道頓堀で食べ歩きしよう!オススメのスイーツなど人気グルメを紹介!

大阪の道頓堀と言えば、安いB級グルメが揃う「食い倒れ」のメッカとして有名です。道頓堀にはたこ焼きの他にもオススメの食べ歩きグルメがたくさんあります。こちらではそんな道頓堀の食べ歩きグルメやスイーツに関してご紹介していきます。

道頓堀で食べ歩きしよう!オススメのスイーツなど人気グルメを紹介!のイメージ

目次

  1. 1道頓堀の食べ歩きグルメを大調査
  2. 2道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ1:たこ焼道楽 わなか
  3. 3道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ2:たこ焼き十八番
  4. 4道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ3:大阪で1番おいしいたこ焼き たこやきくん
  5. 5道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ4:551蓬莱
  6. 6道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ5:二見の豚まん
  7. 7道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ6:金のとりから
  8. 8道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ7:かに道楽
  9. 9道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ8:キャベツ焼き難波店
  10. 10道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ1:元祖アイスドッグ
  11. 11道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ2:北極
  12. 12道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ3:アンドリューのエッグタルト
  13. 13道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ4:ほっぷしゅうくりーむ
  14. 14道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ5:クレープリー・アルション
  15. 15道頓堀で食べ歩きを楽しもう

道頓堀の食べ歩きグルメを大調査

大阪の道頓堀といえば、大阪有数の観光地であり、多くのB級グルメが集まる食い倒れの街のメッカです。また道頓堀には観光しながら楽しめる多くの食べ歩きグルメがあります。こちらでは安い上においしい、大阪の道頓堀の人気の食べ歩きグルメと、オススメスイーツなどをご紹介していきます。

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ1:たこ焼道楽 わなか

大阪の難波と言えば吉本興業の劇場である「なんばグランド花月」があります。そしてその難波グランド花月の隣には、いつも人混みができています。何かと思えばこちらの「たこ焼道楽 わなか」です。

観光客にも地元の人にもとても人気のあるこちらのたこ焼道楽わなかの看板商品は「たこせん」です。

たこせんというのは熱々の焼きたてのたこ焼きをえびせんで挟んだものです。たこ焼きには特製のソースとマヨネーズがたっぷりとかけられており、えびせんのカリカリとした食感と、熱々のとろりとしたたこ焼きの食感が絶妙なバランスです。

また、たこ焼きがせんべいに挟まっていることで食べやすく、なっていることで、食べ歩きにぴったりです。

このお店の周りの人気スポットとしては、なんばの人気店である、肉うどんの「千とせ」や、プロ用から家庭用のキッチン用品などがそろう道具屋筋、そしてNMB48の劇場などがオススメです。

Thumb大阪のたこ焼きは「わなか」がNO.1?おすすめメニューや値段も調査!
「食い倒れの街」「天下の台所」としてグルメの街として有名な大阪。美味しい飲食店でにぎわう大阪...

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ2:たこ焼き十八番

大阪と言えばやはり名物はたこ焼きです。道頓堀はたこ焼きの激戦区です。そんなたこ焼き屋の中からいくつか人気店をご紹介しましょう。まずはこちらの「たこ焼き十八番」です。

たこ焼き十八番は、いつも道頓堀で行列になっているのですが、こちらのたこ焼きの生地には特徴があります。美味しいたこ焼きの味の決め手と言えばやはり生地に使われるお出汁なのですが、こちらでは生地にお出汁と牛乳を使用しています。

生地に牛乳が加わると、たこ焼きの味がまろやかになり、牛乳のうまみとコクが生地に加わります。熱々のたこ焼きの中からとろとろと出てくる生地はとてもクリーミーです。

そしてこちらのたこ焼きは天かすが多めに使われているため、食べたときにカリカリとした食感が楽しめるのも人気の秘密です。

たこ焼きといえば、ソースが自我定番ですが、こちらのお店で「塩味」と言うものもあります。半分ずつ楽しめる「ハーフ&ハーフ」もありますので、ぜひ試してみてください。

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ3:大阪で1番おいしいたこ焼き たこやきくん

「大阪で1番おいしいたこ焼き たこやきくん」は、前段でご紹介した、「たこ焼道楽 わなか」のすぐ近くにあるたこ焼き屋さんでこちらも大変人気があります。

「大阪で1番おいしいたこ焼き たこやきくん」のたこ焼きも天かすが多めに使われているので、口に入れた時のサクサク感がとても香ばしく後を引きます。

こちらのお店は、焼きたてのたこ焼きに自分で味付けをするスタイルです。また、たこ焼きの味のポイントになるソースに関しては隠し味に白ワインを使用しており、たこ焼きに対する強いこだわりを感じます。

そしてこちらのお店の人気のポイントとしては、安いことです。このこだわりが詰まったたこ焼きのお値段は7個入りでなんと280円です。美味しいだけではありません、安いことも大阪グルメでは大事な要素です。

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ4:551蓬莱

「551蓬莱」といえば豚まんです。大阪では551といった豚まんの代名詞の様なものです。関西圏では「肉」といったら牛肉を指すことが多いので、豚肉を使った「肉まん」は肉まんではなく「豚まん」と呼ばれます。

551蓬莱はもともと中華料理屋さんでしたが、様々な理由により、いくつかの営業形態にわかれました。551蓬莱は関西(大阪)でしか販売していない豚まんのお店です。

道頓堀近くにはこちらの551蓬莱の本店があります。お店では豚まんを作る職人がもくもくと豚まんの具を生地に包み、次から次へと蒸しあげています。

お店では蒸したてのホカホカの豚まんを買うことができます。551蓬莱の豚まんはとにかくジューシーでボリュームたっぷりです。豚まんは食べ歩きにも大変人気があります。

Thumb大阪の551といえば肉まん!手作りの豚まんはお土産にもおすすめ!
大阪と言えば551の肉まんが有名です。大阪の街を歩いていると至る所で551と書かれた赤い紙袋...

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ5:二見の豚まん

観光客とっては、豚まんの知名度としては551蓬莱の方が圧倒的に高いのですが、地元の人や、豚まんマニアの方には、こちらの「二見の豚まん」もとても人気があります。

551蓬莱と二見の豚まんの違いは、まず生地です。551蓬莱の生地はわりとしっかりとした生地なのですが、二見の豚まんは少し柔らか目でキメが細かい生地になっています。

肉のあんに関しては全く個性が違います。551蓬莱は肉のジューシーさが前面に押し出された豚まんなのですが、二見の豚まんの場合は、玉ねぎや野菜の甘さや香りがふんわりと香るタイプです。

どちらもおいしいのですが、地元の人の間では二見の豚まんの方が好きだという方も少なくありません。道頓堀に来たら、この2店舗の豚まんを食べ歩きしながら比べるのもオススメです。

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ6:金のとりから

「金のとりから」は道頓堀周辺に何か所かお店があります。簡単に言うと鶏肉の唐揚げなのですが、この鶏の唐揚げには様々なこだわりや工夫があり、一度食べると病みつきになってしまいます。

まず最初こだわりは、使用しているのが、鶏のむね肉だというところです。むね肉の唐揚げはさっぱりとしていてスナック感覚でいただけます。

商品はいつも揚げたてですので、熱々の唐揚げを食べることができます。食べ歩きしやすい、棒状の形や大きさもオススメのポイントの一つです。東京の渋谷にもお店があります。

唐揚げは、揚げたてをそのまま食べても衣のサクサク感がとてもおいしいのですが、店頭にはなんと8種類以上の調味料が置かれており、好みで味付けをして食べることができます。

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ7:かに道楽

道頓堀を代表する景色の中に、グリコの看板とかに道楽のかにの看板があります。「かに道楽」は道頓堀沿いにあり、その立地とその抜群の知名度から観光客にとても人気があります。

絶品かに料理がいただけるかに道楽ですが、お店の中でいただけるかに料理は決して安い物ではありません。節約旅行だとやはり気軽に入りづらい雰囲気があります。

しかしながら、そんなかに道楽のかにを気軽にいただく方法があります。実はかに道楽ではお店の前でタラバガニの炭火焼を販売しています。

タラバガニの炭火焼は2つで900円です。決して安いというわけではありませんが、高級かにがこれくらいのお値段でいただけるのはとてもとてもお得です。炭火で焼き上げられたタラバガニは香ばしく、かみしめると蟹肉の甘みと旨味が口に広がります。

道頓堀のオススメ食べ歩きグルメ8:キャベツ焼き難波店

道頓堀のグルメは美味しいことはもちろんですが、安いことは道頓堀のB級グルメのとても重要なポイントです。「美味くて安い」を追求したときに、この「キャベツ焼き難波店」を凌ぐものはないでしょう。

キャベツ焼きというのは、お好み焼きの最もシンプルなもので、関東でもお祭りなどの際に出る、屋台のお好み焼きのようなものです。

キャベツ焼きのサイトにはキャベツ焼きの細かい材料も掲載されているのですが、材料の中に「愛情」という2文字が入っているところが関西のお店らしいです。

子供たちも大好きなキャベツ焼はとにかく安いのが人気の秘密です。キャベツ焼きはなんと1枚140円という安いお値段でいただくことができます。キャベツ焼きのお店は道頓堀だけでなく、その安いお値段から、関西各地に店舗があります。

道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ1:元祖アイスドッグ

道頓堀近辺には食べ歩きスイーツもたくさんあります。まずおすすめしたいのは、道頓堀というよりも心斎橋に近くなりますが、こちらの「元祖アイスドッグ」です。

アイスドッグというのは、揚げたての熱々の揚げパンの間に、ソフトクリームを挟んだスイーツです。少し驚きの組み合わせのように聞こえますが、これが絶妙なバランスです。

さらにこちらのアイスドッグはただ珍しいスイーツというだけでなく、それぞれの材料や製法に多くのこだわりを持っています。

まず揚げパンを油には、綿実油という油を使っています。綿実油は、ビタミンEを多く含む最高級のオイルです。綿実油で揚げたパンはさくっと軽く香ばしく揚がります。

そしてそのこだわりの揚げパンにはさむソフトクリームも、北海道産の新鮮な牛乳と生クリームを使って作った濃厚なソフトクリームです。

揚げパンは注文が入ってから揚げられるので、熱々の揚げパンに冷たいソフトクリームを挟むのですが、この熱々のパンと冷たいソフトクリームの食感がとても新しくておいしいです。

道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ2:北極

暑い夏にとてもおすすめの食べ歩きスイーツがこちらの「北極」のアイスキャンディーです。北極は昭和20年創業の老舗のアイスキャンディー屋さんで、大阪では知らない人はいないほど有名です。こちらのアイスキャンディーは一つ一つ手作りで作られています。

そしてアイスキャンディーに使う砂糖は白双糖いう砂糖を使用しています。この白双糖は普通の砂糖と違いさっぱりとのど越しがよいので、べたべたして喉が渇きません。

また、アイスキャンディーに使用されている棒にもこだわりがあります。この棒には、大阪のお隣の奈良県の吉野産のヒノキと杉を使っています。この棒は抗菌作用があり、香りがとても豊かです。

そのため、このアイスの棒を集めてお風呂に入れて香りを楽しむという方もいます。棒が斜めに刺さっているのも、食べやすいようにとの工夫からだそうです。

アイスキャンディーの種類も豊富で、ミックスジュース、ミルク、あずき、ココア、パイン、抹茶、オレンジ、イチゴなど、選ぶもの楽しいです。

道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ3:アンドリューのエッグタルト

「アンドリューのエッグタルト」も道頓堀沿いにあるお店です。エッグタルトはサクサクのパイ生地に卵をたっぷり使ったカスタード生地を入れて焼き上げたものです。

サクサクのパイ生地の食感と、甘さ控えめのカスタード生地のトロトロ感が絶妙なバランスです。

アンドリューのエッグタルトは生地から一つ一つ手作りで作っており、お店のオーブンで焼き上げるので、お店の前にはいつもカスタードの甘い香りが漂っています。

店舗では焼きたてをいただくこともでき、熱々のエッグタルトは絶品です。エッグタルトにはフレーバーがいくつかあり、いずれのフレーバーもオススメです。

こちらの濃厚な焼きプリンの様なエッグタルトはお土産としても人気があります。家に持って帰る途中に冷めてしまったり、サクサク感が失われてしまった場合には、オーブントースターで温めると出来立てのサクサク感と香りがよみがえります。

道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ4:ほっぷしゅうくりーむ

「ほっぷしゅうくりーむ」も大阪で数十年続く、大阪では有名な食べ歩きスイーツのお店です。ほっぷしゅうくりーむはシュークリームの様なものなのですが、通常のシュークリームとは少し違います。

通常のシュークリームと言えば、シュー生地はフワフワとしているものが多いのですが、ほっぷしゅうくりーむのシュークリームのシュー生地はとてもクリスピーでパリパリとしています。

この特別なシュー生地は毎日店舗で焼き上げられた、焼きたての物が提供されるので、生地だけでも食べれるほど香ばしいです。お店の周りにはいつもシューを焼きあげる甘い匂いが漂っています。

ボールのように焼き上げられたシュー生地は切り込みを入れるのではなく、穴を開けて中に新鮮なクリームをたっぷりと注入します。クリームもフレーバがいくつかあります。

シュー生地のパリパリ感を生かすために、クリームは注文を受けてから入れるので、いつも作り立てのほっぷしゅうくりーむを食べることができます。食べ歩きスイーツとしてもとてもおすすめです。

道頓堀のオススメ食べ歩きスイーツ5:クレープリー・アルション

「クレープリー・アルション」は道頓堀付近でとても人気のあるクレープとガレットの専門店です。いつも行列ができています。行列ができているので何だろうと足をとめると、とても素敵な建物であることに気が付きます。

クレープリー・アルションの建物は1952年に建てれた洋館を使用した店舗です。店内では本格的なガレットがいただけますが、大変な人気店ですので、店内でいただく場合は予約が必要です。

テイクアウトの場合は店舗の赤い窓のところから注文するのですが、注文を受けてからクレープを焼き始めるので、少し時間がかかります。フレーバーもいくつかありますが、おすすめはシンプルな「エシレバターとお砂糖」です。

道頓堀で食べ歩きを楽しもう

いかがでしたでしょうか。道頓堀でおススメの食べ歩きグルメをご紹介しました。多くの飲食店が軒を連ねる、道頓堀付近の難波・心斎橋エリアにはまだまだたくさんの、美味しくて安い食べ歩きグルメがあります。道頓堀はまさに「食い倒れ」の街です。是非道頓堀で食べ歩きを楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ