ランペドゥーザ島の行き方&見所は?イタリア最南端の絶景スポットを調査!

ランペドゥーザ島の観光は絶景スポットがたくさんあります。ランペドゥーザ島は、イタリアの最南端にあるイタリア領の島です。世界で一番海が綺麗と言われる、ランペドゥーザ島の行き方や気候に治安などを調査すると共に絶景スポットやおすすめのホテルなども紹介しましょう。

ランペドゥーザ島の行き方&見所は?イタリア最南端の絶景スポットを調査!のイメージ

目次

  1. 1ランペドゥーザ島はイタリアの島
  2. 2イタリアのランペドゥーザ島とは?
  3. 3イタリアのランペドゥーザ島の気候
  4. 4イタリアのランペドゥーザ島への行き方
  5. 5イタリアのランペドゥーザ島の治安
  6. 6ランペドゥーザ島の観光絶景スポット1:カーラプルーチノ
  7. 7ランペドゥーザ島の観光絶景スポット2:カーラクローチェ
  8. 8ランペドゥーザ島の観光絶景スポット3:ラビットビーチ
  9. 9ランペドゥーザ島の観光絶景スポット4:カーラクレタ
  10. 10ランペドゥーザ島の観光絶景スポット5:カーラグイッジャ
  11. 11ランペドゥーザ島おすすめ観光1:港を守る聖母の聖域
  12. 12ランペドゥーザ島おすすめ観光2:タートルレスキューセンター
  13. 13ランペドゥーザ島おすすめ観光3:ランペドゥーザ歴史記録館
  14. 14ランペドゥーザ島おすすめホテル1:エルモザイコデルソル
  15. 15ランペドゥーザ島おすすめホテル2:ホテルオシャ
  16. 16ランペドゥーザ島おすすめホテル3:bolinajazz
  17. 17ランペドゥーザ島おすすめホテル4:カーラクレタ
  18. 18ランペドゥーザ島おすすめホテル5:プエスタデソルレジデンス
  19. 19ランペドゥーザ島おすすめレストラン1:TrattoriaPescheriaAzzurra
  20. 20ランペドゥーザ島おすすめレストラン2:La Lampara
  21. 21ランペドゥーザ島おすすめレストラン3:Barca Greta
  22. 22イタリアのランペドゥーザ島に行こう!

ランペドゥーザ島はイタリアの島

イタリアといえば、ヨーロッパと言われている国々の内の1つの国家で、特にサッカーやピザにスパゲッティなどのイタリア料理が有名で、街中に運河が張り巡らされている水の都ベネチアやローマ時代の格闘技場のコロッセオがあるローマなどが有名ですが、海というのはあまり聞いたことがなくランペドゥーザ島というのもあまり知らのでれてないので紹介しましょう。

イタリアのランペドゥーザ島とは?

ランペドゥーザ島はイタリアの領土になっていますが、アフリカのチュニジアに近くイタリアのシチリア島の近くにあるマルタ共和国の近くにあります。北アフリカに最も近いヨーロッパ領で、1860年にイタリアの領土になっていますが、第二次世界大戦の時にイギリスに一時期占領されています。主な産業は、イワシやアンチョビなどの漁業と観光です。

アフリカに一番近いヨーロッパということで、ヨーロッパを目指すアフリカからの移民や難民が絶えず押し寄せて来ています。一応、ランペドゥーザ難民収容センターがあり850人収容できますが、現在は800人を有に超えていますので、ヨーロッパに移動させたいがフランスの反対にあっていて困っています。世界1位の絶景として紹介されてから観光客が多く訪れます。

イタリアのランペドゥーザ島の気候

イタリアのランペドゥーザ島の気候は、半乾燥性ステップ気候と地中海性気候の中間的な気候です。ランペドゥーザ島の気温は、日本の気温と同じ推移をしていて1月の最低気温が13度で最高気温が16度から8月にかけて気温が上がり、最低気温が25度で最高気温が29度となっていて、日本の冬がなく日本より夏が暑くなく日本人には1年中過ごしやすい気温です。

ランペドゥーザ島の降水量は、東京の年間降水量1528.8mmに対して、年間322mmと地中海気候ように非常に少なく、観光地として最高の気候といえます。ハイシーズンは、7月から9月で雨がほとんど降らない時期です。このハイシーズンが後ほど詳しく話しますが、飛行機の量が多くっていいですがホテルが非常に高くなってしまうので6月が行くのにおすすめです。

イタリアのランペドゥーザ島への行き方

イタリアのランペドゥーザ島への行き方は、日本からイタリアのランペドゥーザ空港に直行便がでていないので乗り継がないと行けなく非常に難しい問題です。日本から飛行機での行き方は、成田国際空港からローマフィウミチーノ空港にアイタリア航空がでています。アイタリア航空でランペドゥーザ空港までは直行便が時期によりでます。

ローマ空港から直行便がでてないときは、パレルモ空港に行きランペドゥーザ島空港への行きます。また、成田からミラノマルペンサ国際空港にいき、ミラノ内を移動してミラノ リナーテ国際空港から国内線でパレルモ空港に行きランページ空港に着く行き方もあります。ローマ空港の方が多少便利ですが、イタリア他の都市の旅行をする関係によって選択してください。

ハイシーズンの場合は、イタリアの国内のミラノ空港やローマ空港、カターニア空港などから直行便が出てランペドゥーザ島に行く行き方もあります。他の国内空港からもハイシーズンには出ることがあり。ハイシーズン近くになったら行き方を確認してください。フェリーでランペドゥーザ島に行く行き方もあり、シシリア島からフェリーが出ていますので行き方を紹介します。

パレルモ空港からの行き方とカターニア空港からの行き方がありますがどちらもや車で約2時間のポルトのエンペードクレ港から週5便フェリーが出ていてランペドゥーザ島へ行のがあり、約4時間15分かかる行き方です。旅行がなれていて自分でなんでもできる人なら良いですが、旅行に慣れていまい人は、旅行会社に行き方を相談した方が良いです。

イタリアのランペドゥーザ島の治安

イタリアのランペドゥーザ島の治安は、アフリカからの難民や移民が押しかけてきているので、治安が悪いように感じますが、行ってきた人たちの話を効くと大陸にあるイタリアの大都市よりは、治安が良いと言う意見が多いのです。ハイシーズンには特に、観光で生計を建てている島民も多く治安が悪いとなると死活問題なので治安には力をいれています。

治安が良いと行っても日本も治安という意味で同じですが、スリや置き引きなどの治安に世界どこに行っても気を付けなければならないのが普通です。特に海がメインの島なので、ビーチなどで遊んでいるときの治安には気を付けなければ行けないでしょう。何人か居れば、一人が荷物の管理をすれば置き引きなどの治安の問題はないでしょう。

しかし、一人やカップルの場合は荷物などをおいて海で遊んでしまいますので、置き引きの治安を気を付けなければなりないでっしょう。そこで荷物から財布を引き抜かれないように南京錠を付けるとか、何らかの鍵を付けましょう。また、自転車の防犯に使うチェーン付きのガギでカバンをビーチベッドなどに付けると置き引きの慰安対策になり良いでしょう。

次に繁華街でのスリの治安に気を付けましょう。ローマ通りには、お土産屋さんやショップやレストランにカフェが並び最も人の往来が多いところです。人前でお札をいっぱい持っているのを見せないことと財布の入れ場所に気を付けてください。また、ローマ通りは夜も人が多いので治安に心配があまりなく一人歩きでも横道に入らなければ治安が良いです。

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット1:カーラプルーチノ

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット1は、宙に浮かぶボートが見られる絶景の「カーラプルーチノ」です。ランペドゥーザ島のビーチは、遠浅の海が多くボートで近くまで行けるビーチがあまりありませんがカーラプルーチノはボートの侵入を許しています。ビーチにに行くには崖の上から岩場を降りながら行かないと行けないので海水浴客が少ないのも有名です。

崖の上あたりから海に停まっているボートを見るとボートが宙に浮かんでいるように見れ、写真を撮る絶景スポットにもなっています。穴場になっているのは、崖の上からのビーチに行くのに靴を履いて行くのがベストで20分も降りないとビーチにつかない理由で穴場になっています。降りたくない人は、ボートをチャーターして行くのがおすすめです。

ボートで行く場合、宙に浮かぶボートの絶景写真を撮るには他の人たちが乗って来るボートがいないと撮れないということも頭にいれておきましょう。ボートツアーに参加するには、自分達が泊まるホテルで確認するのが一番で、いっぱいな特は、ホテルに他のツアーの確認してもらうのと共に自分で街に行ったりして探してフライングボートを見に行きましょう。

ランペドゥーザ島の海が綺麗なのはなぜ?

ランペドゥーザ島の海が綺麗なのは、第一にランペドゥーザ島に川が無いこと、川がなければ川から流れる不純物が海に流れ込むことが無いので、汚染されていないことです。第二に天然スポンジとかにする海綿生物が多く存在していて、海藻が無いことが、海の透明度がある一つです。日本の海とかは、海の近くに行くと海独特の匂いがいます。

日本の海は、海藻が多く発生していて海藻の匂いが日本の独特の匂いなので、この海はその匂いがまったくないのです。第三に石灰岩質の島であるので、島から石灰岩の岩や粉が海にこぼれることによって、石灰が持つ浄化作用を引き起こしてくれて海水を洗浄して綺麗にしてくれています。また。遠浅なためにボートの影が海底に移り混みフライングボートが見れます。

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット2:カーラクローチェ

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット2は、ビーチよりランペドゥーザ島のホテルやローマ通りがある中心街近いビーチの「カーラクローチェ」のビーチです。行き方は、中心街から路線バスで約10分でいけますが、レンタルバイクやバギーを借りたりして行くこともおすすめです。中心街から近いこともあり、観光客が朝から押し寄せてきます。

普通だと、観光客がたくさん来ていますので海が濁ったりしそうですがいつでも透明度を保って綺麗です。ビーチでは、ビーチベッドやパラソルのレンタルとかがあり便利ですが、すぐ近くにカフェレストランバーが3軒ほどあり、中でもTUNEZがおすすめで夕日が沈む絶景を見ながらワインを傾けるのが、おしゃれで一日中ビーチで楽しめます。

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット3:ラビットビーチ

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット3は、世界一美しいビーチと言われる「ラビットビーチ」です。ラビットビーチ近くにあるコニッリ島という名前の島に、昔ウサギが大量に生息していたのでラビット島と言う名前で呼ばれるようになり、その近くにあるビーチなのでラビットビーチと言われていますが、現在は島にウサギが一匹も住んで無いので残念です。

ラビットビーチへの行き方は、中心街からローカルバスなどで約15分くらいの距離でそこから徒歩約15分くらいで着きます。中心街からだとカーラプルーチノの隣にあたり、その間に展望台がありそこからの風景が絶景で、うまくいけばカーラプルーチノのフライングボートやウサギ島などの写真を撮ることができる絶景スポットです。

ラビットビーチは、遠浅でボート侵入禁止地域ですので安全で遊泳ができます。このビーチでは、パラソルがレンタルできますがビーチ近くに売店やレストランが無いのでバス停近くまで戻らないと飲み物や食べ物が買えないのがネックで、トイレも無いので大の時も売店に行かないといけませんがそれも味の一つで、観光客が一度に多くいないのが良いです。

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット4:カーラクレタ

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット4は、ランペドゥーザ島の中でも特に景色が良く絶景が見れる「カーラクレタ」です。行き方は、レンタルバイクやバギーでローマ通りからグレカーレ通り約6分行ったところにあります。カーラクレタエリアは、プライベートベラや高級ホテルがある場所で、スキューバダイビングが盛んで魚の種類が多い地域です。

ビーチが少なく、観光客があまり来ない地域で早めに場所取りをしましょう。ビーチが岩場に少ししか無いのが観光客が来ない穴場になっている理由の1つですが、洞窟になっている場所もところどころありスノーケリングしながら探検するのも楽しく、他のビーチにいない魚に出会えます。うまくいくとイルカと一緒に泳げたりして、絶景スポットになっています。

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット5:カーラグイッジャ

ランペドゥーザ島の観光絶景スポット5は、ローマ通りから歩いて約10分で行けるのが魅力の「カーラグイッジャ」です。ホテルが近くに多くあるため、天候が悪くってボートが海に出ない時、急な変更がある時近くのホテルから歩いてこれることもあり、観光客で埋め尽くされてしまうビーチなので天候が悪いときは、違う観光に行きましょう。

なんと言っても中心街に一番近いビーチなので、レストランなどに行くにも便利で飽きないことが一番のビーチです。多くの観光客が訪れるビーチですが、ランペドゥーザの海は何処も透明感が無くならずいつでも綺麗なのが、世界一を名乗れる理由でもあり、カーラがほとんどの場所で名前に付いてますが、入り江という意味です。海側から町並みの絶景を見れます。

ランペドゥーザ島おすすめ観光1:港を守る聖母の聖域

ランペドゥーザ島おすすめ観光1は、ランペドゥーザ島にある教会の「港を守る聖母の聖域」です。先程までは海を中心に紹介してましたが、丘にある観光できる場所を紹介しましょう。行き方は、ローカルバスで行けてカーラクローチェの少し先にあります。ビーチに飽きたときや天候が悪いときの観光におすすめの観光できる教会です。

日本語でも名前が長いのですが、現地の正式名称はサントゥアリオデッラマドンナディポルトサルヴォとすごく長い名前です。見どころは、可愛らしい素敵な庭があり修道士達がランペドゥーザ島を訪れると住んでいた洞窟があり見学できるようになっています。洞窟で暖炉などが残されていて昔の暮らしを思い受けべられます。

ランペドゥーザ島おすすめ観光2:タートルレスキューセンター

ランペドゥーザ島おすすめ観光2は、1週間以上滞在の予定ができれば、ボランティアで参加できる「タートルレスキューセンター」です。空港の西側にあるカメの病院で、傷ついたカメの治療やカメの卵の保護などをしています。ランペドゥーザは、ウミガメがたくさん訪れ卵の産卵をしますので、産卵地域にネットを張ったりしてウミガメの保護をしています。

ランペドゥーザ島おすすめ観光3:ランペドゥーザ歴史記録館

ランペドゥーザ島おすすめ観光3は、ランペドゥーザ島の歴史がわかる「ランペドゥーザ歴史記録館」です。行き方は、中心街のメインストリートのローマ通りの通り沿いにあるので誰でも、レストランやショッピングにローマ通りを訪れたら寄ってみてください。地元民からの話や昔の白黒写真から現在の写真が時系列で展示されているのでわかりやすいです。

ランペドゥーザ島おすすめホテル1:エルモザイコデルソル

ランペドゥーザ島おすすめホテル1は、一番人気のホテル「エルモザイコデルソル」です。半年以上も空きが無いシーズン関係なくすごく人気のホテルで、空きがあれば予約しておいてください。場所は、ローマ通りから徒歩約8分の距離にあり、近くのビーチまで徒歩約1分の場所にあるので立地的にも最高のロケーションのホテルです。

メキシコ風の内装の客室は、18平方メートルで簡易キッチンとバスルームがあります。施設には、プールとジャクジーにサンテラスがあり、スクーターを無料で貸出してくれます。サンテラスには、無料で使えるバーベキュー施設があり、ゆうひをの絶景を見ながらバーベキューを楽しめます。無料の空港送迎もあり、口コミでも高得点のホテルです。

ランペドゥーザ島おすすめホテル2:ホテルオシャ

ランペドゥーザ島おすすめホテル2は、ローマ通りから徒歩約3分の人気ホテル「ホテルオシャ」です。最近、地中海スタイルとアラビア風スタイルのデザインに改装した外観で、カーラグイッジャビーチまで800メートルと近くにあります。日本人の口コミもあり、客室が非常に清潔で、シチリア産で作った無料朝食ビュッフェが美味しいと評判です。

ビュッフェの朝食は、特産のピスタチオクリームを使った料理が非常に美味しいと口コミなどでおすすめしています。客室は、20平方メートルの部屋でバスルームを完備しています。このホテルに泊まるとビーチの用具やレストランにボートツアーが割引料金で使えて、ツアーなども予約も親切にしてくれて、空港までの送迎も無料です。

ランペドゥーザ島おすすめホテル3:bolinajazz

ランペドゥーザ島おすすめホテル3は、カーラクレタ通り沿いにある「bolinajazz」です。ローマ通りから約15分のところにあり、徒歩約4分でカーラピサーナビーチに行けます。このホテルの施設には、屋外プールと庭にサンテラスがあり、サンテラスや庭で無料でバーベキューができ、夕日も綺麗に見えホテルライフも楽しく過ごせます。

客室は、シンプルな洋室で、26平方メートルと広くバスルームが完備されています。口コミでも評判がよく、高得点を上げていて、サービスが良いとされています。朝食は、無料でビッフェスタイルのモーニングが食べられてこちらも口コミによる評価が良いです。空港やローマ通りに行くのにシャトルバスを出していて便利に中心地まで行けます。

ランペドゥーザ島おすすめホテル4:カーラクレタ

ランペドゥーザ島おすすめホテル4は、ランペドゥーザ島で安く泊まれる「カーラクレタ」です。ホテルでなくアパートメントですが、バスルーム付きの12平方メートルの客室には、アメニティも付いています。ローマ通りまでは、徒歩約23分かかりカーラクレアまで約5分で行けてスーパーも近くにあり庭でバーベキューを楽しむことができ空港まで送迎してくれます。

ランペドゥーザ島おすすめホテル5:プエスタデソルレジデンス

ランペドゥーザ島おすすめホテル5は、ビーチからわずか50mのホテル「プエスタデソルレジデンス」です。ローマ通りからも徒歩2分の好立地にあります。客室は、35平方メートルと広くキッチンにバスタブかシャワーのルームがあり、ベランダから夕日が見れます。サンテラスでバーベキューができ朝食付きで空港までの送迎が無料のおすすめのホテルです。

ランペドゥーザ島おすすめレストラン1:TrattoriaPescheriaAzzurra

ランペドゥーザ島おすすめレストラン1は、ランペドゥーザ島の島民がナンバー1というレストラン「TrattoriaPescheriaAzzurra」です。お店の場所は、ローマ通りにありすぐわかるところにあります。魚介類を使ったメニューがたくさんあるイタリア料理のお店で、パスタやピザにラザニヤが美味しいと言われているレストランです。

ローマ通りは、ホテルが多くあるあるので観光客がたくさん往来していて、そのローマ通りにあるレストランなので、毎日ひっきりなしにお客さんで賑わっています。外国からの観光客よりイタリア人の観光客が、多いという事自体がこの店の美味しさを物語っています。魚介の旨味がすごく詰まったペスカトーレがおすすめです。

ランペドゥーザ島おすすめレストラン2:La Lampara

ランペドゥーザ島おすすめレストラン2は、ランペドゥーザ島の港が目の前にある「LaLampara」です。ローマ通りの外れの港を左側に歩いていくとレストランがあります。ランチが美味しいと有名なレストランで、シーフードパスタはいろいろな種類があり、特にカニを使ったパスタがおすすめです。オーナーシェフが陽気に話しをながら料理を進めて来ます。

ランペドゥーザ島おすすめレストラン3:Barca Greta

ランペドゥーザ島おすすめレストラン3は、ボートの上で食事する「BarcaGreta」SimoneCardinaleです。ボートに乗って一日中観光もしてくれて食事も取れる有名なランチツアーです。これだと一石二鳥で、フライングボートのカーラプルーチノで泳いでる間に食事ができてしまいます。美味しいシーフードがたくさん食べられてボートの上でワイン最高です。

イタリアのランペドゥーザ島に行こう!

イタリアのランペドゥーザ島は、一度は見たい絶景に透明度が世界一の海があり、シーフードとイタリア料理を食べに行きたくなったでしょう。ボートツアーもうまく人数が多いところに入れたら安く食事とワインが飲めて€20から€30くらいで楽しめます。ホテルは時期に寄って価格変動が大きいのがネックです。海を満喫しにランペドゥーザ島に行きましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Udont

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ