イタリアのパン特集!種類・特徴・食べ方のマナーまで詳しくリサーチ!

イタリアでのパンの歴史はパスタよりはるかに長く、消費量はパスタの2倍にまでなると言われています。パンの特徴を知っておく事は、イタリアでの食事を楽しむ為に大切な要素であると言えます。イタリアを代表するパンと、パンを食べる時の気になるマナーについても紹介します。

イタリアのパン特集!種類・特徴・食べ方のマナーまで詳しくリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1イタリア料理の特徴
  2. 2イタリア料理におけるパンの役割
  3. 3イタリアのパンの特徴
  4. 4イタリアのパンの種類
  5. 5イタリアの代表的なパン1:カラサウ
  6. 6イタリアの代表的なパン2:グリッシーニ
  7. 7イタリアの代表的なパン3:コロンバ
  8. 8イタリアの代表的なパン4:スフォリアテッラ
  9. 9イタリアの代表的なパン5:チャバッタ
  10. 10イタリアの代表的なパン6:パーネ・トスカーノ
  11. 11イタリアの代表的なパン7:パネトーネ
  12. 12イタリアの代表的なパン8:パンドーロ
  13. 13イタリアの代表的なパン9:ピアディーナ
  14. 14イタリアの代表的なパン10:フォカッチャ
  15. 15イタリアの代表的なパン11:ロゼッタ
  16. 16時間がない時には
  17. 17イタリアの飲食店の格式
  18. 18イタリアの食事マナーはゆるい?
  19. 19これだけはしてはいけない食事マナー
  20. 20本場のイタリア料理を楽しもう

イタリア料理の特徴

イタリアでの料理の提供の流れは「前菜」から始まり「プリモ・ピアット(第一の皿:パスタなどの炭水化物系)」そして「セコンド・ピアット(第二の皿:肉や魚などのメイン料理)」「ドルチェ(デザート)」といった流れが多いのはご存知の方も多いはず。お店によって変わる事もありますが、基本的にはこの流れになります。

「プリモ・ピアット」ではパスタの代わりにピザやスープ、リゾットなどが提供される事があります。

イタリアのお店は基本的にフレキシブルなので、フルコースで注文しなければならないというルールはありません。気に入った料理だけをおかわりする事もできるお店も多いのです。

もともとイタリア料理はフレンチの原型とも言われているので、フレンチと似たスタイルで料理が提供されますが、フレンチほど肩がこらない気楽さもイタリア料理の大きな魅力とも言えます。

イタリア料理におけるパンの役割

日本の食卓でのご飯の役割を担いながらも、料理の間をつなぐのがイタリアにおけるパンの役割です。

そしてパンは「前菜」にも「プリモ・ピアット」にも「セコンド・ピアット」にも添えられてきます。イタリアの飲食店ではパンが自由に食べられるので、料理のボリュームに不満が残る事はないでしょう。

イタリアの飲食店では席に着くとまずパンが登場する事もよくあるので、メニューを選びながらパンを食べるという光景も日常的です。イタリア料理のイメージと言えばパスタやピザが先行しがちですが、イタリア料理におけるパンは地味ながらもなくてはならない存在です。

オリーブオイルを別皿で一緒に提供してくれるお店もありますが、基本的にイタリアではオリーブオイルにパンを浸して食べる習慣はありません。イタリアでのパンは料理と一緒にいただくお供といった役割なので、そのままに近い形で食べる習慣があまりないのです。

その為イタリアのパンには塩気がないのです。その為オリーブオイルを浸して食べたい時は、塩も足してあげるとさらに美味しく頂けます。オリーブオイルにパンを浸して食べる習慣はありませんが、もちろんマナー違反という事ではありません。自由に楽しめる事もイタリアのパンの魅力のひとつです。

イタリアのパンの特徴

イタリアのパンには塩気がほとんどありません。イタリアの料理では「パスタはおかず」と言われるように、パスタはそのまま食べるには塩気が強い事も多いのです。その為パンで味を薄めます。イタリアではパンが、日本におけるご飯の役割を果たす事で、食事全体のバランスをとる事ができるように考えられています。

その為にもパン自体にあまり塩気があるのはふさわしいとは言えません。日本の食卓と同じです。日本でもご飯に塩を振らない事でおかずとのバランスをとっています。イタリアもパンに塩気を少なくする事で、パンは料理全般に合う万能な料理になるのです。

イタリアのパンの種類

イタリアで作られているパンは無数にあると言われています。イタリアでパスタが日常的に食べられるようになったのは17世紀ごろと言われていますが、パンは古代ローマ時代から食べられているのです。その歴史の長さから、パンの種類を細かく定義すると数え上げる事はほぼ不可能であると言われています。

パンの歴史にくらべるとパスタの歴史はまだまだ浅く、「パスタはおかず」と言われる理由はここからきているとも言う事ができます。イタリアでのパンの消費量はパスタの2倍と言われる理由にも納得がいきます。

歴史の長さから考えて仕方のない事ですが、イタリアのパンの種類全てを紹介する事はできません。ごく一部の種類になってしまいますが、ここではイタリアを代表するおすすめのパンの種類、併せておすすめのパンの食べ方を紹介します。

イタリアの代表的なパン1:カラサウ

「カラサウ」は日本ではあまり聞きなれませんが、クリスピーなピザ生地といった感覚でさまざまなシーン活躍してくれます。スナック感覚で食べる種類のパンでもあり、手で割りながら食べる事もおすすめです。形状は光に透けるほど薄く、チーズやサラミをのせてオリーブオイルをかける食べ方などが一般的です。

「カラサウ」は乾燥しているので、その日持ちのよさから、保存食としても長い歴史の中で活躍してきました。

食感については日本の薄焼きせんべいのようなパン、といえばイメージしやすいかもしれません。サルデーニャ島の歴史あるご当地パンで、イタリアでは有名なパンの種類です。

イタリアの代表的なパン2:グリッシーニ

「グリッシーニ」はイタリアのパンの中では塩気がある方なので、そのままでもオリーブオイルをつけても美味しく頂けます。生ハムを巻いたアンティパストにして楽しむ方法も有名で、おすすめの食べ方です。長いものでは数十cm以上のサイズがあるので、ひと口サイズに折って食べます。ワインなどのおつまみとして楽しむのも一般的です。

この「グリッシーニ」は、イタリアでは多くのお店で提供されており、お菓子の感覚に近いです。もともとトリノが発祥のパンで、イタリア王家のサヴォイア家が「エレガントに食べられるパンを」とパン職人に依頼して誕生した事でも有名です。

またナポレオン・ボナパルトが「グリッシーニ」を「小さいトリノの棒」と呼び、好んで食べていた事でも有名です。「グリッシーニ」は17世紀にイタリアの貴族の間で流行し、現在に至る歴史あるパンなのです。

イタリアの代表的なパン3:コロンバ

キリストの復活祭であるイースターの時期に、イタリアでは「コロンバ」と呼ばれる菓子パンを食べる習慣があります。オレンジピールが練り込まれた生地を、イースターの象徴であるハトの形に焼き上げ、アラレ糖やアーモンドなどでコーティングする事で、特有のザクザクとした食感が楽しめます。甘い飲み物と一緒に頂くのが一般的です。

イタリアの代表的なパン4:スフォリアテッラ

日本で数年前から人気急上昇中のイタリアのパンといえば「スフォリアテッラ」です。パリパリの極薄の生地は歯ごたえが良く、リコッタチーズとドライフルーツを混ぜたクリームも入っているのでドルチェとしてもぴったりです。

「スフォリアテッラ」は特にコーヒーやワインなどのアルコール類との相性がいいと言われています。貝殻の形をした約10cmのサイズのものが一般的です。1個1個のボリュームがあるので、イタリアではカフェなどの軽食として定番のメニューとなっています。

イタリアの代表的なパン5:チャバッタ

「チャバッタ」はイタリアのパンの中では比較的日本でも有名で、ご存知の方も多いはずの。外見からは想像できないほど水分を多く含んでいるので、もちもちとした食感も特徴です。また油を使わないので健康志向の強い方にもおすすめです。外側のパリパリ感がフランスパンを彷彿とさせ、形状の四角い形も特徴的です。

「チャバッタ」は生ハムやトマトやチーズに、ルッコラをはじめとした野菜を挟んでサンドウィッチのようにして食べるのがおすすめ。塩気が少ないか全くなく、油も使用しないので、野菜や肉の本来の美味しさを邪魔する事がありません。

その為、具材だけでなくパン本来の小麦の香りと風味を同時に堪能する事ができます。「チャバッタ」の楽しみ方はそれだけではなく、スライスした「チャバッタ」を、塩とオリーブオイルに浸して食べるのも特有のもちもち感を堪能出来るのでおすすめです。

イタリアの代表的なパン6:パーネ・トスカーノ

塩を全く使わないのが特徴のパンで、フィレンツェを中心としたトスカーノ地方のご当地パンとして有名です。こちらもやはり生ハムやチーズなどの塩気がある食材と一緒に食べるのがおすすめです。トスカーノ地方の郷土料理では、硬くなってしまったパーネ・トスカーノがよく使われており、代表的なのが「リボッリータ」という料理です。

「リボッリータ」は余った野菜と硬くなったパーネ・トスカーノを、トロトロになるまで煮込んだ豆のミネストローネの事です。

味のしみ込んだパーネ・トスカーノの食感がたまらない、イタリアでは有名な料理です。トスカーノ地方を訪れた際にはぜひ頂きたい一品です。胃腸に優しい料理なので健康志向の強い方にもおすすめです。

イタリアの代表的なパン7:パネトーネ

「パネトーネ」は日本では比較的有名なパンで、イタリアの「ミラノ」が発祥の地と言われています。クリスマスに知人に送る為に作られた事が始まりで、今ではクリスマスに限らずどの時期でも食べられるようになりました。形状がドーム型をしたものが多く、ドライフルーツやチョコチップを入れるのが一般的です。

「パネトーネ」はイタリアで生まれた天然酵母であるパネトーネ種が名前の由来です。このパネトーネ種を長時間発酵する事で、手間はかかる分香りや風味が増し、また長期保存が可能になります。また日本でのパネトーネと言えば「ロイゾン社」が有名でおすすめです。

イタリアの代表的なパン8:パンドーロ

ミラノの「パネトーネ」とともに、イタリアでのクリスマスのスイーツとして有名なのが「パンドーロ」です。「パネトーネ」との最大の違いと言えば「パンドーロ」の形状が星形である事です。そして「パンドーロ」にはドライフルーツやチョコチップが入っていません。

「パンドーロ」は粉砂糖をまぶすのが一般的な食べ方です。これによりドイツの有名なお菓子「シュトーレン」と比べられる事が多いです。日本で有名な「パンドーロ」は「トレ・マリエ社」で、しっとりと柔らく、風味が秀逸でおすすめです。

イタリアの代表的なパン9:ピアディーナ

「カラサウ」とよく似た薄く平べったい形状ですが、「カラサウ」がパリパリとしたクリスピーな食感であるのに対し「ピアディーナ」はしっとりとしているのが特徴です。その為「カラサウ」と違って、折りまげてチーズやサラミ、生ハムや生野菜などの具材を入れて巻き、片手でも気軽に食べられるのが特徴です。

「ピアディーナ」はイタリアでは有名なファーストフードです。また形状の小さい種類を「ピアディーナ」、大きい種類の形状を「ピアーダ」と呼びます。形状は円形で薄く、鉄板で焼いて作ります。塩は生地に練り込みますが、酵母を入れる事はありません。

イタリアの代表的なパン10:フォカッチャ

今回紹介するパンの種類の中で、日本でおそらく最も有名なのが「フォカッチャ」です。「フォカッチャ」とはイタリアでは「火で焼いたもの」という意味です。ピザの原型になったパンはこの「フォカッチャ」であると言われています。生地表面には複数の穴が空いているのが特徴的で、ピザの原形であるというのにも説得力が感じられます。

「トルティーヤ」などのように、丸く生地に生ハムやチーズ、フレッシュトマトやルッコラなどをのせて、折り畳み食べやすくするのが王道の食べ方です。その他の具材ではドライトマトやオリーブをのせるのもおすすめです。

このように「フォカッチャ」で作るサンドイッチを「パニーニ」と呼び、日本でも聞き覚えのある方も多いはず。シンプルに食べやすいサイズにカットして、オリーブオイルをつけてそのまま食べる食べ方もおすすめなので、まさに万人に愛される種類のパンであると言えます。

イタリアの代表的なパン11:ロゼッタ

「ロゼッタ」は生地の外側のサクサクとした触感を楽しむパンで、バラや亀の甲のような模様がある事でも有名です。また、中が空洞になっている事がロゼッタの最大の特徴です。上下に切り分けて具材であるトマトや肉、生ハム、サラミなどを挟んで食べるのがおすすめです。

また「ロゼッタ」は料理に添えられている事もあり、料理と一緒に食べるのも一般的です。ラードの入ったものと入ってないものがあり、ラードが入っていないものはさらに生地のサクサク感を楽しめます。日本ではラードの入ったものが有名で人気があります。「ロゼッタ」の名称の由来はイタリア語で宝石の「ローズカット」です。

時間がない時には

イタリアのご当地パンは、基本的にその土地でしか味わえないものがほとんどです。もちろんその土地で頂くのが理想的ですが、そこまでの時間はない人がほとんどだと思います。そんな時はミラノのような都市部のパン屋を回ってみるというのはいい方法でおすすめです。

当然ですがミラノといえど、望みのパンに出会えるとは限りません。お店によって取り扱いが違うのはしかたのない事です。しかしご存知のように日本に限らずイタリアでも、都市部のだいたいのパン屋では、複数の種類のパンを販売している事が多いので、思わぬ場所で思わぬパンに出会えたりします。

イタリアの飲食店の格式

イタリアの飲食店には格式があります。ここでいう格式とは、提供する料理の種類やグレードの違いであって、優劣の違いではありませんのでご注意下さい。

基本的には「ロスティッチェリア」「ターヴォラカルダ」「スパゲッテリア」「ピッツェリア」「オステリア」「トラットリア」「リストランテ」の順に格式は上がっていきます。

面白い事に「リストランテ・トラットリア」や「トラットリア・ピッツェリア」のように、複数の格式を掛け合わせているお店もあり、その組み合わせは無数です。組み合わせによってお店の得意不得意を見極めて、用途を考えるのも訪れる人にとっては楽しみのひとつになるのではないでしょうか。

イタリアで食事を楽しむ上で、パンの特徴や種類を知る事が大事ですが、パンを頂く時のマナーについても抑えておきたいところです。ここでは他の格式よりはマナーが必要になる可能性が高い「トラットリア」と「リストランテ」を紹介していきます。

日本のイタリア料理店でもよく見かける「トラットリア」と「リストランテ」とはどのような飲食店を指すのでしょうか。意外と知られていないそれぞれの特徴について紹介します。日本ではお店によってニュアンスが変わってしまっている可能性がある為、あくまでイタリアでの「トラットリア」「リストランテ」について紹介させていただきます。

「トラットリア」とは

「トラットリア」は街の伝統的な郷土料理や地域の名物料理が看板メニューの、ややカジュアルな種類の飲食店を指します。「トラットリア」とはイタリア語で「大衆食堂」の意味で、地元のお客さんが多いのが特徴です。テーブルクロスは、取り替えやすくする為なのか紙製を使っている事もあります。

「トラットリア」ではウェイターが私服で働いている傾向があります。当然ながら「リストランテ」よりお手頃な料金で食事を楽しむ事が出来ます。お店にもよりますが「プリモ・ピアット」で€10前後、「セコンド・ピアット」で€15前後である事が多いです。

「リストランテ」とは

イタリアで最上級の飲食店を指すのが「リストランテ」です。イタリアの伝統料理を、シェフがアレンジを加えた創作料理が多いのが特徴です。パスタなどの「プリモ・ピアット」で€15前後、「セコンド・ピアット」で€28くらいです。

「リストランテ」と呼ばれるお店は入店前に、メニューを見せてもらい金額を確認する事ができます。不安であれば確認しておきましょう。テーブルクロスは白い布で、ウェイターがお店の制服を着用している事が多いのが特徴です。

「リストランテ」のマナー

リストランテと名のつくお店のほとんどでは、日本人が想像している事が多い、肩の張るような厳しいマナーはありません。

もちろん万国共通の最低限のマナーはあります。しかしミシュランの星を獲得したようなお店でも一部のお店を除き、観光したその足で入店して歓迎されるようなお店ばかりです。

観光都市ではさらにゆるい傾向にあります。もし見るからに格別な高級店に入る機会がある場合は、男性なら簡単なジャケット、女性ならワンピースくらいの準備は必要でしょう。ここからは、「リストランテ」より格式が下のお店では「リストランテ」より気を付けるべきマナーがないと考え、「リストランテ」だけに絞ってイタリアの食事のマナーを紹介します。

イタリアの食事マナーはゆるい?

イタリアではパンは一口サイズにちぎりながら頂きます。噛みちぎる事は一応ですがマナー違反です。またお店によっては、パンを他のテーブルと共有している事があるので、一度触れたパンをカゴに戻すのもマナー違反とされています。日本だとビュッフェでのパンと同じ感覚です。

お店によってパンは共有のカゴでの提供ではなく、テーブルごとに用意されたお皿で提供される場合があります。

その場合はパンを戻す事は当然ながらマナー違反ではありません。またパンが好きなだけ食べられるからと「プリモ・ピアット」を注文しない事もマナー違反ではありません。パンだけで十分と考える人も多いからです。

イタリアでパンを食べる時のマナー

イタリアの飲食店ではテーブルの上に、そのままパンが置かれる事があります。清潔なテーブルクロスを敷く事で、テーブルをそのまま大きなお皿としてしまうからです。これはイタリア特有の、テーブルクロスを清潔に保つ習慣からきています。

日本人が知らずにこういったお店に入店すると驚くかもしれません。しかしテーブルの上にパンくずが散らかる事もマナー違反ではなかったりと、人によっては日本より食事マナーがゆるいと拍子抜けしてしまうかもしれません。

お皿のソースをパンでぬぐって食べるのはマナー違反?

パスタやメイン料理のソースをパンに付けて食べる事は、一応マナー違反とされています。これを「スカルペッタ」と言いますが、暗黙の了解のようなルールであり、日常的によく見る光景です。

「スカルペッタ」は、たとえマナー違反であっても「美味しい」「残したくない」と意味になり料理への称賛とも認められているからです。中には「ソースが自慢なので、ぜひパンを使って下さい」と言ってくるお店もあります。

ドレスコードがあるような「リストランテ」での食事では、念の為「スカルペッタ」は周囲の様子をうかがいながら楽しむのがおすすめです。いずれにしても気さくなイタリア人は「スカルペッタ」を悪い意味では取らない事がほとんどです。

イタリアの飲食店でチップは必要?

イタリアのレストランでは席代とサービス代が、料理の料金とは請求される事が多いです。これを「コペルト」と言い、ほとんどのお店では「コペルト」にチップも含まれていると考えられています。1人約€3ですが料金はお店によって違います。

面白い事にこの「コペルト」にはパンの代金も含まれているので、イタリアのパンはいくら食べたとしても追加料金が請求される事がないのです。チップについては帰りのタクシーを呼んでくれた場合など、特別なサービスがあった時に€1程度の追加をするだけで十分と言えます。

その他に気を付けたい食事マナー

パンについてのマナーは以上ですが、ここからはパン以外のマナーもおさえておきましょう。イタリア料理ならではの有名なマナーについて、日本での認識が正しいのかもざっとおさらいします。日本でのイタリア料理の食べ方は、意外と日本独自のルールであったりもします。日々の生活にも役立てましょう。

スプーンを使ってパスタを食べる

イタリアではスプーンを使ってパスタは食べる事が習慣がありません。つまりパスタでスプーンを使う事はマナー違反というより、フォークを使い慣れていないと思わてしまうだけです。パスタのスープやソースをスプーンですくう事は日本でもよくある光景で、もちろんイタリアでもマナー違反ではありません。

ちなみに料理によっては貝類、甲殻類が使用されている場合があり、取り分ける為にフォーク以外の食器や、場合によっては手を使う事もありますが、これもマナー違反ではありません。日本と同じ感覚です。

ドレスコード

ドレスコードがあるようなお店の場合は、男性なら簡単なジャケット、女性ならワンピース程度の服装が無難と言えそうです。食事をする空間なので香水もできれば控えめにした方が無難でしょう。「リストランテ」では入店前にドレスコードについて尋ねれば、気さくな人の多いイタリア人なら大体、ふさわしい服装であるか教えてくれます。

お会計方法

一部の飲食店を除くと、イタリアでのお会計は基本的にテーブルで支払います。こちらに気を使ってなのか、伝票が来るまで時間がかかる事が多いので、雰囲気を見ながら早めに声をかけるようにしましょう。伝票はボードに挟んでくれている事が多く、お金もこのボードに挟みます。

いずれにしても支払方法はお店によって違う事があるので、あらかじめ周囲の支払い方法を確認しておきましょう。

またイタリアでは別会計をする習慣が日本ほどはないので、忙しいお店では1人が払ってお店を出てから精算するようにしましょう。これは国に限らない最低限のマナーといえるかもしれません。

シェア

イタリアでは基本的に料理のシェアをしませんが、シェアをお願いする事自体はマナー違反ではありません。あらかじめ伝えておくと、お店によっては人数分に分けて盛りつけてくれるでしょう。忙しいお店であれば小皿をお願いするだけに留める事も検討しましょう。

写真

お店にもよりますが周囲の雰囲気を見ながら、料理の撮影するのはマナー違反ではありません。ただ撮影に熱中しすぎて料理が冷めてしまうとお店から残念に思われるのは、万国共通です。日本と同じだけのマナーは必要と言えます。

これだけはしてはいけない食事マナー

イタリアの飲食店で、共通して唯一のマナー違反に当たるのが、料理を食べる時に「音をたてる事」です。ここだけは日本人より敏感に反応されるので注意して下さい。特に注意したい料理がパスタとスープです。

どちらも気を付ける以外に最上の方法はありませんが、パスタですする時に音を立てないコツは、しっかりとフォークに巻く事です。十分に巻かれていないとどうしてもすする事になってしまうので、音がたちやすくなります。それが面倒に感じる方はペンネなどのパスタや、パスタ以外のラザニアやリゾットを選ぶ事も検討しましょう。

本場のイタリア料理を楽しもう

イタリアのパンやマナーについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。中には驚くような内容もありましたが、日本とイタリアの感覚に大きな相違はなくほっとした方も多いのではないでしょうか。イタリア人は基本的に陽気で気さくなので、ぜひ難しく考えず、イタリアでの美味しい食事を楽しんで下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ