コルマール(フランス)観光の見どころ紹介!ドイツ風の街並みも魅力!

アルザス地方にある人気観光地コルマールはおとぎの国にタイムスリップしたかのようなメルヘンな街並みが可愛く、また小さな川が流れていることからプティット・ヴニーズとも呼ばれています。そんなコルマールまでの行き方やおすすめの観光スポットなどご紹介しましょう。

コルマール(フランス)観光の見どころ紹介!ドイツ風の街並みも魅力!のイメージ

目次

  1. 1フランスのコルマールはおとぎの国のような街!
  2. 2フランスのコルマールとはどんなところ?
  3. 3フランスのコルマールのパリからの行き方とは?
  4. 4フランスのコルマールのバーゼルからの行き方とは?
  5. 5コルマールのおすすめ見どころスポット1:街歩き
  6. 6コルマールのおすすめ見どころスポット2:プフィスタの家
  7. 7コルマールのおすすめ見どころスポット3:市場
  8. 8コルマールのおすすめ見どころスポット4:クリスマスマーケット
  9. 9コルマールのおすすめ見どころスポット5:ボート
  10. 10コルマールのおすすめ見どころスポット6:スイーツ巡り
  11. 11コルマールのおすすめ見どころスポット7:音楽祭
  12. 12コルマールのおすすめ見どころスポット8:お土産
  13. 13コルマールのおすすめ見どころスポット9:ワイナリー巡り
  14. 14コルマールのおすすめ見どころスポット10:アルザスグルメ
  15. 15フランスのコルマールへ行ってみよう!

フランスのコルマールはおとぎの国のような街!

フランスのパリから南へ下ったところにある小さな街、コルマールはディズニーの「美女と野獣」やジブリの「ハウルの動く城」など有名なアニメの舞台にもなっているおとぎの国のような可愛らしい街です。

このコルマールの街中には小さな川が流れており、ヨーロッパでは「プティット・ヴニーズ」とも呼ばれているそうです。そんなコルマールの見どころ満載なおすすめ観光スポットや気になるコルマールまでの行き方など順番にご紹介致しましょう。

フランスのコルマールとはどんなところ?

フランスのコルマールはフランスとドイツの国境付近にあるアルザス地方という場所にあります。国境沿いにあることで幾度なくフランスとドイツ領土争いに巻き込まれてきました。両国の間で行ったり来たりしていたコルマールは現在フランス領として定着しました。

フランスとドイツに挟まれ続けた複雑な歴史のあるコルマールですが、そんな複雑さを感じさせない華やかな街並みを持ち、2つの国の特徴を取り入れた素敵な風景が広がり、ヨーロッパの方々の避暑地として多くの観光客が集まるスポットです。

このコルマールはワインの名産地としても有名で美味しいアルザスワインを頂くことができます。年に一度アルザスではワイン見本市を行なっており、その年にできた美味しいワインを味わうことができ、このアルザス地方での風物詩となっています。

現在、フランス領となっているコルマールはドイツ領であった歴史の中で建物や食べ物はドイツ特有のものとなっており、またフランスらしいスイーツ文化もあるため、お料理の幅が広い地域となっています。

フランスのコルマールのパリからの行き方とは?

気になるこのコルマールまでの行き方ですが1番ベーシックな行き方はフランスのパリから高速鉄道TGVを使っての行き方です。パリの東駅から出ているこの高速鉄道TGVで約3時間ほどで行くことができます。

パリからコルマールまでの行き方は直行で行くものとストラスブール駅で乗り換える行き方があり、出発する時間帯によって変わってきます。チケットはレイルユーロというサイトから日本語で購入することができます。

このレイルユーロは早めにチケットを購入すると格安なチケット代で行くことができます。行くことを決めている方は早めに予約をしましょう。1等席、2等席、格安2等席に分かれており、最後の格安2等席がディスカウント価格となっています。

また、お安く行期待という方におすすめな行き方としてバスでの行き方もあります。お時間がかなりかかりますが高速鉄道TGVの4分の1ほどのお値段でコルマールまで行くことができますのでバックパッカーにおすすめです。

Thumbパリの気温・気候まとめ!シーズンごとの特徴やおすすめの服装も調査!
世界遺産の宝庫である事で知られているヨーロッパ屈指の人気都市パリは、意外な事にその気温・気候...

フランスのコルマールのバーゼルからの行き方とは?

フランスのパリからの行き方がほとんどかと思いますが、スイスにあるバーゼルからの行き方もございます。バーゼルとパリの中間地点にあり、バーゼルにはバーゼル空港というドイツ、フランス、スイスの真ん中にある空港もありますのでスイス経由でも行けます。

バーゼル空港を降り立つとフランス領土とスイス領土への出口が分かれています。どちらからでも行くことはできますがスイスからの行き方の方が簡単です。バーゼル空港からバーゼル駅までは直通のバスが出ていますのでそちらでまず駅まで向かいます。

バーゼル駅に着きましたら目の前の大きな駅の中ではなく、その先にある簡易的な駅へ向かいます。コルマール行きはメインのバーゼル駅とは違う駅から迎えます。バーゼルからコルマールは約1時間ほどで向かうことができます。

飛行機の時間は実際読めませんのでバーゼルからコルマールへ行く場合にはチケットは事前予約せずに現地でチケットを買うと時間のロスもなく行けます。チケットが買えないほど混むことはほとんどないローカル線ですのでご心配なく購入できます。

コルマールのおすすめ見どころスポット1:街歩き

ドイツの街並みのような可愛らしい木骨組みの家並みが数多く残るコルマールは街歩きをするだけでも楽しめるスポットです。運河沿いに建ち並ぶカラフルな家々は観光客たちの人気の撮影スポットとなっておりカメラ構える方がたくさんいます。

特に運河沿いはお花も可愛くデコレーションされており常に多くの人で賑わうスポットなので早めのお時間に訪れることをおすすめします。街のあらゆる木骨組みの家はそれぞれ家ごとにデコレーションされているのも可愛いです。

どこを切り抜いても絵になるコルマールは運河を越えると旧市街地カラフルな街並みへと入っていきます。出窓は綺麗に花が飾られておりお店の看板もとてもユニークで可愛らしいです。また、街のあらゆるところにコウノトリがいるのもコルマールの特徴です。

運河は旧市街の方へと繋がっていますので所々に小川が流れてたりします。パリの街中にあるスーパーやベーカリーなどもコルマールに来るととてもおしゃれで可愛らしく変身していますのでつい見逃してしまいます。

コルマールのおすすめ見どころスポット2:プフィスタの家

ディズニー映画の代表作である美女と野獣はこのコルマールの街並みを描いていると言われています。ストーリーの中では主人公のベルが歌いながら図書館に行くシーンに使われていると言われていますので是非チェックしてみて下さい。

また、日本人観光客たちの中でも話題になっているのがこちらは日本を代表するアニメ映画ジブリの「ハウルの動く城」の中にも登場する「プフィスタの家」を見に行く人たちも多いのではないでしょうか。

海外の街並みからインスピレーションして作り上げることが多い宮崎駿映画、フランスは他の作品にも登場しており、このハウルの動く城もヨーロッパの街並みとしてここコルマールの街並みをピックアップしているそうです。

このプフィスタの家は中世の面影を残した16世紀の建物となっており、この壁に描かれた聖書と特徴的な建物がとても印象的となっており、ハウルの動く城では一瞬出てくるくらいですが、街中は映画の中でも度々出てきますので帰国後チェックしてみましょう。

コルマールのおすすめ見どころスポット3:市場

コルマールの街中には小さな市場があります。このコルマールの真ん中には地元の人たちも使うところで、お肉やお魚、お野菜などを購入することができます。

この市場はそんな地元の人たちへの材料などと共に観光客がお土産として買って帰れるようなチーズやチョコレートなんかも売っています。アルザス地方で作られたものなどもありますのでお土産スポットとして人気です。

そしてこの市場ではピザやお惣菜なども売っており、市場の裏には運河を眺めるテラスのご用意もありますので、こちらでテイクアウトしたものをテラス席でランチをするのも大変人気となっています。

また、お食事メニューだけではなくジェラートやジュースなどもありますので、街中を散策するときのお供を買ってみるのもおすすめです。

コルマールのおすすめ見どころスポット4:クリスマスマーケット

おとぎの国のようなコルマールはクリスマスマーケットもメルヘンな雰囲気があり観光客に大変人気が高い季節です。ヨーロッパは11月末からどこもクリスマスモードとなりイルミネーションやクリスマスツリーなどあちらこちらが華やかになります。

特にクリスマスマーケットの文化が根強いドイツの文化も残るコルマールはとても豪華に飾り付けをします。特にこのドイツらしい木骨組みの建物たちがオーナメントを引き立たせてくれます。

街中はクリスマスシーズンは常にお祭り気分です。街中のお店ではグリューワインやソーセージを売り出しています。コンパクトなコルマールはホテルも近いので遅くまでクリスマス気分を味わえます。

伝統あるクリスマスの雰囲気を街の人たちと味わうことができ、とてもアットホームで温かみのあるクリスマスマーケットが楽しめますのでクリスマス時期はとても人気でおすすめです。

コルマールのおすすめ見どころスポット5:ボート

こちらも観光客からの人気のコルマール唯一のアトラクションのボートです。ボートは街と街を繋ぐ橋のほうから森の中まで案内してくれ、低い位置からカラフルな街並みを見ることができ、ディズニーランドのアトラクションのような乗り物です。

このボートは乗り場が2箇所あり、運河沿いを橋から覗くと乗り場はすぐ見つけることができるでしょう。1周20分ほど回るこのボートは1回10人ほど乗ることができる小さなボートです。

1人6ユーロとなっており、お手頃な価格で楽しむことができます。そして、このボートではこのコルマールに纏わる歴史をボートのスタッフが説明してくれます。

このボートの説明は英語とフランス語に分かれており、ボートも英語ボートとフランス語ボートとなっておりますので、フランス語がわからない方は英語のボートに乗るようにしましょう。

コルマールのおすすめ見どころスポット6:スイーツ巡り

コルマールはフランスの領土ということもあり、スイーツがたくさんあることでも有名です。小さな街ながらも名店がたくさんあり、パティシエを目指す方もここコルマールでスイーツを勉強したいという方も多いです。

そんなスイーツ天国のコルマール、ケーキやマカロンなどの洋菓子はもちろんのことプレッツェルやジェラート、マフィンなどさまざまなスイーツがあり、観光客のお土産に焼き菓子なども人気が高いです。

ここコルマールへ来たら是非行って頂きたいスイーツ店「gilg」という人気のパティスリーです。このパティスリーでは日本人も働いているお店でフランスの繊細なスイーツが頂けると地元でも人気の高いお店です。

こちらではケーキやマカロン、クグロフなどフランスを代表するお菓子の数々が並んでいます。昼前に無くなってしまうケーキもあるほどの人気です。イートインスペースは残念ながらありませんが是非ホテルなどで召し上がってみて下さい。

コルマールのおすすめ見どころスポット7:音楽祭

フランスでは6月の3週目に「フェット・ドゥ・ラ・ミュージック」という音楽祭を行なっています。フランスの各都市で行われるこのお祭りは有名人から地元の人たちまでが夜通し音楽にのって楽しむイベントです。

そんな音楽祭をここコルマールでも行なっております。小さな街ならではということもあり、地元の方々が街中であちらこちらで自慢のバンドなどで演奏をしており、年齢や世代も様々で音楽に乗ってお酒を飲んでいます。

このイベントは夜通し行われるそうで昼間は準備に忙しく、夕方頃からこのイベントは始まります。6月のフランスは夜の9時頃まで明るいので時間の感覚がわからなくなりついつい遅くまで楽しんでしまいます。

人が多く集まるのでスリなどの軽犯罪などに注意しましょう。ひったくりやスリの少ないコルマールでも人が集まるイベントの時などは注意が必要となります。

コルマールのおすすめ見どころスポット8:お土産

コルマールは観光地となっていますのでお土産スポットもたくさんあります。あちこちにお土産ショップがあり、そのお土産ショップにはコウノトリの人形がたくさんあります。

コウノトリはフランス語で「cigogne 」と呼ばれており、コウノトリはこのコルマールがあるアルザス地方の象徴と言われています。キーホルダータイプの小さなものからありますのでコルマールのお土産の定番となっています。

また、コルマールではアルザス地方モチーフのタオルも人気があります。コルマールの街並みなどが描かれたタオルは帰国後も使い勝手が良いので一枚持っておくのも良いでしょう。

雑貨だけでなく、チーズなどの乳製品も人気があります。先ほどご紹介しました市場などでは新鮮なチーズなども売っており、ハードタイプなどは時期を選ばずにお土産として持ち帰ることができます。

コルマールのおすすめ見どころスポット9:ワイナリー巡り

コルマールにきたらアルザスワインを頂いてみなくては始まりません。ここコルマールがあるアルザス地方はフランスの中でもボジョレーに次いで有名なワインとなっています。

コルマールからはこのワイナリーツアーというものも行なっており、葡萄畑のあるワイナリーへ連れてってくれ、美味しいワインをその場で試飲するツアーなども行なっています。

このアルザス地方はそのワインが堪能できるワイナリーだけではなく、南フランスの壮大な葡萄畑や中世のお城など絵葉書に出てくるような田舎町を見ることもできますのでとても面白いツアーです。

また、ツアーに参加しなくとも電車で日帰りで行くことも可能です。コルマールの散策も楽しいですが、パリなどの中心地から離れた場所だからこそできるような旅もおすすめです。

コルマールのおすすめ見どころスポット10:アルザスグルメ

フランスとドイツに挟まれたコルマールはどちらの文化も取り入れた風習などが様々あります。その中でもコルマール料理はドイツに近いようでドイツにない、逆にフランスのようでフランスでない独自の料理が様々あります。

それが「タルトフランベ」と呼ばれる一見ピザのようなグルメです。薄い生地にホワイトチーズや細切れベーコン、玉ねぎなどをのせて釜で焼いたピザのようなグルメですが、ピザとよりも軽いアルザスのコルマールならではのグルメとなっています。

ベーシックなのがこのチーズやベーコンを乗せたものですが、ピザのようにトッピングは様々でこれをコルマールの人々は一人一枚召し上がるそうです。

大きく見えますが薄い生地なのでペロリとたいらげられてしまいます。また、こういったコルマールグルメを頂くなら運河沿いがおすすめです。コルマールらしい風景の中で頂く料理はとても美味しくおすすめです。

フランスのコルマールへ行ってみよう!

いかがでしたか?コルマールはメルヘンでおとぎの国のような可愛らしいだけでなく、美味しいスイーツやワイン、そしてグルメと小さな街ながら楽しめることがいっぱいあり、また自然も豊かでとても素敵な街です。

パリからやバーゼルからの行き方を把握し素敵な街散策をしてみましょう。そして、そんな見どころ満載のコルマールの流れ行く時間に身を任せてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
saki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ