バリ島の雨季・乾季での楽しみ方とは?時期別におすすめの服装も紹介!

バリ島はインドネシアにある観光地として知られています。赤道直下に位置しており、季節は乾季と雨季の2種類になっています。そんなバリ島での乾季や雨季の特徴や、おすすめの観光スポットや楽しみ方、服装について紹介させていただきます。

バリ島の雨季・乾季での楽しみ方とは?時期別におすすめの服装も紹介!のイメージ

目次

  1. 1バリ島の乾季・雨季などの気候紹介!
  2. 2バリ島の気候は乾季・雨季に分かれている!
  3. 3バリ島の乾季はいつ?
  4. 4バリ島の乾季の楽しみ方は?
  5. 5バリ島の乾季の服装は?
  6. 6バリ島の乾季の観光地はどこがおすすめ?
  7. 7バリ島の雨季はいつ?
  8. 8バリ島の雨季の季節はツアー料金も安い!
  9. 9バリ島の雨季の楽しみ方は?
  10. 10バリ島の雨季の楽しみ方1「トロピカルフルーツの食べ歩き」
  11. 11バリ島の雨季の楽しみ方2「バリ舞踊鑑賞」
  12. 12バリ島の雨季の楽しみ方3「マッサージ・スパ」
  13. 13バリ島の雨季の服装は?
  14. 14バリ島の雨季の観光地はどこがおすすめ?
  15. 15バリ島の乾季・雨季の気候について知って観光しよう!

バリ島の乾季・雨季などの気候紹介!

バリ島はインドネシアにある人気の高い観光地としても知られています。マリンアクティビティが盛んになっており、1年中楽しむことができるということもあって、多くの人が利用しています。そんなバリ島には乾季と雨季という季節の特徴があります。それぞれの気候の特徴や楽しみ方、おすすめの服装などについて紹介します。

バリ島の気候は乾季・雨季に分かれている!

インドネシアのバリ島の気候について紹介させていただきます。まずバリ島は日本とは異なっており、春夏秋冬の四季があるわけではありません。その日本の四季に当たるものが、「乾季」と「雨季」になっています。その乾季と雨季は、インドネシアにあるバリ島が、熱帯性機構に属しているためで、ほぼ気温は高いです。

というのも、バリ島があるインドネシアは赤道直下に位置している国となっており、年間を通して気温が高めになっています。年間を通して見てみても平均気温は、なんと28度となっています。冬になるとマイナスにもなることがある日本からしてみると、一年間の平均気温が28度というのは想像もつきません。

また、乾季の季節になっていると、日中でも30度を超えるような日もあります。とはいえ、日本の夏のように湿気が高いわけではありませんので、そこまで熱く感じるわけではなく、どちらかといえばカラッとした過ごしやすい温度になっております。しかし雨季の季節になると、湿度が高くなるのでじっとりとした暑さになります。

バリ島の乾季はいつ?

それではインドネシアのバリ島の乾季はいつなのかについて説明させていただきます。インドネシアのバリ島の乾季あ、4月から10月までとなっています。日本で言う春から秋の初旬までは乾季となっています。乾季は文字通り雨もほとんど降らないカラッとした気候ですので比較的過ごしやすい季節となっています。

バリ島の乾季の楽しみ方は?

バリ島の乾季の楽しみ方について説明させていただきます。バリ島の乾季の楽しみ方についてですが、やはり南国ということもあってマリンスポーツが人気となっています。シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティや単純に海水浴をするだけでも楽しむことができるようになっています。

バリ島の乾季の服装は?

41731030 720722098296467 4639419632871100183 n
thebaliguideline

バリ島の乾季の服装について説明させていただきます。バリ島の乾季の服装についてですが、乾季は日中気温が30度近くになっていますので比較的熱く感じる恐れがあります。しかしながら湿度が低いため日本の夏よりも過ごしやすく、半袖のTシャツや短パンなどで問題なく過ごすことができます。

42148541 281024539405548 3426530671361534359 n
daniel_1407

観光には向いているような季節となっているのですが、日が暮れた朝晩の日中の気温差が大きくなっていますので、温度調節できるようなカーディガンなどといった羽織ものが必要になります。また室内のエアコンは強く設定されていますので、室内で過ごすためにも薄手のカーディガンは必須とも言えます。

また、バリ島があるインドネシアは赤道直下に位置していますので、日差しは大変強くなっています。そのため日焼け対策や紫外線対策は必須となっています。サングラスやラッシュガードなどは持っておくと安心です。またほとんど晴れていますので、傘やかっぱなどと言った雨具などは必要になることはほぼありません。

バリ島の乾季の観光地はどこがおすすめ?

42362244 1708834029243044 4999836007451945425 n
travelor

それではバリ島の乾季の観光地はどこがおすすめかについて説明させていただきます。バリ島の乾季の観光地は様々な場所があります。また楽しみ方の方で先述させていただきましたマリンスポーツはもちろん楽しむことができますが、他にも雨季には楽しむことが難しいような場所について紹介させていただきます。

バリ島の乾季のおすすめ観光地1「寺院観光」

41625916 1550804515020797 8393898730447489964 n
daisukibali_now

バリ島の乾季のおすすめ観光地1つ目は、「寺院観光」です。バリ島はヒンドゥー教を進行しておりまして、いたるところにそれを示す寺院が存在しています。そのような寺院は寺院の敷地内を歩いて見学することになっており、直接室内に入るわけではありません。サンセットを眺めることができる「タナ・ロット寺院」はおすすめです。

バリ島の乾季のおすすめ観光地2「キンタマーニ観光」

35166524 615372015515763 4527843111438647296 n
balihikari

バリ島の乾季のおすすめ観光地2つ目は、「キンタマーニ観光」です。バリ島に行くときには定番の観光スポットとなっている「キンタマーニ」ですが、こちらから眺めることができる絶景スポットは人気の景勝地となっています。雨季になると霧がかかってしまうのですが、乾季だと神秘的な絶景を堪能することができます。

バリ島の乾季のおすすめ観光地3「ウィンドウショッピング」

バリ島の乾季のおすすめ観光地3つ目は「ウィンドウショッピング」です。バリ島では様々な露店や、外から店内を眺めることができるショップが数多く用意されています。そんなところでウィンドウショッピングをするだけでも気分が高揚すること間違いなし。雨季だと楽しさも半減ですので、乾季におすすめします。

Thumbバリ島観光のおすすめスポット21選!人気名所の見どころ紹介!
インドネシアで観光名所といえば、やはりバリ島です。バリ島には時期を問わず、おすすめの観光名所...

バリ島の雨季はいつ?

インドネシアのバリ島の雨季はいつなのかについて説明させていただきます。インドネシアのバリ島の雨季は、11月から3月までとなっています。日本の秋から冬の期間中が雨季となっています。バリ島納期は、1日になんどもスコールが降ることで知られています。スコールとはバケツを引っくり返したような土砂降りの雨のことです。

このスコールというのは本来であれば、一気に降ったあとに、すぐに快晴となってくれるようなものですが、最近では一日中振り続けているような日ももちろんあります。スコールが続いてしまうと、バリ島での観光を十分に楽しめないのではないかと不安に感じてしまうかもしれません。実際バリ島のマリンスポーツなどは難しいです。

特にバリ島の観光地でもあるウブドやキンタマーニなどの中部地方のエリアになると、雨季のエリアは特に降水量が多くなる傾向にありますので、観光地を巡ることはできないのではないかなどと不安に感じてしまうかもしれません。しかしながら安心してください。雨季でもバリ島の観光の楽しみ方は数多くあります。

バリ島の雨季の季節はツアー料金も安い!

やはりインドネシアのバリ島に行くとなると、日本で言う夏の季節に行きたいと考えるのは当然のことではないでしょうか。シュノーケリングやダイビング、海水浴などと言ったマリンスポーツを楽しむためには、雨が降るような雨季には避けたいと考える人が多くいます。そのため、バリ島観光は「雨季」より「乾季」での人気が高いです。

そのため、雨季の期間は旅行料金も安くなっており、航空券やツアーの価格も格段に安くなっておりお得に旅行を楽しむことができるようになっています。特にバリ島はお正月の季節を過ごすと格段にツアー料金が安くなる傾向にあります。お得に観光を楽しみたい方は、その時期を狙ってアクセスすると良いでしょう。

また、「雨季」と聞くと日本の梅雨のように1日中、雨が降り続いているような時期をイメージしてしまうかもしれませんが、インドネシアのバリ島の雨季は日本の梅雨とは全く異なります。先述したとおり雨季の雨は「スコール」と呼ばれる短期間の雨になっていますので、雨が降っても1時間から2時間で止むことも多いです。

もちろん先述したとおりスコールが長引くこともありますので、注意が必要ですが、基本的には短くなっています。そのため観光やアクティビティも問題なく楽しむことができるようになっています。さらに一日中太陽が照りつける乾季に比べると、雲が多いですので比較的過ごしやすくなっているのもポイントとなっています。

バリ島の雨季の楽しみ方は?

続いて、インドネシアのバリ島の雨季の楽しみ方について紹介させていただきます。バリ島の雨季には、説明させていただいたとおりスコールが多く降り注ぐため、なかなかマリンアクティビティや観光地巡りなどを常に楽しむことが難しくなっています。そこで、室内でもできるような楽しみ方について紹介させていただきます。

バリ島の雨季の楽しみ方1「トロピカルフルーツの食べ歩き」

41566946 589245904811718 5452934848895737344 n
megumaru10969

バリ島の雨季の楽しみ方1つ目は、「トロピカルフルーツの食べ歩き」です。バリ島の雨季、特に1月上旬からは、トロピカルフルーツを楽しむことができる季節となります。日本では新鮮なトロピカルフルーツはもちろん、トロピカルフルーツ自体もなかなか楽しむことができなくなっています。そんなトロピカルフルーツを楽しめます。

40925735 308497039701532 7677664455971245874 n
memory_nl

トロピカルフルーツを思う存分食べることができるのも南国旅行の醍醐味の一つです。そんなトロピカルフルーツをたっぷりと楽しむことができるのが、雨季となっているのです。スコールのように雨が一気に降ってそれから晴天になるという雨季の気候は植物の成長を助けてくれます。そのためすくすくとフルーツが成長するのです。

雨季におすすめのトロピカルフルーツ1「マンゴー」

41885943 346958609375176 8805358982824849047 n
hontencoconut

それでは特にどのようなトロピカルフルーツが人気なのかについて説明させていただきます。まず雨季に旬を迎えるトロピカルフルーツの中でおすすめのモノ1つ目は、「マンゴー」です。インドネシアのバリ島産のマンゴーが最も美味しいと言われているほどの味で、とてもリーズナブルな価格で市場で購入することができます。

雨季におすすめのトロピカルフルーツ2「マンゴスチン」

41780979 2192322841015922 6903459204405657600 n
kana_weekend

雨季におすすめのトロピカルフルー2つ目は、「マンゴスチン」です。マンゴスチンは、「世界三代美果」の1つとしても知られており、果物の女王とも言われています。上品な甘さと爽やかな味わいで人気を集めており、手で簡単に見をむくことができるということもあって、老若男女問わず愛されている人気のフルーツです。

雨季におすすめのトロピカルフルーツ3「パパイア」

34073742 152202715643543 7277533044657881088 n
aoisora7491

雨季におすすめのトロピカルフルーツ3つ目は、「パパイア」です。パパイアは、インドネシアのバリ島では1年中楽しむことができるトロピカルフルーツとなっています。そのまま食べてもいいですが、ジュースとして飲むこともできますし、サラダなどに加えてみることも多いそうです。便秘にも効果があると言われています。

バリ島の雨季の楽しみ方2「バリ舞踊鑑賞」

42368260 2188624564717880 523596388521103330 n
sekar_sandat_satomi

バリ島の雨季の楽しみ方2つ目は、「バリ舞踊鑑賞」です。雨が降っていてもバリ島らしさを感じることができる観光をしたいと考える人におすすめの楽しみ方となっています。室内のステージで鑑賞することができるところが多くなっていますので、天候に左右されることがありません。迫力満点で観客達を魅了します。

42488093 2281979302034718 1040948471932461791 n
marika_tokyo

バリ舞踊は、観光地などで演じられている「バリバリアン舞踊」と寺院などで行われる歴史と伝統がある「ワリ舞踊」「ブバリ舞踊」などがあります。観光客に人気が高いのは、観賞用に作られた「バリバリアン舞踊」の中にある、「レゴンダンス」「ケチャックダンス」「バロンダンス」などで、おすすめとなっています。

バリ島の雨季の楽しみ方3「マッサージ・スパ」

バリ島の雨季の楽しみ方3つ目は、「マッサージ・スパ」です。バリ島にはマッサージやスパを体験することができるスポットは多くあります。観光を楽しんで疲れてしまったあとには、リフレッシュに利用しても良いですし、美肌や美容に効果的なエステを体験して身も心も爽快感に包まれるような体験をしても良いでしょう。

バリ島の雨季の服装は?

41518326 2621416617875952 3862237517485203862 n
natalydes10

バリ島の雨季の服装について説明させていただきます。バリ島の雨季の服装についてですが、ほぼ毎日雨が降るような気候となっていますのでそれを考慮に入れて服装を決定する必要があります。一日中雨が降ることはありませんが、着替え対策に予備の下着や服装を用意しておくと安心になります。

41939911 145575946394626 8150672015564661450 n
sejolivillas

またスコールは非常に降水量が多いため傘などの雨具はほとんど役に立つことはありません。しかし折り畳み傘などの携帯できる傘を常備しておくと安心でしょう。また蚊も増える季節になりますので、虫よけのために長袖や長ズボンを履いていると重宝します。また靴よりもビーチサンダルのほうが濡れても構わないのでおすすめです。

バリ島の雨季の観光地はどこがおすすめ?

それではバリ島の雨季に行くときの観光地はどこがおすすめなのかについて説明させていただきます。バリ島の雨季の観光地としておすすめなのは2つあります。両方共室内で体験することができますので、スコールが降ってきたとしても気にすることなく利用することができますので、雨が降ってきたときは参考にしてください。

雨季でも楽しめるバリ島の観光スポット1つ目は「ショッピングモール」です。ショッピングモールでは買い物だけでなくフードコートやレストランマッサージ店など様々なお店が入っています。そのためモールだけでも1日楽しめるくらいの魅力があります。

また2つ目は美術館です。マリンアクティビティが盛んなバリで、あえて芸術や文化に触れる時間は雨のときくらいでしょう。おすすめです。

Thumbバリ島のお土産おすすめ27選!雑貨やコスメ・ばらまき用のお菓子も人気!
バリ島でおすすめのお土産を厳選して紹介します。バリ島はインドネシアでも大変人気の旅行先。そん...

バリ島の乾季・雨季の気候について知って観光しよう!

今回はインドネシアのバリ島の乾季・雨季の気候についてそれぞれ特徴を踏まえて紹介させていただきました。また楽しみ方や観光スポット、服装などについても併せてお伝えしました。バリ島には様々な魅力あるスポットや楽しみ方があり、いつ行っても楽しめます。ぜひ足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ