イタリアの世界遺産はどこが有名?観光客におすすめのスポットをランキング!

世界一たくさんの世界遺産を持つイタリアのすばらしい建築物の数々をランキング形式でご紹介します。イタリアに行く予定の人は是非とも旅程を決めてしまう前に、イタリアの行ってみたい世界遺産がないかどうかチェックしてみてください。

イタリアの世界遺産はどこが有名?観光客におすすめのスポットをランキング!のイメージ

目次

  1. 1イタリアのすばらしい世界遺産の数々
  2. 2どうしてイタリアには世界遺産が多いのか
  3. 3イタリアの世界遺産おすすめランキング17位:「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群」
  4. 4イタリアの世界遺産おすすめランキング16位:「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」
  5. 5イタリアの世界遺産おすすめランキング15位:「ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群」
  6. 6イタリアの世界遺産おすすめランキング14位:「アマルフィ海岸」
  7. 7イタリアの世界遺産おすすめランキング13位:「ヴァル・ドルチャ」
  8. 8イタリアの世界遺産おすすめランキング12位:「ヴェローナ市街」
  9. 9イタリアの世界遺産おすすめランキング11位:「シエーナ歴史地区」
  10. 10イタリアの世界遺産おすすめランキング10位:「サン・ジミニャーノ歴史地区」
  11. 11イタリアの世界遺産おすすめランキング9位:「ナポリ歴史地区」
  12. 12イタリアの世界遺産おすすめランキング8位:「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」
  13. 13イタリアの世界遺産おすすめランキング7位:「ピサのドゥオモ広場」
  14. 14イタリアの世界遺産おすすめランキング6位:「ドロミーティ」
  15. 15イタリアの世界遺産おすすめランキング5位:「バチカン市国」
  16. 16イタリアの世界遺産おすすめランキング4位:「アルベロベッロのトゥルッリ」
  17. 17イタリアの世界遺産おすすめランキング3位:「ヴェネツィアとその潟」
  18. 18イタリアの世界遺産おすすめランキング2位:「フィレンツェ歴史地区」
  19. 19イタリアの世界遺産おすすめランキング1位:「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」
  20. 20世界遺産の国イタリアへ行こう

イタリアのすばらしい世界遺産の数々

世界遺産の数が世界的に見ても群を抜いて多い国として知られているのがヨーロッパ南に位置する「イタリア」です。そして、イタリアが保有する世界遺産の中でも圧倒的に多いのが「文化遺産」です。今回はそんなイタリアのすばらしい歴史文化が作り上げた世界遺産の数々をご紹介します。

どうしてイタリアには世界遺産が多いのか

日本の2倍以上にも及ぶ数の世界遺産があるイタリアですが、どうしてそんなにもたくさんの遺跡が残されることになったのでしょうか。

一番の理由は「ローマ帝国」の存在だと言われています。約500年間も続いた帝国は、その過程でたくさんの遺跡を残し、それが現在「イタリアの世界遺産」として登録されているのです。

また、イタリアが日本のように高温多湿な地域ではなかったことも、世界遺産の数に関係していると言われています。高温多湿であれば、イタリアは木材が豊富な国となり、結果より簡単に加工できる木材を用いて遺跡を作っていたでしょう。

そうなると、今の日本と同様にほとんどの遺跡は長続きせずに終わっていたはずなのです。イタリアに世界遺産が多い理由はローマ帝国の存在と建物は石造りが中心であったことが関係していると考えられています。

イタリアの世界遺産おすすめランキング17位:「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群」

ランキング第17位の世界遺産は「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群」です。2011年に世界遺産の文化遺産部門に登録され、イタリアが保有する世界遺産の中では比較的新しいものになります。

この「アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群」は、ヨーロッパのアルプス山脈付近に住んでいた人々の生活を垣間見ることができる歴史研究において非常に重要な遺跡であるとされています。実は、イタリアだけではなく、アルプス山脈が通るスイスやドイツなどのヨーロッパ国と共同登録されている世界遺産です。

アルプス山脈付近に住んでいた人々が建てた杭上住居という、杭の上に建てられた住居がこの世界遺産の中心となっています。杭上住居の歴史はなんと紀元前5000年前にまで遡ります。現在はその多くが水没してしまっており大変貴重な見どころたっぷりのイタリアの世界遺産と言えます。

イタリアの世界遺産おすすめランキング16位:「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」

ランキング第16位の世界遺産は「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」です。イタリアにあるポンペイの遺跡は、世界史の授業などでも最初の方に登場したので知っている人も多いことでしょう。

この「ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域」には、古代都市として有名かつ見どころである「ポンペイ」を含め「ヘルクラネウム」や「アンヌンツィアータ」の古代都市が含まれてます。

このイタリアの世界遺産の一番の見どころと言えばなんと言っても「ポンペイ」にあります。一番栄えていた頃は2万人もの人々が暮らしていたこの街は、紀元後1世紀あたりに地震による火山の噴火で灰の下に埋まってしまいました。

現在では、掘り起こしが行われ当時のポンペイの進んだ技術や街の様子がよくわかるようになってきています。ポンペイは南イタリアであるナポリに位置しており、ローマやフィレンツェからは少し遠くなってしまいますが、訪れる価値のある有名なイタリアの世界遺産と言うことができるでしょう。

Thumb世界遺産『ポンペイ遺跡』の観光前に!見どころや入場料を詳しくリサーチ!
世界遺産であるポンペイ遺跡は、イタリアのナポリでもとても人気のある観光スポットで、世界中から...

イタリアの世界遺産おすすめランキング15位:「ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群」

ランキング第15位の世界遺産は「ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群」です。イタリアの北海岸にあるポルトヴェーネレという街、そして5つの村から形成されるチンクエ・テッレがこの世界遺産です。5つの村から構成されるチンクエ・テッレは日本でも有名なのでなんとなく名前を聞いたことがある人もいることでしょう。

フランスまで伸びる「リヴィエラ」という海岸線の激しく入り組んだ岩の上に建てられた色とりどりの美しい家々がこのイタリア世界遺産の最大の見どころとなります。訪れた際は是非この地方で有名なワインも味わってみましょう。

イタリアの世界遺産おすすめランキング14位:「アマルフィ海岸」

ランキング第14位の世界遺産は「アマルフィ海岸」です。アマルフィはヨーロッパの中でも高級リゾート地として有名な場所です。入り組んだ崖の斜面に建てられた南イタリアのカラフルな家々や美しく青い海がアマルフィの特徴になっています。

また、アマルフィの地形を利用してレモンやブドウなどが特産品となっています。アマルフィの青い海と黄色いレモンの美しい色は色々な写真や絵のモデルにもなっています。近くには「青の洞窟」として有名な「カプリ島」もあるのでアマルフィ観光の際には是非とも訪れてみましょう。

イタリアの世界遺産おすすめランキング13位:「ヴァル・ドルチャ」

ランキング第13位の世界遺産は、イタリアのトスカーナ地方を代表するイタリアの世界遺産「ヴァル・ドルチャ」です。日本語では「オルチャ渓谷」と訳されることが多いです。トスカーナで有名な糸杉と山々が生み出す自然の数々など、イタリアに特徴的な田舎風景が楽しめる観光地です。

美しくノスタルジックな風景が広がる異国情緒あふれる谷は、今でもたくさんの観光客が訪れています。イタリアの有名な観光地としては「フィレンツェ」から比較的近い世界遺産です。

イタリアの世界遺産おすすめランキング12位:「ヴェローナ市街」

ランキング第12位の世界遺産は「ヴェローナ市街」です。ミラノの右側に位置する世界遺産の街です。また、ヴェローナは日本でも有名おなじみのシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の街でもあります。ヴェローナにはジュリエットの家が残されており、そこにあるジュリエットの像を触ると幸運が降ってくると言われています。

街全体は、古くからの景観である茶色になっていて歩いて散歩するだけでもうっとりしてしまうほどおしゃれで美しい観光地になっています。また、ローマ帝国時代からの遺跡である、コロッセオのような円形闘技場や広場などの数々も見ることができます。

中世のイタリアの姿を忠実に残した街であるヴェローナは、南イタリアのカラフルさや陽気さとはまた違った魅力や美しさを秘めている街であると言うことができます。

イタリアの世界遺産おすすめランキング11位:「シエーナ歴史地区」

ランキング第11位の世界遺産は、茶色で統一されたシックな街「シエーナ歴史地区」です。シエーナはトスカーナ地方の地域で、お隣にはイタリアの観光地として有名なフィレンツェがあります。

シエーナは、街全体が茶色で統一されており、中世のイタリアの景観が残っている街として有名です。絵の具などに使われる「シエーナ」もこのシエーナの街の茶色にちなんで付けられた名前です。

美しい中世イタリアの景観を残したシエーナには、数々の重要な建物がありますが、中でも「カンポ広場」と呼ばれている古くからある広場は世界一美しい広場と呼ばれたこともあるほどの場所です。

また、その周りに建つ建物も古くから残されているもので観光の際の見どころと言うことができます。

シエーナの丘にそびえ建つ「シエーナ大聖堂」も観光には見逃せない建物です。シエーナ大聖堂は、当時のシエーナとフィレンツェとの抗争や、当時ヨーロッパ全域で流行ったペストという病の歴史を物語る大変重要な歴史的建物として有名です。

イタリアの世界遺産おすすめランキング10位:「サン・ジミニャーノ歴史地区」

ランキング第10位の世界遺産は「サン・ジミニャーノ歴史地区」です。サンジミニャーノを観光するさいの一番の見どころはサンジミニャーノのローマ帝国時代から残されている「塔」です。中世時代、このサンジミニャーノには70を超える数の塔が建てられました。

現在はその内の14本が残されていて見学することができます。サンジミニャーノは昔商人が行きかう街として非常に栄えていましたが、中世で流行した病気「ペスト」のせいで街は荒れ果て、一気に街は衰退してしまいます。

しかし、皮肉なことにその街の衰退が故にサンジミニャーノは戦争の被害にあうことがなく今でも中世の建物がたくさん残っているのです。

トスカーナに位置するこのサンジミニャーノは、美しい街の建物やトスカーナの牧歌的風景をも楽しむことができる、イタリア屈指の観光名所と言うことができます。主な観光地としてはフィレンツェが近いので、是非ともイタリアを訪れた際はこの世界遺産の街にも足を伸ばしてみたいものです。

イタリアの世界遺産おすすめランキング9位:「ナポリ歴史地区」

ランキング第9位の世界遺産は、南イタリアの最大都市ナポリの「ナポリ歴史地区」です。ナポリは世界の中でも特に美しい港を持つ都市として知られており、観光客の数が後を絶えません。

ナポリの観光地と言えば、「ナポリ大聖堂」「ナポリ王宮」「サンタキアラ教会」など、昔から港町として栄えてきたことによる建築物がたくさんありどれも見どころたっぷりです。石造りの帝国時代からの建物が数多く残されており、一日では廻りきれないほどの見どころがあります。

建築物はもちろん、南イタリアならではの開放感やカラフルで陽気な雰囲気を街歩きを通して感じることもできます。イタリアには「ナポリを見ずに死すべからず」という言葉があるくらいなのです。

ナポリといえばこのように、歴史的建造物や美しい南イタリアの街並みが見どころです。しかしながら、ナポリといえばもう一つ忘れてはいけないものがあります。それは「ナポリのピザ」です。

ナポリのピザは、ピザで有名なイタリアの中でも特においしいと有名で、肉厚かつもちもちのピザは本場ならではです。ナポリに観光に行ったさいには是非とも食べてみてください。

イタリアの世界遺産おすすめランキング8位:「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」

ランキング第8位の世界遺産は、レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な絵画「最後の晩餐」があるミラノの世界遺産「レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」です。

荘厳な修道院で観る、食堂の壁に大きく描かれたダヴィンチの絵画は今でも来る人々を圧倒し続けています。ミラノにあるこの教会は、人気のため予約制となっているので注意しておきましょう。イタリアの観光シーズンと重なると、当日に行っても予約なしでは観られない可能性もあります。

ちなみに、ダヴィンチの「最後の晩餐」が描かれているのはドミニコ会修道院の壁で、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会はその修道院に隣接している教会になります。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は、元々ゴシック様式で建築されたのですが、15世紀にブラマンテという建築家によってルネサンス様式の部分が増築され天井のドームなどが加えられることになりました。絵画だけではなく、建物の様式にも注目してみると面白いでしょう。

イタリアの世界遺産おすすめランキング7位:「ピサのドゥオモ広場」

ランキング第7位の世界遺産は傾いた建物が有名な「ピサのドゥオモ広場」です。ピサは、紀元前から13世紀あたりまでローマ帝国の重要な港街として機能していた場所です。

実はこのドゥオモ広場には、一般的にピサの斜塔として知られている「鐘楼(しょうろう)=時を告げる鐘が付いた塔」だけではなく、ピサ大聖堂、洗礼堂、そして墓所(カンポサント)の4つの歴史的重要建物から構成されている広場なのです。

鐘楼がなぜ「ピサの斜塔」として有名になったかと言うと、この塔が南側に傾いているからです。実は、ピサの斜塔はもっと高さが高くなるように設計されていたのですが、3階あたりまで作った時点で地盤沈下により南に傾き始めたため、建築作業を途中でやめてしまったそうです。

Thumbイタリアのピサ観光!大聖堂など旅行客におすすめの有名スポットを厳選!
ピサの斜塔で有名なイタリアのピサ。イタリアの中でも大人気の観光スポットで、毎年多くの旅行客が...

イタリアの世界遺産おすすめランキング6位:「ドロミーティ」

ランキング第6位の世界遺産は、ヨーロッパ一の山脈「アルプス山脈」が誇るイタリアの自然「ドロミーティ」です。世界遺産としては「ドロミーティ」と登録されていますが、ドロミテと言われることも多いようです。

アルプス山脈といえば「スイス」を思い浮かべる方も多いことでしょう。確かにスイスの雄大なアルプスの自然は有名です。しかしながら、アルプス山脈とはその大きさから、ヨーロッパのいくつかの国にまたがって存在するものであり、アルプス山脈の南側がここでご紹介するイタリアのドロミーティなのです。

ドロミーティはイタリアの北東部に位置します。観光の見どころはその荒々しく広大な山々と冷たい空気の中で美しく透き通った湖の数々です。

ドロミーティは、ハイキングやトレッキングのツアーも多数用意されているのでイタリアを訪れる予定の方は、出発前にそういったツアーをいくつかチェックしておくことをおすすめします。

山々もさることながら、ドロミーティの湖もまたとても美しいものです。中でも「ドロミーティの真珠」と呼ばれているミズリーナ湖、木々に囲まれでエメラルドに輝くカレッツァ湖などは必見です。

イタリアの世界遺産おすすめランキング5位:「バチカン市国」

ランキング第5位の世界遺産はこちらイタリアのローマにある世界最小の国かつ国自体が世界遺産に登録されている「バチカン市国」です。バチカン市国の首長を務めるローマ教皇がいるところで、キリスト教カトリックの総本山でもあります。

観光の見どころは、何と言ってもキリスト教の芸術文化です。一番有名な「サン・ピエトロ大聖堂」には、マリアがキリストを抱える有名な「ピエタ」の像があり、それを始めて目にして涙を流す人もいるほどです。

また、バチカン宮殿内にあるバチカン美術館もまた見どころであり、キリスト教にまつわる数々の豪華絢爛な絵画や芸術作品が飾られています。ラファエロやレオナルドダヴィンチなど、イタリアの有名画家の作品がたくさんそろっています。

バチカン市国は、イタリア一の観光地であるローマ市内にあるので、イタリアを訪れる予定の方は必ず忘れずにバチカン市国へも足を運んでみてください。

Thumbバチカン美術館の予約方法・入場料・営業時間など!満喫のコツや見どころを紹介!
世界にある国の中で小さな国としても知られているバチカンにあるバチカン美術館は予約が可能です。...

イタリアの世界遺産おすすめランキング4位:「アルベロベッロのトゥルッリ」

ランキング第4位の世界遺産は「アルベロベッロのトゥルッリ」です。ローマやフィレンツェからはかなり遠くなってしまいますが、こちらも人気のある観光地かるイタリアの世界遺産ですので、イタリア旅行計画を立てている人は要チェックです。

アルベロベッロは南イタリアにある地方の名前です。一番の見どころは白い壁に円柱のとんがり帽子のような屋根が特徴的な「トゥルッリ」と呼ばれる家々です。この地方に独特の家で、街の中はまるでおとぎ話の世界のようです。とてもメルヘンチックで、ローマやフィレンツェからは遠いものの毎年たくさんの観光客が訪れる世界遺産です。

アルベロベッロにある家はそのほとんどが現在では観光用としての飲食店や雑貨屋さんに代わっているので、内部も簡単に見学することができます。青い空に映える美しい白とグレーの家の数々は子どものころに好きだったおとぎ話を思い出させてくれます。是非とも、時間があれば足を運びたい南イタリアの世界遺産です。

Thumbアルベロベッロはイタリアの美しい観光名所!世界遺産の町でトゥルッリに宿泊!
美しい白壁の家が立ち並ぶイタリアを代表する観光名所「アルベロベッロ」をご存知ですか?トゥルッ...

イタリアの世界遺産おすすめランキング3位:「ヴェネツィアとその潟」

ランキング第3位の世界遺産は「ヴェネツィアとその潟」です。イタリア観光では自然とプランに入れている方も多いはずですが、ヴェネツィアもまた街全体が世界遺産に登録されている見どころたっぷりの場所です。

イタリア旅行初めての方は、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノの4都市を中心に廻ることが多いでしょう。この4つの地域の中でも特に若い女性に人気のあるのがヴェネツィアなのです。川と海の水が豊かで、港としてかつて栄えていた街は、活気がありカラフルで異国情緒溢れる場所です。

ヴェネツィアの見どころと言えば、何と言ってもサンマルコ広場でしょう。フランスのナポレオンが世界一美しい広場と称したことでも有名です。

ヴェネツィアには、「アクアアルタ」と呼ばれる現象があります。これは高潮と風の影響でヴェネツィアの街に水が浸水する現象です。高さは、長靴を履いていれば歩けるくらいのものです。時期は10月から3月の秋~春にかけて起こりやすいと言われています。

ただ、浸水が起こっても水面より高い歩行道路「ギャングウェイ」と呼ばれるものが設けられたり、午後になると水が引いてしまうこともあるようです。水面に映るヴェネツィアもそれは美しいと言われているので、気になる人はアクアアルタが起こりやすい時期に訪れてみることをおすすめします。

イタリアの世界遺産おすすめランキング2位:「フィレンツェ歴史地区」

ランキング第2位の世界遺産は「フィレンツェ歴史地区」です。街全体が芸術の街であり、歴史的建物はもちろん新しくできたカフェやレストラン、ちょっとした小道なんかも何もかもがアートなすばらしい街です。

フィレンツェの見どころと言えば、「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」です。特に、ドーム型のクーポラと呼ばれている部分はフィレンツェの写真では必ずと言っていいほどモチーフになっているほど有名です。

また、ウフィッツィ美術館もまたルネサンス期の芸術を理解する上では欠かせません。中でもボッティチェリの「ヴィーナス誕生」や「春」は歴史の教科書で誰しも目にしたことがある作品でしょう。

教科書で見た絵画を実際に目の前で見るのはとても感慨深いものなので是非こちらにも足を運びましょう。

フィレンツェは、芸術の街でありながら名物もたくさんあります。トスカーナのおいしいオリーブオイルやポルチーニ茸を使った料理や、トスカーナのワインとよくあう前菜などがおいしいので是非観光に訪れたさいはおいしいレストランをリサーチして足を運んでみましょう。

イタリアの世界遺産おすすめランキング1位:「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」

ランキング第1位の世界遺産は、イタリアのローマと言えばの文化の数々「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」です。この世界遺産は、色々な歴史的重要建築物をひとつにまとめて歴史地区自体が世界遺産になっています。

「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」には、コロッセオ、パンテオン、カラカラ浴場、フォロ・ロマーノ、ドムス・アウレア、アウグストゥス帝霊廟など様々な古代ローマの遺跡などが含まれており、かつてのローマがいかに強大な権力を持ち、発展していたかを知ることができます。

「コロッセオ」は、人々が人や動物との戦いをするという娯楽目的の闘技場のことです。実はローマだけではなく、いくつかの国で見られるものです。

他にも、「ローマの休日」で有名になったスペイン広場や真実の口などを実際に見ることもでき、映画ファンにはたまらない場所です。映画をまだ見たことがない人も、イタリアに行く前に観ておけばよりローマを楽しむことができるでしょう。

Thumbパンテオン神殿はローマの有名建築!パワースポットとしても有名なスポット!
パワースポットしても注目を集めているパンテオン神殿は、ローマの観光スポットして人気です。有名...
Thumbサンタンジェロ城はローマの観光名所!入場料・予約方法・所要時間まとめ!
ローマのサンタンジェロ城は人気の観光名所です。ローマとえいばヨーロッパに大きな影響を与えてき...

世界遺産の国イタリアへ行こう

イタリアのすばらしい世界遺産の数々はいかがでしたか。今回はランキング形式で17個の世界遺産をご紹介しましたが、それ以外にもイタリアには数々の文化的世界遺産がたくさんあります。是非ともイタリアに行く前に、世界遺産をチェックして行きたいところをピックアップしておきましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
kkkkks.

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ