石垣島「ひとし」は予約電話が繋がらないほどの人気店!おすすめメニューは?

青い海や白い砂浜など沖縄らしさが残る島として人気の石垣島の中でも、地元の方から観光客までひと際高い人気を集める「ひとし」。今回は、石垣島で電話が繋がらないほどの人気店「ひとし」の人気の秘密や人気メニュー、予約の取り方、店舗情報などについて、詳しくご紹介します。

石垣島「ひとし」は予約電話が繋がらないほどの人気店!おすすめメニューは?のイメージ

目次

  1. 1石垣島グルメなら「ひとし」がおすすめ
  2. 2石垣島ってどんな島?
  3. 3石垣島グルメって?
  4. 4電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力とは?
  5. 5電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力1:新鮮なまぐろ
  6. 6電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力2:地元が認める味
  7. 7電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力3:豊富なメニュー
  8. 8電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力4:ボリューム満点
  9. 9電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力5:お酒の豊富さ
  10. 10「ひとし」の予約はいつするのがおすすめ?
  11. 11石垣島内の「ひとし」の店舗はどこにあるの?
  12. 12石垣島で電話繋がらないほどの人気店「ひとし 本店」
  13. 13石垣島で電話繋がらないほどの人気店「ひとし 石敢當店」
  14. 14石垣島を訪れたなら「ひとし」は外せない

石垣島グルメなら「ひとし」がおすすめ

旅行に出掛けた際に、その土地ならではの料理や地酒などのグルメを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。沖縄で特に人気の高い離島である石垣島にも、海鮮料理や郷土料理など石垣島ならではの料理を味わえると評判の居酒屋があります。それが、まぐろ専門居酒屋の「ひとし」。子連れやカップルにも人気の「ひとし」をご紹介します。

石垣島ってどんな島?

那覇から400kmほど離れた場所に浮かぶ石垣島は、八重山諸島の中心となる島で、透明度の高いエメラルドグリーンの海や白い砂浜など、豊かな自然を有する沖縄の中でも、特に美しい自然や風景と出合える島でもあります。亜熱帯の温暖な気候と見事な風景が相まって、石垣島は非日常感あふれるリゾートの雰囲気が漂っています。

石垣島グルメって?

海に囲まれた石垣島では、マグロやイラブチャー(アオブダイ)、ミミジャー(ヒメフエダイ)、グルクン(タカサゴ)、ミーバイ(ハタ)、カタカシ(オジサン)、タカセ貝、海ぶどうなどの魚介が豊富で、沖縄でしか出会えない魚も多くありますので、新鮮な海の幸を生かした料理も石垣島の楽しみな味です。

豊かな自然が残る石垣島では、滋味豊かな野菜を生かした料理から石垣牛やアグー豚、ヤギを使用した肉料理、豆腐とゴーヤなどを混ぜ合わせたチャンプル料理、南国らしさを感じるトロピカルフルーツを使ったデザートに至るまで、個性豊かな料理が揃っていますので、石垣島ならではの石垣島グルメをぜひ存分に味わってください。

常に多くの人で賑わう石垣島の「ひとし」

石垣島内に2つの店舗を構えるまぐろ専門居酒屋の「ひとし」。「まぐろ専門居酒屋」と屋号にありますが、自慢のまぐろ料理以外にも、人気の海鮮料理から充実した一品料理までが揃い、手ごろな値段で沖縄や石垣島の郷土料理を味わえるお店として、地元の方から観光客に至るまで、石垣島で絶大な人気を誇っています。

石垣島で電話繋がらないほどの人気店

石垣島内でも1、2を争うほどの人気を誇る「ひとし」に確実に行くためには、電話で予約するのがおすすめです。ただ、開店直後や忙しい時には、電話が繋がらないこともあるそう。また、運よく電話が繋がったとしても、時期によっては、1ヶ月先まで予約が埋まっていることも珍しくないほど石垣島で人気の居酒屋なのです。

Thumb石垣島の名物グルメ人気ランキング!おすすめランチや居酒屋など!
石垣島で名物グルメがいただける人気店をランキング形式でご紹介します。石垣島にはご当地グルメな...

電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力とは?

多くの観光客が訪れる石垣島には、飲食店や居酒屋も豊富にあります。鮮魚を扱った居酒屋も石垣島に数多くある中で、なぜ「ひとし」が人気なのか気になりませんか。石垣島で「ひとし」が人気の秘密については、大きく分けると5つあります。口福な時間をもたらしてくれる「ひとし」の魅力を、5つのポイントに分けて、探っていきます。

電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力1:新鮮なまぐろ

「ひとし」の特徴は、漁師から直接石垣島近海で獲れたまぐろを仕入れること。それによって、質の良いまぐろを一定量確保することができます。また、時間やコストを節約することもできますので、まぐろを惜しげもなく使った料理を新鮮なまま提供することができ、リーズナブルな価格設定も可能。まぐろ専門店とうたうのも納得のこだわりです。

電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力2:地元が認める味

旅行に出掛けて現地のグルメ店を選ぶ際に、どんなことを重視してお店を選んでいますか。地元の方が認めたお店ということも重要なポイントだと思います。その点で「ひとし」は、石垣島内で地元の方におすすめの居酒屋を聞いた際に、真っ先に名前が上がるほどの人気店ですので、子連れや観光客の方でも安心です。

電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力3:豊富なメニュー

石垣島は、1年中新鮮なマグロを食べられる島。石垣島周辺の豊かな海で獲れたマグロは、脂がのっており、口当たりがやわらかいと評判。「ひとし」では、まぐろ料理をメインに、ミーバイやイラブチャー、島ダコなどを刺身や寿司で味わえたり、生ウニソーメンちゃんぶるや鮮魚の天婦羅があったりと、魚介を生かした海鮮料理がおすすめです。

電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力4:ボリューム満点

刺身やお寿司のネタの一つひとつが大きく厚みがあったり、盛り合わせの種類が多かったり、お肉が肉厚だったりと、料理のボリュームが満点なことからも、「ひとし」の旺盛なサービス精神を感じます。石垣島ならではの美味しい料理を心行くまでじっくりと味わえるのも嬉しい点です。

電話繋がらないほどの「ひとし」の魅力5:お酒の豊富さ

昔から沖縄で愛されているオリオンビールのほかに、石垣島の地ビールやトロピカルビールがあったり、石垣島で人気の泡盛があったりと、地元で人気のお酒が数多く揃っているのも魅力の一つです。美味しいお酒を片手に、味わい深い料理を堪能しながら、特別な時間を過ごせます。

「ひとし」の予約はいつするのがおすすめ?

石垣島で予約が取れないほど人気が高い「ひとし」の予約のポイントについては、時期と時間帯の2つがあります。まず、予約の時期についてですが、1度では電話が繋がらないことも多いですし、1ヶ月先まで予約でいっぱいなことも多いですので、旅行の予定が決まり次第、余裕をもって早めに予約しておくことをおすすめします。

「ひとし」の予約はどの時間帯にするのがおすすめ?

17時の開店前と混雑が落ち着く20時以降ですと、電話が繋がる可能性が比較的に高いようです。ただ、予約が取れなかった場合には、直接お店に行ってみるのも一つの方法。運が良ければ、予約で混み合う時間まで利用が出来たり、1~2時間ほどの待ち時間があるかもしれませんが、席が空いたら携帯に連絡がもらえたりすることもあります。

石垣島内の「ひとし」の店舗はどこにあるの?

石垣島内に、「ひとし」の店舗は「本店」と「石敢當店」の2店舗があります。「本店」は石垣島の中心地である新栄町に、「石敢當店」は繁華街の美崎町からもほど近い場所に建っています。それぞれの店舗には駐車場がありますし、「石敢當店」は立ち並ぶホテルや宿泊施設からも徒歩圏内ですので、子連れで訪れるのにも便利な立地です。

石垣島で電話繋がらないほどの人気店「ひとし 本店」

「ひとし 本店」を訪れたなら、大トロ2貫、中トロ2貫、シソ鉄火細巻1本を一度に味わえる「まぐろ寿司」と、ほどよい牛の旨みを楽しめる「石垣牛寿司」の人気メニューは欠かせません。まぐろ寿司で3種類もの部位の味の違いを食べ比べたり、1貫から注文可能な「石垣牛寿司」を塩とタレの2種類味わったりするのも醍醐味です。

ピーナッツの風味豊かな「手造りジーマミ豆腐」や、海鮮にとろろや納豆、海ぶどうがトッピングされ、ネバネバとプチプチの食感を満喫できる「最強の山かけ」などの逸品も揃っています。

子連れにも人気のメニューも多くありますので、家族で色々な料理を取り分けながら満喫するのもおすすめです。

「ひとし 本店」の店舗情報

入り口横に飾られた愛嬌のあるたぬきの置物が出迎えてくれる「ひとし 本店」。木をふんだんに用いた店内には、メニュー名が書かれた短冊が所狭しと貼られており、元気の良いスタッフのもてなしと木の温もりが相まって、居心地の良い温かな雰囲気に包まれています。

店内には、カウンター席とテーブル席と座敷席がありますので、子連れなどの個人客から団体客に至るまで、幅広く利用できます。

駐車場も6台分用意されていますので、子連れの方が行く際にも便利。営業時間は、17時から23時30分までで、ラストオーダーは22時30分になります。

石垣島で電話繋がらないほどの人気店「ひとし 石敢當店」

「ひとし 石敢當店」での楽しみと言えば、やはり海鮮料理。本店と同じ「まぐろ寿司」以外にも、赤身と白身を味わえる「刺身盛り合わせ」や「中トロ炙りポン酢(200円)」などのまぐろ料理や、海ぶどう、もずくの天婦羅、グルクンの唐揚げなどもおすすめのメニューです。

クリーミーな「ジーマミ豆腐の揚げ出し」や、ガーリックトーストが付いた「石垣牛すじ赤ワイン煮込み」、えびみそたっぷりのエビチリ、赤エビのクリーム煮、あんかけ焼きそばなど、多彩なメニューが揃うのが特徴。

和洋中を問わない子連れにも人気の料理を囲んで、家族みんなで石垣島独自の料理を味わうのもおすすめです。

「ひとし 石敢當店」の店舗情報

島の台所としても名高い「石垣市公設市場」の近くに佇む「ひとし 石敢當店」。石敢當(いしがんどう)とは、沖縄や鹿児島などでよく見られる文字が刻まれた魔よけの石碑のことで、その名を冠した「ひとし 石敢當店」の入り口にもひと際目立つ石敢當が設置されています。

1階から3階までのフロアに、テーブル席やカウンター席、掘りごたつ席などが用意されています。

店内には、抑えた間接照明が灯っていたり、石垣島の写真が飾られていたりと、本店よりもお洒落な雰囲気です。営業時間は、17時から24時までになります。また、5台分の駐車場もあります。

石垣島を訪れたなら「ひとし」は外せない

石垣島の人気店である「ひとし」には、石垣島の名物であるまぐろを中心に、海鮮料理から郷土料理、一品料理、肉料理、ご飯ものに至るまで、充実したメニューが揃っていますので、子連れからカップル、友達に至るまで、幅広い方々に人気のお店です。石垣島を訪れたなら、「ひとし」でぜひ美味しい石垣島ならではの料理の数々を堪能しましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
neko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ