シュトゥットガルトはドイツの観光地!クリスマスマーケットなど見どころ沢山!

シュトゥットガルトはドイツ南部の人気観光地です。ドイツ最大級のクリスマスマーケットが開かれ、多くの観光客が訪れます。また歴史のある都市として知られ、街には宮殿などの観光スポットが見られます。ここではそんなシュトゥットガルトの魅力をたっぷりと紹介しましょう。

シュトゥットガルトはドイツの観光地!クリスマスマーケットなど見どころ沢山!のイメージ

目次

  1. 1シュトゥットガルトのおすすめ観光地をご紹介!
  2. 2シュトゥットガルトってどんなところ?
  3. 3シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは世界最大級
  4. 4シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット1:メルセデス・ベンツ博物館
  5. 5シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット2:ポルシェ博物館
  6. 6シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット3:シュトゥットガルト市立図書館
  7. 7シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット4:シュトゥットガルト州立歌劇場
  8. 8シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット5:旧宮殿・州立歴史博物館
  9. 9シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット4:新宮殿・宮殿広場
  10. 10シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット5:シュツットガルト州立美術館
  11. 11シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット6:シュツットガルト市立美術館
  12. 12シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット7:ヴィルヘルマ動物園
  13. 13シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット8:ルートヴィッヒ宮殿
  14. 14シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット9:ゾリテューデ宮殿
  15. 15シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット10:マウルブロン修道院
  16. 16シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット11:ワイン醸造博物館
  17. 17シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット12:エスリンゲン
  18. 18シュトゥットガルトのおすすめホテル
  19. 19シュトゥットガルトへのアクセス
  20. 20シュトゥットガルトの観光を楽しもう!

シュトゥットガルトのおすすめ観光地をご紹介!

シュトゥットガルトは南ドイツの経済・文化の中心地です。19世紀から20世紀初頭までヴュルテンベルク王国の首都だった都市で、街には華やかな宮殿や史跡などが見られます。またドイツを代表する工業都市で、街には大企業の本社があります。ここではそんなシュトゥットガルトの観光スポットやホテル、空港について紹介しましょう。

Thumbドイツと日本の時差&フライト時間は?サマータイムなど旅行時の注意点まとめ!
ドイツと言えば、ビールやワイン、そして様々な観光地などが有名な、世界中から多くの観光客が訪れ...

シュトゥットガルトってどんなところ?

シュトゥットガルトはドイツ南西部に位置するバーデン ヴュルテンベルク州の州都で、日本ではシュツットガルトとも表記されます。メルセデス・ベンツ、ポルシェ、ボッシュなどが本社をおくドイツでも有数の産業都市です。

日本では、サッカーチーム「VfBシュトゥットガルト」やシュトゥットガルト・バレエ団、シュトゥットガルト室内管弦楽団などで知られている他、世界最大級のクリスマスマーケットで有名です。

シュツットガルトの夏は東京よりも涼しく、快適に過ごすことができます。冬は11月頃から3月頃までと長く、気温はマイナスまで下がります。曇りがちの日が多く、風が強く吹くため実際の気温より寒く感じることが覆いでしょう。シュツットガルト観光のベストシーズンは6月下旬から9月上旬です。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは世界最大級

ドイツのシュトゥットガルトは、世界最大級のクリスマスマーケットが開催されることで知られています。ニュルンベルク、ドレスデンと並ぶドイツ3大クリスマスマーケットの1つで、11月末からクリスマスまでの開催期間中には、近隣諸国からも多くの観光客が訪れます。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは、ドイツのクリスマスマーケットの中でも歴史があり、300年以上前から行われています。また、280店舗以上の屋台が並び、その規模は世界最大級と言われています。

屋台のコンテストが行われるため、それぞれの屋台が競い合うように飾りを付けるので、他の地方のクリスマスマーケットよりも華やかさが感じられます。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは規模が大きく、街中がクリスマスマーケットのように輝きます。街の中心にあるシュロス広場にはスケートリンクやミニ観覧車、ミニ機関車など子供の遊び場が作られます。オリジナルのキャンドルが作れる屋台など、大人も楽しめるエリアです。

シュロス広場に続くシラー広場では飲食店の屋台が多く、クリスマスマーケットでおなじみのグリューワイン(スパイス入りホットワイン)やフラムクーヘンというピザの1種などが楽しめます。

宮殿では毎晩クリスマスコンサートが開催され、多くの人出でにぎわいます。クリスマスマーケットの期間は例年11月27日~2018年12月24日までとなっています。12月24日は午前中で閉める店も多いので、23日までに訪れましょう。

Thumbドレスデン観光の見どころは?おすすめの名所・お土産・ホテルなども紹介!
ドイツの人気観光地ドレスデン。ザクセン王国の都だった都市で、街には宮殿や王宮など多くの見どこ...

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット1:メルセデス・ベンツ博物館

メルセデス・ベンツ博物館は、自動車産業で知られるシュトゥットガルトを代表する観光スポットです。世界初のモーター付自動車を生み出したダイムラー・ベンツ社がオープンした博物館で、自動車ファンでなくても訪れてみたい観光名所です。2006年にドイツで開催されたサッカーワールドカップに合わせてリニューアルオープンしました。

約1万6500平方メートルという広い館内は9つのフロアに分かれ、車両約150台、その他1500点以上の展示物が並んでいます。ダイムラー・ベンツ社の自動車の歴史だけではなく、数々のレーシングカーが展示されていて、レースやモータースポーツの歴史を汁ことができます。

入館時に音声ガイドをレンタルすれば、詳しい説明を聞きながら回ることができます。日本語版も用意されているので、ぜひレンタルして楽しんでください。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット2:ポルシェ博物館

メルセデス・ベンツ博物館を訪れたら、ぜひとも訪れてほしいシュトゥットガルトの観光スポットがポルシェ博物館です。この博物館は、シュトゥットガルトのポルシェ本社の隣りに2009年1月にオープンしました。約80台の車両のほか、200点に及ぶ展示品が並んでいて、ポルシェの理念や歴史を知ることができます。

シュトゥットガルトの郊外にあるこの博物館では、まず最上階までエスカレーターで上り、展示を見ながら地上まで下りてくるシステムになっています。一番古い自動車から現代まで年代順に80台もの車両が並んでいて、自動車ファンでなくても楽しめます。

ポルシェが所蔵するコレクションは定期的に配置が変わるので、何度訪れても楽しめます。併設されている高級レストラン「クリストフォーラス」も、シュトゥットガルトで訪れて欲しいグルメスポットです。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット3:シュトゥットガルト市立図書館

続いて紹介するシュトゥットガルトのおすすめ観光名所は、シュトゥットガルト市立図書館市立図書館です。この図書館は、ドイツ鉄道の旧貨物駅跡に14年の歳月をかけて作られたもので、2011年に完成しました。白で統一された「世界で最も美しい図書館」と言われ、ドイツ中から注目を浴びています。

シュトゥットガルト市立図書館は韓国の建築家によってデザインされたもので、外観はキュービック型。内部は中央が吹き抜けになっていて、回廊から書棚を眺めることができます。天井も床も本棚も全て白で統一されていて、まるで未来の建物のようです。館内は自由に入ることができるので、シュトゥットガルトを訪れた際にはぜひ見学してください。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット4:シュトゥットガルト州立歌劇場

続いて紹介するシュトゥットガルトのおすすめ観光スポットは、シュトゥットガルト州立歌劇場です。1912年の創立ですが、前身となる宮廷劇場は18世紀初頭に作られたもので、350年以上の歴史があるドイツの名門劇場です。演劇やバレエ、オペラなどが定期的に公演されています。

シュトゥットガルト室内管弦楽団が本拠を置いており、定期的に演奏会が行われています。このオーケストラは約70年の歴史を持ち、国際的に知られています。またシュトゥットガルトバレエ団は、ドイツを代表するバレエ団として知られ、定期的に公演を行っています。旅行に訪れたら、公演を楽しんでみるのもおすすめです。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット5:旧宮殿・州立歴史博物館

ドイツ・シュトゥットガルトの中心部にある旧宮殿は、13世紀に要塞として建てられたもので、16世紀にルネッサンス様式の建物に改築されました。とんがり屋根が印象的な宮殿で、現在は州立博物館になっています。石畳の中庭を囲むように三層の回廊が作られていて、中世のお城の雰囲気が味わえます。

博物館にはシュヴァーベン地方の歴史に関する資料が多く展示されています。先史時代からの発掘品、中世の宗教絵画、古代ケルトやゲルマンの装飾品、ヴェルテンブルク家の宝物や美術品など、ドイツの歴史に興味がある方にとって欠かすことができない観光スポットになっています。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット4:新宮殿・宮殿広場

新宮殿はドイツ・シュトゥットガルトの旧宮殿の向かい側にあります。シュロス広場に面して建つ豪華な宮殿で、かつてはヴュルテンブルク家の王宮として使われていました。バロック様式の美しい建物ですが、第二次世界大戦によって崩壊してしまい、現在ある建物はその後に復元されたものです。

現在は州政府が使用しているため内部は一般公開されていません。宮殿前には宮殿広場があり、市民の憩いの場として親しまれています。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット5:シュツットガルト州立美術館

続いで紹介するシュトゥットガルトのおすすめ観光スポットは、シュツットガルト州立美術館です。ドイツ・シュトゥットガルトの中央駅に近いところに位置する、モダンな外観の建物です。19世紀後半に作られた旧館と、1984年に作られた新館の2つの棟から成ります。充実した所蔵品を誇る美術館で、アートが好きな方におすすめのスポットです。

新館はジェームズ・スターリングによる洗練されたデザインの建物です。館内にはドイツ最大級のピカソコレクションのほか、レンブラント、マネ、ゴーギャン、ルノアールなどヨーロッパの巨匠たちの作品が展示されています。旧館にはグリューネバルトの祭壇画をはじめ中世美術が見どころです。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット6:シュツットガルト市立美術館

シュツットガルト市立美術館は2005年にシュトゥットガルトの宮殿広場前に作られました。全面ガラス張りのキュービック型の外観は印象的です。シュツットガルト州立美術館とは異なり、こちらは19世紀以降の近現代美術を中心に展示しています。

ドイツ出身のアーティストの作品が充実しており、特にオットー・ディックスのコレクションは必見です。この建物は外観のユニークさから「ガラスキューブ」と呼ばれていて、屋上は新宮殿、宮殿広場、旧宮殿などシュツットガルトの景観を楽しめる穴場スポットとなっています。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット7:ヴィルヘルマ動物園

ドイツ・シュトゥットガルトのヴィルヘルマ動物園は、動物園と植物園が一体になっている庭園としてはヨーロッパ最大のものです。この公園はもとはヴィルヘルム1世の庭園だったもので、美しく整備された庭園では春のマグノリアから初夏の蓮、秋の紅葉と、季節の移り変りが楽しめます。

動物園では1000種以上の動物が飼育されています。自然に近い形で飼育されていて、動物たちがのんびりと過ごす様子を眺めることができます。早朝には園内を散歩する動物たちの姿が見られます。鳥類や爬虫類のブースも充実していて、家族揃って楽しむことができます。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット8:ルートヴィッヒ宮殿

ルートヴィッヒ宮殿はシュトゥットガルトで外せない観光名所です。ヴェルテンブルク王国の時代に、狩猟用の離宮を改築して作られた離宮で、フランスのヴェルサイユ宮殿を手本にしたため随所に華やか装飾がみられます。18の建物に452部屋、劇場や教会などもあるたいへん豪華な離宮で、ヨーロッパ最大規模のバロック宮殿と言われています。

館内ガイドツアーは、貴族の衣装に身を包んだガイドが案内をしてくれたり、またワイン付きのコースがあったりと趣向が凝らされています。城内で作られるルートヴィヒス磁器は宮廷壺として発達したもので、ドイツ・マイセンと並ぶ逸品とされています。全て手描きのため高価なものですが、旅の思い出としてお土産におすすめです。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット9:ゾリテューデ宮殿

ゾリテューデ宮殿はヴェルテンブルク王国の時代には、ルートヴィッヒ宮殿と並木道でつながっていた宮殿です。後期バロック様式の白亜の宮殿で、オイゲン大公の夏の離宮、狩猟用の別館として建てられたものです。館内は一般公開されていて、ェルテンブルク王国時代の華やかな調度品や家具など見ることができます。

ゾリテューデ宮殿とルートヴィッヒ宮殿があるルートヴィヒスブルクは、クリスマスマーケットの美しさでも知られています。天使のイルミネーションなど、ドイツらしい雰囲気が味わえます。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット10:マウルブロン修道院

マウルブロン修道院はシュトゥットガルトから鉄道で50分の所にある観光スポットです。中世に作られたシトー会修道院で、保存状態がよく世界遺産に登録されています。マウルブロンの町の郊外にあり、町とは城壁で隔絶された空間で修道士たちは生活をしていました。

城壁の中には礼拝堂、修道士たちの寄宿舎、礼拝堂、神学校の他、薬局、食堂、製粉所なども作られていて、まるで一つの村ようでした。

マウルブロン修道院はノーベル文学賞受賞作家のヘルマン・ヘッセが若い頃過ごしたことで知られています。ヘッセはわずか半年余りで退学しましたが、その様子は自伝的な小説「車輪の下」に描かれています。本を読んだことがある方にとって、興味深い観光スポットです。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット11:ワイン醸造博物館

ドイツのシュトゥットガルトはワインの街としても有名です。国内有数のぶどう栽培地で市の2%にあたる土地にぶどう畑が広がります。ぶどう畑には観光用にハイキングルートが用意されているので天気のいい日に歩いてみるといいでしょう。

ワイン醸造博物館では、ワイン造りの歴史や製法などについて12のテーマに分かれて詳しく展示がされています。ワインが好きな方には見ごたえのある展示となっていておすすめの観光スポットの1つです。

また、ショップが併設されていてドイツの16地域のワインを購入できるほか、バーでワインを楽しむことができます。毎年8月末にシュトゥットガルトで開催されるワイン祭りもおすすめです。

シュトゥットガルトのおすすめ観光スポット12:エスリンゲン

エスリンゲンはシュトゥットガルトから電車で15分のところにある、中世の街並みが色濃く残る町です。「小ベニス」とも呼ばれ、街には運河が流れその両側にはドイツ最古の木組みの家が立ち並んでいます。天文時計と仕掛け人形で有名な旧市庁舎や水車など、まるで中世にタイムスリップしたような風情が味わえます。

エスリンゲンは、ゼクトと呼ばれるドイツの発泡ワインの発祥の地としても有名で、おいしいワインが手に入ります。小さな街なので半日あれば観光できますが、ココではゆっくりと散策してワインや食事を楽しみましょう。

エスリンゲンのクリスマスマーケットもたいへん美しく、中世を再現したマーケットはシュトゥットガルトのクリスマスマーケットとは異なった楽しみ方ができます。

シュトゥットガルトのおすすめホテル

シュトゥットガルトでは中央駅周辺にホテルが多くあります。ここから美術館、公園、教会などの観光スポットにも近く、またショッピングにも便利です。シュトゥットガルトのホテルはレストランや無料で利用できるジムが併設されていて、高級感があるのが特徴です。ここではおすすめのホテルを紹介しましょう。

アクセスに便利な高級ホテル「ル メリディアン シュトゥットガルト」

「ル メリディアン シュトゥットガルト」は、中央駅から約10分ほどのところにある高級ホテルです。クリスマスマーケットが行われる広場も近く、周辺には商店街があるため便利です。ホテル内には、プール・ジム・スパ・バーラウンジ・レストランがあり快適に過ごすことができます。客室はきれいに整っていて、Wi-Fiが無料で利用できます。

落ち着いた高級ホテル「アルトホフ ホテル アム シュロスガルテン」

「アルトホフ ホテル アム シュロスガルテン」はシュトゥットガルト中央駅から徒歩3分のところにある高級ホテルです。広々としたテラスとレストランが2軒あり、朝食ビュッフェも人気があります。旧宮殿やヴァイセンホーフ博物館などからも近く、観光にも便利です。

客室はモダンで使い勝手がよく、エアコン、無料Wi-Fiが備わっています。窓からはぶどう畑を見ることができ、シュトゥットガルトの滞在が楽しめます。

快適に過ごせる「シュタイゲンベルガー グラフ ツェッペリン」

「シュタイゲンベルガー グラフ ツェッペリン」はシュトゥットガルト中央駅の向かい側にある便利な高級ホテルです。2011年に全面改装されたため、清潔できれいな客室で過ごすことができます。モダンなインテリアの客室は防音もしっかりしていて、薄型テレビやデスク、おしゃれなバスルームが整っています。

無料の屋内プールやフィットネスセンター、サウナ、スパなどの施設が屋上にあります。また、レストランが併設されていて、インターナショナルな料理が楽しめます。

静かに過ごせる「メルキュール シュトゥットガルト シティ センター」

「メルキュール シュトゥットガルト シティ センター」はシュトゥットガルト中央駅から徒歩12分のところにある高級ホテルです。ショッピングセンターにも近く、買い物や食事、観光にも便利です。客室すべてにエアコンと無料のWi-Fiが備わっており、レストラン、バーラウンジ、フィットネスセンターなどの施設があります。

中央駅から少し離れているため静かに過ごしたい人におすすめのホテルで、ビュッフェ式の朝食も好評です。

かわいい外観「アルコテル カミノ」

「アルコテル カミノ」はシュトゥットガルト中央駅から坂道を10分ほど登ったところにある高級ホテルです。おしゃれなドイツらしい外観のホテルでしすが、内部を白を基調とした内装でまとめられています。レストラン、フィットネスセンター、バー、ラウンジなどの設備があります。

ストランでは、シュヴァーベン料理やオーストリア料理が楽しめます。客室はすっきりとまとまっていて、無料のWi-Fiが利用できます。またバスタブのある部屋とシャワーのみの部屋の2タイプの客室が用意されています。

空港に近い「モーベンピック ホテル シュトゥットガルト エアポート & メッセ」

「モーベンピック ホテル シュトゥットガルト エアポート & メッセ」はシュトゥットガルト空港まで車で5分と近く、無料のシャトルバスも運行されています。徒歩20分のところに大型商業施設があり、カジノ、映画館、ミュージカル劇場、温泉施設などがあります。

ホテル内には、スパやフイットネスセンター、マッサージルームなどの設備があります。街から少し離れていますが、快適に過ごすことができるおすすめのホテルです。防音もしっかりとしていて、安眠できると好評です。

シュトゥットガルトへのアクセス

日本の空港からシュトゥットガルト空港まで直行便はありません。日本の空港からはフランクフルト空港やミュンヘン空港を経由して行きます。フランクフルト空港からシュトゥットガルト空港までは40分です。また鉄道を利用すると、フランクフルトからは約1時間20分、ミュンヘンからは約2時間15分です。

シュツットガルト空港から中央駅へはSバーンで約30分です。また、空港を出たところにタクシー乗り場があるので、荷物が多いときはタクシーを利用すると便利です。シュツットガルト空港は大きな空港ですが、表示も分かりやすく、迷うことはないでしょう。空港にはラウンジ、免税店、飲食店などが整っています。

シュトゥットガルトの観光を楽しもう!

シュトゥットガルトへのアクセスや観光スポット、空港、ホテルなどについて紹介しました。日本からはシュトゥットガルトのクリスマスマーケットをお目当てに訪れる方も多いのですが、芸術の街でもあるシュトゥットガルトには多くの観光スポットがあります。ここで紹介した観光スポットも訪れ、シュトゥットガルトの旅を楽しんでください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ