アイスモンスターグランフロント大阪の人気メニューは?待ち時間も調査!

「アイスモンスター」グランフロント大阪は人気のかき氷屋ささんです。かき氷と言っても従来の日本のかき氷とは一味も二味も違っており、若者たちに大変人気があります。こちらではそんなアイスモンスターグランフロント大阪について、こだわりや人気メニューをご紹介します。

アイスモンスターグランフロント大阪の人気メニューは?待ち時間も調査!のイメージ

目次

  1. 1大阪の「アイスモンスター」を大調査
  2. 2「アイスモンスター」の始まり
  3. 3「アイスモンスター」のかき氷の特徴1:氷
  4. 4「アイスモンスター」のかき氷の特徴2:トッピング
  5. 5「アイスモンスター」大阪店のこだわり
  6. 6「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー1:マンゴーかき氷
  7. 7「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー2:タピオカミルクティーかき氷
  8. 8「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー3:コーヒーかき氷
  9. 9「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー4:イチゴかき氷
  10. 10「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー5:杏仁かき氷
  11. 11「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー6:期間限定メニュー
  12. 12「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー7:台湾ドリンク
  13. 13「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー8:マンゴーケーキ
  14. 14「アイスモンスター」大阪店の待ち時間
  15. 15「アイスモンスター」大阪店の営業時間
  16. 16「アイスモンスター」のキャラクター
  17. 17「アイスモンスター」大阪店にかき氷を食べに行こう

大阪の「アイスモンスター」を大調査

大阪のアイスモンスターは、今大阪でとても人気のある、かき氷屋さんです。かき氷と言ってもアイスモンスターのかき氷は従来の日本のかき氷とは少し違った食感が魅力です。こちらではそんなアイスモンスター大阪グランフロント店のお店のこだわりやおすすめのメニュー、待ち時間に関する情報をお届けします。

ThumbICE MONSTERを日本で食べよう!台湾で大人気!店舗やメニューは?
ICE MONSTERは台湾名物のかき氷です。台湾一美味しいと言われているかき氷で、日本の表...

「アイスモンスター」の始まり

実はアイスモンスターは日本ではなく台湾発祥のかき氷です。美食の食い台湾には数多くのB級グルメがありますが、1年を通して日本より平均気温が高い台湾では、かき氷は人気のスイーツです。

今では台湾かき氷として定番となったマンゴーたっぷりの台湾かき氷ですがアイスモンスターの前身である「冰館」がこの台湾かき氷の火付け役になったといわれています。

「冰館」はオーナーの事情により一度閉店したものの、しばらくして「アイスモンスター」として復活しました。そして数年前に日本に上陸しました。

「アイスモンスター」のかき氷の特徴1:氷

日本のかき氷と言うと、水を凍らせたものをかき氷の機械でガリガリと削って作るのが定番でしょう。かき氷屋さんによってはかなり粗目に氷を削るところもあれば、雪のようにこまかく削るところもあります。

また、日本のかき氷の人気店は氷に関しても、時間をかけて作る天然の氷を使用したりするお店もあります。そしてそのこだわりの氷の上に、こだわりのシロップをかけるのが基本的なスタイルです。

しかしながらアイスモンスターのかき氷用の氷(氷のかたまり)はすでにフルーツジュースや練乳が混ぜられているものを凍らせてつくります。そのためその氷を削った時にはフワフワでくちどけが良く、口の中にフルーツの香りがふんわりと香るのです。

日本のかき氷の場合はシロップがかかている部分とかかってない部分を混ぜながら食べる必要がありますが、アイスモンスターのかき氷はどこから食べても味が付いています。

「アイスモンスター」のかき氷の特徴2:トッピング

アイスモンスターのかき氷はトッピングが豪華なところも人気の秘密です。トッピングにはフルーツやアイスクリーム、パンナコッタやゼリーようなものが乗っています。メニューはいずれもアイデア抜群で、ボリュームもたっぷりなので、日本の従来のかき氷とは全く別のかき氷スイーツと言ってよいでしょう。

また、これらのトッピングやフレーバーは定番のものだけでなく、期間限定の旬のフルーツなどを使ったメニューもあり、1年を通して楽しめる工夫もされています。

期間限定のメニューに関しては販売期間などをホームページなどでチェックしてお店をおとずれる事をおすすめします。

「アイスモンスター」大阪店のこだわり

アジア系のスイーツというと、あまりおしゃれなお店の雰囲気は期待しないことが多いのですが、台湾発祥のアイスモンスターの店舗はとてもおしゃれです。

ガラス張りの窓がある店舗にはナチュラルな木目調のテーブルや椅子が並んでいます。カウンターの後ろにはかき氷を削る機械がずらりと並んでいます。

座席もテーブル席やカウンター席などがあり、女性同士でもカップルでも、おひとりさまでも目的に合わせて選ぶことができます。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー1:マンゴーかき氷

アイスモンスターのかき氷はどちらもとてもおすすめなのですが、やはり一番定番で一番人気があるのがこちらの「マンゴーかき氷」しょう。

こちらのかき氷の氷のかたまりにはマンゴーのジュースがたっぷりと使われていますので、削られて出てきたかき氷は、まるでマンゴーを食べているように濃厚で、くちどけもなめらかです。

アイスモンスターではさらにこのマンゴーのかき氷の上に、こちらもマンゴー果汁たっぷりにマンゴーシャーベット、そして濃厚な生クリームの味とねっとりとした食感が美味しいパンナコッタがのります。

そして最後にダメ押しのようにたっぷりの角切りマンゴー果実がトッピングされます。これは日本だけでなく台湾でも大変人気のある看板メニューです。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー2:タピオカミルクティーかき氷

タピオカミルクティーといえば台湾の実物グルメの一つですが、それをかき氷にしてしまうという自由な発想もアイスモンスターの人気の秘密でもあります。

紅茶のかき氷と言うのは日本のかき氷にはあまりない発想のように思えますが、抹茶のかき氷があるのですから、日本人にも比較的受け入れやすいのではないでしょうか。

こちらのタピオカミルクティーかき氷にはキャラメルシロップがかけられておりこちらにも濃厚な生クリームのパンナコッタがトッピングされています。パンナコッタと紅茶を一緒にいただいてる感覚です。

さらに面白いのはこれにお好みで温かいタピオカをのせることができるところです。タピオカのもちもちとした食感も楽しいのですが、冷たいものと温かいものを一緒にいただく感覚は、アイスクリームにエスプレッソをかけるデザート「アフォガード」にも似ています。アイデアたっぷりのメニューです。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー3:コーヒーかき氷

コーヒーかき氷は少し大人のかき氷です。コーヒー味のかき氷はコーヒーの濃厚な香りとなめらかなくちどけが特徴的です。コヒーかき氷のトッピングにはブラウンシュガーを使った角切りのゼリー、濃厚なパンナコッタとクッキー&クリームのアイスクリームが使われています。

そしてこのコーヒーかき氷最大の特徴は、お好みで選べるコーヒーシロップにカルーアとベイリーズを使用しているところです。

カルーアはコーヒーリキュールで、ベイリーズもクリーム系のリキュールですので、コチラのシロップをかけると一気に大人の味になります。かき氷にリキュールを使用するアイデアも新鮮です。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー4:イチゴかき氷

イチゴかき氷はメニュー名だけ聞くと普通のイチゴのかき氷のように思いますが、日本のイチゴのかき氷をイメージするとだいぶ違うものになります。

かき氷で削り出す氷にはすでにイチゴのジュースがたっぷりと含まれていますので、かき氷を口に入れた瞬間に、濃厚なイチゴの香りと爽やかな香りが一気に広がります。

また、かき氷の中に見えるイチゴの種のつぶつぶが、口の中で本当のイチゴを食べているような食感です。こちらにはさらにイチゴ果汁たっぷりのシャーベットとパンナコッタがのせられます。

さらに本物のイチゴの果実をトッピングするのでとにかくイチゴの風味が濃厚でダイレクトにイチゴを楽しんでいる感じです。

お好みで練乳シロップをかけていただけば、とてもラグジュアリーなイチゴミルクのかき氷が楽しめます。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー5:杏仁かき氷

こちらの杏仁かき氷は日本限定のメニューになります。杏仁と言えば杏仁豆腐にも使われる食材として有名です。杏仁のかろやかな甘みはさっぱりとしていて、食後や夏場などには特におすすめです。

さらにこの優しい甘みの杏仁かき氷には、ライチの実、黒ゴマアイス、そしてブラウンシュガーゼリーをのせます。

フワフワで真っ白な杏仁かき氷はまるで本物の雪の様です。さらにそのうえから練乳をかけ、真っ赤なクコの実を添えれば、見た目もとても可憐でキュートです。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー6:期間限定メニュー

前述の通り、アイスモンスターのかき氷メニューは定番のレギュラーメニューももちろんおすすめなのですが、季節の味が楽しめる期間限定メニューもとてもおすすめですので、ア機会があればぜひ期間限定のメニューを試してみてください。こちらではそんな期間限定メニューをいくつかご紹介しましょう。

桜ミルクかき氷

今までに発売されたことがあるメニューとしては、例えば春限定の商品としては「桜ミルクかき氷」があります。このメニューの名前だけで春の香りがしてきそうです。

「桜ミルクかき氷」は桜の香りのする桜ミルクかき氷がベースです。そこにアズキ、白玉、さらに桜風味のクリーム(エスプーマミルク)をトッピングします。

淡い桜のピンク色と、かき氷の頂上にあしらえられた塩漬けのサクラの花びらが見た目も可愛らしいです。

マロンラテかき氷

こちらは秋限定の期間限定メニューです。「マロンラテかき氷」というメニュー名だけで、美味しそうです。こちらの氷はコーヒーフレーバーをベースにしています。

フワフワのコーヒーかき氷にはクリーム(ミルクエスプーマ)とマロンペーストがのせられます。まさにマロンラテの組み合わせです。

コーヒーかき氷の茶色、クリームの白、そしてマロンペースト深い茶色の上に鮮やかな黄色のマロンが乗っている様子はまるでモンブランです。インスタ映えも確実な、おすすめ限定メニューです。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー7:台湾ドリンク

台湾発祥のアイスモンスターではかき氷だけでなく、台湾ドリンクも人気があります。台湾ドリンクは本場の台湾で注文するように注文をすることができます。

まずベースとなるドリンクを選びます。ベースとなるドリンクはミルクティーかフルーツティーになります。ミルクティーのお茶は、鉄観音、凍頂烏龍茶、東方美人などから選べます。お茶が台湾茶なのが特徴です。

台湾茶のミルクティーは香りが高く、さっぱりとしていてとてもおすすめです。フルーツティーはパイナップル鉄観音、グレープフルーツ鉄観音、マンゴー東方美人などがあります。

ベースとなる飲みものを選択したら、次にトッピングを選びます。トッピングはタピオカ、ナタデココ、杏仁ゼリー、愛玉ゼリー、仙草ゼリーなどこちらも台湾ならではのものが揃っています。

「アイスモンスター」大阪店おすすめメニュー8:マンゴーケーキ

台湾と言えば、お土産に人気なのはパイナップルケーキです。パイナップルケーキは、パイナップル果実を使ったあんが、バターたっぷりのクッキー生地で包まれているお菓子です。

マンゴーケーキはそのマンゴー版です。マンゴー果実を使ったあんがバターたっぷりのクッキー生地で包まれています。

このオリジナルマンゴーケーキと温かい中国茶がセットになった、「マンゴーケーキ&ティーセット」がおすすめです。セットドリンクは凍頂烏龍茶や東方美人などから選ぶことができます。

甘酸っぱいマンゴー果実の餡をたっぷり使ったマンゴーケーキは、華やかな香りの台湾茶にぴったりです。またこちらのマンゴーケーキは日本限定で、テイクアウトをすることもできます。お土産にいかがでしょうか。

「アイスモンスター」大阪店の待ち時間

アイスモンスターの待ち時間は季節によって違います。夏の間はどんな時間帯に行っても待ち時間を覚悟しなくてはなりません。平日でも数時間の待ち時間がある場合があります。

アイスモンスターではそんな待ち時間を有効利用するために、EPARKというシステムがあります。EPARKというのは人気のお店の予約、待ち時間表示サイトです。

このシステムを出先で使用するならEPARKのアプリをダウンロードしておくと便利です。お店の入り口付近にEPARK用の整理券を発行してくれる場所がありますので、そちらで整理券をもらいます。

整理券のQRコードを携帯に読み込み、手順に沿って登録すると、登録したメールアドレスに、呼び出しメールが来ます。

また、サイトから、待ち時間だけでなく、自分の番まであと何組くらい待っているかなどがリアルタイムでわかるので、待ち時間の間買い物を楽しんだり、待ち時間に食事をしたりすることもできます。

夏場はどうしても待ち時間がありますが、冬場は夏場に比べると待ち時間が少なくなりますので、どうしても待ちたくないという場合は季節をずらしてくと良いでしょう。

Thumb梅田で暇つぶしができるスポットまとめ!デートや1人散策にもおすすめ!
大阪で暇つぶしスポットを探している方におすすめの街「梅田」。梅田には時間のある方にぜひ訪れて...

「アイスモンスター」大阪店の営業時間

アイスモンスターグランフロント大阪店の営業時間について少しご紹介しましょう。グランフロント大阪は、大阪でも有数の繁華街である梅田にありますので、比較的遅い時間まで営業を行っています。

アイスモンスターグランフロント大阪店の営業時間は午前11時から午後11時までです。ラストオーダーは10時になります。定休日はありません。

「アイスモンスター」のキャラクター

ところで、アイスモンスターのロゴマークにもなっている黄色くて四角い顔のキャラクターが気になりませんか?このキャラクターは「冰塊老闆(アイスオーナー)」と言うキャラクターです。このキャラクターが四角いのは氷をイメージしており、このキャラクターの黄色い色はマンゴーの黄色をイメージしたそうです。

さらにこの冰塊老闆の顔はアイスモンスターのオーナーの顔をイメージしています。実際にアイスモンスターのオーナーであり創設者の羅駿樺さんは冰塊老闆の顔と同じように、おひげを携えています。なんだか気になるキャラクタは、お店の至る所で見ることができますので、是非チェックしてみてください。

「アイスモンスター」大阪店にかき氷を食べに行こう

いかがでしたでしょうか、台湾で行列のできるかき氷店は、日本でも大変人気があります。夏場はもちろんですが、冬場でもアイスモンスターのフワフワのかき氷はとても食べやすいです。時間も少し遅くまで営業していますので、飲み会や食事会のあとに立ち寄るのもおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ