フランスの通貨「ユーロ」まとめ!レートや両替情報・カード事情も調査!

フランスと言えば、日本だけでなく世界から多くの観光客が訪れる人気の観光地です。そんな人気の観光地であるフランスですが、通貨についてはご存知でしょうか。フランスの通貨は「ユーロ」でヨーロッパ各国で使われています。そんなフランスの通貨「ユーロ」について紹介します。

フランスの通貨「ユーロ」まとめ!レートや両替情報・カード事情も調査!のイメージ

目次

  1. 1フランスの通貨「ユーロ」について学ぼう!
  2. 2フランスの通貨「ユーロ」とは
  3. 3フランスの通貨「ユーロ」は高額紙幣に注意!
  4. 4フランスの通貨のフランスフランについて
  5. 5フランスの通貨「ユーロ」のレートについて
  6. 6フランスの通貨の両替について
  7. 7フランスの通貨「ユーロ」は最低限持ち歩くだけでOK!
  8. 8フランスの通貨「ユーロ」は日本の空港で両替をしよう
  9. 9フランスの通貨に両替できるパリで人気の両替所
  10. 10フランスのパリの近くにある両替所1「Merson」
  11. 11フランスのパリの近くにある両替所2「CCO」
  12. 12フランスのカード事情について調査!
  13. 13フランスではクレジットカードを使ってATMで通貨を得よう!
  14. 14フランスの通貨ではなくクレジットカードを持つメリット
  15. 15フランスの通貨・カード事情について学んで観光を楽しもう!

フランスの通貨「ユーロ」について学ぼう!

フランスと言えば、多くの観光客が訪れる世界有数の観光地として知られています。そんなフランスですが、日本と比べても「カード社会」として知られており、ほとんどの会計をカードで行うことが出来ます。しかしまだまだ現金も使われています。そんなフランスの通貨やカード事情について紹介します。

フランスの通貨「ユーロ」とは

フランスで一般的に流通している通貨について説明させていただきます。フランスで一般的に流通している通貨は「ユーロ」です。もともとは「フラン」と呼ばれる通貨を使用していたのですが、EUへの統合を受けて、2002年から通貨が「フラン」から「ユーロ」へと変更されました。そんなユーロとは、EU諸国で使われる通貨です。

ユーロとは、フランスだけでなく様々な地域で使われています。例えばドイツやイタリア、スペインやオランダなど、いくつもの国が使用しています。もちろんユーロを導入していない国もありますが、ヨーロッパ諸国でも非常に広く認知されている通貨として知られています。そのためヨーロッパに行くときは見知った通貨です。

ユーロには、通貨と紙幣の2種類があります。ユーロ紙幣は、合計で7種類が用意されています。7種類もあるのですが、実際に流通している紙幣は5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロの5種類となっています。200ユーロや500ユーロの紙幣はほとんど見かけません。

この高額紙幣の取扱いについては、具体的には後述させていただきますが、フランスではあまり大きな金額を持つことが少なくなっており、高額のものを購入するようなときは、クレジットカードや小切手などを使用することが一般的となっています。そのため、10ユーロから50ユーロ紙幣などが使われることが多いです。

43984929 333271683902377 4785412234170427014 n
luxuryinmilano

一方でフランスで使われるユーロ硬貨についてですが、1ユーロセント、2ユーロセント、5ユーロセント、10ユーロセント、20ユーロセント、50ユーロセント、1ユーロ、2ユーロの8種類となっています。100ユーロセントが1ユーロとなっています。特に効果の一面は、EU加盟国のユーロで統一されています。

43915166 1193423334156660 8320308896601069851 n
1milliondols

しかし、もう片面についてですが、その国独自のデザインが描かれています。フランスのユーロ硬貨は、木と六角形のマーク、そして「自由・平等・友愛」というフランスのモットーが描かれています。そのようにいくつもの特徴がありますので、コイン収集家などは集めている方も多くなっています。

フランスの通貨「ユーロ」は高額紙幣に注意!

43675272 1942515422724467 5908702606580515574 n
luxuryinmilano

先述したとおり、フランスの高額紙幣である100ユーロ、200ユーロ、そして500ユーロなどが使われていないということを説明させていただきました。一般的にフランスで現金で高額紙幣で支払うことがありませんので、実際に見たことがないというフランス人も多くなっています。そのためスーパーなどで高額支払いすらできません。

43685103 245900172947947 6299933287262138218 n
luxuryinmilano

というのも、フランスは先述したとおりクレジットカードの文化となっておりまして、高額紙幣で支払いを行われたときに、お釣りを用意されていないことが多くなっています。また一般的に流通していませんので、偽札でないかどうかのチェックも行われるので、手間が少しかかってしまいます。そのため避けたほうが無難です。

フランスの通貨のフランスフランについて

26355626 247365389135892 218285845893873664 n
momokuri9999

フランスフランの存在について説明させていただきます。2002年からEUの加盟の影響もあって、ユーロに使うことになりましたが、その変換後から数年については、フランス内でも流通していたのですが、現在はもはや現物を見かけるようなこともなくなっています。何かの購入に使用することもできなくなっています。

20393891 250243232148181 3369876115475660800 n
sayu_anne

そのため、万が一お釣りなどで提供されているようなときに、露店などでは未だにフランスフランが提供されしまう可能性もあります。そのためお釣りを受け取ったときには、その金額と種類についてしっかりと確認した上で、お金をつかうことをおすすめします。またそのようなことを防止するためにクレジットカードがおすすめです。

フランスの通貨「ユーロ」のレートについて

44487669 1420487678095858 7291433470089383991 n
wendeycrypto

フランスの通貨「ユーロ」のレートについて説明させていただきます。フランスの通貨「ユーロ」のレートについてですが、2018年10月時点で、129円となっています。そのため1ユーロあたり、おおよそ130円前後と見積もっても差し支えないでしょう。そのレートで取引するので、両替の目安にすると良いでしょう。

フランスの通貨の両替について

43818097 2231448453805922 8963753697917923362 n
trade_with_ivan

フランスの通貨の両替について説明させていただきます。一般的に日本円を海外の通貨に変換するときは、現地で両替しておくほうがお得に利用することができるようになっています。例に漏れずフランスでも両替店がたくさん用意されていますが、フランスに関しては、日本で両替する場合のほうがお得になることが多いです。

44386661 182865202557706 3021529608905819047 n
weimin.cronik2010

というのも、フランスでは、日本で両替するときのレートに比べると、両替所の手数料の高さが、日本よりも高くなっています。物価の安い国であれば、手数料が安くなっているのですが、フランスはそのようなことではないため、ユーロを使いたいときには日本で両替することをおすすめします。

43914020 313762962542882 5988087665986540358 n
trade_with_benson

また、詳しくは後述させていただきますが、フランスでは多くの地域でクレジットカードを使用することが出来ます。タクシーやスーパーなど、日本ではまだ使えないような場所でもクレジットカードを使えるということもあって、現金を持っているよりも、クレジットカードを持っておくほうが便利に感じることもあります。

フランスの通貨「ユーロ」は最低限持ち歩くだけでOK!

43492617 281881315774880 716779127908986212 n
trade_alex_scoth

そのため、フランスに行くときは、必要な現金のみを日本で両替してからアクセスすることをおすすめします。基本的には、日本国内で紙幣に両替しておくほうが便利なのですが、時にはどうしてもフランスで、日本円をユーロに変換したいと考えるときもございます。為替レートと手数料に注意して、お店を選びましょう。

44544782 275918673041373 5447432595886635796 n
clixsense6

レートが非常に良い両替所だとしても、手数料が非常に高くなっている両替所も存在しています。近年では、手数料無料という形にして、事前のレートに手数料込みの値段を表示している両替所も増えています。しかし、いくつかの両替所では手数料が追加でかかるようになってしまうので、手元に残るお金をしっかり確認しましょう。

フランスの通貨「ユーロ」は日本の空港で両替をしよう

先述したとおり、現地の両替所のレートは非常に悪く、手間もかかってしまいます。そこで日本でユーロへの両替をおすすめするのですが、日本でおすすめの両替ができる場所は、銀行よりも「空港」となっています。基本的に日本で日本円からユーロに交換するときには、空港にある両替所を使うと手数料も安くお得になっています。

フランスの空港も比較的レートが良いのですが、それでも街中よりもましな程度で日本と比べるとレートの悪さは目に余ります。また現地でどうしても現金が必要になったときは、両替所を利用するよりも、クレジットカードを利用してATMからお金を引き出したほうが、手間や手数料を加味すると結局お得になることも多いです。

フランスの通貨に両替できるパリで人気の両替所

43913217 706557229711380 7685054464013857726 n
alexandranicole.1

日本でユーロに両替するのがおすすめであると説明させていただきましたが、それでもどうしても現地で両替する必要がある場面も出てくる可能性もあります。後述しますが、フランスではクレジットカードを利用してATMからキャッシングすることも可能となっていますので、両替所で両替することはあまりありません。

43985610 305539683602734 2076312341637329525 n
alexandranicole.1

しかしながら、両替所による両替のほうが安心感を覚えるといった場合や、クレジットカードを所有していないなどの理由から、両替所による両替サービスの利用を希望する方もいるのも事実。そこでそのような人たちにために、フランスの主要な観光地である「パリ」にある人気の両替所について説明させていただきます。

フランスのパリの近くにある両替所1「Merson」

38081756 433229460508923 5701515484248145920 n
shonan_kotaro

フランスのパリの近くにある両替所1つ目は「Merson」です。こちらの両替所は、パリ証券取引所の近くにある両替所となっています。こちらの特徴は、フランスで発行されている日本語フリーペーパーに広告を出している点。そのため日本人対応に慣れていますので、安心して利用することが出来ます。オペラ座からもすぐです。

フランスのパリの近くにある両替所2「CCO」

39736899 1922409194486960 1852478751212830720 n
zen_fukuda

フランスのパリの近くにある両替所2つ目は「CCO」です。こちらの両替所は、パリの老舗の両替所となっており、在留日本人にも人気の高いショップとなっています。観光やショッピングの中心地となっているエリアからすぐの場所にあり、手軽にアクセスすることができるようになっています。手数料無料なのも良いです。

フランスのカード事情について調査!

44555777 1856543197775212 5910903918936637856 n
sjjs_mark

フランスの通貨のカード事情について調査について説明させていただきます。フランスの通貨のカード事情についてですが、フランスは、クレジットカードが日本以上にも使うことができるカード社会となっています。その浸透っぷりは、スーパーなどでは1ユーロからカード払いを可能となっています。

37256120 610179096049567 3842773751594745856 n
naomiyon7034
40478202 320664665350274 6369271953329849246 n
s.s.ssa

1ユーロは、おおよそ130円前後ですので、スーパーやコンビニエンスストアなど、非常に安い値段から利用することができるようになっています。クレジットカードのは利息なども考えるとお得に利用することができる場合もございますので、フランスに行くときには、クレジットカードを所有しておくことをおすすめします。

43258312 537846709991625 520080177461423016 n
nj1963osakakuukou

日本の銀行でも、国際キャッシュカードを発行しているところがあり、それを利用すれば、現地で現金が必要になったときだとしても、フランスのATMなどで引き出すことができるようになっています。そのため持っていても問題ありません。非常に手軽に使うことが出来ますので、事前にクレジットカードを持っておくことをおすすめです。

フランスではクレジットカードを使ってATMで通貨を得よう!

42821397 393537854519910 100613883025215194 n
crenavi

クレジットカードを使ってATMで使う場合、手数料がかかるので、利用するときには注意が必要です。しかしながら、通常の両替所で両替をするときよりも、楽だったり余計な手間もかからないので、覚えておくことをおすすめします。しかもフランスであるにもかかわらず、ほとんどのATMで英語も使えるので安心です。

43985259 260501457982405 2638769351236751277 n
nagi3488

クレジットカードでATMを下ろす場合、上乗せ額や手数料などが追加でかかってしまうので、小出しにするよりも、一気にまとめて下ろすほうがおすすめになっています。フランスでは先述したとおり、クレジットカード社会となっていますので、現金で支払うよりも、クレジットカードで支払うときのほうが一般的になっています。

42713890 180058219550215 1628997902396021894 n
lotus_salon_studio

タバコやパンなどくらいしか現金で使うことがないのですが、カフェなどでもクレジットカードを使用することができるようになっていますので覚えておくと良いでしょう。他にもレストランやタクシー、そして券売機なども利用することが出来ます。使えるクレジットカードは限られていますので注意しておきましょう。

42508516 140148903611457 1285913857440965036 n
gouda723

使えるクレジットカードの種類としては、VISAやMasterCardが一般的となっています。暗証番号も覚えておかないと、使えない場合がありますので注意しておきましょう。それ以外の、AMEXやDINERS、そしてJCBカードなどは、使える場所がほとんどなく、高級ブランド店などでなければ使用できないので注意しましょう。

37207197 370893413441479 5674182436930453504 n
transit_cebu

フランス全土で使用することができるようになっていますので、安心してクレジットカードを利用してください。フランスのスーパーなどでは、1ユーロから利用することができるようになっていますが、それ以外のお店では下限が10ユーロ以下となっています。この場合、為替レートなどに両替するよりもお得になります。

フランスの通貨ではなくクレジットカードを持つメリット

海外旅行でクレジットカードを持っておくことのメリットですが、海外旅行では特に一般的に必要な現金ですが、現金は最小限に持っておくことが必要になります。そのため現金を持たなくても良いクレジットカードは非常に便利で楽になっています。複数のクレジットカードを持つと、被害も分散することができるので安心です。

フランスの観光地であると、被害に会いやすいというのが現状となっています。というのもアジアの治安が良いので、比較的セキュリティに対して甘いという認識となっています。そのため、アジア人は狙われやすくなっています。そのため注意しておきましょう。防犯に気をつけながら、現金とカードを使うようにしましょう。

フランスの通貨・カード事情について学んで観光を楽しもう!

今回はフランスの通貨やカード事情について紹介しました。併せて、フランスの紙幣の取扱や、フランスフランといった注意点、おすすめの両替所などについてもお伝えしました。フランスと言えばカード社会とも言われており、クレジットカードの利用が一般的です。ぜひフランスに行くときは参考にして下さい。

関連記事

Noimage
この記事のライター
Sytry

新着一覧

最近公開されたまとめ