大阪の方言一覧!大阪弁の特徴や面白い意味不明な言葉まで徹底解説!

一般的に大阪弁というと、人気のお笑い芸人が使っている言葉というイメージや、「怖い人」が使う方言というイメージがあるでしょう。実は大阪弁はいくつかの種類の方言があり、特徴的面白い表現がたくさんあります。こちらではそんな大阪弁を一覧などにして徹底解説していきます。

大阪の方言一覧!大阪弁の特徴や面白い意味不明な言葉まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1大阪弁を徹底調査!
  2. 2関西弁と大阪弁はイコールではない
  3. 3大阪弁の方言の種類1:摂津方言
  4. 4大阪弁の方言の種類2:河内方言
  5. 5大阪弁の方言の種類3:和泉方言
  6. 6大阪の面白い方言一覧1:褒める言葉
  7. 7大阪の面白い方言一覧2:けなす言葉
  8. 8大阪の面白い方言一覧3:気持ちを表す言葉
  9. 9大阪の面白い方言一覧4:食べ物に関する言葉
  10. 10大阪の面白い方言一覧5:日常生活に関する言葉
  11. 11大阪の面白い方言一覧6:物の状態を表す言葉
  12. 12大阪の面白い方言一覧7:物の擬人化
  13. 13意味を取り違えがちな大阪弁
  14. 14大阪弁の特徴的な感覚
  15. 15変化しつつある大阪の方言
  16. 16大阪弁は知れば知るほど面白い

大阪弁を徹底調査!

日本有数の都市である大阪で使われている方言が大阪弁です。大阪弁は標準語とはまったく違うイントネーションや表現方法、そして文字にしたら同じなのに標準語とは全く違う意味があるもの、大阪の人独特の言葉の意味の受け取り方などその特徴は知れば知るほど面白いです。こちらではそんな大阪弁に関して一覧などを交えながらご説明します。

関西弁と大阪弁はイコールではない

42918838 282329019280243 613811582259669142 n
awajishimakaijyohotel

まず最初に定義しなくてはならないのは、関西弁と大阪弁はイコールではないということです。大阪弁は大阪で話されている方言で、関西弁とは関西地域で話されていう方言を広義に表現したものです。ですから関西弁と言った場合には大阪弁だけではなく、大阪周辺の京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県などで話されている方言を指します。

そのため関西弁というと、その県や地域により特徴的な言葉や言い回しがあります。標準語を話す地域の人が聞いても関西弁の細かい違いや特徴は中々区別しずらいでしょう。しかしながら関西弁を話す地域の人はそれぞれの人が話す関西弁を聞いて、関西弁を話す地域の中でも特にどこの地域の出身であるかがわかるそうです。

Thumb関西弁はかっこいい言葉?特徴やアクセント・種類まで徹底解説!
最近は関西出身のお笑い芸人の影響もあり、標準語を話す地域の人でも「関西弁」といえばある程度ど...

大阪弁の方言の種類1:摂津方言

関西弁の中の特に大阪弁にフォーカスしても、大阪弁自体もその地域によって、その方言にいくつかの種類や特徴があります。大阪弁は大きく分けて摂津方言、河内方言、和泉方言の3つに分けられます。それぞれの方言の特徴や話されている地域について簡単にご説明していきましょう。

摂津方言は大阪府北摂地区と兵庫県阪神地区で使用されています。いわゆる大阪弁と言った際にはこの摂津方言の事をさします。つまり大阪弁における標準語といったところです。大阪弁特有の語尾やイントネーションがありますが、標準語を話す人が聞いたとき、大阪弁の中では一番クセがないのが特徴です。

大阪弁の方言の種類2:河内方言

28430925 150471285623086 3911461711860727808 n
chancetoshi

河内方言は、大阪府東部の河内地方で使用されいる方言で、二人称に「われ」を使ったり、疑問形の最後に「け?」を使う特徴的な言葉です。関西地方に住み、関西弁に慣れている人であれば、「河内の方言だ」と理解できるのですが、標準語を話す人々にとっては少し「怖い」とか「乱暴」な言葉に聞こえるほど特徴的な方言です。

大阪弁の方言の種類3:和泉方言

28752616 159447404741460 6380462587254931456 n
ogaken.jp

和泉方言は泉州弁とも呼ばれます。大阪の南西部の泉州地域で使われる方言です。この地域には和歌山弁や阿波弁が混ざっているところも多く、大阪弁の中ではマイナーです。言葉自体は河内方言と共通するところもあるのですが、標準語を話す人が聞くと「怖い」とか「乱暴」というよりも、何を言わんとしているのかがわかりづらい方言です。

大阪の面白い方言一覧1:褒める言葉

では大阪弁の面白い言葉をご紹介していきましょう。大阪弁といっても今回は大阪弁における標準語である摂津方言を中心としてご紹介していきます。まずは大阪弁のちょっと変わった方言の誉め言葉からご紹介していきます。標準語を話す地域では少しイメージがしづらいものもあって面白いです。

べっぴん

「べっぴん」という言葉は関西と主に愛知県で使われます。美しいという意味で、「べっぴんやね」といわれたら、「美人ですね」の意味です。べっぴんの語源は「別嬪」という意味で嬪は、古来、天皇のに使える女官、側室を指します。その中でもとりわけ美しい人を「別嬪」と言ったのが始まりと言う説や、愛知県の方では特別美味しいうな丼を「別品」としたことが語源とも言われています。

しゅっとしてる

これは大阪弁だけでなく、関西弁を話す地域の人々がほぼ同じ認識で使う言葉です。「しゅっとしてる」というのは「かっこいい」という意味です。この「しゅっとしている」かっこよさというのは男性にも女性にも使います。どちらも「しゅっとしている」の意味合いの中に、スタイルがよくおしゃれで、頭がよさそうな雰囲気などが含まれます。

ごっつい

41512211 700475450308208 4599338072513455878 n
qpmep

標準語で「ごっつい」というと、しっかりとした体形であるという事をイメージする方が多いでしょう。しかし大阪弁で「ごっつい」と言う場合は「すごい」を意味します。会話の中では良いことにも悪いことにも目的語を修飾するように使いますが、「ごっついなぁ」と言われたら「すごいですね」の意味です。

大阪の面白い方言一覧2:けなす言葉

大阪弁の中にはもちろんネガティブな意味を持つ、けなし言葉も多く存在します。ネガティブな言葉ほど説明される機会は少ないでしょう。大阪の人との会話の中で大阪弁で嫌味を言われても気づかずに、無神経な人と思われない様に、ネガティブな意味を持つ言葉についても少しご紹介していきましょう。

いらん事しい

12725057 458338501042064 492208366 n
isxxtmk21

標準語を話す地域の人が初めて聞くと「イランコトシイ」という音だけ入ってくるので、何のことだかわからないのですが、「いらん事しい」と平仮名と漢字を混ぜて文字で表現すると、イメージが湧くのではないでしょうか。これは「余計なことをする人」を指します。「あんたほんまいらん事しいや」と言ったら「あなたは本当に余計なことをする人だ」の意味です。

いらち

30591903 1423926627713870 1965234699433410560 n
hi_kodesu

この「いらち」は標準語を話す地域では何のことだかわからないでしょう。これは「せっかち」の意味です。「いらちやね」といわれた「せっかちだね」、「おこりっぽいね」と言われたということになります。性格的に「いらち」が多い大阪の人々に「いらちやね」と言われたらあなたは相当のせっかちです。時と場合によっては気をつけなければなりません。

いちびり

17817839 292614717840803 1243588096721682432 n
kented

「いちびり」も関西地方ではどのような意味か共通の認識があります。「いちびり」は調子に乗ってさわいだり、恰好つけている人をさす、ネガティブな場面で使うことがほとんどですが、「あの人なかなかのいちびりやで」という使い方をした場合は、(あの人はなかなかの切れ者だよ)と言う誉め言葉に転ずる場合もあります。

大阪の面白い方言一覧3:気持ちを表す言葉

大阪は古くから商人の街として栄えてきました。そのため大阪弁は商売のうえで商談を円滑に進めるためやお客さんのご機嫌を取るために、気持ちを表す言葉をたくさん持っています。「おおきに」はもともと「多きに有難し」が始まりなことは有名ですが、そのほかにも代表的なものをご紹介していきましょう。

しんどい

「しんどい」は標準語を使う地域と大阪弁を使う関西エリアとでは少し使い方が違います。標準語でも精神的につらい時にしんどいは使いますが、関西エリアとは使い方が少し違っています。関西エリアでは「しんどい」一言でいろんな意味があります。例えば標準語の「風邪で熱っぽい」、「疲れた」、「痛い」、「つらい」、「厳しい」はすべて「しんどい」と表現するのは関西エリアの人の特徴です。

堪忍

「堪忍」は最近の大阪の若い人たちはあまり使いませんが、ある程度の年齢の方は「堪忍」を「ごめん」の意味で使います。「ごめん」と組み合わせて、「ごめんやで、堪忍な」と使う場合もあります。標準語の地域の人からすると「堪忍な」と言われると少しふざけているように聞こえますが、ちゃんとした謝罪の言葉です。

大阪の面白い方言一覧4:食べ物に関する言葉

大阪弁では食べ物に関する独特な表現方法もあります。また、有名なファーストフード店やコンビニなどにも標準語圏とは少し違う呼び方があります。例えばアイスコーヒーは「レイコー」(冷こー)、マクドナルドは「マクド」ということなどは有名です。関西でマクドナルドを「マック」と言う人は「いちびっている」ように聞こえるのだそうです。

大阪の面白い方言一覧5:日常生活に関する言葉

大阪には日常生活の中にも、標準語とは少し違う表現をする言葉があり、大阪弁がまったくわからなくても、伝わらないわけではありませんが、標準語ではまず使わない表現がしばしばあります。そんな日常生活に関する言葉の中から代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

蚊に噛まれた

20181255 210630779462470 7998337949743710208 n
sakura012087

大阪弁の言い方だと「蚊ぁに噛まれた」というような言い方です。これは標準語では「蚊に刺された」もしくは「蚊にくわれた」という言い方をしますので、「蚊に噛まれた」ということは刺されたということだと容易に想像できるのですが、標準語を話す人には違和感があるでしょう。

パーマをあてる

これも女性の中でよく日常的に使われる言葉です。大阪弁の「パーマをあてる」というのは、標準語だと「あてる」という表現はまず使いません。標準語だと「パーマをかける」という言葉になります。また同じように女性の中でよく聞く言葉で「髪をくくる」というのもあります。これも大阪弁特有で、標準語では「髪を結わく」、「髪を結ぶ」になります。

大阪の面白い方言一覧6:物の状態を表す言葉

さらに大阪弁には物の状態を表すときに使う方言もあります。これらは関西弁を話す地域では大体共通の認識がありますが、これは標準語とは全く違う言葉になるので、標準語の地域の人には説明なしでは理解ができないでしょう。それらの物の状態を表す言葉も少しご紹介していきます。

さら

「さら」というのは標準語で「真新しい」、「新品」と言う意味になります。「さらぴん」などと言う場合もあります。「さらのティーシャツ」は「真新しいティーシャツ」の意味です。「さらのやつ」と言われたら「新しいもの」という意味です。「さら」に関しては標準語を話す人にもイメージがしやすいでしょう。

けったい

大阪弁ではこの「けったい」という言葉をよく使いますが、これは標準語で「奇妙な」、「おかしな」、「不可解」なと言う意味があります。「あの人けったいやな」というのは、「あの人はちょっと風変わりな人だ」という意味になります。「けったいな格好してはる」だと「変な格好してる」という意味です。

大阪の面白い方言一覧7:物の擬人化

大阪弁の面白い表現の一つとして、物を擬人化するという特徴があります。大阪のおばちゃんが持ち歩く飴は「飴ちゃん」、大阪の人が大好きなうどんに乗っている油揚げは「お揚げさん」、さらに社寺や、「おはよう」にも「おはようさん」などとさん付けで呼びます。実はこのさん付けにはれっきとした歴史と理由があります。

さん付けは、宮中や公家に仕えた女官や侍女達が丁寧語として使っていた「御所言葉」で、それが一般庶民に広まり、一般化していきました。さん付けされるものには大きく分けて2つの分類があり、1つは丸くてかわいい物、1つは敬意の現れだそうです。飴や豆などは前者、あいさつや社寺は後者の分類に入り、お揚げさんは稲荷神社を連想させることから「さん」が付くのだそうです。

意味を取り違えがちな大阪弁

大阪弁の中で明らかに聞いたことがない言葉は方言であることがわかるのですが、大阪弁も標準語も同じ言葉なのに全くちがう意味の場合があります。これらは意味を取り違えがちで、普段の生活ならばまだしも仕事上で誤解が起きるとトラブルになってしまう場合もありますので注意しましょう。

なおす

会社で大阪の人もしくは関西出身の上司に「これなおしておいて」と書類を渡されたとしましょう。標準語の地域の人は「わかりました」といって、書類を受け取り内容を確認し、「で、どこをなおしたらよいでしょうか?」という流れになります。しかしながら、関西圏において「なおす」というのは、標準語の「しまう」、「片づける」の意味です。誤解がないように注意しましょう。

ほおっておく

これも関西圏の人と標準語圏の人が意味の取り違えをしやすい言葉です。「ほおっておいて」は関西圏では「捨てておいて」の意味です。対して標準語では「ほおっておいて」は「そのままにしておいて」の意味となり、まったく逆の意味合いになります。これをビジネスの場面で取り違えると、大切な書類やデータを消してしまうなどの重大なミスにつながりますので、注意しましょう。

大阪弁の特徴的な感覚

そして標準語圏の人が大阪弁を完全に理解しきるには、大阪の人がもつ言葉に対するフィーリングを理解する必要があります。例えば大阪では部下が上司に報告するとき「あのね、○○の件ね」と言う始まりで話す人が多いです。これはタメ口ではなく、大阪では「あのですね、○○の件なのですが」という感覚です。

そして大阪の人にもならず多くの関西人は「行けたら行く」、「考えとく」は行く気ゼロ、考える気はゼロの意味です。標準語圏の場合は「行けたら行く」、「考えとく」には50%のチャンスがあるときに使います。関西では「あほ」と言われた笑い飛ばせるますが、「ばか」と言われるちょっとカチンときます。これもフィーリングの違いです。

変化しつつある大阪の方言

18382334 988809771254714 8052854665416540160 n
t.kazutaka

最近の若い人の間では言葉がどんどん変化しています。特徴的な大阪弁を話す人が減っているのも事実です。昔は関所において身元を確認する目的もあった「お国ことば」ですが、現在は関所もありませんし、テレビなどで多くの情報が行きかう中、様々なものが標準化されてしまうのは少し残念でもあります。

大阪弁は知れば知るほど面白い

大阪弁の面白い方言や大阪弁の独特な言い回しなどを簡単に一覧にしました。この一覧以外にもまだまだ面白い大阪弁は沢山あります。言葉に対する感覚の違いなども興味深いです。大阪を旅するときはもちろんですが、お友達やご家族に大阪の人がいたら、ぜひ方言に注意して聞いてみてください。大阪の人も大阪弁も知れば知るほど面白いです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ