ウルワツ寺院でケチャダンスと夕日を楽しむ!行き方や服装・注意点も紹介!

インドネシアのバリ島南部にあるウルワツ寺院は、バリ有数の夕日スポットとして知られています。ウルワツ寺院では、絶景の夕日をバックにバリ島の伝統舞踊ケチャダンスを鑑賞できます。今回はウルワツ寺院への詳しい行き方や服装の注意点など気になる情報をまとめます。

ウルワツ寺院でケチャダンスと夕日を楽しむ!行き方や服装・注意点も紹介!のイメージ

目次

  1. 1バリ島のウルワツ寺院は断崖絶壁にそびえる夕日スポット!
  2. 2インドネシアのバリ島ってどんなところ?
  3. 3バリ島のウルワツ寺院はジンバランエリアにある
  4. 4バリ島のウルワツ寺院とは?
  5. 5ウルワツ寺院で見られるケチャダンスとは?
  6. 6ウルワツ寺院への行き方1:現地ツアー
  7. 7ウルワツ寺院への行き方2:チャーターカー
  8. 8ウルワツ寺院は絶景の夕日スポット
  9. 9ウルワツ寺院へ行く時のおすすめの服装
  10. 10ウルワツ寺院観光の注意点1:サルに要注意
  11. 11ウルワツ寺院観光の注意点2:ニュピの時は観光できない
  12. 12ウルワツ寺院周辺の観光スポット1:スルバン・ビーチ
  13. 13ウルワツ寺院周辺の観光スポット2:ジェンガラ・ケラミック
  14. 14ウルワツ寺院周辺の観光スポット3:ゲーウェーカー・カルチュラルパーク
  15. 15ウルワツ寺院以外で夕日やケチャダンスを楽しめる場所はある?
  16. 16バリ島のウルワツ寺院で絶景の夕日を眺めよう!

バリ島のウルワツ寺院は断崖絶壁にそびえる夕日スポット!

インドネシア中部に位置するバリ島は、世界中から観光客が訪れる人気のリゾートアイランド。そんなバリ島で絶景の夕日が見られる有名な観光スポットと言えば、バリ島南部ジンバランにある「ウルワツ寺院」です。

ウルワツ寺院では、バリの伝統舞踊であるケチャダンスが毎晩奉納されており、インド洋に沈む壮大な夕日をバックに繰り広げられる炎のショーは、現地ツアーでも人気です。今回は、ウルワツ寺院への詳しい行き方や服装の注意点も含めてその魅力をお伝えします!

インドネシアのバリ島ってどんなところ?

ウルワツ寺院についてご紹介する前に、まずはインドネシアのバリ島について触れてみます。インドネシアは、3つのタイムゾーンで区切られています。中部にあるバリ島は、日本との時差が1時間で、最近ではLCCなどの就航により日本からも簡単にアクセスできるようになっています。

インドネシアの人口の大半は、イスラム教を信仰する人々ですが、バリ島は、インドネシアで唯一ヒンズー教の人々が多数派を占める島です。

世界有数の観光リゾートとして人気のバリ島では、インドネシアの他の地域と違って、豚肉を使ったお料理もたくさん食べられます。特に有名なのは、豚肉を使ったバーベキュー「バビグリン」です。

インドネシアのバリ島には、ウルワツ寺院をはじめたくさんのヒンズー教寺院があり、バリ島北部のティルタ・エンプルやタマンアユン寺院などは、世界遺産にも登録されています。独自の文化が発展したバリ島には、世界中のサーファーが集まる人気のビーチもあります。

バリ島のウルワツ寺院はジンバランエリアにある

今回ご紹介するウルワツ寺院は、インドネシアのバリ島南部にあるジンバランエリアの観光スポット。ジンバランは、バリ島南部バドゥン半島に広がる穏やかなビーチと、荘厳や夕日が見られる大人気のリゾートエリアです。

バリ島の中でも、クタやレギャンなどの賑やかな観光地に比べて、ジンバランは高級リゾートが多く、ごちゃごちゃとしてお土産を売る通りなども少なくて、静かに過ごしたい大人のカップルにおすすめです。

インドネシアバリ島の中でも、ジンバランは新鮮なシーフードが有名な地域で、ビーチ沿いには海鮮バーベキューを楽しめる屋台やレストランが点在しています。

ジンバランエリアには、超高級リゾートもたくさんありますが、最近では手頃な価格で泊まれる火照るも増えてきていますので、若者たちにも人気が出てきているようです。

バリ島のウルワツ寺院とは?

先にご紹介したインドネシア・バリ島南部のリゾートジンバランから、約10kmほど降ったところにあるバドゥン半島の南西に、今回ご紹介するウルワツ寺院があります。

「ウルワツ」とは「岬」という意味で、その名の通り、ウルワツ寺院はインド洋の荒波が打ち寄せる岬の突端に建てられています。約70メートルほどある断崖絶壁の上に建てられた荘厳なウルワツ寺院は、言い伝えでは10世紀に高僧ウンプ・クトゥランによって建立されました。

その後、16世紀にインドネシアのバリ島を訪れた高僧ニラルタがウルワツ寺院を訪れて、パドマサナ(最高神を祀る三層のメル)を増築したと言われています。

ウルワツ寺院は、インドネシア・バリ島の中でも由緒ある寺院の一つで、建物は、珊瑚性石灰岩で造られています。神聖な場所ですので、観光の際は服装にも注意が必要です。

ウルワツ寺院で見られるケチャダンスとは?

バリ島のウルワツ寺院で、毎晩講演が行われているケチャダンスは、バリ島に伝わるケチャという魔除けの舞踊と、ヒンズー教の「ラーマヤナ」を融合させた舞台芸術です。

インドネシアの伝統楽器「ガメラン」の音と、大勢の男性たちの掛け声に合わせて踊られるケチャダンスは、大迫力のステージショーとして観光客にも人気があります。

聴く人たちを不思議な感覚に陥らせるケチャダンスは、ウルワツ寺院の炎の明かりの中で演じられますので、臨場感たっぷりです!チケットの購入は、寺院の境内にあるチケットブースで買えます。

ウルワツ寺院のケチャダンスは、バリ島の伝統舞踊の中でも、特に規模が大きいことで知られており、鑑賞にかかる料金は100,000ルピアかかります。ケチャダンスの料金は、ウルワツ寺院の入場料とは別になりますので、ご注意ください。

ウルワツ寺院への行き方1:現地ツアー

ここからは、インドネシア・バリ島南部のウルワツ寺院への行き方をご紹介致します。まず、一つ目におすうめする行き方は現地ツアーを利用する行き方です。

バリ島最南端に近いウルワツ寺院は、日本人観光客が利用するホテルの多い、ヌサドゥアや観光名所として知られるクタ、レギャン、スミニャックなどのメインスポットからかなり離れています。

ウルワツ寺院の夕日の時間に合わせて確実に観光でき、ケチャダンスの料金や夕食まですべてパッケージになっている現地ツアーは、あちこち手配するのが面倒という方におすすめの行き方です。

バリ島の現地ツアーは、インターネット上で事前予約も可能ですが、ホテルや観光地の路面店などで販売しているツアーは特に安いので、できるだけ安く行きたい方には、現地入りしてから手配する行き方がおすすめです。

ウルワツ寺院への行き方2:チャーターカー

続いてご紹介するウルワツ寺院への行き方は、カーチャーターを利用して行く行き方です。インドネシアのバリ島は、地図で見るよりもかなり広い島で、南端にあるウルワツ寺院へ行くには、スミニャックエリアからは1時間近くかかります。

インドネシアのバリ島は、道路事情があまりよくないため、時間帯によっては大渋滞するので、メーター利用のタクシーよりは、時間で借りられるチャーターカーの方がおすすめです。

バリ島南部の観光スポットをいくつか回って最後にウルワツ寺院で夕日を見ると言ったオリジナルツアーを組むことも可能なので、自由気ままな旅を楽しみたいという方には、チャーターカーを使った行き方がおすすめです。

ウルワツ寺院の周辺には、ビーチやカルチャー・パークの他、お土産を買える人気スポットなどもありますので、ウルワツ寺院以外を観光したい方にも、カーチャーターを使った行き方がおすすめです。

ウルワツ寺院は絶景の夕日スポット

インドネシアのバリ島で、1、2位を争う夕日の絶景スポットとして知られるウルワツ寺院。サンセットは、通年18:00から18:30までとなっていますので、見逃したくない方は、夕方17:00までにウルワツ寺院に到着する行き方がおすすめです。

夕日の時間帯以外は、かなり空いているウルワツ寺院ですが、夕日の時間の前には、付近が大渋滞して駐車場もなくなります!確実にウルワツ寺院に到着しておきたいという方は、クタエリアなら遅くとも16:00までには出発する行き方がおすすめです。

ウルワツ寺院へ行く時のおすすめの服装

インドネシアのバリ島は、一年を通じて温暖な気候ですので、基本的には日本の夏の服装をしていれば問題ありません。ウルワツ寺院へ行く際に、バスやタクシーを利用しますが、移動中の車内はかなりエアコンが効いています。

軽く羽織れる上着やブランケットなど、エアコン対策できる服装を一枚カバンに入れておくことをおすすめします。

ウルワツ寺院だけでなく、バリ島の宗教施設は、肌を露出する服装では入れません。いくら暑いからと言って、タンクトップやランニングのような服装だと寺院内に入れませんのでご注意ください。

バリ島の寺院では、長ズボンを履いていても腰にサロンを巻いて拝観します。サロンは寺院で貸し出してくれますし、巻き方はツアーガイドさんなどが教えてくれます。

暑さ対策で、帽子やサングラスなどを携帯している方も多いと思いますが、拝殿する時には、帽子を取るなど、神様に失礼のないよう注意してください。

バリ島の人々は、日本人よりも体感温度が低いため、暑い時でも長袖長ズボンといった服装をしている方が多いようです。現地の人の服装は、ビーチなどでは暑すぎますが、寺院観光の際には参考にすると良いでしょう。

ウルワツ寺院観光の注意点1:サルに要注意

服装の注意点以外に、ウルワツ寺院を観光する際に気をつけるべきことをいくつかあげてみます。1つめの注意点は、ウルワツ寺院に生息しているサルです。

ウルワツ寺院では、寺院の境内に野性化したサルがたくさん生息しており、旅行者の眼鏡やカメラ、帽子などを取ったりするようです。ビニール袋や食べ物を持っていると狙われますので、特に注意してください。

ウルワツ寺院観光の注意点2:ニュピの時は観光できない

インドネシアのバリ島では、二つの暦にしたがって人々が生活しており、月の満ち欠けによって決まる「サコ暦」にしたがって迎えるバリの新年「ニュピ」の時期には、寺院を観光することができませんのでご注意ください。

バリ島のニュピ祭りは毎年開催日が異なりますので、旅行のスケジュールを立てる時には注意が必要です。

ニュピ祭りは前々日から始まり、この日には、寺院のご神体などを浜辺に持っていって海で清める儀式などが開催されます。ニュピの前日には、ムラムラの辻に悪霊へのお供えなどが置かれ、オゴホゴと呼ばれる山車が街中を練り歩きます。

ニュピの当日は外出することが禁じられており、家の中で遊ぶことさえ禁止されています。バリ島全体が静寂に包まれレストランなどもすべて休業となりますので、食料を事前に確保しておくなど注意が必要です。

ウルワツ寺院周辺の観光スポット1:スルバン・ビーチ

ここからは、バリ島のウルワツ寺院周辺にあるおすすめ観光スポットをいくつかご紹介してみます。トップバッターは、ウルワツ寺院からすぐ近くにある「スルバン・ビーチ」。

世界的に有名なサーフポイントとして知られる「スルバン・ビーチ」は、乾季には多くのサーファーが訪れます。

サーフィンの国際大会も開催されるこちらのビーチは、夕日の絶景スポットとしても人気で、絶景の海を見ようと多くの観光客が訪れます。

ベストシーズンは7月から9月で、高台には景色を楽しめるおしゃれなカフェなどもあります。行き方は、ウルワツ寺院から約2kmほどです。

ウルワツ寺院周辺の観光スポット2:ジェンガラ・ケラミック

続いてご紹介するウルワツ周辺の観光スポットは、ジンバランエリアのJalan Uluwatuにある「ジェンガラ・ケラミック」。

ユニークなデザインと質の高さで知られる「ジェンガラ・ケラミック」は、ナチュラルな素材とエキゾチックなデザインが人気の陶磁器のお店です。

ジンバランにあるジェンガラ・ケラミックは、店舗の大きさがバリ島最大規模で、蓮の葉やカエルの他、バリ島の女神などをモチーフにした様々な陶磁器が販売されています。

インドネシア・バリ島のお土産としても大人気のジェンガラ・ケラミック。カフェやギャラリーも併設されていますので、お買い物だけでなく観光スポットとしてもおすすめです。

ウルワツ寺院周辺の観光スポット3:ゲーウェーカー・カルチュラルパーク

バリ島南部のジンバランからウルワツ寺院へ向かっていく道の途中にある「ゲーウェーカー・カルチュラルパーク」は、世界の文化交流をコンセプトにしたジンバランの観光スポット。

巨大なヴィシュヌ像やガルーダのモチーフなどが設置されており、カフェやフードコートもある公園のシンボルとして知られています。

146mもある銅像の台座には、アートギャラリーなども建設される予定で、今後も様々な見どころが増えていきそうな観光スポットです。

ヴィシュヌ像の前にある噴水は、地下140mから湧水が出ているそうで、密かなパワースポットとして観光客に人気を集めているようです。

ウルワツ寺院以外で夕日やケチャダンスを楽しめる場所はある?

インドネシアのバリ島で、絶景の夕日が見られるウルワツ寺院ですが、北部の観光地「ウブド」エリアからは、車で3時間近くもかかります。

北部の世界遺産や観光地と合わせて夕日やケチャダンスを見たいという方には、スミニャックやクタからも近いタナロット寺院がおすすめです。

バリ島南西部に位置するタナロット寺院は、ウルワツ寺院と同じく絶景の夕日が見られる寺院として知られており、海に浮かぶ戦艦のような島はバリ島のガイドブックやポスターなどでもお馴染みです。

タナロット寺院は、クタやスミニャックエリアからも30分から40分ほどで行くことができ、ウブドなどの観光地と合わせてチャーターカーで回る行き方がおすすめです。

タナロット寺院へ行く際の服装は、引き潮なら海を渡って寺院の下にある聖地へ行くことができますので、水に濡れても良い服装や履物で出かけることをおすすめします。

ついでながら、バリ島では、生理中の女性はどの寺院にも入ることができませんので、ご注意ください。

Thumbタナロット寺院の行き方や見所を紹介!ケチャダンスや絶景サンセットも人気!
インドネシアのバリ島南西部にあるタナロット寺院はサンセットも美しい絶景の寺院。周辺ではインド...

バリ島のウルワツ寺院で絶景の夕日を眺めよう!

インドネシア・バリ島で絶景の夕日が見られるウルワツ寺院をご紹介致しました。ウルワツ寺院では、壮大なスケールのケチャダンスが開催されており、最大800人もの観衆が伝統舞踊を楽しみます。

最後にご紹介したタナロット寺院でもケチャダンスを開催していますが、規模は小さくウルワツ寺院のケチャダンスの迫力にはかないません。本場のケチャと夕日の両方を満喫したいなら、ジンバランのウルワツ寺院へおでかけください!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ