三重『瀧原宮』は伊勢超えパワースポット?ゼロ磁場の謎や御朱印情報も!

三重県の「瀧原宮」は、伊勢神宮の別宮です。スピリチュアルなパワースポットと言われていますが、近年ではゼロ磁場スポットとしても話題になっています。今回は「瀧原宮」の由緒からアクセス、拝観時間、御朱印、見どころなどを総合的にご紹介します。

三重『瀧原宮』は伊勢超えパワースポット?ゼロ磁場の謎や御朱印情報も!のイメージ

目次

  1. 1三重の瀧原宮は伊勢神宮の別宮
  2. 2三重の瀧原宮は穴場パワースポット
  3. 3三重の瀧原宮の由緒
  4. 4三重の瀧原宮へアクセス1:公共交通機関
  5. 5三重の瀧原宮へアクセス2:自家用車
  6. 6三重の瀧原宮の参拝時間
  7. 7三重の瀧原宮の参拝方法
  8. 8三重の瀧原宮の御朱印
  9. 9三重の瀧原宮はゼロ磁場?
  10. 10三重の瀧原宮の見どころ1:由緒書き
  11. 11三重の瀧原宮の見どころ2:参道と宿衛屋
  12. 12三重の瀧原宮の見どころ3:手水舎と御手洗場
  13. 13三重の瀧原宮の見どころ4:ゼロ磁場
  14. 14三重の瀧原宮の見どころ5:瀧原宮と瀧原竝(並)宮
  15. 15三重の瀧原宮の見どころ6:若宮神社と長由介(ながゆけ)神社
  16. 16三重の瀧原宮の見どころ7:古澱地
  17. 17三重の瀧原宮の見どころ8:道の駅「木つつき館」
  18. 18三重の瀧原宮に参拝に行こう

三重の瀧原宮は伊勢神宮の別宮

三重県にある「瀧原宮(たきはらのみや)は、有名な伊勢神宮の別宮です。いつ行っても静かな「瀧原宮」はゼロ磁場地点で、スピリチュアルな気が漂うパワースポットといわれていますが、まだ広く知られた存在ではありません。今回はこの「瀧原宮」の由緒をはじめ、参拝時間や御朱印、そして見どころなどについてお伝えします。

三重の瀧原宮は穴場パワースポット

伊勢神宮には皆がこぞって参拝する内宮、外宮という「本宮」の外、別宮や摂社、末社など合わせて125の宮社があり、それらは三重県内の4市2郡に点在しています。

その中でも「瀧原宮」は、「別宮」の中では、皆がお参りする正宮(内宮と外宮)から1番遠い場所にあります。正宮周辺からは車で1時間ほどかかるので、熱心な参拝者や御朱印を頂きに来る人の他にはあまり人の姿を見かけません。

37691461 471120369966522 2798916228435935232 n
bst303e

伊勢神宮の本宮が人であふれかえっている連休や観光シーズンでも「瀧原宮」にはさほど人がおらず、静寂さが漂っています。スピリチュアルなパワースポットや神域と言われるのが実感できる空気に満ちています。

初詣は「瀧原宮」で静かにお参りするという人も多く、また、旅行サイトでも訪問者の満足度が高い穴場スポットです。

三重の瀧原宮の由緒

日本にあるすべての神社の上位に位置する三重の伊勢神宮は、昔から多くの参拝客が訪れていますが、近年ではスピリチュアルなパワースポットという視点でも若い人の注目を集めています。伊勢神宮の正宮である内宮と外宮はよく知られていますが、伊勢神宮には別宮、摂社、末社など、合わせて125もの宮社があることはあまり知られていません。

三重の「瀧原宮」は、伊勢神宮の別宮の1つなのですが、最高神である天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀り、遙宮(とおのみや)と呼ばれている格式の高い神社です。

「瀧原宮」の由緒は2000年も前にさかのぼります。第11代垂仁天皇の皇女だった倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大神をお祀りするにふさわしい場所を探し求めていたところ、清らかなこの地を見つけて「瀧原宮」を建てたのが起源とされています。

「瀧原」という地名は、大小たくさんの滝があるところから名付けられたと言われていますが、現在では滝は見られません。

29402696 167732257217674 2733266747078475776 n
zhongcun1375

現在の地に伊勢神宮が建てられ、天照大神が祀られるのは瀧原宮が建てられた後のことです。つまり瀧原宮は内宮の雛形であり、神社に詳しい人が驚くほど様相が似ています。瀧原宮のすぐ隣には「瀧原並宮(たきはらならびのみや)」という別の神社が建てられていますが、2社が並んでいるのは全国的にもとても珍しい形式です。

三重の瀧原宮へアクセス1:公共交通機関

13827399 1328262567198869 345752386 n
nozomu.emura

伊勢神宮の別宮「瀧原宮」へ公共交通機関を使って行く場合は、JR紀勢本線の「滝原駅」で下車し、20分ほど歩きます。特急停車駅の「三瀬谷駅」からだと徒歩で50分ほどかかります。また、同じくJR紀勢本線の「松阪駅」からは南紀特急バスが出ており、所要時間約50分で「瀧原宮前」停留所に着きます。

名古屋からなら三重交通南紀高速線のバスの普通系統を利用し「瀧原宮前」のバス停で下車すればすぐにアクセスすることができます。2018年10月現在、本数は上り下りとも1日3本、片道料金は大人2100円、子供1050円、所要時間は約2時間になっています。

三重の瀧原宮へアクセス2:自家用車

三重の「瀧原宮」へ自家用車でアクセスする場合は、伊勢自動車道の伊勢西ICからなら、勢和多気JCTを経て紀勢自動車道に入り、大宮大台ICでおります。距離にして約40キロメートル、所要時間は約40分です。

「瀧原宮」には参拝者用駐車場が3か所あり、料金はどこも無料です。3か所で合計170台ほどの普通車を停めることができますが、参拝者数のわりにスペースが多いので、たいていの場合1番近い駐車場に停めることができるでしょう。

住所: 三重県度会郡大紀町滝原872
電話番号: 0598-86-2018

三重の瀧原宮の参拝時間

43664649 2083202522010448 3286586893298792993 n
ue_pfm

三重の「瀧原宮」の参拝時間は季節によって変わるので注意が必要です。10月、11月、12月の参拝時間は5:00から17:00です。1月、2月、3月、4月、9月の参拝時間は5:00から18:00、それ以外の5月、6月、7月、8月の日の長い時期の参拝時間は5:00から19:00となっています。

この参拝時間は「瀧原宮」だけでなく、伊勢神宮の社宮全部で共通です。年末年始の参拝時間はイレギュラーですので、気になる人はサイトで調べてください。

三重の瀧原宮の参拝方法

「瀧原宮」の敷地内にはお参りをする場所が、2つの宮と2つの神社の合計4か所あるのですが、回る順番が決められています。現地立て札にも記載されていますが、「瀧原宮」「瀧原竝(並)宮」「若宮神社」「長由介神社」の順です。意識していないと間違えやすいので、参拝する際は注意しましょう。

三重の瀧原宮の御朱印

40612198 2089202841343402 1482695393321928132 n
mstyoshida01

三重の「瀧原宮」では、他の多くの神社と同様、御朱印をもらうことができます。御朱印をもらえる時間は参拝時間に準じますので、季節によって変動します。上記の参拝時間を参考にしてください。いくら参拝時間内とはいえ、ぎりぎりに行くのは失礼なので、時間に余裕をもって訪問するのが礼儀です。

42711540 241514053192853 6904561139894602592 n
keiko_arcana

「瀧原宮」の御朱印は、境内入口から100メートルほどのところにある「宿衛屋(しゅくえいや)」で頂くことができます。とてもシンプルな御朱印で、御朱印の右には参拝の日付け、中央には朱色で「瀧原宮印」の角印が押されます。

すっきりと簡素な御朱印ではありますが、神社の雰囲気と同様、紙面の白い空間にピンと張りつめたスピリチュアルな気を感じます。

42003037 239540090248138 7996673768882289703 n
diy_gosyuin_book

伊勢神宮の初穂料(御朱印を頂く際の代金)は300円です。あらかじめぴったりの金額を用意しておきましょう。その他、御朱印を頂く時のマナーや注意点がいくつかありますので、御朱印初心者は、あらかじめ把握をしておくと良いでしょう。

伊勢神宮では全部で7カ所の神社で御朱印を頂くことができます。本宮では御朱印帳の販売もしているので、伊勢参りの記念に購入するのもおすすめです。

Thumb伊勢神宮の御朱印の種類や受付時間を調査!木製の御朱印帳が買える場所は?
神社の中で最上位に位置する伊勢神宮は、「お伊勢参り」や「ええじゃないか」などで、古くから多く...
Thumb伊勢『月夜見宮』の御朱印や参拝時間は?不思議な形のお稲荷さんも!
三重県の伊勢神宮はいつの時代も多くの人が参拝に訪れます。そんな伊勢神宮の正宮の一つである外宮...

三重の瀧原宮はゼロ磁場?

31920931 611458332544496 1338341573556961280 n
ikumi.88999

地球上には「ゼロ磁場」と言われる場所があります。日本では長野県の分杭峠が有名ですが、「瀧原宮」もそのうちの1つだと言われています。「ゼロ磁場」はパワースポットであるとか、スピリチュアルなスポットであるとか言われますが、そもそも「ゼロ磁場」とは何なのでしょうか。

ゼロ磁場とは

30085357 1907089372635952 7594091831093100544 n
go_36op

地球は北極がS極、南極がN極に相当する大きな磁石で、そこから発生する磁気が磁場を作り、我々はその影響を受けている、と学習したことを覚えている人は多いと思います。

「ゼロ磁場」とは、地球が発する正反対の磁力がぶつかり合い、打ち消し合っている場所のことです。そのようなところでは方位磁石が回転して方角を指し示せなくなったり、GPSやそれを使ったカーナビなども正常に作動しないといわれています。

日本のゼロ磁場

32626211 2115699185136952 5279444800347570176 n
a119k410

日本の「ゼロ磁場」といわれているスポットは、日本を横断する中央構造線の活断層上にあるものが多く、そこに行くとに気持ちが落ち着いたり、人によっては反対に高揚したり、普段とは違う様相を呈するといわれています。また、病気が治ったという類の話などがテレビなどで放送されることもあります。

42068927 1853790501356198 7401876257362533066 n
takeuchi_2822

日本のゼロ磁場では、有名な長野県の分杭峠のほか、諏訪大社、豊川稲荷、高野山といった名だたる寺社仏閣もゼロ磁場にあり、伊勢神宮やその別宮である「瀧原宮」もゼロ磁場のパワースポットであるといわれています。


磁場というものは目に見えないので、どこまで科学的に証明できるかはわかりませんが、ゼロ磁場と言われるスポットでスピリチュアルなパワーを感じる人は少なくないようです。

また、ゼロ磁場ゆえかどうかはともかく、「瀧原宮」は静謐で神聖で、気持ちが落ち着くと感じる人が多いのは確かです。

三重の瀧原宮の見どころ1:由緒書き

42112221 2059624267409072 3832926523606924659 n
mimika666

神社の由緒書きは、板の上に漢字をたくさん含んだ文章で記載されていることが多く、なかなか読み下すのは難しいものがあります。「瀧原宮」にもこのような通常の由緒書きがありますが、駐車場の横には4コマのイラストで描かれたユニークな由緒マンガがあります。

中にはスピリチュアルな神社の雰囲気にそぐわないと感じる人もいるようですが、これを見れば短時間で正確に瀧原宮の由緒を知ることができます。

三重の瀧原宮の見どころ2:参道と宿衛屋

「瀧原宮」の鳥居をくぐり、木立に囲まれた参道に足を踏み入れると、そこには思わず背筋を正したくなるようなスピリチュアルな空気を感じることができます。

社殿までは約20分かかりますが、パワースポットと言われる場所の気をたくさん吸い込みながら歩きましょう。本宮のような賑やかさ、騒々しさはなく、心が静まっていくはずです。

参道の先に宿衛屋があり、前述のように御朱印はここで頂くことができます。また、剣祓、守祓といったお神札やお守りもこちらで入手することができます。パワースポットのお土産にいかがでしょうか。

三重の瀧原宮の見どころ3:手水舎と御手洗場

35356807 268299583732539 461874117222596608 n
takanosaki77

神社に参拝する前に手や口をすすぎいて清める手水舎はたいていの場合、屋根がついた場所に水槽があり、たくさんの柄杓が置かれていますが、「瀧原宮」のものは意外なほど小さく、柄杓も3つほどしかありません。というのは、こことは別に御手洗場があり、多くの人はそこで手を清めるからです。

41579846 243014283081331 1135534940385406130 n
yuuki_y1019

手水舎から階段を数段下がったところに川が流れています。川の上流に当たる場所なので、川幅は狭く、水はとても清らかです。ここが「瀧原宮」の御手洗場で、本来はここで心身を清めるのですが、川の水を口に含むのがためらわれる人は、上の手水舎ですすぐと良いでしょう。

三重の瀧原宮の見どころ4:ゼロ磁場

42080497 284991968891570 5197044756758863233 n
ta.tatsuu

御手洗場から参道に戻り、少し行くとこここそ「ゼロ磁場」だといわれる場所があります。そこにある杉の木は幹の表面がねじれるように回転しています。ねじれ過ぎてしまったからか、何メートルか上に行くごとに横に割れた筋も見えます。

このねじれた木肌を見ると、パワースポットと言われるのも分かる気がします。もう一本、ねじれた杉の木が、後述する「瀧原宮」と「瀧原竝(並)宮」の間に立っています。

三重の瀧原宮の見どころ5:瀧原宮と瀧原竝(並)宮

35574679 964713353696574 6131775859033374720 n
isekkookkesi

瀧原宮と瀧原竝(並)宮が、今回ご紹介している三重の「瀧原宮」の中心地になります。この2つの神社は同じ形式、同じ規模で並んで建っているという珍しい配置です。参拝順序は瀧原宮からになりますので、社の名前が書いてある看板を見て間違えないようにお参りしてください。

40654267 1719694558157630 1758028571588397785 n
sarutahikojinja_insta

瀧原宮と瀧原並宮に祀られている天照大神(あまてらすおおみかみ)は女神です。祀っているのが女神の場合は、社殿の屋根の形式が男神を祀る場合と違うのですが、伊勢神宮の下にある全ての宮社では、それが逆になっています。全国の神社の中でもやはり伊勢神宮は別格ということでしょうか。

三重の瀧原宮の見どころ6:若宮神社と長由介(ながゆけ)神社

37879384 244290496197103 1902208064409305088 n
koiko.k43

若宮神社と長由介神社は「瀧原宮」の東にある神社です。ともに屋根は男神を祀る形式のもので、瀧原宮、瀧原竝(並)、と一緒ですが、両社ともご祭神は明らかではありません。若宮神社に関しては天水分神(あめのみくまりのかみ)が祀られているとの言い伝えが残されています。

両社とも小さいながら、社殿からはスピリチュアルな気が流れ出ているような佇まいです。

三重の瀧原宮の見どころ7:古澱地

16230821 1554211554593623 6158114071666229248 n
meiqi_stagram

20年ごとに本殿が新築移動される伊勢神宮の「式年遷宮」は有名ですが、別宮である「瀧原宮」も本宮が遷された後、それに準じて20年ごとに社殿が遷されます。「古澱地」はただの空き地に見えますが、今の場所に遷されるまで社殿があった場所であり、次回の遷宮で社殿が造られ神様が祀られる場所です。

三重の瀧原宮の見どころ8:道の駅「木つつき館」

20838362 321805588280944 1752164601694257152 n
dodonpa3105

以上、「瀧原宮」のスピリチュアルで神聖な空気が漂うスポットをご紹介しましたが、現実的なスポットもあります。それが駐車場に隣接している道の駅「木つつき館」です。新鮮な野菜、果物、米など地元の特産品が並んでおり、近所の人たちの買い物スポットにもなっています。

37619037 2132420087014954 2647347425265582080 n
maaana888

「木つつき館」では名前の通り木工品も多く並んでおり、大きな1枚板のテーブルからお土産に手頃な小さなものまで購入することができます。併設されている食堂では、名物の「松阪重」、地元でとれた鹿肉の「もみじ丼」、大内山ソフトなどが食べられます。参拝の後に是非ゆっくり覗いてみてください。

「瀧原宮」から4キロほど離れた場所には、やはり大きな道の駅「奥伊勢おおだい」があり、特産品を購入や、地元の食材を使った食事が楽しめます。この一帯はお茶の産地なので、お茶を加工したものに注目してください。また、有名な大内山牧場の酪農製品も見落とせないものです。

三重の瀧原宮に参拝に行こう

以上、伊勢神宮の別宮である「瀧原宮」へのアクセス、参拝時間、見どころなどについてご紹介しましたが、いかがでしたか。スピリチュアルなパワースポットといわれる瀧原宮は伊勢神宮の内宮や外宮からは離れていますが、ちょっと足を延ばせば熊野三山とセットで参拝できる場所にあります。清らかな空気の流れる「瀧原宮」に行ってみませんか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ