半田市の観光スポットおすすめまとめ!子供連れに人気の名所やコースあり!

半田市は愛知県の南西部に位置する市です。運河が発達し江戸時代には海上交通の拠点として栄えました。また童話作家・新美南吉ゆかりの地でもあり、資料館などがあります。ここではそんな半田市の人気観光スポットを紹介します。半田市の観光を楽しんでください。

半田市の観光スポットおすすめまとめ!子供連れに人気の名所やコースあり!のイメージ

目次

  1. 1「ごんぎつね」の古里・半田市の観光スポットをご紹介!
  2. 2半田市のおすすめ観光スポット1:新美南吉記念館
  3. 3半田市のおすすめ観光スポット2:ミツカンミュージアム
  4. 4半田市のおすすめ観光スポット3:半田赤レンガ建物
  5. 5半田市のおすすめ観光スポット4:國盛酒の文化館
  6. 6半田市のおすすめ観光スポット5:半田運動公園
  7. 7半田市のおすすめ観光スポット6:半田市立図書館 博物館
  8. 8半田市のおすすめ観光スポット7:半田市鉄道資料館
  9. 9半田市のおすすめ観光スポット8:ごんぎつねの湯
  10. 10半田市のおすすめ観光スポット9:半田空の科学館
  11. 11半田市のおすすめ観光スポット10:矢勝川堤の彼岸花
  12. 12半田市のおすすめ観光スポット11:半六庭園
  13. 13半田市のおすすめ観光スポット12:新美南吉の生家
  14. 14半田市のおすすめ観光スポット13:南吉の家
  15. 15半田市のおすすめ観光スポット14:JR半田駅跨線橋
  16. 16半田市のおすすめ観光スポット15:はんだ山車まつり
  17. 17半田市の観光を楽しもう!

「ごんぎつね」の古里・半田市の観光スポットをご紹介!

愛知県半田市は名古屋の南、知多半島の中央部に位置します。童話作家・新美南吉の故郷でもあり、現在でも里山が広がるのどかな光景を見ることができます。また運河や黒壁蔵など江戸時代の建物も残り、風情ある街並みが楽しめます。ここではそんな半田市のおすすめの観光名所を紹介しましょう。

半田市のおすすめ観光スポット1:新美南吉記念館

最初に紹介する半田市のおすすめ観光スポットは新美南吉記念館です。「ごんぎつね」「手袋を買いに」など、子供のたちに人気の童話を書いた新美南吉は、愛知県半田市の出身です。新美南吉の功績を記念して1994年にオープンした記念館で、館内には新美南吉の自筆原稿や日記、手紙などの資料が展示されています。

新美南吉が「ごんぎつね」を書いたのは17歳の時。29歳で亡くなるまで、身近な動物をテーマに心温まる作品を多く手がけました。記念館では代表作のジオラマもあり、子供と一緒に物語の世界が楽しめます。敷地内には「童話の森」や遊歩道があり、新美南吉が描いた里山の風景が再現されています。

住所 愛知県半田市岩滑西町1-10−1
電話番号 0569-26-4888

半田市のおすすめ観光スポット2:ミツカンミュージアム

続いて紹介する半田市のおすすめ観光名所はミツカンミュージアムです。ミツカン酢で有名なミツカングループによって作られた、日本で唯一の酢をテーマにした博物館です。遊びながら学べる楽しい博物館で、子供と一緒に訪れるといいでしょう。

ショップではミツカン創業のお酢「三ツ判山吹」やここでしか買えない数量限定のプレミアムの酢なども扱っていて、お買い物も楽しめます。

見学は事前予約が必要で、ガイドと一緒に館内を回ります。各ツアーの所要時間は90分で、テーマごとに5つのゾーンに分かれる館内を巡りながらさまざまな体験ができます。酢造り職人たちの作業を体験したり、酢の匂いを嗅いだりと、日本の食文化について子供と一緒に楽しく学ぶことができます。

住所 愛知県半田市中村町2-6
電話番号 0569-24-5111

Thumb「ミツカンミュージアム」を見学しよう!マイポン酢はお土産におすすめ!
愛知県半田市にある「ミツカンミュージアム」は、酢や酢づくりについて理解を深められる博物館です...

半田市のおすすめ観光スポット3:半田赤レンガ建物

続いて半田市でおすすめの観光名所は半田赤レンガ建物です。これは1898年(明治31年)にカブトビールの製造⼯場として作られた建物です。カブトビールは明治時代に東海地方で最大のシェアがあったビール会社で、ビール工場の規模も日本で最大級のものでした。現在はレストランやショップが入っていて、半田市の観光名所になっています。

館内のカフェ ブリックでは、復刻した生カブトビールや地元の食材を使った料理を味わうことができます。また、子供向けのメニューやスイーツもあり、家族揃ってランチやディナーが楽しめます。ショップでは瓶入りカブトビールやカブトビールグッズ、オリジナルクッキーなどが販売されていて、半田市のお土産にもおすすめです。

住所 愛知県半田市榎下町8
電話番号 0569-24-7031

Thumb半田赤レンガ建物完全ガイド!カブトビールが飲めるカフェや駐車場を徹底紹介!
「半田赤レンガ建物」は愛知県半田市のおすすめ観光スポットとして口コミなどでも評判となっていま...

半田市のおすすめ観光スポット4:國盛酒の文化館

愛知県半田市は300年以上の歴史を誇る酒造りの街です。國盛酒の文化館は中埜酒造が創設したお酒の博物館で、酒づくりの工程や日本の歴史について詳しく学ぶことができます。日本酒や梅酒類の試飲やきき酒体験も楽しむことができ、日本酒が好きな方には外せないおすすめスポットです。

見学は入場料無料ですが、事前の予約が必要です。子供も一緒に訪れることができ、昔の酒蔵の風景を楽しんだり、映像から日本文化について学んだりすることができます。建物自体も200年間酒造りが行われてきた酒蔵で、たいへん趣があります。帰りにはショップで、代表ブランドの「國盛」を購入できます。

住所 愛知県半田市東本町2-24
電話番号 0569-23-1499

半田市のおすすめ観光スポット5:半田運動公園

半田運動公園は半田市の人気観光スポットです。半田市西部の丘陵地に作られた公園で、約27ヘクタールもの敷地を持ちます。陸上競技場、テニスコート、多目的グラウンドなどのスポーツ施設、子供の遊具広場やバーベキュー設備、野外ステージ、季節ごとの花々が楽しめる花の木園など、さまざまな施設があります。

公園内にはジャンボすべり台など子供達に大人気の大型遊具もあり、休日には子供を連れた家族で賑わいを見せます。また授乳室も完備されているので、小さな子供がいても安心です。夏には水遊びをすることもでき、バーベキューをしながら家族揃って楽しめるおすすめの公園です。

住所 愛知県半田市池田町3-1-1
電話番号 0569-27-6663

半田市のおすすめ観光スポット6:半田市立図書館 博物館

続いておすすめする半田市の人気観光名所は半田市立図書館 博物館です。図書館と博物館が1つの建物の中に入っている複合施設です。博物館では知多半島の自然・歴史に関する展示や、春の山車祭りで使われる市内の31地区の山車が年間を通じて3基ずつ展示されています。

半田市の歴史を知りたいと思っている方におすすめの博物館で、子供を連れて一緒に訪れるといいでしょう。泥だんご作りや布ぞうり作りなど、子供と一緒に参加できるイベントも多く企画されています。

館内には喫茶室があり、おにぎりやサンドイッチ、ドリンクなどを買うことができます。博物館を見学した後に一休みするといいでしょう。

住所 愛知県半田市桐ケ丘4-209-1
電話番号 0569-23-7173

半田市のおすすめ観光スポット7:半田市鉄道資料館

半田市鉄道資料館は鉄道ファンや鉄道が好きな子供達に人気の観光名所です。1972年にオープンした資料館で、蒸気機関車や武豊線の貴重な資料を展示しています。鉄道資料館としては全国で2番めに古いもので、小さな資料館ですが貴重な資料の数々を展示しています。

鉄道ファンに人気がある資料館ですが、開館は第1日曜日・第3日曜日の10:00~15:00と短い時間しかオープンしていないので、時間が合う方はぜひ訪れてみてください。資料館は閉館していても、屋外に展示されている蒸気機関車は自由に見ることができます。

住所 愛知県半田市御幸町110-4

半田市のおすすめ観光スポット8:ごんぎつねの湯

ごんぎつねの湯は、愛知県半田市にある日帰り温泉施設です。新美南吉にちなんで名づけられた、かわいい名前の温泉で、1日たっぷりと遊んだ後に子供と一緒に訪れるのもおすすめです。温泉は地下1500メートルから汲み上げられていて、源泉は約60度ある高温です。神経痛や筋肉痛、関節痛などに効用があると言われています。

館内には、日本庭園に囲まれた露天風呂と純和風の大浴場があります。滝つぼ湯、洞窟湯、歩行湯、打たせ湯とさまざまなタイプの湯が揃っていて、源泉かけ流しで楽しむことができます。

特に熱い湯が好きな方に人気がある温泉です。バスタオルやフェイスタオルが販売されているので、手ぶらで立ち寄ることができます。

住所 愛知県半田市平和町5-73-2
電話番号 0569-27-8878

半田市のおすすめ観光スポット9:半田空の科学館

半田空の科学館は、半田市の人気観光名所の1つです。地球や宇宙に関する展示を中心に、子供から大人まで楽しく過ごせます。おすすめはプラネタリウムで、直径18メートルのドームに約240人が一度に楽しめます。プラネタリウムでは季節ごとにさまざまなプログラムを投影しています。小さな子供向けのプログラムもあり人気を呼んでいます。

プラネタリウムは有料ですが、館内の展示は無料で見ることができ、お財布にも優しい博物館です。夏休みや冬休みには子供向けのイベントが企画されていて、多くの子供達で賑わいます。プラネタリウムはドームを開くと多目的ホールになり、劇や音楽会なども定期的に開催されています。

住所 愛知県半田市桐ヶ丘4-210
電話番号 0569-23-7175

半田市のおすすめ観光スポット10:矢勝川堤の彼岸花

矢勝川堤の彼岸花は、愛知県半田市の人気観光名所です。矢勝川周辺は、新美南吉が書いた童話「ごんぎつね」の舞台になった場所で、のどかな里山の風景が広がります。例年9月下旬になると、矢勝川堤に地元の人が育てる彼岸花が咲き誇ります。その長さは約2キロにもなり、真っ赤な絨毯が広がります。

彼岸花の絨毯の描写は「ごんぎつね」の中にも書かれています。この彼岸花の絨毯を発案したのは、子供の頃に新美南吉と遊んだこともある方だそうです。

彼岸花以外にもポピーや菜の花、松葉ボタン、コスモスなど春から秋にかけて美しい花々を見ることができます。

住所 愛知県半田市岩滑西町1-10-1

半田市のおすすめ観光スポット11:半六庭園

半六庭園は愛知県半田市の人気観光名所の1つです。江戸時代から海運業、醸造業で財を成し、半田市の発展に貢献した中埜半六家の邸宅の庭を一般に開放しています。庭園には4つの蔵があり、観光客の休憩所として利用されています。回遊式の庭園は四季折々の花々が咲き、訪れる人を楽しませてくれます。

半六庭園は、当初は海から海水が引きこまれていました。潮の満ち干に合せて庭園の泉水が上下し、美しい風景を作っていたそうです。

住所 愛知県半田市中村町1-7
電話番号 0569-84-0689

半田市のおすすめ観光スポット12:新美南吉の生家

続いて紹介する愛知県半田市の観光スポットは、新美南吉の生家です。新美南吉は本名を新美正八といい、1913年(大正2年)に現在の半田市に生まれました。生家は街道沿いに建ち、今も昔ながらの面影を見せています。外から見ると1階建てですが、裏へ回ると2階建てになっているのがわかります。

正面に向って左側には継母志んの下駄屋があり、また右側には父多蔵の畳屋があります。この家は一時期、人手に渡っていましたが市が購入し、当時の様子に復元して一般に公開しています。入場料は無料で内部を見学することができます。興味のある方は子供と一緒にぜひ訪れてみてください。

住所 愛知県半田市岩滑中町1-83
電話番号 0569-26-4888

半田市のおすすめ観光スポット13:南吉の家

続いて紹介する半田市の観光名所は新美南吉の実母りゑの実家で、「南吉の家」と呼ばれています。新美南吉は4歳のときに母親を亡くし、祖母の家に養子に出され新美の姓を名乗ります。南吉は4か月間、祖母と一緒にこの家に住みますが、父親の元へ戻り生家で暮らします。

萱葺きの家のこの家は、南吉の童話にも登場します。現在はかみや美術館の分館として一般に公開されています。土蔵は新美南吉に関する資料館となっていて、さまざまな資料が展示されています。

住所 愛知県半田市平和町7-60

半田市のおすすめ観光スポット14:JR半田駅跨線橋

JR半田駅跨線橋は現存する日本最古の跨線橋(こせんきょう)で、1910年に作られたものです。鉄道ファンに人気がる観光スポットで、レトロな建物や橋は撮影スポットになっています。JR武豊線は明治19年に開通し、100年以上の間、多くの人が利用して来ました。

この跨線橋は作られた当初は西洋建築風のデザインとして、地元の人の話題になったそうです。今もなお現役で、当時の姿を今に伝えています。

住所 愛知県半田市御幸町110

半田市のおすすめ観光スポット15:はんだ山車まつり

最後に紹介する半田市の人気観光名所ははんだ山車まつりです。このお祭りは5年に1度10月におこなわれます。最近では2017年に行われています。このお祭りでは、半田市の10地区の合計31基の山車が街を練り歩きます。屋台が並び、ステージ公演が行われ、街中か祭り一緒に染まります。

山車はそれぞれ金・銀の糸で刺繍を施した幕で飾られ豪華絢爛。山車の高さは8メートルにも及ぶものがあります。31基のうち20基にはからくり人形が乗せられていて、おとぎ話や狂言などを演じています。

この山車まつりは江戸時代から伝わっている伝統文化で、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。

半田市の観光を楽しもう!

愛知県半田市の観光スポットを紹介しました。新見南吉の故郷でもある半田市には、南吉にちなんだ観光名所が多く、童話を読んだ子供達と訪れるのもおすすめです。運河や蔵が並ぶ街並みを散策したり、酒蔵見学を楽しんだりとさまざまな楽しみ方ができます。5年に1度行われる、はんだ山車まつりは機会があったら1度を見てみたいものです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ