日本郵船歴史博物館は横浜の歴史ある建物!見どころやアクセスは?

この記事では、横浜にある歴史的建物「日本郵船歴史博物館」の魅力を紹介します。日本の歴史が知れる日本郵船歴史博物館では、迫力のあるモデルシップなど、見どころがいくつかあります。今回は日本郵船歴史博物館の見どころに合わせて、駐車場などの基本情報も丁寧に解説します。

日本郵船歴史博物館は横浜の歴史ある建物!見どころやアクセスは?のイメージ

目次

  1. 1『日本郵船歴史博物館』の魅力を徹底解説!
  2. 2『日本郵船歴史博物館』の見どころ一覧!
  3. 3『日本郵船歴史博物館』の見どころ1:堂々とした外観
  4. 4『日本郵船歴史博物館』の見どころ2:海運業者チックな室内
  5. 5『日本郵船歴史博物館』の見どころ3:大型のモデルシップ
  6. 6『日本郵船歴史博物館』の基本情報!
  7. 7『日本郵船歴史博物館』の営業時間は?
  8. 8『日本郵船歴史博物館』の定休日は?
  9. 9『日本郵船歴史博物館』の入館料金は?
  10. 10『日本郵船歴史博物館』のアクセス方法は?
  11. 11『日本郵船歴史博物館』のアクセス方法1:電車
  12. 12『日本郵船歴史博物館』のアクセス方法2:バス
  13. 13『日本郵船歴史博物館』に駐車場はある?
  14. 14『日本郵船歴史博物館』の周辺駐車場1:リパーク横浜海岸通3丁目
  15. 15『日本郵船歴史博物館』の周辺駐車場2:タイムズ海岸通3丁目
  16. 16横浜に来たら『日本郵船歴史博物館』へ!

『日本郵船歴史博物館』の魅力を徹底解説!

この記事では、「日本郵船歴史博物館」の見どころや基本情報を徹底的に紹介しています。威厳のある建物が特徴の日本郵船歴史博物館ですが、その中の様子まで知っている人はあまりいないのではないでしょうか。今回は、日本郵船歴史博物館の室内の見どころやアクセス方法をわかりやすく解説しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

『日本郵船歴史博物館』の見どころ一覧!

43915479 267951187191060 5159230646017349264 n
naoki_nyosu

それでは早速ですが、横浜市にある『日本郵船歴史博物館』の見どころを紹介していきます。日本郵船歴史博物館は、日本郵船の歴史がわかる大人向けの博物館です。歴史好きな人には、たまらないスポットと言えるでしょう。そんな日本郵船歴史博物館の見どころを、本記事ではわかりやすく紹介します。博物館に行くつもりの人は、必見です。

37558734 262298327825544 8629814342595903488 n
morihiro1966

この記事で紹介する日本郵船歴史博物館の見どころは、次の3つです。横浜市に住んでいる人なら、1度は見たことがあるであろう「堂々とした白の外観」。あまり知られていない「海運業者チックな室内」。そして日本郵船歴史博物館に入らないと見られない「大型のモデルシップ」です。まずは、1つ目の外観の見どころから見ていきましょう。

『日本郵船歴史博物館』の見どころ1:堂々とした外観

42941016 2248444711884504 1742717206475934756 n
07myinfo

横浜市・日本郵船歴史博物館の1つ目の見どころは、日本郵船歴史博物館の「堂々とした白の外観」です。横浜市に住んでいる人なら、1度は見たことがあるのではないでしょうか。日本郵船歴史博物館の建物は、周囲の建物とは違う雰囲気が出ており、印象に残りやすいです。現代風の建物とはまるで違い、どちらかというと銀行のように感じます。

40084018 277881586156903 3757092089319630022 n
guupiyo

日本郵船歴史博物館の建物は、列柱が並んでいます。この列柱が並んでいる建物は、銀行などでよく見られます。これには少し理由があり、日本郵船株式会社が「船荷証券」という証券を発行していたから、この銀行建築になったのではないかと言われています。日本郵船歴史博物館は、銀行建築ならではの堂々とした佇まいというわけです。

『日本郵船歴史博物館』の見どころ2:海運業者チックな室内

39124398 2297217336961435 7574759255580868608 n
yokohama_gram

横浜市・日本郵船歴史博物館の1つ目の見どころは、日本郵船歴史博物館の「海運業者チックな室内」です。先ほどは、日本郵船歴史博物館の銀行建築の外観について触れましたが、お次は室内です。日本郵船歴史博物館の室内がどのようなものになっているのか、知っている人は少ないのではないかと推測されます。

室内は、実際に日本郵船歴史博物館に入らなければわかりません。日本郵船歴史博物館は、基本的に撮影がNGになっていますので、見る機会が極端に少ないんです。さて、気になる日本郵船歴史博物館の室内ですが、海運業者ということもあり、船の舵輪のようなデザインが見受けられます。また、明治時代を感じさせる室内にもなっております。

『日本郵船歴史博物館』の見どころ3:大型のモデルシップ

横浜市・日本郵船歴史博物館の3つ目の見どころは、「大型のモデルシップ」です。日本郵船歴史博物館の中には、1920年代の豪華客船の大型のモデルシップが飾られているんです。実際に見れば、その迫力の大きさに胸を打たれることでしょう。また、大型のモデルシップが見られるだけでなく、映像を見て楽しむこともできます。

『日本郵船歴史博物館』の基本情報!

40924727 271990150084964 2740683246402496515 n
k_yatou_yokohamayakei

横浜市にある『日本郵船歴史博物館』の見どころを紹介し終えたところで、次の話題に移させていただきます。続きましては、日本郵船歴史博物館の基本的な情報を解説していきます。基本的な情報というのは、主に営業時間や定休日、そしてアクセス方法などを指します。これらの情報は、あらかじめ調べておくことを強くおすすめします。

というのも、日本郵船歴史博物館だけに限った話ではなく、観光スポットに行く前に基本情報を調べておけば、観光に出かけて失敗することが減るからです。休みを取って観光に出かけたは良いけど、そのスポットが定休日で入れなかった、なんて事態になっては休みを取った意味がありません。本記事を読んで、博物館の基本情報をおさえましょう。

『日本郵船歴史博物館』の営業時間は?

横浜市にある『日本郵船歴史博物館』の1つ目の基本情報は、営業時間についてです。営業時間は、重要な基本情報の1つです。もし営業時間を調べずに行って、目的地が営業時間外だったなら、観光に行った意味がありません。そういった意味でも、営業時間を調べることは大切です。それでは早速、日本郵船歴史博物館の営業時間を見てみましょう。

果たして日本郵船歴史博物館には、何時から何時までの間はいることができるのでしょうか。調べてみたところ、日本郵船歴史博物館の営業時間は、午前10時から午後5時までの間となっていました。合計で7時間の間、観光して回ることができるわけです。ちなみに、入館が可能なギリギリの時間は、午後4時30分ですので注意しましょう。

『日本郵船歴史博物館』の定休日は?

横浜市にある『日本郵船歴史博物館』の2つ目の基本情報は、定休日についてです。定休日もまた、営業時間と同じくらい観光に行くのに重要な基本情報と言えます。定休日を下調べせずに行ったとして、もしその日がちょうど定休日だったとしたら、何のために観光に訪れたのかわかりません。なので、博物館の定休日をきちんと把握しましょう。

結論から言いますと、日本郵船歴史博物館の定休日は「毎週月曜日」となっていました。日本郵船歴史博物館は、月曜日は決まってお休みですので、日本郵船歴史博物館に行くのなら月曜日以外にしましょう。なお、もし月曜日が祝日だったのなら、次の平日がお休みとなります。月曜日が祝日の場合のみ、月曜日でも入ることができるわけです。

日本郵船歴史博物館の定休日は毎週月曜日なんですが、この博物館には臨時の休館日も設定されています。調べてみたところ、日本郵船歴史博物館の休館日は次のようになっていました。2018年ですと、10月30日から11月2日、12月29日から1月3日。2019年ですと、2月5日から2月8日までが臨時休館日となりますので、注意しましょう。

『日本郵船歴史博物館』の入館料金は?

横浜市にある『日本郵船歴史博物館』の3つ目の基本情報は、入館料金についてです。ほとんどの人が把握していると思いますが、日本郵船歴史博物館に入るのに料金が必要となります。無料で入れるわけではありません。では、日本郵船歴史博物館の入館料金は、一体いくらなんでしょうか。入館料金の結果については、次のテキストをご覧ください。

日本郵船歴史博物館の入館料金ですが、一般の人は「400円」となっていました。一般の人というのは、高校を卒業した人から65歳未満の人のことを指します。そして中学生と高校生の入館料金は、一般料金よりも安く設定されていました。中学生と高校生の入館料金は、一般の人より150円も安い「250円」です。なお、65歳以上の方も同じ料金です。

『日本郵船歴史博物館』のアクセス方法は?

横浜市にある『日本郵船歴史博物館』の4つ目の基本情報は、アクセス方法についてです。せっかく営業時間や入館料金を把握しても、行き方を把握しておかなければ元も子もありません。本記事で紹介するアクセス方法を覚えて、迷うことなく日本郵船歴史博物館にアクセスしましょう。気になるアクセス方法については、次のテキストをどうぞ。

日本郵船歴史博物館へのアクセス方法は、主に次の2つとなっております。「電車」と「バス」を利用したアクセス法です。日本郵船歴史博物館へは、公共交通機関を利用してアクセスしたほうが、便利というわけです。電車やバスを利用すれば、自分で運転する必要がないため楽ですし、窓から景色を眺めながらアクセスすることができます。

『日本郵船歴史博物館』のアクセス方法1:電車

1つ目の横浜市・日本郵船歴史博物館へのアクセス方法は、「電車」を利用する方法です。日本郵船歴史博物館は、駅の近くにあるため、電車でのアクセスが便利なんです。日本郵船歴史博物館に電車でアクセスする場合、おすすめの降車駅は次の3つ。「馬車道駅・関内駅・桜木町駅」です。この中のうち、馬車道駅で降りることをおすすめします。

まず馬車道駅ですが、この駅に降りたら6番出口にでましょう。6番出口が日本郵船歴史博物館に近いからです。6番出口から日本郵船歴史博物館に歩いて掛かる時間は、およそ2分ほど。たった2分歩くだけで日本郵船歴史博物館に到着できますので、非常におすすめです。アクセス方法で悩んでいる人は、馬車道駅に降りれば問題ありません。

『日本郵船歴史博物館』のアクセス方法2:バス

2つ目の横浜市・日本郵船歴史博物館へのアクセス方法は、「バス」を利用する方法です。バスに乗ってアクセスする方法は、桜木町駅の近くに住んでいる人におすすめです。なぜなら、桜木町駅から日本郵船歴史博物館に行けるバスが出ているからです。それ以外の人は、電車に乗って馬車道駅から歩いていけば、基本的に問題ありません。

それでは、具体的なバスでのアクセス方法についてお話します。先ほどもお話したとおり、日本郵船歴史博物館に行けるバスは、桜木町駅から出ています。なので、桜木町駅の1番から3番のバス乗り場に向かいましょう。そしてバスに乗ったら、「警察本部前」か「本町4丁目」で下車しましょう。そこから少し歩くだけで、目的地にたどり着けます。

『日本郵船歴史博物館』に駐車場はある?

横浜市にある『日本郵船歴史博物館』の5つ目の基本情報は、駐車場事情についてです。日本郵船歴史博物館には、車で訪れた人に配慮して、駐車場を用意しているのでしょうか。電車やバスでアクセスしやすい日本郵船歴史博物館ですが、駐車場を用意している可能性は大いにあります。しかし、残念ながら、この建物には駐車場がありませんでした。

日本郵船歴史博物館が運営している駐車場は、残念ながら存在しません。なので、日本郵船歴史博物館にクルマで訪れるのは不向き、というわけでもないんです。というのも、確かに日本郵船歴史博物館が管理している駐車場はありませんが、この建物の周辺には有料の駐車場が何ヶ所もあります。建物周辺の駐車場を2ヶ所、本記事で紹介します。

『日本郵船歴史博物館』の周辺駐車場1:リパーク横浜海岸通3丁目

37945377 308481106382856 6290188795669118976 n
wtnb.tmy

横浜市・日本郵船歴史博物館の建物周辺にある駐車場、1ヶ所目は「リパーク横浜海岸通3丁目」です。リパーク横浜海岸通3丁目は、日本郵船歴史博物館からわずか58メートルの距離に位置しています。なので、クルマを停めてから3分ほど歩くだけで、目的地である日本郵船歴史博物館に到着できます。駐車場選びで悩んだら、ここを選べばOKです。

36782599 208681036503375 2118640606145150976 n
yamada_mado

そんなリパーク横浜海岸通3丁目の駐車可能台数は、それほど多くありません。紹介ページには、駐車可能台数が15台と記載されていました。15台という台数は、駐車場の中でもちょっと少ないほうです。なので、もしかしたら混雑するかもしれません。しかし、リパーク横浜海岸通3丁目は24時間営業ですので、利用する人の時間帯はバラけます。

肝心のリパーク横浜海岸通3丁目の駐車料金ですが、通常料金のみとなっていて、最大料金は設定されていませんでした。この駐車場の通常料金は、7時から24時までだと30分300円の料金が発生します。1時間利用すると600円になります。反対に、0時から7時までだと60分100円の料金で済みます。なお、この料金は平日・休日問わずです。

『日本郵船歴史博物館』の周辺駐車場2:タイムズ海岸通3丁目

36148857 302899313766432 7387818845517381632 n
janeesque

横浜市・日本郵船歴史博物館の建物周辺にある駐車場、2ヶ所目は「タイムズ海岸通3丁目」です。タイムズ海岸通3丁目は、目的地の建物前からたったの44メートルしか離れていません。なので、上で紹介した「リパーク横浜海岸通3丁目」よりも早く、日本郵船歴史博物館の建物前までアクセスできます。とは言え、そこまで距離は変わりません。

34983108 1210618979080641 7474548279766679552 n
souchoukan

タイムズ海岸通3丁目の駐車可能台数ですが、先ほど紹介した駐車場よりも、停められる台数は少なかったです。その数わずか7台。7台しか停められないのであれば、利用の多い休日など、混雑する可能性は考えられます。タイムズ海岸通3丁目を利用する際は、目的地の建物周辺にある他の駐車場を、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

タイムズ海岸通3丁目の駐車料金は、こちらも残念ながら最大料金は設定されていませんでした。なので、通常料金のみの解説となります。タイムズ海岸通3丁目の通常料金は、次のとおりです。8時から22時の間だと30分300円の料金が発生します。反対に、22時から翌日の8時の間だと120分100円の料金となります。これは平日休日問わずです。

Thumb横浜港シンボルタワーは芝桜や夜景が綺麗な名所!アクセスや駐車場は?
横浜港シンボルタワーは神奈川県の横浜にある芝桜や夜景が綺麗なスポットです。そんな横浜港シンボ...
Thumb横浜中華街の観光コース&スポットまとめ!子供連れやカップルにもおすすめ!
横浜の人気観光スポット、横浜中華街。食と文化の街として多くの人に親しまれています。中華レスト...

横浜に来たら『日本郵船歴史博物館』へ!

横浜市の「日本郵船歴史博物館」の魅力、おわかりいただけたでしょうか。威厳のある建物と、海運業者チックな室内が見どころの日本郵船歴史博物館では、大型のモデルシップが見られます。アクセス方法は、電車やバスなどの公共交通機関を利用するとよいでしょう。本記事で紹介した見どころを参考にして、博物館の観光を大いに楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ぐりむくん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ