ニース観光の魅力を紹介!おすすめスポットやおしゃれリゾートを楽しもう!

ニースと言えばフランスのコート・ダジュールにある海沿いの街です。フランスでも指折りのリゾート地で観光客に大変人気があります。こちらではそんなニースのおすすめの観光スポットやニースの魅力についてたっぷりとご紹介していきます。

ニース観光の魅力を紹介!おすすめスポットやおしゃれリゾートを楽しもう!のイメージ

目次

  1. 1フランス「ニース」の観光スポット大調査
  2. 2フランスの「ニース」ってどんなところ?
  3. 3フランスの「ニース」おすすめ観光スポット1:プロムナード・デ・ザングレ
  4. 4フランスの「ニース」おすすめ観光スポット2:サレヤ広場
  5. 5フランスの「ニース」おすすめ観光スポット3:マセナ広場
  6. 6フランスの「ニース」おすすめ観光スポット4:旧市街地
  7. 7フランスの「ニース」おすすめ観光スポット5:アルベール1世公園
  8. 8フランスの「ニース」おすすめ観光スポット6:城跡公園
  9. 9フランスの「ニース」おすすめ観光スポット7:ニースオペラ座
  10. 10フランスの「ニース」おすすめ観光スポット8:ニース ノートルダム寺院
  11. 11フランスの「ニース」おすすめ観光スポット9:サン ニコラ ロシア正教会大聖堂
  12. 12フランスの「ニース」おすすめ観光スポット10:シャガール美術館
  13. 13フランスの「ニース」おすすめ観光スポット11:マティス美術館
  14. 14フランスの「ニース」おすすめ観光スポット12:エズ村
  15. 15モナコ公国も観光しよう
  16. 16フランスの「ニース」には魅力がたっぷり

フランス「ニース」の観光スポット大調査

フランスのニースと言えば、ヨーロッパの人々にはおしゃれなリゾートして観光客に人気があります。ニース海沿いの街並みは美しく、雰囲気のある旧市街地の風景もまたおしゃれです。多くの芸術家に愛された街でもあります。こちらではそんなニースの人気の観光スポットや魅力などをご紹介していきます。

フランスの「ニース」ってどんなところ?

ニースはフランスの南東にあり、コート・ダジュール空港が玄関口の都市です。日本(成田)からコート・ダジュールへの直行便はなく、最低1度は乗り継ぎが必要になります。乗り継ぎは航空会社によって場所が違いますが、乗り継ぎの時間を含めた移動時間はだいたい14時間前後です。

現在はフランス領になっていますが、ニースは侵略の歴史とともに成り立ってきた街でもありますが、もともとは紀元前5世紀ごろにギリシャ人により建設された場所でした。気候は1年を通して温暖な地中海性気候で、ヨーロッパ有数のリゾート地として周辺の国から多くの観光客が訪れます。

日本と比べると様々な違いはありますが、観光客に人気のニースは比較的治安の良い場所です。しかしながら数年前にはこの美しい海岸沿いで、恐ろしいテロが発生したこともあります。テロに巻き込まれてしまった際は、ぜひ冷静に行動をし、素早く正しい情報収集をしてください。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット1:プロムナード・デ・ザングレ

ニースの海岸沿いに走る通りがプロムナード・デ・ザングレです。プロムナード・デ・ザングレとは「英国人の遊歩道」という意味です。ビーチ沿いのこの通りは約3.5キロも続き、その美しい海沿いの風景はまさにリゾートという感じです。このプロムナード・デ・ザングレには様々なおすすめ(観光)スポットがあります。

高級リゾートホテル

まずは高級ホテルの数々です。中でも観光客に一番有名なのは何と言ってもニースで100年以上の歴史を持つ「ホテルネグレスコ」でしょう。

白い壁にピンクのモスクのような丸い屋根の部分のデザインはニースのプロムナード・デ・ザングレにおいてお決まりの風景の一部となっています。ビートルズをはじめとする有名人や要人などの宿泊場所としても有名で、お値段も驚くほど高いというわけでもないので、観光客にもとても人気があります。

おしゃれなレストラン

プロムナード・デ・ザングレの次の魅力はレストランです。多くのレストランはプロムナード・デ・ザングレ越しにビーチが眺められます。レストランの1階部分のレストランやカフェスペースであったり、レストランだけのお店もあります。プロムナード・デ・ザングレ沿いのレストランはどちらもおしゃれな雰囲気が漂っていて観光客に人気です。

ニースの名物料理と言えば「ニース風サラダ」です。サラダにはお店によって様々な野菜が使用されますが、基本的にはにんにくやアンチョビの風味が効いたフレンチドレッシングを使用します。ニースに行ったらぜひニース風サラダを食べてみてください。

ビーチ

そしてプロムナード・デ・ザングレ最大の魅力はもちろんビーチです。リゾート地であるニースにはこのビーチでの日光浴を目的にやってくる観光客が多くいます。ビーチにはパブリックビーチとプライベートビーチがあります。

パブリックは無料です。プライベートの場合はホテルがそのエリアを管理していることなどが多く、ホテルに利用料を払う必要がありますが、デッキチェアやパラソル、タオル、シャワーなどを借りることができます。ニースのビーチは砂ではなく石なので、履物や敷物に気を付けましょう。

カジノ

そしてプロムナード・デ・ザングレのもう一つの魅力はカジノです。プロムナード・デ・ザングレ沿いにはカジノもあります。プロムナード・デ・ザングレ沿いにあるカジノは比較的カジュアルで、厳しいドレスコードなどがないのも観光客に人気の理由です。ぜひフランスきってのリゾート地でカジノを体験してみてください。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット2:サレヤ広場

サレヤ広場は、旧市街地の海岸側にあります。こちらのサレヤ市場では毎日マルシェが立ちます。お店はテントで作ったような簡易的なものですが、火曜日から日曜日は花市や野菜市、月曜日には骨董市が開かれます。花市は切り花や植木の花、サボテンなどもあります。どちらも色鮮やかで美しいです。

また、ニースはマルセイユも近く、マルセイユの名物である、ポプリやオリーブオイルを使用したおしゃれな石鹸などもを売られています。フルーツなども売っていますので、フルーツを購入してホテルでいただくのも良いでしょう。ニース観光のお土産選びにおおすすめです。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット3:マセナ広場

マセナ広場は観光スポットと言うよりも、観光客がニース観光の拠点とする広場と言っても良いでしょう。マセナ広場にはトラムの駅や各観光地へのバス停、高級百貨店、ブランドショップなどが立ち並んでいます。広場の中心には大きなアポロン像が中心に立つ噴水があります。

噴水からトラムの駅に向かって立つ7つの像の街灯は大陸を象徴しており、夜にはその像の体が7色にライトアップされます。夜は噴水のライトアップもされて、とてもおしゃれな雰囲気です。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット4:旧市街地

ニースを訪れたのであれば、ぜひ観光したいのがこちらの旧市街地です。ニースは19世紀半ばまでイタリアに占領されていたため、この旧市街地はフランスと言うよりもイタリアの雰囲気が漂っています。バロック様式の建物や住宅の色や、迷路のような街並みは観光スポットとしてとても魅力的です。

この旧市街地にはおしゃれな雑貨、衣料品、オリーブオイルの専門店などもあり、ショッピングを楽しむこともできますし、おしゃれなバーやレストランもたくさんありますので、こちらでお食事を楽しんでも良いでしょう。

そして何と言ってもおすすめなのは旧市街地にあるニースで最も有名なジェラートのお店です。新鮮な素材で作られたジェラートはなんと100種類以上、お店のショーケースにはジェラートがずらりと並び、多くの観光客が行列してジェラートを買い求めています。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット5:アルベール1世公園

コチラのアルベール「アルベール1世公園」はマセナ広場からすぐの海岸沿いにあります。この公園はニースで最も古い公園です。敷地内のメリーゴーランドも興味深いですが、カーニバルの時期には大観覧車も設置されます。

ちなみにニースのカーニバルは、ヨーロッパでは3大カーニバルの一つであり、毎年2月中旬ごろから2週間開催されます。カーニバルの時期には毎年100万人以上の観光客が集まる一大イベントです。カーニバルには巨大な張りぼての人形がパレードをし、街は大変な盛り上がりを見せます。時期が合えばぜひカーニバルにも参加してみてください。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット6:城跡公園

かつて要塞の役割も果たしていたニース城は小高い丘にあり、そこから眺めるニースの美しい海岸線と旧市街地はまさにコート・ダジュール(紺碧海岸)の絶景です。展望台までは旧市街地から階段で登ることもできますが、無料のエレベータでも上がることができます。
 

そしてさらにおすすめなのはプロムナード・デ・ザングレのアルベール1世公園のあたりから出発するミニトレインにのって城跡公園に行くことです。実はこのミニトレインに乗ると、上記の観光スポット1から観光スポット6までのすべての場所をミニトレインに乗り車窓から観光することができます。

城跡の展望台では10分だけ下車して写真を撮ったり、風景を楽しんだりする事ができます。ニースの海岸沿いの観光スポットを効率的に観るにはとてもおすすめです。約45分間のミニトレインツアーはユーロです。30分ごとぐらいに出発しています。

車内にはヘッドフォンが付いており、回る場所のオーディオガイドを聞くことができます。チャンネルの様なものを選択して日本語のガイドを選択することもできます。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット7:ニースオペラ座

フランスのオペラ座と言えば、パリのガルニエ宮や、バスティーユ宮(新オペラ座)を思い浮かべますが、ニースにはニースオペラ座があります。

ニースのオペラ座は19世紀後半に建てれたものです。ピンクの大理石で作られた外観は必見です。また劇場も馬蹄型で、3階建てのボックス席は大変おしゃれです。

夜にライトアップされた姿も美しいのですが、こちらのニースオペラ座は現在でも公演などが行われる劇場ですので、オペラ、バレエ、コンサートも行われています。外観も内装もゴージャスですが、リゾート地ということもあり、比較的カジュアルな格好でも入ることができます。

Thumbパリのオペラ座「ガルニエ宮」を見学!チケットの買い方や見どころを紹介!
パリのオペラ座である「ガルニエ宮」はパリの観光名所の一つとしてもとても人気があります。こちら...

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット8:ニース ノートルダム寺院

ニースには魅力がまだまだあります。こちらは19世紀後半に建てられたニースのノートルダム寺院です。このニースのノートルダム寺院は旧市街地にある最大の教会です。ノートルダム寺院と言えばやはりパリのノートルダム大聖堂を誰もが思い浮かべることでしょう。

ニースのノートルダム寺院もまたファサードはゴシック形式で、3つのアプローチや入口の上部の窓、左右対称に双塔を持つファサードなどはとても典型的です。建物内部のステンドグラスは大変すばらしく、夜にライトアップされる姿はとてもおしゃれで観光客にも人気があります。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット9:サン ニコラ ロシア正教会大聖堂

まるでおとぎ話に登場しそうな玉ねぎの様な屋根を持つこちらの建物は「サン ニコラ ロシア正教会大聖堂」です。こちらの大聖堂が建てらたのは1912年で、建てたのはロシアのラストエンペラーである皇帝ニコライ2世です。外観だけでもとても魅力的な大聖堂なのですで、その魅力は外観のみならず内部もとても美しい装飾です。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット10:シャガール美術館

シャガールといえば、ロシア出身のフランスの画家です。多くの歴史的建造物などに作品をのこしているシャガールは「接吻」やなども有名です。そんなシャガールの絵やステンドグラスが鑑賞できるシャガール美術館はとてもおすすめです。日本語のオーディオガイダンスもあるので、日本人でもより深くシャガールの世界を知ることができます。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット11:マティス美術館

同じくニースには「色彩の魔術師」と称されたフランス人画家、マティスの美術館もあります。またこのマティス美術館があるシミエ地区には、ローマ時代の円形闘技場の跡、シミエ修道院、シミエ考古学博物館などが隣接してありますので、一度に様々な場所の観光ができます。

フランスの「ニース」おすすめ観光スポット12:エズ村

フランスのニースはリゾート地として観光客に人気ですが、ビーチリゾート以外の魅力がまだまだあります。こちらの鷲ノ巣村「エズ村」もそんな魅力ある観光スポットの一つです。エズ周辺に人が住み始めたのは2000年頃と言われています。エズ村は標高427メートルの崖の上にある村なので鷲ノ巣村とも呼ばれます。

エズ村の入口付近にはバス停や駐車場があり、観光客そこからエズ村に続く坂道を徒歩で上がっていくのですが、エズ村に入った瞬間に、まったく別の世界に来たような錯覚に陥ります。狭い路地と階段、石造りの家、家の壁につたう蔓でさえとても雰囲気があります。エズ村はずっと階段が続く村なので、もちろん車も自転車も通りません。

エズ村には現在でも約3000人弱が生活しています。観光地として多くの観光客がおとずれますが、それらの街並みの中で実際に生活している人もいますので、大きな声で騒いだりするのはやめましょう。

エズ村には教会があります。こちらの教会は、エズ村にあるシンボル的な教会です。黄色い壁に水色の時計の文字盤はとても可愛らしい色使いです。この教会では聖母マリアを祀っており、窓から入る太陽の光で照らされた教会の中の装飾は柔らかい雰囲気がします。

そしえてエズ村の一番の見どころはやはり展望台からの眺望です。ニースの街並みを一望できるこの眺望は素晴らしいの一言です。こちらのエズ村は住民の居住空間とともに、絶景を眺めながらお食事をいただけるレストランやホテルなどもありますので、機会があればぜひ利用してみてください。絶景とともに特別な時間を過ごすことができます。

モナコ公国も観光しよう

ニースと言えば目と鼻の先にあるのがモナコ公国です。一応フランス領なので、ニースからモナコ公国に観光に行く際には、パスポートやビザは必要ありません。モナコと言えば、アメリカの美人女優グレース・ケリーが皇妃そして嫁いだ国としても有名です。

ニースからモナコまでは電車で約20分ほどで行くことができます。モナコにはモナコの海岸が一望できる絶景スポットや歴史的な建物、グレースケリーのお墓など様々な観光スポットがあります。F1レース(モナコグランプリ)が開かれるときは海岸に特設ステージが作られたり、道路にスタートラインが書かれたり、ちょっと特別な雰囲気が楽しめます。

モナコのカジノ広場には、パリのオペラ座をデザインしたシャルル・ガルニエがデザインしたカジノ(カジノ・ド・モンテカルロ)もあります。

フランスの「ニース」には魅力がたっぷり

いかがでしたでしょうか、コートダジュールのリゾート地であるニースには、まだまだ魅力がたくさんあります。ニーズでは美しい空と海、おしゃれな街並みと本物の芸術を楽しむことができます。ニースは観光にとてもおすすめです。ぜひフランスのニースを訪れてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ