関ヶ原ウォーランドが口コミで人気!料金から見どころからまで徹底調査!

岐阜県関ヶ原にある「関ヶ原ウォーランド」は戦国時代の戦い「関ヶ原の戦い」について触れられる場所として人気のある場所です。営業時間やアクセスなどの情報をピックアップしました。口コミなどで面白いと話題となっている「関ヶ原ウォーランド」に是非行ってみてください。

関ヶ原ウォーランドが口コミで人気!料金から見どころからまで徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1関ヶ原ウォーランドに行こう!
  2. 2関ヶ原ウォーランドとは?
  3. 3関ヶ原の戦いとは?
  4. 4関ヶ原ウォーランドへ電車でのアクセス法
  5. 5関ヶ原ウォーランドへ車でのアクセス法
  6. 6関ヶ原ウォーランドの駐車場情報
  7. 7関ヶ原ウォーランドの観光情報
  8. 8関ヶ原ウォーランドの割引情報
  9. 9関ヶ原ウォーランドの見どころ1.武将人形
  10. 10関ヶ原ウォーランドの見どころ2.甲冑体験
  11. 11関ヶ原ウォーランドの見どころ3.武具甲冑資料館
  12. 12関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう1.関ヶ原町歴史民俗資料館
  13. 13関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう2.関ヶ原古戦場
  14. 14関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう3.関ヶ原鍾乳洞
  15. 15関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう4.花伊吹
  16. 16関ヶ原ウォーランドでしっかり楽しもう!

関ヶ原ウォーランドに行こう!

「関ヶ原ウォーランド」は口コミなどで話題となっているおすすめの観光スポットです。魅力あふれる世界観が人気で、見どころも豊富で岐阜に行ったら一度は行ってみて欲しい場所です。「関ヶ原ウォーランド」について、アクセスや営業時間、料金などの観光情報とあわせてさまざまな情報を紹介します。

関ヶ原ウォーランドとは?

「関ヶ原ウォーランド」は、岐阜県不破郡関ヶ原町にある屋外博物館です。約30000平方メートルある広い敷地には、戦国時代に関ヶ原の地で実際に行われた戦である「関ヶ原の戦い」を再現した人形が並んでいます。

「関ヶ原ウォーランド」には等身大の人形が約280体あり、大将や足軽のリアルな姿が表現されていたり、陣の様子が分かるようになっていて、まるで戦場にタイムスリップしたような気分になると大変口コミなどで話題となっているおすすめ観光スポットです。

甲冑体験ができる場所もあると口コミなどで評判で、営業時間の中の限られた時間内であれば敷地内を甲冑を着て歩いたり、記念撮影をしたりすることができ、日本の歴史や戦国時代の歴史について触れられると、海外の人や小さな子どもにも人気となっています。

Thumb岐阜のデートスポット23選!おすすめの穴場から人気なレストランも!
自然豊かな場所が多い岐阜県内には、のんびりと過ごすことができるデートスポットがたくさんありま...

関ヶ原の戦いとは?

「関ヶ原ウォーランド」の世界観の元となっている「関ヶ原の戦い」は、慶長5年(1600年)9月15日に実際に起こった戦いです。美濃国不破郡関ヶ原が主戦場となったのでその名がつけられましたが、その周辺や日本全国で起こった戦いのことを言います。

毛利輝元を大将として石田三成を中心とした東軍と、徳川家康を大将とした西軍に分かれ、日本各地で戦いが行われ、その一番の中心であり激戦地となったのが「関ヶ原」でした。

どちらの軍の武将ももともとは豊臣秀吉の家臣でしたが、秀吉の死後、統率が上手くいかなくなり、政治抗争が起こりました。天下を自分でまとめようとした徳川家康などと、秀吉の子である秀頼を盛り立てようとした石田三成などを中心として戦いとなりました。

石田三成を中心とした西軍は総勢約10万人、徳川家康を中心とした東軍は総勢約7万人であったと言われ、笹尾山に陣を敷いた西軍が圧倒的に有利だと思われました。

しかし、西軍側には寝返る武将や様子見をした武将も多く、結果として東軍が勝利をおさめました。主戦であった関ヶ原での戦いは早朝に始まり、お昼頃に終わり、たった1日で終わった大変早い決着がついた戦いとしても知られています。

関ヶ原ウォーランドへ電車でのアクセス法

「関ヶ原ウォーランド」に電車などの公共交通機関を利用してアクセスしようとする場合は、JRの「関ヶ原駅」で降りれば歩いて約25分、タクシーなどの車に乗り換えると約5分でアクセスすることができます。

「関ヶ原ウォーランド」は、自然に囲まれた場所にあり、気候の良い季節などにゆったりと散歩をしながらアクセスすることもおすすめです。

また、JRの「米原駅」で降りてもタクシーなどの車に乗り換えると約25分でアクセスすることができます。「米原駅」は、「ひかり」「こだま」の新幹線が停車することもあるので、大変利用しやすい駅と言えます。遠方から新幹線を利用する場合は、「米原駅」で降りてアクセスすることもおすすめです。

「関ヶ原ウォーランド」は公共交通機関を利用して東からも西からもアクセスしやすい場所にあるので、観光地として大変おすすめです。

関ヶ原ウォーランドへ車でのアクセス法

「関ヶ原ウォーランド」に車を利用してアクセスしようとする場合は、名神高速道路の「関ヶ原インターチェンジ」で降りれば約5分でアクセスすることができます。北陸自動車道を利用する場合は、「長浜インターチェンジ」で降りれば約20分でアクセスすることができます。

また、東名阪自動車道を利用する場合は、「桑名東インターチェンジ」または「四日市インターチェンジ」で降りれば約60分でアクセスすることができます。

「関ヶ原ウォーランド」は大変広い敷地のある屋外博物館で、敷地内でたっぷり歩くことができるので、小さな子どもや年配の人と共に行くファミリーなどの場合は特に車でのアクセスをおすすめします。車で行きやすい場所にあるので、アクセスがらくらくです。

関ヶ原ウォーランドの駐車場情報

「関ヶ原ウォーランド」には、約100台分の駐車場があります。料金は無料となっています。「関ヶ原ウォーランド」の営業時間中はいつでも誰もが自由に駐車をすることができます。

大変広くゆったりとした駐車スペースがあるので、運転や駐車にあまり自信のない人でも安心です。障がい者専用の駐車場もあります。

週末やゴールデンウィーク、子どもが休みの期間中などでも駐車場で渋滞をすることなどはほとんどなく、時間も料金も気にせず、気軽にアクセス・利用をすることができます。

「関ヶ原ウォーランド」の周辺にはコインパーキングなどはあまりないので、専用駐車場を利用することをおすすめします。

JRの「関ヶ原」の駅には「スペースECO 関ヶ原駅前第1駐車場」があり、約13台分の駐車スペースがあります。営業時間は24時間年中無休です。ここの駐車場を利用してゆっくりと周辺を散策しながら「関ヶ原ウォーランド」にアクセスするのもおすすめです。

関ヶ原ウォーランドの観光情報

「関ヶ原ウォーランド」の営業時間は、時期によって異なります。夏期間の4月から11月までの営業時間が10時から16時まで、冬期間の12月から3月までの営業時間は10時から15時までとなっています。

冬期間でも土・日・祝日の営業時間は16時までと延長されるので、ゆったりと見学をすることができます。関ヶ原の冬は雪が降ることもあるので、冬期間の時間の遅い営業時間では特に天気の急変には注意し、寒さ対策などをしっかり行って楽しむことが大切です。

「関ヶ原ウォーランド」の料金は、大人料金が500円、子ども料金が300円、小学生未満は無料となっています。ベビーカーの持ち込みもできますし、広い芝生の上に人形はあるので、小さな子どもと一緒でも安心して行けます。

また、事前に予約をしておくと料金無料で館長の話を聞くことができます。その土地の人しかしらない関ヶ原の戦いの歴史・武将について・こぼれ話などを聞く良い機会でもあるので、歴史に興味のある人は是非利用してみることをおすすめします。

関ヶ原ウォーランドの割引情報

「関ヶ原ウォーランド」に割引料金で入場する方法の一つに団体料金があります。30名以上の場合は大人料金が450円、子ども料金が250円に割引料金となるので、グループ旅行や団体旅行などの場合には上手に利用することをおすすめします。

また、JAF会員の場合には、受付の時に会員証を提示すると大人料金が450円、子ども料金が250円に割引となります。会員を含む1グループまでが割引対象となるので、会員証を持って出かけることをおすすめします。

旅行会社である「HIS」にも割引クーポンがあり、大人料金が450円、子ども料金が250円に割引となります。近くのレストラン「花伊吹」でのスイーツのサービス券もついています。クーポン1枚で5人まで有効です。有効期限があるので、注意が必要です。

関ヶ原ウォーランドの見どころ1.武将人形

「関ヶ原ウォーランド」の一番の見どころは屋外のあちこちにある等身大の人形でしょう。迫力満点の圧巻の人形がずらりと約280体並んでいて、口コミなどでも話題となっていて、初めて見た人は大変驚きます。

多くは足軽の人形ですが、石田三成や大谷吉継、徳川家康をはじめとした武将の人形もあり、一人一人を探すのも楽しいでしょう。すべての人形が違う表情、違う姿をしていて、まるで自分が戦場に迷い込んだかのように感じられます。

リアルに再現された関ヶ原の戦いが100分の1サイズとなっていますが、史実通りの場所に陣を構え、それぞれが特徴あるポーズをしています。関ヶ原の戦いについて、学びたい時には大変おすすめの場所です。

関ヶ原ウォーランドの見どころ2.甲冑体験

「関ヶ原ウォーランド」では甲冑体験をすることができることでも口コミなどで評判となっています。本格的な甲冑を身にまとうことができるということで、海外からの人にも大変人気となっています。

甲冑の着付けは手伝ってもらえるので、初めての人でも安心です。また、甲冑を着た後に60分間は自由に敷地内を散策できるので、見どころの等身大人形や好きな場所で写真撮影などもでき、大変おすすめです。

甲冑のレンタルは、10歳以上の大人が2000円、5歳から9歳までの子どもが1000円となっています。サイズも豊富なので、小さな子どもも身体が大きな人も大丈夫です。兜のみ、模造刀、火縄銃などのレンタルもあります。並んでいる甲冑から好きな甲冑を選ぶことができます。

関ヶ原ウォーランドの見どころ3.武具甲冑資料館

「関ヶ原ウォーランド」の敷地の中には、「武具甲冑資料館」があり、見どころの一つとなっています。本物の歴史を体感したい時には是非この資料館を訪れることをおすすめします。

「武具甲冑資料館」には、本物の甲冑や刀などの展示がしてあり、歴史を学んだり、戦国時代に思いを馳せることができる場所として口コミなどでも評判となっています。

「武具甲冑資料館」には、関ヶ原の戦いについて、西軍・東軍についてなどの説明もあり、実際に戦いがどのように動いたのか分かりやすい展示がしてあります。関ヶ原の戦いの合戦屏風もあり、見どころの一つです。

関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう1.関ヶ原町歴史民俗資料館

「関ヶ原町歴史民俗資料館」は、岐阜県不破郡関ヶ原町にある資料館です。関ヶ原の戦いについて学ぶことができる場所として口コミなどでも人気があり、関ヶ原の戦いについて知りたい場合は是非行ってみて欲しい場所の一つです。

「関ヶ原町歴史民俗資料館」の見どころは古文書などをはじめとした豊富な展示品です。一点一点をゆっくりじっくり見て回りたくなってしまう魅力たっぷりのスポットです。

「関ヶ原町歴史民俗資料館」の営業時間は、4月から10月までが9時から17時まで、11月から3月までが9時から16時30分までとなっています。毎週月曜日と年末年始は休館日です。料金は、大人料金が350円、子ども料金が200円となっています。

電車などを利用してアクセスする場合は、JRの「関ヶ原駅」で降りれば徒歩約8分でアクセスすることができます。車を利用する場合は、名神高速道路の「関ヶ原インターチェンジ」で降りれば約5分でアクセスすることができます。

関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう2.関ヶ原古戦場

「関ヶ原古戦場」は、岐阜県不破郡関ヶ原町にある関ヶ原の戦いの中でも激戦となった場所です。現在は「関ヶ原古戦場跡」の石碑が静かな田園の中に立っていて、その周辺には石田三成や徳川家康などの旗がはためいています。休憩所もあるので、歴史について学ぶはじめの場所としてぴったりであると口コミなどでも評判です。

関ヶ原の戦いは「関ヶ原古戦場跡」の場所を中心として、石田三成が陣を敷いた笹尾山、徳川家康が陣を敷いた桃配山、開戦地などが点在しています。

それぞれの場所には石碑などが立ち、観光地として見どころの一つとなっているので、是非行ってみることをおすすめします。レンタサイクルで回ると便利でしょう。

「関ヶ原古戦場」へ電車などでアクセスする場合は、JRの「関ヶ原駅」で降りれば徒歩約20分でアクセスすることができます。車を利用する場合は、名神高速道路の「関ヶ原インターチェンジ」で降りればアクセスすることができます。無料でいつでも見学することができます。

関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう3.関ヶ原鍾乳洞

「関ヶ原鍾乳洞」は、岐阜県不破郡関ヶ原町にある標高210メートルの岩倉山のふもとにある鍾乳洞です。わくわくどきどきがいっぱいであると口コミなどでも評判となっていて、多くの人が訪れる人気スポットです。

「関ヶ原鍾乳洞」は全長約518メートルあり、古代生物の化石や神秘的な形をした鍾乳石などが見どころとなっています。湧き水にはニジマスが泳いでいます。夏は涼しくて冬は暖かいという普段とは少し違う雰囲気を体験できる場所として大変おすすめの場所です。

「関ヶ原鍾乳洞」の営業時間は3月から6月までと9月から11月までは9時から17時まで、7月8月は9時から17時30分まで、12月から2月までは10時から16時までとなっています。料金は大人料金が700円、小学生料金が300円、幼児料金が200円となっています。

「関ヶ原鍾乳洞」に電車などを利用してアクセスする場合は、JRの「関ヶ原駅」で降りればタクシーで約10分でアクセスすることができます。車を利用する場合は、名神高速道路の「関ヶ原インターチェンジ」で降りれば約10分でアクセスすることができます。

Thumb岐阜の鍾乳洞特集!おすすめデートスポットからアクセスまで紹介!
周囲に海がなく、日本のほぼ中心に位置する岐阜県には鍾乳洞が数多くあります。なかでも今回は、さ...

関ヶ原ウォーランドとあわせて行こう4.花伊吹

「花伊吹」は、岐阜県不破郡関ヶ原町にあるレストランやお土産売り場があるところです。レストランでは近江牛を使った美味しい料理を素晴らしい景色を眺めながら食べることができると評判です。

「花伊吹」のお土産売り場で売られている「伊吹高原チーズケーキ」が大変口コミなどで話題となっています。濃厚なチーズの香りと味わい、滑らかな舌触りで大変食べやすいと人気があります。是非、お土産に買って帰ることをおすすめします。

「花伊吹」の営業時間は、レストランは11時から14時まで、お土産屋売り場などは9時から17時30分までとなっています。「花伊吹」へ電車を利用してアクセスする場合は、JRの「関ヶ原駅」で降りればタクシーで約5分です。車を利用する場合は、名神高速道路の「関ヶ原インターチェンジ」で降りれば約5分です。

関ヶ原ウォーランドでしっかり楽しもう!

ここまで「関ヶ原ウォーランド」について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?「関ヶ原ウォーランド」は歴史に触れられる場所として評判のスポットです。大変独特の展示の仕方が口コミなどでも評判となっています。岐阜に行ったら、是非訪れてみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ