インドと日本の時差&飛行時間はどれくらい?旅行を快適に過ごすコツは?

インドと日本の時差や飛行時間についてはどれくらいかかるのでしょうか。そんな疑問を解決するために、インドと日本の時差や飛行時間について紹介します。併せてインド旅行を快適に過ごすための方法やコツについても併せてお伝えします。

インドと日本の時差&飛行時間はどれくらい?旅行を快適に過ごすコツは?のイメージ

目次

  1. 1旅行を楽しむためにインドと日本の時差を知ろう
  2. 2インドってどんなところ?
  3. 3インドの特徴
  4. 4インドの時差は?
  5. 5インドの時差の計算方法
  6. 6インドの時差の計算にあたってサマータイムはある?
  7. 7日本からインドのデリーに行くとき時差ボケは起こる?
  8. 8わずかな時差のインドと日本の飛行時間は?
  9. 9インドと日本の時差を踏まえた飛行時間を快適に過ごすには?
  10. 10時差を踏まえたフライト時間を快適に過ごすコツ1「アイマスク」
  11. 11時差を踏まえたフライト時間を快適に過ごすコツ2「耳栓」
  12. 12時差を踏まえたフライト時間を快適に過ごすコツ3「ネックピロー」
  13. 13時差を踏まえたインドへの飛行時間中の注意点
  14. 14インドの旅行を快適に過ごせる服装について
  15. 15インドと日本の時差をしってインド旅行を楽しもう!

旅行を楽しむためにインドと日本の時差を知ろう

インドと言えば、多くの観光客が訪れている世界的にも人気の高い観光地となっています。そんな世界有数の旅行スポットであるインドに行くときには、時差について知ることが大切となっています。時差を知らなければ、時差ボケに陥ることもありますし、旅行を楽しめない危険性があります。そんな時差について紹介します。

インドってどんなところ?

43607986 2518315381512269 7379813956341614950 n
tabiiku

インドとは、南アジアの中で比較的広い面積を持つ国となっており、世界第2位の人口を持つ大国として知られています。その人口の多さは、12億人を超えており、その中には様々な民族や言語、そして宗教が入り混じっております。公用語はヒンディー語を始めとして、様々な用語が使われており、多民族国家として成長しています。

43778818 686470931739153 5643646461929549089 n
emok.eda77

そんなインドですが、近年になって製造業やサービス業が急速に成長しているという特徴があります。そして宗教はヒンドゥー教徒は最も多く、イスラム教なども信仰されています。その証拠として、数多くの寺院や礼拝堂などが存在しています。何百年も残存している寺院などは世界遺産に登録されているほどです。

Thumbインドの首都デリーは観光名所がいっぱい!おすすめスポットや治安を調査!
インドの首都デリーにはおすすめの観光スポットがいっぱいあります。デリーには世界遺産の他にも必...

インドの特徴

41826846 273847326570909 2091657285403548066 n
hiro_piromin

そんなインドの特徴について説明させていただきます。インドの民族の特徴として、街のいたるところにヒンディー語の案内だけでなく、英語の看板もあることです。そのため観光に行ったときでもあまり迷うことなく観光することが出来ます。また親切な人も多く、困っている旅行者には積極的に道を教えてくれるそうです。

インドの時差は?

インドの時差について説明させていただきます。インドの時差についてですが、日本とインドの時差は3時間30分となっています。そしてインドと日本を比べると、日本のほうが、少し時間が進んでいます。そのため、日本が17:00の場合は、インドのデリーは、13:30です。そのためあまり時差を感じることはありません。

時差というと、1時間単位の時差となることが一般的なのですが、インドのように横に長い地域のときは、実際の時間と、生活時間のズレを無くすことを目的として、分単位の時差を採用していることが多いそうです。そのため。3時間30分という少し中途半端な時差が生じていることになります。

インドの時差の計算方法

日本の現在時間から、インドの現地時間の計算方法について説明させていただきます。日本の現在時刻から、インドの現地時間の計算方法ですが、日本の時間のほうが早く進んでいますので、時差分を引き算してしまうと簡単に計算出来ます。日本が13:00のとき、インドのデリーは3時間30分を引き算して、9:30となります。

一方で、インドの現地時間から日本の時間を計算する方法についても説明します。インドの現地時間は、日本の時間よりも遅れていますので、インドのデリーの現地時間に時差である3時間30分を足し算することで計算できます。インドのデリーが13:00のときは、3時間30分を足して、日本の現地時間は16:30となります。

インドの時差の計算にあたってサマータイムはある?

日本とインドの時差を計算するときの注意点について説明させていただきます。経度を計算しておくことで、様々な国の時差を計算することができるようになっていますが、国によってサマータイムを導入しているところもございます。サマータイムを導入していると、時差を計算するうえで少し時差の計算が異なることがあります。

サマータイムとは、イギリス英語でとなっていますが、アメリカ英語では「デイライト・セービング・タイム(daylight saving time)」というふうにも親しまれている言葉になっています。日が出ている時間の長い夏の間、太陽が出ている時間を有効に活用することを目的として、実際の時間に1時間を加えた時間を設定するものです。

これはオーストラリアやアメリカなどで実施されているものになっており、明るいうちに仕事をしており、夜は早く寝るようになるということから、結果的に社会全体の省エネルギー化につながるとして認知されているものになっています。緯度が高く夏の日照時間が長い地域では一般的に取り入られている制度です。

そのようなサマータイムですが、日本では実施しておりません。それではインドのデリーではサマータイムを実践しているのでしょうか。その制度について説明させていただきます。しかしながら、インドのデリーではサマータイムを実践していません。そのため時差と同じ3時間30分を踏まえて現地時間をチェックしましょう。

日本からインドのデリーに行くとき時差ボケは起こる?

それでは、日本からインドのデリーに行くときに時差ボケは起こるのかどうかについて説明させていただきます。時差ボケとは、時差が大きい地域に行くときに起こる症状のことで、通常の日照時間とずれた地域に行くために、外が暗くなっても眠ることが出来なかったり、日が照っている日中に眠くなってしまう症状のことです。

他にも、睡眠障害や疲労感であったり、頭が重く感じてしまうなど様々な症状を引き起こしてしまいます。そのためできるだけ時差ボケを避けることは大切です。一般的に時差ボケは、5時間以上の時差がある地域に旅行するときに起こる症状だと言われています。そのため、インドのデリーに行くときはそこまで時差ボケの影響はありません。

しかし、3時間30分も時差のある地域に行きますので、時差ボケ対策を行っているときと行っていない場合では大きな違いがあります。そのため、インドのデリーに旅行に行く数日前からは、インドのデリーの現地時間に合わせて、食事や睡眠を取るようにして、時差ボケをできるだけ無くすような対策を講じることが必要です。

わずかな時差のインドと日本の飛行時間は?

インドと日本の飛行時間について説明させていただきます。インドと日本の飛行時間についてですが、おおよそ9時間程度となっています。日本からインドのデリーまでには、航空会社の直行便が運行しています。飛行時間についてですが、日本発デリー着までの飛行時間が、おおよそ9時間程度となっています。

一方で、インドのデリーから、日本に帰るまでの飛行時間について説明させていただきます。インドのデリーから日本に帰るまでの飛行時間についてはおおよそが8時間程度となっています。日本から向かうよりも、デリーから帰るまでの時間のほうが短いので、帰り道については少し短くなっていますので安心してください。

また、デリーへは、ビジネスで利用するような方が多くいらっしゃいますので、季節や時期によっては混雑する可能性が高くなっています。そのため、インドのデリーに旅行に行く場合については、早めにチケットを獲得しておくことをおすすめします。インドの中でも人気の地域になっており、多くの観光客が訪れます。

インドと日本の時差を踏まえた飛行時間を快適に過ごすには?

インドと日本の飛行時間を快適に過ごす方法について説明させていただきます。インドと日本の飛行時間を快適に過ごすための方法についてですが、先述したとおり、インドと日本の飛行時間については、おおよそ8時間から9時間程度かかるようになっています。そのため飛行時間は快適に過ごす方法を考えることが大切です。

インドと日本の飛行時間を快適に過ごすための方法としても大切なことは、座席に座るときの座り心地が大切になっています。寝るにしても起きているにしても、首や腰、肩などをうまく固定することが大切になっています。他にも口の乾燥防止のマスクや、アイマスク、そして耳栓なども欠かせないようになっています。

時差を踏まえたフライト時間を快適に過ごすコツ1「アイマスク」

インドと日本の飛行時間を快適に過ごすために必要なもの1つ目は、「アイマスク」です。アイマスクとは目元につける光を遮ってくれるもので、飛行時間中は、機内のライトは消灯していますが、機内の席の中のテレビの光や、非常口のライトなどが気になって眠れないときもあります。そんなときにアイマスクは非常に重宝します。

時差を踏まえたフライト時間を快適に過ごすコツ2「耳栓」

インドと日本の飛行時間を快適に過ごすために必要なもの2つ目は、「耳栓」です。空港で使うことができる耳栓は、一般的な耳栓と違うものがあります。なぜ飛行時間に耳栓が必要かというと、飛行機では非常に高い硬度を飛びますので、気圧の変化が激しく、耳の調子が悪くなってしまう可能性があるのでそれを防止するためです。

そのために欠かせないこととしては、気圧調整機能があります。普通の耳栓と違い、気圧の変化による不快感を軽減する機能がついています。消音機能が十分でなかったりするという問題点もありますが、気圧の変化による耳へのダメージが軽減されていますので、飛行時間中非常に快適に過ごすことができるようになります。

時差を踏まえたフライト時間を快適に過ごすコツ3「ネックピロー」

19933292 1568817883191890 6873095658228678656 n
suzanneeee1028

インドと日本の飛行時間を快適に過ごすために必要なもの3つ目は、「ネックピロー」です。ネックピローとは首周りに固定するためのもので、座っている座席で眠くなったりして、首が動くのを防止するために使うことがあります。また最近では空気を入れてふくらませるタイプのものが増加していますのでかさばることもありません。

16789750 1259911074085695 233395223013621760 n
dei_junnosuke

最近では、質の高いものが100円ショップなどで提供されているようなこともあります。そのため、万が一忘れてしまったりしたときや、念の為に持っておきたいときのようなときには、お手頃な価格となっていますので購入することをおすすめします。万が一不要になったら空港で処分することも出来ますので安心です。

時差を踏まえたインドへの飛行時間中の注意点

42655762 1207552796050823 2665381603887260799 n
memetamn

インドのデニーに行くときには長い旅に備えて必要な持ち物について紹介させていただきました。それいがにも、登場中にも必要なものがあります。服装や水分補給などやエコノミー症候群などについて気をつける必要があります。そんな長い飛行時間に備えて知っておくべきなおすすめの情報について紹介させていただきます。

43326425 538782456582244 2861466788680599444 n
maeee_c

機内では、まくらであったり、毛布であったり体の暖を取ることができるようなものが数多く用意されています。そのためそのような暖を取るようなものはなくてもよいのですが、自分にあったものを用意しておくことをおすすめします。8時間の飛行時間中ですので、睡眠なども必要になっています。

43242315 309217266566121 5645262640622369264 n
v.rudraguesthouse

他にも、長時間の飛行時間においては、水分補給も大切になっています。飛行機の機内持ち込みチェックのときは水を持ち込むことが出来ないのですが、飛行機に乗る前の待機時間に買うことも出来ますし、客室乗務員などにお願いすることも出来ます。機内が乾燥しているのでしっかりとドリンクを飲んで血流を流すことが大切です。

43764135 2350880738469074 3432158914350260341 n
tsuchizoo

また、エコノミー症候群を防止するために注意しておくべきこともございます。エコノミー症候群とは、長い間、座りっぱなしの状態になることで、足の血液の流れが悪くなってしまい、血の塊が出来てしまう症状のことを指しています。これが長く続いてしまうと、血の塊が肺の動脈に流れてしまい危険な病気に繋がります。

42626965 283351852518754 1545456413640529832 n
maa_doriti

これを防止するためには、飛行時間中は適度に足のマッサージや、機内の移動を行うことが大切なほか、血液が固まらないように水分補給を行う必要があります。また飛行機のフライト時間は長いので、しっかりとした睡眠時間を確保できるように、フライト前には少し睡眠不足の状況で飛行機に搭乗することをおすすめします。

インドの旅行を快適に過ごせる服装について

43914815 2147584725560160 251485637036815582 n
koji_hervey_1026

インドの旅行を快適に過ごせる服装について説明させていただきます。インドの旅行を快適に過ごすことができる方法についてですが、それを理解するためには、インドの気候について理解することが大切になります。インドの季節は、日本のように指揮に分かれているわけではなく、「乾季」「暑季」「雨季」の3つになります。

22070713 1864883786861686 946461520450027520 n
palmbeach_akane

この区分では、10月から2月が乾季、3月から5月が暑季、6月から9月が雨季となっています。そのためその時期に合わせた服装をすることが、インドのデリーを旅行するために必要な事となっています。まず乾季についてですが、乾季はほとんど雨が降りません。そして暑季は、蒸し暑くなり、雨季はスコールばかりが多く降ります。

10684024 1555105631369817 1349293352 n
sukoburutakezo

そのため、乾季や暑季にかけては、日差し対策としてサングラスであったり日焼け止めを行うことが大切となっています。基本的にこの時期は暖かい時期が続くのですが、朝晩は冷え込むこともありますので、長袖の服装や厚めのカーディガンやニットなどを用意しておくと安心です。雨季はスコールに備えて、雨具が必須です。

インドと日本の時差をしってインド旅行を楽しもう!

今回は、インドについての概要をはじめとして、インドと日本の時差について紹介させていただきました。併せてインドにフライトで行くときの快適な過ごし方や、インド旅行での快適な服装についてなどについて徹底的に紹介しました。インド旅行に行くときには、時差を踏まえつつ旅行を楽しんでください。

Noimage
この記事のライター
Sytry