朝熊山(朝熊ヶ岳)展望台から伊勢を一望!登山道やケーブルカーの時間は?

三重県にある朝熊山は、江戸時代のお伊勢参りの時代から伊勢神宮とセットで登られていた山でした。現在もその美しい景色を楽しみに、多くの登山客が訪れます。朝熊山へのアクセス方法、登山ルートのほか、見どころなどについて紹介します。

朝熊山(朝熊ヶ岳)展望台から伊勢を一望!登山道やケーブルカーの時間は?のイメージ

目次

  1. 1朝熊山(朝熊ヶ岳)に行ってみよう
  2. 2朝熊山(朝熊ヶ岳)とは
  3. 3朝熊山(朝熊ヶ岳)はどこにある?
  4. 4朝熊山(朝熊ヶ岳)へのアクセス
  5. 5朝熊山(朝熊ヶ岳)登山の難易度は?
  6. 6昔の人も朝熊山(朝熊ヶ岳)へ行った
  7. 7朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ1:町石
  8. 8朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ2:ケーブルカー跡
  9. 9朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ3:向こうが見える木
  10. 10朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ4:展望台からの景色
  11. 11朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ5:天空のポスト
  12. 12朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ6:金剛證寺
  13. 13朝熊山(朝熊ヶ岳)登山の注意点
  14. 14朝熊山(朝熊ヶ岳)の周辺観光スポット
  15. 15朝熊山(朝熊ヶ岳)で景色を楽しもう

朝熊山(朝熊ヶ岳)に行ってみよう

江戸時代、お伊勢参りをした旅人が必ず訪れた場所の1つが三重県の朝熊山(朝熊ヶ岳)です。朝熊山に参らなければ片参りになると伊勢音頭にも歌われたほどでした。そんな朝熊山は今でも伊勢神宮とともに参拝する場所として知られています。朝熊山へのアクセス方法や見どころなどについて紹介します。

朝熊山(朝熊ヶ岳)とは

43242311 2154237694904248 1152231757422401710 n
illustrator_shironecomanju

朝熊山は標高555メートル、正式名称を朝熊ヶ岳と言います。三重県にあり、「三国地誌」という本には「岳」という名前で登場しており、周辺では「岳」=「朝熊山」ということになっています。

朝熊山は標高555メートルの北峰と、540メートルの南峰(経ヶ峰)のほかいくつかの山があります。「延喜太神宮式」などには「あさくま」とあり、本来は「あさくま」と読んだようですが、現在では「あさま」と読んでいます。

また、後で触れますが、頂上には臨済宗南禅寺派の寺院である金剛證寺があり、この寺そのものを「朝熊山」と呼ぶ場合もあります。このように朝熊山は、古くから伊勢志摩を代表する霊山として知られていました。

朝熊山(朝熊ヶ岳)はどこにある?

43778395 2722426847983278 6015221162729990187 n
kusanonobuaki

朝熊山があるのは三重県です。三重県伊勢市、鳥羽市にあたり、志摩半島の最高峰です。ちなみに朝熊山は南方の朝熊山地に連なっており、三重県志摩市の方まで連なっています。伊勢志摩国立公園の中にあり、日本百景にも選定されている、景色が美しい場所として知られた山です。

41994211 559591661138307 5384607258137088379 n
hirokihuruo

朝熊山は三重県の伊勢志摩国立公園の中で最高峰であるということもあり、登山を楽しむ人が多く訪れる山の一つです。加えて伊勢神宮の参拝の後にこちらを訪れる参拝客も多く見られます。伊勢市、鳥羽市を一望できる展望台は初日の出の名所としても知られています。

朝熊山(朝熊ヶ岳)へのアクセス

朝熊山へのアクセス方法には大きく分けて2つのルートがあります。1つめは直接最寄り駅などから朝熊山を目指すルートと、伊勢神宮参拝とを組み合わせるルートです。

朝熊山に直接アクセスする場合、最寄り駅は近鉄「朝熊」駅です。朝熊駅は鳥羽線の駅ですが、日中は1時間に2本普通列車が停まるのみの駅です。ただし、時間帯によっては急行や快速急行が停まる場合もあります。また、宇治山田駅と鳥羽駅を結ぶルートなので、アクセスの場所によっては乗り換えが必要となります。

20583273 1413042978787220 6440719054272462848 n
dear.mieken_l.d

駅から10分ほど歩くと、朝熊岳道登山口「であいの広場」に到着します。これが朝熊山登山のスタート地点となります。ここにはトイレや杖、40台分程度の駐車場があります。トイレは山頂までないので、ここで済ませておきましょう。また徒歩で下山する場合は杖を借りたほうが無難です。

ところが実は朝熊山には登山をしなくていい「登山」ルートがあります。どういうことかというと、バスで上まで上がることができるのです。

もう一つのルートはバスを利用して「登山」をするルートです。こちらは最寄り駅が近鉄「五十鈴川」駅となります。この駅は伊勢神宮の内宮参拝の最寄駅でもあるのですが、この駅から三重交通の参宮バスというバスが出ており、このバスに乗ることで一気に朝熊山頂上までアクセスできるのです。

27581448 1495052093927229 9050808407044390912 n
nanami_ozaki_73

バスは五十鈴川駅前からおかげ横丁近くの浦田町を通り、金剛證寺、山上広苑まで行きます。所要時間は約25分です。運行は土日祝日とお盆、年末年始だけですが、1日5往復あるので、行きは足で登山、帰りはバスで下山ということもできます。

伊勢神宮を組み合わせる場合は、参宮バスに浦田町から乗ってアクセスしてもよいですし、内宮の裏から延びる登山道を徒歩で登ってもよいでしょう。なお、参宮バスは「まわりゃんせ」などのフリーきっぷが利用できます。

車の場合は先ほど述べたように、であいの広場のところに駐車場があるので、ここまで車でアクセスすることができます。伊勢志摩スカイラインを利用し、「鳥羽」もしくは「伊勢」まで行くと、そこから20分ほどで到着となります。

車で山頂まで上がることももちろん可能ではあります。ただ、山頂の駐車場は10台分ほどしかなく、あまり多く停めることはできません。ですから観光シーズンなどにかかると車が停められない、渋滞にかかるという可能性もあります。このような時は朝をねらうか、下に停めて参宮バスでのアクセスをおすすめします。

Thumb伊勢神宮のアクセス・最寄り駅は?名古屋ほか主要都市からの行き方を解説!
「お伊勢さん」や「大神宮さん」と呼ばれている伊勢神宮にアクセスするする場合、電車やバスを利用...

朝熊山(朝熊ヶ岳)登山の難易度は?

19379535 453212401705402 6876205618277908480 n
dr.acchan

朝熊山登山の難易度ですが、大きく分けて2つのルートがあります。先ほど紹介した朝熊駅からのルートが「朝熊岳道」、内宮裏からのルートが「宇治岳道」と呼ばれます。いずれのルートもよく整備されていて、舗装された道も多く、さほど危険な場所はないようです。

朝熊岳道は駅からの距離が6キロほどと比較的短く、しかも途中に町石があるため、道に迷う心配もあまりありません。ただ、途中にやや急な登りがあります。

13249792 480038448865881 832316710 n
yama.m.o.g1552444

宇治岳道は朝熊岳道にくらべると距離はやや長く、8キロほどですが、道が緩やかで地元ではよく知られた道です。こちらも登山道に入ると一本道で、迷う心配が少ないルートとなっています。

このように、朝熊山登山そのものは比較的初心者でも問題なく行くことができます。また、登山者も比較的多いため、その点でも安心です。

昔の人も朝熊山(朝熊ヶ岳)へ行った

43913476 276921019605232 425344627892280750 n
y_ruri

最初に、江戸時代の人は伊勢神宮とセットで登ったと書きましたが、朝熊山は江戸時代の伊勢参りでも登っていた山でした。後で述べますが、室町時代の神仏習合によって、山頂の金剛證寺が伊勢神宮の鬼門を守る寺とされたことによって、両方参拝することが必要とされたのです。

朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ1:町石

それでは朝熊山登山の見どころをいくつか紹介していきましょう。まずは「町石」です。先ほども「町石があるから迷わない」ということを述べましたが、朝熊岳道の方には1町(約109メートル)ごとに町石と呼ばれる古い道しるべが残っているのです。

この町石は一町から二十二町まで続いており、ほとんどが江戸時代までに建てられました。江戸時代なので当時の単位である「町」が使われていますし、当然当時の人々もこれを目標にしながら登山をしたということになるのです。

途中、十町橋あたりからは伊勢の市街地や五十鈴川の河口などの景色が見通せるなど、展望台まで行く途中にも景色を楽しむことができる場所もあります。これを目安に頂上展望台までがんばりましょう。

朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ2:ケーブルカー跡

18723513 622571521280908 801088491071995904 n
mimoru68

実は朝熊山には昔、ケーブルカーがありました。1925年に開通したケーブルカーは、昭和になってから走りだした登山バスは、特に金剛證寺への参拝客を多く運んでいたのです。ところが1944年、第二次世界大戦の戦局が悪化すると、ケーブルカーの線路が供出され、ケーブルカーも廃線となってしまいました。

34447482 256387778446688 1126292612882366464 n
isekkookkesi

朝熊登山鉄道というこのケーブルカーはこのように、ほんの短い期間しか運転されていなかったのですが、実はある日本記録を持っていました。麓の平岩駅から朝熊岳駅までも1078メートル、高低差415メートルを登る路線は日本一、いや東洋一の急こう配であると言われていたのです。

このケーブルカーですが、金属の路線の部分は供出されたため残っていないのですが、駅の跡や隧道跡など主としてコンクリートで造られた部分が現在でも残っており、登山道の近くから見ることができるようになっています。

15034632 1197020420364152 3056721309665853440 n
koyasan_kongobuji

場所は十町の橋の反対側にあたります。プラットフォームはケーブルカーのプラットフォームの形そのままに傾斜に階段が刻まれる形で残っています。またコンクリートの橋なども残っており、昔のケーブルカーの時代の姿を今に伝えます。

ただ、このケーブルカーの跡は朝熊岳駅のあたりも含めて、立ち入りは禁止されています。十町橋のあたりから見るだけになりますので、ケーブルカー跡に入り込んだりしないようにしましょう。

朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ3:向こうが見える木

31557124 599084900484392 7774346828207620096 n
aa8caa

十五町目あたりまで来ると、そこには面白い木があります。その名の通り「向こうが見える」木です。幹の部分に大きなうろが空いていて、そこからのぞくことができるのです。山桜の木で、一緒に行った人に向こうからのぞいてもらって写真を撮るなど、撮影スポットとして人気です。

朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ4:展望台からの景色

42096308 1785630788202402 4338966870106988603 n
show___pic

朝熊山山頂には登山をがんばったご褒美の、美しい景色が待っています。展望台からは鳥羽市内、伊勢湾が一望できるだけではなく、条件がよければ富士山まで見えるという、三重県内でも屈指の絶景スポットとされています。

展望台の周辺には朝熊山山上広苑があり、売店やレストハウスなどの休憩場所があります。きっと江戸時代のお伊勢参りの人たちもここで一休みしたのでしょう。春にはつつじ祭りも開かれるそうです。

14624627 237752459985247 396653673033236480 n
kyontttttin

この展望台でぜひおすすめしたいものがあります。それは足湯です。朝熊山山頂には展望足湯があり、しかも目の前をさえぎるものがなにもありません。つまり足湯で癒されつつ、眼下に広がる景色をのんびりと堪能できるという、まさに天国のような体験ができるのです。

ここまで来ると、登山に慣れている方でもそれなりに足に疲れを感じているでしょう。展望台の景色を楽しんだらこちらの足湯でも癒しのひとときを過ごしてください。

朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ5:天空のポスト

43053085 972369836269384 1584736971162678082 n
leoo841

展望台の景色を楽しんだら、お手紙などしたためてみてはいかがでしょうか。展望台のところにはなんとポストがあります。「天空のポスト」といい、三重県内で3か所目の恋人の聖地(サテライト)にも選定されているそうです。恋人の聖地は縁結びのパワースポットとして知られているので、そのご利益も期待できそうです。

43175347 488474391667459 2531490060573268206 n
yutai350

ポストは「1号丸型ポスト」と言われるもので、丸い形のポストです。ノスタルジックな雰囲気があり、恋人の聖地のモニュメントとしてもぴったりです。日の出日の入りの時間帯は特に美しいとのことなので、タイミングが合うようであればそのあたりの時間を狙って行ってみるのもいいでしょう。

43046157 2174865829428132 3551080895079839484 n
hide886

ポストがあるからと言われても、気づかなくて何も準備していないという方もいるかもしれませんが心配はいりません。展望台のところにある売店ではがきや切手が販売されています。残念ながら特別な消印はないようですが、ポストですからもちろん集配も行われていて、ちゃんと相手に届くそうです。

朝熊山(朝熊ヶ岳)の見どころ6:金剛證寺

40901708 1170620533075765 5890851255809723670 n
tatsuroh_kon

最後に頂上近くにある金剛證寺に参拝しましょう。先ほども述べたように、このお寺は伊勢神宮の鬼門を守る寺と言われており、お伊勢参りの時にここに立ち寄らねば片参りとなると言われ、江戸時代のお伊勢参りの時代から現在まで、多くの参拝客が訪れる寺院です。

43112010 788050218192831 1815781274277000088 n
alexlft

金剛證寺の創建は定かではないのですが、6世紀半ばの欽明天皇の時代のことだと言われます。825年、空海によって真言密教道場として中興されました。その後衰退したものの1392年に鎌倉の建長寺の僧侶東岳文昱により再興され、この時から禅宗寺院となりました。

40951153 1026710637507230 4017465942450370234 n
_ssminsta_

室町時代になると先ほど述べたように神仏習合の考え方が広まり、伊勢神宮の鬼門を守る寺として伊勢信仰と結び付けられるようになります。江戸時代になると伊勢神宮との関係で幕府の援助を受けるようになります。

しかし、第二次世界大戦の時、ケーブルカーの線路が供出され廃線となると、再び金剛證寺は衰退します。戦争が終わり、1964年に伊勢志摩スカイラインが開通すると、ふたたび参拝客が増えて現在に至ります。

40676523 2134234773562424 4411584303855566848 n
hosodaken

1894年、近くの経ヶ峰から出土した経筒は1173年の銘があることから、1963年に国宝に指定されました。またこの出土した場所は1966年に朝熊山経塚群として国の史跡に指定され、出土品は境内の宝物館で見学することができます。また、本堂などは重要文化財に指定されています。

朝熊山(朝熊ヶ岳)登山の注意点

先ほど登山ルートのところで述べたように、朝熊山登山はどちらのルートをとってもさほど難しいルートではありません。場所も三重県ですし、極端に高い山でもないので、極端に気候が変化するということもあまりないようです。

しかしそれでも登山ではあり、途中には一部岩がゴロゴロしている場所などもあります。登山の恰好は準備しておいたほうがよいでしょう。また、ケーブルカー跡など、立ち入り禁止となっている場所もあるので、そういったルールは守りましょう。

朝熊山(朝熊ヶ岳)の周辺観光スポット

朝熊山周辺の観光スポットとしてあげられるのは、何といっても伊勢神宮でしょう。朝熊山とセットで参拝する場でもあり、また三重交通の参宮バスはその名前の通り伊勢神宮参拝とセットで登山をする方のためのバスでもあります。ですからせっかく朝熊山に行くならば、ぜひとも伊勢神宮参拝も忘れずにしましょう。

伊勢神宮は何といっても三重県、いや日本を代表する神社でもあります。伊勢神宮へのアクセスそのものはルートも多く、また内宮、外宮の参拝も便利です。参拝する場合はまずは外宮に参拝し、そのあとで内宮に行くしきたりとなっているので、外宮、内宮、朝熊山の順で参拝するとよいでしょう。

Thumb伊勢神宮観光のルートや所要時間は?おすすめモデルコースを紹介!
伊勢神宮は皇室の御先祖様をお祀りしています。伊勢神宮は広く、神社の数も多くあります。観光ルー...
Thumb伊勢神宮参拝の回り方!正しい順番や時間などを行く前にチェック!
日本を代表するパワースポットである伊勢神宮。お伊勢さんなどと親しまれていますが、参拝の回り方...

朝熊山(朝熊ヶ岳)で景色を楽しもう

江戸時代のお伊勢参りの人々も訪れた朝熊山は、参宮バスがあることもあって楽に登山を楽しむことができますし、徒歩での登山も道もよく、多くの人々が歩くこともあって、どちらでも登りやすい山です。頂上には展望台や天空のポストなどの楽しみもたくさんあります。ぜひ伊勢神宮参拝の際には朝熊山にも立ち寄ってみてはいかがですか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ