北海道へのフェリー情報まとめ!東京や関西方面からの料金も調査!

東京や関西方面から北海道への旅はフェリーの利用がおすすめです。太平洋航路と日本海航路があります。船会社、料金、所要時間、特色をご紹介します。またフェリーの旅のいろはやおすすめも伝授!愛車とともにフェリーで船旅を満喫しながら北海道を目指しましょう。

北海道へのフェリー情報まとめ!東京や関西方面からの料金も調査!のイメージ

目次

  1. 北海道へのフェリー旅特集
  2. フェリーのいろはを知ろう
  3. 太平洋航路で北海道フェリー旅1: 名古屋~仙台~苫小牧
  4. 太平洋航路で北海道フェリー旅2: 仙台~苫小牧
  5. 太平洋航路で北海道フェリー旅3: 大洗~苫小牧
  6. 太平洋航路で北海道フェリー旅4: 八戸~苫小牧
  7. 日本海航路で北海道フェリー旅1: 新潟~小樽
  8. 日本海航路で北海道フェリー旅2: 敦賀~苫小牧東
  9. 日本海航路で北海道フェリー旅3: 舞鶴~小樽
  10. 北海道へずっと陸路 vs フェリー利用:どちらがお得?
  11. 北海道へフェリーで行こう!

北海道へのフェリー旅特集

taiheiyoferryさんの投稿
23507168 186607531901490 3194347867309342720 n

東京や関西から北海道へのお出かけは、飛行機・鉄道、あるいはひたすら運転して北上する手もあるでしょう。しかし、一味違った快適旅を満喫したい方にはフェリーの利用をおすすめします。本特集では東京・関西発の北海道へのフェリーを分かりやすくご案内します。

フェリーのいろはを知ろう

1. フェリーとは

daimaru_satohさんの投稿
924413 1215009865193393 773383198 n

島国日本では昔から、移動や運送目的で船舶は重要な役割を担ってきました。船舶の中でも旅客や物資、自動車などの運送目的でスケジュールに合わせて航行する船をフェリーといいます。最近のフェリーはより大型になる傾向があり、船内で提供されるサービスも昔と比べて格段に向上しました。

spk_ukky2さんの投稿
15337214 1215426201858212 7709165747393527808 n

中には、本特集でご紹介するように客船並みの施設やサービスを提供するフェリーもあり、フェリーは「動くホテル」とも言われるほどです。本州や北海道を始め日本列島津々浦々を結ぶ長距離フェリー航路が整備されており、サービスの幅も充実しています。関西、東京から北海道を目指す際におすすめの長距離フェリー航路を見ていきましょう。

2. フェリー乗船でできること

taiheiyoferryさんの投稿
23164948 499803837042078 6037406055921614848 n

乗船して疲れていれば、自分のスペースまたは部屋で仮眠をとるのもおすすめです。しかし、それだけではもったいない程、船内はサービスが至れり尽くせりです。甲板に出て移り行く海上、遠目に見る沿岸の風景を楽しむのも良いでしょう。昇る朝日や沈みゆく夕日を眺めるのもおすすめです。

taiheiyoferryさんの投稿
21041628 473263143035650 1213593088803471360 n

船によっても違いますが、ホテルや豪華客船並みの施設を利用することも可能です。レストランでのコース料理に舌鼓を打ったり、ミニシアターで映画鑑賞もおすすめです。また大浴場での夕日を眺めながらの入浴までできるフェリーもあるので検討することをおすすめします。

3. フェリー乗船の仕方

taiheiyoferryさんの投稿
20067277 530627520612855 1483564605497147392 n

北海道へのフェリーに限りませんが、余裕をもって乗り場に到着していることをおすすめします。遅くとも60分前には到着している必要があります。中には車で乗船の際90分前集合の船もあります。乗り場では受付を済ませ、車はフェリーに乗せる時間になるまで「車用乗船券」を掲げて、所定のレーンで待機させます。

hirayamamakikoさんの投稿
21911115 279169479250208 2768674624970424320 n

乗船時間に、運転手は誘導に従って車を船内に停め、徒歩の場合はフェリー乗り場から乗船します。船の中にも受付があるので済ませ、個室の場合は鍵をもらい乗船完了です。下船時は入港案内があったら、ドライバーも同乗者も車へ移動し、時間になったら下船します。
 

4. フェリー乗船前にやっておくべきこと

kyokoohwakiさんの投稿
12346183 587767151373338 1429015674 n

出港前にやっておくべきことのおすすめの1つめは手荷物確認です。フェリーは一度出港してしまうと、車に荷物を取りに戻りたくても、危険防止で甲板の車両デッキは閉められてしまい、車に戻ることができません。航海中に必要な荷物は、出港前に車から出しておきましょう。

taiheiyoferryさんの投稿
20065596 1783531115219371 4906080334073823232 n

次に、航海中に必要なデータの取り込みです。船上では原則インターネット環境がありません。ただ、船によってWi-Fi回線を利用できる場合もあるため、フェリー会社に問い合わせることをおすすめします。携帯電話も繋がりにくく、通話したい場合は船内の公衆電話を利用しましょう。

Thumb初島の日帰り観光プランを紹介!デートにも人気!フェリーでアクセスも楽!

太平洋航路で北海道フェリー旅1: 名古屋~仙台~苫小牧

taiheiyoferryさんの投稿
21827821 587563511367896 2427090825038004224 n

北海道行き太平洋航路の1つ目は名古屋~仙台~苫小牧です。太平洋フェリー「いしかり」「きそ」(名古屋19:00発~翌々日10:00着)が2日に1便運航しています。関西方面から名古屋港への車でのアクセスですが、名神高速・新名神高速・伊勢湾岸自動車道等を利用して約2時間~2時間半かかります。

junko_beさんの投稿
22344916 1315516728558918 62181325330710528 n

旅客料金は8,300~35,500円(2等~ロイヤルスイート)で、乗用車料金(6m未満、運転手の2等料金込み)は34,000~51,200円です。(2017年12月時点の情報に基いています。) 大型船で、食事はバイキング形式あり、ステーキあり。また、シアターラウンジや展望大浴場まであります。

太平洋航路で北海道フェリー旅2: 仙台~苫小牧

taiheiyoferryさんの投稿
22793702 906189872879237 871766481484906496 n

2つ目は仙台~苫小牧です。太平洋フェリー「きたかみ」(仙台19:40発~翌日11:00着)が2日に1便運航しています。旅客料金は7,200~19,500円(2等~スイート)で、乗用車料金(6m未満、運転手の2等料金込み)は26,300~39,400円です。太平洋フェリーの運航する3つの客船のうち一番古く、この船独特のレトロな雰囲気が味わえます。

太平洋航路で北海道フェリー旅3: 大洗~苫小牧

okapi584さんの投稿
14504876 817332861742957 2430414137587662848 n

3つ目は東京発で北海道を目指す方におすすめの大洗~苫小牧間です。所要約18~19時間で、商船三井フェリーが毎日2便運航しているのは嬉しいところです。北海道行き夕方便(大洗19:45発〜翌日13:30着)は大型船で最新設備が揃う「さんふらわあ さっぽろ」「さんふらわあ ふらの」があります。

subject_atsuさんの投稿
18580245 1313961865339466 2312685871368765440 n

いずれも大型船で、個室など船内施設が充実しています。ドックランもあり、ペットとの乗船もおすすめです。食事もバイキングにデザート、サラダなど優雅に北海道への旅を満喫できる工夫があります。旅客料金(大人1人)は8,740~48630円(ツーリスト~スイート)で、乗用車料金(6m未満、運転手のツーリスト料金込み)は26,740~39,090円です。

t.kunimonさんの投稿
18947702 1454309564633586 5494524405910339584 n

対する北海道行き「さんふらわあ しれとこ」「さんふらわあ だいせつ」は深夜便(大洗01:45発〜当日19:45着)です。船内はデラックスルー厶2室のみ、その他は1段ベッドのカジュアルルームとシンプルなつくりです。旅客料金は11,830~26,740円(カジュアルルーム、またはデラックスルーム)、それに乗用車料金が別にかかります。

jour13さんの投稿
11381002 628839757218970 1571324364 n

東京から大洗へのアクセスは常磐自動車道(約140km)または東関東自動車道の利用がおすすめです。常磐自動車道経由の場合、水戸大洗ICで下車をします。 茨城県の大洗港までは三郷ICから約90分。そして、フェリーが到着する苫小牧港から北海道(札幌)までは約60分の道のりです。

太平洋航路で北海道フェリー旅4: 八戸~苫小牧

hiroyuki2776さんの投稿
19624785 1703992533237026 7579775455260049408 n

北海道を目指す太平洋航路の4つ目は八戸~苫小牧です。所要約8時間で、川崎汽船が「シルバークィーン」「シルバープリンセス」「シルバーエイト」「べにりあ」を日に4便運航しています。旅客料金は5,000~12,500円(2等~特等)で、乗用車料金(6m未満、運転手の2等料金込み)は20,000~30,000円です。

gakki_6さんの投稿
14368939 1792704997671193 3574704729319538688 n

他の北海道行きの航路と比べて乗船時間が短く、あっという間に着いてしまいます。「シルバープリンセス」は名前から想像できるように、船内はきれい且つおしゃれで、女性向けです。八戸市街地から八戸港へ、苫小牧港から北海道は札幌へバスも出ているため、徒歩で乗船し北海道を目指す場合も手軽に利用できます。

日本海航路で北海道フェリー旅1: 新潟~小樽

shinnihonkai_ferryさんの投稿
23824960 2071030999843210 2720925227272896512 n

1つ目は新潟~小樽です。所要約18時間で、新日本海フェリーが北海道行き「らべんだあ」「あざれあ」(新潟11:45発~翌日4:30着)を週6便運航しています。旅客料金は6,480~40,110円(ツーリストJ~スイート)で、乗用車料金(6m未満、運転手のツーリストJまたはC料金込み)は16,970~34,970円です。

日本海航路で北海道フェリー旅2: 敦賀~苫小牧東

shinnihonkai_ferryさんの投稿
22709128 1550222301736703 8864360874542891008 n

2つ目は敦賀~苫小牧東です。所要約19時間で、新日本海フェリーが北海道行き すずらん、すいせん(敦賀0:30発~当日20:30着)を日に1便運航しています。旅客料金は9,570~54,000円(ツーリストA~スイート)で、乗用車料金(6m未満、運転手のツーリストA料金込み)は27,770~48,340円です。

敦賀〜苫小牧東は他に新潟と秋田に寄港し北海道を目指す便があり、同じく日本海フェリーの「ゆうかり」「らいらっく」が週1便運航しています。途中寄港するため、所要時間は約31時間と長い船旅です。時間に余裕のある方、船旅を存分に楽しみたい方におすすめです。

日本海航路で北海道フェリー旅3: 舞鶴~小樽

shinnihonkai_ferryさんの投稿
23667543 2006333122983059 8287641234495766528 n

3つ目は舞鶴~小樽です。所要約19時間で、新日本海フェリーが 北海道行き「はまなす」「あかしあ」(舞鶴23:50発~翌日20:45着)を日に1便運航しています。旅客料金は9,570~54,000円(ツーリストA~スイート)で、乗用車料金(6m未満、運転手のツーリストA料金込み)は27,770~48,340円です。

slowkrewさんの投稿
11410478 165756637182889 412137788 n

この航路は前述の敦賀発と合わせて関西航路とも呼ばれます。歴史的には舞鶴~小樽間は江戸の昔から北前船の航路として賑わっていました。関西から舞鶴港へのアクセスですが、 舞鶴までは中国道から舞鶴自動車道もしくは京都縦貫道を利用して90分程の道のりです。

北海道へずっと陸路 vs フェリー利用:どちらがお得?

shigeo_strangerさんの投稿
16790401 240741826387355 6847010818601517056 n

北海道へひたすら陸路で走行した場合とフェリーを利用した場合のコストの比較については気になるところです。比較方法ですが、陸路の場合は総走行距離分の燃料費、高速代のみ。一方北海道行きフェリーは運賃、陸路分の燃料費、高速代です。陸路の方が一見安い感じがするかもしれません。

tsutomusagawa1206さんの投稿
25010756 432744493790096 6040805277723262976 n

ただ、長時間運転は疲れます。一方、フェリーは各種割引を提供しているため、運賃が低く抑えられる場合があります。総じて言うと、ひたすら陸路で行く場合は、運転交代できる人が複数人乗車し、短時間で北海道に到着したい場合はお得です。ただ、少人数、ご高齢の方、ゆったり移動したい場合はフェリーの方が総コスト面でおすすめです。

北海道へフェリーで行こう!

ken_mizuharaさんの投稿
10684369 765949310133244 705049047 n

フェリーをぜひ東京・関西方面から北海道への旅に入れてみてください。予算に余裕のある方は贅沢にグレードの高い船室を利用しましょう。車移動の便宜を図りお得に利用したい方は、大部屋タイプの深夜出航便を活用して、乗船中に体を安めることもできます。北海道フェリーの旅はフレキシブルです。

Thumb北海道ドライブにおすすめのスポット特集!デートや日帰り旅行にも!

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ