モンサンミッシェルへの行き方まとめ!バス・鉄道・レンタカーで徹底比較!

フランスの西海岸に佇む神秘的な修道院「モンサンミッシェル」。そんなモンサンミッシェルへの行き方には、主にバス・鉄道・レンタカーの三通りが挙げられます。料金や時刻表、予約方法なども合わせ、バス・鉄道・レンタカーでの行き方を徹底比較していきます。

モンサンミッシェルへの行き方まとめ!バス・鉄道・レンタカーで徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1モンサンミッシェルへの三通りの行き方を徹底比較!
  2. 2フランスの世界遺産「モンサンミッシェル」
  3. 3モンサンミッシェルへの主な行き方は三通り
  4. 4鉄道+バスを利用したモンサンミッシェルの行き方
  5. 5直行バスを利用したモンサンミッシェルの行き方
  6. 6レンタカーを利用したモンサンミッシェルの行き方
  7. 7モンサンミッシェルへの各行き方の基本情報
  8. 8モンサンミッシェルへの行き方:鉄道+バスの料金
  9. 9モンサンミッシェルへの行き方:鉄道+バスの時刻表
  10. 10モンサンミッシェルへの行き方:鉄道+バスの予約方法
  11. 11モンサンミッシェルへの行き方:直行バスの料金
  12. 12モンサンミッシェルへの行き方:直行バスの時刻表
  13. 13モンサンミッシェルへの行き方:直行バスの予約方法
  14. 14モンサンミッシェルへの行き方:レンタカーの料金
  15. 15モンサンミッシェルツアーに参加する行き方もあり
  16. 16自分に合った行き方でモンサンミッシェルに行こう!

モンサンミッシェルへの三通りの行き方を徹底比較!

フランスの西海岸に位置しているサン・マロ湾。そこに浮かんでいる小島であり、その上にそびえ立つ神秘的な修道院が、あのの有名な世界遺産「モンサンミッシェル(Mont-Saint-Michel)」です。そんなモンサンミッシェルへの主な行き方は、バス・鉄道・レンタカーの三通り。料金や時刻表、予約方法も合わせ、三通りの行き方を徹底比較します。

フランスの世界遺産「モンサンミッシェル」

イタリア、中国、スペインに続いて世界遺産が多いことで知られる国、フランス。そんな世界遺産大国のフランスには42もの世界遺産がありますが、その代表格として知られるのが「モンサンミッシェル」です。神秘的な修道院であるモンサンミッシェルは、見る者全てを圧倒するほどのその美しさから「西洋の脅威」という異名でも呼ばれています。

モンサンミッシェルの歴史は、今から1000年以上も前にまで遡ります。8世紀ごろに地元の司教が夢で大天使ミカエルからのお告げを受け、この地にキリスト教の聖堂を建てたことがはじまりであったと言われています。その後何度か崩壊と修復を繰り返し、13世紀ごろにはほぼ現在のモンサンミッシェルの形になっていたのだそうです。

「モンサンミッシェル」とは「聖ミカエルの山」という意味の言葉。モンサンミッシェルの頂点には、人々を見守るようにして黄金に輝く大天使ミカエル像が立てられています。

Thumbモンサンミッシェル観光まとめ!修道院の見所や入場料・アクセス情報も紹介!
モンサンミッシェルは世界遺産にも登録されているフランスの観光名所で、フランス観光の際にはほと...

モンサンミッシェルへの主な行き方は三通り

モンサンミッシェルには、公共交通機関などを利用して個人で行くことができます。行き方としては主に三通りで、バス・鉄道・レンタカーを利用した行き方になります。

以下では、鉄道+バスを利用した行き方、直行バスを利用した行き方、レンタカーを利用した行き方の、モンサンミッシェルまで行く三通りの行き方について、それぞれを比較しながら見ていくことにしましょう。

鉄道+バスを利用したモンサンミッシェルの行き方

パリを拠点としたモンサンミッシェルへの三通りの行き方のうち、一番スムーズなのが鉄道とバスを利用した行き方になります。鉄道からバスへと乗り換える必要があるため少し面倒ではありますが、最も時短で行くことができる方法です。

この行き方で利用する鉄道は、日本でいう新幹線のような「TGV(テー・ジェー・ヴェー)」という高速列車です。パリの「モンパルナス駅(Gare Montparnasse)」からモンサンミッシェル方面行きTGVに乗車し「レンヌ駅(Rennes)」または「ドル・ド・ブルターニュ駅(Dol de Bretagne)」で下車します。

「レンヌ駅(Rennes)」と「ドル・ド・ブルターニュ駅(Dol de Bretagne)」の駅前からモンサンミッシェル行きのバスが出ているので、あとはそのバスに乗るだけ。所要時間は経由駅や乗り換え時間によって異なりますが、3時間くらいを見ておきましょう。

TGVとバスを利用した行き方が一番スムーズではありますが、所要時間よりも料金の安さを重視するのであれば、TGVではなく鈍行列車を利用した行き方もあります。

モンサンミッシェル方面行きの鈍行列車もTGVと同じくパリの「モンパルナス駅(Gare Montparnasse)」から乗車が可能ですが、TGVとは経由駅が異なります。「ヴィルデュ・レ・ポエル駅(Villedieu Les Poeles)」で下車し、そこからバスに乗車します。所要時間は約4時間で、TGVを利用した行き方と比較して1時間ほど遅い到着になります。

直行バスを利用したモンサンミッシェルの行き方

鉄道からバスへの乗り換えが面倒な場合や乗り間違えてしまわないか不安な場合は、パリから出ているモンサンミッシェル直通の直行バスを利用した行き方がおすすめです。時間はかかりますが乗り換えがないため簡単で、ほかと比較し最も安く行くことができます。

「フリックスバス(Flixbus)」というバス会社が運行するモンサンミッシェル直行バスが、「ポルト・マイヨー(Porte Maillot)」というバス停から出ています。バス停は別にもう一箇所ありますが、運行時間的にこちらのバス停を利用するのがベストです。

パリから直行バスを利用してモンサンミッシェルを利用する場合、所要時間は4時間40分ほど。鉄道+バスを利用した行き方と比較して所要時間がかなり長くなります。

しかし、フランスの観光バスは日本の観光バスよりも座席が広く、Wi-Fiやコンセント、トイレまで完備されており、モンサンミッシェルに到着するまで長旅ではありますが快適な時間を過ごすことができます。

また、「フリックスバス(Flixbus)」の直行バスは片道のみの予約が可能となっています。そのため、帰りは鉄道とバスを利用してパリに戻るのもいいですし、またもう少しモンサンミッシェル観光を楽しみたいという場合には現地で宿泊してみたりと、その時々に応じてフレキシブルに対応することができます。

レンタカーを利用したモンサンミッシェルの行き方

パリから個人でモンサンミッシェルへの行き方は公共交通機関がメインにはなりますが、のんびりと移動したい場合にはレンタカーを利用するという行き方もあります。

パリの都会を抜けてモンサンミッシェルに向かうまではのどかな田舎道が続きます。フランスの田舎を自分でドライブする機会なんてめったにないことです。いい経験になることは間違いありません。レンタカー移動であれば自分のペースで走ることができるため、途中で気に入った景色があれば車を停めてみるのも自由です。

ただし、フランスの車は左ハンドルであるため、右ハンドルに慣れている日本人からすると難易度は高め。さらにフランスのレンタカーは基本的にマニュアルであるため、慣れない左ハンドルで運転しながら、さらにクラッチ操作までする必要があるのです。こういった環境で片道4時間から5時間ほど運転しなければならないとなると、かなり大変です。

フランスに住んでいたりフランス旅行のリピーターだったりとフランスに土地勘がある場合、フランスでの運転経験がある場合、また車が好きで詳しかったりする場合にはレンタカーの利用もいいかもしれませんが、そうでない場合はバスか鉄道を利用しましょう。

モンサンミッシェルへの各行き方の基本情報

パリからモンサンミッシェルまでの三通りの行き方と、それぞれの所要時間についてご紹介しました。以下では、鉄道+バスでの行き方の料金・時刻表・予約方法、直行バスでの行き方の料金・時刻表・予約方法、レンタカーの料金など、それぞれの行き方の基本情報について見ていくことにしましょう。

モンサンミッシェルへの行き方:鉄道+バスの料金

まずは、鉄道とバスを利用した行き方の料金です。高速列車であるTGVを利用する場合、「レンヌ駅(Rennes)」または「ドル・ド・ブルターニュ駅(Dol de Bretagne)」のどちらの駅を経由するか、またどの時間の列車に乗車するかなどによって異なりますが、料金は大体70ユーロから100ユーロ(約9000円から約13000円)ほどになります。

また「ヴィルデュ・レ・ポエル駅(Villedieu Les Poeles)」を経由する鈍行列車を利用する場合の料金は、約30ユーロ(約3900円)とTGVと比較してかなり安くなります。

モンサンミッシェルへの行き方:鉄道+バスの時刻表

「モンパルナス駅(Gare Montparnasse)」から「レンヌ駅(Rennes)」行きTGVの時刻表は、7:02-09:16、9:06-11:12、10:06-12:13、14:06-16:13。駅前から出ているモンサンミッシェル行きバスの時刻表は、9:45、11:45、12:45、16:45。

また「ドル・ド・ブルターニュ駅(Dol de Bretagne)」行きTGVの時刻表は、7:17-10:32、7:44-10:58、9:09-12:32となっています。駅前から出ているモンサンミッシェル行きバスは1日1便で、時刻表は平日10:40、土日11:15発となっています。乗り換え時間を考えると、「レンヌ駅(Rennes)」経由が便利です。

モンサンミッシェルへの行き方:鉄道+バスの予約方法

モンサンミッシェル方面行きTGVとバスの予約をするにはまず、「OUI.sncf」というフランス国鉄の予約サイトを開きます。公式ホームページを利用してもいいですが、スマホで予約を行う場合には公式アプリもあるのでこちらを利用するとより便利です。

「OUI.sncf」はフランス国鉄の予約サイトですが、出発地を「Paris(モンパルナス駅)」、到着地を「Mont-Saint-Michel(モンサンミッシェル)」として検索すると、TGVとバスの両方を予約することができるためとても便利です。

ただし、Eチケットが発行されないため、現地の窓口または券売機を利用してチケットを発行する必要があります。支払いはクレジットカードとなっています。

モンサンミッシェルへの行き方:直行バスの料金

次に、モンサンミッシェル直通の直行バスを利用した行き方の料金です。片道だけの利用であれば25ユーロ(約3250円)で、往復利用であれば50ユーロ(約6500円)以下と、さらにお得に利用することができます。

直行バスであれば往復で利用したとしても、TGVとバスを利用した行き方の片道料金よりも安く済ませることができるのです。少しでも料金を押さえたいという場合には、時間に余裕があればモンサンミッシェル行き直行バスを利用してみることをおすすめします。

モンサンミッシェルへの行き方:直行バスの時刻表

モンサンミッシェル行き直行バスの時刻表についてですが、「フリックスバス(Flixbus)」が運行する直通バスは本数が少ないことが難点です。

「ポルト・マイヨー(Porte Maillot)」から出ているモンサンミッシェル行き直行バスは1日1本で、7:50出発の便となっています。到着予定時刻は12:30。復路便(モンサンミッシェル発パリ行き直行バス)についても同様に1日1本で17:20発の22:00到着予定となっています。往復で利用する際も、5時間ほどの滞在時間があるのでおすすめです。

モンサンミッシェルへの行き方:直行バスの予約方法

「フリックスバス(Flixbus)」のモンサンミッシェル行き直行バスの予約方法はとても簡単です。「フリックスバス(Flixbus)」の公式ホームページまたは公式アプリを利用して予約します。どちらでも同じですが、アプリのほうがより簡単でおすすめです。

公式アプリの検索窓で「Paris to Le Mont Saint-Michel」と検索し、日付を指定して予約を行いましょう。支払い方法はクレジットカードです。乗車の際は公式アプリでQRコードを提示するだけでOKです。

モンサンミッシェルへの行き方:レンタカーの料金

続いて、レンタカーの料金についてです。フランスの大手レンタカー会社を利用し1日レンタルする場合の料金ですが、「チンクエチェント」であれば83.48ユーロ(約10850円)、「フォルクスワーゲン・ポロ」であれば89.53ユーロ(約11600円)、「プジョー・308」であれば101.63ユーロ(約13200円)ほどと、決して安くはありません。

また、モンサンミッシェルまでレンタカーで行く場合は、レンタル料金だけでなくガソリン代も追加でかかることを忘れてはいけません。フランスのガソリン代は、リッター1.5ユーロから2ユーロ(約195円から約260円)ほどが相場となっています。

パリからモンサンミッシェルまでの距離は片道約350キロ。往復すると約700キロもの距離を走らなければなりません。となると、リッター20キロの燃費だと考えても、ガソリン代だけで52.5ユーロから70ユーロ(約6800円から約9100円)ほどかかります。

モンサンミッシェルツアーに参加する行き方もあり

個人でモンサンミッシェルを目指すのであれば上でご紹介したようなバス・鉄道・レンタカーを利用した三通りの行き方がメインとなりますが、個人での移動に不安がある場合にはモンサンミッシェルツアーを利用するというのもひとつの手になります。

パリ発のモンサンミッシェルツアーにはいろいろな種類があります。到着後は全て自由行動となる比較的リーズナブルなフリープランや、日本語の説明付きで詳しく見学することができるガイドプランなど、自分に合ったスタイルのツアーを選ぶことができます。

モンサンミッシェルへは個人で行くことも十分に可能ですが、初めての観光で土地勘が全くなかったり、英語やフランス語が分からないと苦労する場面も出てきます。モンサンミッシェルツアーにはリーズナブルなプランも多く、パリからの日帰り観光が可能なので、さくっと観光したい場合や時間のないときにはツアーを利用してみるといいでしょう。

自分に合った行き方でモンサンミッシェルに行こう!

いかがでしたか?フランスの世界遺産「モンサンミッシェル」への行き方を比較しました。モンサンミッシェルまでの主な行き方はバス・鉄道・レンタカーの三通りになりますが、土地勘もなく左ハンドルに慣れていない日本人観光客にとって、レンタカー利用はあまり現実的ではありません。バスと鉄道を比較し、利用しやすいほうを選びましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
rikorea.jp

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ