をご紹介!

日本人旅行者から人気のある観光地「マレーシア」。アジアでも治安の良い国として知られており、安全な旅行を楽しめると言われています。ですが、マレーシアの中でも場所によって治安の悪い個所もあり、危険なめにあう可能性もあります。今回はそんなマレーシアの現在の治安情報をご紹介していきます。

マレーシアってどんな国?

アジアの中で最も治安が安定した国とも言われている「マレーシア」。日本人の中で初めての海外旅行先としてマレーシアを選ぶ方が多く、他の国と違って旅行者をターゲットにしている犯罪が少ないです。

そんな治安の良いマレーシアでも、安全に楽しめる観光地から、少し注意しながら過ごす観光地と地域ごとにわかれています。海外旅行に慣れている方でもふとしたことで危険な目に合うので注意しましょう。

多民族が暮らしているマレーシアですが、国民の約61%がイスラム教信者として知られています。イスラム教にゆかりのある建築物が観光地となっており、多民族の集まるマレーシアだからこそ旅行者もよそ者扱いされにくいです。

現在のマレーシアでも治安の安定に力を注いでおり、年々日本人旅行者の数も増えてきています。1人旅の方でも安全に観光を楽しむことができ、日本とは違うアジアの文化を学ぶことができます。

Thumbマレーシアの世界遺産を徹底ガイド!観光客の口コミで話題の有名スポットも多数!
マレーシアには世界遺産が4つあります。中でもマラッカやペナン島のジョージタウンはフォトジェニ...

マレーシアの治安1:テロについて

マレーシアでは国民の半数以上がイスラム教徒で知られています。日本人の中にはイスラム教はテロのイメージが強く、危険なイメージがありますが、テロを行うのはイスラム教徒の中でもごく一部となります。

マレーシアでテロ犯罪の記録は上がっていませんが、現在でもテロ対策には国全体で力を入れています。イスラム教の過激派組織には最新の注意を払っていますが、イスラム教徒のほとんどの方はテロを望んではいません。

テロに狙われやすいのは観光名所やイベント会場、そして人気のホテルやレストランになります。もちろん、まだテロにあったという被害情報は現在までありませんが、テロに狙われやすそうな場所に訪れる場合は、事前に非常出口の場所、避難通路を予め調べておくのがおすすめです。

マレーシアの治安2:夜の観光について

アジアでも治安の良い国として知られるマレーシアですが、夜は危険度も増します。マレーシアの首都では夜景が綺麗なことでも知られており、日本人旅行者も夜出歩きたい方が多くいると思います。

日本をはじめ、他の国でも同様に夜は昼間の観光よりも危険度が増すので、細心の注意が必要です。マレーシアでは現在、旅行者に向けた犯罪率が減少していますが、そのほとんどが夜に行われている犯罪です。

夜は人気が少なくなるので、旅行者を狙ったスリや泥棒、金品を狙った軽犯罪が多発します。観光名所では置き引きや詐欺も多く多発しており、マレーシアの夜は昼間よりも治安が悪くなります。

特に女性を狙った犯罪が多いです。女性を強姦する犯罪は日本の約7倍とも言われており、女性は1人で街を出歩かないようにしましょう。必ずガイドや、男性と一緒に行動するようにしてください。

マレーシアの治安3:ATMについて

かつてマレーシアではATMを利用した犯罪が多発していました。以前はATMの利用時に暗証番号が抜き取られ、不正に使用される犯罪が多くありました。

そういった犯罪が多く起こったマレーシアでは現在、警備体制を整え、クレジットカードもICチップ化されたので抜き取られる心配がなく安全にATMを利用することができます。

ATMを安全に利用できるため、マレーシアの現地で現金を発行することができ、以前よりもショッピングや美味しいグルメを味わえると旅行者から人気を集めています。ですが、現在でも抜き取られるケースもあります。

マレーシアでは市街地にATMを設置していますが、市街地のATMは警備が整っていない可能性があります。そのため、ATMを利用したい方は、警備の整っている空港かマレーシアの銀行に設置されているATMを利用するのがおすすめです。

マレーシアの治安4:食事について

日本人旅行者にも人気のあるマレーシアグルメ。そんな時に心配なのが水や食材の衛生面になります。マレーシアでは治安はもちろん衛生面にも力を入れており、小さい子供連れの方でも安心して食事を楽しめます。

ホテルなどで設置されている水道水も、きちんと掃除されているので口をゆすぐ行為であれば何の問題もなく安全に利用することができます。ですが、念のため水道水を飲水として利用するのは避けましょう。

レストランや食堂で出される水は基本的に安全なものが多いです。ですが、料理に関しては刺身やサラダなど生ものを利用しているのではなく、きちんと加熱してあるメニューを選ぶのがおすすめです。

市街地にある食堂では生ものの扱いが危険になっている可能性もあるので、きちんと加熱されている料理を頼むのがおすすめです。また、子供連れの方は、念のためドリンクにも気を遣うようにしましょう。

マレーシア治安・多発している犯罪1:いかさま賭博

現在、マレーシアの繁華街で多発している犯罪「いかさま賭博」になります。日本人をはじめ、旅行者を狙った犯罪でもあり、ターゲットを見つけると日本人を安心させるために言葉巧みに誘ってきます。

例えば日本をもっと知りたい、日本の大学に通っていた、家に招待したいなど親切なふりをして旅行者を丸め込みます。そこで他の場所まで連れていき、ブラックジャックやゲームの賭け事に巻き込まれて多額のお金を取られてしまいます。

現在でも日本人旅行者の被害が後を絶たず、とくに観光名所で声をかけられることが多いそうです。ときには家まで招かれ、家族みんなから温かい歓迎を受けた後に賭けゲームに巻き込まれるケースもあります。

いかさま賭博については夜だけでなく、昼間でも声をかけられる可能性があります。日常茶飯事に行われている犯罪になり、危険なので警備も強化していますが、未だに続けられている犯罪です。

怪しければきっぱり断ろう

いきなり声をかけられ、親切そうに見える人でも怪しいと少しでも思ったらきっぱりと断る勇気が必要です。マレーシアでは家に人を招く習慣があまりないので、いきなり出会った旅行者を家に招く話になった場合は、賭博の可能性を疑うようにしてください。少人数で行動している旅行者に声をかけられるので、注意しましょう。

マレーシア治安・多発している犯罪2:通り魔

マレーシアでは現在、通り魔が多発しています。人通りの多いメインストリートなどで通り魔が行われており、旅行者だけでなく地元の方が被害に遭うケースも多く寄せられています。

危険なのは夜の繁華街です。無差別で行っているので、いつ、どこで通り魔に合うかは予想がつきません。基本的にはバイクに乗って無差別に通り魔を行っており、実行犯で捕まるケースは残念ながら少ないです。

通り魔として危険行為とみなされているのが酸性の液体なります。これも無差別で液体をかけているので、急に目の前で液体をかけられるケースもあります。この場合も人通りの多い市街地や繁華街で犯行が目立ちます。

通り魔は基本的に夕方から夜の時間帯にかけて頻繁に行われています。繁華街の観光はできれば午前中や昼前後にすませ、夕方にはホテルやレストランなど室内で過ごす時間を多く取るのがおすすめです。

マレーシア治安・多発している犯罪3:置き引き

日本人をはじめ、多くの旅行者が被害にあっている置き引きです。安全な観光名所でも置き引きが多発しており、不用意にバックやスマホを置いたまま席を外さないようにしましょう。

危険な時間帯は朝食の時間帯になります。ホテルの朝食で置き引きをされるケースが多く、いつ、どこでターゲットにされているかわかりません。レストランやホテルでは貴重品を肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

マレーシアには美しい海を眺められるビーチが数多く点在しています。そのビーチでも置き引きには注意が必要です。少し席を外すだけ、ほんの少しその場を離れただけでも一瞬で置き引きの被害に遭う可能性があります。

置き引きに関しては安全な場所はないと言っても過言ではありません。そのため、スマホやパスポート、財布などの貴重品を肌身離さず持ち歩けるアイテムを購入しておくのがおすすめです。海でも目を離さず、置き引きには細心の注意を払いましょう。

マレーシア治安・多発している犯罪4:ひったくり

マレーシアで女性旅行者が多く被害に遭っているのがひったくりになります。日本人だけでなく、地元の方も被害に遭うケースが多く、犯人のほとんどがバイクに乗っているので追いかけることはほぼ不可能です。

危険なのはスマートフォンや財布になります。スマートフォンでマレーシアの観光名所や景色の写真を撮っているだけで、ひったくりに遭うケースも多発しています。危険なのはバイクの通りやすい大通りになります。

マレーシアでは多発しているひったくりなので、なるべく高級品は街中で持ち歩かないようにしましょう。また、身に着けているネックレスや時計など高級品だとターゲットになりやすいので、服装にも充分注意しましょう。

力の弱い女性を狙ったケースが多いので、大通りなどを歩く場合はなるべく歩道側を歩くようにしてください。また、バイクの通りにくい道ならば比較的安全な通りになるので、予め地図などで確認しておきましょう。

マレーシアの治安・危険な地域は?

マレーシアの首都、そして観光名所としても知られている「クアラルンプール」になります。クアラルンプールはマレーシアでも最も治安の悪い観光地としても知られており、夜出歩くのには注意が必要です。

クアラルンプールには繁華街はもちろん、観光名所が数多く点在しています。ホテルやレストランも多く点在しているので、旅行者を狙った置き引きやひったくりなどの被害が多く寄せられている地域でもあります。

現在ではそんなクアラルンプールでも、被害に遭う方が多かったので警備が強化されています。観光名所や大通りには警備員が常に見回りをしており、安全に観光を楽しめる国の努力を垣間見ることができます。

そんなクアラルンプールでも、夜になると犯罪率がぐっと上がります。都市部ではひったくりや置き引きに注意し、むやみにタクシーを利用するのも控えましょう。夜にはホテルで過ごすのがおすすめです。

マレーシアの治安・安全な地域は?

マレーシアは島国として知られており、点在しているパンコール島やランカウイ島、ペナン島などはマレーシアの中でも治安の良い安全な観光地として知られています。そのため、日本人をはじめ世界中から多くの旅行者が訪れています。

マレーシアの島に暮らす人々は人口が多くありません。そのため、道で出会う人々の多くが顔見知りとなります。知らない人がいれば注目され、犯罪を犯すような人がいないのどかな田舎町として知られています。

マレーシアでも島から犯罪の起こったケースは少なく、地元の方からも有名な情報です。現在ではリゾート地として有名な島でも、首都や都市部よりは犯罪の起こったケースが少ないです。

安全な島として紹介していますが、気を抜くと置き引きやひったくり遭う可能性があります。ホテル付近は多くの旅行者で賑わっており、ホテルやレストランで持ち物を置いておくと置き引きに遭う可能性があるので注意しましょう。

マレーシアの治安・観光の注意点1:タクシーの乗車

マレーシアには多くの観光地が点在していることから、移動の際にタクシーを利用する旅行者が多くいます。マレーシアでは流しタクシーを利用したら、旅行者へのぼったくりなどの被害が多く寄せられています。

危険なのは夜のタクシーになります。道で走っているタクシーを捕まえると、料金のぼったくりをはじめ、安くなる理由で他のお客と相乗りになる可能性があります。その相乗りの際に、何かしらの犯罪に巻き込まれるケースもあります。

運賃は日本と比べると安い価格になりますが、流しタクシーでは女性の暴行やひったくりなど運転手が行うケースもあります。マレーシアのタクシーには決して1人では乗らず、女性は必ず信用できる男性と乗車するようにしてください。

どうしても1人でタクシーを利用しなければならない場合は、必ず事前に知り合いに報告しておきましょう。時間が遅ければ警察に通報してもらい、事前に事件を防ぐ努力をしましょう。

専用アプリを使用しよう

現在マレーシアではタクシー専用のスマートフォンアプリがダウンロードできます。流しタクシーでは犯罪が多発していますが、アプリで呼ぶタクシーは国から指定されている会社が運営しているので安全です。ホテルやレストランを利用の際は、専用のアプリかお店の人にタクシーを手配してもらってください。

マレーシアの治安・観光の注意点2:文化の違い

当たり前のことですが、日本とマレーシアとでは多くの文化の違いがあります。日本とマレーシアに関わらず、世界にはそれぞれの国が歩んできた歴史、そして文化を辿っており、旅行者は旅行先である国の文化を学ぶ必要があります。

マレーシアでは国柄になりますが、とても時間にルーズなところがあります。せかせかと働いている日本人とは違い、島国のようなのんびりとした空間で過ごしている人々がほとんどです。

マレーシアではバスやタクシーが時間通りにこない、料理がなかなかこないなどは日常茶飯事です。その都度店側に怒るのではなく、1つのマレーシア文化として受け止めるようにしましょう。

ホテルやレストランでは別ですが、市街地にあるマレーシアのトイレには基本的にトイレットペーパーがついていません。マレーシアでは昔からホースや水を使ってお尻を洗う習慣があるので利用の際は注意しましょう。

マレーシアの治安・観光の注意点3:夜は出歩かない

マレーシアに関わらず、世界中どこでも夜は危険度がぐっと増します。マレーシアも例外では無く、アジアでも治安が良い国とされていますが、安全を確保したい方は夜はホテルに戻るのがおすすめです。

マレーシアでは美しい夜景を楽しめることでも知られています。そのため、夜に出歩く旅行者も多くいます。ですが、どうしても夜景を楽しみタカタは散策ではなく、夜景の見えるレストランやホテルを選ぶのがおすすめです。

マレーシアの街中は日本と比べて街灯が少ないです。そのため、暗い道がほとんどになり、強姦やひったくり、通り魔などの被害が多発します。夜出歩きたい方は、街灯の多い明るい道を選ぶようにしてください。

マレーシアは夜遅くまでやっているお店があまりありません。そのため、ホテルによってはホテルの部屋で過ごすほうがサービスが良く、快適に過ごすことができます。なるべく夜は外出を控え、観光巡りは明るいうちに済ませましょう。

マレーシアの治安・観光の注意点4:ホテル選び

マレーシア旅行で欠かせないのがホテル選びになります。このホテル選びも安全を確保するための手段になり、多少宿泊代が高くついてもリゾートホテルや名の知れたホテルに宿泊するのがおすすめです。

海外旅行になれている方でも、ゲストハウスなどに宿泊すると置き引きやひったくり、寝ている間に襲われたりする可能性もあります。女性旅の際はホテルの宿泊には細心の注意を払い、旅行会社にも相談するようにしましょう。

子供連れや家族連れでマレーシアを旅行の際は、セキュリティの強いホテルを選ぶのがおすすめです。hotelの中には24時間体制で警備員を配置しているホテルもあり、治安の安定に力を入れているホテルもあります。

もちろん安いホテルでも必ず犯罪に巻き込まれるとは限りませんが、少なからずとも気が抜けない状態で宿泊することになります。そのため旅の疲れが取れず、快適な時間を過ごすことができません。そのため、最初から安全なホテルを選ぶのがおすすめです。

マレーシアの治安・観光の注意点5:服装

マレーシア旅行の際は、服装にも注意が必要です。国のほとんどの人がイスラム教徒になり、点在しているイスラム教の寺院へ入る際は肌の露出が禁止されています。

観光地によっては旅行者にサロンや上着をレンタルしてくれ、観光の間だけ肌を隠すこともできます。マレーシアの女性は基本的に肌を見せない格好をしているので、肩だしやミニスカートなどはなるべく避けましょう。

マレーシアの街中ではリゾート地のようなワンピースもなるべく控えるようにしてください。鮮やかな色合いよりも、寺院に入りやすいシンプルな服装で訪れるのがおすすめです。

靴も歩きやすい運動靴で訪れるのがおすすめです。万が一ひったくりや通り魔、危険な状態になった場合に逃げやすかったり、追いかけたりするのにも便利です。事前に服装は肌の見えないものを用意しておきましょう。

マレーシアの治安・観光の注意点6:周りに注意しよう

治安の良いマレーシアですが、観光の最中は周りを気にしながら楽しむのがおすすめです。バイク音は不自然に近づいてきたり、じっと観察されていたりすると置き引きやひったくりのターゲットになっている可能性があります。少しでも違和感を感じたらその場を離れたり、カフェなど室内へ逃げ込みましょう。

マレーシアでは、少しでも気になる人を見かけるとじっと見つめる習慣があります。そのため、怪しいと思った人物をじっと観察し、もし間違えていたとしても嫌な気分をさせることはありません。

周りの空気や人柄、そして音も気にしつつ観光を楽しむのがおすすめです。日本人旅行者はツアーに申し込むのが1番安全です。大勢の目で周りを観察できるので、いち早く危険を察知することができます。

マレーシアの治安・観光の注意点7:現在の治安情報を確認

治安の安定に力を入れているマレーシアでは、常に観光のHPなどで治安情報を更新しています。事件の遭った地域や治安の悪い時間帯を教えてくれるので、観光の前に把握しておくのがおすすめです。

マレーシアのほとんどのホテルでは無料で新聞を見ることができます。マレーシアで起こっている事件の最新の情報を得ることができ、事件の起こった地域への観光はなるべく避けるようにしましょう。

マレーシア日本大使館、そして外務省のHPなどでも治安情報を気軽に確認することができます。常に更新されている内容なので、観光前はもちろん、マレーシアに滞在している期間も欠かさず確認しておくのがおすすめです。マレーシアへ旅行の際はぜひ1度試してみてください。

マレーシアの現在の治安情報を把握しよう!

アジアの観光名所である「マレーシア」。マレーシアは比較的治安良い国として有名ですが、残念ながら犯罪が0ではありません。事前に犯罪を防ぐためにあらゆる対処を行い、観光を楽しむようにしましょう。ぜひ、マレーシア旅行を検討の方は、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ