アンダマン諸島はインドの美しい観光地!旅行客に人気の島を詳しく紹介!

インドの美しい大自然を味わえる人気の観光地「アンダマン諸島」。ダイビングスポットとしても知られており、毎日癒しを求めて多くの旅行者が訪れています。先住民などインドの文化も学ぶことができ、アンダマン諸島では見どころが多く点在しています。

アンダマン諸島はインドの美しい観光地!旅行客に人気の島を詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1インドの観光名所「アンダマン諸島」についてご紹介!
  2. 2アンダマン諸島ってどんなところ?
  3. 3アンダマン諸島の先住民族「センチネル族」
  4. 4アンダマン諸島おすすめ観光地1:Neil Island
  5. 5アンダマン諸島おすすめ観光地2:Carbyn's Cove Beach
  6. 6アンダマン諸島おすすめ観光地3:port blair
  7. 7アンダマン諸島おすすめ観光地4:Havelock
  8. 8アンダマン諸島おすすめ観光地5:Cellular Jail
  9. 9アンダマン諸島おすすめ観光地6:Ross Island
  10. 10アンダマン諸島おすすめ観光地7:Anthropological Museum
  11. 11アンダマン諸島おすすめ観光地8:Baratang island
  12. 12アンダマン諸島おすすめ観光地9:Little Andaman
  13. 13アンダマン諸島おすすめ観光地10:North Bay Island Andaman
  14. 14アンダマン諸島おすすめ観光地11:Chidiya Tapu
  15. 15アンダマン諸島に暮らす美しい鳥「Caloenas nicobarica」
  16. 16アンダマン諸島は魚の宝庫
  17. 17アンダマン諸島おすすめホテル1:Emerald Gecko
  18. 18アンダマン諸島おすすめホテル2:Havelock Island Beach Resort
  19. 19アンダマン諸島への行き方
  20. 20大自然の宝庫「アンダマン諸島」へ観光に行こう!

インドの観光名所「アンダマン諸島」についてご紹介!

インドの観光名所である「アンダマン諸島」。ダイビングの聖地としても知られており、美しい大自然の絶景を一望することができます。先住民族に触れたり、日本では見られない絶景を眺めたりと充実した時間を過ごせます。今回はそんなアンダマン諸島の観光地をはじめ、行き方などまとめてご紹介します。

アンダマン諸島ってどんなところ?

アンダマン諸島とは、インドに属している大小約302もの島からなる観光地になります。別名を「最も遠いインド」とも呼ばれており、ベンガル湾に浮かぶ島になります。

インドでもダイビングの聖地として多くの人々が訪れており、緑豊かな自然、そしてエメラルドグリーンの海の絶景を見渡せる癒しの観光地です。インドの文化や歴史を学ぶことができ、充実した時間を過ごせます。

だれも寄せ付けない先住民が今でも暮らしており、現代社会とは離れた世界観を満喫できます。リゾート気分を味わうことができ、少し海に潜るだけで鮮やかで幻想的な景色を楽しむことができます。

アンダマン諸島のダイビングスポットでは初心者も気軽に海を満喫することができ、世界中からダイバーが訪れる聖地でもあります。旅行者向けのホテルやレストランも点在している今注目の観光地です。

Thumbインドの物価は日本と比べて安い?お土産や交通費など旅費の相場もリサーチ!
インドは物価が安いことでも有名です。しかしいったい日本と比べてどれくらいかかが安いのでしょう...

アンダマン諸島の先住民族「センチネル族」

アンダマン諸島では、インドの先住民が多く暮らしていることで知られています。その中でも、アンダマン諸島の南西部に位置する島では、今でも侵入者を寄せ付けない先住民「センチネル族」が暮らしています。

旅行者はもちろん、インド政府も立ち入りを許されない先住民でもあり、今でもその生態は謎に包まれたままです。先住民は、交渉しようとした旅行者を弓矢で攻撃した歴史があり、今でも外部との交流を閉ざされたままです。

先住民は辺りをサンゴ礁に囲まれた豊かな島に今もなお住んでおり、自給自足の生活を送っています。インド政府もその生活を第一に考え、昔のように先住民に交渉することはなくなりました。

アンダマン諸島にはセンチネル族をはじめ、多くの先住民が島々に点在しています。旅行者を受け入れる先住民もいれば、自分たちの生活を壊されないように拒否している先住民もいるので予め調べておきましょう。

謎に包まれた先住民

外部との接触を断っている先住民はさまざまな謎に包まれています。まず、人口は39人という人もいれば、400人ともいう人がおり、衣服は身に着けていないと言われています。また、先住民の住む島の近くで漁をしていた人が侵入者だと思われ、先住民に殺害された歴史もあります。事前に島の様子や治安情報を確認しておきましょう。

アンダマン諸島おすすめ観光地1:Neil Island

アンダマン諸島の中でも小さい島として知られる観光地です。豊かな大自然に囲まれており、行き方はフェリーのみとなっています。手つかずの自然が残る島でもあり、時間が過ぎるにつれて絶景を楽しめます。

島内には宿も点在しており、アンダマン諸島へ1人旅を考えている方にもおすすめです。宿は村の中にポツンとある家を使用しており、安い値段ですがインドの文化や歴史を垣間見ることができます。

広いビーチがあり、旅行者からは美しい夕日を眺められる観光地としても人気があります。アンダマン諸島の中で最も美しいビーチと呼ばれる場所があり、幻想的でのんびりとした時間を過ごすことができます。

行き方次第では日帰りで観光を楽しむことができ、桟橋から景色を眺めることができます。シュノーケリングスポットとしても知られており、自然の作り出す絶景を楽しむことができます。

アンダマン諸島おすすめ観光地2:Carbyn's Cove Beach

アンダマン諸島で旅行者から人気のあるビーチになります。岩場が多く、裸足では危険なので足を保護するサンダルなど持参するようにしましょう。シュノーケリングスポットとしても人気があります。

ビーチで海の景色を眺めるのはもちろん、さまざまなマリンスポーツを楽しむことができます。インドでもサーフィンを楽しめるビーチとして知られており、休日には多くの人々で賑わっています。

夕刻には美しい夕日を眺めることができ、カップルからも人気のあるビーチです。それぞれ自由な時間を過ごすことができ、ヤシの木の景色を眺めながら過ごすことができます。

岩場では陸地からでも魚影を確認することができ、磯遊びを楽しむことができます。また、海岸線をのんびりと散策することができ、海水浴シーズン以外でも多くの旅行者から注目を集めています。

アンダマン諸島おすすめ観光地3:port blair

アンダマン諸島の玄関口でもあり、インドの観光名所でもある街です。飛行機の行き方では必ずこの街を通って、点在している島々にアクセスすることができます。インドらしい街並みを楽しめる観光地です。

観光目的で訪れる旅行者も多く、ホテルやおしゃれなレストランも数多く点在しています。インドの観光地も多く点在しており、インドの文化や歴史について詳しく知ることができます。

街にはビーチがあり、緑豊かな自然、そしてエメラルドグリーンの美しい海の絶景を楽しむことができます。大きな空港が設置されているので、世界中から多くの旅行者が集います。

昔から変わっていない街並みを楽しむことができ、インドの行政府所在地でもあるので、インドにおいて大切な街でもあります。普段の生活ぶりを垣間見ることができ、アンダマン諸島の魅力を知ることができます。

アンダマン諸島おすすめ観光地4:Havelock

アンダマン諸島の観光名所になり、アジアで1番美しいビーチがあることでも知られています。シュノーケリングやダイビングスポットとしても知られており、手つかずの大自然が広がる島になります。

フェリーでの行き方が一般的になり、朝、昼、晩と時間ごとに変わりゆく海の絶景を楽しむことができます。ダイビングではさまざまな魚に出会うことができ、初心者でも気軽に挑戦することができます。

アンダマン諸島で静かに時間を過ごしたい方におすすめの観光地になり、多くの旅行者が1度は訪れたいと憧れる島でもあります。行き方によっては時間がかかりますが、行って損のない絶景が待っています。

ビーチもいくつか点在しており、ビーチ巡りを楽しむことができます。角度によってさまざまな海の表情を楽しむことができ、何度足を運んでも飽きずに楽しむことができます。

アンダマン諸島おすすめ観光地5:Cellular Jail

インドの歴史や文化を感じられるおすすめの観光地です。イギリス植民地時代から設置されている刑務所になり、異様な雰囲気を放っています。かつては革命家などが刑務所に収容されていました。

完成当時は監房が698設置されていましたが、現在みられるのはその半分以下の数と言われています。インドの歴史や文化を学ぼうと多くの旅行者から人気があり、とても賑わっています。

現在では刑務所として卒業し、アートギャラリーやミュージアムとして活躍しています。当時収容されていた革命家についても詳しく展示されており、イギリス植民地時代のアンダマン諸島を学ぶことができます。

当時、刑務所に収容されていた人々は拷問を受けていたとされています。その当時の様子を再現した部屋があり、今では考えられない悲惨な状況を目の当たりにできます。

アンダマン諸島おすすめ観光地6:Ross Island

アンダマン諸島でかつては「東のパリ」とも呼ばれ、イギリス植民地時代には栄えていた島になります。島には現在でもその当時に建設された建物がいくつか点在しており、遺跡巡りを楽しむことができます。

旅行者の一般的な行き方はフェリーになり、島の海岸に船を定着させます。海岸線沿いを美しい海を眺めながら散策するのはもちろん、ジャングル内に入り、遺跡を巡っていくのもおすすめです。

島の周辺には美しいエメラルドグリーンの海が広がっています。シュノーケリングやダイビングを楽しむことができ、少し海に潜るだけで鮮やかな色合いの魚たちが出迎えてくれます。

波が穏やかな場所でもあるので、ダイビング初心者の方にもおすすめです。ボートでの行き方もあり、マンダリン諸島の中心地からは日帰りで観光を楽しめるので、気軽に足を運ぶことができます。

アンダマン諸島おすすめ観光地7:Anthropological Museum

アンダマン諸島に暮らしている先住民について詳しく学ぶことができるおすすめの観光地です。アンダマン諸島はインドはもちろん、東南アジアからも多くの先住民が移住しており、独特の文化を歩んでいます。

アンダマン諸島の文化や歴史についても詳しく展示されています。それぞれの部族の特徴、そして現在どのように暮らしているのかまで詳しく知ることができ、日本では見られない文化を学べます。

アンダマン諸島に暮らしている先住民の実際の住宅や家具、普段の生活ぶりも再現されています。自然との共存を目の当たりにでき、人々の知恵の多さに驚きを隠せないはずです。

館内は見どころが多く点在しています。最後にはギフトショップが設置されており、博物館でしか手に入らないレアなアイテムを購入することができます。ぜひ1度足を運んでみてください。

アンダマン諸島おすすめ観光地8:Baratang island

アンダマン諸島で大自然の作り出した圧巻の景色を楽しめるおすすめの観光地です。インドで唯一、泥火山がある島としても知られており、多くの旅行者が景色を楽しもうと訪れています。

今でも聖地として崇拝されている岩の洞窟があります。主な観光名所として旅行者から人気があり、周辺に暮らしている部族「カレン族」の人々が今でも儀式を行うために洞窟を使用しています。

洞窟へは森を抜けていく必要がありますが、森へは車でアクセスすることができます。スリル感じる中で洞窟まで行くことができ、手つかずの大自然を感じながら過ごすことができます。

まるで自然の作り出した1つのアート作品を眺めることができ、のんびりとした時間を過ごすことができます。洞窟内は足元がとても滑りやすいので、歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。

アンダマン諸島おすすめ観光地9:Little Andaman

アンダマン諸島で最も南に位置しているおすすめの観光地です。ダイビングやシュノーケリングスポットとしても知られており、緑豊かな山や美しい海に囲まれた癒しの島でもあります。

旅行者があまり訪れない観光地でもあるので、島では静かでのんびりと過ごすことができます。ダイビングではウミガメと一緒に泳ぐことができ、サンゴ礁を優雅に散策することができます。

島内にはヒンドゥー教の寺院が設置されており、今でも多くの信仰を集めています。人々が多く暮らしている島でもあり、1年を通してさまざまなイベントや儀式が行われています。

先住民も多く暮らしており、儀式の日には旅行者にも食事やお酒を提供してくれます。日本では味わえない文化を実際に体験することができ、インドでも貴重な時間を過ごせると人気があります。

アンダマン諸島おすすめ観光地10:North Bay Island Andaman

ダイビングやシュノーケリングなどさまざまなマリンスポーツを楽しめるおすすめの観光地です。ダイビングでは1から教えてくれるダイビングショップも点在しており、ダイビング初心者の方でも気軽に楽しむことができます。

少し海に潜るだけでさまざまな魚と出会うことができ、アンダマン諸島の美しい海の景色を一望することができます。ダイビングで海の中を散策しながら幻想的な世界を楽しめます。

アンダマン諸島の中心地から近いので、日帰りで楽しむことができます。ダイビングの他にもジェットスキーやシーウォーカーなどさまざまな体験を楽しむことができ、海を満喫できます。

ビーチから美しい海を眺めるだけでも充分楽しむことができます。沈んでいく夕日はロマンチックな時間を過ごすことができ、フェリーの時間まで島ならではの時間を過ごすことができます。

アンダマン諸島おすすめ観光地11:Chidiya Tapu

43075985 478462485993997 4449570040766272549 n
ghumakkad0_0

アンダマン諸島でも大自然に囲まれている穴場の観光地になります。手つかずの大自然が未だに残されており、天候や時期によってさまざまな景色を楽しむことができます。

アンダマン諸島でも多くの鳥類を観察することができます。バードウォッチングの聖地としても知られており、日本では見られない珍しい鳥類、そして植物を間近で観察することができます。

42346061 282888748994417 1523555826345835233 n
shauryatarni

島ではマングローブが生い茂っており、そこに生息している動植物が旅行者に顔を見せてくれます。サンゴ礁に囲まれているため、シュノーケリングやダイビングの聖地としても知られています。

朝から夜まで大自然の中で遊ぶことができ、島には小さな村があります。昔から住んでいる先住民が今でも暮らしており、豊かな自然の中で知恵を絞りながら毎日生活しています。村での生活体験も楽しめます。

アンダマン諸島に暮らす美しい鳥「Caloenas nicobarica」

豊かな大自然に囲まれているアンダマン諸島では、珍しい動植物と出会うことができます。中でも旅行者から人気あるのが、美しい見た目の鳥「Caloenas nicobarica」になります。

体長は約40cmほどになり、動物界では珍しく、オスよりメスのほうが体が小さいです。顔は日本でも見られる鳩の顔つきですが、その羽が輝く美しい色合いと多くの人々を魅了しています。

日本で見ることのできない珍しい鳥でもあるので、アンダマン諸島へ観光の際はぜひ探してみてください。時期によってはオス、メスと同時に見ることができ、アンダマン諸島では今でも大切に保護されています。

エメラルドグリーンに輝く羽は海の色を連想させ、果物や植物の芽を食べることで知られています。警戒心の強い鳥でもあるので、なかなか出会うことがありません。顔を出したら驚かさずに静かに観察しましょう。

アンダマン諸島は魚の宝庫

ダイビングやシュノーケリングの聖地でもあるアンダマン諸島は、魚の宝庫としても知られています。昔、漁がされなかったアンダマン諸島では、魚の楽園として多くの魚が生息していました。

今でもその名残を楽しむことができ、色鮮やかな海の世界を満喫することができます。ダイビングのポイントによっては多くの群れをなしている魚群を見ることができ、海の絶景を見渡せます。

今でも漁が行われていないポイントも点在しているので、優雅に泳いでいく魚の姿を観察できます。魚が豊富なため、それを狙っている大型の魚類も多く観察することができます。

珍しいナポレオンやカスリハタも観察することができ、多くのダイバーたちを魅了しています。世界中から多くのダイバーが集まるアンダマン諸島では、未だ残される海の絶景を楽しむことができます。

アンダマン諸島おすすめホテル1:Emerald Gecko

34372228 608248379547864 7980137196898222080 n
bong_goesplaces

アンダマン諸島で人気のあるホテルになり、インドの文化や歴史を感じながら宿泊することができます。緑豊かな自然に囲まれており、ホテルの近くには美しいビーチが広がっています。

同じ敷地内にレストランが併設しており、美味しいインド料理を味わいながら身も心も癒すことができます。広い客室ではのんびりと過ごすことができ、リゾートホテルとして人気があります。

18251616 405250709856664 3326344126554701824 n
hoakleydoakley

茅葺屋根の客室が特徴的になり、壁は竹で出来ています。そのため、暑い日でも室内では涼しく過ごすことができ、適度に海風を感じられるので、都会では味わえない体験ができます。

子供から大人まで楽しめるホテルでもあり、客室同士が離れているので静かに過ごすことができます。周辺を散策する際は、アンダマン諸島に生息している珍しい動植物と出会うことができます。

Thumbインドのコンセントを使う方法!形状・電圧・旅行に必要な変換プラグは?
インドは日本人観光客もたくさん訪れている人気の国です。そんなインドのコンセントはどんなタイプ...

アンダマン諸島おすすめホテル2:Havelock Island Beach Resort

35353451 888238968022219 5292171016078884864 n
_g.y.p.s.y_s.o.u.l_

アンダマン諸島でリゾートホテルとして人気がある観光地です。インド人からも人気のあるホテルになり、目の前には美しい海の広がるビーチがあります。客室から水着で行けるビーチでものんびりと過ごすことができ、インド人の家族連れから人気のあるリゾートホテルです。

27573880 347652305715866 874923170778316800 n
rohit.singh.56

部屋にはおしゃれなインテリアが設置されており、掃除が行き届いています。夜にはDJによる音楽を楽しむことができ、海風を感じながらお酒片手にリゾート気分を味わうことができます。

ホテル内に設置されているレストランでは、目の前に広がる海の絶景を楽しむことができます。ですが、窓が基本的に空いているので、ハエなどには注意しましょう。

ハネムーンでの利用におすすめ

39088899 316480212262645 1260578244315316224 n
ajay_kashyap89

インド人カップルからも人気のあるホテルになり、ハネムーンでよく利用されています。リゾート気分を味わいながら特別な記念日を祝うには最適のホテルになり、一生の思い出を作ることができます。

旅行者でもハネムーンで利用している方が多く、目の前のビーチでは記念撮影を撮ることができます。インドの民族衣装に身を包み、オリジナルの写真を撮影できると多くのカップルから注目を集めています。

アンダマン諸島への行き方

アンダマン諸島への行き方は、基本的にフェリー、もしくは飛行機でアクセスできます。インド大陸からの行き方が一般的になり、タイ本土からのほうが距離は近いですが、まずインドで入国する必要があります。

行き方はまず、インドの首都であるデリーまでアクセスします。デリーからはアンダマン諸島の中心部である「ポートブレア」まで直接アクセスすることができます。この場合の行き方は、飛行機になります。

最短での行き方でも、日本からアンダマン諸島までは約18時間かかります。そのため、行き方によってはフェリーでインドの観光地を巡りながらゆっくりとアクセスするのもおすすめです。

海外旅行の慣れている方は、事前にフェリーや飛行機の予約をしておくのがおすすめです。また、日本の旅行会社によっては行き方を指定してくれ、事前に予約をしてくれるので調べてみるのもおすすめです。

大自然の宝庫「アンダマン諸島」へ観光に行こう!

インドの大自然の宝庫「アンダマン諸島」。今でも手つかずの自然が残されており、先住民が自然との共存で暮らしています。日本ではできない貴重な体験を楽しむことができ、大自然だからこそ楽しめる絶景を見渡すことができます。ぜひ、インドへ観光の際は「アンダマン諸島」へ足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mdn

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ