アマルフィ海岸はイタリアの世界遺産!絶景の観光スポットやレストランを厳選!

美しい街並みが残るイタリア南部のアマルフィ海岸。世界遺産にも認定された海岸線には歌にも歌われた「ソレント」や「サレルノ」など観光名所が満載です。今回は、イタリアの世界遺産アマルフィ海岸で、おすすめのレストランやホテルの他、詳しい行き方もまとめます!

アマルフィ海岸はイタリアの世界遺産!絶景の観光スポットやレストランを厳選!のイメージ

目次

  1. 1イタリアの世界遺産アマルフィ海岸をご紹介!
  2. 2イタリアのアマルフィ海岸ってどんなところ?
  3. 3アマルフィ海岸への行き方1:サレルノ
  4. 4アマルフィ海岸への行き方2:ラヴェッロ
  5. 5アマルフィ海岸への行き方3:ポジターノ
  6. 6アマルフィ海岸への行き方4:ヴィエトリ・スル・マーレ
  7. 7アマルフィ海岸への行き方5:アマルフィ
  8. 8アマルフィ海岸への行き方6:ソレント
  9. 9アマルフィ海岸でSITAバスを利用する際の注意点
  10. 10世界遺産アマルフィ海岸の観光地1:サレルノ
  11. 11世界遺産アマルフィ海岸の観光地2:アマルフィ
  12. 12世界遺産アマルフィ海岸の観光地3:ラヴェッロ
  13. 13世界遺産アマルフィ海岸の観光地4:ポジターノ
  14. 14世界遺産アマルフィ海岸の観光地5:ヴィエトリ・スル・マーレ
  15. 15世界遺産アマルフィ海岸の観光地6:ソレント
  16. 16アマルフィ海岸のおすすめレストラン1:アマルフィ編
  17. 17アマルフィ海岸のおすすめレストラン2:ラヴェッロ編
  18. 18アマルフィ海岸のおすすめレストラン3:ソレント編
  19. 19アマルフィ海岸のおすすめホテル1:アマルフィ編
  20. 20アマルフィ海岸のおすすめホテル2:ラヴェッロ編
  21. 21アマルフィ海岸のおすすめホテル3:ソレント編
  22. 22世界遺産「アマルフィ海岸」で中世の街を巡る旅へ出かけよう!

イタリアの世界遺産アマルフィ海岸をご紹介!

イタリア南部の都市ナポリから、南へ50km。ティレニア海に伸びる半島を囲む「アマルフィ海岸」は、世界遺産にも認定された美しい海岸線です。

中世イタリアの海洋国「サレルノ」を中心に、ナポリ湾を望む西側のソレントまでの道のりには、紺碧の海と白く輝くヴィッラが立ち並ぶ、風光明媚な街が広がっています。

今回は、イタリアの世界遺産「アマルフィ海岸」の観光名所への行き方や、各地でのおすすめレストランやホテルなど、旅に役立つ情報を詳しくご紹介致します!

イタリアのアマルフィ海岸ってどんなところ?

南イタリアのナポリ湾とティレニア海に面したアマルフィ海岸は、南国情緒そのままにレモンやオレンジが実る丘陵地帯に面した約50kmの海岸線です。

燦々と降り注ぐ太陽がまぶしいこの海岸線には、地上の楽園と錯覚するほど美しい紺碧の海と、丘に張り付くように建てられた色とりどりの美しい建物が広がっています。

1997年、アマルフィ海岸は世界遺産にも認定され、サレルノからソレントまでの道のりを結ぶバスや周遊鉄道は、世界中から訪れる観光客を乗せてこの美しい海岸線を走ります。

一年中温暖で暖かいアマルフィ海岸は、ローマ帝国の時代から人々に愛されたリゾートで、観光の玄関口となるサレルノとソレントには、イタリア南部の都市ナポリから船やfs線で行く行き方が一般的です。

主な観光の見どころとしては、海洋王国として栄えたサレルノ、アマルフィ共和国の首都として栄えたアマルフィなど、歴史の栄華を極めた都市も含まれます。

観光の拠点となるアマルフィ、ラヴェッロ、ソレントなどの都市には、旅におすすめの素敵なホテルやレストランもたくさんあります。美味しい南イタリア料理が楽しめるグルメスポットもありますので、本文の最後の方でまとめてご紹介致します。

Thumbイタリアのナポリ観光を満喫するコツは?治安・名所・お土産を一挙紹介!
ナポリはイタリア南部にあり観光スポットが盛りだくさんのイタリア第三の都市として人気があります...

アマルフィ海岸への行き方1:サレルノ

ここからは、アマルフィ海岸沿いにある観光スポットへの行き方を都市別にご紹介していきます。トップバッターは、アマルフィ海岸の玄関口となる「サレルノ」への行き方です。

イタリア南部の都市ナポリからサレルノへ行く行き方は、fs線でナポリ中央駅からサレルノ、ラメツィア、テルメ行きなどのFRECCIABIANCAを利用するのが一般的です。ナポリからサレルノまでの所要時間は約30分ほどとなっています。

アマルフィ海岸への行き方2:ラヴェッロ

アマルフィ海岸に広がる天然のバルコニー「ヴィッラ・ルーフォラ」を擁するラヴェッロ。美しいこの街への行き方は、中継都市「アマルフィ」からSITA社のバスを利用するのがおすすめです。

アマルフィのバス停から出るオレンジ色のバスは、スカラ(Scala)の街を経由して約30分ほどでラヴェッロまで到着します。バスの時間は1時間に1本しかありませんので、観光の時間も配慮して出発時間を早めにするなど行き方には工夫してください。

アマルフィ海岸への行き方3:ポジターノ

アマルフィ海岸の観光スポット「ポジターノ」へも、SITA社のバスを利用する行き方がおすすめです。主要都市サレルノからポジターノまでの所要時間は約2時間、中継地点のアマルフィからは約40分です。

アマルフィ海岸は、船で観光することも可能で、サレルノからは船を利用して行く行き方なら、約1時間30分hどで、中継都市のアマルフィに到着します。アマルフィからポジターノまで船を利用した場合の所要時間は30分です。

アマルフィ海岸への行き方4:ヴィエトリ・スル・マーレ

世界遺産アマルフィ海岸の中で、15世紀から続く陶器の町として知られる「ヴィエトリ・スル・マーレ」。子の町への行き方は、サレルノ駅からSITA社のバス、または市バスで行くことが可能です。

ヴィエトリ・スル・マーレは、街の外側にバス停が二つあり、バスは街の中には入りません。おすすめの行き方は、サレルノからなら、ヴィエトリ・サル・マーレの最初のバス停で下車する行き方です。

アマルフィ海岸への行き方5:アマルフィ

続いては、アマルフィ海岸の観光の拠点となる都市「アマルフィ」への行き方です。アマルフィへの行き方は、SITA社のプルマンを利用して行く行き方が一般的です。

バスは、先にご紹介したアマルフィ海岸の玄関口サレルノから発射しており、アマルフィ海岸の美しい村々を通りながら海岸線を進んでいきます。アマルフィの港沿いにあるPiazza Flavioが最寄りのバス停です。

サレルノからアマルフィまでの所要時間はSITA社のプルマンバスで約1時間ほどとなっており、ここから、続くポジターノ、ソレントなどの各都市へ行く路線も出ています。

SITA社のバスは検察が厳しく、必ず車掌が乗ってきて、目的地までの切符を確認しますので、チケットの購入は往復する場合は帰路の分もまとめて購入することをおすすめします。乗車したら刻印機で必ず日付と刻印を行ってください。

アマルフィ海岸への行き方6:ソレント

絶景のリゾートとして知られる「ソレント」は、サレルノと反対側からアマルフィ海岸を回る際に利用するアマルフィ海岸のもう一つの玄関口です。ソレントへの行き方は、イタリア南部のナポリからなら、ナポリ中央駅からfs線を利用するのが一般的です。

ナポリのポルタ・ガリバルディ駅からソレントまでは約1時間10分で、この他、ナポリから水中翼船で行く行き方もあります。水路の場合は、所要時間は35分ほどとなっています。

アマルフィ海岸でSITAバスを利用する際の注意点

見どころが多いアマルフィ海岸を観光するのに、もっとも観光客に一般的な行き方は、SITA社が運営するバスを利用する方法ですが、実は、バスの運行時間がアテにならないというデメリットがあります。

南イタリアはのんびりしている地域ですので、バスの時刻表では、30分に1本の割合で運行されるとなっていても、1時間以上バスを待つといったことがザラにあります。

また、小型のプルーノだと乗客が10人程度しか乗車できないため、北バスが満員で乗れないというケースも多く、旅のスケジュールは、余裕を持って組んでおかないと、予定通りに目的地につけないことがあります。

アマルフィ海岸は、カーブが連続する道路が続きますが、バスの走行スピードはかなり早く、満車の車内で建っているのは、かなりきついようです。

ご年配の方がフルムーンなどで旅する場合は、中継地点となるアマルフィの街で、バスを降りて、空いている車両に乗り換えることをおすすめします。

海岸巡りに便利なチケットは、Unico Costieraで、サレルノからソレントまでのプルマン、バス、周遊鉄道に乗り降りすることが可能な時間制のチケットとなっています。料金は45分券が2.50ユーロ、90分券が3.80ユーロ、24時間券が7.60ユーロで、この他3日券が18ユーロとなっています。

乗り合いの船もサレルノ、アマルフィ、ポジターノ、カプリを運航していますので、船酔いしない方は、船で行く行き方もよいでしょう。

南イタリアのナポリからは、ソレントへ向かう船がベヴェレッロ港から出港しており、ソレントまで約1時間30分ほどで到着します。海岸線の美しさを楽しむなら、一度は船に乗船するルートで移動することをおすすめします。

世界遺産アマルフィ海岸の観光地1:サレルノ

いくつもの都市が連なるイタリアの世界遺産「アマルフィ海岸」。各都市への詳しい行き方も分かったところで、ここからは、それぞれの観光の見どころをご紹介していきます。

緑豊かな遊歩道が続くアマルフィ海岸の「サレルノ」は、かつて一大海洋王国を築いたイタリア南部の都市。中世には、ピサ、ヴェネツィア、ジェノヴァとも並ぶ巨大な都市として知られていました。

海岸沿いの遊歩道が連なっており、サレルノ湾の美しい海の絶景が広がっています。観光の見どころとなっているのは、かつての旧市街が残るメルカンティ通り。狭い路地は活気にあふれ、南イタリア特産品の並ぶ市場やフルーツストアなど、歩いているだけでも楽しいスポットです。

11世紀に建築されたアラブ・ノルマン様式のドゥオーモは、聖マタイに捧げられた美しい聖堂で、地下には、遺体が安置されているそうです。

世界遺産アマルフィ海岸の観光地2:アマルフィ

世界遺産アマルフィ海岸の観光の拠点としても人気の都市「アマルフィ」は、ローマ帝国滅亡後も海洋共和国として栄えたアマルフィ共和国の古都。

現在は、イタリアのリゾート地として知られるこの都市は、ホテルやレストランもたくさんあり、ヴァカンスのシーズンには多くの観光客で賑わいます。

アマルフィ観光の見どころとしては、バスターミナルの奥にあるドゥオーモ周辺の広場。特産品のオレンジやレモンを使ったお土産品を販売するお店や、レストラン、カフェなども多く、宿泊に便利なホテルもこのエリアにたくさん建っています。

広場の階段の上に、町を見下ろすように建てられたドゥオーモの正面には、いくつもの色の石を使った繊細なモザイクで装飾されており、太陽の光を受けてキラキラと輝いています。12世紀の豪華な燭台やロマネスク風の天国の回廊も、観光の見どころとなっています。

この他アマルフィ紙の博物館も必見で、アラブや中国から伝来した様々な紙にまつわる展示品を見ることができます。

世界遺産アマルフィ海岸の観光地3:ラヴェッロ

世界遺産アマルフィ海岸の中で、高台に位置する町「ラヴェッロ」は、どこまでも広がる紺碧の海と、家々のコントラストが見事なアマルフィ海岸のバルコニー。

街の中心には、ドゥオーモの前に広場があり、レストランのテラスには、食事やカプチーノを楽しむ人々が楽しそうに談笑しています。

のんびりとした南イタリアの雰囲気を楽しめるこの地には、数々の歌劇や交響曲を生み出した音楽家のワーグナーも滞在したことがあるそうです。

名作「パルシファル」は、ワーグナーがラヴェッロに滞在した時のイメージから生み出されたと言われています。鮮やかな焼き物が並ぶヴィッラ・チンブローネも観光の見どころの一つです。のんびり散策しながら観光してみましょう。

世界遺産アマルフィ海岸の観光地4:ポジターノ

小説や映画の舞台にも選ばれたポジターノは、世界遺産アマルフィ海岸の中でも、白い家々がいくつも重なる美しい断崖を持つ風光明媚な都市。

SITA社のプルマンに乗るなら、右側の席に座って絵画のような絶景を眺めながら旅を楽しむのがおすすめです。

ポジターノは、海からもアクセス可能ですので、時間に余裕のある方は、船で行く行き方を選びましょう。9世紀から11世紀にアマルフィ共和国の一部として繁栄し、16世紀から17世紀には、絹や香辛料の貿易で栄えた美しい街並みそのものが見どころとなっています。

ポジターノの楽しみ方は、白い細い路地を散策しながら、通りに並ぶカラフルなお土産品のお店を冷やかしたり、ホテルやカフェのバルコニーに座ってコーヒーを飲みながら景色を眺めることです。

世界遺産アマルフィ海岸の観光地5:ヴィエトリ・スル・マーレ

続いてご紹介する世界遺産アマルフィ海岸の観光スポットは、ヴィエトリ・スル・マーレ。バスを降りて街に入ると、海を見下ろす見晴らし台のある小さな広場につながります。

15世紀から続く陶器の町として知られるヴィエトリ・スル・マーレには、陶板でできた美しいタイルがかけられた古い家やホテルなど、絵になる風景が広がっています。

アマルフィ海岸の中でも、小さな町として知られるヴィエトリ・スル・マーレには、この地に暮らす人々ののんびりとした穏やかな暮らしが見えます。

観光の見どころは、陶器や陶板で装飾されたドゥオーモや、建物の外壁、そしてお土産ものの陶器を販売するショップなどです。店舗に描かれたタイル画を眺めて歩くだけでも楽しめます!

世界遺産アマルフィ海岸の観光地6:ソレント

最後にご紹介するイタリア・アマルフィ海岸の観光スポットは、絶景のリゾート地「ソレント」。夏は海水浴場として、冬は、イタリアの避寒地として知られるソレントには、おしゃれなカフェやレストラン、ホテルなどもたくさん建っています。

観光客向けのかわいらしい幌馬車が走り、街の至るところにお土産ショップなどが点在しています。一番賑やかなのは町の中心にあるタッソ広場。

湾の右側には、世界史でも有名なヴェスヴィオス火山が雄大な姿を見せてくれます。ソレントには、旧市街にあたるVia S.Cesareoのようなエリアもあり、散策にもおすすめです。

観光の見どころとしては、18世紀に建てられた「テッラノーヴァ博物館」があります。貴族の邸宅を利用して、一族のコレクションを展示しているこちらの博物館では、ソレントの歴史を知ることができます。庭園の展望台からは、アマルフィ海岸を望む大パノラマが広がっています。

アマルフィ海岸のおすすめレストラン1:アマルフィ編

旅の楽しみは観光だけではありません。ここからは、絶品の南イタリア料理が食べられるアマルフィ回ファンのおすすめレストランをご紹介していきます。

アマルフィ共和国の古都として栄えた「アマルフィ」でおすすめのレストランは「ラ・カラヴェッラ」と「マリーナ・グランデ」の2軒。

「ラ・カラヴェーナ」は、歴史あるレストランで、街の中心にある11世紀のドージェの館の中にあります。店内には、1800年代からの絵画や陶器などが置かれており、ミシュラン一つ星にも輝いた名店です。

もう一つのおすすめレストラン「マリーナ・グランデ」「は、ビーチに面した眺めのよいおしゃれなレストランで、開放的な雰囲気の中、夜はロマンチックなディナーも楽しめます。お昼のランチ定食は25ユーロで、サラダやパスタの他、魚料理も楽しめます。

アマルフィ海岸のおすすめレストラン2:ラヴェッロ編

世界遺産アマルフィ海岸で高台にある都市「ラヴェッロ」のおすすめレストランは、絶景を見ながら地元料理が楽しめる「サルヴァトーレ」。

ホテルも併設しているこちらのレストランのおすすめは魚料理で、予算は40ユーロから60ユーロとなっています。かなりゴージャスなディナーが楽しめるレストランです。

アマルフィ海岸のおすすめレストラン3:ソレント編

ソレントのおすすめレストランは、ミシュラン一つ星にも加賀がいた「イル・ブーコ」。街の中心にあるこちらのレストランは、かつて修道院として使われていた建物を改装して作られたエレガントなレストランです。

創造的なソレント料理が楽しめる一級のレストランは、ランチの予算が55ユーロと超高級です!夜は65ユーロから100ユーロで食事が楽しめます。一生の思い出になるような素敵なお店です。

アマルフィ海岸のおすすめホテル1:アマルフィ編

続いては、絶景の世界遺産アマルフィ海岸で宿泊におすすめのホテルを見ていきましょう。観光の拠点となるアマルフィでおすすめのホテルは、4スターの「ルナ・コンヴェント」と、「ランティコ・コンヴィット」2つのホテルです。

ルナ・コンヴェントは、かつて修道院として使われた12世紀の建物で、レモンの木が植えられた美しい回廊も備えています。湾を見下ろす絶景のロケーションにあるホテルです。「ランティコ・コンヴィット」は、ドゥオーモの近くにあるホテルで、シンプルで居心地のよい空間が広がるホテルです。

アマルフィ海岸のおすすめホテル2:ラヴェッロ編

アマルフィ海岸で絶景の眺望が楽しめるラヴェッロのおすすめホテルは、4スターの「ヴィッラ・マリーア」ホテル。もちろん窓からの眺めは最高です!

ヴィッラ・マリーアは、客室の広さと天井も高さがあり、解放感のある贅沢な空間が世界中の観光客を魅了しています。美しい風景を楽しみながら食事が楽しめる高級レストランも完備しており、最上級のホテルとして、ヴァカンスに訪れる富裕層がりようすうホテルです。

1泊の宿泊料金は、シングルで170ユーロから、ツインで200ユーロからとなっており、日本円にすると2万円を越える高級ホテルとなっています。全23室の客室は、ハイシーズンにはすぐに埋まってしまいますので、早めの予約がおすすめです。

アマルフィ海岸のおすすめホテル3:ソレント編

アマルフィ海岸でもっとも有名な都市ソレントは、景観が美しい途中の都市ポジターノ方面から観光したい方にもおすすめの宿泊スポット。そんなソレントで一押しのホテルと言えば「グランド・ホテル・ローヤル」です。

駅から徒歩10分のラウド広場を抜けたところにあるこちらのホテルは、プールとプライベートビーチが完備されたリゾートホテル。客室からは、海の絶景も見渡せる絶好のロケーションにあります。

宿泊料金は、シングルベッドで1泊90ユーロからですが、クリスマスやバカンスの季節など、ハイシーズンには驚きの一泊450ユーロまで料金が上がります!11月から3月はクリスマスを除いて休業している場合もありますので、事前確認が必要です。

ソレントでもう一つおすすめのホテルとしては、美しい海の眺望が楽しめる「セッティモ・チエーロ」があります。宿泊料金は一泊140ユーロカらとなっており、朝食込みで泊まれるのもうれしいポイントです。

ロケーションは、街の中心地からソレント岬に約15分ほど歩いたところにあり、フロントが最上階で地下3階までの各階が宿泊フロアとなっています。ほとんどの部屋が鵜見向きに設置されていますので、いつでも海を眺められます。

1月から3月は、休業期間となっていますので、バカンス期間を避けつつ、旅行を楽しみたい方には、4月が狙い目となっています。

世界遺産「アマルフィ海岸」で中世の街を巡る旅へ出かけよう!

イタリアの世界遺産「アマルフィ海岸」と、各地の見どころやホテルやレストラン情報をご紹介致しました。海洋王国として、イタリア有数の都市の一つであったサレルノや、南イタリアの絶景リゾートソレントなど、アマルフィ海岸には死ぬまでに一度は訪れたい美しい景色が広がっています。

南イタリアは、夏のヴァカンスシーズンには、ヨーロッパ各地からの観光客が訪れ、ホテルの料金も跳ね上がるので、旅費を押さえて行きたい場合は、春先3月から4月を狙って行く行き方がおすすめです。

海の幸と、どこまでも広がる紺碧の海、そして太陽の降り注ぐ真っ白な路地が美しいイタリアのアマルフィ海岸で、南イタリアののんびりとした休日をお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ