ロマンチック街道はドイツのおすすめ観光名所!行き方や見どころを紹介!

「ロマンチック街道」はドイツにある人気の観光街道のことで、古都の街や中世の街並みが残る場所、有名な観光名所など様々なスポットを巡りながら楽しむ観光ルートなのです。今回はそんなドイツのロマンチック街道のおすすめスポットや行き方などをご紹介します。

ロマンチック街道はドイツのおすすめ観光名所!行き方や見どころを紹介!のイメージ

目次

  1. 1ドイツ・ロマンチック街道を観光しよう!
  2. 2ドイツ・ロマンチック街道とはどんなルート?
  3. 3ドイツ・ロマンチック街道への行き方
  4. 4ドイツ・ロマンチック街道を巡るためのポイント
  5. 5ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所1:ヴュルツブルク
  6. 6ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所2:バート・メルゲントハイム
  7. 7ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所3:ヴァイカースハイム
  8. 8ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所4:ローテンブルク
  9. 9ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所5:ディンケルスビュール
  10. 10ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所6:ネルトリンゲン
  11. 11ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所7:アウクスブルク
  12. 12ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所8:シュタインガーデン
  13. 13ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所9:シュヴァンガウ
  14. 14ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所10:フュッセン
  15. 15ドイツ・ロマンチック街道に行ってみよう!

ドイツ・ロマンチック街道を観光しよう!

「ロマンチック街道」はドイツの観光街道として一番有名なルートではないでしょうか。古都や中世の街並み、美しいお城など、バスや鉄道に乗ってさまざまな観光スポットを楽しむことができます。今回はそんなドイツにあるロマンティック街道の魅力を一挙ご紹介していきます。

ドイツ・ロマンチック街道とはどんなルート?

ドイツにあるロマンチック街道とは、ドイツ南部の街ヴュルツブルクから同じくドイツ南部にあるフュッセンまでの約350キロメートルほどの、南北に走るルートのことです。

その長い観光街道の途中には、中世の街並みが今も残されているローテンブルクや城壁が印象的なディンケルスビュール、2000年の歴史をもつアウクスブルクなどたくさんの見どころがあるのです。

「ロマンチック街道」の「ロマンチック」とは「恋愛物語的な」という意味ではなく、まるで過去に戻ったかのような感覚に陥るほどの美しく魅力的であるという意味を込めた「ロマン主義的な」という意味でついた名前なのです。1950年に観光関係者の会議によってこの観光街道ができあがりました。

Thumbドイツ観光のおすすめ名所まとめ完全版!人気スポットから穴場まで!
ドイツといえば美しいお城などの観光スポットやおいしいご飯、ビールが有名で、一度は行ってみたい...

ドイツ・ロマンチック街道への行き方

ロマンチック街道への行き方は、フランクフルトもしくはミュンヘンが移動拠点となります。日本からの移動は空路が主になりますが、この2都市には日本から直行便が出ているのでそちらを利用すると便利です。

フランクフルトへはルフトハンザ航空、フィンランド航空、JAL、ANAなどが、ミュンヘンへはルフトハンザ航空、ANAが直行便を運行しています。所要時間はどちらも12時間前後となります。

フランクフルトもしくはミュンヘンに到着すると、そこからはバス、鉄道、レンタカーでロマンチック街道を観光することができます。

バスでの観光

ロマンチック街道の観光は、バス移動が主となっています。フランクフルトからフュッセンまで、ロマンチック街道の街並みを車窓から楽しみ、ポイントとなる街の停留所に止まりながら1日で移動することができる観光バスもあります。

1日でまわる観光バスの場合、7月から8月の夏の期間はかなり込み合い満席となることも多いので、事前に予約することをおすすめします。もちろん空席があれば予約なしでも観光バスに乗ることができます。

ロマンチック街道を1日でまわる観光バスはフランクフルトを朝出発し、南下して終点のフュッセンには夜に到着します。またフュッセンからフランクフルトまで北上する逆ルートのバスもあります。

このバスを利用する場合、ミュンヘンは街道の途中に通ることになるのでフランクフルト空港を利用するのがおすすめです。

また1日でまわらずに、途中で宿泊しながら観光したいという方もこの観光バスを利用することができます。ロマンチック街道の通る街にはそれぞれ停車するので、降りたい場所で降りて、観光や宿泊をしてロマンチック街道をゆっくり楽しみましょう。

日本語ガイドが欲しいという方もいると思いますが、実は日本語ガイド付きの「ユーロエクスプレス」というツアーバスもあるのです。日本からも事前予約できるので一考の価値ありです。

鉄道での観光

ロマンチック街道は鉄道を利用する観光も可能です。途中鉄道では行きにくい場所もあるので、実際には鉄道のローカル線とバスを利用することになります。

鉄道はバスより揺れが少ないので、バス移動が苦手という方におすすめです。ロマンチック街道の街をつなぐローカル線は本数が少ないので、時刻表をしっかり確認し、あらかじめ観光の予定を立てておくのがおすすめです。

レンタカーでの観光

フランクフルト空港にもミュンヘン空港にもそれぞれレンタカーカウンターがあるので、空港に到着してレンタカーを借りることができます。車の運転には国際免許証が必要なので準備しておきましょう。

レンタカーでの観光は、自分の好きな時に好きな順番で移動できるのが最大のメリットです。ロマンチック街道を思うがままに観光してみてください。なお自分が観光したいと思う場所の駐車場は事前に確認しておきましょう。

ドイツ・ロマンチック街道を巡るためのポイント

ここまでロマンチック街道の基本情報をご紹介しましたが、次はより楽しく充実した観光になるように、ロマンチック街道を巡るポイントをご紹介します。

まずロマンチック街道は、街によって雰囲気が異なります。古都の雰囲気であったり、中世の街の姿が残されていたり、自然が多かったりとその街それぞれの街並みが印象的です。

また街には美しい観光スポットがたくさんあります。美しいお城や教会、王宮など、歴史あるものから近代のものまでとても見応えのあるものばかりです。ロマンチック街道にはそれ以外にも見どころの観光スポットが本当にたくさんあるので、ぜひ見逃さないようにしましょう。

ロマンチック街道の通る街には、美味しいグルメもたくさんあります。ドイツといえばソーセージやビールを思い出す方も多いと思いますが、それに加えて有名なワインや美味しいお菓子などもあるのです。観光の途中にぜひロマンチック街道で味わえるグルメも楽しんでみてください。

ロマンチック街道巡るポイントを押さえたら、次は実際にロマンチック街道にはどんな街があってどんな観光スポットがあるのかをご紹介してきます。

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所1:ヴュルツブルク

「ヴュルツブルク」はロマンチック街道の一番北の拠点となっている街で、ドイツのフランケン地方の中心となっている街です。紀元前1000年頃、この地方にはすでに砦が築かれていたという記録もあるほど、とても歴史の古い街なのです。

日本では、江戸時代に長崎の出島で蘭学を教えていた医師シーボルトの出身地としても知られている街です。

13世紀ごろから18世紀はじめごろまで、大司教が居城として使っていた「マリエンベルク要塞」や、12世紀頃に建てられたドイツのロマネスク教会を代表する教会である「大聖堂」など、観光スポットも多く存在します。

ヴュルツブルクの観光スポットの中でも、最も有名なのが世界遺産にも登録されている「レジデンツ」ではないでしょうか。

「レジデンツ」は当時の大司教の宮殿として、18世紀頃に建てられました。建物の内部での一番の見どころは「階段の間」と呼ばれる空間です。豪華な階段と、階段を上がった2階部分に描かれたフレスコ画がとても美しく見応えがあります。ヴュルツブルク観光の際には必ず見ておきたいスポットです。

ヴュルツブルクのおすすめといえば、ワインも外せません。ヴュルツブルクはドイツを代表するワインであるフランケンワインの名産地で、いろんな種類の美味しいワインをたくさん味わうことができ、ワイン好きにはたまりません。特に白の辛口(トロッケン)が有名なので、ぜひ味わってみてください。

Thumbヴュルツブルクの観光名所といえば?有名レストランやホテルも一挙紹介!
ドイツのバイエルン州にある「ヴュルツブルク」は、中世から栄える司教領であった美しい街。歴史的...

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所2:バート・メルゲントハイム

「バート・メルゲントハイム」は、ローマ・カトリック教会公認のドイツ騎士団の拠点として13世紀頃から発展してきた街です。ドイツ騎士団のお城がいまでも残されていて、その一部は博物館として公開されています。

またお城や市庁舎が面しているマルクト広場には、ドイツ騎士団団長であったミルヒリングの像が立っている噴水があり、とても美しい広場となっています。

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所3:ヴァイカースハイム

「ヴァイカースハイム」は人口7500人ほどの小さな街です。かつてホーエンローエ家がこの地を支配していて、その歴史は12世紀ごろまで遡ります。ホーエンローエ家の居城であったヴァーカスハイム城はルネサンス様式の美しいお城で、その庭はヴェルサイユ宮殿をモデルとして作ったと言われています。

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所4:ローテンブルク

「ローテンブルク」は正式名称「ローテンブルク・オブ・デア・タウバー」として知られる街です。9世紀頃に作られたとされるローテンブルクの街は、今でも中世の面影を残している街なのです。

街の周りはぐるりと城壁に囲まれていて、本当におとぎの国に入ったかのような気分になります。城壁は12世紀ごろに建てられました。

ローテンブルクの街の中心にはマルクト広場があり、広場に沿ってカラフルな三角屋根の建物が並んでいるのがとても可愛く印象的です。また同じく広場に面して立っている市庁舎には登ることができ、上から眺めるローテンブルクの街並みはとても美しい景色なのです。

また市庁舎の隣ににある市議宴会館の壁には、とても手の込んだ仕掛け時計があり、時間になると広場から見ることができます。

ローテンブルクの道沿いにはとても可愛い雑貨屋やお土産店、飲食店などが並んでいて、街にいるだけで非日常感を味わうことができます。

ローテンブルクの名物グルメといえば「シュネーバル」です。少し硬めのドーナツのようなお菓子で、ローテンブルクのいろんな場所で販売されています。プレーン味やチョコレート味、キャラメル味などいろんな種類もあるので、ぜひ一度試してみてください。

Thumbローテンブルク観光の楽しみ方!人気のお土産やレストランもリサーチ!
ドイツの観光スポットとしても人気の高いローテンブルクはおとぎの国のような可愛らしい街並みが広...

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所5:ディンケルスビュール

「ディンケルスビュール」は12世紀ごろにこの地に作られた街で、中世の街並みを残している街のひとつです。14世紀ごろから街の拡張がなされ、15世紀頃に築かれた城壁に囲まれた街なのです。

中世の街並みを楽しみつつ、観光スポットとしては「聖ゲオルク教会」が見どころです。大きな窓が特徴の教会で、教会の中はその窓から入る光でとても明るい印象となっています。

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所6:ネルトリンゲン

「ネルトリンゲン」も中世の街並みを残していることで知られていて、ローテンブルクやディンケルスビュールと比べても小さい街ですが、城壁が綺麗に残されている街なのです。この街は1500万年前に隕石の落下によってできあがった盆地にある街としても知られています。

城壁がほぼ完全に残っているので、城門からそのまま城壁に登ることもできます。街にある教会の塔からの眺めはとても美しく、一見の価値ある景色となっています。

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所7:アウクスブルク

「アウクスブルク」は紀元前15年頃に建てられたと言われている街で、ドイツ最古の都市であるとも言われています。「アウクスブルク」という街の名前は、当時ローマ皇帝であったアウグストゥスによって築かれた城に由来しているのです。この街では多くの芸術や美しい建築物が保護されており、ルネサンス文化で栄えました。

アウクスブルクの見どころは、ドイツ・ルネサンスの傑作とも言われている市庁舎です。3階には「黄金のホール」と言われるとても美しい豪華なホールがあり、見学することもできます。

また作曲家として有名なモーツァルトの父が生まれた家である「モーツァルトハウス」も、観光スポットとして人気があります。

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所8:シュタインガーデン

「シュタインガーデン」はロマンチック街道の通るバイエルン州の中でも、リゾート地として知られる街です。シュタインガーデンで最も有名な観光スポットといえば、少し南にある「ヴィース教会」です。

ヴィース教会はヨーロッパでも最も美しいロココ様式の教会であると言われるほど、世界遺産にも登録されています。教会は一見目立たない簡素な外観なのですが、内部はとてもきらびやかで豪華な作りになっています。

Thumbヴィース教会は南ドイツの美しい世界遺産!観光のポイントや行き方まとめ!
ドイツ南部バイエルン州の草原の中に建つヴィース教会は、外見はシンプルな出で立ちですが内部はヨ...

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所9:シュヴァンガウ

「シュヴァンガウ」はドイツの国王であったルートヴィヒ2世にゆかりのある地で、ロマンチック街道最大の見どころである「ノイシュバンシュタイン城」がある街として有名です。

「ノイシュバンシュタイン城」はディズニー映画に出てくるシンデレラ城のモデルになったお城としても知られていて、日本のみならず世界中の人々が観光に訪れます。

ルートヴィヒ2世が19世紀に建てたこのお城は、外見もとても美しいのですが、内装もとても華やかで見応えのあるお城となっています。

またシュヴァンガウのもう一つの見どころが「ホーエンシュヴァンガウ城」です。ノイシュバンシュタイン城の近くに建てられているこのお城は、もともと廃城になっていたお城を当時の国王が買い取り、新しく建設し直したものがホーエンシュヴァンガウ城なのです。

ドイツ・ロマンチック街道のおすすめ観光名所10:フュッセン

ロマンチック街道の終点となるのが「フュッセン」という街です。フュッセンは3世紀頃にはすでにローマ軍の施設があったとされていて、とても歴史の古い街なのです。フュッセンは先にご紹介したノイシュバンシュタイン城観光の拠点となる街なので、多くの観光客がフュッセンの街を訪れます。

街の見どころスポットは、「州立絵画館」です。ホーエス城という15世紀頃に建てられたお城の内部にある絵画館で、15世紀から16世紀ごろのパネル画や彫刻が展示されています。

Thumbドイツ旅行ならどの都市がおすすめ?人気ランキング&見どころを一挙紹介!
ドイツは素敵な都市ばかりで、どの都市に行ったら良いか迷ってしまいます。そんな時に、参考にした...

ドイツ・ロマンチック街道に行ってみよう!

ドイツにあるロマンチック街道のご紹介、いかがでしたか?ロマンチック街道にはいろんな街があって美しい観光スポットがたくさんあり、おいしいグルメも堪能できることをおわかりいただけたかと思います。ぜひ一度ドイツのロマンチック街道巡りをして、非日常なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
りん

新着一覧

最近公開されたまとめ