マレ地区はパリのおしゃれエリア!雑貨屋やカフェ・ショッピングがおすすめ!

フランスのパリっ子達の間で人気のスポットマレ地区はおしゃれなパリっ子達のショッピングスポットとして今、パリの中で一番アツイスポットです。そのマレ地区にあるおしゃれなカフェやフランス雑貨店など人気のスポットをたくさんご紹介して参りましょう。

マレ地区はパリのおしゃれエリア!雑貨屋やカフェ・ショッピングがおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1パリのマレ地区にはおしゃれなショッピングスポットがたくさん!
  2. 2パリのマレ地区とはどんなところ?
  3. 3パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨1:Merci
  4. 4パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨2:FLEUX
  5. 5パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨3:La Trésorerie
  6. 6パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨4:Rougier & Plé
  7. 7パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨5:Bonton
  8. 8パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ1:Boot Café
  9. 9パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ2:la Maison Plisson
  10. 10パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ3:Café Pinson
  11. 11パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ4:BREIZH Cafe
  12. 12パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ5:strade cafe
  13. 13パリのマレ地区のおすすめフード!
  14. 14パリのマレ地区のおすすめマーケット!
  15. 15パリのマレ地区へショッピングに行こう!

パリのマレ地区にはおしゃれなショッピングスポットがたくさん!

フランスのパリは流行の最先端でファショナブルでおしゃれな街として世界からも認められている人気のスポットです。そのフランスのパリの中にあるマレ地区はパリっ子達のおしゃれなショッピングスポットとしておすすめな場所です。

そのマレ地区にあるフランス雑貨ショップやおしゃれなカフェなどおしゃれ好きな方におすすめな最新のショッピングスポットをたくさんご紹介して参りたいと思いますので是非ご覧くださいませ。

パリのマレ地区とはどんなところ?

おしゃれスポットとして知られるマレ地区は最新のショッピングスポットが点在する若者に人気のエリアです。そのマレ地区にはそんな人気のショッピングスポットだけでなく、ピカソ美術館やカルナヴァレ美術館など芸術的なスポットも多くあります。

マレ地区にある1612年に完成しヴォージュ広場はフランスなパリの中でも最古の広場とされており、この周りには多くのギャラリーが立ち並ぶスポットとしても有名なエリアです。

また、このマレ地区は他のパリの雰囲気とは違い中世のパリの風景が残る場所が多くあり、1850年頃に政治家のジョルジュ・オスマン氏によって行われた近代化計画などからも逃れたことにより風情ある街並みが楽しめます。

歴史あるパリの風景の中に現代のファッショナブルな街並みが融合したマレ地区は様々な楽しみ方ができるとてもおすすめなスポットとなっております。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨1:Merci

マレ地区の中でもパリっ子達に大人気のセレクトショップ「Merci」は、フランスをはじめとして世界中のおしゃれをひとまとめにした観光客達からもリピーターの多いおすすめのショッピングスポットです。

マレ地区の通り沿いではなく少し奥まったところにあるMerciはレトロな赤い車が目印のショップで中は天井が高い吹き抜けの2階建となっており、洋服やシューズなどのファッショングッズから日用雑貨までおしゃれなものがたくさん揃っています。

ライフスタイルグッズの全般が揃っているMerciはシンプルながらも素材にこだわっている商品を多く取り揃えており、センスの良いものがたくさんあります。アパレルコーナーには女性ものだけでなく男性ものも多くあり、カップルでのショッピングも楽しめます。

文房具などの雑貨品に加えて、インテリアや食器なども多く取り扱っており、テーブルの上にはフランスらしいテーブルセッティングがされていて端から端まで全て買い占めたくなるようなおしゃれな空間ができており、お土産探しにもぴったりなスポットです。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨2:FLEUX

インテリア雑貨が揃うスポット「FLEUX」は、お部屋に飾りたくなる可愛いインテリア雑貨がたくさんあります。このFLEUXはフランス人であるオーナーが世界中にあるおしゃれな雑貨を集めており、どれもセンスが光るものばかりです。

品揃え豊富なFLEUXにある雑貨はシンプルながらも他にはないようなちょっと個性的なものが多く、またお土産にもおすすめなフランスのお土産グッズも揃っており、フランスのオーナーから見たフランスグッズは他にはないおしゃれなものがたくさん揃っています。

インテリア雑貨だけでなく文房具やアクセサリーなどと揃っていて、どれもこれもとても可愛くて誰とも被らないようなものを見つけることができます。お値段もリーズナブルなものが多いので買いやすいものがたくさんあります。

また食品雑貨も置いてあり、おしゃれなパッケージをしたチョコレートなどお友達へのセンスの良いお土産を探すことも出来ます。日曜定休が多いフランスでも珍しい定休日なしのお店になっています。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨3:La Trésorerie

レピュブリック広場から少し歩いところにある生活雑貨が揃う「La Trésorerie」は店内にカフェも併設しているおしゃれなショップです。生活用品が揃っているお店らしく、店内はフランスのセンスが光るステキなディスプレイがたくさんあります。

見ているだけでも楽しいLa Trésorerieはお部屋をおしゃれしてくれるアイテムが種類豊富に取り揃えられており、手にとって触り心地などをチェックしてから購入することができます。

生活雑貨の中でもキッチン用品が多くあり、キッチン用具の便利グッズなどもおしゃれでセンスの良いものが揃っておりますのでお料理が楽しくなること間違いなしのステキなグッズがたくさんあります。

併設されている小さなカフェスペースは北欧のカフェのような空間がひろがっており、コーヒーと共に自家製のスイーツを食べながらショッピングの合間の休憩スポットにもおすすめです。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨4:Rougier & Plé

芸術の街としても知られるフランスのパリ、そのフランスアートでおしゃれにお部屋をレイアウトしたい方におすすめなスポットがこちらの「Rougier & Plé」です。

先ほどご紹介したMerciからも近いのでまとめて回ることができるスポットでこちらにはアート雑貨をはじめとしてカラフルな生活雑貨や日用品がたくさん揃っていて、自分へのお土産品を買うのにもおすすめなスポットです。

こちらはセレクトショップとしてだけではなく、オリジナル商品も多数展開しておりフランス人の感性が感じられる遊び心のある商品が多く取り揃えられています。

ドアノブやカバンや上着などをかけるフックなどDIYを行うフランス人の生活に沿ったものも多く取り扱っていますので、フランス人のライフスタイルが垣間見られるグッズも多く取り揃えられており、見ているだけでも面白いです。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれ雑貨5:Bonton

マレ地区にある子供向けの雑貨品を多く取り扱う「Bonton」は、0歳~12歳のフランスの基準で子供と言われる年齢、それぞれに合う可愛らしい雑貨がたくさんあるセンスの良い子供向け雑貨品です。

こちらのお店は子供服の有名ブランドである「ボンポワン」のオーナーさんが子供用品の雑貨専門店として作ったお店で、それぞれの年齢に合わせたものが揃っているのでとてもショッピングがしやすくなっています。

お店は1,2階のほかに地下1階がある3階建の造りとなっていて、それぞれの階ごとにコンセプトが違い、お子様と一緒にショッピングが楽しめます。1階にはお子様と楽しめるティーサロンがあり、店内にはお子様も楽しめるお菓子やスイーツがたくさんあります。

2階に上がるとこちらには衣類品が揃えられおり、アパレルフロアとなっています。どれも日本にはないデザインで可愛くてセンスの良いものがたくさんあります。また、地下階にはお子様用のおもちゃなどの雑貨がたくさんあり、お子様も楽しいフロアです。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ1:Boot Café

マレ地区はファッションや雑貨などのショッピングスポットとして人気が高いエリアですが、おしゃれなカフェが点在していることでも有名なスポットです。

その中でもマレ地区で1、2位を争う人気のカフェ「Boot Café」は、小さいながらも味も雰囲気もよいステキなカフェです。Boot Caféは日本の雑誌などでも度々取り上げられることのある有名店です。

大通りから一本はいったところにあるブルーの外観が目印のカフェです。あまり広くない店内ですのでイートインスペースは限られていますがおしゃれなテーブルと椅子が用意してあります。

このシンプルでおしゃれなテーブルはインテリアデザイナーでもあるオーナーがご自身で作ったものだそうです。アットホーム感のある店内はとても居心地が良いのでつい長居してしまうそんなカフェです。

Thumbパリのカフェおすすめ13選!おしゃれな有名店やテラス席が人気の店も紹介!
世界遺産やファッション、芸術などいろんな魅力を持ち、海外旅行先として人気が高いフランスの首都...

パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ2:la Maison Plisson

食通のフランス人たちが認める食のセレクトショップ「la Maison Plisson」は、お土産にもぴったりな食品雑貨が揃うとおすすめのベーカリー&カフェです。

食材や雑貨が揃う店内はカフェスペースのご用意があり、美味しいコーヒーとパンが頂けるスポットです。朝も8:30から営業をしているこのお店は朝からモーニングを楽しむ方や出勤前にテイクアウトしていく人など早朝からたくさんの方が足を運びます。

フランス産のパンはデニッシュやフランスパン、マフィンなどフランスらしいパンとラインナップとなっています。ベーカリーコーナーだけでなくモーニングやランチメニューなどのご用意もあります。

お土産にもおすすめな食品雑貨、ロゴの入ったエコバッグはお土産としても人気の高い商品の一つです。食品雑貨などを買いに来られたついでにカフェとして立ち寄ってみるのもおすすめです。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ3:Café Pinson

オーガニックブームとなっているフランス、そのオーガニックブームに乗ってオープンしたカフェがこちらの「Café Pinson」で、BIOとグルテンフリーをメインとしたカフェです。

大きな窓のある店内は外からいっぱいに自然光を店内に入れることができるので明るく雰囲気がとてもよいカフェです。店内のインテリアもナチュラルなものが多く、自然光との相性がとても良いです。

BIOとグルテンフリーをメインとしたカフェでありながらも、その2つにとらわれすぎないように工夫されたお料理はとても美味しいなでランチがてらにカフェに入るのもおすすめです。

日曜日にはブランチも行なっており、日曜は休む文化のあるフランスでも珍しい休日営業のカフェとなっていますのでいつでも立ち寄れて美味しいお料理とコーヒーの頂けるカフェです。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ4:BREIZH Cafe

マレ地区の一角にある「BREIZH Cafe」は、オーガニック100%のブルターニュ地方の小麦粉を使った美味しいクレープが頂ける人気のカフェです。

ランチ、ディナー問わず人気のこのクレープショップは、そば粉を使うガレットではなくおかずクレープとして「サレ」というお食事クレープもあります。

常に満席状態にあるこのBREIZH Cafeはパリっ子達から絶大なる人気を集めており、並ぶのが苦手なフランス人をも待たせてしまう人気っぷりです。

フランス内にも何店舗かあるこのクレープ店はなんと日本人女性によってオープンされたお店だそうです。食通のフランス人の舌を唸らせたクレープを是非お試し下さい。

パリのマレ地区でおすすめおしゃれカフェ5:strade cafe

2012年マレ地区にオープン「Strada Café」は、居心地の良いインテリアに囲まれて美味しいコーヒーが頂けるとパリっ子達に人気の高いカフェです。

パリでのコーヒーブームになる前からできているこのお店は当時パリではあまり美味しいコーヒーショップが少ないと言われていた中で美味しいコーヒーが頂けると話題になっていたお店です。

モンジュ通りの方にも2店舗目を2014年にオープンし、こちらのマレ地区の本店とはまた違った雰囲気の店舗で明るく可愛らしい雰囲気のカフェとなっています。

有機栽培のコーヒー豆が特徴のカフェは豆はによって美味しい飲み方をススメてくれます。ショッピングの途中に立ち寄るのにもおすすめのカフェです。

パリのマレ地区のおすすめフード!

たくさんのショッピングスポットがあるマレ地区、レストランでゆっくりお食事をする時間がもったいないという方やカフェ巡りをしたいからあまりレストランでは食べないという方におすすめなお店をご紹介しましょう。

そのお店が「L'as du Fallafel」というトルコ料理の定番ファラフェルが楽しめるお店です。このお店はテイクアウトもできるお店となっているのでリーズナブルに食べ歩きができるのでお金も時間も節約することができます。

このファラフェルとはピタパンの中にファラフェルというひよこ豆の小さなコロッケがゴロゴロと入ったもので、他にもキャベツやトマト、ナスなどの野菜を詰めてヨーグルトドレッシングのさっぱりとしたファストフードです。

手軽で美味しいこのファラフェルはボリュームも満点なので物価の高いフランスでは1個あたり5ユーロほどと有り難い値段設定となっています。味も日本人の口に合うのでとてもおすすめです。

パリのマレ地区のおすすめマーケット!

フランスの人気スポットであるマルシェは日本でいうところの市場のようなものです。フランスにはこのマルシェという習慣があり、あちこちで青空市をおこなっていて、新鮮な野菜やお肉、お魚などを購入できるスポットです。

そのマルシェのパリ最古といわれるマルシェがここマレ地区にある「Marche De Enfants Rouges」です。このマルシェはなんと創設400年以上もの歴史があり、ルイ13世が統治していた時代から行われているそうです。

このマルシェではパリジャン達のお買い物スポットであるため、野菜や魚にお肉などの食品やお惣菜が売られており、またレストランも一緒にはいっているので観光客も楽しめるスポットとなっています。

定休日である月曜以外は毎日開かれており、レストランやショップが閉まってしまう日曜でもお食事ができる貴重なスポットでもあります。ショッピングの途中のランチスポットとしてもおすすめです。

パリのマレ地区へショッピングに行こう!

いかがでしたか?人気のフランス雑貨があるショッピングスポットやゆっくりとくつろげるおしゃれなカフェなどパリっ子達が通い詰める人気のスポットがたくさんあったかと思います。

お土産にもぴったりなものやインスタ映えするスポットなどおしゃれでファッショナブルなスポットが点在していますのでパリっ子たちに混ざっていつもと違うパリ旅行へ出かけてみませんか?

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
saki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ