大分の人気紅葉スポットを厳選紹介!見頃や名所のライトアップはいつ?

九州の大分県には、山間の美しい渓谷や奇岩が織りなす国の名勝など、紅葉の絶景スポットが満載です。今回は、大分の紅葉の名所をおすすめ順に20選厳選し、紅葉の見頃やライトアップ、もじみ祭りなどのイベント情報などをご紹介致します!

大分の人気紅葉スポットを厳選紹介!見頃や名所のライトアップはいつ?のイメージ

目次

  1. 1大分のおすすめ紅葉スポットをご紹介!
  2. 2大分の紅葉の名所1:くじゅう連山
  3. 3大分の紅葉の名所2:深耶馬溪の紅葉
  4. 4大分の紅葉の名所3:裏耶馬渓の紅葉
  5. 5大分の紅葉の名所4:ことといの里
  6. 6大分の紅葉の名所5:由布岳
  7. 7大分の紅葉の名所6:岡城阯
  8. 8大分の紅葉の名所7:白馬渓
  9. 9大分の紅葉の名所8:国東(文殊仙寺・岩戸耶馬)
  10. 10大分の紅葉の名所9:九酔渓
  11. 11大分の紅葉の名所10:響渓谷
  12. 12大分の紅葉の名所11:陽目渓谷
  13. 13大分の紅葉の名所12:藤河内渓谷
  14. 14大分の紅葉の名所13:高崎山自然動物園の紅葉
  15. 15大分の紅葉の名所14:立羽田の景
  16. 16大分の紅葉の名所15:両子寺
  17. 17大分の紅葉の名所16:耶馬渓
  18. 18大分の紅葉の名所17:国宝 富貴寺大堂
  19. 19大分の紅葉の名所18:猿飛千壺甌穴群
  20. 20大分の紅葉の名所19:長安寺
  21. 21大分の紅葉の名所20:六郷満山ふれあい森林公園
  22. 22大分のおすすめ紅葉スポットへ出かけよう!

大分のおすすめ紅葉スポットをご紹介!

温泉王国として知られる大分県。10月下旬から11月にかけては、県内各地で紅葉が見頃を迎えます。大分県には、国宝に指定されている美しい寺院や、岡城址など、紅葉のライトアップが有名な名所も数多くあります。

今回は、大分県で日帰りで楽しめる紅葉スポットを20ヶ所ピックアップし、おすすめポイントや紅葉の見頃など、観光に役立つ情報をまとめます。

大分の紅葉の名所1:くじゅう連山

大分県の紅葉スポット、最初におすすめするのは、久住山、大船山など1700メートル級の山々が連なるくじゅう連山。秋の紅葉シーズンは、ハイキングや縦走を楽しむ登山客で賑わう、九州きっての名峰です。

燃えるような紅葉が色づく「くじゅう連山」の秋は、山麓の久住高原を覆う一面のススキ野原も見どころとなっています。くじゅうの山々が織りなす色とりどりの絶景は、登山をしながら楽しみたいものです。

くじゅう連山の紅葉が始まるのは、例年10月中旬頃からで、見頃を迎えるのは10月下旬から11月中旬頃のシーズンです。カエデ、紅葉、ナナカマドの他、ドウダンツヅジなどが次々と山肌を染めていきます。

特に紅葉が美しいスポットおすすめのスポットは、久住山赤川登山道と大船山の御池周辺です。ドライブでおでかけの方には、久住高原ロードパークがおすすめです。アクセスは、JR豊後竹田駅から、バスで約45分ほどです。車でのアクセスは、大分道九重インターチェンジから国道442号線を経由して、約1時間ほどです。

くじゅう連山の周辺には、日帰り入浴可能な温泉もたくさんありますので、紅葉狩りの後は、温泉でゆったり過ごすのもおすすめです。

Thumb大分・日田を観光!豆田町ほかおすすめスポットやモデルコース解説!
大分県・日田市のおすすめ観光スポットやモデルコースをご紹介します。日田市は大分県でも人気の観...

大分の紅葉の名所2:深耶馬溪の紅葉

続いてご紹介する大分のおすすめ紅葉スポットは、景勝地「一目八景」で知られる耶馬溪(やばけい)。耶馬渓(本耶馬渓町)、裏耶馬溪・深耶馬溪(ともに耶馬溪町)、奥耶馬溪(山国町)の4つの渓谷からなる美しい山々は、断崖絶壁と石柱が生み出す奇岩が見どころとなっています。

川沿いには、遊歩道が設けられており、マイナスイオンをたっぷり浴びながら、のんびりと紅葉狩りを楽しめます。

大分屈指の紅葉スポット「深耶馬渓」では、ライトアップも楽しめます。例年紅葉が色づき始めるのは10月下旬頃からの季節で、見頃を迎えるのは11月中旬となっています。この直は紅葉祭りも開催され、ライトアップの時間は17:00から21:00となっています。

ライトアップの開催場所は一目八景と大分県道28号線沿いです。紅葉する木は、もみじ、イチョウ、カエデなどです。駐車場は無料ですので、車でのアクセスが便利でおすすめです。

大分の紅葉の名所3:裏耶馬渓の紅葉

大分の紅葉スポット、続いては、鶴ヶ原の景など、いくつもの景勝地が連なる裏耶馬渓。巨大な石柱が林立する絶景の岩肌に、美しい紅葉のコントラストが見事なこちらの渓谷は、国の名勝にも指定されています。

江戸時代には、大分藩主の別邸も置かれたという景勝地で、秋にはもみじやイチョウの他、カエデなどが錦絵巻のような素晴らしい紅葉を見せてくれます。一番の見頃となる10月中旬から11月中旬にかけては、ライトアップも開催され、大分県内外から多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

鶴ヶ原の景が特に見事な裏耶馬渓の紅葉は、例年10月中旬から色づきはじめ、10月下旬から11月中旬頃に見頃を迎えます。周辺には、後ほど詳しくご紹介する立羽田の景もありますので、合わせて観光するのをおすすめします。

大分県玖珠郡玖珠町にある裏耶馬渓へのアクセスは、JR豊後線の「森駅」から車で約25分、大分自動車道玖珠インターチェンジから25分ほどとなっています。無料駐車場を完備していますので、車でのアクセスがベストです。

大分の紅葉の名所4:ことといの里

続いてご紹介する大分で紅葉狩りにおすすめのスポットは、大分県日田市にある「ことといの里」です。静かな山里にあるこちらの紅葉スポットは、ドライブで立ち寄るのにおすすめの里の駅。

夏には、清流「小野川」の水を利用した河川プールも設置され、川遊びを楽しむ地元の観光客や親子連れで賑わいます。紅葉が見頃を迎えるのは、例年10月下旬から11月中旬頃で、真っ赤に燃える美しいモミジが見どころとなっています。

日田市の山里にある自然豊かな里の駅で、夏には小野川の水流を利用した河川プールがオープンする。例年10月下旬から11月中旬まで、モミジをはじめとする樹木が紅葉し、里の風景を赤く染め上げる。

アクセスは、公共交通機関をご利用の場合は、JR日田駅からバスに乗り換え「ことといの里」バス停にて下車してください。車の場合は、大分自動車道日田インターチェンジから20分ほどとなっています。駐車場完備ですので、車でのアクセスがおすすめです。

大分の紅葉の名所5:由布岳

続いてご紹介する大分の紅葉スポットは、大分きっての温泉街湯布院の名所「由布岳」。標高1584mの高山は、秋には紅葉を見ながら歩く登山客で賑わいます。

古くは万葉集にも歌われた名峰は、「豊後富士」の愛称でも親しまれています。くじゅう連山の紅葉を一望にできる他、周辺には、金鱗湖など合わせて訪れたい紅葉スポットも点在しています。

由布岳の紅葉が始まるのは、例年10月中旬頃からとなっており、見頃を迎えるのは10月下旬から11月上旬頃となっています。湯布院の街からも非常に近く、湯布院の温泉街ではライトアップなどを楽しめるスポットもあります。

紅葉する木の種類は、ヤマザクラの他、ハゼ、ミズキなどです。特に見どころとなるおすすめのスポットは、由布岳の林道から5合目あたりにある「合野越」です。アクセスは、JR由布院駅からバスで約15分、または、大分自動車道由布院ICから約20分ほどです。

大分の紅葉の名所6:岡城阯

続いてご紹介する大分の紅葉スポットは、滝廉太郎の名曲「荒城の月」のモデルとなった名城「岡城」。今は、石垣と城郭のみが残されている岡城址は、かつて大分を当地した中川氏によって築城されました。

牛が寝そべっている姿に似ていることから「臥牛城」(がぎゅうじょう)とも呼ばれています。通年ライトアップも開催されており、紅葉のシーズンには2500本のモミジが燃えるような赤に染まります。

岡城のライトアップの開催時刻は日没から21:00までとなっています。紅葉の見頃となるのは、11月中旬から11月下旬頃で、山沿いの紅葉スポットに比べると少し遅めとなっています。

2018年11月16日(金)から11月18日(日)の3日間は、竹田市が主催する紅葉祭りも開催予定です。特に紅葉のおすすめスポットとなっているのが、本丸から先にある廟所跡です。入場料は、高校生異常が300円、小中学生が150円となっています。

大分県竹田市にある岡城址へのアクセスは、公共交通機関なら、JR豊後線「竹田駅」からタクシーで約5分車なら、大分自動車道湯布院インターチェンジから約60分となっています。駐車場は無料です。

大分の紅葉の名所7:白馬渓

続いてご紹介する大分県の紅葉スポットは、国の名勝「白馬渓」。1832年に、橋本主馬介真彦、清水善七によって作られた白馬渓は、美しい石橋や四季折々の自然を楽しめるおすすめの行楽スポットです。

紅葉スポットとして人気で、例年11月の紅葉の見頃を迎える頃には、「白馬渓もみじまつり」も開催され、ライトアップも楽しめます。  

白馬渓から程近い、臼杵市野津町の「普現寺」でも、紅葉のライトアップが開催されます。境内には約200本のモミジやイチョウが植えられ、夕方17:00から21:00のライトアップでは、幻想的な美しさを見せてくれます。

紅葉祭りの開催は、2018年11月23日(祝)の予定です。紅葉の見頃は11月中旬から11月下旬までとなっています。特におすすめのスポットは、白馬渓堤の周辺と、舞堂の周囲です。アクセスは、JR上臼杵駅からタクシーで約10分です。

大分の紅葉の名所8:国東(文殊仙寺・岩戸耶馬)

続いてご紹介する大分の紅葉スポットは、国東にある「文殊仙寺」から「岩戸耶馬」エリアです。文殊仙山へ向かって続く道路沿いには、数々の奇岩がむき出しになっています。岩の間をぬうように色づく紅葉の絶景が広がっています。

岩戸耶馬までには、山口池と周囲を取り囲む山々が美しく、秋を彩るカエデやツタ、モミジの他、黄色く色づいたイチョウの木も見受けられます。

文殊仙寺の参道では、例年紅葉の見頃に合わせてライトアップも開催され、夜も紅葉狩りを楽しむ観光客で賑わいます。紅葉のスタートは11月上旬頃からで、見頃となるのは、11月中旬から12月上旬頃までとなっています。

アクセスは、公共交通機関をご利用の場合は、JR杵築駅から国東方面行きのバスにご乗車ください。「国東バスターミナル」までの所要時間は1時間で、そこから文殊仙寺行きバスに乗り換えて50分ほどで到着です。

大分の紅葉の名所9:九酔渓

大分の紅葉スポット、続いては、日本最大級の人道大吊り橋から山々の絶景が見渡せる「九酔渓」。玖珠川沿いに広がる全長2kmの断崖絶壁の景勝地で、「十三曲がり」と呼ばれる名所が紅葉の見どころとなっています。

落差93mの「震動の滝」は、まさに絶景で川面を流れ落ちる美しい紅葉の葉も見事です。長さ390mある「九重夢大吊り橋」は、川床からの高さが173mあります!高所恐怖症の方にはおすすめできませんが、渓谷と滝のコントラストを一望できるベストスポットとなっています。

付近には、九酔渓温泉もありますので、温泉も合わせて紅葉狩りを楽しむのがおすすめです。紅葉のスタートは例年10月下旬からとなっており、見頃となるのは11月中旬から11月下旬までとなっています。

特におすすめのスポットとしては、九酔渓桂茶屋の展望台があります。アクセスは、公共交通機関なら、JR豊後中村駅からバスに乗り換えて約45分。車なら、大分自動車道九重インターチェンジから約40分となっています。吊り橋の入場料は中学生以上が500円、小学生200円です。ライトアップはありません。

大分の紅葉の名所10:響渓谷

大分の紅葉スポット、続いておすすめするのは、大分県日田市迫力ある「響渓谷」。断崖絶壁の岩肌に、一面の紅葉が広がるこちらの紅葉スポットは、奥日田温泉も楽しめるおすすめの行楽地です。

響渓谷の紅葉は、例年11月上旬から色づき初め、見頃を迎えるのは11月中旬から11月下旬頃と言われています。アクセスは、大分自動車道の日田インターチェンジから約25分ほどです。ライトアップや紅葉祭りはありません。

大分の紅葉の名所11:陽目渓谷

続いてご紹介する大分の紅葉スポットは、岡城址もある大分県竹田市の「陽目渓谷」。大野川の源流となる美しい清流の両岸に広がるダイナミックな渓谷には、目にも鮮やかな紅葉が一面に広がっています。

特に紅葉の見どころとなるのが、展望台と「白水の滝」です。紅葉と滝のコントラストは絶景で、岡藩中川公のお茶屋であった名水茶屋もあり、おいしい湧水で入れたお茶を楽しむこともできます。紅葉の見頃は10月下旬から11月上旬で、ケヤキやヤマモミジなどが美しい紅葉を見せてくれます。

大分の紅葉の名所12:藤河内渓谷

続いてご紹介する大分の紅葉スポットは、大分県佐伯市にある「藤河内渓谷」。宮崎県と大分県の県境にある、祖母傾国定公園にあるこちらの渓谷は、全長約8kmに渡って続く紅葉の名所です。

長い年月をかけて河川の侵食によって削り取られた巨大な花崗岩の一枚岩と、川面に張り出すように枝を伸ばす紅葉のコントラストが素晴らしく、遊歩道の先には、高さ77mの「観音滝」など見どころもいっぱいです。

紅葉見頃は10月下旬から11月上旬で、藤河内橋がもっともおすすめの見どころです。アクセスは、東九州自動車道佐伯インターチェンジから約75分となっています。駐車場は無料で、ライトアップ等はありません。

大分の紅葉の名所13:高崎山自然動物園の紅葉

続いては、大分県大分市にある「高崎山自然動物公園」。野性のニホンザルに会える高崎山は、子連れで紅葉スポットにおでかけしたい方におすすめです。

紅葉の見頃となるのは、例年12月中旬頃で、特におすすめのスポットが公園内の歩道橋です。高崎山自然動物公園の営業時間は8:30から17:00までで、入園料は、高校生以上が510円、小中学生250円、それ以下は無料です。

大分の紅葉の名所14:立羽田の景

続いてご紹介するのは、大分県玖珠郡玖珠町にある絶景の紅葉スポット「立羽田の景」。約1kmに渡って続く奇岩の景勝地に、張り付くように広がる紅葉の美しさは、大分県屈指の絶景スポットとして人気です。

紅葉の見頃となるのは、10月下旬から11月中旬頃ですが、ライトアップはありません。アクセスは、タクシーまたは車となりますが、おすすめは車です。大分自動車道玖珠インターチェンジから約30分ほどの距離にあり、駐車場は無料となっています。

大分の紅葉の名所15:両子寺

大分県国東市にある「両子寺」は、寺の山道に立つ勇壮な仁王像で有名なお寺です。国東半島に広がる六郷満山の総寺院と知られる両子寺は、護摩堂を彩る絶景の紅葉が素晴らしい紅葉スポットです。

絶景の紅葉をバックに立ついかめしい仁王像が、写真撮影におすすめのスポットです。両子寺の紅葉の見頃は、例年11月中旬から11月下旬となっています。境内の他、参道のあちこちで紅葉が楽しめます。

拝観時間は8:00から17:00までとなっており、拝観料は300円です。無料駐車場が60台完備されており、11月16日、17日の両日にライトアップも予定されています。

大分の紅葉の名所16:耶馬渓

大分県中津市にある国の名勝「耶馬渓」は、深耶馬渓、裏耶馬渓なども合わせて広大な紅葉が見られる迫力満点の紅葉狩りスポットです。例年紅葉の見頃には、一目八景の周辺でライトアップも開催され、ダイナミックな噴水と合わせて色とりどりの紅葉を楽しめます。

周辺には、ツーリングやドライブスポットとしてもおすすめの耶馬溪ダムの他、水上スポーツが人気の耶馬溪アクアパークなどもあり、家族連れでのおでかけにもおすすめです。

紅葉の見頃となる11月中旬には目の覚めるように鮮やかな紅葉の絶景と山々のコントラストが楽しめます。ダム湖の周辺をのんびり散策してみてください。アクセスは、大分自動車道日田インターチェンジから約40分です。駐車場は無料となっています。

大分の紅葉の名所17:国宝 富貴寺大堂

続いてご紹介する大分の紅葉スポットは、ライトアップされた紅葉をバックに幻想的な国宝が浮かび上がる「富貴寺」。九州最古の木造建築として知られる寺院は、大堂が国宝に指定されています。

紅葉のベストシーズンには、普段は開放されていない正面扉が開け放たれ、阿弥陀如来像を拝観できるようになっています。黄色く色づいたイチョウの木々と趣きある国宝の生み出す幻想的な風景が見どころとなっています。

大分県豊後高田市にある富貴寺へのアクセスは、JR宇佐駅から車で30分ほどとなっています。拝観時間は8:30から16:30までで見頃となるのは11月中旬から12月上旬となっています。

大分の紅葉の名所18:猿飛千壺甌穴群

大分の紅葉スポットも残すとこあと三個所となりました。続いてご紹介するのは、岩肌に紅葉が織りなす綾錦が素晴らしい奥耶馬渓の「猿飛千壺甌穴群」です。国定天然記念物にも指定されているこちらの絶景スポットでは、白い岩肌に映える真っ赤な紅葉が見どころとなっています。

また、ここから程近いエリアには、山国の「高千穂狭」とも称される「魔林峡」(まばやしきょう)もありますので、二ヶ所合わせて観光するのがおすすめです。周辺には遊歩道が整備されており、清々しい山の空気を味わいながらのんびりと散策するのがよいでしょう。

アクセスは、大分自動車道の日田インターチェンジから約30分で、見頃は11月中旬から11月下旬となっています。

大分の紅葉の名所19:長安寺

仁王像で有名な両子寺と同じく「六郷満山」の寺院群の一角として知られる「長安寺」は、四季折々の自然と一年を通して咲き乱れる花々が美しい「花の寺」として知られています。そんな長安寺は、参道を彩る紅葉の名所としても有名で、秋には歌碑が立ち並ぶ遊歩道にたくさんの観光客が訪れます。

両子寺と同じく、紅葉の見頃となるのは、例年11月中旬から12月初旬頃となっています。ライトアップや紅葉祭りなどは開催されません。

アクセスは、東九州自動車道の宇佐インターチェンジから車で約40分となっています。拝観料は無料で、駐車場も完備されています。

大分の紅葉の名所20:六郷満山ふれあい森林公園

最後にご紹介する大分県のおすすめ康応スポットは、周防灘を一望できる絶景の紅葉スポット「六郷満山ふれあい森林公園」です。国東半島に広がる六郷満山仏教遺跡と合わせて観光したいこちらの公園では、11月下旬から12月上旬頃に紅葉の見頃を迎えます。

公園内には、モミジ、カエデ、イチョウなどが植えられており、年中無休で鑑賞することができます。公衆トイレと駐車場も完備されていますので、ドライブがてらおでかけするのにベストスポットです。周辺には、温泉地として人気の「国見温泉あかねの郷」や「湯の里渓泉」などがあります。また、お土産を買うなら、道の駅「くにみ」が便利でおすすめです。

大分のおすすめ紅葉スポットへ出かけよう!

大分の紅葉の名所を厳選して20選ご紹介致しました。数々の奇岩が織りなすいくつもの渓谷が広がる大分県。山間にある温泉地も多く、秋の行楽シーズンのおでかけにはぴったりです。

大分市内の紅葉の見頃は11月下旬からとなりますが、山間では10月下旬の今からのシーズンが見頃となります。この週末は、ぜひ、大分の紅葉スポットで、絶景の紅葉狩りと温泉をお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ