イタリアと日本の時差・飛行時間・サマータイムまとめ!旅行を快適にするには?

イタリア旅行を快適にするために重要なのは、飛行時間と時差を知ることです。飛行時間を知っておくと対策ができますし、時差を知っておくと時差ボケ対策を考えることができます。そんなイタリアの飛行時間、時差、また快適な旅行にするためにはどうしたら良いかをまとめました!

イタリアと日本の時差・飛行時間・サマータイムまとめ!旅行を快適にするには?のイメージ

目次

  1. 1イタリア旅行の前に時差など下調べをしよう!
  2. 2イタリアはどんな国?
  3. 3イタリアへの飛行時間は?
  4. 4日本とイタリアの時差はある?1:通常タイム
  5. 5日本とイタリアの時差はある?2:サマータイム
  6. 6時差があるイタリアへの到着時刻を計算しよう!
  7. 7時差があるイタリアへ1:ファーストクラスは快適!
  8. 8時差があるイタリアへ2:エコノミーでも着替えて快適に
  9. 9時差があるイタリアへ3:エコノミーでも流れを調べて快適に
  10. 10時差があるイタリアへ4:エコノミーでも乾燥対策で快適に
  11. 11時差があるイタリアへ5:エコノミーでも快眠グッズで快適に
  12. 12時差があるイタリアへ6:着圧ソックスで快適に
  13. 13時差があるイタリアへ7:スマホやタブレットで快適に
  14. 14イタリア旅行の時差ボケ対策1:時差ボケになりやすい人がいる
  15. 15イタリア旅行の時差ボケ対策2:出発前対策
  16. 16イタリア旅行の時差ボケ対策3:飛行時間中対策
  17. 17イタリア旅行の時差ボケ対策4:到着後対策
  18. 18イタリア旅行の時差ボケ対策5:もし時差ボケになってしまったら
  19. 19飛行時間や時差対策に注意点はある?
  20. 20時差や飛行時間を把握してイタリア旅行を快適にしよう!

イタリア旅行の前に時差など下調べをしよう!

美しい国イタリア。世界遺産も多くあり、1分1秒無駄にはしたくありません。しかし、下調べをせずに訪れると、飛行時間に耐えることになりますし、時差ボケに苦しむことになります。最悪体調が悪くなる可能性もあります。充実した楽しい旅行にするために、イタリアの時差や飛行時間などをご紹介します!旅行前に参考にして下さい。

イタリアはどんな国?

イタリアとは、ヨーロッパ圏の南にある国です。イタリアは、ヨーロッパの中でも特異な国で、北と中央と南、もしくは北と南に分けて考えると分かりやすい国です。北イタリアは、ボローニャという都市がある付近のエミリア・ロマーニャ州より北にある都市です。

南イタリアは、イタリアのワインの産地であるアブルッツォ州やナポリからシチリア島を入れた都市です。中部イタリアは、北イタリアと南イタリアに挟まれた、ローマやフィレンツェ、ピサなどの都市です。

イタリアは、都市の数が100以上、世界遺産の保有数が世界で1位という国で、文化遺産49件、自然遺産5件あります。

ローマやフィレンツェ、ヴェネツィアやシチリア島などの有名都市には、世界遺産に登録されていなくても、歴史ある建築物を見ることができます。

イタリアは、見どころある観光スポットが多いので、飛行時間を快適にし、ぜひ時差対策をして充実した旅行にしましょう。

イタリアへの飛行時間は?

日本からイタリアへ旅行する場合、気になるのは飛行時間です。日本からイタリアへは、成田国際空港から直行便で、およそ13時間かかります。この飛行時間は、日本からどの空港に到着するかによっても、少し変わってきます。帰宅する便は、気流の関係で、およそ1時間短い飛行時間となります。

イタリアの主要空港

イタリアは、総面積30万平方キロメートル以上ある大きな国です。民間用の空港だけでも多くの空港があります。その中でも日本から直行便で行くことができる空港は、2か所です。ローマにある「フィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)」と、ミラノにある「ミラノ・マルペンサ空港」です。

イタリアへの飛行時間

例えば、成田国際空港からミラノ・マルペンサ国際空港へと訪れる場合、飛行時間は、直行便で12時間50分となります。経由便になると最短でも14時間、更に長い飛行時間の便もあります。

もし成田国際空港からフィウミチーノ空港へと訪れる場合、飛行時間は、直行便でおよそ13時間となります。経由便になると最短15時間、更に長い飛行時間の便もあるので、直行便はおすすめです。

南イタリアへ旅行したいなら、ローマのフィウミチーノ空港におよそ13時間の飛行時間を経て乗り継ぎ、パレルモやカターニアへおよそ45分の飛行時間をかけて移動する必要があります。もし、東側のヴェネツィアへ旅行したいなら、フィウミチーノ空港から訪れるのがおすすめです。およそ1時間の飛行時間となります。

ミラノやトリノなどの北イタリアの旅行なら、ミラノ・マルペンサ国際空港がおすすめです。他の空港へアクセスして各都市へ訪れることもできますが、経由便となり、飛行時間がおよそ20時間、それ以上かかる場合もあります。一番短い飛行時間でも13時間なので、できるだけ直行便で訪れるのがおすすめです。

Thumbイタリアの首都・ローマの観光名所は?治安やおすすめの穴場もチェック!
イタリアの首都であるローマは、1度は行ってみたい観光地として多くの人々の憧れの街になります。...

日本とイタリアの時差はある?1:通常タイム

イタリアと日本の距離は、およそ9870キロメートルです。通常タイムの時差は8時間となっています。イタリアは、日本より西にありますので、イタリアの方が日本より8時間遅い計算になります。国土の広い国は、国の中で時差がある場合もありますが、イタリア国内での時差はありません。

日本とイタリアの時差はある?2:サマータイム

イタリアは、サマータイムがあります。サマータイムになると時間は、1時間すすみます。実際にはサマータイムとは言わず「オーラ・レガーレ」と言います。サマータイムの時差は7時間です。1時間短くなります。

日本には、サマータイム制度は無いので、サマータイムと言われてもピンときませんが、そもそも、サマータイムとはいったいどういう意味があるのでしょうか。

イタリアなどで導入されているサマータイムは、夏の季節に標準時間を早めて、日照時間を有効に使えるようにするという制度です。時間を早めるということなので、時間が遅れているイタリアのサマータイムの期間は、時差が7時間と短くなるわけです。

イタリアのサマータイムに入ると、ヨーロッパの国も同じようにサマータイムになるため、多くの人が観光に訪れるサマータイムで、混雑する観光スポットも多くあります。

では、イタリアの「オーラ・レガーレ」サマータイムは、いつからいつまでなのでしょうか。それは、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までがサマータイムです。

もし、サマータイムから通常タイムになる場合は、明日から通常タイムと言う日の夜に、時間を1時間遅らせて寝るのはおすすめです。朝は寝ぼけていたり、忙しくてうっかりしたりする時もあります。

集合時間などを間違うと大変ですので、前の日に準備、もしくは自動的に変わるスマートフォンやテレビでサマータイムと通常タイムの時間を確認するのはおすすめです。

時差があるイタリアへの到着時刻を計算しよう!

日本からイタリアへの飛行時間、そして日本とイタリアの時差が分かったところで、何時にイタリアへ、また帰国時は何時に日本へ到着するかを計算してみましょう。イタリアは、日本よりも8時間遅れています。ですから、イタリアへ到着する時間は、およそ13時間から8時間マイナスする計算です。

日本からイタリアへ

例えば、時差がなく13時間となれば、14時発のイタリア行きだった場合、次の日の3時に到着になります。しかし時差があり8時間遅いので、3時から8時間前に到着するという計算です。ですから、当日の19時に到着するという計算になります。直行便で13時間の飛行時間で、簡単に計算したいなら、出発時刻から5時間プラスする計算をしましょう。

しかし、サマータイムになると、時差が1時間短くなるので、7時間前に到着することになります。直行便で13時間の飛行時間の場合、サマータイムの計算方法は、出発時刻から6時間プラスする計算をすると到着時刻が分かります。例えば、14時発イタリア行きなら、当日の20時に到着するという計算です。

サマータイムとサマータイム以外の日は、計算する数字が変わることを覚えておきましょう。また、到着時間の簡単な計算は、直行便の13時間の飛行時間で計算しています。乗り継ぎ便を利用して、13時間以上かかるなら、その飛行時間から8時間や7時間を引いた数字で計算すると、到着時間が分かります。

イタリアから日本へ

イタリアから日本へ帰国する時、気流の関係で、およそ1時間早く到着する計算となります。ですから直行便でおよそ12時間の飛行時間となります。では、イタリアを何時に出発して日本に何時に到着するのでしょうか。

例えば、21時発の日本行き直行便の場合、時差などなければ、次の日のおよそ9時に到着するはずですが、日本はイタリアより8時間早いという時差があるので、9時にプラス8時間と計算し、日本時間のおよそ17時に到着する計算となります。

もしサマータイム中なら9時にプラス7時間と計算し、日本時間のおよそ16時に到着する計算となります。

時差があるイタリアへ1:ファーストクラスは快適!

どんなに早く到着したくても、イタリアへの飛行時間は決まっています。およそ13時間という時間をどう過ごせば良いのでしょうか。一番おすすめするのは、ファーストクラスです。ファーストクラスでは、座席をベッドのようにフラットにすることもできますし、好きな時に食事をすることもできます。

また飲み物も好きな時に飲めます。特に長い飛行時間の場合は、マッサージ付きのファーストクラスもあります。至れり尽くせりのファーストクラスで、イタリアまであっという間です。しかし、旅行にお金がかかるので、飛行機代は少しでも抑えたいところ。エコノミークラスでは、快適に過ごすことはできないのでしょうか。

Thumbイタリア旅行の費用の相場は?安い時期の予算や詳しい滞在費も教えます!
イタリアの旅行費用はどれくらいかかるのでしょうか。今回はイタリアの航空券から滞在費、安い時期...

時差があるイタリアへ2:エコノミーでも着替えて快適に

エコノミークラスなら、ファーストクラスとまではいかなくても、準備次第で快適に過ごすことができます。まず、おすすめなのは、飛行機に乗る前に、動きやすいスウェットなどの動きやすい服装に着替えるのはおすすめです。ファーストクラスでは、機内にスウェットのような服が用意されていて、着替えスペースで着替えることができます。

しかし、エコノミーでは、トイレは狭く窮屈です。大勢で同じトイレを利用するので、時間も取られるのも避けたいのがエコノミーです。ですから、飛行機に乗る前にセキュリティを通った後に着替えましょう。イタリアで着用する服は、預けてしまうので、機内に持ち込める大きさのバッグに機内で過ごす服を入れておきましょう。

また、ずっと靴を履いておくか、靴下や裸足で過ごすかという問題もあります。ファーストクラスでは、クロックスのようなスリッパの利用者が多いと言います。エコノミーでも、クロックスやファー付サボサンダルなど、リラックスできかつ動きやすいものを用意するのがおすすめです。飛行が落ち着いた時点で履き替えて過ごしましょう。

時差があるイタリアへ3:エコノミーでも流れを調べて快適に

ファーストクラスなら、寝る、映画を見る、ご飯の量、飲みもの、ご飯を食べる時間など色々と自由に過ごすことができます。添乗員さんはいつも気を配ってくれるので、問題ありませんが、エコノミーは、大勢の人を相手にするので、ご飯の時間も決まっていますし、飲みものも時間がかかる場合があります。

空港でご飯を食べすぎて、機内の食事の時に残し、しばらくして空腹になる場合もあります。そんな時にも対応はしてくれません。もしエコノミーで快適に過ごしたい場合は、航空会社のだいたいの流れを調べて、行動しましょう。変な時間に空腹になりそうな場合、セキュリティ後に少し食べものを買っておくのもおすすめです。

時差があるイタリアへ4:エコノミーでも乾燥対策で快適に

ファーストクラスなら、高級化粧品などの用意があり、みんな化粧を落としてリラックスして過ごしています。飛行機内の湿度は低いので、肌もカサカサになりがちですし、喉も乾きます。機内には、液体を持ち込むことができないので、化粧水などは持ち込むことができません。そんな時にベストなのは、トライアルキットのアメニティです。

トライアルキットは、とても少ない量のクレンジングクリームや化粧水なので、持ち込むことが可能です。もしトライアルキットの入手が無理なら、いつも使っている化粧水が浸み込んでいるパックでも乾燥対策できます。パックしている姿は人には見せられないので、パックをコットンがわりに顔にペタペタと化粧水を浸み込ませましょう。

あとは、目薬やマスク、リップやハンドクリームの乾燥対策は欠かせません。乾燥しすぎて肌がパリパリにならないように飛行機の中でケアしましょう。女性だけではなく男性も同じです。化粧水のトライアルキットやパックまでは用意できなくても、目薬やマスク、リップやハンドクリームで乾燥対策をするのはおすすめです。

時差があるイタリアへ5:エコノミーでも快眠グッズで快適に

時差対策に、飛行時間にきちんと寝るのは大切です。ファーストクラスの場合は、フラットにでき、快適に寝ることができますが、エコノミーなら、椅子をフラットに倒して寝ることはできません。椅子に座ったまま寝ることになります。快眠できるような旅行グッズを用意するのはおすすめです。

例えば、アイマスクは、ホットアイマスクなどを利用すると快適に寝ることができるという人もいます。また首に巻いて寝るネックピローも調べると色々ありますので、一番快眠できそうなのを選ぶのはおすすめです。

座る場所にもよりますが、邪魔にならない席なら、機内が暗くなった時に使える空気を入れて膨らむ足置きなどを利用する人もいます。

時差があるイタリアへ6:着圧ソックスで快適に

日本からイタリアへ、イタリアから日本へ、飛行時間は直行便でおよそ13時間です。少しは動けるものの、ほとんど席に座っている状態が続きます。心配なのは「エコノミー症候群」です。エコノミー症候群とは、ずっと同じ姿勢でいたり、脱水症状等が原因で血栓が詰まったりする症状で、呼吸困難や腹痛、冷や汗が出てきたりします。

エコノミー症候群を回避するには、適度な運動、そして水分摂取が大切です。しかし、エコノミーだとそんなに運動はできません。

時々通路を歩いたり、座っている時でも足を動かしたりするのはおすすめです。しかし、限界があります。足の疲労感が出てきます。そこでおすすめなのは、着圧ソックスです。

着圧ソックスは、女性用も男性用もありますので、イタリアへ旅行するならぜひ持って行くか履いて行くかしましょう。なるべく医療用の方が効果を期待できます。また椅子に座って締め付け感がない、膝丈の着圧ソックスがおすすめです。

時差があるイタリアへ7:スマホやタブレットで快適に

イタリアへの飛行時間は長いので、ほとんどの飛行機には、椅子の前にテレビがついていたり、イヤホンで音楽を聴くことができたりします。

しかし、決まった時間で放送されているものを見るよりも、自分のタブレットで用意したものを見るのは落ち着きますので、快適に過ごすことを目的とするなら、タブレットやスマホはおすすめです。

スマホやタブレットに、好きな動画や音楽を保存して持って行き、リラックスして飛行時間を楽しみましょう。

イタリア旅行の時差ボケ対策1:時差ボケになりやすい人がいる

じつは時差ボケになりやすい人、なりにくい人がいます。時差ボケになりやすい人は、どんな人なのでしょうか。

必ず当てはまるということではありませんが、「年齢が高い人」は時差ボケになりやすいと言われています。また「神経質な人」も時差ボケになりやすいと言われています。

もし、自分が時差ボケになりやすい人にあてはまりそうなら、早めに時差ボケ対策を始めるのはおすすめです。

イタリア旅行の時差ボケ対策2:出発前対策

もし、出発までに日数があり、時間が取れるなら、出発前に時差ボケ対策はできます。それは、1日1時間ずつを目標に、現地の時間に合わせるように睡眠や起床時間をずらしていくことです。

イタリアの時差は8時間です。きっちり8時間に合わせるのは難しいかもしれませんが、1日で8時間を合わせるより、少しでも合わせる時間が短くなれば少し楽になります。

イタリア旅行の時差ボケ対策3:飛行時間中対策

イタリア旅行出発前に、対策できた人もできなかった人も、飛行時間中にも時差ボケ対策ができます。飛行機に乗ったら、すぐにイタリアの時刻に合わせるのはおすすめです。

イタリアの時刻に合わせて、食事や睡眠を飛行時間中にすることによって、到着した時に時差ボケを少しでも軽くできます。

飛行機の中で、激しい運動をすることはできませんが、足首運動をしたり、お腹に力を入れたり抜いたりと、少しでも体を動かす努力は、エコノミー症候群の発祥防止になります。

イタリア旅行の時差ボケ対策4:到着後対策

到着後にできることもあります。出発前や飛行時間で対策がうまくいかなかった人でも、昼間にしっかりと日光を浴び、現地の時間に合わせて食事をとりましょう。

時差ボケ対策は、無理やりにでも、なるべく早めにイタリア時間に慣れることが大切です。少しの眠気や空腹は、我慢しましょう。

睡魔に襲われて、どうしても我慢できない時は、15分ほどの仮眠をとって、頑張って起きて動き、イタリア時間の夜に寝るようにしましょう。

イタリア旅行の時差ボケ対策5:もし時差ボケになってしまったら

時差ボケ対策を忘れたり時差ボケ対策をしたりしても、時差ボケになってしまった場合、できることがあります。

もし朝、時差ボケでボーっとしていると感じたら、熱めのシャワーを浴びて血行を良くすることで、少し良くなる場合がります。体温を上げることで、ぼーっとした脳が目覚める効果が期待できます。

また、コーヒーや栄養ドリンクなどのカフェイン飲料を飲むことでも、体を目覚めさせる効果が期待できます。

もし昼間時差ボケでだるくなったら、太陽の光をしっかりと浴び、適度に運動しましょう。きついから、だるいからと寝てばかりだと体は慣れてくれません。きついかもしれませんが、少しでも観光スポットを散策するのはおすすめです。

もし夜、時差ボケで全く寝付けない場合、バスタブがあるホテルなら、ぬるめのお湯を溜めてゆっくり浸かって寝るのもおすすめです。適量のアルコールも助けになる場合があります。

Thumbイタリアの有名都市ランキング!観光におすすめの場所や見どころまとめ!
魅力的な都市が多いイタリア。イタリア旅行を計画する時、行きたい都市を好きなように選ぶと、いく...

飛行時間や時差対策に注意点はある?

時差ボケ対策や飛行時間内に寝ることができないかもしれないと不安な場合、睡眠薬の服用もひとつの手段です。しかし、飛行中はエコノミー症候群の誘因となったり、アルコールの作用が高まったりする場合がありますので、必ず、医師に相談して、睡眠薬を処方してもらいましょう。

飛行時間を快適に過ごすために、色々とアイテムを用意すると良いのですが、座席によって、周りの人に迷惑が掛かるものもあります。周りの人への配慮を忘れずにアイテムを使い、快適に過ごしましょう。また、着替える場合、空港がおすすめです。機内で着替える場合、長時間のトイレ使用とならないように注意しましょう。

サマータイムと通常タイム、時間を合わせる際、注意が必要なのが街の時計を見て合わせることです。街の時計は、歩いていると、なぜかすべて違っていることがあります。町の時計はあまり信用できませんので注意が必要です。サマータイムということは分かっても、どうしても時間が分からない時は、ホテルのフロントの人に聞くのはおすすめです。

時差や飛行時間を把握してイタリア旅行を快適にしよう!

日本から、長い飛行時間をかけて訪れるイタリア。利用する空港によって飛行時間は多少違いますが、飛行機の中で快適に過ごすことができるグッズはおすすめです。また、時差もサマータイムもあるので、少し工夫が必要なイタリアです。イタリアへ旅行する前に、下準備をして、飛行時間を書いて気にし、イタリア旅行をたのしみましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
しい

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ