イタリア旅行の持ち物リスト完全版!夏や冬シーズンごとの必需品を紹介!

数え切れないほどの世界遺産と、美しい景勝地がある魅力的な観光国「イタリア」。そんなイタリア旅行に持っていく持ち物は、もうお決まりでしょうか?今回は、イタリア旅行で使える便利な持ち物から、夏や冬に必携の必需品まで、シーズンごとの持ち物リストをご紹介致します。

イタリア旅行の持ち物リスト完全版!夏や冬シーズンごとの必需品を紹介!のイメージ

目次

  1. 1イタリア旅行の持ち物リスト季節ごとの必需品をご紹介!
  2. 2イタリア旅行に最低限必要な持ち物リスト1:貴重品
  3. 3イタリア旅行に最低限必要な持ち物リスト2:現金
  4. 4イタリア旅行に加えたい便利な持ち物リスト
  5. 5イタリア旅行で忘れたら大変な持ち物はこれ!
  6. 6イタリア旅行の持ち物と必需品1:春
  7. 7イタリア旅行の持ち物と必需品2:夏
  8. 8イタリア旅行の持ち物と必需品3:秋
  9. 9イタリア旅行の持ち物と必需品4:冬
  10. 10イタリア旅行で滞在日数別にあると便利な持ち物1:3日から5日
  11. 11イタリア旅行で滞在日数別にあると便利な持ち物2:1週間から2週間
  12. 12イタリア旅行で防犯対策に使える持ち物
  13. 13イタリア旅行でお土産パッキングに使える持ち物
  14. 14イタリア旅行その他の忘れがちな持ち物は?
  15. 15イタリア旅行の持ち物リストはこれで完璧!

イタリア旅行の持ち物リスト季節ごとの必需品をご紹介!

芸術にグルメにショッピングにと、観光以外にも様々な楽しみ方があるイタリア旅行。そんなイタリア旅行に持っていく持ち物リストは、一体どんなものがあるのでしょうか?

持っていく持ち物の内容は、旅行するシーズンによって異なり、夏や冬など、季節に応じて必要となってくる必需品などもあります。

今回は、イタリア旅行に欠かせない持ち物を季節を問わず必要なものと、季節ごとに必要なものに分け、必需品からあると便利なおまけのアイテムまで、リストアップしてまとめます。

イタリア旅行に最低限必要な持ち物リスト1:貴重品

夏や冬など季節ごとに必要な持ち物もありますが、まずは、旅の基本となる貴重品から持ち物リストを作成してみたいと思います。

イタリア旅行へいく際に、絶対に忘れてはいけないもっとも大切な持ち物は、パスポート。これを忘れると、まず、日本から出国することができません。イタリアだけでなく、海外旅行へ行く時には、パスポートを忘れないように持ち物に加えてください。

筆者が海外旅行するときは、パスポートなどの貴重品はダイニングテーブルなど目につくところに出しておき、最後に貴重品を入れるバッグの中に入れて旅行に出発するようにしています。

もう一つ、イタリア旅行の持ち物で忘れては行けないものが航空券。最近ではeチケットで発行することが多いですが、万が一旅行先でスマホを盗まれたり、充電切れで使えない時にも、プリントアウトしたハードコピーがあれば安心です。

個人手配で行く場合は、ホテルの予約バウチャーや、現地ツアーの番号なども控えてリストにしておきましょう。出発前に、家族にもコピーを一部渡しておくと、滞在先が分かって安心です。

イタリアに関わらず海外へ行く飛行機はロングフライトの場合、機内での盗難もあり得ます。パスポートとチケットは、安全のために、ボディベルトに入れておくことをおすすめします。

イタリア旅行に最低限必要な持ち物リスト2:現金

イタリア旅行に最低限必要な持ち物リストに必ず加えていただきたいのが、現金です。イタリアの通貨はユーロです。現地でももちろん両替できますが、日本国内で両替する方がレートがよい場合が多いようです。

また、イタリアの両替所ではレートをごまかしたりするような詐欺のケースも見受けられます。できるだけユーロへの両替は日本の銀行で行っておく方が安心です。

とはいえ、あまりたくさん現金を持っていると、それだけでスリに遭ったりするので、ある意味危険です。旅行中最低限必要となる予算を見積り、現金は少なめにする方が安心です。

現地通貨ユーロが足りなくなった場合に、あると便利な持ち物と言えばクレジットカードです。イタリア旅行にかぎらず、海外旅行の際は、一枚作っておくと、現金が足りなくなりそうな時に活躍します。

クレジットカードのレートは、支払い当日のレートが適用されますので、よほどユーロと日本円のレートに差がなければ、あまり損をすることはありません。

現金を持ち歩くよりもずっと安全ですし、スピーディに決済ができてとても便利です。VisaかMasterカードなら、イタリア国内のほとんどの観光地で使えますので、どちらか1枚カードを作って出かけましょう。

意外と忘れがちなのが、日本円を持ち物リストに加えるということです。ユーロに換金しておかなくても、日本円なら現地で両替が可能ですので、両替が足りるか不安という場合は、日本円を少し多めに持っておくことをおすすめします。

日本国内に戻ってきた時は、必ず電車賃など空港までの移動費用がかかりますので、どちらにしても日本円は必需品です。

この他、貴重品関連の持ち物で、リストに加えておくとよいものには、パスポート用の写真の予備があると便利です。必需品ではありませんが、イタリアはスリが多いので、パスポートを取られるリスクもあります。場所も取りませんので一枚いれておきましょう。

Thumbイタリアのチップ事情まとめ!値段の相場&ホテルやレストランでの渡し方など!
日本ではチップサービスの習慣がないので、海外旅行の際に頭を悩まされている方も多いでしょう。日...

イタリア旅行に加えたい便利な持ち物リスト

ここまで、イタリア旅行に必携の貴重品リストを見てきましたが、着替えと貴重品以外で、イタリア旅行に持っていったら便利な持ち物もリストアップしてみましょう。着替えは季節ごとに違ってきますので、後ほど各季節ごとに詳しくご紹介します。

旅行カバンの中にいれておきたい便利な持ち物としては、ビニール袋とジップロックがあります。ビニール袋は、汚れたものを入れたり、ゴミをまとめたり、何枚かあるといろいろな用途に使えます。

ジップロックは、国際線の機内で持ち込み禁止となっている液体や香水などをチェックインする時に、漏れないように梱包するためにも使えます。

イタリア旅行の持ち物の必需品ではありませんが、地図やガイドブックがあると、見どころなどの確認ができたり、電車の乗り方なども詳しく分かるので便利です。

イタリア各都市の地図などは、現地のインフォメーションセンターでも無料で配布されている場合が多いので、持ち物を減らしたい方は、各地のインフォメーションセンターに立ち寄ってみましょう。

美術館のリストや観光スポットのリストがまとまったわかりやすいマップなどもたくさん配布されていますので、集めてみるのも旅のよい記念になるかもしれません。

イタリア旅行で忘れたら大変な持ち物はこれ!

春夏秋冬季節を問わず、絶対に忘れては行けない必需品と言えば、スマートフォン!最近では、翻訳アプリを使って現地の人と気軽にコミュニケーションを取れるようになってきていますので、スマホは必ず持っていくべき必需品と言えます。

ガイドブックの代わりに観光地を調べたり、電車の時間や所要時間などを検索したり、スマホ一台でホテルの予約からレストラン探しまで、何でも行うことができます。

スマホヘビーユーザーの私たちにとって、もう一つ忘れてはいけない必需品がチャージャーと予備のバッテリーです。マルチプル・プラグは、どんな国の電源にも対応していますので、一つ持ち物に入れておくと非常に便利。

充電器はUSBタイプのワイヤーを入れておけば、空港など各所で充電することも可能です。また、ポケットWi-Fiも欠かせない必需品で、出発前に日本国内でレンタルすることが可能です。

イタリア旅行の持ち物と必需品1:春

ここからは、イタリアへ旅行するシーズン別に必要となる持ち物をリストアップしてみたいと思います。まず、春のイタリア旅行の持ち物は、日本の春の服装+もう一枚上着を持っていくことをおすすめします。

イタリアは寒暖差の激しい国ですので、旅行する地域によっては、朝晩かなり冷え込みます。同じ春でも5月下旬のイタリアは初夏の陽気で、南イタリアなどを旅行するなら、場合によっては半袖でも大丈夫です。

北イタリアや、イタリア中央部の山岳地帯は、初夏でも朝晩はまだまだ肌寒く感じるようですので、少し厚めのジャケットなど、上着は忘れずに持ち物に加えておきましょう。

イタリア旅行の持ち物と必需品2:夏

夏のイタリア旅行に必要な持ち物は、日本の夏の服装+日よけ対策の帽子やサングラスが必需品です。また、夏のイタリアにはタイガーモスキートという蚊が媒介しますので、虫除けも忘れないようにしましょう。

夏のイタリアはかなり乾燥した気候なので、日中の日向はかなり暑いですが日陰に入るとひんやりして過ごしやすく、東京の夏より体感温度は低めです。美術館やレストランなど冷房がきつい場所もありますので、薄手のカーディガンなども持ち物に加えておきましょう。

夏のイタリアは、日本の冬と同じぐらい唇がカサカサになりやすいので、リップクリームも必需品です。髪の毛がパサつきやすい人は、使い慣れたシャンプーも忘れずに入れておきましょう。

イタリア旅行の持ち物と必需品3:秋

続いては、秋のイタリア旅行の持ち物です。イタリアの秋は、日本より少し早めにシーズンがやってきます。同じ秋でも、11月のイタリアを旅行するなら、日本の冬の服装が必要です。

また、10月、11月の2ヶ月間は、イタリアの一年の中で特に雨が多いシーズンとなっており、観光の途中で雨に降られる可能性もゼロではありません。持ち物リストには、折りたたみ傘や雨具を加えておくと安心です。

イタリア旅行の持ち物と必需品4:冬

一年中温暖なイメージのあるイタリアですが、冬のイタリアはかなり寒く、南部のシチリア島でも真冬には降雪がある日もあるほどです。寒いイタリアの冬に旅行する方は、雪の上でも滑りにくいスタッドタイプの靴やブーツ、厚手のダウンなどが欠かせません。

イヤーマフ、手袋などの冬小物も必需品で、ベニスなど屋外の観光地を回る時には、特に防寒対策を強化する必要があります。冬のベニスは、仮面をつけて祝うカーニバルもあり見どころも満載ですが、本当に寒いのです!

冬は何かと荷物が多くなってしまいますが、ホッカイロなども持っておくと、寒さをしのぐのに役立ちますので、おすすめです。

イタリア旅行で滞在日数別にあると便利な持ち物1:3日から5日

3日から5日ほどのイタリア旅行の持ち物リストは、春秋冬なら、日数分の下着と靴下、それに3日分ほどの着替えがあれば十分です。冬は特に汗をかかないので、あまりたくさん着替えを入れる必要はありません。

夏のイタリア旅行の場合は、日数分の下着に靴下は2足、Tシャツなどの替えも日数分準備しましょう。夏に旅行する時は、3日から5日ぐらいなら、日数分の着替えをすべて持っていく方が安心です。

夏場は服装も薄手でコンパクトにたためますし、汗をかくので多めに着替えを入れておく方がよいでしょう。履物はサンダルなどが涼しくて便利です。

イタリア旅行で滞在日数別にあると便利な持ち物2:1週間から2週間

イタリアに長期旅行する際の持ち物リストには、春秋冬なら5日分の下着と靴下、それに、5日分の着替えを入れておきましょう。2日に1回ぐらいの頻度で下着などを洗濯すれば、2週間ぐらいの滞在なら概ねこの分量で間に合います。

夏のイタリアを長期旅行する場合は、やはり5日分の着替えと下着を入れ、靴下は2足ほどあればよいでしょう。履物はサンダルやビーチサンダルを入れ、ついでに水着やサングラスなども加えましょう。

長期旅行の場合は、洗濯すれば荷物が減らせます。日本から小分けにした洗剤と洗濯ロープ、それに洗濯バサミを5つぐらい入れておくと、どこに泊まっても洗濯できるので便利です。

イタリア旅行で防犯対策に使える持ち物

イタリアは、主要観光都市にたくさんのスリがいることで知られており、金品をだまし取られたりする詐欺なども横行しています。

荷物のチャックを施錠できるパッドロック(南京錠)や、バッグの中に財布を固定できるチェーンなど、防犯グッズは必需品と言えます。カメラなどは、できるだけ首から下げて肌身離さず持つようにしておきましょう。

ヨーロッパに行くと、日本人は服装からすぐに日本人とバレてしまい、スリに狙われやすいのです。ブランドバッグなど、お金を持っていると勘違いされそうなカバンは持ち歩かないようにしましょう。

イタリア旅行でお土産パッキングに使える持ち物

絶対に必要な必需品というわけではありませんが、イタリア旅行で買ったお土産を安全に持ち帰りたい方には、梱包材も持ち物リストに加えておくと安心です。

イタリアのお土産と言えば、ワインがありますが、よほど高級なものでない限り、きちんとした木箱に入って販売されているものはありません。

ダンボールなどで梱包されているボトルならあまり不安はないですが、服でくるんでもトランクを投げられた拍子に衝撃で割れるリスクがあります。万が一トランク内で割れてしまった場合に備えて、梱包材+密閉袋を使うとばっちりです。

イタリア旅行その他の忘れがちな持ち物は?

イタリアのホテルでは、日本と違ってアメニティがあまり充実していないホテルもあります。シャンプーやコンディショナーはあっても、歯ブラシや歯磨き粉がないということが多いので、忘れずに入れておきましょう。

女性の場合は、生理用品も一応入れておいた方が安心です。時差や環境の変化で、予定よりも早く生理が着てしまうというのは、よくあることです。イタリア産の生理用品は日本よりも紙質が悪そうなので、日本から持っていきましょう。

言葉の通じない国で体調を崩すことほど不安なことはありません。頭痛薬、下痢止め、胃薬など、自分の飲みなれた常備薬のある方は、忘れないように持ち物リストに加えておきましょう。イタリア語がよほどできる方でなければ、薬局で薬を見つけるのも困難です!

イタリア旅行の持ち物リストはこれで完璧!

イタリア旅行の持ち物と、忘れてはいけない必需品をご紹介致しました。イタリアに限らず、海外旅行へ行くときは、何かと荷物が増えがちです。特にヨーロッパは、日本よりも物価が高く、買い物をするのもいろいろと悩んでしまいます。

旅行先では、できるだけお土産をたくさん買って帰りたいので、トランクの中には半分近くスペースを残しておでかけするのが鉄則です。そのためには、荷物が少なくて済む冬に観光するというのも一案です。

憧れのイタリア旅行で、思いっきり観光やグルメを満喫するためには、所持品の管理は徹底して、安全に旅行をお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ