フィンランドの時差や飛行時間まとめ!サマータイムや時差ボケ対策法も!

フィンランドというと、ヨーロッパの東側に位置しており、日本からの観光にも適した地域となっています。そんなフィンランドの時差や飛行時間について知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はフィンランドの時差について徹底的に紹介します。

フィンランドの時差や飛行時間まとめ!サマータイムや時差ボケ対策法も!のイメージ

目次

  1. 1フィンランドの時差&飛行時間徹底紹介!
  2. 2時差を知る前の情報1「フィンランドとは?」
  3. 3時差を知る前の情報2「フィンランドの特徴」
  4. 4フィンランドの時差はいくつ?
  5. 5フィンランドの時差の計算方法
  6. 6時差に関わる「サマータイム」とは?
  7. 7フィンランドに時差に関わる「サマータイム」はある?
  8. 8フィンランドの時差に関わる「サマータイム」の期間は?
  9. 9日本の現在時間からフィンランドの時間を計算する方法
  10. 10日本からフィンランドに行くときの飛行時間は?
  11. 11時差ボケ対策を知ろう!
  12. 12フィンランドに行くときの時差ボケ対策1「日本にいるとき」
  13. 13フィンランドに行くときの時差ボケ対策2「フライト中」
  14. 14フィンランドに行くときの時差ボケ対策3「フィンランド到着時」
  15. 15フィンランドに行くときは時差ボケに気をつけて観光を楽しもう!

フィンランドの時差&飛行時間徹底紹介!

フィンランドはヨーロッパの中でも日本から気軽にアクセスしやすい人気の高い観光地となっています。オーロラや数多くの名所を見ることが出来ますので、見どころもたくさんあります。そんなフィンランドの時差について知ることは大切です。時差ボケにならないためにもフィンランドの時差や飛行時間について知りましょう。

時差を知る前の情報1「フィンランドとは?」

フィンランドとは、昔はロシアの支配下にあった地域になっており、東側はロシアに隣接している地域となっています。そのため、様々なヨーロッパ諸国に比べても日本に近い地域となっています。そのため観光地として有名です。

公用語についてですが、フィンランド語とスウェーデン語となっています。そしてフィンランドの人口は、550万人程度と少ないにもかかわらず、日本の面積と同じくらいの面積となっており、人口密度が低い地域です。

そんな人口密度が低い地域ですが、非常に豊かで幸福な国家として知られています。そのようなフィンランドの特徴的な国家ですが、他のヨーロッパ地域よりもアクセスしやすいというのもあってうってつけの国家です。

そんなフィンランドですが、まだまだ時差についてや飛行時間について知らないような人がほとんど。しかしながら他のヨーロッパの地域に比べると時差が小さくなっていたり飛行時間が短くなっていたりと比較的狙い目となっているおすすめの国です。そんなフィンランドの時差情報や飛行時間について紹介させていただきます。

時差を知る前の情報2「フィンランドの特徴」

また、フィンランドの特徴について説明させていただきます。フィンランドは、針葉樹林が非常に多く、国土の三分の一が、北極圏に入っています。それほど高緯度のところにある地域となっているのが特徴です。

このことがもたらすことがある影響として、夏に太陽が沈まない地域もあるほどの日照時間の長い国となっています。また冬になると太陽が登ってこないところもあるほど日照時間が短くなってしまいます。

これらの減少は、白夜・極夜と呼ばれており、フィンランド北部で体験することが出来ます。またこれによりオーロラが見えることもあり、美しい景色を体感することが出来ます。またそれほど日照時間に変化があるため、時差ボケを体験しやすくなっているのが特徴です。

フィンランドの時差はいくつ?

フィンランドの時差はいくつかどうかについて説明させていただきます。フィンランドの時差についてですが、7時間となっています。具体的な計算方法については後述させていただきますが、7時間になっています。

また、日本のほうが、東側に位置しているため、日本のほうが時間は進んでいます。そのため、フィンランドのと比べると、日本は7時間進んでいるということになります。日本は世界各国と比べると時間が経つのが早いのです。

また、具体的にはこれも後述させていただきますが、フィンランドは「サマータイム」と呼ばれる制度を導入しています。これにより、日本との時差の計算時に少しひと手間必要になりますので注意しておきましょう。

フィンランドの時差の計算方法

それではフィンランドの時差の計算方法について説明させていただきます。フィンランドの時差の計算方法についてですが、こちらの計算方法は、フィンランドと日本の経度の差を計算することで見つけることが出来ます。

そんなフィンランドと日本の緯度の差を計算して、そのあとに、15で割り算することで計算することができるようになっています。なぜ15で割るかというと、15度あたりで1時間の時差が生じるようになっているからです。

そんなフィンランドの経度についてですが、おおよそ東経25度となっています。また日本の経度については東経135度となっています。そのためその差を計算することで、日本とフィンランドの時差を計算することが出来ます。

そのため、時差を実際に計算する方法について説明させていただきます。まず135度から25度を引き算して、110度。そしてその値を15で割り算したときの答えが、おおよそ7となります。そのため日本とフィンランドの時差は7時間として計算することが出来ます。これを理解することで他の国も時差を計算することが出来ます。

時差に関わる「サマータイム」とは?

また、時差を計算するときに欠かせない事柄について、説明させていただきます。それはサマータイムとなっています。サマータイムとは、ヨーロッパを中心に定められている制度として知られています。

そんなヨーロッパを中心に定められている制度ですが、その言葉は、もともと「デイライト・セービング・タイム(Daylight Saving Time)」と呼ばれており、太陽光を有効活用する時間制度という意味になります。

特に日の出の時間が早い時間帯である3月から11月を中心に制定しており、時計の針を1時間進めています。これを使うことで、太陽が出ている時間を有効に活用することができるようになっているそうです。

このサマータイムを導入することで、先述したとおり日中の時間を有効に活用することが出来ますし、それ以外にも数多くのメリットがあると言われています。代表的なものでは、照明器具などに使われるエネルギーの節約が可能になりますし、就業時間でも外は明るいので、仕事終わりに遊ぶ人が増えることで経済効果が見込めます。

フィンランドに時差に関わる「サマータイム」はある?

それでは、フィンランドにサマータイムが制定されているかどうか説明させていただきます。サマータイムを導入している国で、サマータイムと通常時間の切り替わり時期を理解しておかないと大変なことになります。

なぜサマータイムについて知らないと大変なことになるかどうかといえば、飛行機の予約であったりツアーの集合時間に遅れたりといった可能性があります。時計の針を調整しておく必要がありますので覚えておきましょう。

フィンランドですが、サマータイムが導入されています。そのためサマータイムの期間中になると、時計の針が1時間進んでいます。期間については後述させていただきますが、サマータイムは導入されています。

おすすめの方法は、フィンランドに到着したときに、時計を調節しておくこと。そうすると起きたら自然にサマータイムの時間になっているので特にミスが無くなります。サマータイム時期に行くときには注意しておきましょう。サマータイムの変わり目に行くときは注意しましょう。最初に行くときはサマータイムを避けたほうが無難です。

フィンランドの時差に関わる「サマータイム」の期間は?

フィンランドでサマータイムが導入されていますが、その期間について説明させていただきます。サマータイムの期間についてですが、毎年3月の最終日曜日の深夜3時から、10月の最終日曜日の深夜4時までがサマータイムです。

そのため、仮に2019年のサマータイムを考えるとすると、2019年のサマータイムは、2019年3月31日の日曜日、深夜3:00から、2019年の10月27日の日曜日、深夜4:00までとなっています。おおよそ7ヶ月もあります。

このサマータイムの期間中には、日本の時差も1時間短くなってしまいます。そのため日本の時差は7時間となっていますが、サマータイムの期間中には、時差が6時間となっています。変化しますので覚えておきましょう。

日本の現在時間からフィンランドの時間を計算する方法

それでは日本の現在時間から、フィンランドの現地時間を計算する方法について説明させていただきます。まず確認しておきたいことが、日本とフィンランドの時差は、計算したとおり7時間で、サマータイム中は6時間です。

また、日本はフィンランドよりも時間が進んでいますので、日本の現在時間からフィンランドの時間を計算するときは、日本の現在時間から7時間ないし6時間を引き算すれば計算することができるようになっています。

そのため、まずサマータイムが実施されていないときについて具体的な計算方法を説明させていただきます。日本が午前10:00の場合は、時差で7時間を引き算して、フィンランドの時間は、朝の3:00となっています。

一方で、サマータイムが実施されているときは、時差が6時間となっていますので、日本が午前の10:00となっているときに、フィンランドの時間は朝の4:00となっています。サマータイムの時期と、そうでない時期で、現地時間の計算方法が変わります。飛行機の出発時間やツアー時間などの計算があるので覚えておきましょう。

日本からフィンランドに行くときの飛行時間は?

それでは、日本からフィンランドに行くときの飛行時間について説明させていただきます。日本からフィンランドに行くときの飛行時間についてですが、まず日本からフィンランドには、直行便が運行しています。

この直行便は日本の様々な地域からフライトが決行されており、成田・大阪・名古屋・福岡などの4大都市から、フィンランドのヘルシンキにある、「ヘルシンキ・ヴァンダー国際空港」に発着しています。

またその時の飛行時間は、どの地域から発着しても、おおよそ10時間30分のフライト時間となっています。そのためかなり長時間のフライトとなりますので、飛行時間中のエコノミー症候群対策なども必要です。

また、直行便以外にも、飛行機は運行しており、トランジットを利用して向かう方法もあります。そのほうが安くすむ場合もあるのですが、直行便に比べると2時間から3時間程度余分に飛行時間がかかってしまいますので注意しておきましょう。時差ボケにも注意しながらフィンランドに向かいましょう。

時差ボケ対策を知ろう!

それでは、最後に日本からフィンランドに行くときの時差ボケ対策について説明させていただきます。時差ボケは、時差が5時間以上ある地域に行くときに起こりやすくなっている病気の症状になっています。

時差ボケの症状についてですが、様々な症状が出ています。睡眠障害や、日中の眠気、そして疲労感、そして頭重感があります。そのため時差ボケ対策をしておかないと観光を十分に楽しめない可能性があります。

飛行機に乗る海外旅行では、規則正しいリズムが乱れてしまいます。時差ボケはアメリカやハワイなど東に向かうときのほうが強く、西に向かう場合は弱いと言われていますが、それでも時差ボケ対策は大切です。

フィンランドに行くときの時差ボケ対策1「日本にいるとき」

フィンランドに行くときの時差ボケ対策1つ目である「日本にいるとき」について説明させていただきます。フィンランドに行くときの時差ボケ対策「日本にいるとき」についてですが、時差ボケ対策は日本でいるときからやるのが大切です。

というのも、数時間のフライトや、フィンランドに到着してからも時差ボケ対策をすることができるようになっていますが、事前にしっかりとやっておくと、より時差ボケのダメージが低くなります。ぜひ知っておきましょう。

具体的に言うと、1日に1時間ずつを目標にして、現地の時間に合うように早寝早起きを心がけていくことが大切になっています。睡眠や起床時間をずらしていき、夜遅くまで起き、朝遅くに起きることができれば体が慣れていきます。

フィンランドに行くときの時差ボケ対策2「フライト中」

フィンランドに行くときの時差ボケ対策2つ目は「フライト中」です。飛行時間中の時差ボケ対策ですが、まず飛行機に乗ったらすぐに現地の時間に時計を合わせるようにしましょう。そして目的地の時間に体をならすことが大切です。

具体的には、フィンランドの現地時間に合わせて食事や睡眠を行うようにしましょう。また日本を夜に出発して、フィンランドに朝到着するときなどは、飛行時間中の後半に眠るようにすると時差ボケを防げます。

また、食べ過ぎやアルコールの摂取し過ぎも問題です。体調を崩すことがありますので、適度に取るようにしましょう。またエコノミー症候群対策として、水分をしっかりとり、体を動かすことも大切になります。

フィンランドに行くときの時差ボケ対策3「フィンランド到着時」

フィンランドに行くときの時差ボケ対策3つ目は「フィンランド到着時」です。フィンランドに行くときの時差ボケ対策である「フィンランド到着時」には、まず現地の生活に慣らすことが大切です。日光をしっかり浴びましょう。

そしていくらお腹が空いてしまったとしても、現地の時間に合わせて食事を摂るようにして、体をフィンランドの生活に慣らしていくようにしましょう。またよる到着したときは、しっかり睡眠をとり、朝到着したときはできるだけ起きるようにしましょう。

フィンランドに行くときは時差ボケに気をつけて観光を楽しもう!

今回は、フィンランドに行くときの情報について説明させていただきました。フィンランドの時差やフィンランドの特徴、サマータイムの存在や、日本からのフライト時間など数多くの情報をお伝えしました。フィンランドは時差が結構ありますので注意が必要です。そのため注意しながら観光を楽しみましょう。

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング