インド「ゴア」の観光スポット治安まとめ!おすすめビーチやホテルも!

日本の約9倍の面積を誇る広大なインドで南インドにあるゴア州は、美しいビーチとポルトガルの文化が色濃く残るおすすめの観光スポット。今回はインドのゴアへの詳しい行き方や治安情報、旅行で泊まりたいおすすめのホテルなど、旅に役立つ情報をまとめます。

インド「ゴア」の観光スポット治安まとめ!おすすめビーチやホテルも!のイメージ

目次

  1. 1インドのゴア州はビーチが美しい観光スポット!
  2. 2インドのゴア州とは?
  3. 3インドのゴア州への行き方1::飛行機
  4. 4インドのゴア州への行き方2:バス
  5. 5インドのゴア州への行き方3:鉄道
  6. 6インドのゴア州の治安は安全?
  7. 7インド・ゴア州の観光スポット1:パナジ教会
  8. 8インド・ゴア州の観光スポット2:ゴア州立博物館
  9. 9インド・ゴア州の観光スポット3:ヴァスコ・ダ・ガマ市
  10. 10インド・ゴア州の観光スポット4:ボム・シェズ教会
  11. 11インド・ゴア州の観光スポット5:聖フランシスコ教会
  12. 12インド・ゴア州のビーチ1:カラングート・ビーチ
  13. 13インド・ゴア州のビーチ2:パロレム&パネトム・ビーチ
  14. 14インド・ゴア州のおすすめホテル1:ヴィヴァンタ・バイ・タージ
  15. 15インド・ゴア州のおすすめホテル2:タージ・テキゾティカ・ゴア
  16. 16インド・ゴア州のおすすめレストラン
  17. 17インドのゴア州で一味違ったインド旅行を楽しもう!

インドのゴア州はビーチが美しい観光スポット!

アラビア海に面したインドのゴア州は、インド亜大陸のちょうど真ん中に市する小さな州です。1510年ポルトガルの船がこの地に来て以来、長年に渡ってポルトガルの東方進出の拠点として栄えました。

インドにでありながらもっともインドらしさがない街ゴアは、ヒッピーたちの聖地にもなった美しいビーチもたくさんあります。今回は、インドゴア州の観光の見どころや治安の他、詳しい行き方やおすすめのなど旅行情報をご紹介します。

インドのゴア州とは?

インドのゴア州とは、ポルトガルに選挙された南インド西岸の州で、マンドヴィー川のほとりに広がる旧市街には、ポルトガルの首都リスボンを彷彿とさせる美しい街が広がっています。

インドのゴア州は、かつては人口20万人を越える巨大としでしたが、オランダとイギリスがインドで勢力拡大していく家庭に追風、次第にポルトガルの植民地としての昨日も衰退していきました。

インドのゴア州は、マラリアなどの蔓延によって町が荒廃し、やがて新しい州都としてパナジという街が作られました。今では、ゴアという町の名前は残されておらず、主要な観光スポットは、パナジ市と、空港のあるヴァスコダガマ市やオールド・ゴアなどに点在しています。

今でもポルトガル植民地時代の面影を色濃く残すゴア州には、西洋的な雰囲気がありヨーロッパからの旅行者に人気があります。アラビア海を望む美しいビーチは、若い観光客の憧れの的で、長居してしまうバックパッカーも多いようです。

インドのゴアは、インドでありながら、他の都市とはまったく違った趣きのある町で、インドにしては珍しくキリスト教を信仰する人が多数暮らしています。

観光スポットも教会などが多く、ポルトガル統治時代の歴史を今に伝える歴史建造物の中には壮麗な大聖堂を備えたボム・シェズ教会などもあります。

Thumbインドの物価は日本と比べて安い?お土産や交通費など旅費の相場もリサーチ!
インドは物価が安いことでも有名です。しかしいったい日本と比べてどれくらいかかが安いのでしょう...

インドのゴア州への行き方1::飛行機

続いてはインドの首都ムンバイから地方都市であるゴア州への行き方をご紹介していきます。ムンバイからゴア州への行き方は、飛行機、電車、バスの3通りの行き方があります。

もっとも短時間で快適な行き方としておすすめなのが、飛行機を使った行き方です。ムンバイからは、エア・インディアが毎日1便、ジェットエアウェイズが毎日7、8便ゴア州まで飛んでいます。

首都ムンバイからゴア州までのアクセスにかかる時間は、1時間ほどで、ゴア州のヴァスコ・ダ・ガマ市にあるダボリム空港が最寄り空港となります。

広大なインドをできるだけ短い時間で効率的に旅行したい方には、やはり飛行機を使った行き方がベストと言えるでしょう。

インドのベンガルールから、ゴア州に就航している飛行機はエア・インディアが週4便、ジェット・エアウェイズが毎日1便運行しています。

飛行時間は1時間10分ほどとなっています。インドのいくつかの都市を短期間で周遊したい方におすすめの行き方です。

インドのゴア州への行き方2:バス

続いてご紹介するインドのゴア州への行き方は、バスを使った行き方です。こちらは、移動費用にお金をかけたくない若い旅行者におすすめの行き方です。

ムンバイからゴアへ行くバスは、各バス会社から様々な便が運行されています。午後に出発して早朝着でパナジへ行くバスの所要時間は、約16時間です。

バスで行く場合の注意点は、バス内の治安があまり良くないという点です。貴重品は、必ず見えないところに保管し、荷物にも常に目を配っておかなければなりません。

インドのマルガオまでは15時間ほどで、旅行シーズン中には、ハンピからゴア行きのバスが出ることもあります。女性の一人旅などの場合は、治安の面でかなり不安がありますので、おすすめできない行き方です。

インドのゴア州への行き方3:鉄道

最後にご紹介するゴア州への行き方は、電車を使った行き方です。インドの首都ムンバイのCST駅から、ゴア州へは、1日3便急行列車が走っています。

マルガオまでの所要時間は、11時間から13時間ほどとなっており、バスよりは少し早く行ける行き方です。

ゴア州のマルガオからは、コルヴァ・ビーチなどが近くにありますが、観光スポットとなるパナジやオールドゴアへは、北に20kmほどの距離にあるKarmali駅を利用することになります。

列車の治安はバス同様あまり良くないので、女性の一人旅にはおすすめできない行き方です。バックパッカーや若い旅行者に人気がありますが、持ち物には十分ご注意ください。

インドのゴア州の治安は安全?

アラビア海に面したインド有数のビーチリゾートとして世界中の観光客を魅了し続けるゴア。続いては、町の治安についてお伝えします。

日本の約9倍もの国土があるインドでは、地域によってかなり治安状況に差があります。ゴア州のある南インド周辺は、インド北部のガンジス川流域のエリアに比べて比較的治安が良いと考えて良さそうです。

ビーチリゾートも多いゴアは、60年代には世界中からヒッピーがやってくる旅行スポットとなり、麻薬などが多く流通しました。今でも麻薬に対する警戒は必要でナイトスポットでは、特に注意してください。

ゴアの治安の中で、もう一つ気をつけたいポイントとしては、交通事情についてです。ゴアでは、レンタルバイクで旅行する若者が多いようですが、国際免許を持たずに運転してはいけません。

ゴアで無免許で運転していて警察の検問で検挙された場合は、1000ルピーの罰金が課せられます。また、夜は飲酒運転に対する取り締まりも厳しく、飲酒運転が発覚すると5000ルピーほどの罰金が課せられます。

インドは、日本と違ってとにかく全体的に治安が悪いですので、観光地やホテルなどでも、常に貴重品の管理はしっかりと行い、トラブルに巻き込まれないように気をつけましょう。

インド・ゴア州の観光スポット1:パナジ教会

ここからは、インドゴア州の旅行スポットの中から、特におすすめの観光地をご紹介していきます。まず、最初にご紹介するのは、ゴア州の州都パナジ市のシンボル「パナジ教会」。

パナジ市の中心地にあるこちらの教会は1541年に設立されました。現存する教会は、1619年に建設されたと言われており、ゴアの青空に映える真っ白な建物がインスタ映えする撮影スポットとして旅行者に人気を集めています。

パナジ教会の内部には、天井から吊り下げられた豪華なシャンデリアがあり、観光の見どころとの一つとなっています。

インドの他の町とは違い、日曜には町のあちこちから教会の鐘の音が聞こえ、ゴアが他のどのインドの町とも違った独特な文化のある町だと感じることができるでしょう。

インド・ゴア州の観光スポット2:ゴア州立博物館

続いてご紹介するインド・ゴア州の観光スポットは「ゴア州立博物館」。町の東側にあるこちらの博物館では、ヒンズー教の石像とキリスト教のマリア像が一緒に展示されています。

海のシルクロードとして栄えたインドのゴアの歴史を知ることができるこちらの博物館には、ローマ時代の通貨なども収蔵されています。

ゴア州立博物館の営業時間は、9:30から17:30までとなっており、土曜と日曜が休館となっています。

入場料は無料となっていますので、バックパッカーでインドを旅行する学生さんにもおすすめの観光スポットです。

インド・ゴア州の観光スポット3:ヴァスコ・ダ・ガマ市

続いてご紹介するインド・ゴアの観光スポットは、ヴァスコ・ダ・ガマ市、空港も併設している異の町は、パナジ市の南側にあるズワーリ河口の対岸に広がる町です。

インドの海軍基地もあるこのエリアは、シーフードや海の幸が多く取れることでも知られており、魚を使ったフィッシュカレーなどが旅行者に人気です。

インド・ゴア州の観光スポット4:ボム・シェズ教会

インド・ゴアの観光スポット、続いては、パナジ市からマンドヴィー川を遡った内陸にあるオールドゴア市の観光名所「ボム・シェズ教会」です。

オールドゴアは、ポルトガルの植民地時代の首都が置かれた町で、海のシルクロードとして栄えた旧市街が世界遺産にも認定された歴史ある町です。

16世紀に建設された「ボム・シェズ教会」は、フランシスコ・ザビエルの遺体が安置されていることで知られる教会で、華麗な大聖堂の右側には、大きな銀の棺が置かれています。棺を調査したときの写真なども展示されています。

棺が公開されるのは10年に1度と言われており、ミイラ化したフランシスコ・ザビエルとご対面できるようです!こういった観光の見どころがあるというのも、インドならではです。

インド・ゴア州の観光スポット5:聖フランシスコ教会

最後にご紹介するインド・ゴアの観光スポットは、同じくオールド・ゴアにある「聖フランシスコ教会」。礼拝堂以外は、考古学博物館になっているこちらの教会は、ポルトガル時代のキリスト教像や装飾品などが展示されています。

2回には、歴代のポルトガル総督や神職者の肖像なども掲げられており、その中には、ゴアの都市名にもなっているあの「ヴァスコ・ダ・ガマ」の肖像画もあります。

オールドゴアの聖フランシス教会の隣には17世紀に建設された「セ・カテドラル」があり、5つある教会の鐘のうちの一つは「黄金の鐘」で、観光の見どころとなっています。

考古学博物館の開館時間は8:00から17:00まで、入館料は10ルピーとなっています。カメラやビデオの撮影は禁止されていますので、ご注意ください。

インド・ゴア州のビーチ1:カラングート・ビーチ

続いてはインドのゴア州で若者たちに人気のビーチをいくつかご紹介致します。最初にご紹介するのは、カラングート・ビーチ、1960年代には、欧米からやってきたヒッピーが集まったことで有名なビーチです。

かつてはマリファナ・パーティーやヌーディストがうろつくあまり治安のよくないビーチでしたが、近年ではそういった雰囲気はなくなっています。

アラビア海に面した美しい海岸線は、インド有数の夕日スポットで、海に沈んでいく絶景の夕日を眺めながら、のんびりと過ごします。

南インドのゴア旅行におすすめのシーズンは、10月から3月。雨も少なく。快適に過ごせるシーズンです。インド人観光客も多いビーチで、海水浴などを楽しむ家族連れで賑わいます。

インド・ゴア州のビーチ2:パロレム&パネトム・ビーチ

数あるインドのゴア地方のビーチの中で、もっとも美しいビーチと言われるのが「パロレム&パトネム・ビーチ」。マルガオから20kmほど南にあるこちらのビーチは、弓上の砂丘が.15kmほど続きます。

ビーチの北側の丘に登れば、珊瑚礁の孤島にいるような気分も味わえます。小規模のホテルやリゾートも点在しており、静かな時間を過ごしたい方におすすめのビーチです。

インド・ゴア州のおすすめホテル1:ヴィヴァンタ・バイ・タージ

続いてはインド・ゴア州で泊まりたい旅行におすすめのホテルをご紹介致します。トップバッターは、最高級リゾートホテル「ヴィヴァンタ・バイ・タージ」。インドが誇るホテルチェーン「タージ」が展開するこちらのホテルは、治安もよく食事や設備などサービスも充実しています。

ゴア観光の拠点となる、パナジ市に市しており、屋上のプールからは、市内を一望することも可能です。南インドの伝統料理を味わうこともできますので、インド料理に興味がある方にもおすすめです。

インド・ゴア州のおすすめホテル2:タージ・テキゾティカ・ゴア

続いてご紹介するインド・ゴア州のおすすめホテルは、ベナリウム・ビーチ沿いにあるリゾート「タージ・エキゾティカ・ゴア」。広大な敷地内にプールやテニスコートも備えたこちらのホテルには、ゴルフコースも完備。

再考機ゅリゾートですので、治安もよくセキュリティもしっかりしています。客室は140室あり、料金はシングルで1万1000ルピーほどからとなっています。敷地内からそのままビーチに出られるおすすめのホテルです。

インド・ゴア州のおすすめレストラン

インド・ゴア州のおすすめレストランは、ポルトガルらしい雰囲気がふんだんに盛り込まれたおしゃれな「オスペダリア・ヴェニーテ」。パナジ市の東側に位置するこちらのホテルは、レトロなインテリアで飾られたシックな雰囲気のレストランです。

入り口にはモザイクの床が張り巡らされ、夜はムード満点な音楽が流れるホテルは、バーやレストランも完備しています。インド料理の他にポルトガル料理も提供しており、バーではワインやビールの他、テキーラなども楽しめます。

インド旅行中の悩みと言えば、やはり食事がずっとカレーになるという点です。たまには地ガタものを食べたい方には、こちらのレストランがおすすめです。

インドのゴア州で一味違ったインド旅行を楽しもう!

インド南部の観光スポット「ゴア」の魅力についてお伝えしました。北インドに比べると南インドは全体的に治安が良いエリアが多いようです。ゴア州には、高級ホテルやビーチリゾートなどもあり、世界中から旅行者が訪れています。

ポルトガルによる約450年の統治を経て生まれたインドのゴア。インドの他の都市とは一風違った雰囲気をゴアでお楽しみください。

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson