イタリア旅行の費用の相場は?安い時期の予算や詳しい滞在費も教えます!

イタリアの旅行費用はどれくらいかかるのでしょうか。今回はイタリアの航空券から滞在費、安い時期などを詳しく見ていきます。イタリア旅行は飛行機が高いですが、安い時期に行けば予算を抑えることができます。飛行機と滞在費を計算して費用を見積もりましょう。

イタリア旅行の費用の相場は?安い時期の予算や詳しい滞在費も教えます!のイメージ

目次

  1. 1イタリア旅行の費用はどれくらい?
  2. 2イタリア旅行の相場の費用は?
  3. 3イタリア旅行の費用は時期で安くなる?
  4. 4イタリア旅行の費用の内訳1:飛行機
  5. 5イタリア旅行の費用の内訳2:滞在費
  6. 6イタリア旅行の費用の内訳3:ホテル
  7. 7イタリア旅行の費用の内訳4:お土産
  8. 8イタリア旅行の費用の内訳5:観光
  9. 9イタリア旅行の費用の内訳6:食事
  10. 10イタリア旅行の費用の内訳7:交通費
  11. 11イタリア旅行の費用で一番かかるのは?
  12. 12イタリア旅行で安い時期はどれくらい?
  13. 13イタリア旅行の一週間の費用はどれくらい?
  14. 14イタリア旅行を安く行くと費用の相場はどれくらい?
  15. 15イタリア旅行に行こう!

イタリア旅行の費用はどれくらい?

イタリア旅行の費用はどれくらいかかるのでしょうか。ヨーロッパの旅行は高いイメージがあります。航空券がそもそも大きくかかってしまいますので、普通に飛行機に乗るだけでもかなりの料金がかかります。今回はイタリア旅行でかかる費用を内訳別に詳しく見ていきたいと思います。一週間滞在するとどれくらい予算がかかるのかも相場を見ていきましょう。

イタリア旅行の相場の費用は?

イタリア旅行の相場をまず知りたいと思います。最初にイタリア旅行の相場の予算を見ていきます。費用が大きくかかるのは飛行機の料金と滞在費です。飛行機の料金は高い時期に行けば15万から20万。安い時期に行けば8万から15万です。滞在費用は人にもよりますが、安く行けば1日一万以下でも旅行に行けます。

普通のホテルに泊まるなら7000円から8000円ほどは宿泊費用がかかるでしょう。ゲストハウスなら5000円以下でもあります。食費は日本とさほど変わらないのではないでしょうか。日本よりも少し旅行の費用がかかると考えておくと良いでしょう。

これを計算していくと相場は最低8万の旅行券と、1日1万円と考えられます。ローマだけならローマだけ、という風に移動しないのであれば、飛行機の料金にプラス1万から2万ほど加算してい行けば余裕のある予算を見積もれるのではないでしょうか。

イタリア旅行の費用は時期で安くなる?

イタリア旅行は時期を選んで行けば安く行くことができます。イタリア旅行はヨーロッパですのでどうしても飛行機の費用がかかってしまうのです。全体の予算を抑えるために、飛行機の安い時期を選んで行くのがおすすめです。旅行費用の相場は10月などの人気のシーズンは15万から20万、安い時期は8万から15万ほどです。

航空会社によっても変わりますので、イタリア旅行の費用が安い時期で安くなります。今回はイタリア旅行の費用で滞在費はどれくらいかかるのか、旅行券は安い時期に行くとどれくらいかかるのかも一緒に見ていきたいと思います。

安い時期と同じく、航空会社を選ぶことでも費用を安くすることができます。航空会社は中東系やアジアや日本の航空会社が安い傾向にあります。日本は平均的な航空券の金額なので、アジアなどを使って旅行を安くする方法もあります。

イタリア旅行の費用の内訳1:飛行機

イタリア旅行でかかる費用の一番大きくかかるのが旅行券ではないでしょうか。やはりどこの国でも海外旅行に行くと飛行機の費用が一番かかるのではないでしょうか。特にヨーロッパだとそうです。ツアーによっては40万円以上もするものもあります。格安のツアーで飛行機の旅行券を買うと10万円前後で買えたりもしますが。

イタリア旅行の飛行機の料金は場所によっても変わります。ミラノ旅行は8万円ぐらいからでも行くことができたり、ローマ旅行だと10万円近くかかります。フィレンツェ旅行やナポリ旅行は飛行機の予算が12万円越えするので、特に高いところです。

旅行の時期によっても飛行機の費用は変わります。夏の時期はサマータイムが行われているのでハイシーズンになっています。天気も良くて観光しやすいことからたくさんの観光客が来ます。逆に冬の時期は観光客が少なく、飛行機の料金が安いです。

イタリア旅行の費用の内訳2:滞在費

イタリア旅行の滞在費はどれくらいかかるのかも気になるところです。グルメな街であるナポリなどでイタリアン料理を食べたいところです。レストランなどでお食事をすると10ユーロ前後はかかるでしょう。しっかりとランチをいただくと20ユーロほどかかります。普通のお店でもなかなか料金がかかります。

ジェラートやスイーツなども人気です。ついついお食事の回数を増やしてしまうのではないでしょうか。さらにイタリアでは電車やバスやタクシーを移動で使います。電車の料金は安いのですが、タクシーは平日の初乗り料金が日本よりも安いです。

バスなどはさらに安く、各観光地に安く行くことができます。しかし反対にイタリアの観光料金は高いです。コロッセオなど入場料金がかかるところは、1000円から2000円は普通にかかります。観光日も滞在費に含まれます。

イタリア旅行の費用の内訳3:ホテル

イタリアにはホテルがたくさんあります。ベネチアなどの高級リゾートスポットに行くと高級ホテルがたくさんあり、高いところを探せばいくらでも見つかります。しかし反対に安いところを見つけるのが大変です。ホテルの他にB&Bやアパート、ゲストハウスなどもあるので、安いところが見つからなければこうして安い宿を探すのもいいでしょう。

最近はゲストハウスでもかなりのクオリティーです。イタリアでも日本人経営者が経営しているゲストハウスがあります。ホテルの部屋もとても綺麗で、観光地の中心部にあったりするので非常に便利です。

また短期間滞在するならアパートメントを借りてもいいでしょう。アパート一部屋借りて一週間2週間滞在することもできます。2ヶ月間借りてしまうのもいいでしょう。初期費用や手数料もかかりますが、現地に住んでいるという実感を得られます。

イタリア旅行の費用の内訳4:お土産

イタリアにはお土産がたくさんあります。イタリアに行ったら是非ともお土産を買って行きましょう。パスタやワインなどのお料理に使う物を購入するのもいいです。滞在している間はお土産や食材、美術品などを探したりするでしょう。グルメで芸術的な国イタリアでは、他の国と違ってお土産の費用もかかりそうです。

ペンネやパスタなどのいろんな種類のパスタが販売されているイタリアでは、お土産の費用もたくさんかかります。トリュフなどのお土産も人気で、白トリュフやトリュフソースなどの旅行で買いたいお土産もあります。

もちろんオリーブオイルやパスタソースなども人気です。お料理に使うことができるものが、普通のスーパーマーケットや市場で販売されていますので、食材のお土産にかかる費用が出そうです。

イタリア旅行の費用の内訳5:観光

イタリアは観光地がたくさんあります。歴史的な観光地がたくさんあるので、見学するのにかかる費用があります。いろんなところを観光しているとかなり入場料を取られて費用を使うのではないでしょうか。イタリア旅行に行くときは入場料金の予算も考えておかなければいけません。イタリアの観光費用の予算を見ていきましょう。

現地のオプショナルツアーやパックツアーなどもあります。こうしたものは1万円から2万円くらい払うと、クオリティの高いオプショナルツアーを提供してくれます。観光バスでローマの主要都市を巡ったり、ダブルデッカーで観光地を回ったりするツアーもあります。

イタリアの歴史スポットも入場料がかかります。サンタンジェロ城は6ユーロほど、バチカン博物館は13ユーロほど、ドゥオーモは5ユーロほど、ローマの歴史スポットはほとんどかかるのではないでしょうか。計算していくとかなりの費用になります。

イタリア旅行の費用の内訳6:食事

食事はイタリア旅行でどれくらいかかるのでしょうか。イタリアにはレストランやカフェなどがたくさんありますので、レストランやカフェでお食事を取るのにかかる費用がかなりかかります。ランチタイムは12時から15時くらいです。フリットや生ハム、パスタにシーフード、煮込み料理やポレンタなどなど、色んな食事を楽しめます。

スタンダードなレストランでは10ユーロ前後でランチを楽しむこともできます。少し高いところではランチでも20ユーロほどを用意しておくと良いでしょう。お酒やコーヒーを飲むと料金が高くなるので、十分な予算を用意しておきたいところです。

ランチにこだわる40から50ユーロはすぐにいきます。良い食事を提供しているお店がたくさんありますので、日本の安いイタリアンランチのお店をイメージすると、かなりの予算がかかります。

イタリア旅行の費用の内訳7:交通費

イタリア旅行での電車の料金を見ていきます。イタリア旅行で乗る鉄道は料金が安いので移動もしやすいし、特急を使って隣の国などに簡単にことができます。旅行で電車を使うことが多いでしょう。ネットで乗車チケットを買ったり、自動券売機がありますので簡単に買うことができます。

イタリア鉄道という都市を結んでいる特急列車もあります。ローマからナポリに1時間ほどで行くことができ、ローマからフィレンツェには一時間半ほど、イタリア鉄道を使ってイタリア各地の中心都市を巡ることができます。

イタリア鉄道はスタンダードからビジネスクラス、エグゼクティブクラスなどがあります。20ユーロほどから乗れるものから80から100ユーロまでするハイクラスの座席もあります。またメトロは回数券もあって、日本と同じぐらい格安で乗れます。

イタリア旅行の費用で一番かかるのは?

イタリア旅行の費用で一番かかるのは何でしょうか。やはり航空券ではないでしょうか。旅行で滞在費というのはホテルなどは安くすることができるし、食事も安くて美味しいところ見つけることもできます。いくらでも滞在費は抑えられるのですが、航空券に関してはなかなか抑えることができません。

夏などのハイシーズンに行きたい人も多いし、夏のシーズンしか休みが取れない場合もあります。どうしても飛行機の費用は安く抑えられないのです。なのでイタリア旅行の費用で一番予算がかかるのが飛行機の料金です。

逆に飛行機の料金を安く抑えることができれば、イタリア旅行の全体の予算を下げることができるでしょう。時期によっては10万円近く安くすることができます。夏のシーズンが終わってから休みが取れるなら行くのもいいでしょう。

イタリア旅行で安い時期はどれくらい?

ではイタリア旅行の安い時期に行くとどれくらいの料金で行くことができるのでしょうか。ハイシーズンになる前の春後くらいは気温も暖かくて、快適です。夏が過ぎた9月後半から10月あたりも比較的安い航空券を見つけることができるでしょう。10月から翌年の6月くらいまでは、安い所は探せば8万前後で行くこともできます。

逆に夏の時期はそれの倍ぐらいかかりますので、かなり安いのではないでしょうか。航空会社によっても変わります。中東の航空会社やアジアの航空会社は安いと言われています。アエロフロートロシア航空やターキッシュエアラインズなどを使うのもいいでしょう。

日本の航空会社でも安い時期があります。10月を超えたあたりから航空券が安くなりますので、10万円前後でイタリア旅行の航空券を見つけることができます。日本の航空会社で安い時期で探してみるのもいいでしょう。

イタリア旅行の一週間の費用はどれくらい?

イタリアまで行くと長期間滞在する人も多いでしょう。一週間くらい滞在すると予算はどれくらいになるのでしょうか。一週間の予算の相場も見ていきたいと思います。一週間ぐらい滞在すると相場は25万円から30万ほどではないでしょうか。安い時期に航空券を購入するとして、10万円ほど、滞在するのに10万円ほどと考えれば25万から30万が相場です。

レストランなどの食事の費用も日本の相場とそれほど大きくかかりませんので、日本を観光するのにかかる費用と、同じくらいの相場でしょう。一週間くらいなら5万円くらいあれば足りますが、お土産を買ったり、特急列車に乗って各地に移動したりすることを考えます。

ホテルなども安い所に泊まって五日間ほどですので、3万から5万はかかります。するとホテル以外の滞在費は5万くらいなので、それくらい予算がかかります。贅沢に旅行するならもう少し欲しいところです。

Thumbイタリアのコンセントの使い方!プラグの形状やiPhoneの充電に必要な物は?
イタリアのコンセントはどうなっているのでしょうか。コンセント事情がわからないと自分の電化製品...

イタリア旅行を安く行くと費用の相場はどれくらい?

イタリア旅行をうんと安く行くとどれくらいかかるんでしょうか。イタリア旅行の切り詰めた予算も見てきたいと思います。バックパッカーなど旅慣れた人たちは安い予算で旅行しています。安い費用で行くとかなり安く行けます。安い時期を選べば20万から25万で行くことができるでしょう。

イタリアの街をよく知っていて、安くお食事ができるところや、1日周遊券を買ったり、ゲストハウスなどに宿泊したりして、一週間ぐらい滞在して20万ほどで行く人もいます。安く行こうと思えばいくらでもできます。

しかしイタリアを10万円台で行くのはなかなか難しいのではないでしょうか。8万円前後で航空券を買えれば別ですが、なかなか旅慣れていないと現地でお金を使ってしまうものです。普通の旅行者ならば最低は20万くらいは必要です。

Thumbトリエステ観光の見どころは?イタリアの歴史都市で名所や人気カフェを調査!
北イタリアに位置している「トリエステ」という港町。一風変わったイタリアの雰囲気を楽しめる歴史...

イタリア旅行に行こう!

いかがでしたか?イタリア旅行は飛行機の料金と滞在費です。飛行機の料金は10万円以内で手配することもできますが、現地で何が起こるかわかりませんので滞在費は予想以上にかかるかもしれません。最低相場も見積もりましたが、実際はそれ以上かかると思います。何が起こるかわからないのでお金は十分に用意しておくと良いでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ